「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 仕事がしんどい。心と体の面からしんどさを解消する14の方法
仕事が辛い

仕事がしんどい。心と体の面からしんどさを解消する14の方法

仕事がしんどいと感じているのは自分だけ?

仕事がつらい、しんどいと思う時は、思考がどんどんネガティブになり、「こんなに辛い思いをしているのは自分だけなのではないか」「周りはみんないきいきと働いて稼いでいるのに」などと思って落ち込んでしまいがちです。

そんな気分の時には、どのように仕事と向き合っていけばよいのでしょうか。きっとそれぞれ自分に合った解決策があるはずです。本記事ではそのような仕事の向き合い方へのヒントをお伝えします

仕事がしんどいときの気分転換に、自己診断ツール「ミイダス」

「ミイダス」は、dodaなどでおなじみパーソルキャリアが提供する、診断&転職支援アプリです。

転職市場における自分の価値を、「転職後の想定年収」という形で算出し、さらに自分の市場価値を認めてくれた企業から、スカウトメールが届く仕組みになっています。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

スカウトメールを得るのに必要なのは、ただ登録して待っていること。いま仕事がしんどくて気力のない人にとって、転職活動というアクションを起こさなくとも転職のチャンスがめぐってくるのはうれしいですよね。

しかもスカウトが来た時点で書類審査は通過していることになるので、興味があれば面接からスタートできます。まずはぜひ診断を試してみてください。

合わせて読みたい

みんなが仕事をしんどいと思った瞬間は?

多くの人が仕事にストレスを抱えているのは分かりましたが、ひとはどんなときに仕事がしんどい、辞めたいと思っているのでしょうか。仕事がしんどいと感じているあなたはきっと共感できるでしょう。

合わせて読みたい

今までやってきた仕事が認められなかったとき

「自信があったつもりのプレゼンが全然ダメだった」「積み重ねてきた作業が全部無駄だったとわかった」。そんな瞬間は、この仕事しんどいな……と思って体の力が抜けてしまいますよね。

すぐ立ち直ることができればいいのですが、頑張ってきた仕事であればあるほど、気力を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

やりたくない仕事をやるはめになったとき

「上司のやりたくない仕事を押し付けられた」「部署を異動したり、新規プロジェクトに呼ばれたりして、急に今までと違う仕事になってしまった」「マイペースに仕事をしていたのに、指導しなければいけない部下ができてしまった」……

こういうときには、なにごとも挑戦だと思って立ち向かえるのが理想です。しかし現実として、もともと心が疲れていたりすると、やりたくない仕事に対しては面倒くささや憎しみしかわいてきません。

疲れて身体に限界が来たとき

立ち仕事の接客業の人などは、勤務時間が終わりに近づくほど「しんどい……」と毎日のように思うのではないでしょうか。普段はデスクワークの人も、展示会やパーティなどに参加しなければいけないときは、立ちっぱなしでしんどくなります。

もちろん力仕事が日常の人だって、いつも以上に疲れてしまう日はあるでしょう。身体が疲れたり痛みを訴えたりすれば、ダイレクトに「この仕事しんどい」という気持ちに直結するのは当然です。

朝起きられないとき

温かい布団から出たくない、まだ眠い……という理由で朝起きられないのは誰でもそうです。しかし、「朝起きる」=「仕事に行く」=「無理」というふうに頭の中でつながりができてしまっていると危険です。

朝起きられないなら夜早く寝ようと思っても、帰宅後に仕事のことを考えてしまって眠れなかったりすると、「しんどい」のレベルも高めで、要注意かもしれません。

自分より仕事に恵まれている人を知ってしまったとき

同年代の同性で、自分より給料の高い仕事をしていて、高い地位についていて、楽しそうで、私生活も充実している。そんな人の存在を知ってしまうと、自分の仕事や生活が急にみじめに見えてきてしまいます。

