仕事が辛い人に読んで欲しい記事

仕事が続かない人の抱える事情と、仕事を続けていくヒント

仕事が続かない人の特徴や原因は?

就職した後、仕事が続かずに別の職業に転職する人もいます。しかし、自分がここがいいと決めて就職したというのに、仕事が続かずに辞める原因は一体何なのでしょうか?仕事が続かない人の特徴や性格についてを調べてまとめてみました。

飽きっぽい、興味の移り変わりが激しい

毎日同じ仕事を繰り返し、業務内容に目新しさがないという理由で仕事が続かない人もいます。仕事の内容が、仕事の続かないきっかけになる人の特徴として、飽きっぽい性格である、または興味の移り変わりが激しいことが挙げられます。

このような人は同じ業務の繰り返しや単純作業をすると、すぐに飽きてしまうので作業も疎かになりミスも多くなります。結果として上司や先輩に怒られて、元々仕事がつまらない、やりたくないという気持ちがあったのに、より強く感じてしまい、仕事が続かなくなってしまいます。

忍耐力がなく、短気、我慢ができない性格

職種によっては、まず忍耐力が必要とされる場合もあります。例えば接客業やコールセンターなど、相手からのクレームを受ける機会のある職や、相手の態度に対して毅然としたもので返す必要性がある職です。こうした職の場合、忍耐力がない、短気、我慢ができない性格だと仕事が続かなくなることがあります。

仕事は何事においても多少の忍耐力は必要ではありますが、クレームや相手の酷い態度に我慢ができない、仕事内容や接待の長さに耐えられない短気な性格の人は、仕事が続かず転職するという損をしてしまいます。

男性よりも女性のほうが仕事が続かないと思われがちである

男性よりも女性の方が、仕事が続かないと思われているようです。これは女性のライフイベントも関係しており、結婚や子育て中にともなう退職や、勤務時間の短縮、遅刻早退が理由として挙げられるでしょう。就職したと思ったら、短期間で結婚することになり寿退社する、妊娠したため産休を取って長く戻ってこないといった、ライフイベントによる変化が起こりやすいせいで、続かないと思われがちです。女性にとっては全く悪いことをしているわけではないのに、そう思われてしまうのです。

子育て中の場合は、子供の急病や学校の行事で早退や休暇を取る必要もあります。職場を離れる、または退職する機会が多い女性は、続かないとどうしても思われてしまいがちなのです。

経済的な逃げ場があり、働かなくてもどうにかなってしまう

仕事が長く続かない人の中には、結婚している相手がしっかり稼いでいる親からの資金的な援助をもらっているという、働かなくてもお金にそう困らない人もいます。こうした人たちは生活や趣味のために働いて稼ぐという理由もないので、なんのために働いているのか分からなくなり、仕事をすぐに辞めてしまいます。

経済的余裕がなくなり、ローンの返済をしたり、生活費を稼がなくてはならない状況になると必死に働くようになりますが、働かなくてもどうにかなってしまう場合は仕事をする理由もなく、すぐに辞職するのです。

転職市場が売り手市場で、辞めてもすぐに仕事が見つかる

自分の職種が転職において有利であるため、辞めてもすぐに仕事が見つかると思っている人も、仕事が続かなくなります。医師や看護師、薬剤師など、人手不足で色々な求人情報が出ている医療系の職に良くあります。特に一度転職を経験していると、他にも良さそうな求人はたくさんあったから、と別の職場に行くために辞めてしまいます。

人の気持ちに敏感に反応しすぎてしまう(HSP)

仕事が長く続かない人には「HSP」という特徴があります。このHSPは「高度な感覚処理感受性」、つまり人の気持ちや周囲の空気に非常に敏感で繊細な性質のことをいいます。遺伝性で、繊細でコミュニケーションが苦手な性格と言ってもよいでしょう。

神経質で打たれ弱さも兼ね備えている性質でもあるので、仕事をしている最中にどうしてもやりにくさを感じてしまいます。他人の気持ちや感情に敏感なせいでストレスも溜め込んでしまい、仕事に行くのが嫌になるので、辞めてしまいます。

