1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 職種別の悩み
  4. 営業向いてないと言われたら対策や転職する方法を見つけよう

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

職種別の悩み

営業向いてないと言われたら対策や転職する方法を見つけよう

「営業に向いていない」と言われたら

「お前、営業向いてないよ」「あなたの性格では営業ムリなんじゃない?」こんな言葉を言われて、自分の営業スタイルに自信が持てなくなったら、このまま営業を続けるか早めに見切りをつけるか、考え始める人も多いでしょう。

また、他の人に言われなくても、営業で感じるストレスが大きく自分には向いていないのではないかと、日々悩んでいる場合もあります。

営業に向いてないと思う人が、今後を考えるきっかけにできるよう、向いている性格や営業が向いていないと言われる理由や転職についてまとめてみました。

営業に向いていない人によくある性格や特徴

どんな職業にも、向き不向きがあるように、営業にも不向きな性格や特徴があります。自分で営業に向いているのか分からない場合、まずは営業向きの性格なのかを判断し、改善できることかそうでないのか見極めなくては先に進めません。

営業に向いていない人の性格や特徴を知り、あなたの現状と照らし合わせ該当箇所がないかチェックしてみましょう。該当する項目が、あなたの努力や工夫で改善できるのであればいいのですが、改善できないか改善に時間がかかる場合は営業以外の仕事を選ぶ方が賢明です。

小さなことを気にしてしまう

営業をしていると、門前払いや軽くあしらわれることは日常茶飯事です。断られることも当たり前ですし、中には心無いことを平気で言う担当者もいるので、図太い性格でなければ営業は続けていけません。

元々、小さなことを気にしてしまう性格だと、こうしたことを上手く受け流せず、日々ストレスを抱えることになります。一度断られると、それ以降訪問する営業先でもオドオドしてしまい、結局交渉が上手くいかず結果につながらないという悪循環に陥ることもあります。

営業先の相手の言動にいつまでも悩んでしまう人や、仕事が終わってからもイライラしてしまう人は、あまり営業には向いていません。

数字が苦手

営業はコミュニケーション能力だけで乗り切れるようなイメージがありますが、結果をしっかり出す営業マンは数字に強いという特徴があります。

「営業は数字が命」と言われるのは、売り上げた数字のことだけでなく、営業先での値引き交渉への対応、数字による目標管理、売り上げをあげるための数値管理、達成率などすべてにおいて数字を念頭に入れておくことが必要だからです。

数字が苦手な人や、数字を追えない人は、営業をしても結果につながらなかったりモチベーションが下がったりしやすいので、営業には不向きと言えるでしょう。

スケジュール管理ができない

スケジュール管理も、営業には必要なスキルのひとつです。複数の営業先にアポを取り、時間通りに回るのは簡単なようですが、慣れるまでは思い通りに行かないことも多々あります。

会社で購入や取引の決裁権を持っている立場の人はとても忙しく、1分でも遅れると取引をしない決断をする人も少なくありません。時間を守れない=いい仕事ができないと判断されてしまうからです。

時間のロスはなくし、何かあっても約束の時間には遅れないよう、余裕をもったスケジューリングをしなくては、どんなに商品が良くても結果につながりにくいので、スケジュール管理が下手なことは営業には致命的と言えます。

気が弱い

営業は、御用聞きのようになってしまうと、お客様とイーブンな関係になれずストレスを抱えるだけでなく、売り上げも上がらないという最悪の状況になることがあります。特に高級なものを販売している場合は注意が必要です。

お客様は、同じお金を使うなら仕事のできる相手や、自分に利益をもたらすような相手と取引したいと思うものです。自分の言いなりになるような相手だと、仕事ができると思えず都合よく使われてしまうだけになる場合があります。

個人がお客様の場合は、稀に気弱で誠実な人柄に惚れて購入を決める人もいますが、相手が企業の場合は言いなりになってばかりだと結果につながらず、営業には不向きと思われてしまいます。