「しんどいのかもしれない」と一度気づいてしまうと、あとはネガティブ思考に転がり落ちていくのです。

合わせて読みたい

仕事のしんどさを助長する原因・身体編

多くの人が仕事をしんどいと感じる大きな理由の一つとして身体的な理由があります。疲れ・痛み・睡眠不足などの身体的な辛さは仕事のストレスに大きく関係しています。

また、身体的な辛さは、年齢・性別やその時々の身体の状態によっても変化してくるものであり、同じ仕事内容であっても一概に判断する事はできません。

身体的な辛さ、しんどさについて細かく見ていきましょう。

力仕事・立ち仕事の多さ

整備士

腰痛がひどい

★★★★★★★★★★2

車の整備をしていたら慢性的な腰痛を抱えることになった。ある日ギックリ腰になってからは本格的に接骨院に行かなければならないはめに。しかし労災認定されるわけでもなく、接骨院でも「慢性的な腰痛は保険適用外」と言われ、腰は痛いし出費も増えてしんどい。

まず、身体的な仕事の辛さの最たるものとして体力的な辛さがあります。力仕事が多い人や立ちっぱなしの仕事に就いている人は、かなりの割合でこの悩みを抱えているでしょう。

疲れが抜けない人や、肩・脚腰など職業特有の痛みがある人もいます。痛みがあるというのは誰もが苦痛に感じるものですよね。

また、昔は平気だったけれど年齢を重ねたことで体力的に仕事がしんどくなってきたという人は、仕事のしかたや内容、休養のとり方などを見直すときがきているのかもしれません。

合わせて読みたい

労働時間の長さ

営業

今だけ忙しいかと思ったらずっと忙しかった

★★★★★★★★★★2

入社したときに、「いまは繁忙期だから」と言われて、充分な研修もないまま忙しい状況に放り込まれた。しかし思えば繁忙期がいつまでも終わらないし、結局まともな研修もしてもらえていない。みなし残業制で、客先から客先への移動時間も多いから、拘束時間のわりに給料も少なくてしんどい。

残業や休日出勤が多いと、心も身体も充分に休まりません。それが続くと身体的なつらさはもちろん、精神的な疲れやつらさにも繋がってきてしまいます。

「毎日のように残業でヘトヘト」「終電を逃したので家に帰って寝られない」という人が多いのは今の日本の深刻な問題です。

また、時間外労働については、労働基準法に基づく「36(さぶろく)協定」というものがあり、限度に関する基準が設けられています。サービス残業が法律違反なのはもちろん、賃金が発生しさえすれば無限に残業しても良いということにはなっていないのです。

際限なく時間外労働を強いられていると感じているあなたは、しかるべき機関に相談しましょう。

合わせて読みたい

時間の不規則さ

看護師

総合病院は疲れる

★★★★★★★★★★2

日勤のみのクリニックでのんびり働いていたのが、夫の転勤で環境が変わり、地方の総合病院勤務に。子供がいないので夜勤を入れられ、慣れないシフト制の仕事にへとへとになった。毎日決まった時間に起きて決まった時間に寝ていた身にはしんどい。

夜勤がある、休日が一定していないなど、時間が不規則な仕事をしていると、休まるものも休まりません。医療現場や介護現場、タクシー運転手などのドライバー業もこの理由でしんどいと感じがちです。

徹夜に強かったり、不規則な勤務に慣れている人はあまり苦労しないかもしれませんが、体力の落ちてきた人や、これまで規則的に働いてきた人にとっては、時間の不規則さは大きなストレスになります。

女性特有の症状によるつらさ

男性に理解されにくい女性特有の身体的な不調は、実に多岐にわたります。それらを抱えながら仕事をするのは実にしんどいとしか言えません

生理のときは単なる頭痛・腹痛だけでなく、月経前症候群(PMS)・排卵痛・吐き気・めまいのある人もいます。

妊娠すると、つわり、睡眠不足、頻尿、頭痛、鼻づまり、腰痛、痔、胎動の痛みなど、ホルモンバランスの変化によりあらゆる不調が現れます。産後に仕事に復帰しても、産前とまったく同じ体力に戻るとは限りません。

更年期や、女性がなりがちな甲状腺系の病気で、たとえば体温が調節できずに汗をかきっぱなしになってしまうなど、女性同士であっても経験者でないとなかなか共感されにくい不調もあります。

仕事のしんどさを助長する原因・精神編

次に精神的なつらさについてみていきます。

目に見えず、働く人をどんどん追い込んでいってしまうのが精神的なストレスです。精神的な苦痛は仕事によるものとプライベートなものの境目が曖昧で、両者が絡み合っているので単純に苦痛の元を取り除くことは難しいのです。プライベートな悩みによって仕事どころではなくなったり仕事がつらくなることもあります。

