仕事が辛い人に読んで欲しい記事

職場孤立してしまう原因とそうなった場合の対策方法とは

職場での孤立がストレスになっているなら対策が必要

職場の上司とソリが合わなかったり同僚達との人間関係が上手くいっていないなどの理由で次第に孤立し、職場で孤独に過ごしている方はかなりいるかと思います。そうした状況の中で仕事をこなせばパフォーマンスも落ちてしまいますし、モチベーションも上がりませんよね。

職場孤立がストレスとなっている場合、なんらかの対策が必要になってきます。ここでは、孤立に至る経緯とその対策について解説していきます。

関わるきっかけがないと孤立する

学生でも社会人でも、周りの人と馴染んでいくためには関わりが必要です。関わりを持つことで知識を交換したり、同じ趣味を持つ人と親密を深めていくことができます。

しかし、中には人見知りをしてしまったり人と関わりを持つことを煩わしいと感じて敢えて一人でいることを選んでいる人もいます。中には本当に一人が好きな方もいらっしゃいますが、大半の方は一人でいることは孤独を感じるかと思います。では、これから具体例を見ていきましょう。

似たような立場の人が職場にいない場合

人は誰しも自分と趣味が合う人間や境遇が同じ人間と仲良くなりたいと思うでしょう。同じ職場にそういった仲良くなれそうな人間がいると心強いですよね。気持ちが楽になりますし職場で明るく振る舞うことができます。

しかし、同じ職場に趣味や境遇が一致する人間が一人もいない場合はやはり心細いですし仲良くなれそうとも思いません。話しかけるにもなかなか勇気がいると思います。自分は独りだと職場で感じてしまうと、人間関係を広げられず孤立してしまいます。一度そういった感情を抱いてしまうと、持ち直すことはなかなか難しいでしょう。

すでに人間関係のできあがっているところに入社した場合

中小企業によくあることですが、就職先の規模が非常に小さかったり新人採用をほとんど行なっていない企業などは、既に人間関係が出来上がっていてなかなか輪に入れないことが多いです。固く出来上がった人間関係に入っていくことは難易度が高いです。

新入社員は明らかにアウェーであり、他人の家庭にいきなり踏み込んでそこで暮らしていかなければならないような疎外感を感じてしまいます。容易に話しかけられず輪に入ることを躊躇してしまうことも多いでしょう。そうして結局輪に入れず、孤立してしまうケースもあります。

オリエンテーションや飲み会などの行事に参加していない場合

集団生活をする中で、互いの親密度を深めるために重要なのは飲み会やオリエンテーションなどの行事に参加することです。仕事とは違うプライベートな場なので普段の会社勤めとは一味違った人間像を知ることが出来るので意気投合する可能性があります。

しかし、極度のインドア派だったり人見知りな人はそういった行事に参加しないことが多いので親密度を深められません。貴重な機会を一度逃してしまうと、行事を通じて出来上がった人間関係に参加することは難しくなってしまうため親密になれる機会を失ってしまいます。自分の殻を破って、思い切って行事に参加してみることをしない限りは孤立状態から脱却することは出来ません。

関わりたくないと思われて孤立することもある

孤立する原因は会社だけでなく、時にあなた自身にあることもあります。人間性が周りから受け入れられなかったり、なんだか取っ付き難い態度を周りにとったりはしていませんか?そうすると人心は離れていってしまいます。関わりずらい人には、誰だって近づきたくありませんよね。

これから挙げていく具体例は多くの人に当てはまることがあるかと思います。孤立してしまう人の大半がやってしまっていることなので、どれかひとつに心当たりがあるはずです。具体例を参考に自分の行動や雰囲気を見直して、周りが近づきやすくなる人物像をめざしていきましょう!

仕事ができない場合

仕事をしていく上で、決められた物事をきちっとこなしていくことはとても大事です。そのなかでも、社会人としての基本として報連相があります。報告・連絡・相談の三つは社会人なら誰でも出来なければならない基本中の基本です。職場で孤立していってしまう人は、この報連相を疎かにして情報共有をしない人が多いです。

また、仕事でミスが多いことも孤立してしまう一因です。仕事が出来ない人はなかなか信頼されにくくなってしまいます。簡単な仕事さえミスをしてしまったりすると周りが不安に感じたり、この人といると損をすると思われてしまうため孤立をより深めていってしまいます。

身だしなみに難がある場合

身だしなみはなにも社会人に限った話ではなく学生でもきちんとするように言われますよね。子供の時から身だしなみについては、両親や学校から厳しく言われてきたのではないでしょうか。社会に出ると身だしなみで第一印象が決められてしまいます。その第一印象でコケてしまうと親密を深めるのは難しいでしょう。

