仕事が辛い人に読んで欲しい記事

仕事が辛い時に心を穏やかにする5つの方法

仕事が辛い時に気持ちを穏やかにする方法

新卒で働き始めたばかりの方でも二年三年と頑張り続けて来た方でも、ベテランと呼ばれる方でも、一度「仕事を辞めたい」と考えてしまうとそこから前向きに先へ進む事が出来なくなってしまうのはよくある事です。ベテランともなればそのような経験は何度もあったかも知れません。そこで踏み止まったからこそ今がある訳ですが、とにかく仕事というものはそれぞれに事情や生活の問題もありそう簡単に辞めてしまう事は出来ないのではないでしょうか。

なにが「仕事が辛い」と思う切っ掛けになったのかはそれぞれ違いがあるにしてもその「辛い」という気持ちを改善させなければ「辞めたい」という思いは強くなっていき、遅かれ早かれ辞める事を選択する事になってしまいます。そこでもう一度「辛い・辞めたい」を克服してどう仕事と向き合ってゆけば良いのか、気持ちが楽になる方法をご紹介して行きたいと思います。ぜひこれからも仕事を続けて行くための参考になさっていただきたいと思います。

時間が経てば状況も変わると考える

職場の人間関係はうまくいっていますか。人間関係がうまくいっていないと、毎日の仕事がイヤになってしまうかもれません。しかし、そこは我慢して、時が解決してくれるのを待ちましょう。他人とのトラブル、例えばけんかや諍いは多くの場合時が解決してくれるものです。時間の経過により、お互いの心や感情も落ち着きを取り戻してきます。

時を経て、お互いに許しあえたり、トラブル以前の元の関係に戻れるものなのです。たくさんの人間がいれば、中には気が合わなかったり苦手意識を持つ人間もいると思います。良好な人間関係がいつでも築けるわけではありません。どんな職場で働いていても、この人間関係の悩みはつきものなのです。人間関係がつらいからそこから逃げてしまうことは簡単です。だけど、次に働く場所で良好な人間関係が約束されているわけでは決してありません。それならば逃げ出すのをやめて、少しだけそこにとどまって、時が解決するのを待つことも1つの手かもしれません。

泣きたい時は思い切って泣いてみる

「職場で泣くことはしちゃダメだ。」なんてことを言う上司はたくさんいます。でも、この今の世の中、仕事のストレスで結果命を落とすといった結果になる寂しい出来事が起きている中で、ストレスを溜め込むより、辛ければ涙を流し、楽しかったら笑えるような職場でありたいとおもいませんか?

自分が一生懸命頑張っている中で、上から責められ、下の責任を押し付けられ、そんな自分の意見をも言えないような社会の中で涙すら見せるなといわれ、自分押し殺す毎日。泣いている人を見て、泣けば済むと思っているなんて感じる人もいるかもしれませんが、涙を流してる人を見て、職場でさらけ出せる勇気がある持ち主だ、なんて思うんです。限界来るまで溜め込むより、泣きたくなれば、泣いてまた次頑張ればいいと思うんです。この考えは、絶対人によって賛否両論あると思いますが、「職場で泣くことはしちゃダメ」なんて言葉に反対します。思いっきり泣いて思いっきり笑ってまた明日頑張ろうって思える社会であってほしいですね。

関係が悪化した相手に良好な関係になりたいことを素直に言ってみる

喧嘩もしたことないという関係を聞く時がありますが、さてそれはいいことなのでしょうか。思った事をちゃんと伝え、言い合える関係が一番理想的ではないでしょうか。ドラマの話になりますが、お互い思った事を言わずずっと今まで仲が良かったのに、気持ちのすれ違いで勘違いをして一気に仲が崩れてしまうなんてシーンがよくあります。最終的に第3者が間に入り、勘違いであったことに気づき、仲が戻り、さらに仲が深まるなんて事がありますよね。

