「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が辛い
  4. 仕事が精神的に辛い。心を軽くする7つの考え方と4つの行動を紹介
仕事が辛い

仕事が精神的に辛い。心を軽くする7つの考え方と4つの行動を紹介

仕事が辛い原因について考えてみよう

「仕事が辛い」と感じる人は少なくありませんが、何を「辛い」と思うのかは、人によって感覚がまったく違います。「明らかに体力の限界を超える仕事をしているから辛い」場合もあれば、「自分の本来やりたいことができていないので辛い」場合もあります。

そこでまずは、自分の思う「辛い」の原因を分析してみましょう

チェックポイント

・精神的に辛い?肉体的に辛い?
・自分のせいで辛い?他人のせいで辛い?
・会社を辞めれば状況は変わる?

このように自問自答をしていくと、このままもう少し頑張ったほうがいいのか、なにか解決法があるのか、あきらめて退職・転職したほうがいいのか、今後の方向性が見えてくるはずです。

評価されなくて辛いときには、ミイダスで自分の市場価値を診断してみよう


人間関係が良くないだけで自分の価値を会社に提供できないことほど辛いことはありません。MIIDASで新たな気持ちで転職活動を始めてみませんか?人間関係が辛ければ、思い切って自分の価値を出せる転職先を見つける事が一番の近道です。

MIIDASをおすすめするポイント
  • 登録は3分で完了。無料で自分の市場価値から転職活動までスマホで簡単にできる
  • 登録後すぐに、あなたを求めている企業からオファーが届く
  • 7万人の転職事例を見られるので、あなたと同じ悩みを持った人の事例もきっとある

自分のスキルが本当に足りていないのか?自分と同じ境遇の人はどれくらい転職をしているのか?そしてどれくらい年収が増えて転職をしているのか?が、無料ですぐにわかります。スキマ時間ですぐできる診断なので、ぜひ試してみてください。

仕事が精神的に辛いと思う直接の原因は?

先輩や上司、同僚などと上手くいかない

「人間関係」は、退職・転職理由のアンケートで常に上位にいるメジャーな理由です。そして人間関係と一口に言っても、悩みの中身はこのようにさまざまです。

チェックポイント

  • 入社したらすでに人間関係が出来上がっていて馴染めなかった
  • 社内に派閥があり、どこかの派閥に入らないといけないという圧力を感じる
  • 困った時に上司や同僚が助けてくれない
  • 社内いじめを受けている
  • 体育会系の会社で、雰囲気が合わず辛い
  • 男性ばかりの環境に女性一人なので輪に入れず、セクハラも心配

人間関係が原因で退職する人が多いのは、この手の悩みは相手が辞めるか自分が辞めるかしないと解決しないことが多いからです。

会社は小中学校とは違うので、「この人が会社に馴染めていないから皆で助けてあげてください」と世話を焼いてもらえることはなかなかありません。それならばと早めに見切りをつけてしまう人が多いのです。

合わせて読みたい

仕事のせいで自由な時間が持てない

もともと打ち込んでいる趣味があったり、仕事以外に楽しみを持っているタイプの人にとっては、仕事は単なる生活の手段でしょう。そんな人は、仕事に忙殺されたとき、無趣味の人に比べるとストレスをより強く感じることになります。

「やりたいことができない」「これもぜんぶ仕事のせいだ」と、フラストレーションが溜まっていき、どんどん仕事が嫌いになって辛くなります。

特に新卒の社会人は、この辛さもひとしおでしょう。大学では自由が多く、休みも長かったので、社会に出てからのギャップが嫌になってしまいます。

社会人になる選択をした以上は、仕事によって拘束されるのはある程度仕方ありませんが、どうしても自分の希望との折り合いがつかない場合は、もっと自由な仕事に転職するのも一つの方法です。

20代のうちにやり直すならJAICがおすすめ

仕事が辛いくてもう辞めたいと思ったとき、もしあなたが20代であれば、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いがあるはずです。

