「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 職種別の悩み
  4. SEを辞めたい人は多い。辛さを軽減する方法と転職時のポイント
職種別の悩み

SEを辞めたい人は多い。辛さを軽減する方法と転職時のポイント

自分には向いていない…SEを辞めたいほど辛いと感じる理由は?

SE(システムエンジニア)は基本的にデスクワークではありますが、肉体的にも精神的にも追いつめられてかなり厳しい仕事である事が多いです。SEの仕事は一体どのような所が辛く感じてしまうのでしょうか。

安易に辞めてしまう前に。転職市場での自分の価値を知ってみよう

SEを辞めたいとは思っても、転職活動には時間とエネルギーがかかりますし、退職の決断をするのもストレスですよね。そもそも、今転職して本当にうまくいくのかも心配になってしまうと思います。そこで、今の経歴が転職市場でどれくらいの価値を持つのか、「ミイダス」で調べてみましょう。

ミイダスでは、学歴や資格などの質問に答えていくと、自分のいまの市場価値=想定年収がわかります。さらに、登録しておけば自分の価値を認めてくれる企業からのスカウトを待つこともできます。

チェックポイント

  • 待っているだけで優良企業からスカウトが届く
  • スカウトは面接確約。書類選考は免除なのでスピーディに転職活動ができる
  • 運営元は「doda」を運営する転職大手のパーソルキャリア

まだ積極的に転職・退職を考えていなくとも気軽に登録して、スカウトのチャンスを待つことができます。ぜひチェックしてみてください。

システムトラブルによる夜間や休日の呼び出しがある

システムトラブルはいつ起こるか予想できず突然起こってしまうものです。そして発生したらただちに対処に当たらないといけません。なので夜お休み中であろうが休日を満喫していようが関係ありません。連絡があり次第すぐに仕事の時間です。

しかもシステムトラブルの解決は時間が掛かるうえ難易度も高い業務内容です。システムのどこが間違っているのか把握するために、システム全ての状況を確認して何が原因でエラーを起こしてしまっているのか確認しなければいけません。解決には時間と技術と集中力が大いに求められます。

PCに関する専門知識や高度な技術が必要なわりに給料が安い

SEとして働くためにはシステムに関する勉強が不可欠です。そのためにはもちろん勉強するための時間が必要ですし、一度勉強したからといって終わりではなく常に新しい知識も必要となるのでそのたびに勉強しなければいけません。

もちろん勉強は働いているわけではないので給料も出ません。だからといって勉強を怠ってしまうと新しい知識が必要な業務内容について行けず、仕事に支障が出てしまいます。なので実際に業務に取り組む時間と業務に取り組むために勉強する時間、どちらも必須になってくるので総じて拘束時間も長く、給料も安いと感じてしまいます。

一人で黙々と作業をする人が多く、人間関係がうまく築けない

SEは基本的にPCの前に座ってする業務内容です。なので自然と一人の世界で黙々と仕事をする方が多くなりますから、業務時間中は他の人とのコミュニケーションは少なくなってしまいます。一人での作業が苦ではない方は良いかもしれませんが、そうでない方は孤独感を感じて辛くなるでしょう。

また新しく入った新入社員の方は、先輩の人とうまくコミュニケーションを取れず職場に馴染めなかった、なんてことが起こってしまう場合があります。仕事で疑問点が起こった場合も質問しにくい状態なのでなおさらです。

男性の場合、男性が多い職場なので出会いが少ない

業務内容と拘束時間が長くなってしまう関係上、どうしても職場の男性率が高くなってしまいます。なので職場での出会いは乏しくなります。ただでさえ業務に忙しい上に出会いがそもそもないのも相まって、SEの方は独身の人が多いのが現状です。

もし出会いの場があって関係を築けたとしても、仕事がかなりハードなのでプライベートの時間を取る事が出来ず、なかなか関係が発展しない場合も多いです。生涯独身を貫くつもりでいる人でしたら問題はないかもしれませんが、そうでない人はかなりのデメリットでしょう。