気持ちが正直に顔に出てしまう

気持ちが表情に出てしまう人は、プライベートで付き合うなら正直で裏表がなく信頼できる人と思われますが、営業には向いていません。営業をしていると、楽しくもないのに笑わなくてはいけないことや、自分は悪くないと思っていても反省している表情をしなくてはいけない場面があります。

その場に合わせた表情や行動をすることで、売り上げをあげたりトラブルを最小限にしたりできるのですが、気持ちが顔に出てしまうといい結果にはつながりません。慣れや練習で改善できる分野ですが、表情を作るのが苦手な人は、そうでない人に比べてストレスは大きくなるでしょう。

プライドが高すぎる

営業は自分の仕事に対してはプライドを持つべきですが、自分への過度なプライドは成長を妨げ、いずれ営業の仕事に支障が出てきます。例えば、営業を断られた場合、仕事に対してプライドを持っている人は、自分の営業スタイルで何がいけなかったのか反省し、次の商談に活かします。

逆に、自分に過度なプライドを持っている人は、断った相手の批判や売り込んだ商品の愚痴を言います。自分が悪いと認められないのは、不要なプライドを持っているからです。間違ったプライドを持ち続けている間は、営業には向いていないと言えるでしょう。

会話が不得意

基本的なことですが、会話が苦手な人は営業には向いていません。改善できる問題なので、営業をしながら会話が上手くなることはあります。しかし、慣れるまではかなりストレスを抱えることになるでしょう。

会話が苦手な人が営業をしていると、次のようなトラブルが起きます。

  • 商品説明や注意点を上手く伝えられない
  • 言った言わないでトラブルが起きる
  • 声が小さくて相手をイライラさせる
  • 会話のキャッチボールができず盛り上がらない
  • 相手の言って欲しい言葉が出てこない
  • 相手が嫌がることをつい言ってしまう

これらは、営業をしていると致命的な問題なので、会話が苦手で上達しない人は営業には不向きです。

服装などに清潔感がない

営業で最も致命的なのが、清潔感のなさです。服装がだらしない、靴が汚い、口臭や体臭がキツイ、汗やタバコ臭いなどは、営業先の人たちを不快にし、取引につながりにくくなります。

清潔感というと汚い、だらしないことばかりが注目されがちですが、意識しすぎて逆に清潔感を欠いている人もいます。例えば、香水の匂いがキツイ、髪を気にしすぎて話に集中していないといったことも、清潔感がなく不誠実に見えてしまいます。

営業マンは、最低限相手を不快にする見た目をしてはいけません。これは、商談の仕方以前の問題で意識すれば改善できることです。それもできないということは、相手の気持ちを汲み取れないということで、営業としては不向きな性格です。

「営業に向いてない」と言われた場合に考えられる理由

上司や取引先に「営業向いてないよ」と言われた場合、その理由を知らなくては今後のことは考えられません。言われたときの状況や、前後にあったことなどを振り返って、向いてないと言われた意味を考えてみましょう。

改善してほしいところがあるかもしれない

上司や職場の人、取引先の人に「向いてない」と言われた場合は、単に批判したいのではなく改善して欲しいことがあるのかもしれません。前後でお客様とトラブルになっていれば、その原因を考えてみましょう。

前後に何もなかった場合は、日頃の態度や服装が問題である可能性が高いです。怒ったり落ち込んだりせず、冷静に自分を見て至らない点が見えてきたら改善すればいいだけです。

もし、何が原因で向いてないと言われたか分からない場合は、直接相手に聞いてみると早く解決します。素直に、相談という形を取って自分の至らない点を教えてもらうと、今後の改善が早くできます。

部署異動や退職を勧められているのかもしれない

上司があなたに営業が向いていないと言った場合は、今後の進退についてやんわりと伝えられている場合もあります。現在、簡単に解雇すると不当解雇だと言われかねないので、会社も直接辞めろとは言えなくなりました。