そんな出会いを見つけるサポートをしてくれるのが、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)フリーター・既卒・第二新卒から優良企業の正社員になれた実績が多数あります。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICは、若者を一人前のビジネスマンに育てる支援プログラムを行う一方で、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業との連携を進めています。

そのため、職歴・経歴に自信がなくとも正社員として就職のチャンスがあるのです。ぜひチェックしてみてください。

上司や経営者が理不尽でついていけない

上司と本当に良好な関係が築けている人はあまり多くありません。上司は出世するにつれて、忙しくなり責任も重くなり、自分が部下だった頃の気持ちをだんだん忘れていってしまいます。

それに「評価する人」と「評価される人」の関係ですから、本当に腹を割って話すことは難しいものです。

だからこそ上司とはすれ違いが起きやすくなります。たとえばこんなことはないでしょうか。

チェックポイント

  • 上司が怒っているけれど、何に怒っているのかわからない
  • 上司はいつもイライラしているので話しかけにくく、相談しないまま仕事を進めたら失敗して怒られた
  • 忙しくて忘れてしまうのか知らないが、上司からの指示が毎回違う
  • 上司が無理なノルマを課せてくるので、いじめではないかと思ってしまう

中間管理職の方は、取締役などの経営層に対してこのようなことを思ってしまうかもしれませんね。

合わせて読みたい

上司が嫌なら転職してもいい。マイナビエージェントで自分に合った仕事を見つけよう

あなたの悩みの根本が上司との関係にあって、自分の努力で解決しそうにないなら、転職を考えてみてもいいかもしれません。

ただし、次の会社では人間関係に悩むことのないよう、転職のプロフェッショナルの手を借りたほうがよいでしょう。

マイナビエージェントは、転職大手マイナビが提供するエージェントサービス。大手ならではの実績はもちろんのこと、エージェントの人柄が良いので悩みも希望もなんでも話せると評判です。

きっとあなたの話を親身に聞いた上で、合う職場を紹介してもらえるでしょう。

スキルや知識が不足していて成果が出せない

就職して、順調に仕事を楽しんでいけている人というのは、適度に努力して達成感を得られている人です。

しかし、どんなにがんばってもなかなか成果が出ず、達成感が得られない場合もあるでしょう。それは目標が高すぎることが原因の場合もありますが、成果を出すほどの実力がまだついていない可能性もあります。

経験も実力のうちなので、3年くらいは大きな達成感を得られなくともあまり気に病まないほうがよいでしょう。

しかし、もし、あなたの仕事に特別なスキルや知識が必要で、それを身につけるのにどうしても苦痛を感じるのなら、転職のタイミングかもしれません。

もっと「好きこそものの上手なれ」で、スキルや知識がぐんぐん身につけられる分野が他にあるかもしれません。

仕事が多く一人では抱えきれない

ハードワークが求められる職場では、仕事が辛くなるのは当然です。連日残業で家でも仕事をするとなると、心身ともに疲労します。もし上司があなたの状況をわかっていないようであれば、適正な仕事量にしてほしいと相談してみるべきです。

しかし、全員がハードワークを当たり前だと思っていて、定時で帰る人のほうが白い目で見られる職場だとしたらどうでしょう。

その場合は、会社に見切りをつけるのも一つの方法です。明らかに違法な部分があるのなら、労働基準監督署に相談するのもよいでしょう。

いずれにしろ、「そんな会社は辛くなって当然」と誰もが思うような職場で、心身を削って働き続ける必要はありません。

精神的に辛い仕事は辞めてもいい。EXITで退職手続きを代行してもらおう


仕事を辞めたいけど辞められない、辞めたいけど上司を話したくないなど、なかなか踏み出せないものですよね。そんなときに退職の手続きをすべて代行してくれるのがEXITです。

EXITがあなたを助けてくれるポイント
  • 相談したら即日対応。会社に行きたくないほど辛い人も次の日から会社に行かなくてもいい
  • 会社への連絡も即日からすべてEXITが対応。上司などと連絡を直接取るのは不要
  • 面談などは一切なし。退職完了までスマホで完結