女性の場合、男性が多いので妊娠・出産に理解を得られないことも

男性が多い業界ですので女性社員の対応に慣れていない・理解できていない会社も多く、妊娠・出産・育児中等の時に問題が起きてしまう場合があります。妊娠中であるにもかかわらず、仕事の手が足りないなどの理由で夜遅くまで残業させられたり、そもそも産休制度が整っていない会社なんて場合もあります。

周りの男性社員からのフォローもあまり期待できるものではないので、妊娠中であっても今まで通り戦力として数えられてしまい、産休が取れるまで安心して休めないのでとても辛い思いをしてしまいます。

女性は長期のプロジェクトに関われないことも

「いつか結婚や育児で仕事を止めてしまうだろう」という認識で、長期的なプロジェクトから女性社員は率先して外されてしまう傾向があります。本人にその気はないにもかかわらず、決めつけで対処されてしまう場合もありますので、女性の方は差別されているように感じてとても苦しい思いをしてしまうこともあるでしょう。

また長期のプロジェクトに参加できない分、仕事の評価や給料といった重要な所にも反映されてしまうので、なかなか昇格出来ず収入も上がらないという問題点もあります。

妊娠・出産で辞める人が多く、女性のロールモデルがいない

女性社員に対して対応・理解があまり出来ていない会社も多いのでうまく産休制度を利用出来ず、そのまま退職してしまう方も多いです。

また産休を取れたとしても休んだ後に仕事へ復帰するのが難しい点も問題です。先程挙げましたようにSEは常に新しい知識が必要になりますので休んだ分、勉強の時間が必要です。そのうえ育児の時間も確保しないといけませんので、両立がとても難しいです。産休を取った後に仕事を続けられず退職してしまう方が多いです。

常駐SEは、常駐先で情報共有されないなどの扱いを受けることも

常駐SEは他社に赴いて現場の方たちと共に仕事をするケースが普通なのですが、待遇が悪い場合があります。現場の方たちにとって常駐SEは悪くいってしまうと部外者なので、情報の共有を著しく制限してしまいます。プライバシーの問題も有りますのである程度は仕方がないですが、業務に支障が出るほど制限されてしまう場合があります。

そうなると自分が知らないうちに周りだけでプロジェクトが進んでいて、置いてきぼりにされてしまうなどザラにあります。普通であれば見れて当たり前のような情報も隠されてしまう上に仕事をすることを求められる…これほど辛い扱いはないですよね。

新人の場合、知識や技術不足で即戦力になれず悩む

SEとして働くためには専門的な知識が多数必要なので勉強が必要です。しかし、誰しも短期的に学んだ知識をいきなり実行するのはなかなか難しいです。なので初めのうちは特に仕事をうまくこなせられなくて悩んでしまうでしょう。

そのうえ仕事を進める上で疑問点があっても職場全体が黙々と仕事をしている雰囲気なので、気軽に質問できるような環境ではないことが多いのも拍車をかけています。お一人で何とか解決するか、頑張って質問をする勇気が必要となるでしょう。

今の職場を辞めずに解決する方法はある?

SEにはこんなに辛いところがたくさんあります。現在でもSEとして働かれていて辛い…辞めたい…と悩んでいる方もいるでしょう。

しかし生活等の兼ね合いでそう簡単に仕事を辞められない方もいます。何とかして退職せずに解決する方法はないのでしょうか。今の辛く感じる環境を何とかして変えられれば仕事を続けるのも可能かもしれません。

業務の負担を減らしてもらえるか上司に相談する

仕事の量が多く負担である・残業が多くて帰るのが遅い、帰れない…という悩みを抱えている方は思い切って上司に相談してみましょう。今の辛く苦しい環境のまま働いてしまうのは肉体的・精神的にも非常によくありません。

相談された上司の方がどう動くかは分かりませんが、もし何かしらの改善の一手を打ってくれるようであれば万々歳でしょう。すぐに改善されなかった場合でも相談したというアピールをしたことになりますので、後々何かしらの改善策を講じてくれる可能性があります。

納期に追われることの少ない社内SEになる

SEと一口に言っても実は様々な種類があります。その中で楽な業務形態のSEとして働くのもありでしょう。例えば常駐SEの場合は常駐先の企業と連携を取り業務を行う形態ですので、相手の企業から納期を迫られる場合があります。