メンタルが弱い人、怒られるのが怖いと思っている

上司や先輩から怒られるのは誰しも怖いものですが、特にメンタルが弱い人の場合は怒られるのが原因で、職場に居たくない、辞めたいと考える人が多いです。怒られるというのは怒られる側も怒る側もストレスになりますが、やはり自分のミスを突き付けられるということで、怒られる側の方が強く感じます

メンタルが弱い人だと、一度怒られるともう嫌だ、怒られたくないという感情が先走ってしまい、退職するのです。

責任感が弱く、責任転嫁しがち

仕事をしていて上手くいかない、ミスをしてしまうのは仕方のないことです。しかし、そのミスを誰かに責任転嫁をするなど、責任感が弱いというのも仕事を長く続けられない人の特徴のひとつです。ミスをしてしまった時に、誰かに一方的に責任転嫁をするような責任感の弱い人は周囲との関係も良好には結べません。

また、責任感が弱いせいで重要な仕事を任される機会もないでしょう。他人との違いに非常に敏感になりやすく、人間関係がこじれやすいのも相まって、「自分が上手くいかないのはあいつのせいだ」と誰かに責任転嫁しながら辞めていきます。

努力をする気や向上心がない

どうすればよりよく仕事ができるか、効率よく業務を回せるかという考えを巡らせる人は多いです。しかし、その逆で淡々と仕事をするだけで、それ以上の成果を出す、効率を上げるための向上心がない人もいます。

こうした努力をしない、向上心がないという人は仕事をする際につまらなさを感じ、目指す目的もないまま惰性に仕事をする羽目になるので続きません。努力や向上心は長く続かないものではありますが、そもそもする気がない人は仕事を辞めやすいと言えます。

コミュニケーションが苦手で人間関係が煩わしいと思う

多くの職業は、職場でコミュニケーションをし、上司や先輩、同僚と人間関係を構築して円滑に業務を進めていくものです。しかし、コミュニケーションが苦手で、人間関係自体が非常に煩わしいと感じる人もいます。そうした人は誰かと一緒に行う仕事自体が向いておらず、円滑に業務を進められません。

そもそも、一人で仕事をマイペースに進めたいという性格です。現在の仕事が誰かと一緒に行わなければならないものであれば、より辞めやすい状態にいると言えます。

そもそも仕事の内容が嫌い

自分が望んだところに就職し、自分がやりたい仕事内容を得られるというのはほんの一握りですから、仕事内容がそもそも嫌いな部類であるという人も仕事が続かず、辞めやすいです。仕事の内容が嫌いなものだと、毎日嫌々仕事をして向上心も努力しようという気も起きず、「自分がやりたい仕事に行きたい」「転職したい」と考えてしまいます。

自分がやりたい仕事を任せられれば、やる気も起きて辞めにくくなりますが、ずっと嫌な仕事ばかりだと続けようという気も起きなくなります。

持病(特に心の病気)があって仕事を続けるのが難しい

仕事が続かない人の特徴には、持病があるため続けられないという場合もあります。
特に心の病気が持病としてある場合は、心の調子で体調も大きく変化して仕事ができなくなる場合も多いので、仕事をやりたいのにと思ってはいても仕事を続けるのは難しいです。

そうした持病に関して理解のある職場でない限り、持病によってよく休むせいで戦力外通告をされる場合もありますので、そうなる前に体と心を休ませるという意味で仕事を辞める場合もあります。

女性のほうが仕事が続かない?そう言われる理由は?

上記でも少し触れていますが、女性の方が仕事が続かないと言われる理由についてをもっと詳しく見ていきましょう。女性のライフイベントや、生活の変化によって職場でどのように変化が起こるのか、きちんと把握します。

結婚や妊娠・出産を機に退職し専業主婦になる人もいる

就職して数年経ってから、結婚や出産を機に退職して専業主婦になる人もいますが、中には就職後短期間で結婚や出産のために退職する人もいます。結婚し、相手が遠方に異動になる、出産のために実家に帰るという仕方ない理由で出社できなくなることはあるでしょう。

しかし、あまりに短期間で結婚や出産のために退職されると、せっかく補充したはずの人員を再度補充しなければなりませんので、会社側からすると非常に手間がかかってしまいます。機会さえあれば女性は大きく生活が変化し退職するので、仕事を続ける安定性に欠けていると判断されているのです。