具体的な例で言えば、寝癖が立っていたりスーツがヨレヨレでだらしなかったりする場合、それに加えてワキガなどの体臭問題も孤立してしまうケースに当てはまります。姿かたちだけが身だしなみではないので、匂いにも気をつけましょう。近づきたくない人と思われてしまうと、関係修復は難しいです。

喋り方や態度などの印象がよくない場合

嫌われる、孤立してしまう人のケースに多いのが人間性の印象が悪く感じられてしまう場合です。たとえ本人は普通なのに、無愛想な感じがして周りは怖がって近づいてこなかったりすることはありませんか?それは自分の普段の態度や喋り方が問題かも知れません。

たとえば、普段ボソボソと小さい声で喋っていたり上司の愚痴や悪口ばかり言っているとめんどくさい人間、怖い人間と思われてしまいます。負の言葉をたくさん放つ人間は敬遠されがちです。そういったように周りに思われてしまうと自分から負のオーラが漂いはじめてさらに人は近寄らなくなり、孤立を深めていきます。

 

悪い噂が立っている場合

孤立してしまう原因に過去の行いが関係してくることがあります。あなたが転職して今の職場に入った時に、風の噂であなたの前の職場での素行の悪さや問題行動が周りに知れ渡ってしまうことがあります。悪い噂は広まるのが速いので注意が必要です。

また、今の職場での行いも関係してきます。同じ部署の誰々と不倫している噂だったり、職場でのセクハラ発言が目立っていたりすると周りから嫌われてしまい孤立してしまうことなります。社会的に受け入れられない発言は敬遠されますし、最悪の場合警察沙汰になってしまうこともあるので注意が必要です。

嫌われていなくとも付き合いにくい人は孤立しがち

普段の印象やイメージだけではなく、それ以外のところで孤立してしまう原因があることもあります。嫌われていなくても、周りがあなたに気を使って話しかけなかったり行事に誘わなかったりすることもあります。

ほんとはみんなと仲良くできるはずなのに周りにそう思われてしまっては、なんだかやるせないですよね。ここでは、具体例を三つ挙げていくので自分に当てはまっているものがないか確認していきましょう。

いつも忙しくて余裕がなさそうな場合

あなたが仕事熱心で、いつも職場ではテキパキ働いていてもそれも孤立してしまう一因になってしまうことがあります。忙しそうにしているので、飲みに誘っても無駄だと思われがちになってしまうからです。

また、遊びの誘いが来ても全て断わってしまったりするといつも忙しい人というレッテルを貼られてしまいそれ以上のお誘いは期待できなくなってしまいます。仕事に熱中することも大事ですが、それが孤立を深める原因になってしまうこともあるので適度に遊びに出かけることも大事です。

立場があまりにみんなと違う場合

自分とはまるで格が違ったり釣り合いが取れないと思われてしまうことも孤立の原因になってしまいます。あなたが仕事のスーパーエリートで、同じ時期に入社した同僚達を差し置いて一人だけ管理職に大昇進するとあなたのことを同僚とは思ってくれなくなってしまいます。自分とは違う世界の人間と思われることにより親近感を持ってもらえなくなり、孤立してしまいます。

また、あまり目立たない中小企業なのに何故か一人だけ東大卒のスーパーインテリが在籍していたりすると羨望の目でしか見てくれなくなってしまい、周りは近ずきづらく感じてしまいます。自分となるべく近しい境遇の人間と関わりたいと思うのが人間の性ですから至極当然のことです。自分の身の丈にあった職場に就職することも大事です。

本業や趣味の活動が忙しい場合

あなたが副業での職場で孤立してしまう原因には、本業に熱中しすぎて副業が疎かになったりしょうがないから出社しているオーラが出てしまっていることが考えられます。副業である職業をあまりにも二の次にしてしまうと、その職場を本業としている人からすればあまりにも不快ですよね。

また、趣味に没頭しすぎることも考えものです。そのおかげで仕事に支障をきたしてしまうようなことがあれば、本末転倒も甚だしいですよね。何事もバランスをとることが大切なので、仕事も趣味もバランスをとって適度に熱中することが大事です。

職場で孤立してしまった場合に起こり得ること

もし職場で孤立してしまった場合、精神的だけではなく他にも様々な所にしわ寄せがきてしまいます。孤立するということは信頼されていない、もしくは頼りにされていないからです。また、どうでもいい人間だと思われていることもあります。

あなた自身の評価が、時にはあなたの運命を変えてしまうことにも繋がります。そんな周りからの評価があなたに何をもたらすのか、これから挙げていく具体例を見て一緒に考えていき自分の姿を見つめ直しましょう。