嫌なこと・わずらわしいことはすべてEXITが代行してくれます。もう出社する必要はなく、嫌なことはすべて人任にしていい。これだけでも気持ちが軽くなりますよね。

今すぐ会社を辞めたいけれど踏み出せない人は、ぜひEXITを使ってみてください。
EXITの詳しい内容を見る

新人で仕事についていけない

会社に入ったばかりで仕事についていけないうちは、誰でも辛いと感じるものです。

しかし、仕事なんてどうでもいい人は辛さも感じないはずなので、あなたの辛さは向上心の証拠です。新人が仕事ができないのは当然だと開き直って、もう少し頑張ってみてはどうでしょうか。

あなたがほんの1、2年くらい目立った働きをしなくとも、会社は気にしていません。新人とは会社にとってそういうものです。

不甲斐ない自分が辛いなら、その辛さを先輩や上司に訴えてみると、熱意が伝わってアドバイスがもらえるかもしれません。

合わせて読みたい

どうしても転職したいなら20代向けの転職エージェントを使おう

新人が辛いのは当然といっても、どうしてもこの仕事は合わないと思ってしまうことはあるでしょう。

人に相談しても打開できない、この先も時間が解決してくれる見込みが感じられない、というのなら、思い切って転職してもかまいません。ただし、まだ何のスキルも経験もない新人であることは自覚しておきましょう。

そんな若者が転職をするには、一般の転職サイトやエージェントよりも、第二新卒や既卒・フリーターの気持ちがわかる20代専門転職エージェントを使うのがおすすめです。

ネガティブな転職動機をポジティブに言い換えるなど、20代の転職に特有の悩みに役立つアドバイスがもらえます。

心を落ち着けるための7つの考え方

仕事が精神的にあまりに辛くて、その辛さを自分で客観視できない状態のときには、安易に転職や退職の判断をしないほうがいいかもしれません。まずは自分を客観的に見られるくらいになるまで、心を落ち着けましょう。

いったん落ち着いてしまえば、あなたの悩んでいることも、思考の転換で別の結論に至れるかもしれません。気の持ちよう次第で、嘘のように悩みが晴れることもあるのです。

仕事は人生のすべてではない

高度経済成長のような時代と違って、現代では家族や趣味を犠牲にしても仕事に打ち込む人は少なくなりました。仕事一徹の人はむしろ「昭和の考え方」と言われてしまうくらいです。

そんな時代において、「人生」=「仕事」という固定観念を持っている必要はありません

現代はどちらかというと、「仕事でお金を沢山稼いで出世すること」より「ワークライフバランスがとれていること」が世間の幸福の指標になっているのではないでしょうか。

職場は確かに人生の大部分を過ごす場かもしれませんが、だからといって人生の大部分を、仕事に悩んで過ごさなくともいいのです。

仕事が辛くて疲れているときこそ自分の長所を見つめ直そう

グッドポイント診断は、転職大手リクナビNEXTが提供する、自己分析・適性診断コンテンツです。

その名の通りGood point=あなたの長所を中心に、細かな性格や傾向を分析することができます。

30分ほどの時間がかかりますが、診断結果はその時間に見合った充実のボリューム。今の仕事で自分の長所は活かせるのか?あるいはもっと適した仕事があるのか?この機会に診断してみましょう。

仕事をやめるのは甘えではない

仕事が辛くて、本気で「死にたい」と思うほど、悩んでしまう事はありませんか。中には「逃げるなどと甘えた気持ちで仕事をするな」という人もいるかもしれません。そして、特にまじめな人はそんな考えにとらわれて、必死で仕事を続けてしまうのかもしれません。

でも本当はそんな時は、いっそのこと思い切って辞めてしまう方が良いのです。

死にたいほど悩んでいるのに、無理をして仕事を続けていると、うつ病になってしまうこともあります。

辞めたくて、逃げ出したくて、苦しんでいるということは、きっと「このままでは危ない、そこから抜け出しなさい」という危険信号なのです。自分の心身が発する危険信号には、素直に従いましょう
転職を考えてみる