それとは反対に社内SEというものがあり、こちらは他社に赴くわけではなく自社で業務を行う形態です。他の企業と連携して業務を行うわけではないので納期にも融通が利くことも多いです。

妊婦なら医師に診断書をもらい業務の負担を減らしてもらう

妊娠しているにも関わらず仕事を無理に頑張ってしまうことは自分の体にも負担ですし、何よりお腹の赤ちゃんにも良くないです。しかし「妊娠しているので業務の量を減らしてほしい」等と内容を言葉にして伝えるだけでは解決しない場合も多いです。そんなときには病院に行き、診断書を書いてもらいましょう。

例えば産婦人科の病院行くと、働く妊婦の方向けに作られた診断書があります。これは妊婦の体調などに合わせて医者が記入し、会社に提出できるようなものです。それを提出すれば業務時間が短くなる・休職が出来るようになる等といった改善措置が取られやすくなります。

出勤がつらいならリモートワークができるよう相談する

自宅から会社への行き来に掛かる時間も立派な拘束時間です。ご自宅から遠い会社へ通勤している方もいるでしょう。ただでさえハードワークなのに毎日朝早くから起きて身支度を整え、満員電車に揺られながら出社する…考えるだけで憂鬱になってしまいます。

毎朝の出勤がどうしても辛い方はリモートワーク(在宅勤務)が出来るように相談するのも良いでしょう。通勤時間という拘束時間が無くなるだけでも、負担は目に見えて軽くなります。

システム開発から、システムを売る営業になる

どうしても環境を変えたい、けど今の仕事は簡単には止められないといった方は、思い切ってシステム営業に配属を変えてもらうようにお願いするのも良いでしょう。業務内容も職場の環境も一気に変わります。

営業と聞くとどうしてもお客様との間でトラブルが発生するのでは?と不安に思ってしまう方が多いと思われますが、システム営業は基本的に一般のお客様とやり取りするのではなく企業の人間とのやり取りが主な仕事です。相手も会社の看板を背負っていますので、理不尽なクレームや対応をされることは少ないでしょう。他にも営業で辛い仕事として飛び込み営業や電話営業もありますが、これらもシステム営業ではあまり行われないのも特徴です。

もう仕事を続けられない…そう思った時の対処法

どうしても辛い…仕事を続けられない…そう感じたときには無理して仕事を続けずに行動を起こすことです。そのまま仕事を続けてしまっては自分にとっても良くないですし、会社にとっても迷惑になってしまうかもしれません。手遅れになる前に早めの決断が大事です。

心と体の限界が来る前に病院を受診する

肉体面・精神面で限界が来ていても、「自分がやらなければ他の人にその分迷惑が掛かってしまう」といった責任感から、体調が悪いにも関わらず無理して頑張ってしまう方も居られます。しかしその後一気に体調を悪くしてしまい、うつ等の重大な病気に掛かってしまっては元も子も有りません。

まだ頑張れる、と自分を激励するのも良いですが無理だけは絶対に禁物です。何かしらの体調の変化、気分がずっと落ち込んでいる等といった気になる症状が出来たら放置せず病院を受診するようにしましょう。

休職は決して悪いことではないので上司や産業医に相談する

自分が休んでしまうとその分の仕事が他の同僚に行ってしまうのでは?と考えてしまい、休職することをなかなか決断出来ない方もいると思います。しかし、無理して体調が悪化して取り返しのつかないことになってしまうのが一番良くありません。

最初はなかなか相談する勇気が湧かないかもしれませんが、自分の体が何より大事です。この後の人生のためにも、限界が来てしまう前に早めの相談を心がけるようにしましょう。

休職中でも手当は出るので安心して休息をとる

いざ休職出来たとしても、金銭面で不安に思う方も多いことでしょう。大半の企業は基本的に休職手当が出ますので、自分の体を治すことを最優先にして休息を取るようにしましょう。

休職中は仕事のことを意識して不安になってしまう方もおられるかもしれません。ですが気にしてしまうあまりきちんと休息を取れないと意味がありません。体調がすべて改善しないまま職場に復帰してしまうとその後がとてもつらいです。復帰後再び体調を崩してしまうことが一番迷惑ですし、同僚からの信用も失ってしまいます。

それでもだめなら転職という選択肢もあり

どうしても今の環境を改善できず、続けることが難しいようであれば転職することを考えるのも良いでしょう。改善しないままの環境で仕事を続けられても辛いですし未来も見えないことでしょう。そのまま心身共に負担を掛けて続けられるよりかは転職をして、新しい環境に移る方が良いです。

しかし、いざ転職することを決断してもきちんとした手順は踏むようにしてください。一か月前には退職の意思を伝える等、社会人としてのマナーはきちんと守るようにしましょう。

SEからの転職先は?