しかし、会社が傾きかけている場合や、人員整理が必要な場合は、どうしても退職させる人を選ばなくてはいけません。あなたが、その対象になっているのかもしれないので、あなた自身がどうしたいのかを考え、転職を望んでいるならこのタイミングを利用するのもひとつの方法です。

言った本人は大して何も考えていなかったかもしれない

「お前って、本当に営業向いてないな」「君は営業向きの性格じゃないよ」こうした言葉は、言った本人は本気で思っていないケースも多いです。逆に、いい意味で言っている場合もあるので、あなたがしっかり判断しなくてはいけません。

営業とは、時に相手の利益より自分の売り上げを優先しなくてはいけない場合があります。それができない正直な人や素直な人に対して、「営業に向いてない」と言われることがあります。

自分に思い当たる点がなければ、相手に直接どんなところが営業に向いていないのか、素直に聞いてみましょう。実際に至らない点があれば改善すればいいですし、相手が本気で言っていないのが分かればスッキリします。

新卒の場合は激励の意味かもしれない

上司やお客様が「営業向ていないよ」と言う場合、その言葉の後には心の中で「だから頑張れ」という激励を送っているケースもたくさんあります。あなたが新人であれば、向いてないという言葉を変に真に受けて自信を失う必要はありません。

軽く聞き流さず、しっかりと反省をする必要はありますが、営業を始めたばかりのときは上手くできないのが当然です。最初から、自分には営業は無理と決めつけてしまうと、人生の選択肢をひとつ閉ざしてしまうことになります。

営業は、文句を言われることも批判されることも良くあります。一度や二度「向いてない」と言われたからと言って、他の職を探していては成長できません。自分で営業をしていてストレスが大きい場合は別ですが、これから頑張りたいと思っているなら、少々のことは激励だと思いましょう。

それでも営業職を頑張りたい場合

営業が向いてないと言われても、仕事に魅力を感じている人は、ぜひ営業スキルを上げてこのまま続けてみましょう。営業は、専門知識がなくても産休などのブランクがあっても、努力次第で高収入をあげられる職種のひとつです。

これから営業スキルをあげたいなら、次のことを意識してスキルアップしてください。

性格はすぐ変わらないが知識はすぐつけられる

人の性格は簡単に変わりませんが、商品や業界の知識は勉強すれば早く身に付きます。知識が増えると自然と自信が出て、営業スタイルや人との接し方に変化が出てきます

自分に自信がなく商談で気弱になってしまう人、上手くセールストークが出てこない人、反論されると上手く切り返せない人、値引き交渉されると弱い人などは、ぜひ取り扱う商品や業界全体の勉強を始めてください。

知識が増えていくたびに、徐々に話し方や態度が変わっていき、いつの間にか結果もそれについてくるようになるはずです。

営業トークのパターンを多く身につけよう

お客様と商談をしていると、同じような断り文句や、似たような質問を受けることがあります。このよくある流れを把握して、切り返しの文句を事前に準備しておくと、営業はかなり楽になります。

例えば、次のような質問と切り返しは、よく使われます。

  • 高くて手が出ない→長い目でみるとコスパは他社の商品より良いですよ
  • 今は必要ない→今後のために見積もりだけ作らせていただけませんか?
  • 買う気はないよ→そういえば〇〇さん、釣りがお好きなんですよね?
  • 他の営業も来てるよ→そこの商品も素晴らしいので、ぜひ比較してください

取り扱っている商品で違いますが、何度か営業をしていれば同じやり取りが必ず出てきます。その切り返しトークを事前に準備しておき、他の営業トークに集中できるようにしておけば、お客さまとの会話がスムーズに進みます。

