「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 現場仕事が辛いと言われる3つの理由と、5つの大変な職種
仕事が辛い

現場仕事が辛いと言われる3つの理由と、5つの大変な職種

現場仕事って本当に辛いもの?

「現場仕事はキツい」というイメージがなんとなくありますが、実際にはどんなことがあるのでしょうか。建設系の現場仕事というものは、仕事=デスクワークという人からすると、想像以上に大変なものなのです。

チェックポイント

  • 暑い日も寒い日も外で作業
  • 高所からの転落や、重いものの下敷きになるなど、命の危険がある
  • 建材などを運んだり組み立てたりと力仕事がある

このように現場での仕事というものは肉体的・精神的に大変な仕事といえます。そんな現場仕事の辛さについて本記事では具体的に見ていきましょう。

現場仕事のほかにどんな可能性がある?市場価値診断をしてみよう


「周りが建設業ばかりだから他の選択肢がわからない」「自分にできる仕事が他にあるのかわからない」という人は、市場価値診断サービス「ミイダス」で自分の市場価値を知ってみましょう。

ミイダスは簡単な無料登録だけであなたの市場価値が診断できます。診断したあとは、あなたの入力したプロフィールを見て魅力を感じた企業からオファーが届きます。しかもそのオファーが来た時点で書類選考通過済みになるので、次のステップはもう面接です。

現場仕事が辛いと言われる3つの理由

常に屋外での仕事が辛い

作業現場は、当然ながら屋外です。たとえ暑くても寒くても、現場が完成しない限り、作業を中止するわけにはいきません

もちろん安全面や作業員の体調を考えてながらの現場運営が大前提ではありますが、突然の天候の変化を推測するのは難しいですし、屋内とは違い作業環境を維持することは不可能です。環境の変化の中で作業を続けることに加え、自身の体調管理もしながらの毎日は、非常に大変なな業務と言えるでしょう。

特に真夏は照り付ける直射日光を浴びながらの作業が続きますので、体力の消耗も激しくなります。安全面から作業着は夏であっても長袖・長ズボンなのに、熱いアスファルトが近い地面での作業ともなると、作業の過酷さがひしひしと伝わってきますね。

転職に自信がないときは「転職力診断」を試してみよう

現場ではない仕事をしたいと思っても、他の仕事の経験がないと転職にハードルを感じてしまいますよね。そんなときは「転職力診断」で自分を見つめ直し、今後の計画を立ててみましょう

「転職力診断」は、実績ある転職サイト「type」が提供する無料の自己診断サービスです。「転職力」「想定内定社数」「想定年収」が診断されるほか、「自己分析力」や「タイミング把握力」といった6つの観点から、自分の強み・弱みがわかり、転職活動に役立てることができます。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

診断の結果、自分に足りないものがわかるかもしれませんし、意外と希望が持てるかもしれません。迷っている背中を押してくれるサービスです。

昔ながらの「3K」の先入観があるので人手不足

土木作業員というと、「キツイ」「汚い」「苦しい」=「3K」のイメージを思い浮かべる人もいるでしょう。確かに屋外での作業は酷暑、極寒、雨、風、雪と、耐えなければならない場面がたくさんあります。

ですが、毎日が悪天候なわけではありません。また、力仕事も、身体が慣れて来ればどうでしょう。つらさも減って、耐えられないと感じることも少なくなるかもしれません。また、安全面でも変化があります。最近では、IT化や重機の進歩によって、これまでは「キツイ」と思われて来た仕事の中でも「危険」な仕事も減って来ています。

それでもいまだに「3K」な仕事だと思われるので、現場仕事を請け負う会社は常に人手不足に喘いでいます。

現場仕事の職歴しかなくともキャリアチェンジを目指せるJAIC

もしあなたが20代で、現場ではない仕事に就きたいと思っている場合、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が利用できます。JAICは、職歴や経歴に自信のない若手をビジネスマンとして育成する研修をし、優良企業を紹介してくれるというサービスです。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

研修プログラム受講後に紹介してもらえる企業は、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす優良企業ばかりです。

JAICを通してフリーターからでもホワイト企業に就職できた人が多数います。ぜひチェックしてみてください。

地域住民との関わりが面倒なこともある

現場作業はどうしても騒音や粉塵が発生するので、近隣住民の理解が不可欠です。しかし工事の請負元が説明をきちんとしていなかったりすると、住民は現場の作業員たちを敵視します。自分たちが悪いわけではないのに、たまたま現場にいるから文句を言いやすいようで、文句を言ってくる住民もいます

また、雪国では土木作業員が除雪作業を行うことがあります。除雪機に二人で乗り、一人が運転、もう一人は安全確認をしながら後続車に合図や誘導を行うだけなので、そんなに大変な仕事ではありません。大変なのは近隣住民からの声です。「あっちは除雪したのにこっちは除雪していない」「雪の固まりが自分の家の前にある」など、文句を言ってくる人もいます。人の役に立っているつもりなのに、これではやりきれませんね。

辛いのは今の現場だけかもしれない。工場ナビで理想の転職先を探してみよう

「工場ナビ」は大手の優良企業の案件を多く掲載している転職情報サイトです。どうせ働くなら福利厚生のしっかりしている大手が安心ですよね。希望する条件に合わせて求人を検索すると、きっとあなたの近所のお仕事もあるはずです。ぜひ工場ナビをチェックしてみてください。
工場ナビをチェックしてみる

