「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 新人で仕事が辛い。心を軽くする5つの考え方とは?
仕事が辛い

新人で仕事が辛い。心を軽くする5つの考え方とは?

新人のうちは仕事が辛いことが多い

実は、新入社員のほとんどが、入社後1ヶ月~1年半の間に「仕事がいやだ」「会社に行くのがつらい」と感じています。ですから、今仕事がつらいと感じていても、それは決して不思議なことではありません。

新入社員はまだ仕事に慣れておらず、毎日が緊張の連続です。さらに、周囲は先輩ばかりで、無理難題を押し付けられても断りづらい雰囲気が漂っているのではないでしょうか。

そういった悩みを相談すると、よく「慣れるまでは歯を食いしばって頑張れ」などといわれがちです。しかし、それで心や体を壊すケースもあります

成長するために努力しながらも、自分の限度を見極めることが必要です。

リクナビNEXTで自分の長所をチェックしてみよう

新人のうちだと、自分に何ができるのか分からず悩んでしまいますよね。そんなとき無料で会員登録できるリクナビNEXTを使って、もう一度自己分析をしてみませんか?

グッドポイント診断というリクナビNEXTが提供しているサービスは、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービスです。診断に答えるだけで自分の強みを見つけることができ、さらに自己分析がすぐにできます。

強みが分かっている!と思っていても、客観的には違う診断ということもあります。

すべて無料でできる診断になっていますので、是非会員登録をして今後の仕事の目標などの参考にしてみてください。

新人が仕事を辛いと思う場面

まずは、新人が仕事を辛いと感じがちなシチュエーションにはどんなものがあるかをご紹介します。みんな同じようなことで悩んでいると思えば、少し気が楽になるのではないでしょうか。

上司とうまくコミュニケーションがとれない

「上司の言っていることがこの前と違う」「良かれと思ってやったのに怒られた」など、うまくいかない時はあるでしょう。このような事が続くと消極的になり、上司に報告も相談もしないまま仕事を進めて失敗し、負の連鎖に陥ってしまいます。

そんなときは、「部下がどう振る舞えば上司は仕事がやりやすいか」を想像してみましょう。新人が上司の立場に立ってみるのは難しいですが、例えば「忙しそうだから、質問は一度で済むようにまとめておこう」くらいは考えつきますよね。

上司もわざと話しにくくしているわけではありません。多忙と重責の中で、部下を育てなければいけないので大変です。少しでも歩み寄ってくれる部下のことは、喜んで迎えてくれるはずです。

職場での自分の役割がない

職場独特の雰囲気、それは、新人の感じる辛さにつながります。なぜならば新人はまだ、その職場のルールや暗黙の了解を知らないためです。知らないがゆえに、空気を読めない発言をしてしまったり、地雷を踏んでしまうということはありがちです。

まずは焦らず職場の人とコミュニケーションをとり、雰囲気を把握するまではしばらく様子を見てみましょう。そうすれば、初めこそ疎外感はあるかもしれませんが、少なくとも「出しゃばって失敗する」ということは避けられます。

積極的に自分のしたい仕事を主張するのは、潜伏期間を長く取ったあとでも遅くはありません。まずは、職場の雰囲気を感覚で覚えていきましょう

つい指示待ちになってしまう

新社会人として、仕事で初めにぶつかる壁は、上司や先輩が忙しそうにしているのに、ただ指示を待つという状況が続くことです。

もしそうなったら、身近な上司や先輩をよく観察して、少しでも自分にできることがないか尋ねてみましょう。

もちろん、なにか仕事ができるようになるには指導の手間が必要なので、「今は忙しいから何も指導できない」と言われるかもしれません。それでも、意欲を見せることは後々の良い結果に繋がるはずです。

もしあまりに長い期間、教育も指示もなく放っておかれるようなら、それは教育体制が整っていないのに新人を入社させた会社の責任なので、人事部に相談してみましょう。

成長できない会社に入ってしまったと思ったらJAICで再出発しよう


新人での離職率は最大6割を超える時もあります。自分だけではなく仕事が辛くて辞めたいと思っている人はたくさんいるのです。

就職してすぐ転職するのはちょっと抵抗がある……という人も「既卒・第二新卒・フリーター」専門のJAICが転職活動の強い味方になってくれます

普通の転職サイトや転職エージェントとは違って、専門的なサイトなので就職先やアドバイザーとのやり取りも安心してできることがメリットです。

JAICを使うメリット
  • フリーター・既卒・未経験からの就職成功率がなんと80.3%
  • 転職先や就職先の満足度は94.3%と安定してる
  • 面接対策や履歴書の書き方など最初から最後まで手厚いサポートをしてくれる
  • JAIC経由であれば入社前でも企業の特徴や雰囲気などをしっかり教えてくれるので就職後のギャップが少ない