仕事がしんどいと感じる精神的理由には次にあげるようなものがあります。

思ったような成果が上がらないストレス

仕事に真剣に向き合えば向き合うほど成果についての悩みが出てきます。周囲からの期待に応えなければならないというプレッシャーや、応えられなかったときのつらさは、成果主義の環境で働く人の多くが感じたことがあるでしょう。

成果の上がらない仕事から逃げてしまいたいという気持ちを押し殺して過ごすのは、しんどいことです。

真面目な人、頑張っている人ほどこのような精神的なしんどさを抱えがちです。裏を返せば、このように悩んだり落ち込んだりするのは、あなたが仕事に真剣に取り組んでいることの表れだと言えるでしょう。

合わせて読みたい

仕事でのミス

仕事でミスや失敗はつきもので、ある程度は仕方のないものです。しかしミスがかさんだり、ミスで叱られたりすると、大きな精神的ストレスになってしまいます。

「明日上司にミスがばれて怒られるだろう」「自分のミスによって人に迷惑をかけてしまった」「会社に損害を出してしまった」、「毎回同じ失敗をしてしまい同僚に合わせる顔がない」など、怒られることを恐れたり自分を責めたりすることは心の負担になります。

特に、ミスがまだ発覚していない時点での精神的ストレスは、発覚して対処にあたるフェーズよりも、実は大きいものです。「このまま隠し通すために出勤せずにバックレたい」と思ってしまうのはまずい兆候です。

合わせて読みたい

正当に評価してもらえない不満

自分の努力が正当に評価されることは仕事を続ける上で大きなモチベーションになります。反対に正当な評価を受けられないことはストレスになってしまいます

頑張っているつもりなのに昇進・昇給できなかったり、派遣社員・契約社員から正社員登用されないという理由で悩む人は少なくありません。そのような環境でただ働き続けるのはしんどいものです。

他者からの評価は、仕事の充実感と同じく働くうえで大切なものです。頑張ったら頑張っただけ評価してもらえるというのは幸せなことなのかもしれません。

合わせて読みたい

職場の人間関係

職場の人間関係は仕事の楽しさ・つらさと綿密にかかわっています。厚生労働省の調査でも「仕事や職業生活における強いストレスの内容」で、「仕事の質・量」に次いで二番目に多いのが「対人関係」です。

派閥やいじめがあると職場環境は悪くなる一方です。そのような職場では働きたくないものですよね。

職場の人間関係で悩むケースでは、仕事には満足しているのに、仕事内容とは関係のないところで悩まなくてはならないというフラストレーションも絡んできます。仕事はできるのに、人間関係の中でうまく立ち回ることが出来ないがために退職に至るようなケースもあります。

参考:厚生労働省 平成29年労働安全衛生調査結果の概要

合わせて読みたい

パワハラ・セクハラの存在

パワハラ・セクハラや男女差別は、企業の規模や歴史を問わずどこにでもある問題です。単にパワハラやセクハラがあるだけでなく、そういったハラスメントに鈍感な社員しかいなかったり、相談窓口がないような環境にいたら、ストレスがたまるのも当然です。

もし自身が精神的苦痛を受けているのであれば、同じような被害をなくすためにも、外部の窓口などに相談してみましょう

また、セクハラ・パワハラ被害を受けて悩む人がいる一方で、どこからがハラスメントにあたるのかわからず、加害者にならないように過剰に気を遣うことがストレスになっている人もいるというのがこの問題の難しいところです。

ブラック企業に入ってしまったと思ったらJAICでやり直そう

せっかく就職活動をして入った企業で、明らかにハラスメントが横行していたら、このまま働いていていいのかと不安になってしまいますよね。しかし「すぐ辞めてしまうのは甘え」と思って我慢を続けると、のちのちに心身を壊してしまう可能性もあります。

そんなとき、もしあなたがまだ20代の新人であれば、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「研修制度がしっかりしている」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。次こそホワイトな環境で働けるように、ぜひ相談してみましょう。

合わせて読みたい

私生活での問題

私生活と仕事をはっきり切り替えられる人は少ないものです。私生活の悩みのせいで睡眠不足になり、仕事に支障が出てしまったり、私生活でイライラしていたせいで仕事でも人にあたってしまったり…駄目だとわかっても人の心は制御できません。