子供の保育園や学校からの呼び出しによる早退や欠席が続くことも

子育て中の女性で共働きの場合、子供に何かあると保育園や学校から呼び出しがあるのは女性のほうです。学校で怪我や急病になったり、トラブルがあったことで早退になるといった子供に関しての呼び出しは本当に仕方がありません。しかし会社側からすると、任せていた仕事を進める人がいなくなるので業務に支障が出てしまいます。

学校行事などあらかじめ分かっているものであれば、先に休暇申請をすることができますが、急な呼び出しと休みは、会社に理解してもらえていても、いざとなるとあまり好まれるものではありません。特に病気が続くことで連日休みを取る必要がある場合は、会社が仕方ないと分かってくれていても、やはり仕事が続かない人だと思われてしまうでしょう。

親の介護や、障害のある子供を預けられず退職するパターンもある

女性が仕事を辞める時は、親の介護や、障害のある子どもをどこにも預けられないため、自分が退職して面倒を見る場合もあります。大切な自分の親、子供のためですので非常に理解はしてもらいやすいです。また、家の問題でもあるので会社側からすると口を出すこともできません。

しかし、大変であると分かってもらえていても、やっぱり辞めてしまったのか、と会社側からは思われるでしょう。就職して短期間であるのなら、なおさらそう思われてしまいます。家のことのほとんどが任されてしまう女性ならではのパターンではあるのですが、仕事が続かないと判断される理由の一つにもなります。

仕事を長く続けるために心がけることやできること

続かない仕事は長く続けるために少しのことを心掛けるだけで、心持ちも変わってきます。どのような点を心掛けるとよいのかをここでは見ていきます。仕事を続けていきたい、続かない自分を変えたい人はここで参考になるものを見つけましょう。

感情のコントロールを心がける

感情豊かなのはよい点ではありますが、仕事の最中にはある程度コントロールする必要があります。特に短気な人、感情的になりやすい人は感情を少しコントロールするだけで非常に働きやすくなる環境になります。怒鳴る、嫌な態度を取るところを一呼吸置いて、理性的に対処していくところから初めてみましょう。

時と場合によって感情を出すべきか出さないべきかを徐々に判断していき、少しずつ働きやすい環境にしていきます。

飽きっぽい人は異動するか、今の職場でできる新しいことを始める

毎日の業務内容に飽き飽きするせいで長く続けられないという人は、部署を異動するというのも一つの方法です。飽きっぽい人は言い換えれば「新しいものに何事にもチャレンジしていく人」でもあります。興味のある物であればなおさらチャレンジ精神旺盛な人ですので、自分が興味のある部署への異動を上司に相談してみましょう。

異動ができない場合は今の職場でできる、新しい何かを始めてみるのもよいです。新しい業務を任せてもらう、業務内容に改善点を見出して上司に相談して進めていくというのもよいでしょう。

目標を立て、そこに向かってやるべきことを考えてみる

仕事を続けていくのに一番手っ取り早いのが、目標を立てることです。自分が仕事を続けていく先にどうなっていたいのかという最終目標から、少しずつ身近な目標を立てていき、こなしていきます。

その目標を達成するためにはどのように行動すればよいのかも一緒に考えると、仕事に対しての心構えや心持ちが少しずつ変わってくるでしょう。目標に向かって邁進していくだけでも、やりがいを感じて続けていけるようにもなります。まずは目標を立ててやるべきことを考えてみましょう。

仕事をやり遂げた先に自分が得るものを考える

仕事をすると、成果や成績によって出世や給料のアップといった目に見えて得られるものもあります。また、職場によっては尊敬できる上司や先輩もいるでしょう。やり遂げた先に自分が欲しいものがあるのか、と考えてみると仕事にやりがいを感じて続けやすくなります。

十分な給料や階級、尊敬できる先輩や上司のような人間になりたいなど、自分にとってやり遂げた先に達成感を感じられるほどの何かがあるのか、仕事に対して嫌だと感じる前に考えてみるのがおすすめです。

