1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 仕事が辛いときは相談すべきか。解決方法と相手の選び方について

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事が辛い

仕事が辛いときは相談すべきか。解決方法と相手の選び方について

仕事が辛いときに無理は禁物

この記事で伝えたいポイント

・仕事が辛いときは他人に相談すべきか
・仕事の辛さを相談してどうなりたいか自己分析について
・相談相手はどんな人が適しているのか
・仕事が辛いけれど身近な人に相談できない場合について
・仕事が辛いと相談されたときはどうすればいいか

「仕事がつらい」と思うことって誰にでもありますよね。仕事はつらいけれど、そんな簡単には休めない…、そんなときはどうすればいいのか対処方法を知っておくだけでも気が楽になることがあります。

この記事では、そんな「仕事がつらいと感じたときの対処法や解決方法」についてご紹介します。十分に理解して、無理をしないようにしましょう。

合わせて読みたい

仕事が辛いときは他人に相談すべき?

実際に仕事がつらいときは、誰に相談すべきなのか悩みますよね。仕事の細かいことは自分しか知らないし、そもそも自分自身の悩みをそんな簡単に人に話してもいいのか考えてしまいますよね。

ここでは、そんな「仕事が辛いときは他人に相談すべきなのかどうか」についてご紹介します。十分に理解して、仕事のストレスを減らしましょう。

仕事が辛いときは他人に相談すべきか
仕事の何について悩んでいるかにもよって、相談相手は変えていきましょう。愚痴を言いたいだけなら、親しい友人に話すのがベストですし、本気で悩みを解決したいならば会社の人間に相談しましょう。
合わせて読みたい

人間関係で悩んでいる場合は周りに相談

仕事の人間関係で悩んでいる場合は、とりあえず一人で抱え込まずに周りに相談しましょう。もし、軽い悩みで愚痴を言いたいだけならば友人に相談するものおすすめです。

ですが本気で解決を悩んでいるならば、直接上司に相談しましょう。そして、部署移動や退職なども視野に入れて話し合いをしましょう。悩みの大きさによって相談相手を考えましょう。

合わせて読みたい

仕事量の悩みは上司や先輩に相談

仕事量のことで悩んでいるならば、直接上司や先輩に相談してみましょう。この場合は同僚や他の人に相談しても直接の解決にはなりません。

もし、本当に困っていてどうにかしてほしいと思っているならば、仕事量の調節が可能な人に相談するのがベストです。「みんなもこれくらい仕事しているから」と相談をためらう必要はありません。

合わせて読みたい

給料に関しては身近な先輩に相談

仕事内容のわりには給料が少ない…。そんな悩みもありますよね。ですが、お金のことに関しては誰に相談していいのかわかりませんよね。

そんなとき、給料に関してはまずは身近な先輩などに相談するのがベストです。上司にいきなり相談すると驚かれますし、友人や同期だと話がわからず解決になりません。先輩なら、給料事情も詳しいためまずは相談してみましょう。

合わせて読みたい

仕事内容自体がつらい場合は外で相談

仕事の内容そのものがきつくて自分には合っていない…。仕事をしているとそう悩むことも多いですよね。仕事内容自体がつらい場合は、まずは会社内で相談せずに外で相談しましょう。

いきなり職場の誰かに話してしまうと「やる気のない人」とレッテルをはられてしまう可能性があります。そのため、友人や親など会社関係ではない人に相談するのがベストです。

合わせて読みたい

職員個人の不満などはあまり言わないでおく

人間関係が複雑…とまではいかないけれど、とある職員ひとりだけ不快だということもありますよね。ですが、職員個人の不満などはあまり言わないでおきましょう。

もし、その人が明らかに迷惑行為をしているなら上司に相談すべきですが「性格や相性が合わない」だけの場合は、それは人間が集まるところでは仕方のないことです。全員が仲良しというほうが珍しいのです。

仕事の辛さを相談してどうなりたい?自己分析をしよう

仕事がつらいから相談したいといっても、その相談をして結局自分はどうなりたいのかが明確でなければ、相談をしてもあまり意味がありません。

その答えを明確にすることで、より質の高い相談ができて悩みもスムーズに解決することができます。そのため、相談によって自分がどうなりたいのかをはっきりとさせてから相談しましょう。

