1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 仕事が辛い、辞めたい。失敗なく判断してスムーズに転職する方法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事が辛い

仕事が辛い、辞めたい。失敗なく判断してスムーズに転職する方法

まずは辞めたい気持ちと冷静に向き合おう

仕事が辛いと思う理由はさまざまですが、転職を考えるほど辛くなったら自分としっかり向き合って、これから先の働き方を考えなくてはいけません。

辛いからといって衝動的に辞めてしまうと、次の職探しに時間をかけられず焦って決断することになります。転職先がたまたまいい会社であればいいのですが、焦って探すとそうならないケースも少なくないので転職を繰り返すことになりかねません。

辛い仕事を続けるのは、とても大きなストレスになりますよね。本当は、すぐにでも退職した方が楽になれるのですが、これからのあなたのことを考えるとそれはおすすめできません。

仕事が辛いと感じて、会社を辞めて転職したいという考えが頭をよぎったら、これからすべきことやスムーズに転職する方法を見てみましょう。これを機に自分を冷静に見つめなおし、今後有利に転職できるように準備してください。

合わせて読みたい

自分にとってなにが辛いのかを考えよう

漠然と仕事が辛いと感じているだけでは、現職を辞めて転職しても同じような悩みを抱える危険があります。あなたが現職にストレスを感じている理由を、ここでしっかり考えてみましょう。

あなたの辛さの理由が明確になれば、次の職を探すとき同じ失敗を繰り返すことがなくなります。また場合によっては、自分を客観的に見ることで現在の悩みを解消する方法が見つかるかもしれません。仕事を辛いと感じる代表的な原因を見てみましょう。

合わせて読みたい

仕事の内容が辛い

辞めたくなる仕事内容としては、具体的に次のようなものがあります。

チェックポイント

  • やっていること自体が好きになれない
  • やりがいがない
  • クレームが多い
  • 体力的に辛い
  • 精神的な消耗が激しい
  • 成長している実感がいつまでも持てない
  • 同じ作業の繰り返しで面白みがない
  • 目標が持てない
  • ノルマがきつい

他にもさまざまな理由がありますが、仕事自体が辛いと毎日職場に行くのが苦痛になりますよね。

好きな仕事や、嫌いでもそれに見合う給料である場合は、仕事を続けるメリットを感じられますが、それがないと頻繁に転職を考えるようになります。

合わせて読みたい

仕事量の多さが辛い

仕事量が多く、頻繁に残業や休日出勤がある仕事は、肉体的にも精神的にも辛くなります。また人員が足りず、本来しなくてもいい仕事までしなくてはいけない場合や、物理的に無理な仕事の量を押し付けられるといったことも、毎日が苦痛になります。

会社の業績の悪化で人員確保ができない、他の社員が仕事をせず自分ばかりに仕事が回ってくる、新人や若手は苦労して当然という社風なども、仕事量が多くなりストレスを感じるでしょう。

人間関係が辛い

職場の人間関係が好ましくないというのは、多くの人が退職理由に挙げています。

根本的に性格が合わないという理由や、社長や上司のパワハラやセクハラ、同僚と円滑なコミュニケーションが取れない、取引先や客が理不尽な要求をしてくるなどは、仕事をし辛くしストレスを抱えることになります。

自分の努力次第で改善が見込めるものならいいのですが、人間関係は相手がいることなので改善が難しく問題解決には相当な努力が必要です。

仕事で悩むのは前向きに考えることができても、職場にいながら仕事以外のことで悩まなくてはいけないのも大きなストレスになります。

合わせて読みたい

責任の重さがプレッシャーになって辛い

責任の重さや職務のプレッシャーが大きすぎるのも、仕事が辛くなる原因のひとつです。管理職になり仕事以外のことでもやるべきことが多い人や、ノルマが厳しく達成しないとペナルティがあるなど、精神的な重圧が大きいのは毎日が辛くなります。

他にも、動かしている商品の金額が大きいものや、他人の命が関わってくる仕事などでも、プレッシャーは大きくなります。経験が増えれば、そのプレッシャーも軽くなりますが、まだ経験が浅い場合はプレッシャーにつぶされてしまうこともあります。

合わせて読みたい

私生活とのバランスが取れず辛い

仕事に前向きに取り組めるのは、私生活とのバランスが取れていればこそです。どんなに好きな仕事でも、私生活で次のようなことが起きワークライフバランスが取れなくなると仕事は苦痛になります。

チェックポイント

  • 育児や介護など私生活ですべきことが増えた
  • 引っ越しで通勤時間が長くなった
  • 没頭したい趣味ができた
  • 仕事ばかりしていて夫婦喧嘩が増えた
  • 自分の時間がなく私生活がまったく楽しめない
  • 他に挑戦してみたい仕事が見つかった

