「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 歯科助手を辞めたい。やりがいのある仕事へ転職
仕事の悩み

歯科助手を辞めたい。やりがいのある仕事へ転職

歯科助手を辞めたいと思ったらどうすればいい?

歯科業界を志望して、資格の必要ない歯科助手という仕事に狙いを定める人は一定数います。歯科助手は受付事務や診療の雑務をこなす歯医者さんのマネージャーのような仕事で、幅広い対応が必要な仕事です。

やりがいがあると感じる人もいる一方、様々な理由で転職を考慮する人もいます。ここでは歯科助手の転職についてご紹介しますので、よい情報を見つけてください。

衝動的に辞めようとする前に。自分の市場価値を知ってみよう

今から転職活動をしても、次の仕事はちゃんと見つかるのだろうか……。そんな不安があるなら、まずは情報収集がてら、自分の市場価値を診断するサービス「ミイダス」を試してみましょう。

ミイダスでは、年齢・学歴・職歴などの質問に答えていくと、転職市場における自分の価値=想定年収がわかります。さらに、自分の市場価値を認めてくれる企業からのスカウトを待つこともできるのが、ミイダスを使う最大のメリットです。

チェックポイント

  • 診断後は、何もせず待っているだけで企業からスカウトが届く
  • スカウトをくれた企業では書類選考が免除。面接確約なので転職がスピーディに進む
  • CMでもおなじみ大手転職エージェント「doda」の系列サービスなので、安心して使える

プライベートはしっかり守られ、職場の誰にも知られずスカウトを待つことができます。ぜひチェックしてみてください。

歯科助手を辞めたくなる理由とは?

治療器具の洗浄や詰め物のセメントを練ったりといったアシスタント的な仕事が中心です。ほかにも医院の受付やカルテ作成、受付、掃除など仕事は多岐にわたります。歯の治療はしないので仕事自体は楽なのですが、何らかの理由で苦痛に感じる人も多いのです。

ここでは歯科助手を辞めたくなる理由についてご紹介しているので、自分と照らし合わせてみてください。

給料が安いから

国家資格が必要ない歯科助手は、同じ職場の歯科衛生士と比べてかなり給料が低くなります。

歯のクリーニング、歯形をとる、歯磨きの指導をするといった医療行為をする歯科衛生士と仕事内容が違うため、仕方のないことですが同じ勤務時間であまりにも違うため転職のきっかけになることも多いのです。同じ助手でも看護助手のほうが待遇がよいケースも多く見られます。

職種 平均月給
歯科助手 16万円
歯科衛生士 25万円
看護師助手 21万円

やりがいがないから

歯科助手は医療行為は出来ないため、国家資格のある歯科医師や歯科衛生士のアシスタント的な仕事になります。治療の雑務のみをこなすことになるため、やりがいを感じられない人も多くいるのです。

最初から分かっていたこととはいえ、資格があるとないでは現場での仕事内容がはっきり違うため、大きな疎外感を感じる場合もあります。このためやりがいを求める人は、資格を取ったり別の仕事へ転職したい人も多いのです。

職場環境が悪いから

休憩場所が狭い、ロッカーがない、仕事場まで遠いなど職場の都合で辞めたくなる人もいます。

今の職場は自宅から近くてよいのですが、日々の大半を過ごす歯科医院の仕事環境は大きなポイントで、快適に仕事が出来るかどうかを決めてしまいます。歯科助手の仕事自体が好きな人は、職場を変わることで問題が解決することも多いのです。

収入アップが必要だから

医療業界の中でも助手的な仕事は給料が安いことで知られています。国家資格も必要なく、仕事内容も楽なので収入に見合った仕事と考える人もいますが、何かの理由で収入アップが必要な場合は転職する理由のひとつになります。

安定した職場になりますが、長期に勤務しても給料が上がることはないため収入アップのためにはほかの仕事へ変わることが必要です。

休みが少ないから

最近の歯科医院は土日や祝日も診察しているところがあり、定休日もないところが増えています。このことから歯科助手も休みが取れず、プライベートな時間を確保するのが難しくなっている場合もあります。

安定している医療の仕事とはいえ、週休二日でないのは体が休まりません。恋人との休みの日も合わず、デートがしづらくなる人もいます。

出産して育児の時間が取れないから

結婚して出産育児のため歯科助手を続けることが難しくなる場合もあります。休日も少なく残業も多くなってきていることから、子どもと接する時間も短くなってしまうのです。

この先さらに残業が増える予定もあり、この機会に退職しようかとも考えます。人手不足から職場復帰もしやすく、子どもの成長がひと段落してから再び働こうとする女性も多い仕事です。

歯科助手はこれからもニーズが高まるため、いつでも好みの時期に復職できる仕事です。

歯科助手を辞めたほうがいい場合とは?