仕事の辛さを相談してどうなりたいか自己分析について
仕事の愚痴を言いたいだけなのか、それとも相談して改善に取り組んでほしいのかをはっきりとさせましょう。それをはっきりさせることで、相談相手や内容も問題解決に結びつくようになります。
合わせて読みたい

ただ単にグチなど話を聞いてほしいだけ

仕事の悩みは誰にだってありますよね。つらいことがあると、誰かに話してどうにかしたいと思うこともあります。ですが、別に大きな解決は求めていなくて、ただ単にグチなど話を聞いてほしいだけということもありますよね。

そんなときは、職場の誰かに相談するよりも友人など仕事とは無関係の人にグチを言いましょう。頭の中がすっきりすれば、気分もはれます。

今の部署がつらく異動願いを提出したい

仕事のつらさにも様々な種類があります。つらいといっても、そのまま現状維持で耐えられるのか、それとも環境自体を変えなければいけないほどなのか、それぞれです。

今の部署がつらい場合、耐えれるレベルなのか異動願いを提出したいほどなのかを考えましょう。考えずに上司に相談してしまうと「それでどうしてほしいのか」は必ず聞かれます。

本気で辞めたいので後押ししてほしい

仕事の相談をするとき、本気で辞めたいので後押ししてほしいという理由で相談することもあります。そういった場合、だらだらとグチをこぼしがちで相手にしてみれば「結局どうしたいのか」が見えてこない場合もあります。

そのため、そんなときは思い切って「自分は今の仕事内容に向いているのか」や「今ここで辞めて自分にどんなメリット・デメリットがあるのか」を聞くようにしましょう。

合わせて読みたい

やる気を出すためにアドバイスがほしい

仕事がつらいけど、だからといって辞めるつもりもなく、逆に続けていきたいと考えている場合もありますよね。そんなときは、相談内容も「やる気を出すためにアドバイスを求めている」ということがあります。

そんな時は「この相談をして、自分はこういうアドバイスが欲しい。」というのを明確にしておくと、話がスムーズに進みます。

合わせて読みたい

同じ悩みを持っている人と共感し合いたい

人は、悩みを抱えているときに同じ悩みを持っている人と共感し合えると、とても安心して心のもやもやが軽くなるときがあります。それで自分のやる気が増えるのならば、それはとても良いことです。

そんな場合は、相談相手も「同期や同い年の友人」にしてみましょう。大体同じような似ていることで悩んでいることが多いです。さらにアドバイスなども得られます。

合わせて読みたい

相談相手はどんな人が適している?

いざ仕事の悩みを相談するとして、相談相手はどんな人が適しているのか気になりますよね。相談内容によって相談相手をきちんと見極めることはとても重要です。

ここで相談相手を内容に合っていない人にしてしまうと、解決どころか話が合わずに余計にイライラしてしまいます。ここでは、そんな「相談内容によってどんな人が相談相手に適しているか」について見ていきましょう。

相談相手はどんな人が適しているのか
ただ単に仕事の愚痴を言いたいだけならば、普段から会う友人や同期に話してみましょう。本気で仕事をどうにかしたいと思うならば、上司や先輩などに直接相談しましょう。

グチを言い合いたいなら周りの友達に

仕事のことで悩みはあるけれど、そこまで改善を求めているわけではなく、ただ単にグチを言い合いたいだけというときもありますよね。

そんなときは、下手に仕事関係の人に相談するのではなく、自分の周りの親しい友達などに相談してみましょう。気楽に話せて、お互いのグチも聞けます。そうすると、心が軽くなるのでおすすめです。

合わせて読みたい

仕事内容の改善を求めるならば上司に

仕事がつらいと感じた時に、本気で仕事内容の改善を求めるならば上司に相談しましょう。仕事内容の改善を求めるほど悩んでいるのに、延々と友人や同期などに相談していても根本的な解決にはなりません。

そのため、本当に解決したいならば、それを解決できる力がある人に相談をすべきなのです。相談するのがこわいならば、伝えたいことをメモにまとめてから言うのがベストです。