可能であれば営業の上手い上司や、成績のいい同僚などの営業に同伴させてもらい、パターン化しているトークを真似すると早く身に付きます。

使える道具は活用しよう

泥臭い営業も良いですが、できるだけ営業以外の作業を少なくし、効率的に仕事を進めるために、活用できるツールは積極的に使いましょう。知らないだけで、営業の効率をアップしてくれるソフトやアプリはたくさん出ています。

例えば、名刺管理ツール、スケジュール管理アプリ、経費清算アプリや請求書や見積書作成ツールなど、探せばすぐに見つかります。あなたの営業スタイルに合ったものを探して、お客様との時間により集中できる環境を整えましょう。

悩みを公言してしまうのもひとつの手

営業が向いてないと言われたり、そう自分で感じたときは、周囲の人に相談するのも有効です。特に、向いてないと言われた相手や、営業の成績がいい上司、異業種の営業マンなどに話しを聞いてみると、悩みが解消することがあります。

男性は、周囲に相談するのがカッコ悪いと思っている人も多いのですが、前向きに成長しようとしている姿は、誰が見ても素敵に見えます。もし、上司やお客様の愚痴を言い合う飲み会ばかりに参加しているなら、その時間を他の人に相談し自分を成長させる時間に使いましょう。

無理のない範囲で飲みニケーションに参加してみよう

近年、飲み会で仕事が取れる時代ではなくなり、飲みニケーションも少なくなりました。しかし、あなたが今まで飲み会に参加していなければ、お客様との飲み会などに一度参加してみましょう。

飲み会で仕事を取ったり、紹介をもらったりするわけではありません。飲み会に参加する営業マンが少ないからこそ、お客様と近付きたいという姿勢を見せることで、他の営業マンとの差が生まれます。

また、飲み会でしか分からない相手の好みが分かるなど、今後の営業に有利になる種まきができます。ただし、飲みニケーション無理をしない範囲で抑えて、通常の営業に支障が出ないように注意しましょう。

気持ちを切り替えてストレスを溜めないようにしよう

どんな仕事も同じですが、何かをしたことで魔法のように仕事が上達することはありません。試行錯誤の結果、いつの間にか成長しているのが一般的なので、悩んでばかりいると心身の健康を害してしまいます。

特に営業は人間関係の悩みを抱えることが多いので、上手く切り替えなくてはストレスが溜まっていく一方です。完全歩合制でなければ、ノルマを達成しなくてもお給料は出るので、ストレスを感じて辛くなったら体や心のケアを優先しましょう。

会社を出たら一旦悩み事は忘れる、思いっきり趣味に没頭する時間を作る、いつでも辞められると自分に許可を出すといった方法で、上手く気持ちを切り替えましょう。

営業を辞める前にできることはある

営業は続けたいけど、どうしても現状が辛い場合は、自分を変える以外にも方法があります。自分でできることは試してみて、それでも上手くいかない場合は、次のようなことを試してみましょう。

担当を変えてもらう

仕事とはいえ、相性の悪い人とは何をしても上手くいきません。あなたが営業で悩んでいるのは、あなたが間違った営業スタイルなのではなく、単純に取引先との相性が悪いだけかもしれません。

可能であれば、担当を変えてもらって心機一転するのもいいでしょう。相手を変えても営業が上手くいかなければ、あなた自身が何か居たらない点があるということが分かりますし、変わったことで営業がスムーズにできるようになれば、相性が悪かっただけだと分かります。

新規開拓からルートセールスに変えてもらう

営業には、新規開拓とルート営業があります。新規開拓しかない場合は無理ですが、両方の営業がある場合はルート営業の方が精神面では比較的楽です。まずは、ルートセールスをしながら営業スキルを磨き、自信がついたら新規開拓に戻してもらってもいいでしょう。