自分が転職したほうがよいのかどうかしっかりチェックしてみましょう。一度慣れた仕事は変わるのが大変で大きなパワーが必要になります。

辞めることを決意するのなら、自分自身の適性をしっかりチェックして決めましょう。補助的な仕事にやりがいを感じない、やりたいことがあるといった理由を持つ人が多く見られます。

長期の仕事を考慮するのなら、モチベーションの上がる仕事への転職をおすすめします。

助手の仕事にやりがいをもてないから

歯科助手は補助的な仕事で、歯科医院の雑用的な仕事を受け持ちます。雑用といっても医院の状態をしっかり把握しないと務まらない仕事なので、スタッフがスムーズに仕事をこなすためには欠かせない存在になります。

しかし、やりがいという点からすると物足らない人がほとんどで、雑用的な仕事に不満を感じる人が大半なのです。就職前から分かっていたことだけれど、実際に仕事をするとそれが強く感じられる場面が多くなります。

医療業界自体が合わないから

歯科医院だけではなく病院の仕事は、生死と隣りあわせで常に職場には緊張感が漂っています。歯科は直接の死因となることはほとんどありませんが、人の食生活や健康を左右する大切な仕事といえます。

このため助手の仕事も気を抜くことが出来ず、病院にいること自体が苦痛に感じる人も多いのです。このため、病院の仕事にあこがれてサポート的な仕事の歯科助手になったけれど、自分とは合わないと思う場合は転職をおすすめします。

ほかにやりたいことがあるから

歯科助手以外の仕事でやりたいことがはっきりしているのなら早めに辞めるのもよいでしょう。同じ医療の仕事なら、資格の勉強が必要な場合もあります。国家資格なら難易度の高いものが多いので、歯科助手を続けながらのチャレンジは大変になることがほとんどです。

仕事を辞めて、アルバイトをしながら試験を目指すのもよいでしょう。また医療業界とはまったく別の分野なら、出来るだけ若いうちに転職して業界に慣れる必要もあります。

歯を削る音が嫌いだから

歯科医院では毎日虫歯を削る音が響きわたっています。この誰が聞いても不快な音と、仕事とはいえ毎日接するのは苦痛と感じる人も多いでしょう。

この音を聞くと大きなストレスになる人もいるので、どうしても慣れないのなら転職してもよいかもしれません。この音は治療器具が改良されない限り歯科でなくなることはないため、ノイローゼになる寸前まで我慢しているという人は転職をおすすめします。

歯科助手を辞めないほうがいい場合とは?

せっかく慣れた歯科助手の仕事なので、このまま続けていくことも考えましょう。歯科助手になってまだ間もない人や、仕事内容自体に不満がない人は職業が合っているといえます。

特に医療の仕事を目指す学生なら、現場を把握できるためこのまま続けるメリットは多くあるのです。ほかにも補助的な仕事が好きな人はよい仕事といえるでしょう。早まらず転職を決める前に、自分の適性を判断してみましょう。

補助的な仕事が好きな場合

医療行為をすることはできませんが、サポート的な仕事が好きという人はこのまま歯科助手を続けましょう。助手の仕事は多くあり、看護助手、薬剤助手など多く見つかります

資格が必要ない仕事はたいした仕事ではないと思われますが、病院の仕事をしやすくする大切な仕事です。歯科だけでなく一度覚えたらどこでも通用するので、結婚後も続けていける仕事のひとつでしょう。

資格を取るまでのアルバイトとしてやっている場合

医療の資格を取るまでのアルバイトとしては最適な仕事です。助手の仕事をしながら医院の実務を経験できるため、学生で助手を希望している人も多いのです。

資格取得後にも経験が活かされるため、無駄な時間になりません。実際に働いているスタッフから勉強方法を教えてもらえることもあり、効率的な資格取得を目指せることもあります。歯科衛生士、歯科技工士などとも親しくなることが出来るためモチベーションも上がります。

