「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 仕事でプレッシャーを感じている人に知ってもらいたい解決策
仕事が辛い

仕事でプレッシャーを感じている人に知ってもらいたい解決策

仕事のプレッシャーはストレスにもモチベーションにもなる

仕事をしているとどんな職種であれ「あれをしなければいけない」や「これができなかったらどうしよう」など、多少なりともプレッシャーを感じてしまうことってありますよね。

プレッシャーと聞くとネガティブなイメージですが、捉え方によっては仕事のモチベーションを上げることにもつながるのです。

この記事では、そんな「仕事のプレッシャー」とうまく付き合う方法についてご紹介します。

仕事でプレッシャーを感じてしまう原因

常にきちんと責任感と緊張感を持って仕事をしていれば、仕事に対するプレッシャーは必ずついてきます。しかし過度にプレッシャーを感じてしまうと、無駄に空回りをして失敗してしまうことにもつながりかねません。

プレッシャーを感じる原因を見つけることで、それに対する解決策を考えることができます。

ここでは、そもそもなぜプレッシャーを感じてしまうのかを見ていきましょう。

経験が足りていない

経験が足りていないと、一つの仕事をするのにも経験がある人よりかなり時間がかかってしまうことがありますよね。さらに、やり方がわからなかったり正確にできなかったりなどで、ミスを起こす確率も経験がある人に比べて高いです。

そのため「失敗したらどうしよう」や「時間がかかりすぎて迷惑をかけたらどうしよう」など、プレッシャーがかかりやすいのです。

この場合は、とにかく経験を増やして仕事に慣れていくのがプレッシャーを減らす近道となります。誰でも最初から出来る人はいません。焦らずに、自分のペースで経験を増やしていきましょう。

上司の目が厳しい

上司の目が厳しいのも、プレッシャーを感じる原因の一つです。

上司が穏やかで気さくな人であれば、多少のミスをしてもそこまで問い詰められることはなく、相談も気軽に出来て気持ちよく仕事ができます。

しかし上司の目が厳しいと、少しのミスでも怒鳴られたり理不尽な言葉を言われる可能性があります。また、そんな上司であれば相談もしにくく、仕事がうまくいかない悪循環になってしまう可能性もあります。

上司を変えるというのは難しいですが、一人で悩むのではなく周りの気が許せる人に相談したり、本当につらければ部署異動を考えるなどして解決できるように行動しましょう。

ノルマが重い

ノルマを課せられるというのは、とても大きなプレッシャーとなりますよね。

もちろんノルマが達成できれば、それは大きな達成感と自信につながりますし、会社にとっても自分にとっても大きなメリットとなります。

しかしノルマが達成できなければ、上司からの厳しい目やボーナスの査定、さらにはノルマ達成できた同僚との比較による自信喪失など、マイナスの連続になります。

もしノルマのある仕事がつらすぎるという場合、ノルマのない仕事に転職するというのも一つの手です。仕事は一つではありません。自分に合った仕事を探してみましょう。

失敗したら自分の責任になる

もし仕事でミスをしても、周りがフォローしてくれたり支え合える環境であれば気持ちも軽く仕事ができますよね。

しかしミスを起こし、それが全て自分の責任になってしまうという場合、とても大きなプレッシャーとなってしまいます。それだけ大きな仕事を任されるということは、喜ばしいことではありますが、やはり責任が大きいことは精神的につらいものです。

きちんと責任感を持ち、仕事に臨む姿勢はとても素晴らしいものです。ですが、全てを一人で抱え込むのではなく、時には周りの人にも頼るなどして心に余裕を持ちましょう。

そうすることで自分一人ではできなかった結果に辿り着けることもありますし、心に余裕ができることによって周りが見え、仕事がスムーズに進みやすくなります。

案件の金額が大きい

仕事の案件の金額が高いと、それだけその案件に対する責任も大きくなります。それに自分も関わってるとなると、もし失敗したときにはそのお金を無駄にしてしまう可能性もあるためかなりのプレッシャーになります。

