「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 仕事が辛くて死にたい人の原因分析と7つの対処法
仕事が辛い

仕事が辛くて死にたい人の原因分析と7つの対処法

仕事で辛い、死にたいと思う原因は?

人生の中で仕事をしている時間はとても長いです。そのため、仕事=人生と考えてしまう人もいます。そんな人にとって、仕事の辛さは、人生の辛さそのものです。

たとえば人間関係がうまくいかない時どうしても業務内容が合わず、楽しさを見いだせない時頑張っているのに誰からも認めてもらえない時。仕事で絶望することがあると、人生ももうおしまいだと思ってしまいます。

しかし実際、人生と仕事はそんなに密なものではなく、仕事は辞めようと思えば辞められるし、変えようと思えば変えられます。仕事とそれ以外の私生活で考え方を切り替えて生きている人も多いです。いま「仕事が辛くて死にたい」と思っているなら、まずは冷静になるために、仕事の辛さの原因を見つめ直してみましょう

合わせて読みたい

仕事が辛くて追いつめられているならEXITに退職代行を頼もう


仕事が辛くて死にたいとまで追い詰められた時。すぐにでも退職をすることをおすすめします。
あなたが辛い思いをして仕事を続けるのではなく、早めに仕事を辞めて新しい仕事で楽しく過ごすことが何よりも大切なことです。退職したくてもできない・辞められないというときはEXITで退職代行をお願いしてみましょう。
↓EXITの特徴を見てみる↓

EXITがすべて代行。即日対応してくれるのでもう会社に行かなくていい

EXITのメリット
  • 会社に行くだけでも辛い人も会社に行かなくても退職できる!
  • 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能!
  • 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力!
  • EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。次の仕事をそのまま探せる!

一番は会社に行くことが辛いですよね。EXITに代行してもらえば「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のです。
仕事が辛くて辞めたいと思っている人は是非EXITで退職代行をしてもらい新しい仕事を見つけましょう。
EXITに退職代行を頼む

人間関係が良くない

人間関係は、退職・転職する人の挙げる理由として常に上位にランクインするものです。つまり、多くの人が、人間関係に悩んだ時は見切りをつけて退職・転職しているのです。もしあなたが今、「人間関係の悩みがある。けれどこれくらいで辞めてはいけない、でも辛い、死にたい」と思っているのであれば、別に我慢する必要はないのです。

我慢したほうがいいのは、悩みの元になっている相手が近いうち転勤や退職をすると決まっている場合くらいです。我慢しても解決の見込みがない場合は、自分の心身にとって損なだけです。

「強く引き止められる」「脅されている」など、辞められない理由があるとしても、それは冷静な第三者から見れば「無視していいこと」です。

人間関係をリセットできる会社がきっとある。市場価値診断をしてみよう

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの市場価値を見出してくれる診断&転職サービスです。dodaなどでおなじみの転職大手パーソルキャリアが提供するアプリで、簡単な質問に答えていくと、今のあなたの市場価値が「想定年収」となって診断されます。その想定年収であなたを高く買ってくれる会社が、きっとあるはずです。

診断のあとは、あなたのプロフィールを見て魅力を感じた会社から、オファーメールが届くことがあります。オファーは受け取った時点で書類選考通過済みなので、興味があれば面接に進むことができます。あなたの可能性をぜひ診断してみましょう。

合わせて読みたい

責任があるポジションに就いている

プロジェクトの責任者中間管理職は、「死にたい」と感じてしまいやすいポジションです。前者は、自分の判断ひとつで大きな損害を生みかねないと、常に大きなプレッシャーを感じます。後者は、上からの命令に従いつつ、部下の指導・監督をしなければならないため、ストレスを抱えやすくなります。

こんなポジションにあって「死にたい」と思ってしまった場合は、上司に正直に相談してみるのがよいでしょう。会社にとって、あなたくらいのレベルまで人材育成をするのは大変なことです。そんな貴重な人材が「死にたい」「辞めたい」と思っているとわかったなら、会社は動いてくれるはずです。「実は心療内科に通っている」など、医者を引き合いに出して告白するのも手です。