実際でもそうだと思うんです。勘違いのままひろがったりした傷は、仕事にも影響しプライベートにも影響してきます。集中出来ず、全く捗らなくなり、上司には怒られるといった悪循環です。だからこそ、相手にはきちんと自分の気持ちを伝えるべきではないでしょうか。これは相手に、よりけりかも知れませんが、優しい言葉で、丁寧に、自分自身が思っていることを言えば、相手の思っていることも言ってくれて、お互いにスッキリして仲を取り戻し、さらに深めることさえもできると思います。何が言いたいかをまとめると、一つのことで悪循環にもなりうる事も、伝えることによってプラスになるから、素直になり気持ちをしっかり伝えることは大事ということです。

納得いくまで辛い原因や解決策を紙に書き出す

抱えている課題に対して、最終的に解決に導けることができるなら、八方塞がりにはりません。勿論、解決までに時間がかかるものもあります。新卒の社員や入社2年目の社員などは、ベテラン社員よりも与えられた仕事が自分の納得のいく水準に達するまでに、結構な時間がかかるかもしれません。しかし仕事ひとつに対し単純に「時間がかかる、遅い」と思うのか、あるいは逆に「いつかは解決するものだ」と思って取り掛かるのとでは全く精神的な心構えが違うものです。

このような例示の対処法のひとつとして「仕事内容自体が嫌だから異動を願い出る」「働くこと自体が嫌だから仕事に楽しみを見つけたり、趣味を充実させてみる」といった解決策が思い浮かぶかと思います。しかし逆に「仕事内容自体が嫌だから転職する」「働くこと自体が嫌だから退職し、ニートになる」などと思って実際に実行に移しても、一時的に苦しみや辛さから逃げることは出来ても、その後の転職活動やニート後の生活などの保証について何も考えていないのであれば、不適切な策となるのです。

職場に友達はいらないと言い聞かせる

職場で人間関係を深く築こうとする人もいますが、そんなことで一生懸命になるより、職場は職場で、プライベートはプライベートと割り切ったほうがきっと楽だと思います。職場で仲いい人がいれば楽しい毎日かも知れません。ですが、あくまでそこは職場な訳で学校ではありません。自分の仕事をし、自分の仕事を終わらせて帰るなんて毎日で、職場に友達という存在は本当にいるのだろうかと思うんです。

一番に思いつくことは、もし、その職場を辞めることになった時です。仕事関係なく、プライベートで遊んでいる友達はきっと、辞めてからも長い付き合いになっていくと思います。ですが、その辞める職場で仲良くなった友達は本当に、辞めてからも友達という存在で長い付き合いになっていくのでしょうか?半分、いや、半分以上はもう付き合いがなくなっていく人たちだと思います。職場は職場と割り切れば、もし職場で陰口を言われようが、気にしないようにしていれば、友達なんて職場に作らなくて良いと思います。お金を稼ぐために来ているだけだと思えばいいのです。

仕事が辛い時に聴きたいおすすめの曲

誰にだって「この曲を聞いたら、何だか元気になれる」なんて思う曲があると思います。曲ではなく、こんな音が落ち着くなんてひともいるかもしれませんね。今日1日、疲れなと思う時もあれば、明日も仕事か。なんて思う日々もありますよね。職場で嫌なことがあれば、明日からの毎日が憂鬱になったり、特に職場で何も無かったけど、同じ毎日に退屈になりなんかどんよりした気分にもなる日があると思います。そんな気分でも、夜が明ければあっという間にまた、同じような1日の始まりがやってくるわけで、頑張らなくてはなりません。

そんな時、これを聞けば少しでも元気が湧いてくる1曲をご紹介したいと思います。夜寝る前に、ヘッドホンで聞くのもいいですし、通勤時の車の中や、電車の中できくのもいいです。そうしたら、どんどん明日の仕事の事や、今日1日が、少しでも楽しいなと考えることができるかもしれません。きっとどんな方でもこの1曲で少しでもポジティブになれるだろうと思い選びました。