合わせて読みたい

悩みやつらさを慰めてほしいならば恋人に

とくに解決・改善は望んでいないけれど、悩みやつらさを慰めてほしいと思うときもありますよね。そんなときは、恋人に相談してみましょう。恋人とは、つらいときはそばにいて癒される存在です。

そんな心を許した存在だからこそ、つらさや大変さもすべて受け止めてもらえます。泣きたいけれど我慢してきたという人は、思い切り泣いてみましょう。

誰にも相談できないならば自分の親に

つらいことがあっても、自分のその弱さを他人に見せたくないという人もいますよね。そんな、誰にも相談できないという心境ならば、自分の親に相談するというのもひとつの手です。

いくら弱さを見せたくないとはいえ、自分の両親であれば、あなたを小さいときから見てきてそんなあなたの弱い部分もわかっています。そのため、少しの弱音を吐いたところで驚かないものです。

仕事の細かいグチならば身近な先輩に

とくに改善を求めているわけでもない、でもこのつらさを誰かに吐き出したいということはありますよね。ですが、友人とグチの言い合いをしていても、仕事の細かいところまでは伝わらないからスッキリしないという人も多いです。

そんな、仕事の細かいグチを言いたいならば身近な頼れる先輩に相談してみましょう。先輩といっても、年が近かったりフレンドリーな先輩だと、グチの言い合いもしやすいですよ。

特に解決を求めていないならばネットで

現代のネット社会ならではの解決方法ですが、特に深い解決を求めていないならばネットで相談してみるというのもひとつの手です。ネットの中には、いろいろな相談サイトがあります。

そこに投稿してみると、自分とは年齢や住んでいる場所・職業・考え方が全く違う人からもアドバイスをもらえることができます。ただし、誰がどういう意図で投稿してくるかわからないので、鵜呑みにするのは注意が必要です。

仕事が辛いけれど身近な人に相談できない場合は?

仕事が辛いけれど、身近な人には相談したくない…。そういう場合はどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。こういうときにはどうすればいいのか知りたい人も多いです。

身近な人に相談しなくても、解決方法はいくらでもあります。ここでは、そんな「身近な人に相談できない場合」についてご紹介します。視野を広くして探してみましょう。

仕事が辛いけれど身近な人に相談できない場合について
仕事の悩みを身近な人に相談できない場合、外のカウンセリング専門の人に相談するのも一つの手です。また、ネットなど全く知らない人に相談するのも方法としてはありです。

職場に産業医がいるならばそこに相談

もし誰にも相談できないという場合は、職場に産業医がいるならばそこに相談してみるのもひとつの方法です。相談相手は、なにも自分の知り合いである必要はありません。

むしろ、産業医のような専門の人に相談することで、どうするべきかを判断できるようになることもあります。そのため、もし本当に悩んでいるならば相談してみましょう。

合わせて読みたい

不当な扱いに関しては労働基準監督署に相談

もし、給料や労働時間などのことで労働基準法に違反するような不当な扱いを受けているという場合については「労働基準監督署」に相談してみましょう。

内容によっては、解決に向けたアドバイスを得られることもありますし、本当にひどいと判断された場合は、実際に立ち入り調査をしてくれます。そのため、こういった場所を利用するのも検討しましょう。

合わせて読みたい

カウンセラーなど外部の専門の人に相談

本当に仕事がつらくて精神的にも追い詰められているという場合は、カウンセラーなど外部の専門の人に相談してみましょう。自分ひとりで抱え込んでいると、悪い方向にしか考えられなくなり、余計に精神的に追い詰められてしまいます。

そのため、心のケアを専門としているカウンセラーの人に悩みを打ち明けてみましょう。心のもやもやが軽くなります。

同じ悩みをもつネット内の人たちに相談

身近な人には相談できないけれど、全く知らない人になら気軽に相談できるということもありますよね。そんなときは、同じ悩みをもつネット内の人たちに相談してみるというのもひとつの手です。