ミスが自分の責任になってしまう

チームで仕事をしている人は、例えば自分が作った書類の数値が間違っていた場合に他の人に指摘してもらえます。そのおかげでミスを未然に防ぐことができますが、一人で仕事をしているとそのミスを防ぐことが出来なくなってしまいます。

また、チームであれば連帯責任になるところを自分一人の責任になってしまい大きな苦痛を味わうことにもなってしまい数人分の損を一気に背負う形になってしまいます。普段から周りと関わっていれば避けられる事態なので実にもったいないです。孤立するとミスに対するリスクが格段に跳ね上がってしまうのです。

いざという時に協力してくれる人が少ない

同僚と仲が良かったり関わりを持つ人は、困った時に協力を求められる相手がいますが孤立してしまうと救済の手を差し伸べてくれる人はいません。上司であれば、部下を見守る義務がありますから助けになってくれるかも知れません。

しかし、見守る義務がない同僚は関わりがない人間の助けにはなろうとしません。仲良くない人を助けようとは誰だって思わないですよね。そんな時間があるなら自分の仕事を終わらせたい思いでいっぱいでしょう。そう思われてしまうと協力を得ることは不可能に近い状態になってしまうので注意です。

ストレスがたまる

一人でいることはなにより心にきてしまいます。自分の居場所を感じられない場に長時間いることは非常にストレスになってしまいますし、体にも悪い影響をもたらしてしまいます。うつ病や胃潰瘍などのストレスからくる精神病を誘発してしまう可能性もあります。

余程一人でいることが好きな人じゃない限りは、孤独を感じると寂しいですし味方がいない不安感に駆られてしまいます。孤立することは、体にも心にも悪い事態になってしまうのです。取り返しのつかない事態になる前に、居場所を作ってみたりすることが大事になってきます。

辞めたいと思う前に孤立の原因を取り除こう

孤立してしまったことが原因で職場を辞めてしまう人は後を断ちません。せっかく就職した大事な仕事をそんな理由で手放したくはありませんよね。やはり孤立してしまうからにはなんらかの原因があります。

孤立によって仕事を辞めたいと思ってしまう前に、自ら意識的にその原因を取り除いていくことが大切です。これから解説することは、あなたに対する誤解を解くための大事なことです。是非参考にしてください。

まずはコミュニケーション

孤立してしまう人は、まず人とのコミュニケーションが苦手な人が多いです。そのため、挨拶ですらしないので周りの人達から疎まれてしまうのです。孤立しないためにはコミュニケーションが重要です。コミュニケーションは人対人の一番重要な意思疎通のツールです。これを疎かにすると孤立してしまう可能性が大いにあります。

意識的に挨拶をすること。このとき、必ず相手の目を見て挨拶をしてみるといいでしょう。また、その後に+‪αを追加するとなおいいです。あなたに対する印象がだいぶ変わるでしょう。一味違った自分を、相手に見せることを意識しながら会話をするとより効果は上がるでしょう。

嫌われている自覚があるなら正直に相談してみる

もしあなたが周りから嫌われていることで孤立している自覚があるのであれば、思い切って自分はどうすればいいのか周りに聞いてみるといいでしょう。思い切って相談することで、自分の改善に繋がることがあります。

仕事をよく失敗してしまうのはどうしたらよいか、身だしなみはどうすればよいかを聞いてみましょう。あなたが本気変わろうとして、必死で聞いてくれば真摯に答えてくれる人も多いはずです。

余裕を持った対応をする

周りから嫌われてしまう原因に普段の対応の悪さがあります。普段から忙しそうな雰囲気を出したり早く帰りたいアピールをしていると周りから嫌われてしまい、孤立を深めていってしまいます。あからさまにそういった態度をとることが良くないのは当然ですよね。

そうならないためにも、普段から余裕ある対応を心がけましょう。そうすることであなたはゆったりした人物に見られるようになります。余裕がある接しやすい人は好かれやすいので、余裕を感じられる人ならば孤立することは無いでしょう。意識的に余裕がある素振りをしてみることが重要です。

休憩室や喫煙所に顔を出してみる

一人でオフィスにいるより、休憩時間くらいは休憩所や喫煙所に顔を出して同僚達と世間話でもしてみましょう。そうすることで、普段のあなたとは違う一面が見られ相手の印象がアップするかもしれません。会話ができる人と接してみたいと思いますよね。

また、無理のない範囲で飲み会にも参加してみましょう。行事に参加することは人と関わりを持つために最も必要なことです。孤立を解消するためには周りと関わるきっかけを作ることが大切です。そういった場に積極的に参加してみましょう。