辞めたらどうなる?自分の「転職力」を診断してみよう

ひとつの会社にずっと勤めていると、自分の今の待遇が世間的にみてどうなのか、自分は転職市場でどれだけの存在なのか、わからないことが多くて転職に踏み切れないかもしれません。そんなときに手助けになるのが、1998年から転職サービスを提供している「type」の監修する「転職力診断」です。

転職力診断では、無料で所要時間10分ほどの質問に答えていくだけで、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」などが算出されます。今の会社を辞めることに不安があるなら、ぜひ一度診断を試してみてください。

合わせて読みたい

労働時間のわりに給料が低いことに気づいた

仕事でなにかを達成するために、がむしゃらに頑張って長時間残業をして、「仕事に打ち込んでいる自分」に酔えているうちは幸せです。しかしいずれ給料やボーナスという形で、自分の努力がシビアに金額換算されているのを見ることになります。もしそれが努力に見合わない金額だったとしたらどうでしょうか。

きっと、「いったい自分は何のために働いていたのだろう」と疑問を感じ、やる気がなくなってしまうのではないでしょうか。会社から都合よく使われていた道具のように思えてしまい、会社への信頼感や帰属意識もなくなってしまうでしょう。やりがいが感じられなくなり、被害者意識を持つようにもなります。それが「死にたい」につながってしまうのです。

合わせて読みたい

不得意なポジションに異動した

今している仕事が自分に合った内容でやりがいもあり、職場の雰囲気も良く人間関係も良好だとしたら、人は決してその場を離れたいとは思わないはずです。しかし、会社という組織の中では、そんな自分にとってベストだと思う職場でも、急に異動を命じられることがあります。せっかくうまくいっているところで、また一から仕事を覚え人間関係を築き上げなければならないと思うと、その負担は相当大きいものになります。

人は初めから辛い状況に置かれるよりも、いったん持ち上げられてから落とされたときに不幸を感じるものです。その気持ちが強くなれば「会社を辞めたい」という気持ちに変わり、もっと強くなれば「死んでしまいたい」と思うようになるでしょう。

合わせて読みたい

耐えられない異動なら転職を考えてみてもいい

今後経営者を目指していく野望があるなら、異動を受け入れてあらゆるポジションを経験しておくのは自分のためになるでしょう。しかし、異動がどうしても納得いかなかったり、この先も定期的に異動があり負担になるのなら、転職という選択肢もあります。

マイナビエージェントは、数ある転職エージェントの中でも対応が親身でサポートが手厚いと評判です。もし今のあなたに、悩みを聞いてくれて助けてくれる相手が必要なら、ぜひマイナビエージェントのプロフェッショナルに頼ってみましょう。今後のキャリアアップや円満退職の方法についてもアドバイスをくれるはずです。

大きなミスを犯した

仕事で取り返しのつかない重大なミスをしてしまった場合、責任感のある人なら「辞めて責任を取らなければ」あるいは「死にたい」と思ってしまうでしょう。

もしあなた自身に非がなく、責任者として部下のミスの責任を取る形で頭を下げなければいけない状況なら、まだ気持ち的にはましかもしれません。しかし、そのミスの原因が自分の不注意だったときには、まさに死にたい気分になるでしょう。

しかし、会社にとって社員のミスはよくあることです。かなり大きな損害を出したとしても、会社の歴史から見れば、前にもそのくらいのことをした社員はいるかもしれません。明らかに退職を勧められない限りは、実のところあまり気にしなくても時間が解決してくれるのです。

合わせて読みたい

どうしても辛ければ新天地での再出発を考えてみよう

ミスでクビになりはしなくとも、居心地の悪さに耐えられなくなることはあるかもしれません。その状況がどうしても辛いなら、思い切って転職してしまうのもありです。

リクナビNEXTは、転職を考えている人の8割が登録している、日本最大級の転職サイトです。とにかく求人数が多く、登録しておけば新着求人やスカウトのメールも届きます。いわば、むこうから情報がやってくるので、転職するほどの気力がない時でも登録しておいて損はありません。

辛くて死にたいけれど退職できない人への対処法7つ

死にたいと思うくらい仕事が嫌で悩んでいるときに、辞めれば解決するのでしょうが、そんなに簡単に辞められないから悩むんですよね。ではあなたの中のどんな理由が、「そんなに簡単に辞められない」と思わせているのでしょう?