転職するといっても、どのような業界へ行こうか迷う方も多いことでしょう。折角転職するのでしたら、今まで苦労して頑張った経験を生かせる様な所へ転職したいですよね。

SEとして働いてきた経験を生かせる転職先は様々あります。自分にあった転職先を選べるようにしたいですね。

同じSEとして転職する人が多い

意外に思うかもしれませんが、同じSEとして他の企業に転職される方が多いです。同じSEであっても企業を変えるだけで環境が劇的に改善する場合もありますし、何より今までの経験がそのまま活用出来るので転職後すぐに戦力になることがメリットです。

しかし、転職先も環境が良くなかった場合は転職をした意味がありません。同じ苦しい思いをしないためにも転職先の企業のことは良く調べたうえで応募するようにしましょう。

フリーランスのSEになるなど働き方を変える

SEとして働きたいけど他の企業に転職するのも難しい…といった方はフリーランスのSEとして働いてみる等、働き方を今までと変えてみるのも良いでしょう。

フリーランスであれば基本的に在宅ワークになりますので通勤といった拘束時間もありませんし、仕事をする時間もお休みする時間もある程度融通が利きます。なので自分のプライベートの時間を確保できますし、今までのSEとしての経験を活かせます。SEは特別な知識・技術が必要な仕事になるので在宅ワークであっても充分に収入を得られます。

SIerの営業なら、SEの経験を生かした提案ができる

システム営業の企業であれば今までの経験も生かせますので転職後すぐに活躍出来ます。何より実際SEとしてプログラムを開発してきた経験のある人の営業マンの方がとても説得力のある提案が出来ますよね。

未経験の方でしたら一からシステムの勉強をしなければいけませんが、SEの経験がある方でしたら一歩以上リードした状態で転職が可能です。SEにとってはかなり適している転職先ではないでしょうか。

他業種の営業になる

SEという業界そのものが向いていない・全く違う業種に挑戦したいといった方でしたらシステム営業ではなく他業種の営業になるのも手でしょう。

SE業界は日々の成果がなかなか給料・評価に直結しなかったのが、営業では良くも悪くもどれだけ契約を取れたか?といった単純明快な物で左右されます。それが時に辛いことになってしまうこともありますが、大きなやりがいであることも確かです。

頑張り次第ですぐに高収入を得られることもあるので、努力がすぐに反映される環境が好みな方はお勧めできます。

システムを扱うSEは事務職や人事や経理部門でも歓迎される

PC操作に慣れているSEは事務職や経理といった業種でも非常に魅力的とされている人材です。事務職や経理の企業で扱うシステムにもすぐ慣れるので、仕事にでもいち早く活躍します。またシステムに関して何かわからないことがあった場合、専門的な知識のあるSE視点からの意見はとても貴重であり、重宝されることでしょう。

SE経験があるというだけでとても大事に扱われるので、今まで通りデスクワークでかつ異業種が良いといった方はこちらもお勧めです。

SEの転職成功のためのポイント

転職というのは人生の大きな節目です。失敗せずに自分の力を充分発揮できるような企業に入れるようにしたいですよね。そのために意識することをまとめてみました。

これまでの経験を無駄にしないためにも、自分自身のアピール出来るところを今一度振り返り、相手に魅力が伝えられるようにしましょう。

転職活動ピークの20代後半は若さとやる気でアピール

20代後半と年齢の若い方はその企業に採用されたらどうするのか・どんなことを学んでみたいのか・実現したいこと等、やる気をどんどんアピールしていきましょう。若さを生かして今後どのようなキャリアアップ・スキルアップをしていきたいかを述べるのも良いですね。