最近では、大手の相談サイト以外にも「○○の悩み専門」という特定の悩みの人が集まる相談サイトも多くあります。そのため、自分に合ったサイトを見つけてみましょう

転職サポートのプロに悩み相談

仕事そのものがつらい場合、なかなか周りの人には相談しにくいですよね。他の人は一生懸命仕事をしているのに、自分だけは悩んでいるとなると、気持ちも落ち込んでしまいます。

ですが、仕事は今の職場ひとつではありません。転職のプロである転職エージェントに悩み相談をしてみて、客観的な視線からアドバイスをもらうのも、新たな道が開けておすすめです。

合わせて読みたい

転職のプロの話を聞いてみよう

転職エージェントには、転職しようか迷っている段階でも相談していいということをご存知でしたか?実際に転職まで至らなくとも、親身なコンサルタントに今の悩みを話してみるだけでいいのです。「それならこんな転職の仕方もありますよ」と可能性を示してもらえるだけで、もしかしたらグッと気楽になれるかもしれません。

マイナビエージェントをチェックしてみる

仕事が辛いと相談されたときはどうすればいい?

逆に自分が、誰かから「仕事が辛い」と相談されたときはどうすればいいのか悩みますよね。仕事が辛いと相談してくれるのはうれしいけれど、その人にとっては真剣な悩みであり、それを自分がきちんと解決してあげれるのか不安ですよね。

ですが、話を聞いてあげるだけでも相談者の気持ちは軽くなります。うまく対応してみましょう。

仕事が辛いと相談されたときはどうすればいいか
仕事が辛いと相談されたときには、まずは相談者の話をゆっくり聞いてあげましょう。そして、もし自分の経験談などでアドバイスできそうであれば、相談に乗ってあげましょう。
合わせて読みたい

まずは相手の悩んでいることを聞いてあげる

仕事がつらいと相談されたとき、まずは相手の悩んでいることを聞いてあげましょう。相手が悩みを話し切っていないのに、こちらから一方的に意見を言うのはよくありません。

ゆっくりでいいので相手に悩みを全て話してもらい、そこからアドバイスをしてあげましょう。相手の苦しみやつらさを吐き出させるのが一番大切です。それで少しはスッキリすることもあるのです。

相手の求めていることを推測してみる

仕事の悩みを相談されたとき、その相談している相手はつらすぎて自分の話していることがまとまっていないこともあります。それは仕方のないことです。

そのため、その相談から相手の求めていることを推測してあげましょう。大体は何が言いたいのか見えてくることがあります。ゆっくりでいいのでその人の考えていることを感じ取ってあげましょう。

自分の経験談を交えてアドバイスをする

仕事がつらいと相談されたのならば、相手は自分になにかアドバイスを求めている可能性があります。そのため、自分の経験談を交えてアドバイスをしてあげるのもおすすめです。

完璧なアドバイスをいきなりするのは難しいかもしれませんが、なにかしら助言をしてあげるだけでも、相手には効果があることもあります。そのため、何かしら経験談などを語ってあげましょう。

自分の周りの話や一般的な解決法を言う

仕事のことを相談されたとき、自分自身も経験が浅いとどうアドバイスすればいいのか悩みますよね。そんなときは、自分の周りの話や一般的な解決方法を言ってあげるのもおすすめです。

ときにそれは、自分で考えたアドバイスよりも解決に結びつく可能性もあります。そのため、人から聞いた話や一般的な話をしてあげるのも良い方法なのです。

転職などいろんな視野から話をする

仕事のことで悩んでしまうと、視野が狭くなっている可能性があります。相談までしてくるとなると、相当追い詰められている可能性も考えられます。

そのため、退職・転職などいろいろな視野から話をしてあげるのもおすすめです。「今までそんなこと考えることもなかった」と良い刺激になる場合もあります。そのため、いろいろな視点から話をしてあげましょう。

相談相手を選んで前向きに進んでいこう

仕事がつらいと感じることは誰にでもあります。しかし、それを吐き出せずに心の中にためこんでおくのはよくありません。本当に苦しければ誰かに相談しましょう。

ですが、相談相手を間違えると余計にストレスがたまる可能性もあるため注意が必要です。相談相手を選んで、上手く悩みを解決していき、この先も前向きに進んでいきましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