SMAP、山崎まさよしのセロリ

セロリの歌…SMAPと山崎まさよしのコラボですが、この曲はふんわりした山崎まさよしが歌うセロリも、アンニュイな感じがします。曲名も愉快ですが、リズムも軽快で、歌詞も軽快、全てにおいて楽観的になれます。なんでもチャレンジしてみたくなるし、成功しそうだし、前向きに考え行動したくなります。とりあえず、なんとかやってみたらいい結果がでるよ、でも失敗してもダメだったと仕方なかったんだ、とも思えそうで、まずはチャレンジですね。どちらにしてもプラス志向にとらえられるというチャレンジ精神向上な曲です。

軽快なリズムも気楽になるし気分も軽くなります。少しだけでも頑張ってみようという気にさせてくれる、がんばってみるよ、やれるだけのフレーズは心にひびきます。こういう全てにおいて前向きに考えさせてもらえ、軽快な曲はなかなかないし、一回聞いたら心に残るし、歌い手か違うとまた違う雰囲気で、人に与え方も変わる曲は素敵です。

言わずとも知れた名曲、ZARDの負けないで

「負けないで、もう少し…」と、あなたも一度は耳にしたことはあるのじゃないでしょうか。作曲され、歌われて何年も経ちますが、今も何か応援のシーンになるとこの曲が流れています。耳に残りやすく、サビの部分は特にダイレクトに聞いている人を応援してくれているので、フレーズが心に残ります。時には、このフレーズが逆にメロディーとして頭に思い浮かび、応援されているような気持ちになり、もっと頑張ろうという思いに切り替わります。また、ZARDの声も透明感のあるクセのない綺麗な声で、誰の心にも自然と入っていく声が相乗効果をもたらしているのかもしれません。

様々な局面に立ち向かう時、挫折しそうになる時にここまでダイレクトに応援してくれる歌があるだけで、よし頑張ろうと前向きになれます。みんな1人ではないよと励ましてくれているような、生きていればきっといいことがある、そう思わせてくれる一曲です。

中島みゆきの「ファイト」

最近CMで満島ひかりがカバーしている、中島みゆきの『ファイト』という曲かあります。この曲は、弱った心を強く励ましてくれるような感じのする曲で、中島みゆきの独特な歌声と独特な曲調が力強く、聴いているだけで引き込まれていくような魅力のある曲です。『ファイト』というタイトルからもわかるように、この曲は自分への応援歌としてとらえられて、『戦う君の』というフレーズに『君は十分頑張って戦っているよ』『君が頑張っていることをわかっているよ』と、自分のことが認められていると知り、更なる勇気と力が湧いて、弱くなって折れそうになる心を再び強く奮い立たせてくれているのではないでしょうか。

そしてこの曲に、もっと辛い思いをしても前をむいて頑張っている人がいる、戦っているのは自分一人だけじゃないから負けるな前へ進めと、背中を押されている人も多いのではないかと思います。この曲は、何度も聞いているとかなり耳に残る曲なので常に応援されている気持ちになります。そして、この曲が頭を駆け巡っているうちは、仕事で失敗したとしても前向きに次へのチャンスと背中を押し続けてくれいると思うのではないでしょうか。

仕事が辛い人は常時、転職エージェントに登録しておく

転職エージェントを利用してキャリアアップをした著名な方は意外と多く、以下のような方々がいらっしゃいます。

・漫画「ドラゴン桜」で有名な三田紀房さん
・実業家の勝間和代さん
・DeNAの創業者である南場智子さん

皆さん、転職エージェントをうまく使う事の利点を講演などでお話されています。転職のプロの力をうまく使った方が、精神的にも余裕が生まれ、物事がスムーズに進むことが多いのです。また、あなたの市場価値は、あなた自身ではなく、全て第三者が決めます。そのため、仕事が辛いからエージェントを使ってみたという人ほどスカウトがたくさんきたり、自分に自信があり少し傲慢になっている人ほど誰からも相手にされなかったりするのです。

自分の市場価値を客観的に理解したり、自分にピッタリの仕事を見つけるためにも転職エージェントはとても役立ちますし、いざ何か起きた際に頼る相手がいるという安心感も、転職エージェントを使う大きなメリットの一つと言えます。

思い切って転職を考えてみよう