企業側も応募者が若い方であればあるほどキャリア形成をしやすいため、好んで採用される場合が多いです。その企業に入ったらやりたいことや将来の夢など、積極的にアピールしていきましょう。

2年目、3年目の若手は学び続ける意欲をアピール

SEとして2年目、3年目と業務経験のある方は、今後も学び続けたい意欲をアピールしましょう。これまでのSEとして働いてきて頑張ったこと、学んだことをはっきりと伝えましょう。そのうえでこれからどんなことを学びたいのか、なぜ学びたいと思ったのかを相手に良く伝わるようにアピールしましょう。

相手先企業は2年、3年間の間にどんなことを経験してきてこれからどんなことをしてみたいと思っているのか気になっています。あやふやな内容を伝えるのではなく、はっきりとした学ぶ意欲を伝えられるようにしましょう。

30代は具体的な実績の数字と、今後のキャリアプランをアピール

30代となると若さをアピールするのは難しくなってきますが、その分これまで積み上げてきた実績があることでしょう。達成してきた実績の具体的な数字を伝えつつ、その経験を生かして今後どのようにキャリアを築いていくのかを相手に伝えることが大事です。

企業も30代頃の応募者となると即戦力となるような人材を求め始めます。自分が出来ること、成し遂げてきたことをしっかりアピールできるようにしましょう。

35歳でSEの市場価値はぐんと下がる

IT業界では「35歳定年説」というものがあると噂されていることはご存知でしょうか。どうしてこのようなことが噂されているかというと、IT業界の特徴・35歳という年齢から来る体の変化から来ています。具体的には「身体能力の衰え」「新しい知識を学ぶことが難しくなる」「管理職へシフトしていく」といった点が挙げられています。

これに関してはただの噂であると考えている企業もあれば、鵜呑みにしている企業も有りますが、どちらにせよSEの35歳となると転職で不利になる可能性が大いにあり得ます。それまでに転職をするかどうかの決断をしたい所ですね。

転職ラストチャンスの40代はその道のプロであることをアピール

このあたりの年齢になると若さでも学ぶ意欲やキャリア構成でアピールすることは難しくなってきます。ただSEとして長い間働いてきた経験がありますので、その間に達成してきた実績などをフル活用してSEのプロフェッショナルであることを全面的にアピールしましょう。

40代ともなるとキャリア構成も難しくなってくるので、企業側もすぐに職場に投入して活躍できるような人材を求めます。プロとして恥じない経歴を伝えられるようにしましょう。

女性の場合、女性が多く活躍している職場を選ぶ

女性社員が多く活躍している職場は、女性社員向けの福利厚生に優れた職場であることが多いです。妊娠・出産・育児に対して理解があって便宜を図ってくれる所は、女性の方にとってとても安心できる職場ですよね。子育てをしながらも仕事に支障が出ることがなくステップアップしていけます。

そういった職場では実際に出産や子育て経験のある上司に出会える可能性もあります。その上司をロールモデルとして日々業務に励めるとモチベーションの維持にもつながります。

SEの転職は専門の転職エージェントを活用して

SEからの転職は一般的な転職サイトではなく、専門的な転職エージェントも活用すると良いでしょう。一般的な物とは違い、SEの経験を生かせるような業種・業界の仕事を紹介してくれます。

中には未公開求人を多数取り揃えている所もありますので、一般的な転職サイトで探されるより多数の優良案件を探しやすいです。転職はとても大事な転機ですので、活用できる物はフルに利用して自分に最適な案件に応募できるようにしましょう。

無理は禁物。退職転職は悪いことではない。

辛いことからは誰しも逃げ出したくなるものです。しかし、だからと言ってそこから逃げ出してしまうのは必ずしも悪い行動ではありません。過剰に無理をしてしまい体を壊してしまう方が良くないですよね。

SEとして働いている方は様々な悩みがあるかと思いますが、今後仕事を続けられるかどうかはその悩みと向き合い続けて改善していけるのかどうか次第です。問題の解決が難しく、このままでは将来性が見えないようなら、退職・転職することもベストな判断です。周りの意見に囚われず、自分にとってベストな道を選べるようにしましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