チェックポイント

  • 恋人と別れたばかりで仕事が手に付かない
  • 家庭がうまくいっていないので帰宅しても気が休まらない
  • 子育てが大変で本当は時短勤務にしたいができない
  • 友人はみんな大企業勤務で高給取りなのに自分だけ中小企業

このように、私生活の人間関係や出来事のせいで、仕事の能率がダウンしたり、「この仕事をしていていいのだろうか…」と疑問を持ってしまうことはよくあるのです。

仕事がしんどいと感じた時の気分転換

「仕事がしんどい」と自覚できている現状は、いわばまだ手遅れではない、希望のある状態です。もしエスカレートしてしまえば、ストレスが積もり積もって心身のバランスを崩してしまうかもしれません。

心身に明らかな悪影響が出てしまう前に、仕事のしんどさをリフレッシュする方法を知っておきましょう。

信頼できる人に話を聞いてもらう

仕事がしんどいときには信頼できる人に相談しましょう。一人で抱え込むのはよくありません。話すことで、その人が味方になってくれるだけでなく、自分自身の心が軽くなったり、自分を客観視して問題を解決できるようになったりすることもあります。

自分一人だと問題を申告に捉えがちです。できれば、笑い飛ばしてくれるくらいの相手に相談したほうがいいかもしれません。

お互いに相談し合えるような関係性の人がいれば、お互いの悩みを相談し合うことで、精神的にも楽になり、信頼関係もさらに深まるので一石二鳥です。

また悩みができたときには気軽に相談できると考えれば心強く感じ、頑張ることができる活力になります。

合わせて読みたい

会社で使える制度は使ってみる

頑張ってきたあなたには、実は有給がけっこう貯まってはいないでしょうか。有給の他にも、勤続年数に応じてもらえるリフレッシュ休暇なんかが実はあるのではないでしょうか。

女性の場合、産前産後休暇は法律で日数が決まっていますが、相談すれば法定よりももう少し前から休むことができるのではないでしょうか。男性の育休も、たとえ取得実績がなくとも、制度があるなら取得できないか打診してみてはどうでしょうか。

自分が知らないだけ、あるいは「どうせ許可してもらえないだろう」と思い込んでいるだけで、会社は意外と社員の味方をしてくれるかもしれません。まずは社内規定を確認したり、人事部に尋ねたりしてみましょう。

休みの日に寝過ぎない

仕事がしんどいときは気力がなくなり、休みの日に一日中寝て過ごしてしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、それは逆効果です。よく言われるように、落ち込んだ気分には、規則正しい生活がいちばん効くのです。

常識的な時間に起きて、三食きちんと食べ、外で日光を浴び、常識的な時間に寝る。これだけでも休日の心身の回復度合いがまったく違ってきます。寝てばかりいたときには見えない景色が見えてくるかもしれませんよ。

仕事後に楽しみを設ける

仕事後は疲れていてとにかく早く帰りたい、と思うかもしれませんが、それでも楽しみに思えるような用事を試しに終業後に入れてみましょう。都会なら毎日さまざまなアフター5のイベントが行われているので、自分の趣味嗜好に合うものもきっとあるはずです。

仕事よりも楽しいことを終業後に用意して、「周りにどう見られてもいいから絶対に定時で帰る」という気持ちを持つことがまずは大切です。

人と会う用事や趣味のイベントなどがなければ、「終業後に一駅歩いて帰る」「外で夕食をとるときに、絶対に昨日とは違うものを食べる」といった新しい習慣を作ってみるのも有効です。新しい習慣には、だんだん楽しみが見いだせてくるものです。

副業を始めてみる

会社員が副業として気軽に手を出すことが多いのがクラウドソーシング。PCひとつで、データ入力・調査・ライティングなど自分のやりやすい仕事を都合に応じて請け負い、月数万円の副収入を得ることができます。

もしかしたら、本業との意外な接点が見つかり、本業と副業を並行することで新たなアイディアや楽しみが湧いてくるかもしれません。

あるいは、副業で仕事の依頼元と信頼関係が築けて、安定して仕事を請け負えるようになり、本業を辞めても生活していけるくらいになるかもしれません。

在宅ワークはクラウドワークスで探してみよう

クラウドワークスは、PCひとつあればできる在宅の仕事が多数見つかる、クラウドソーシングの求人サイトです。

お仕事の種類は多岐にわたり、その中には特別なスキルがいらないものも多数。文章を書く仕事、簡単なデータ入力の仕事、画像にキャプションを付ける仕事など、スキマ時間でこなしていけるものが満載です。