自分は充分頑張ってきた

仕事をしていると、いろんな感情が生まれてきます。面白い、嬉しい、楽しい、悔しい。時には、一生懸命取り組んだ仕事が、うまくいかないことだってあります。理不尽に叱られることもあります。どれだけ時間を費やしても、報われないときだってあります。

そんなときに、「辛い」と考える人もいます。そう考える人は、弱い人でしょうか。

そんなことはありません。人生のたった一部である仕事のことで、「辛い」と考えてしまうほど、仕事に真剣に取り組んでいるのです。

当たり前と思うかもしれませんが、まったく努力をしていない人は、辛さすらも感じないのです。自分を悩み責めるより、まずは頑張っている自分を認め、褒めてあげましょう
転職を考えてみる

自分は細やかで心優しい

あなたは、仕事を積極的にがつがつ働く人が、仕事ができて幸せな人だと感じてしまうかもしれません。また、あなたはそういう積極的に仕事をするタイプではなく、積極的に行動する人と比べると劣っている、と感じてしまうかもしれません。

しかし逆に考えると、積極的で図太い人は、誰かを蹴落としたり犠牲にしていても気づかないのかもしれません。細やかで優しい性格だからこそ、仕事に悩み、職場の人間関係を気にして、辛い気持ちになっているのかもしれません。

自分を卑下しなくても、あなたは社会にとって貴重な「優しい心」を持っているという、立派なひとつの個性のある人間なのです。
転職を考えてみる

自分は責任感が強い人間だ

仕事を「辛い」と思ってしまう人は、周りの期待と自分の不甲斐なさのギャップに悩む「責任感の強い人」なのかもしれません。

周囲の人達の気持ちに応えたいと強く思えば思うほど、自分にプレッシャーをかけていきます。そして、自分にプレッシャーをかけてはいるものの、仕事がはかどらない場合に、失敗をした感じになります。いわゆる喪失感にも近いかもしれません。

特に、多くの人が関わる仕事をしている人は、自分の仕事ぶりが常に誰かに見られているので、精神的なストレスを感じる事も多いでしょう。

しかし、多くの人達の期待に応えたい姿勢は、素晴らしいものであり、尊敬を受けるべきです。

また、言葉にはしなくとも、その姿勢を陰ながら応援してくれる人も、少なからずいます。
転職を考えてみる

今の仕事はそんなに頑張らなくていい

仕事ができる人とはどんな人でしょうか?残業を沢山してひたすら会社の為に尽くす人。定時で帰って仕事の疲れをきちんと取り仕事の効率を上げる人。今の時代の価値観で言えば、後者のほうが正解です。

では、定時で帰ってしっかり休んで疲れをとっている人とは、仕事を手抜きしているのでしょうか?そうではありません。どうすれば早くこなせるか、どうすれば楽に出来るかを考えて行動しています。

あなたの周りにも、「休憩をしっかり取っているのに仕事ができる」「定時で帰っているのに仕事を残さない」そんな人がいるはずです。ぜひその人の仕事の仕方を見て、「頑張りすぎないのにデキる人」を目指してみましょう
転職を考えてみる

60点をとれれば上出来

完璧主義者は仕事に対する責任感が強すぎる傾向があります。完璧な人ほど、100点満点に近い感じで仕事をこなそうとします。しかし、100点満点の仕事をしようとすればするほどミスが出ます。

ミスを出すとショックで精神的に疲れてしまいます。そして、精神的に疲れている時ほどさらにミスを連発して、精神が削られていきます

世の中には100点満点の仕事は、なかなかありません。100点満点を期待しているように見える上司だって、100点がそうそう出ないことはよくわかっています。

ですから、まずは自分の中でできる範囲の仕事をしていくべきです。60点をとれれば上出来という心持ちで仕事をすることが大切です。

前に進むための4つの行動

簡単な仕事から手をつけてみる

精神的に疲れている場合は、頭の回転が鈍っており、仕事ができないと感じるものです。疲れている時ほど、ハードルが高い仕事を見るとやる気が起きなくなるものです。そして、自分にはどんな仕事もできないと感じてしまうものです。