チェックポイント

  • 仕事を辞めたら生活ができないから
  • 次の仕事がすぐ見つかるとは限らないから
  • 職場が人手不足で、自分が辞めると大変なことになるから
  • 辞めるなと脅されているから
  • 辞めたら逃げたことになりそうで自分のためにならないから

こんな理由にとらわれて、結局は仕事を辞めないで、うつ病になったり、体調を悪くしている人が多くいます。しかし実際、辞めたとしても退職金や失業給付などの制度はありますし、どこの業界も人手不足なので仕事は見つかりやすい世の中です。「職場のため」「自分のため」というのも、究極的には気の持ちようひとつです。

ここでは、少しでも冷静で楽観的に考えられるようなヒントを紹介していきます。

合わせて読みたい

頑張りすぎない

ストレスは緊張と深く関わっています。「仕事に集中する」「真面目に仕事をする」といった姿勢は、強い緊張感につながります。「死にたい」という気持ちがあるときには、まずこの緊張からくるストレスを和らげることが大切です。

一番いいのは頑張りすぎず手抜きをすることです。とはいっても、ふだん真面目な人には難しいでしょう。そこで具体的に手の抜き方をお伝えします。

チェックポイント

  • 仕事以外のポジティブなことを考えながら、のんびり手を動かす
  • しょっちゅうトイレ休憩やお茶休憩に立つ
  • 誰かに仕事の話を振られたら、「後で」と断る
  • 自分から仕事を探すのをやめて、誰かに言われてからやるようにする

普段真面目に仕事をしているなら、これくらいのことをしても意外と周りは気にしません。気づかれたとしても、「いま疲れてるんだな」と心配してもらえる程度です。勇気を持って手を抜いてしまいましょう。

合わせて読みたい

休職するか有給を使う相談をしてみる

心身に限界を感じたら、病院に行き診断書をもらって会社に休職を願い出ましょう。心療内科の医師はそういうケースに慣れていることが多いので、本格的なうつ病でなくとも「抑うつ」「ストレス障害」のような形で診断書を出してくれるはずです。

休職するほどの勇気がない場合は、溜まっている有給休暇をこの機に使ってみましょう。繁忙期はなかなか言い出しにくいかもしれませんが、「この仕事が一段落したら有給を○日間使う」と上司や同僚に前々から宣言しておけば、周りもそのつもりで動いてくれるはずです。

休職や有給取得に対して、まったくこちらの意思を汲んでくれず味方になってくれない会社なら、労働基準監督署に相談したうえで退職することをおすすめします。

合わせて読みたい

辞めることを前提に貯金を始める

なんとなく将来のために貯金をしている人は多いかと思いますが、仕事が辛くて退職もできない状況なら、その「なんとなく貯金」に今から新しい目的を作りましょう。自分が働かずに休養したい期間に必要な生活費を計算し、その金額が貯まったら辞めるのです。

貯金のよいところは、貯金すると心の余裕も生まれるため、死にたいと感じる気持ちも薄れる可能性があることです。もし前向きになれたのなら、貯まったお金は別のことに充てましょう。

貯めるだけでなく、積極的に増やしにいってもいいでしょう。ある程度の元手があって、リスクを理解したうえでなら、FXや短期の外貨預金などの投資もありです。ただしリスクを抱えていることで新たなストレスを感じるなら手出しはやめましょう。

合わせて読みたい

誰かに話をきいてもらう

冷静な第三者に話を聞いてもらうことは、自分も冷静になるための第一歩です。話し相手は、同情してくれる優しい人より、少しクールなくらいの人がおすすめです。

また、今まであまり悩みやコンプレックスを持たず幸せに生きてきた人よりも、苦労して生きてきた人のほうがよいでしょう。そういう人は、あなたの言う「死にたい」がただの甘えに見えるならはっきりそう言ってくれるでしょうし、逆に本当に危険そうな場合は、現実的な手段であなたを希死念慮から救ってくれるはずです。