仕事は、私生活が充実してこそやりがいを感じられますし、私生活は仕事が充実していて初めて安定します。このバランスが取れなくなると仕事も私生活も辛くなります。

本当に辞めたほうがいい?見直すべきポイント

仕事が辛くなったからとはいえ、すぐに辞めるという選択ができる人は多くありません。やはり、すぐに仕事を辞めてしまうと後悔するかもしれないという不安は出てきます。そこで、仕事が辛くなって転職を考えたとき、見直すべきポイントを知ることで、辞めるべきか続けるべきか理解できるようになります。

仕事を辞めたくなったら、次のことを試してみましょう。

合わせて読みたい

期間を決めて耐えてみる

仕事を辞めたくなったら、衝動的に辞めるという選択も危険ですが、ダラダラ続けるのもマイナスになる場合があります。そこで、今の仕事に期間を設けて、その間は全力で頑張ってみるという方法を試してみましょう。

例えば、後3か月様子を見て状況が改善しなければ転職先を探す、年度末に差し掛かる2月末まで頑張って、それでも辞めたかったら退職届を出す、といったように期間や期限を設けると仕事と真剣に向き合えるようになります。

期限を決めて真剣に向き合った結果、どうしても無理だと思えば辞めればいいですし、頑張った結果問題が改善したら続ければいいのです。

その間は、ストレスを溜めすぎないよう、仕事が終わったら上手にストレス発散するようにしてください。

辞めた後どんな生活ができるか現実的に計画してみる

仕事を辞めることは視野に入り始めたら、具体的に辞めた後どうなるのか自問し、その後の計画を立ててみましょう。具体的には、次のような項目を紙に書き出し、考えられる限りの答えをその横に書いてみてください。

チェックポイント

  • ブランクなくすぐ転職できるか?
  • 少し休暇をとるならいつまでにするか?
  • 次の職種はどうするのか?
  • 転職先が決まらなくても貯金でしばらく暮らせるか?
  • 働く場所は今住んでいる所が適切か?
  • 今まで挑戦したかった職業はないか?
  • 取りたかった資格はないか?
  • どんな人生が理想なのか?

仕事を辞めたときの不安や、今後のことについての質問を、思いつく限り書き出してみてください。紙に書き出して思考を整理すると、現状を冷静に判断できるようになります。

友人や家族の意見も聞いてみる

悩みの渦中にいるときや疲れを感じているときは、どうしても視野が狭くなってしまいます。狭い視野のまま将来を決断してしまうと後悔することも多いので、会社をやめるかどうか悩んだら周囲の人に相談しましょう。

友人や家族など、あなたの性格を理解している人や、自分がこうなりたいと思えるような先輩や上司の意見を聞いてみるのもおすすめです。

できるだけ多くの人の意見を聞き、今後の身の振り方をじっくり考えてみましょう。中には前向きな人の夢を壊す「ドリームキラー」と呼ばれる人がいます。「このご時世仕事があるだけいいよ」「今よりいい仕事なんてないよ」など、マイナスのことばかり言う人の意見はほどほどに聞き、口論も無意味なので熱くなりすぎないよう注意してください。

合わせて読みたい

転職エージェントに相談してみる

転職エージェントは、今の仕事をしながらでも利用できる転職のプロです。ネットで登録し、条件の合う職場を紹介してくれるので、今の会社と比較してあなたに合った職場を選べます。

紹介されたからと言って、必ず転職する必要はありません。他の企業の調査や単なる相談として利用するだけでもOKです。登録は無料ですし、サイトには転職に必要な情報もたくさん掲載されており、今後を考える大きなきっかけにできるでしょう。

エージェントの中には、面談の後カウンセリングやアドバイスをしてくれるところもあるので、自分を客観的に見ることもできるようになります。

合わせて読みたい

親身に相談に乗ってくれるエージェントを選ぼう

転職エージェントといっても、直接面談だったり電話面談だったり、「○○業界専門」のように分野が分かれていたり、さまざまな種類のサービスが存在します。もし「信頼できるプロに相談してこの先のことを決めたい」という目的があるのなら、エージェントに直接会って面談できるサービスを選びましょう。マイナビエージェントは全国対応で地方にも拠点があり、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。

マイナビエージェントをチェックしてみる

スムーズに転職する6つのヒントとは?