しかし、精神的に疲れている状況でも、全く何もできないわけではないでしょう。高いハードルの仕事ができないぐらいなら、ハードルが低い仕事をこなしていった方が自信になります

日頃後回しにしていた雑務や、作業環境の片付けなど、ハードルが低いことをこなして、仕事に弾みをつけましょう。

働かなくても生きていく手段を知る

死にたいくらい働くことが辛くなってしまった時は、しばらく仕事から離れることも必要です。心身に不調が出ているなら、しっかり休んで治療することが大切です。会社に休職を申し出てみましょう。

休職制度がない場合には、退職もやむをえませんが、その場合に気になるのは今後の生活費ですよね。貯金だけで生活するのが苦しければ、公的サービスを遠慮なく利用しましょう。

家賃補助制度(住居確保給付金)や、失業給付金はもちろん、他にもいま住んでいる自治体で失業中の各種支払免除などの行政サービスがあれば受けられるだけ受けましょう。

合わせて読みたい

別の仕事を探す

今の仕事を辞めたら、次の仕事は見つからないというのは、あくまでも一つの偏った見方です。広い世界を眺めてみれば、もっと自分に適した職場はあるかもしれません。

また、自分の興味のある仕事、給料面、始業時間、休日数、福利厚生等の条件を絞りすぎると求人は見つかりません。そういう時は、条件の項目を少なくして、求人を探してみると仕事は見つかる可能性はあります。

正社員限定ではなくて、契約社員やアルバイトなど幅を広げてみましょう。世の中にはいろいろな仕事があるので、仕事をやめても次の仕事は必ず見つかります。

会社に所属せずに稼ぐ方法を知る

会社に就職することだけが仕事ではありません。よくあるインターネットを利用して稼ぐ方法としては、まず一つに、データ入力や文章の執筆などの「クラウドソーシング」があります。

また、ブログ・ウェブサイトの作成のスキルがあれば、「アフィリエイト」などで広告収入を得ることや、動画をYouTubeに投稿して収入を得るということもできます。

このような仕事は、副業として始めた場合でも、軌道に乗り出すと会社員以上の収入が得られるケースもあります。

クラウドワークスで仕事を探して在宅ワークで稼ぐ

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」では、PCひとつで好きな時に簡単に始められる仕事がたくさん見つかります。特別なスキルなしに未経験からできる仕事も非常に多いので安心です。

ライティングやデータ入力、口コミの投稿、画像データのアノテーション(注釈付け)など、仕事の種類は多岐にわたります。専門技能を持っていれば、さらに仕事の幅は広くなり、報酬が高額のものが視野に入ってくるでしょう。

まずはぜひチェックしてみましょう。
クラウドワークスをチェックしてみる

仕事が辛くても無理をしてしまう人の思考パターン

仕事が辛いのに我慢し続けている人の考え方を掘り下げていくと、「自分のする仕事に価値がない」または「自分自身に価値がない」という結論に行き着きます。

仕事を頑張りすぎて空回りすることも、仕事ができるアピールをするために自分の許容範囲外の仕事までも抱えてしまうのも、「自分に価値がない」と思っているからなのです。

ここで「自分には価値がある」と認識し、価値があるという前提で行動をしていけば、仕事が辛かった状態が一変します。

もちろん、急に「頑張らない自分にも価値がある」と思うのは難しいことです。そのために一つずつ、考え方をほどいていきましょう。

精一杯頑張らないと成長できないと思っている

今、自分ができる事はすでに決まっています。それ以上の事をしようとし過ぎて無理をしても、それ以下の事で納得して手を抜いても成長はできません。

「こんなにもやってるのになぜ成長できないんだ」とか「どうせ成長できないから何をしても無駄だ」とかは、どちらも自らの成長を止める事となっています。

そこですべきことは「今までもやってきたんだからこれからも自分ならできる」と、自分に自信を持つことです。まずは「自分はできる」と思って、次に今何をするべきかを考えましょう。ひとつずつやっていけばいいのです。