要領を覚えてクオリティの高いものを納品し、仕事先との信頼関係が築けたなら、本業にしていくのも夢ではありません。

クラウドワークスをチェックしてみる

ヒトカラに挑戦してみる

ヒトカラは、仕事に疲れた会社員がはまりがちな趣味です。休前日でなければ料金も安いので気軽に挑戦できるでしょう。

大きな声を出すことは、鍼灸院などでも推奨されるストレス解消法です。お腹から声を出すことで身体は温まり、消化も促され、自律神経にもいい効果があると言われています。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、どうせ一人なので何をどう歌ってもかまいませんし、店員さんだって慣れています。ぜひ大声で歌ってストレスを発散してみてはいかがでしょうか。

非日常を味わえる誘いに乗ってみる

日々の仕事に疲れて、リフレッシュのチャンスを知らず知らずのうちに逃していませんか

世の中で、楽しく悠々と仕事をしている人は、「○○したいね」という雑談にも、すぐ「じゃあしようか」と具体的な予定をセッティングするものです。そうしてリフレッシュしながら、自分の経験を増やし、趣味の幅を広げていったりしています。

もちろん予算や時間の問題はありますが、次の休みにすぐできそうなことであれば、「じゃあやってみようか」と飛びついてみると良いリフレッシュになりますよ。計画をしてその日まで待つのも楽しみの一貫です。

動物に癒やされる

いつもピリピリしていたあの人が急に丸くなって、周りも仕事がしやすくなった……その理由が「実は猫を飼い始めた」なんてことだった場合がよくあります。それだけ動物は癒やしの存在であり、人の心の持ちようを変えるくらいの影響力もあるのです。

「この子が家にいたら仕事も頑張れるかも」と思える好きな動物と出会えたなら、自分の住環境で飼える範囲で、思い切って飼ってみてはどうでしょうか。

どうしても飼えないなら、猫カフェやフクロウカフェなど動物と触れ合える場所に出かけるのもおすすめです。

読書にふけってみる

もともと本が好きな人は別ですが、暇な時に図書館に行くという行為は、大人になると意外にしないのではないでしょうか。図書館は、お金をかけずに長時間滞在できて、最近ではカフェ併設・飲み物持ち込み可ということも多いため、居心地が良い場所です。

誰に言われるでもなく、自分の興味の赴くままに気になった本を手に取ってみるのも、たまにはよいものです。「仕事に役立つ」という観点はこのさい頭から排除しましょう。

もしそのまま読書が趣味になれば、返却期限のたびに図書館に通う習慣がつくので、休日のライフスタイルにもメリハリがつくかもしれません。

気分転換ではどうにもならない場合の対処法

とはいえ、しんどい状況が変わらず、それを受け止める自分の気の持ちようを変えるのにも限界がある場合は、もっと根本的に環境を変えなければいけません

環境を変えるというのは勇気が要りますが、自分の心身の限界が来る前に見極めて、最良の選択をしましょう。

部署異動の相談をしてみる

今の仕事内容や、部署の人間関係に不満があって仕事が辛いのであれば、社内で別の部署に移るのも選択肢のひとつです。

まずは直属の上司に、配置転換の相談をしてみましょう。直属の上司との間に問題がある場合は、さらにその上の上司や、人事部門の社員に相談するのもひとつの手です。

もし、異動希望先の部署と良い関係がすでに築けているのなら、その部署の上司に相談して、異動できるよう根回しをお願いしてみるのもよいでしょう。

体調が悪いなら休職も視野に入れる

どうしても仕事が辛くて辛くて仕方ない、仕事に行くのがいやで身体にまで変調をきたしてしまった、そんなときはいったん肩の荷をおろすべきです。仕事から離れ、医師の助けを得ることを躊躇してはいけません。