特に大変だと言われる5つの職種

一つの建物を建てるとしても、基礎工事・大工・配管職人・設備工事士・電気屋・内装・塗装・足場などなど、それぞれのプロが存在します。時に「何でも屋さん」的な職人も存在したりしますが、「何でも屋さん」が全ての仕事を匠の技で行えるかというと、これは本当に稀な話。できるとしても住宅を建てる時の話であって、これが高層マンションやビルであったり、はたまたさらに大きな建造物(橋など)であったりすると、非常に多くの職種のプロが携わることになります。

ここでは、そのように細分化された仕事の中でも、大変だと言われているものを紹介します。

鉄筋組み立て

鉄筋組立は、主にコンクリート造の建築物の骨組みとなる鉄筋を組み立てる仕事です。しかしすぐに仕事ができるわけではなく、見習い期間が必要です。重い鉄筋を運んだり、職人さんが組み立てる仕事のサポートをしたりと、体力や観察力を養いながら仕事を覚えます。

長い下積み時代のある職人の世界ですので、上下関係は厳しく、職人や先輩の言うことは絶対です。頑固な人・プライドが高い人・おだやかな人など、最初にサポートにつく人によって見習いのやり易さも変わってくるかもしれません。

鉄筋組立の仕事は、長い下積み時代を乗り越えて職人になっても、高所に何トンもある鉄筋を釣り上げたりと危険な命に関わる作業が多く、部下や見習いからの絶対的な信用や責任感が必要となり、独立は比較的難しい職業と言われています。しかし、いったん手に職をつければ長くどこに行っても働ける仕事には間違いありません。

鳶職(足場鳶)

足場組み立ては、これから作業をするための足場という、基礎の重要な部分を作る仕事です。体力と冷静さが大事なので、短気で雑な性格の人は向いていません。

上下関係の厳しい職場ですが、慣れてくれば高所での繊細でかつ責任のある仕事も任されます。暑い日も寒い日も外での仕事ですが、会社での安全教育は徹底されています。

職長になれば日当も良くなりますが、独立するにはかなり努力する必要があります。また、年を重ねると転職が難しいです。大変なお仕事ですが、冷静に作業の先を見越して安全かつ依頼主にも喜んでいただくお仕事です。IT化・自動化が進んでも一定は必ず残る仕事でしょう。

型枠解体工

鉄筋コンクリート製の建物を作る場合に、コンクリートを流し込んむための型がまず作られます。そのあとの型を解体するのが型枠解体工です。現場には釘などの危険物があったり、解体に伴って重い枠やパイプが落ちてきたりもします。ホコリや騒音も伴います。単に壊せばいいわけではなく、周りに注意しながら作業を進めていきます。終わった後は掃除も必要です。

現場系の仕事の中では重労働ですが、専門技術が必要というほどの仕事ではなく、誰でも簡単に覚えられるため、お給料は安めです。

ハツリ工

ハツリ工は、ハツリ機と呼ばれる機械を使って、コンクリートの壁などを平らにならしたり穴をあけたりする仕事です。仕事の一例として、建物を支えるためにコンクリートの杭を打った後、土などが混ざった軟弱な部分を削って壊す「杭頭処理」というものがあります。また、配管などを取り付けるためにコンクリートの壁に穴をあけるのもハツリ工の仕事です。

見習い期間はありますが、鳶職のように危険な仕事ではないので、すぐに覚えて一人立ちできます。ただしハツリ機は数十kgの重さがあり、コンクリートを削るため騒音と振動と粉塵がひどく、「耳をやられる」という意見もあります。人体への悪影響が多いので、法令で一日の作業時間が5時間と決められています。

土工

土工は、高所の作業をする鳶職に対し、地面での基礎工事をする仕事です。土砂を運んだり盛ったり、その後片付けをしたりと、土まみれになることの多い仕事です。重機も使いますが、重機が入れないところでは人力で作業する部分もあります。

専門知識があまり必要なく、未経験からでもすぐ本格的な仕事を任されることが多いため、待遇はどちらかというと低いほうになります。職人というよりは作業員というポジションです。高いところで仕事ができなくなった年配の方が土工をしていることが多いようです。

現場作業以外の仕事はリクナビNEXTで探してみよう

現場仕事は屋外の仕事が多く、体力的にも精神的にもきつく感じる事があるでしょう。もし少しでも「辞めたい」と思ったら、転職は30代半ばまでの若いうちがチャンスです。まったく知らなかった業界で、思わぬ楽しさが得られるかもしれません。

転職者のうち実に8割が利用する「リクナビNEXT」は、無料登録して自分に合った条件を登録しておくだけで、あなたに合った仕事や新着の求人をメールでお知らせしてくれます。また他の人の転職活動状況を見ることもできます。すぐに転職するつもりでなくとも、情報収集のために登録しておいて損はありません。

自分に合っていると思えるなら現場仕事も天職

現場の仕事は肉体的に辛いと言われていますが、それでも愛着を持って仕事をしている人はたくさんいます。現場仕事に、辛いだけではない楽しさややりがいを感じられるのは、以下のような理由があるようです。

チェックポイント

  • やっぱり建築物が好き
  • 全国どこにでも仕事があり、つぶしがきく
  • 人間関係の良い会社に出会えた
  • 現場作業員の中では「鳶職は花形」というイメージがあるので鳶職で頑張りたい
  • 職人として技術を身につけて成長できている実感がある

座ってPCに向かっているような仕事に比べれば、とても大変な仕事ですが、現場仕事のほうが合うという人も確かにいます。これから現場仕事に飛び込もうとしているなら、辛さ以外の良いところを、ぜひ自分で実体験して理解してもらえればと思います。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