いきなり沢山の事をしようとせず、ひとつだけでいいのです。そのひとつがそのうち「たくさん」になります。

我慢する事が将来のためだと思っている

我慢はストレスの原因となり、ストレスは体調を壊す原因になります。仕事において「我慢」をしている自覚のある方は、その我慢がいったい何のための、誰のためのものなのかを考えてみてください。その「我慢」にはそこまでの価値があるのでしょうか

もし、自分の「我慢」が将来の自分に生かされないと思ったのなら、我慢せずに生きていくことも必要です。我慢するのではなく、違うやり方でやりたい事をやるとか、少しクオリティーを落として実行してみるのがよいのではないでしょうか。

頑張ればいつか認められると思っている

あなたは頑張ることは正義で、頑張れば必ず認められると思っていませんか

しかし実際の社会では、頑張っても報われなかったり、自分は頑張ったと思っても他の人から見ればそうでもなかったり、頑張らずにこなすほうが高評価につながる場合もあります。すると、「頑張ったのに……」というフラストレーションが溜まっていきます。

そこで、「頑張りの度合い」と「認められること」を切り離して考えることにしましょう。

たとえば「頑張るのは人に認められるためではなく自分のため」「自分はこの会社に採用されて部署に配属されている時点で、頑張らなくとももう認められている」というように開き直るのです。そうすると楽になります。

もっとスキルアップすれば自信がつくと思っている

スキルや知識をつければ自分に自信が持てるかというと、実際はそううまくいきません。たとえば何かの資格をとった瞬間から新しい理想的な自分になれるわけではありません。

目標を達成しても、さらにその上があることに気が付き、まだまだ足りないと思うかもしれません。

努力した末に、自分にはまだ足りないものがあることに気づいてしまう。それを繰り返していたら辛くなるのは当然です。

そこで、「できない自分でもいいんだ」「ここまで自分はやったんだ。頑張ったんだ。」と、まだできていないことよりもできたことに対して自分を認めてあげてください。自分自身を自分で認めてあげる事で、自分に自信がもてるようになります。

今を犠牲にしても将来のためには仕方ない

今を大切にせず将来のために頑張り続けるという考え方は、きっと自分を苦しめているでしょう。

どのくらいがんばって準備を整えれば、将来は安心でしょうか。もし今を犠牲にして未来を大事に考えていたとしたら、安心できる未来は永遠に来ないでしょう。なぜなら、未来はすぐに今になるからです。

人生とは今の連続です。その今にある楽しみを捨て、犠牲にして生きることは、自分の人生を粗末にすることなのです。

もし、今あなたの仕事が辛いのならば、今はその気持ちに向き合ってあげても良いのかもしれません。未来だけを考えて、自分を苦しめる落とし穴に落ちないように気をつけてください。

今の仕事を辞めずに解決する方法

「そんな簡単に今の仕事をやめることはできない」と仕事をしているほとんどの人は感じていることでしょう。それなら、今の会社を辞めずに問題を解決するにはどうすればいいかを考えていきましょう。

考え方が少し変われば、今の会社もそう辛い場所ではないと思えるかもしれません。

怒られているならまだ大丈夫だと思う

怒られながら仕事を覚えるのが一番早い事を知っていますか。なぜなら、怒る方はあなたに仕事を覚えてほしくて怒っているので、「怒られた」=「今のは失敗だった」とすぐわかり、だから成長するのです。

もし怒られずにいたら、間違っていることを「うまくいったんだ」と誤解してしまいます。部下が間違っているのに怒らない上司がいるとしたら、それは怒るのにも労力が必要で、上司は無駄な事をしたくないからです。