挨拶やお礼など基本のコミュニケーションは欠かさない

職場において人間関係を構築するコミュニケーションが苦手である、という人は少なくありませんが、業務に支障をきたして最悪の状態になる前に、基本的なコミュニケーションはしておきましょう。

朝の挨拶やちょっとしたことへのお礼といった、基本的で簡単なコミュニケーションだけでも人間関係は意外と上手く回ります。深く親密なコミュニケーションでなく、軽いものでも業務を円滑に回せますので、まずは挨拶から初めてみましょう。

職場で仕事の相談ができる相手を見つける

仕事が嫌になって続かなくなる理由として大きなものに、仕事のミスや怒られることへの恐怖を相談しても拭えないという理由があります。家族や恋人など、自分の身近な人に相談しても、職務内容を良く知らないと話を聞いてもらうだけになり、アドバイスを上手く受けられない時もあります。

職場で仕事の相談ができる相手ができると、職務内容も知っていてアドバイスも受けられるほか、上司に怒られる怖さも共感してもらえます。職場に共感者や相談できる相手がいるというのは心強さも十分です。怒られる恐怖に耐えきれず辞める前に、相談できる相手を見つけましょう。

私生活とのバランスが難しければ就業形態を変える

子育てや介護といった、仕事を続けられなくなる理由はいくらでもありますが、辞める前に介護や子育てに必要な時間帯をある程度考えて、就業形態を変えてもらうという方法もあります。

自分の家庭状況に合わせて、例えば就業形態を正社員から短時間雇用に変えてもらうのです。仕事を続けたいけれど辞めなければならない、という人は、一度自分が家庭で介護や子育てに使う時間と照らし合わせて就業形態を変えたいと相談してみましょう。

精神科や心療内科を受診して適切な治療を受ける

持病があり、長く仕事を続けられないという時には、医療機関を受診して適切な治療を受けながら仕事をする方法が長く続けるためにもおすすめです。中でも心の病気である場合は、長期的な治療も必要とします。

治療を受ける際に、仕事は辞めたくないので受診しながら続けたいという旨を医師に相談してみてください。医師の方から会社にどのように伝えるべきか、上司にどのように相談すべきか、というものを含めてアドバイスを受けられます。必要であれば診断書も作成してくれるでしょう。適切な治療を受けながら、会社に相談して理解を得るのが続けやすい環境を作ります。

自分だけのせいではないかも。すぐ辞める人が多い職場の特徴は?

仕事を長く続けられず退職する場合、多くは辞めた人に何か問題があったのではないか、と言いますが、実際は職場環境に問題があった場合もあります。自分が悪いせいで仕事が続けられないと考えている人は、自分の周囲を思い出しながら、なぜ仕事を続けたくなくなったのか見直してみましょう。

人間関係が悪い

職場の人間関係が、あなたが関与するまでもなく、非常に悪い場合ももちろんあります。グループを作って悪口や愚痴を言うあからさまに態度が悪いなど人間関係に問題があるのは、円滑な業務の妨げになる環境です。

このような環境においては仕事に対して嫌な感情を覚え、やる気もなくなります。今、自分が置かれている状況が人間関係が悪い状態であるのなら、仕事を続けたくないと考える理由はその状況にあるのでしょう。

残業や休日出勤があり、労働時間が長い

仕事をする環境で、特に嫌なのが残業や休日出勤があり、労働時間が長い職場です。皆が我慢してやっているから自分も我慢しているけれど、内心では休みたい、仕事に行きたくないと思い、仕事を続ける意欲の低下にもつながります。

仕事仕事の毎日で、プライベートも満足に楽しめない状態は仕事を続たいとは思いませんよね。我慢ばかりで嫌だと考えると、人間関係にも影響して職場がひどい状態になってしまいます

仕事で体を酷使する

肉体労働が多く、よく動いて休む暇も満足に取れない仕事の場合は疲労が蓄積してろくな考えを思いつきません。業務内容によってはどうしても体力が必要である場合もありますが、あまりにも肉体労働ばかりを任されて満足に休めない場合は、体が限界に達してしまいます。このような場合、辞めようと考えてしまう原因は、あなた自身ではなく、職務内容や労働環境にあるといえます。