それだけ大きな金額が動く案件を任されるということは、それほど信頼されているということでもあり、捉え方によっては自信につながります。

どうしてもプレッシャーが強すぎるという場合は周りの人に相談したり、時には上司に「荷が重い」ことを正直に伝え仕事を外してもらうなどの対策をしましょう。

相手のお客さんが怖い

お客さんが相手の仕事ではお客さんのペースに合わせる必要があり、個人で仕事をするよりも、とてもストレスを感じやすいです。さらにそれが、怖くて苦手だと感じているお客さん相手だと「何か理不尽なことを言われたらどうしよう」や「怒鳴られたらどうしよう」などとてもプレッシャーを感じてしまいます。

ですが、お客さん自身を変えることは難しいです。もしも特定の人が苦手で仕事が苦痛な場合は、その人の担当から外してもらうなどして解決策を考えましょう。

不特定多数のお客さんを相手にするのが苦手であったり、いつ怒られるかわからなくてびくびくしてしまうという場合は、お客さん相手ではない仕事に転職するというのも一つの手です。

仕事のプレッシャーとうまく付き合う方法

どんな仕事をしていても、大なり小なりプレッシャーはあります。それならば、そのプレッシャーとうまく付き合える方法を見つけることによって仕事に対するストレスを減らすことができます。

ここでは、そんなプレッシャーとうまく付き合う方法を見ていきましょう。

プレッシャーに負けて失敗してもクビにはならない

プレッシャーがかかった状態で仕事をすると、どうしても普段の力が発揮できずにミスをしてしまう可能性も高くなります。

ですが、プレッシャーに負けそうな場合は一度冷静に考えることも大事です。たとえプレッシャーに負けてミスをしたとしても、仕事をクビになるわけではありません。

完璧な人間はいません。誰でも必ずミスをします。そう考えて、くよくよ悩むよりも前を向いて思い切り取り組むほうが良い結果につながりやすくなります。

別にクビになるわけじゃないんだ」と開き直る心も、時には大事な考え方です。

プレッシャーは必ずしも乗り越えるものではない

「困難を乗り越えてこそ一人前になれる」という風習が残っている会社もありますよね。ですが一人一人の能力が違うように、乗り越えられるかどうかも人それぞれです。

そして、乗り越えられないからといってその人が社会人として劣っているわけでは決してありません。人には必ず得意なことと不得意なことがあります。

そのため、現在の仕事でプレッシャーを感じていたとしても、それを絶対に乗り越えなければいけないということはありません。時には「諦める」「気にしない」という選択肢を選んでもいいのです。

日々の仕事をこなしていけば経験は自然とついてくる

仕事の経験が浅いために、日々の業務でプレッシャーを感じることって多いですよね。誰でも経験が少ないことをやるのは、自信もなくミスをする確率も高いためにストレスを感じてしまうものです。

ですが、今はつらくても日々の仕事をきちんとこなしていけば経験は自然とついていきます。そのため今の現状だけを見て判断するのではなく、長い目で考えて少しずつでも業務をこなしていきましょう。

今、会社でテキパキと仕事をしている先輩たちにも、新人で悩んでいた時期が必ずあります。もし、悩んでマイナス方向にしか考えられなくなったときには信頼できる先輩に相談するのも一つの手です。

上司を味方につければ失敗しても上司が守ってくれる

上司との関係を上手く築ければ、仕事で困ったことがあっても心強い味方になってくれるときがあります。

普段からきちんと真面目に仕事をこなし、努力している姿勢が見られれば、多少の失敗をしても大目に見られる可能性があります。普段の真面目な姿勢を知っているからこそ、少しのミスで自信をなくしてほしくないと上司は考えます。

上司が怖くて味方につけられないという人は、頼れる先輩や同僚でもいいので味方につけましょう。そうすることで、ミスをしたときに何かしらのカバーをしてくれることにつながります。

理不尽な仕事でなければそれは期待されている証拠

理不尽な仕事ではないけれど、明らかに大変でいっぱいいっぱいの仕事を任されているということはありませんか?そんな時は、「何で自分だけこんなに大変なんだ」と嘆きたくなるときもありますよね。