「怒られるうちが華」だとよく言いますよね。怒られているあなたは期待をされているのです。怒られた回数が「期待されている回数」と脳内で変換してがんばってみて下さい。そのがんばった結果をこれから先、今の会社で実感できる日がきっときます。

相談の余地がないか探ってみる

せっかく入った会社だからと、誰にも相談せず我慢していませんか。そんな我慢をする必要はないので、まずはその辛さを直属の上司に相談してみましょう

上司との間に問題があって相談しにくい場合は、同僚や先輩、他部署の上司に話してみるのもよいでしょう。

すでに心身に影響が出ていて休職を考えているような場合は、人事担当者のところに行ってみてもかまいません。それなりの企業規模で、産業医が常駐していたり、メンタルヘルス系の相談窓口があるのなら、そちらも適任です。

自分の思い込みのせいで人間関係が辛いのではと疑ってみる

人間関係の悩みは、時として「自分が正しくて相手が間違っている」という思い込みによってしまうことがあります。

ある人Nさんの場合は、営業会社出身の上司と合いませんでした。その上司は「成長するのは当たり前。努力し続ける事が大切」という考え方で、余裕を持って働きたいというNさんとは根本的に考え方が違ったのです。

この場合、上司とNさんは考え方が違うだけです。上司は違法残業を強いているわけでもありませんし、どちらが悪いということではありませんから、上司を憎むのはお門違いです。自分のほうにも歩み寄れる余地はないか、考えてみるべき例です。

新人らしい謙虚な姿勢を持てているか疑ってみる

新人に悩みはつきものです。その中でも厄介なのは、自分を新人だと思っていないプライドの高い人の悩み方です。

「学生時代はこれだけの活動をしてきたから自分は有能なはずなのに、仕事を任されない」「今までの人生では人から尊重され褒められてきたのに、会社に入ったら上司に怒られた」など……

自分が社会人として未熟であることを棚に上げていると、「自分は不幸」「この会社はブラック」と思い込んで辛くなっていくだけです。

新人のうちは、なぜ怒られるのか納得行かないこともあるでしょう。しかし、それで不貞腐れるのは、社会人としてあるまじき姿です。そのままではいずれ自分を恥ずかしく思うことになるので、謙虚な姿勢に軌道修正していきましょう。

成果を出しているなら待遇改善の打診をしてみる

成果を出しているつもりがあるのに待遇が変わらないのであれば、思い切って声を上げてみるのもよいでしょう。

成果が数字で見えているなら、堂々とそれを根拠にすればよいのです。ボーナスなどの査定面談の時でも、それ以外の機会でも、上司や人事部に相談してみましょう。

本当に成果を出している場合、待遇を変えてくれない会社には、以下のような可能性があります。

チェックポイント

  • そもそも昇給・評価の制度があいまい
  • 一般社員より先に役員や上司の給与を上げなければいけないなど、なにかの忖度がある
  • 成果に気づいてもらえていなかった
  • 昇給の必要性に気づいて入るが、今は業績が苦しくて昇給させられない

会社側にどんな理由があるかによって、今は昇給しなくとも納得してもう少し働き続けられそうか、見切りをつけて転職したほうがいいか、判断ができるようになるでしょう。

マイナビエージェントで自分を評価してくれる会社を探そう

マイナビエージェントは、求職者の話を真摯に聞いてくれて、最適な進路を一緒に探ってくれると評判の、親身な転職エージェントです。

希望する企業が見つかったら、内定を勝ち取るために書類添削や面接対策をしっかり行ってもらえます

全国対応で地方にも拠点があるのもメリットです。ぜひ近くの拠点でコンサルタントに実際会って話をしてみてください。
マイナビエージェントをチェックしてみる

仕事内容が嫌なら部署異動の希望をしてみる

我慢して仕事をすることが、会社にとっても自分にとっても良いこととは限りません。会社としても、ブラック企業でない限り、社員の適性に応じた部署でモチベーション高く働いてもらった方が、生産性があがる事は理解しています。