話せる人がいないのなら、心療内科に頼るのも1つの手段です。この程度で心療内科に行っていいのか?と思うかもしれませんが、世の中にはあなたよりもちょっとしたことで心療内科や精神科にかかる人がたくさんいます。

合わせて読みたい

部署異動、職種変更の相談をする

いまの担当業務や部署が合わないと思う場合は、部署異動の希望を出してみましょうあなたの社歴が長いほど、希望は通りやすいです。会社にとって社員は人材なので、せっかく育った人材に退職されるよりは、希望を受け入れて異動させたほうが得なのです。

まず直属の上司に相談しましょう。それと並行して、人事部にも「上司に異動の相談をした」と話しておきましょう。上司はあなたに近すぎる存在のため、あなたを異動させるべきかどうかを自分で判断して、上に話を通す前に自分で握りつぶす可能性があります。しかし人事部は、「社員を簡単に辞めさせず、会社の利益になるように育てる」というミッションを持っています。場合によっては上司よりも冷静な味方になってくれるかもしれません。

合わせて読みたい

副業に挑戦してみる

仕事が辛くて死にたいとき、もし私生活の時間に余裕があるのなら、PCひとつでできる副業などに挑戦してみてはいかがでしょうか。スキルを生かしたクラウドソーシングや、アフィリエイトサイトの制作など、PCさえあれば小金を得られる手段はさまざまなものがあります。副業のほうで「どうすればもっとうまく稼げるだろう?」と少しでも向上心を持てたり、ポジティブな気持ちになれたなら、本業に対する姿勢も少しずつ変わってくるはずです。

もし副業が軌道に乗って一定額のお小遣い稼ぎができるようになれば、金銭的な余裕ができて、心の余裕にもつながるでしょう。まずは自分の今のスキルでできること・できそうなことを調べてみてください。

合わせて読みたい

副業はクラウドワークスで探してみよう

クラウドワークスは、まさにPCひとつでできる副業のお仕事が多数みつかるクラウドソーシング求人サイトです。デザインや画像編集のスキルがある人向けの案件から、無心でデータ入力をしていくような案件まで、さまざまなお仕事が揃っています。サイト上での気軽なやりとりで、お仕事の応募から受注、報酬支払い、問い合わせなどすべての必要な作業ができます。まずは登録して、どんなお仕事があるか見てみましょう。
クラウドワークスをチェックしてみる

転職のための情報収集や準備をする

退職して転職すれば環境がリセットされて楽になれると分かってはいても、なかなか踏み出せないものですよね。特に、いままで転職経験のない人にとってはなおさらでしょう。それでも、転職がひとつの解決になることは確かです。まずは情報収集をして、「転職はしてもいい」「自分も転職できる」と確かめてみてください。

ネットで探せる転職サービスには「転職サイト」と「転職エージェント」があり、前者は自力で情報収集だけをしたい人向け、後者は誰かに相談して助けを求めたい人向けです。転職サービスには、さまざまな診断コンテンツや、転職のための心構えや履歴書・職務経歴書の書き方など、役立つ情報が得られるところも多いので、まずは一度覗いてみましょう。今の会社にバレることはありません。

合わせて読みたい

心身の健康に危機感があるなら退職は逃げではない

仕事にストレスを感じ、「死にたい」と思う時間が増えてきたなら、何よりも先に退職してしまったほうが良いです。職歴にブランクができること、安定した生活の維持を手放すすこと、主にこの二点が不安にはなりますが、物理的に働けなくなるほど心身を壊すよりは、いますぐ辞めてしまったほうがずっとましです。

ストレスへの対処は、原因から解放されることが何よりも重要とされています。そして命は何よりも大切です。退職する勇気と行動力を持って、自分を労り、心身共に回復させましょう

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