15人に1人はうつ病になるとも言われている現代、医師の診断を受けたり休職したりすることは、決して甘えでも恥ずかしいことでもありません

近年は労働者の心の健康に配慮する企業も増えてきています。「うつ病=甘え」などという考え自体が間違いであり、そう考えることの方がナンセンスなのです。

合わせて読みたい

転職に関する情報収集をしてみる

たとえ現実的にまだ転職する気がなくとも、「この会社の外にはどんな世界が広がっているんだろう?」と知るだけでも一歩踏み出せるはずです。転職サイトに登録して、気になる業界でどんな求人情報が出ているかチェックしてみましょう。

転職サイトは、転職エージェントとは違って、コンサルタントと話をしたりする必要はないので、自分のペースで、気になったときに情報収集だけができます。また、サイトによってはスカウト機能があり、プロフィールを登録しておくとスカウトメールが届きます。

自分の転職可能性に自信をつけ、少しずつ転職へのモチベーションを上げていきましょう。

情報収集にはリクナビNEXTを使ってみよう

まだ本気で転職するつもりではなくとも、とりあえず登録してみて損がないのがリクナビNEXT。登録したからといって電話がかかってきたりすることもなく、自分のペースで求人情報を探せます

スカウト登録をしておけば、あなたの経歴に魅力を感じた企業からスカウトメールが届くので、今の職場以外にも可能性があることに気づけるでしょう。

リクナビNEXTをチェックしてみる

転職エージェントに相談してみる

環境を変えたいけれど、具体的にどうしたらいいかわからないし、自分のキャリアやスキルで転職ができるのかどうかもわからない……。そういう時は、まず転職エージェントに相談してみましょう。転職を知り尽くしたコンサルタントが、背中を押してくれます

転職エージェントは、登録すると無料で以下のことをしてくれます。

チェックポイント

  • 現状や今後の希望についてのヒアリング
  • マッチする求人案件の紹介
  • 志望先との仲介・連絡代行
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • 円満退職に向けてのサポート など

求職者としては、登録申し込みをするだけで、あとはコンサルタントが「次はこうしましょう」「こうするのが合っています」とどんどん促してくれるので、転職への踏ん切りがつかない人でも大丈夫です。

マイナビエージェントに背中を押してもらおう

マイナビエージェントは、利用者満足度の非常に高い転職エージェントです。親身なコンサルタントが、求職者の立場でアドバイスをしてくれます。いざ応募したい企業が決まれば、応募書類の添削や、面接練習といったサポートも手厚く、内定を目指して誠実に寄り添ってくれます。

実際に転職まで至らなくとも、コンサルタントに今の悩みを話してみるだけも大丈夫です。「それならこんな転職の仕方もありますよ」と可能性を示してもらえるだけで、もしかしたらグッと気楽になれるかもしれません。

合わせて読みたい

どうしても辞められない会社なら強硬手段で辞める

人手不足のブラック企業で、辞めたくても辞められないしんどさに悩まされている場合でも、諦めてはいけません。退職・転職は社員の自由です。引き止めがあまりに悪質であれば労基署に相談することも視野に入れましょう。

退職届を受け取ってもらえないなら、「内容証明で退職届を会社に送る」と伝えて、郵送で済ませてしまうのも手段のひとつです。円満退職はできなくなりますが、自分のためには仕方がありません。

退職代行サービスを使うという手もある

引き止めがあまりにしつこくて、退職交渉そのものがストレス源になってしまっているなら、冷静に対処できる第三者に任せてしまうのもひとつの方法です。そんな「退職代行」をしてくれるサービスのひとつがこのEXITです。

EXITのメリット
  • 会社に行くだけで辛い場合は、会社に行かなくても退職できる
  • 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能
  • 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力
  • EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。次の仕事をそのまま探せる

退職のために「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のが代行サービスの魅力です。

仕事が辛くて一刻も早く辞めたいと思っているなら、ぜひEXITで退職代行をしてもらって次のステップに進みましょう。
EXITに退職代行を頼む

合わせて読みたい

しんどい仕事との距離感をうまくつかもう

仕事とストレスは切っても切れないものです。しかし、自分が何に悩んでいるのか、自分が何に悩みやすいのか、どんなストレス発散方法が自分に合っているのかを知っておくと、起こりうる問題に対処しやすくなります。

もし限界だなと思ってしまっても、会社はいまいるところだけではありません。環境を変えるために、簡単・無料で利用できるサービスはたくさんあります。最初の一歩を踏み出し、自分にとってよりよい選択をしていきましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