ですが、それは逆に考えると期待されている証拠です。「この人ならば、このレベルの仕事を任せても結果が出せる」と思われているからこそ、仕事を与えるのです。

何をやっても全然結果を出せない人にたくさんの仕事を任せられませんよね。仕事を任されることは、それだけ信頼されている証なのです。

成果が出た時のイメージトレーニングをしておくのは有効

何事もやり遂げたときに何も評価されないよりも、終わったときに達成できる目標があったほうがやる気も出て頑張れますよね。

仮に今の仕事が達成できて、評価されたときのことをイメージしてみましょう。マイナスのことよりもプラスのイメージトレーニングをすることで物事を前向きに考えることができ、仕事も効率よく進むようになります。

もしプラスのイメージを考えるのが苦手という場合は、日頃から良い方向にイメージトレーニングをすることにより考え方そのものを変えていけます。

辞めたいと思っても急に逃げるのは自分のためにならない

仕事のプレッシャーに耐えられずに「辞めたい」と思うときもありますよね。誰でも嫌なことは投げ出したいと思うものです。

ですが、嫌だからといってすぐに退職という結論に結びつけるのは自分のためになりません。ある程度仕事に慣れてくるとプレッシャーを感じるときが減ることもあります。

ここで投げ出してしまったら、どこの職場でも少しのプレッシャーで逃げてしまう「逃げ癖」がついてしまう恐れもあります。

しかし、本当に耐えきれずに退職するという選択肢も絶対に悪いわけではありません。新しい環境で一からスタートすることでうまくいくときもあります。その場合はきちんと手順を踏んで退職するようにしましょう。

ノルマによるプレッシャーを抱えている場合

仕事で課されるノルマは、とてもプレッシャーになりますよね。ノルマがあるからこそ頑張ろうと思う反面、達成できなかったらどうしようという不安が必ずあるものです。

さらに、ノルマを余裕で達成できている同僚がいたりすると、どうしても自分と比べてしまい落ち込みますよね。

ここでは、そんなノルマに対するプレッシャーを抱えている場合の対処法を見ていきましょう。

ノルマ未達成でも生活の保障はされるから安心していい

普通の会社の正社員として働いている場合、いくらノルマがあったとしてそれが未達成だったとしても、必ず労働契約に基づいた給料は毎月支払われます。そのため、ノルマ未達成でも自分の生活を脅かすことにはならないため、そこまで不安になる必要はないのです。

しかし完全歩合制として仕事をしている場合は、ノルマの数だけ給料が変わってくるため注意が必要です。

もし完全歩合制で生活が安定しないという場合は、きちんと働いた分は給料が発生するところに転職するのも一つの手です。

ノルマを達成している人のノウハウを学ぶのも仕事のうち

職場には必ず一人は「仕事ができる人」がいますよね。ノルマを達成できるのなんてそのときの運だと思いたくもなりますが、仕事ができる人は常にノルマの達成率もいいものです。

やはりノルマを達成できるコツというのはあります。いくらノルマが達成できないからといって、一人で考えていても答えは見つかりません

ノルマを達成している人に、そのノウハウを教えてもらうなどして自分のスキルを高められるよう行動するのも仕事のうちです。積極的に動いてみましょう。

あまりにノルマが悪質ならパワハラ認定される

課されているノルマが普通の量を明らかに超えていたり悪質な場合は、パワハラと認められる可能性があります。とは言っても自分一人ではどうすることもできませんよね。

あまりにも悪質で悩んだ場合は、まずは社内の労働に関する相談窓口に相談してみましょう。一人で悩むよりも解決に結びつく可能性があります。

もし、社内の相談窓口で解決しなかった場合は労働基準監督署に申告してみましょう。本当に悪質だと認められた場合は、解決のために動いてもらえます。

ミスが許されないプレッシャーを抱えている場合

医療現場や大きなお金が動く仕事の場合など、ミスが許されない仕事もたくさんありますよね。

一つのミスが重大な影響を及ぼしてしまうとなると、そのプレッシャーはとても大きいものになります。

ここではそんな、ミスが許されない仕事に対する対処法を見ていきましょう。

ミスせず仕事をこなすにはある程度の経験が必要

どんなことでも最初から完璧にこなせる人はいません。ミスをせずに仕事をこなすためには、ある程度の経験が必要です。

ミスが許されない仕事はかなり重要な仕事のため、それなりの経験を積んだ人が担うことが多いです。逆に、経験の浅い人に任せられるくらいの仕事ならそこまでプレッシャーを感じる必要はありません