現職の辛さが改善できそうもなく、いよいよ転職を決意したら、できるだけスムーズに退社し次の職場に入社したいものです。そこで、転職を短期間で失敗なく行うための6つのヒントをまとめました。

少し気を付けるだけで転職はスムーズにできますし、転職で感じるストレスもかなり軽減できます。現在の会社ですべきことや、転職活動中の注意点などを見てみましょう。

合わせて読みたい

次は失敗しないように下準備をしっかり行う

転職をした場合、今の会社のように同じ失敗を繰り返さないようにしないと、再度転職するとなると仕事が長続きしない人だと誤解され、今後の転職にマイナスです。転職先には長く働けるところを選ばなくてはいけません。

そのためには、自分の性格や理想の生き方、今後の人生設計などをできるだけ明確にし、自分に合っている会社を選ぶ必要があります。また、これから働きたいと思う業界の研究も面倒ですがしっかり行いましょう。

特に、始めて入る業界の場合は、実際に働いている人に話を聞くなどして、実情を把握した上で転職を決めましょう。あなたが持っているイメージや、ネットでの成功例だけで判断すると失敗する可能性が高くなります。

転職にかかる期間を予測して行動しはじめる

転職にかかる期間は、1社目に履歴書を提出してから早くて1ヶ月以内。平均で3ヶ月~半年が目安になります。現職が忙しくて時間がとれないなら、もっと余裕を持って転職計画を立てておくと安心です。

しばらく休みたい人や、貯金に余裕がある人はいいのですが、ブランクを開けたくない人は転職活動を計画的に行いましょう。

また現職を辞めるタイミングも重要です。忙しい時期と退職する時期がかぶらないように計画しなくては、周囲に迷惑をかけたまま無理やり辞めることになります。円満退職は難しいとしても、最低限迷惑を掛けない時期に退職できるよう計画を立ててください。

転職活動中は目立たないように行なう

転職活動をスムーズに進めるためには、職場の人には転職することを絶対に言わないようにしましょう。社内の人たちに転職活動をしていることがバレると、仕事がし辛くなりますし、気持ちが変わって転職をやめた場合に困ることになります。

また会社を辞めることは、直属の上司に最初に相談するのが礼儀です。どんなに親しい人がいても、先に退職することを話してはいけません。

もう辞める会社とはいえ、どんな縁で今後つながるか分かりません。最低限の礼儀は抑えて、失礼のない状態で転職するようにしてください。

合わせて読みたい

現職の不満は志望理由にしない

会社で採用を担当する人も人間なので、マイナスなことばかり言う人は採用したくないと思うのは当然です。前の会社の悪口を言うのは、あなたの印象を悪くしかねません

例えば、前職を辞めた理由を聞かれて「経営方針に納得がいかず、労働環境も悪くて…」などと、文句ばかり言う人より「もっと自分の可能性を試せる会社で働きたいと思ったからです」などと、前向きな理由を言う人の方が魅力的ですよね。

面接や面談以外でも、転職活動で前職の不満から逃げるという意識でいるより、より自分に合った職場を見つけるという前向きな姿勢で取り組む方が、視野も広くなりますし判断を誤ることも減ります。

辞めることを適切に告げる

現職を辞める場合、退職したい旨を上司に相談し、社内規定に沿って退職願を提出しましょう。大抵の会社では、退職希望日の1か月前に届を提出するように決められていますが、職場の仕事量や引継ぎにかかる時間によっては退職を希望する日がずれることもあります。

かといって早めに相談すると、社内での居心地が悪くなるので、前例などを参考にして2か月前くらいに相談し、退職日を伝え手続きを進めていくのがベストです。

また、転職先の入社日が決定している場合は、引き留めに遭わないよう退職の意思が固いことをしっかり伝えてください。気を使って曖昧に返事をしていると、転職先にも迷惑をかけてしまいます。

合わせて読みたい

転職が決まっても学ぶ姿勢を忘れない

退職願を提出し退職する日が決定しても、現職では手抜きせず一生懸命勤務するようにしましょう。最終日まで引継ぎなどには責任を持ち、すべきことは済ませて退職すれば、周囲に迷惑をかけずに退職できます。

最期の日まで学ぶ姿勢を忘れず、お世話になった人には感謝の気持ちを伝え気持ち良く転職しましょう。辞める会社だからと適当に過ごしていると、転職後に悪い噂が伝わる可能性もあります。

業界が違っても、どんな形で現職の人と関わることになるか分かりません。できるだけ敵は作らず、転職をスムーズに完了させてください。

後悔のない選択をしよう

あなたが現職に感じているストレスの原因は明確になりましたか?もし、精神的に辛いのなら無理して現職にこだわる必要はありません。ストレスで病気をしてしまっては本末転倒です。

私たちは辛い思いをするために働いているわけではなく、幸せで充実した日々を送るために仕事をしています。辛い仕事を続けていると、こんなシンプルな目的すら見失ってしまいます。

一度時間を取って、あなたの「これからの人生や働き方」について、じっくり考え後悔のない選択をしてください。会社は、あなたの人生を保証してはくれません。あなたが笑顔で過ごせるよう、じゅうぶん考えて決断してくださいね。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