パワハラやセクハラ、いじめが横行している

男女ともに仕事を続けたくない職場的な理由の大きなものの一つが、パワハラやセクハラ、いじめといった陰湿なものが横行している場合です。上司からの暴力や性的な接触は男女分け隔てなく嫌悪するものですし、いじめはいつ自分がターゲットになるか、と不安で仕方ありません。

ターゲットになってしまえば、いじめやパワハラ、セクハラといった嫌なことをどうすればかわせるのかばかり考えて、仕事にも集中できず、最悪の場合は出社拒否してしまいます。

給料が安い、または労働に対して見合った給料でない

仕事において一番注目するだろうものが給料です。自分がこなした仕事がどれだけ評価されたか、仕事に対しての姿勢がどう取られたかが目に見えてわかりますので、給料で仕事に対しての達成感を得る人もいるでしょう。

しかし、その給料が労働に見合ったものではなく、安すぎる場合は仕事を続けたくないと考えます。女性の場合は独身であれば結婚資金のため、結婚しているのであれば子供ができた時の養育費や老後のために貯金しておきたい、という考えも強いので、将来的な不安を感じた場合は退職することも視野に入れたほうがよいでしょう。

女性のライフイベントに理解がない

女性が働くにあたって重視するのが、結婚や妊娠などのライフイベントに理解があるかです。女性は生活の変化が大きく、子育て中であれば学校行事のために休暇を取る必要もあります。

しかし、ライフイベントに理解がなく、産休や学校行事のための休み急な学校からの呼び出しによる早退ができないような環境はあまりにも働きにくいものです。給料に問題がないからと言って、女性のライフイベントに理解がなければ仕事を続けたいとは思わないでしょう。

メンタルヘルスへの対策がきちんとなされていない

働くときには、その職場が円滑に業務を進められるようにメンタルヘルスの対策をきちんと立てておくものです。働きやすいように気配りや援助を行うメンタルヘルスケアは、その会社で働くすべての人に行われるべきものなのに、その対策がおざなりである場合はいきいきと働くこともできません。

自分が感じるストレスとの付き合い方や、自分でも知らなかったストレスを気付かせるための面談、環境整備などが優良企業では行われています。そうしたケアもされてない、活発に働けない環境で仕事を続けたいとは思いませんので、仕事を辞めたいと続ける意思がなくなる原因にもなります。

社員のモチベーションが低い

職場環境において、自分の他の社員のモチベーションが低いと自分も別にやらなくていいのでは、と仕事に対するやる気もなくなってしまいます。モチベーションが高い人が一人でもいると、周囲にも影響してやる気になる人も出てきますが、全体的にモチベーションが低いのなら仕事に対してやる気が出てきません

人間関係の悪さなどだけでなく、モチベーションの有無も仕事の継続に大きく響いてくるのです。

ワンマン経営で、職場内の風通しが悪い

小さな会社でありがちなのが、社長が自分一人ですべてを決めて意見を全く効かないワンマン経営です。このワンマン経営では、社長が他の意見など聞かずにすべてを決めるので、その後の会社の継続に大きく影響してきます。

特に大きなものとしては社長が気に入った社員とそうでない社員とで扱いが違う理不尽な理由で怒鳴られるというパワハラが挙げられます。周りの意見も聞かない社長に、本当に自分はこの会社に必要なのか不安になるせいで辞めたい、仕事を続けたくないと考えてしまうのです。

長く勤められる職場の特徴は?職場選びのポイントはある?

今までは仕事を続けたくないと考える職場環境を見てきましたが、長く勤められる職場のポイントについてもまとめてみました。転職を考えている人、仕事を続けるか悩んでいる人は、どういった職場なら続けられるのかここで見て、職場を判断していきましょう。

コミュニケーションが活発

長く続けられる職場は明るくコミュニケーションが活発なところです。苦手な人でも挨拶やお礼は欠かしませんし、気配り上手な人や周りをきちんと見てくれている上司もいますので、皆でフォローし合っている関係でもあります。

毎日働く職場ですから、職場内の人間関係は良好なところの方がよいですよね。明るく元気に働くというほどではなくても、円滑に仕事を進められるような環境がある職場は長く続きます。