まずは、気を楽にして経験値を上げることに専念しましょう。そうすることで、自然と経験が積み重なり仕事でミスをすることが減ります。

ヒューマンエラー対策をするのは会社の役目

人間は機械ではないため、必ずミスをします。そのため、本来会社はヒューマンエラーは必ず起こるものと想定してそれに対する解決策を考えなければいけないのです。

なので、仕事を一人に任せ、それが失敗したとして会社が困るようならば、そんな仕事を一人に任せる会社にも責任があるといえます。もし失敗しても大丈夫なように対策を考えておくのが会社の役目です。

そのため、「自分一人が悪いんだ」と落ち込む必要はありません。いろんな考え方や成長スピードが違う人がいて、能力も様々な社員をうまく仕事をこなせるように環境を整えるのは会社の責任なのです。

本当にミスが許されない仕事には何重もの対策がある

一つのミスにより人の命を左右する仕事など、本当にミスが許されないような業務もありますよね。しかしそのような重要な仕事には、ダブルチェック・トリプルチェックをして何人もの人の目で確認するなど何重もの対策が考えられています。

それに重要な仕事の場合は、もしミスをした時のための緊急時マニュアルなど、もしものときの策が用意されている可能性が高いです。

そのため、自分一人で何でも解決しなければいけないわけではないので、あまり不安にはならずに前向きに仕事に取り組みましょう。

いまストレスを抱えているならまずリラックス

とにかく今仕事でプレッシャーを抱えていて、ストレスフル状態だという場合は一旦リラックスして冷静に考える必要があります。

ストレスフルの状態で仕事をすると正常な判断ができなくなりミスを連発したり、人にきつく当たってしまい人間関係にもヒビが入ってしまうおそれがあります。

ここでは、今プレッシャーを抱えていてどうすればいいかわからないという時の対処法を見ていきましょう。

体調が悪いと余計プレッシャーを重く感じる

頭が痛かったり全身がダルかったりなど、体調が悪いといつもよりも余計にストレスが溜まりますよね。それに合わせてプレッシャーも重く感じてしまうものです。

仕事から逃げたい」と思う気持ちが、結果的に食欲減退や眠れないという悪循環を生んでしまうため、まずは三食食べて規則正しい時間に寝起きすることを心がけましょう。

なによりも体調を整えることで、「今日も頑張ろう」と前向きに物事を捉えることができます。また、仕事以外のときにはゆっくり休息をとるなどしてリラックスするようにしましょう。

親しい人に愚痴を吐き出して楽になろう

仕事の悩みを全て一人で抱え込み心の中に留めておくと、ストレスが発散されずにネガティブな方向に向かってしまいます。悩みは溜め込まずに、友人や彼氏・彼女、配偶者に話を聞いてもらうなどして吐き出しましょう。

誰かに話すことで、会話の中で自分の心のもやもやを整理しリセットすることができます。さらに話し相手の体験談なども聞けると「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」と前向きに考えることができます。

もし誰にも話せないという場合は、会社の相談担当の人でもいいですし、メモ帳に悩みを書き出すのも一つの手です。

プレッシャーを気にしすぎずモチベーションに変えよう

どんな仕事でも少なからずプレッシャーを感じることはありますが、過度なプレッシャーは仕事をスムーズに進めるのに足かせになります。

極端に言えば、仕事でミスをしてもクビになることはありません。いっそのことミスを恐れずに思い切って仕事をしたほうがうまくいくこともあります。

しかし、プレッシャーを感じるのは悪いことばかりではありません。プレッシャーを感じるからこそ「もう少し頑張ってみよう」とやる気を出せる場合もあります。

そのため、プレッシャーに押し潰されるのではなくモチベーションに変えてうまく付き合えるように考え方を変えてみましょう。そうすることで、仕事も楽しくこなせるようになります。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