今の会社に新規開拓の営業しかない場合は、ルート営業を募集している会社に転職するのもひとつの方法です。

商材に納得がいかないなら製造部門に意見を出してみる

商品やサービスの内容に不満がある場合、思い切って製造部門や上層部に意見を出してみるのもいいでしょう。本来、お客様と直接やりとりしている営業マンが、現場の声を一番理解しています。その声を会社に伝えるのは悪いことではありません。

会社に意見を伝えた場合、不満を言ってくれたお客様には、必ず会社に伝えた旨を話し感謝の言葉を言いましょう。すぐには変わらないかもしれませんが、不満を伝えたと分かれば、お客様もあなたの誠意を理解してくれるはずです。

小さなことですが、それが今後の営業に反映されることも十分考えられます。

やっぱり営業を辞めたい場合

営業に向いてないと言われて、自分で改善できることはある程度やってみた結果、やはり営業の仕事がストレスになっていれば、他の職種に変えた方が賢明です。営業を辞めたい場合、次に取るべきステップをいくつかご紹介します。

社内で別部署への異動の希望を出す

上司に相談し、可能であれば営業から別の部署に異動させてもらえるよう希望を出してみましょう。向いていないと思いながら、ダラダラとストレスの多い仕事を続けていると、心身の健康を害する恐れがあります。

また、何か大きなトラブルを起こしてからでは、異動の希望も聞いてもらえない可能性も出てきます。不思議なもので、嫌々やっている仕事はトラブルが起きやすいので、早めに決断することをおすすめします。

会社自体がストレスなら転職を考える

営業という職種ではなく、会社自体に不満があるなら思い切って転職を考えてみましょう。同じ営業でも、会社や取り扱う商材が変われば、ストレスが軽減する可能性は十分あります。また、同じ営業でも新規開拓からルート営業にするなど、自分に合った仕事を選ぶことで毎日が充実することもあります

営業という仕事に本当に疲れてしまったら、事務や総務、販売などの仕事に変更してみるのもいいでしょう。人と会うことの少ない、運送業なども人間関係のストレスが少ない職種です。ただ、勢いで退職すると後悔につながりやすいので、事前に他の企業の調査はじゅうぶん行ってください。

転職サイトの適職診断で自己分析をしてみる

今後のことを考えるとき、あなた自身が営業が好きなのか、向いているのかそうでないのか、何をしたいのか分からない場合は、転職サイトの適職診断で自己分析してみるのもおすすめです。いくつか診断をしてみて、自己分析に役立ててください。

転職サイトの適職診断で、当たると評判のいいものをいくつか紹介します。

意外な職業が、あなたに合っていると診断されることもあるので、今後転職を考えるときには検討材料に加えてみてください。

元営業職が活躍できる仕事を探す

営業職から他の職種に変わりたい場合、これまで培ったスキルを活かせるものにした方が、転職後スムーズに仕事が進みます。営業職が活かせる職種には次のようなものがあります。

  • 商品知識や業界知識が活かせる「調査・マーケティング」
  • 顔が見えない分ストレスは少ない「サポート・コールセンター」
  • コミュニケーション能力に自信があれば「人材派遣会社」
  • 顧客と接してきた経験を活かして「商品開発」
  • 商品のセールスを媒体で行う「広告・宣伝職」

営業とはまったく違う職種を選ぶのもいいですが、せっかくスキルを身に着けているなら活かした方が有利です。あなたが興味を持った分野があれば、ぜひ一度業界調査をしてみてください。

言われたことは気にしすぎず前へ進もう

どんな仕事でも「君、〇〇向いてないよ」と言われることはよくあります。向いてないと言われたことに対してはしっかり反省すべきですが、気にしすぎて委縮すると余計に仕事が上手くいかなくなります。

仕事の上での注意や批判は、成長できるチャンスであり今後を考えるキッカケにもなります。終わったことを悩み続けることなく、気持ちを切り替えて今後にどう活かすかを考えましょう。この繰り返しで前進していけば、仕事の質は徐々に向上していき結果にもつながるようになります。

ランキング

記事一覧