職場を変えれば問題が解決する場合

歯科医院まで勤務時間が長い、残業が多い、休憩場所が狭いなど職場の問題で辞めたくなる人も多くいます。こういう人は歯科助手自体が嫌になったわけではないため、職場を変わるだけで問題が解決することもあります。

日々の大半を過ごすことになる職場環境は大切で、少しの不満がたまると大きなストレスとなることもあるでしょう。歯科助手の求人は多くあるので、自分に合う条件の職場を探しやすくなっています。

勤務してまだ1ヶ月と日が浅い場合

歯科助手になりたてで1ヶ月以内の人は、初めてのことばかりで戸惑っている場合もあります。特にこれまで学生だったという人は、社会人自体の生活に慣れず苦労している人もいるでしょう。

慣れるまでに一つの職場へ3年勤務することが必要と言われます。1か月以内に転職を考える人は、日数が浅いことが原因であることが多いため、せめて3ヶ月から1年は続けてみてもう一度辞めた方が良いか考えてみましょう。

パート勤務になれば解決する場合

結婚出産して育児で忙しくなった場合は、パート勤務に変わることで問題が解決することもあります。医療の仕事の中でも助手の仕事はパートの募集が多くあり、勤務先を選べる状況です

できるだけ自宅から近くて短時間勤務で終わる職場を選ぶことで格段に働きやすくなる場合もあるでしょう。職場復帰は子どもの成長がひと段落してからでも遅くありません。医療助手の仕事は安定しており、数年先にも豊富にあるでしょう。

歯科助手を辞める際に気をつけるべきこととは?

歯科助手を辞めると決めたからには、急に忙しく感じる場合もあります。職業を変えるのは大きなストレスにもなり緊張を強いられますが、職場に迷惑をかけることなくスムーズな退職を心がけましょう。

出来るだけ早めに辞めることを伝えて、仕事の引継ぎをしやすくします。次の仕事も医療関係なら、いきさつや転職理由を説明して円満な退職を心がけましょう。ここでは歯科助手を辞める際に気をつけることをご紹介します。

やめて何がしたいのか考えておく

歯科助手の仕事が合わず転職することを決意しても、次にやりたいことを決めないままなんとなく職場を去ってしまうのでは転職はうまくいきません。

歯科助手を辞める前に、何がやりたいのかをよく考慮して次の行動を決めましょう。特に自宅から職場へ通っている人は、辞めても生活に困らないため考えもなく辞めてしまうこともあります。

辞めてしまってから焦るのではなく、自分の将来についてしっかり考えたり職場のスタッフへ相談してみましょう。

長期の仕事計画を立てる

歯科助手の仕事はアシスタントのため、短期の仕事になってしまいます。資格取得までのアルバイトとして働くのなら良いのですが、そうでない場合は今回歯科医院を辞めても、また補助的な仕事に就くことにもなりかねません。

自分の専門分野を持って長期に仕事をして行こうと思うのなら、資格を取得したり長く働ける会社へ正社員として就職するのもおすすめです。

引継ぎのため適切な退職時期を決める

突然退職を職場へ伝えても急に新しい人を準備することは難しいでしょう。日々の業務の引継ぎのため、出来るだけ早めに退職の意思を伝えます。

こうしておくと歯科医院も引き継ぎのアドバイスをしてくれることがあるため、スムーズな退職ができます。職場も自分もストレスが起こらないよう、適切な退職時期を決めましょう。学生が歯の治療に来る夏休みや冬休みの繁忙期は避けることをおすすめします。

医療の仕事に転職するなら応援してもらう

歯科衛生士や歯科技工士など、資格が必要な仕事へ転職する際は今の職場スタッフへ事情を説明して応援してもらうのも良いでしょう。

一緒に働いた仕事仲間を励ましたりサポートするのは嬉しいことであり、みなさん積極的にバックアップしてくれるでしょう。国家資格の勉強方法も効率的にパスする仕方を教えてもらいます。高い資格スクールへ行くよりためになることが多く、具体的な勉強方法を聞き出すことも出来ます。

歯科助手を辞めるなら次の転職先は?