孤立していたほうがいいこともある

孤立してしまうことは決して望ましいことではありませんが、逆にそっちの方がやりやすいという方もいるでしょう。孤立していた方がメリットが生じるケースは確かに存在します。そしてそのメリットはかなり存在します。

自分らしい誰にも縛られない仕事スタイルを貫くために敢えて孤立の道を選んでいる方も多いです。これから、孤立することによって生じるメリットの具体例を挙げていきます。参考にして自分の考え方を変えてみてください。

 

マイペースで仕事ができる

誰にも縛られずに自分のペースで仕事をこなして行きたいマイペースな方には、孤立した方が好都合です。周りとのノルマ競争や様々な予定に縛られずのびのびと仕事を続けられます。ストレスなく仕事をすることで、精神的疲労も抑えることができます。

孤立することによって逆に仕事効率が上がることもあります。周りと関わりを持っている状態よりも仕事ペースが上がり、キャリアをより多く積むこともできます。人によりけりですが、一人でいることが好きな方は敢えて孤立でいることを選んでもいいでしょう。

嫌な飲み会や付き合いに参加させられることがない

人付き合いが苦手な方やお酒が飲めない人などは周りと関わりを持つことで生じる大人の付き合いをすることが非常に苦痛だと思います。しかし、孤立していればそんな苦痛を味あわなくて済みます。

孤独でいるよりも、逆にそっちの方がストレスを覚えるようなのであれば職場孤立は悪いことではありません。煩わしい人間関係が嫌な人にはぴったりです。孤立するまでは行かなくとも、なるべく関わる人を狭めたり自分が本当に気心知れた人としか関わらないようにすると気が楽になり仕事効率も上がるでしょう。

転職活動を始めても周囲に気づかれにくい

今勤めている会社から他の会社に転職する時、なるべく周りにバレないでことを運びたいですよね。孤立していれば情報共有をする必要が無いので転職活動をしていてもバレることはありません。転職することが周りに広がってしまい、変な噂がたってしまうことも無いので安心できます。

嫌な上司にもギリギリまで転職を伏せていることが出来ます。そうすれば、要らぬお叱りを受ける必要もないので気が楽です。孤立することは望ましいことではありませんが、時にはこうしたメリットもあるのです。

孤立を気にしない人になる方法

孤立することは、そうなってしまった事実もそうですが何より孤立している自分を気にしてしまうことで大きなストレスを抱えてしまいます。孤立した時に覚えるストレスはほとんどこれによるものです。

そうならないためには、孤立を気にしないように生活していく必要があります。なかなか難しい課題だとは思いますが、これをクリアするとかなりストレスが軽減できるのです。では具体例を見ていきましょう。

仕事ができる人ならそれは「孤立」でなく「孤高」

自分の見た目や仕草になんら問題が無いようであれば、あえて開き直って見ることで気が楽になります。周りが近寄り難い孤高の存在が自分なのだと言い聞かせてみましょう。プラス思考は場面によっては大きな力をあなたに与えてくれます。

また、できる人間は群れを成す必要が無いと考えるのも良いかと思います。自分の現状をプラスにプラスに考えてゆけば気が楽になるかと思います。そうすればストレスを覚えなくて住むでしょう。

職場以外に居場所をつくる

あなたが職場以外にコミュニティがあるのならそちらで居場所を作ってしまうのもありでしょう。そうすれば孤独を感じず、鬱な気分にならなくてすみます。こうなれば職場で孤立していても問題ありません。

職場以外にもコミュニティをもっておくことは自分の居場所を常に確保出来ていることなので職場で孤立していても寂しさを覚える必要はありません。趣味を一つは持っておきましょう。人と意見を共有出来る場を持っておくことで、職場での孤独感を補うことが出来ますしストレスも溜まりにくくなります。

資格の勉強や転職の準備などスキルアップを始める

今の職場はあくまでも自分が本当にしたい事の繋ぎとして認識しているのであれば、不要な人間関係を作らずにスキルの向上に勤しむことができます。非常にやりやすいでしょう。

自分の将来のための土台として今の職場を過ごせばあまり悲観的にならずに済みますしストレスもあまりたまりません。今の自分の状態は最低なのではなく、最高に向かうための一つの通過点なのだとプラスに考えるように意識していきましょう。

自分と向き合ってこれからの働き方を考えよう

孤立してしまう原因は、必ず自分自身にあります。今回あげた具体例などを参考に、もう一度自分の働き方や人との接し方を見直してみると良いでしょう。

自分と見つめ合えば必ず良くないところがみえてきます。その見えてきた良くないところとどう向き合い、改善するための努力をし、日々自分を意識しながら生活していただければと思います。