しかも就職・転職した後の定着率が94.3%というので驚きですよね。自分で納得して満足する企業に勤められるのが最大の魅力です。悩んでいる人は是非一度登録をしてみてください。

新人が仕事で辛いと感じた時に気持ちを軽くする方法

たとえばあなたが誰かに仕事の愚痴をこぼす。すると「みんな辛いのは一緒だよ」なんて返事をされた経験もあると思います。

決してこの答えが間違っているわけではありませんが、いま辛いあなたにとってはなんの解決策にもなっていませんよね。ではどうしたら状況を変えられるのか、考えてみましょう。

まずは自分の辛さがどのようなものなのかを今一度考え直し、どう解決していくのかを考えていくことが大事です。ここではあなたの辛さを少しでも軽減する対処法を紹介します。

MIIDASで自分の市場価値をまず知っておけば気楽に仕事ができる

新人でも自分の市場価値をわかっている人は多くいないでしょう。転職をするかしないかはおいておいて、自分の市場価値は必ずチェックしておくことをおすすめします。

MIIDASはそんな市場価値を無料登録するだけで簡単にできることができます。隙間時間や移動時間で自分の価値を見出してみてください。きっと市場価値を知ることで自分の仕事でのあり方を確認することができます。

新人は放っておかれるものだと覚悟する

新入社員は、最初は人事部の研修担当者からオリエンテーションを受けるかもしれませんが、現場に入ると身近な先輩や上司に教育されることになります。

しかし誰もが自分の仕事を持っているので、いつも新人を気にかけてはいられません

そんな中では、放っておかれる時間が長くなります。だからといって、あからさまに「指示がもらえないので暇です」という態度をとってしまうと、教育担当の先輩や上司も気まずいでしょうし、周りからはやる気がないように見えます。

せめて、終わった作業の見直しをしてみたり、次はどうすればもっと効率的か考えてみたり、メモとペンと自分の頭があればできることはやっておきましょう。

新人は仕事ができなくて当然と考える

新人のうちは、仕事ができなくてプレッシャーを感じるでしょう。今までと違う環境で、覚えなければならない事が沢山あり、周囲の手を煩わせているのではないかと責任を感じる事もあるでしょう。

しかし、先輩や上司は新人に「仕事ができること」を求めていません。ビジネスの現場ではむしろ、仕事ができない新人を責めるような人の方こそ「仕事ができない人」と思われます。

社会人としての責任感は必要ですが、必要以上にプレッシャーを感じる必要はありません。本当に仕事のできる人が必要なら、会社だって最初から経験者を中途採用しているはずです。

毎日遅刻せずに出勤して、言われたことが最低限できていれば、新人の存在意義は充分あるのです。

「自分でもできること」を見つける

新人のうちは暇ですが、いずれ忙しくなってきます。だからこそ、暇なうちにできることを見つけて実践しましょう。会議後の片付けや掃除など、忙しい他の社員には思い至らない細かいことでも、暇な新人なら気づくことができます。

暇なうちにやっておくといいのは、社内の観察です。デスクワークなら、フロアの座席表をメモして、社内で交わされる会話をもとに情報を埋めていきましょう。

たとえば、「あの席の人は○○さんという名前で、こういう仕事をしていて、よくあっちの席の△△さんに質問をしている……」という観察を重ねていくのです。

そうするといざ自分の仕事が始まったときに、誰と協力すればよさそうか、誰に尋ねれば何がわかるか、予測ができます。

身近な先輩の仕事の仕方を真似る

新人のうちは、たとえ上司が「何でも聞いて」と言ってくれたとしても、忙しい上司を呼び止めて質問をするのはなかなか難しいものです。

それに上司は自分を評価するポジションの人ですから、「あんまり初歩的な質問をしてしまうと、評価が下がりそう……」と心配になります。「上司と部下」という関係は学生時代にはなかったものですから、うまく付き合えないのは当然です。

そこで、学生時代にも馴染みのあった「先輩と後輩」の関係が使えます。上司以外の年上社員を頼ってみましょう

先輩はあくまでも上司ではないので、あなたを直接評価はしません。気負わず何でも聞いて、仕事の仕方を真似させてもらいましょう。先輩も、後輩に頼られれば嬉しいはずです。

いざというときには転職できると認識しておく

もし半年、一年と会社にいても、辛い状況がまったく変わらないようであれば、転職活動をしてみましょう。

新人でも、「教育研修のない会社に入ってしまって、成長できる見込みがない」「ブラック企業で勤務体制が過酷なので、心身に不調がでてきた」などの事情で、一年経たずに退職する人はいます。