医療関係の仕事は多くあり、資格が必要なものから、なしでもすぐ働ける助手としての仕事まで豊富に選べます。しかし、資格が必要のない仕事はどうしても歯科助手と同じくサポート的な仕事になり、給料も安くなってしまいます。

結婚までの一時的な仕事としてならどれでもよいのですが、長期に働いていこうとするなら資格が必要な仕事にチャレンジすることをおすすめします。

歯科衛生士として歯科医院へ転職

歯磨きの指導をしたり、歯のクリーニング、歯周病のチェックなど歯を衛生面からサポートする歯科衛生士は国家資格が必要になる仕事です。

これまでも同じ職場で働いてきたことから、仕事方法はよく知っているのではないでしょうか。最近は虫歯の予防に力を入れている人も多く、これからますます需要が高まる分野の仕事を受け持ち、女性の仕事として多くの歯科医院から必要とされるおすすめの仕事です。

歯科衛生士として審美歯科へ転職

同じ歯科の仕事ですが、審美歯科は歯を白くしたりクリーニングしたりといった美容専門の分野になります。近年審美歯科の需要が高く、歯の矯正と合わせて笑ったときに出る歯並びや歯の白さにこだわる人が多くなっています。

これを受けて審美歯科の数も年々増えており、歯のメンテナンスのひとつとして定期的に通う人もいるのです。歯科衛生士として資格を取ったら歯科医院のほかに審美歯科も転職先の候補になります。自分の適性を考慮して職場を決めましょう。

これから需要の増える介護関係の仕事

これからの高齢化社会に必要となる介護の仕事は将来性の高い仕事です。介護施設や訪問介護の仕事は、これまでの歯科助手としての経験も活かせる転職しやすい仕事といえるでしょう。

医療補助の仕事は現場スタッフの様子や状況を一瞬で把握して、スムーズに場が運ぶようにする経験が必要な仕事といえます。医療と介護の関係が高まる中、歯科助手の経験者はどこの施設でも重宝され高齢者からも感謝されるやりがいのある仕事です。

高齢化社会に欠かせない歯科技工士

入れ歯を作ったり、歯型を取ってかぶせ物を作ったり、歯の矯正装置を作ったりと歯科医院の技工的な部分を受け持つのが歯科技工士です。

高齢化社会で入れ歯の需要が高まるため、豊富に仕事がある将来性の高い仕事といえます。国家資格が必要で、試験勉強が必要ですが、一度取得すれば一生使えるので助手と違い一生の仕事になります。これまでも一緒にスタッフとして働いてきたことから、仕事内容も分かりやすく転職しやすい仕事といえます。

安定して仕事のある医療事務

同じく医療の仕事として身近なのが医療事務です。これまでも歯科助手として事務の仕事をこなしてきたため、仕事内容は分かりやすいでしょう。

医療事務は国家資格が必要なく、すぐにでも転職可能ですが、病院の正社員として働きたいのであれば、診療報酬請求事務能力認定試験にパスすることで格段に仕事が見つかりやすくなります。民間の資格試験ですが、合格率30%といわれているため難関です。目指すのなら早めの準備が必要でしょう。

医療関係の企業へ正社員として勤務

医療現場が苦手なら、医療関係の企業へ転職するのもおすすめです。一般の会社員になりますが、これまでの歯科助手の経験からよさそうな企業を見分けることも出来るでしょう。

薬剤関係や医療機器関係など歯科医院にかかわる企業は多いため、選択肢は豊富にあります。またスタッフや先輩など関係者の紹介もおすすめなので、転職エージェントと合わせて幅広いアンテナを張りよい職場を探しましょう。

歯科助手を辞めるなら円満退職を目指そう

歯科助手の転職についてご紹介しました。歯科助手は歯科医院のサポート的な仕事で業務の幅も広く、医院の全体が把握できるマネージャー的な仕事です。

しかし、治療にかかわる事ができないため、やりがいの点で不満を持つ人も多いのです。ほかの仕事へ転職するのなら、資格取得など理由をはっきり職場に告げて、スタッフの協力を得ることもおすすめです。歯科の資格なら転職先を紹介してもらえることもあるでしょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