新卒への教育体制が整っている

長く続きやすい職場というのは、新卒に対しての教育体制がきちんと整っています。これまでの新卒が間違えやすい部分や仕事の注意点も踏まえてマニュアルを作り、それをもとに指導をしてもらえます。

指導を担当している先輩や上司が忙しくて指導できない場合であっても仕事を進められることはもちろん、間違えやすい部分をきちんと把握できるマニュアルは本当に重要です。同時に分からない部分を正しく指導できる先輩がいるかどうかも、仕事を続けやすくなるポイントのひとつです。

実力を正当に評価してもらえる

仕事でやる気をなくす大きな理由に挙げられるのが、実力を正当に評価してもらえないというものです。給料や出世といった目に見える変化でもよいですが、上司や先輩から褒められるだけでも自分の仕事の実力を認めてもらえていると実感できます。

その評価が正当でない場合は仕事をするのが嫌になり、正当な評価をしてもらえる他の会社に移った方がよいとも考えてしまいます。正当な評価をもらえる会社ほど、働きやすい職場はないでしょう。

子育て中の女性が活躍している

女性が働きやすいと実感できるのは、子育て中の女性が活躍している職場です。結婚している女性や、今後その予定がある女性は妊娠や結婚で仕事に変化が出ることに多少の不安を覚えています。

しかし、子育て中でもしっかりと働いている同じ女性がいると、自分も同じように働いていけると実感して働きやすく、続けていきやすいでしょう。

20代・30代・40代の働き盛りの世代の社員が均等にいる

職種によっては年代が偏っているところもありますが、働き盛りの世代が均等に社員にいる会社は、一般的に言って優良企業です。裏を返せば、世代に偏りがある会社はなにかしらの問題があるのです。

20代や30代がいないということは、若手が退職してしまって役員ばかりが残っているか、新人を採用する余裕がない会社だと考えられます。40代がいないのは、経験者が退職者してしまって若手ばかりが残っている証拠です。

働き盛りの年代が均等にいるのであれば、先輩後輩、役員と様々な世代の考えをまとめながら会社運営を行うので、人間関係を円滑に保つコミュニケーションスキルも養えます。

平均の勤続年数が長い

就職活動を行う時、平均勤続年数を調べてみると、その職場が続けやすいところかどうかが分かります。平均勤続年数が長いと、それだけ仕事がしやすく働きやすい職場というのが良く分かりますので、見学をしたり、実際に働いてみて合わないと判断しない限り非常にやりやすいでしょう。

焦るあまり平均勤続年数の短い職場を選んでしまうと、転職を考える羽目になる場合もあります。

残業や休日出勤が少なく、休暇が取りやすい

残業や休日出勤が少ない、というのも働きやすい職場の条件ではありますが、休暇が取りやすいのもおさえておきたい条件ですよね。子育て中の女性の場合は学校行事や呼び出しの面からも休暇を取りやすい方が働きやすいです。

残業や休日出勤が少なければプライベートも満喫でき、休暇が取りやすければ助かる面も多いので、働きやすいと実感しやすいポイントです。

人の入れ替わりが激しい職場、年中求人を出している職場は注意

就職活動や転職活動をする際に気を付けておきたいのが、人の入れ替わりが激しい、年中求人を出している職場です。特にハローワークに一年中求人を出している職場は、使い勝手のよい単価の安い労働力を求めているブラック企業の可能性が非常に高いと言えます。人の入れ替わりが激しいというのは、それだけ働きにくく辞めていく人間が多いことの現れです。

一年中求人を出しているとはいえ、自社サイトのみで募集している優良企業とは全く違いますので、この点に注意して求人を探す必要があります。自社サイトのみで募集している優良企業は、その職に興味がなければ気付くこともありませんので、一年中掲載していても安心できるでしょう。

どうすれば仕事を続けていけるか考えよう

仕事を続けたくないという理由は人それぞれですが、自分に問題があるのか、職場環境に問題があるのかはきちんと把握しなければなりません。職場環境を改善するのはかなり難しい場合もありますが、自分の性格が原因で続けたくないと考えているのであれば、改善できるポイントも多くあります。

安易に転職に走る前に、まずはどうやれば仕事を続けていきたいと思えるようになるのかを考えてみましょう。