その場合は第二新卒として転職活動をすることになりますが、いまや第二新卒の転職活動は珍しくありません。そのため、第二新卒を専門にした転職エージェントはいくつもあり、どこも無料でサポートを受けられます。

UZUZ

チェックポイント

  • 第二新卒や既卒に理解があり相談しやすい
  • 就職後の定着率が90%以上
  • IT系やベンチャー企業の求人が多い

UZUZは、第二新卒が活用できる転職エージェントの中でも、IT系やベンチャー企業に強いのが特徴です。

また、就職後の定着率が94%というのを見ると、紹介される企業は働きやすくホワイトな企業が多いということでもあります。

面接拠点は東京と大阪にあるので、東京・大阪近郊での転職を希望しているならチェックしてみましょう。

就職Shop

チェックポイント

  • 大手リクルートが運営で安心
  • 中小企業を含め、たくさんの求人があるので選択肢が広がる
  • 全国に拠点があるので地方にも対応してくれる

就活shopの強みは、何と言っても大手リクルートが運営しているという安心感です。求人数も他のサイトとは比べものにならないほど多く、地方に住んでいても安心して利用できるのが魅力です。

どの転職支援サービスを利用しようか迷っているなら、まずはこちらに登録して感触を確かめてみてください。ただし面談が必須なので、まずは近くに拠点があるか確認しましょう。

マイナビジョブ20’s

チェックポイント

  • 大手マイナビグループで安心
  • サポートが手厚く入社後も頼れる
  • 非公開の求人が多く優良企業に出会いやすい

マイナビジョブ20’sは、大手ならではの手厚いサポートで就活を有利に進められる優良エージェントです。全国に拠点があるのも、地方住みの人には嬉しいポイントでしょう。

なお、本サービスはどちらかというと20代前半〜中盤が対象です。ある程度の社会人経験を積んで収入の上がった20代後半の人にとっては、紹介される職場が今より条件が悪いということもあるのでご注意ください。

ハタラクティブ

チェックポイント

  • 内定率80%以上
  • フリーター期間が長くても理解してもらえる
  • 未経験の業界に挑戦しやすい

ハタラクティブの特徴は、未経験歓迎の求人が多い点です。今まで働いていた業界からキャリアチェンジしたい人や、未経験の分野に挑戦したい人には特におすすめです。

また、登録している人の90%程度が20代なので、第二新卒の気持ちにも寄り添ってもらいやすく就活が円滑に進みます。

ただし、未経験歓迎が多いということは、有名・人気企業がそれほど多くないことも意味しています。それを理解して、他の転職サイトと併用するとメリットを多く感じられるでしょう。

ジェイック

チェックポイント

  • 書類選考がなくすぐ面接が受けられる
  • 就活サポートが手厚い
  • とにかく熱い就活指導に定評がある

ジェイックに登録すると、短期間で就職先が見つかるという評判がありますが、その理由は熱い就活指導にあります。ですから「すぐにでも働きたい」「一刻も早く今の生活から抜け出したい」という人には特におすすめのサイトです。

また書類選考がないので、なかなか面接までいきつかないと嘆いている人も、ぜひ登録して面接で積極的に自分をアピールしてください。

ただし、熱血な就活指導は気長に就活したいと思ってい人には向きません。まだ、転職しようか悩んでいるという人は、気持ちが固まってから登録しましょう。

転職を考える前にまず「転職力診断」を試してみよう

いま仕事が苦痛だからといって、衝動的に辞めてしまうのは、今後のキャリアにとって良いことではありません。まだ新人だからこそ、「もう転職したい」と思ったときには冷静に情報収集や自己診断をすることが大事です。

まずは「転職力診断」で自分を見つめ直し、今後の計画を立てましょう。転職力診断は、車内広告などでもおなじみの転職サイト「type」が提供する無料の自己診断サービスです。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

診断の結果をよく見て、自分に足りないものを確認しましょう。そのうえで転職活動をすれば、うまくいく可能性は高くなるはずです。

無理はしすぎず充実した新人時代を送ろう

自分を新人だと認識しておくべき期間の目安はだいたい3年です。

1年目は嵐のように過ぎていくでしょう。2年目でようやく少し仕事ができるようになり、もしかしたら次の新入社員が来て、先輩としての意識が芽生えるかもしれません。

3年目になるとだいぶ慣れて、1年目・2年目の自分を反省する余裕も出てきます。がむしゃらに突き進むだけではなく、振り返る余裕が生まれてこそ、社会人として一段成長できるものです。

ただし、明らかなブラック企業で心身を壊しそうな場合は、3年を待たずに潔く新天地を探しましょう。自分の辛さと対話しながら、自分の将来にとって最も良い道を選んでいけたらいいですね。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