今の部署や仕事内容に不満がある場合は、思い切って上司や先輩に相談してみましょう。相談したことで、新しい道が開けるかもしれません。

我慢することは時には必要かもしれません。しかし、不必要な我慢は無駄にしかなりません。分からないことや理不尽な事があれば、一人で悩まずにいろんな人に話を聞いて、よりよい道を選択してください。

今の部署で成果を出すことでこの先の自分の要望を通す

実績のない社会人は、誰からも信用を得ることができません。自分の望むように働いていきたいと思ったならば、できるだけ目立った成果を上げなくてはいけません

そのために、今の部署で自分のキャリアに役立ちそうな仕事があるのなら、その仕事には本気で取り組んで、職務経歴書に堂々と書けるような実績を残しましょう。

たとえ転職ではなく部署異動を希望しているのだとしても、「今の仕事を職務経歴書でアピールするならどんな書き方ができるか」を考えながら仕事をしていくと、目標と成果への意識が明確になります。

人間関係が辛ければ環境を変えることを最優先にする

業務の過酷さより、人間関係のこじれは何よりの疲労とストレスです。これが原因で仕事を辞めてしまう人も多いのが現実です。

それでも仕事を辞めずになんとかしていきたいと思うなら、部署、チーム、店舗など、今の環境から異動して環境を変えるしかありません。

明日からすぐに異動、ということは難しくても、春や秋の人事異動時、ひとつの仕事の区切りなど、異動のチャンスは意外と多く転がっています。

いまの仕事環境で人間関係に悩んでいるのならば、信頼できる上司、もしくは人事部に異動を申し出てみましょう。

ハラスメントは我慢せずに相談する

セクハラ・パワハラなどのハラスメントがある場合、それが原因で辞めると負けたような気になってしまいますよね。

戦うことが自分にとってあまりに負担になるなら、黙って退職したほうが得ですが、まだエネルギーがあるならきちんと相談のプロセスを踏んで解決を図りましょう。そうすると後輩など、同じことで悩む可能性のある後進にとってもメリットになります。

社内に相談窓口があるのなら、まずはそこに相談しましょう。社内で解決できずもみ消されてしまいそうであれば、労基署に相談するという手もあります。

注意されたらスキルでなくマインドの問題と受け止める

仕事の不備や間違いを指摘されることはときどきあるでしょう。しかし、毎回まったく違うパターンの間違いをしているということはあまりないはずです。

人はだいたいどんなタイプの間違いをしがちかという傾向があります。同じタイプの間違いが繰り返されれば、「指摘」でなく「叱責」を受けるかもしれません。そういう場合、仕事そのものにではなく、その人の仕事への意識に対して指摘をされているのです。

同じようなことでいつも指摘を受けているのであれば、「指摘された内容」ではなく、「その指摘が発生してしまう自分の姿勢・考え方」について改善を図りましょう。

名言で元気を出してみる

あなたは辛くなった時、どのようにして立ち直りますか?仕事をしていれば、何かしら失敗する事は、誰にでも起こりえる事です。それに対し、落ち込むのも当然かもしれませんが、落ちたら上がらなければなりませんね。

長い人生、過去の偉人でさえそのような境地に立たされた事でしょう。辛いときには偉人の遺した名言をみて、少しでも元気を出してください。

チェックポイント

  • 一日中、礼儀正しく朗らかに仕事をしていると、イライラしたり腹をたてたりしている時よりもずっと心地良い。夜に寝るとき良くわかる。疲れもなくすっと寝れるのである。

これは、どんな時も笑顔でいれば緊張もほぐれ、心地が良くなるということです。疲れてしまうのは、肉体的な疲れや仕事よりも、心の持ちようが悪かったということです。

チェックポイント
  • 仕事を一生懸命こなせば、その分失敗もつきものだ。当たり前の事だ。

この名言を見ると、いくら失敗しても、また頑張ろうと思えますね。頑張っていれば失敗しない日もきます。もし、辛くなった時には思い出してください。

退職を切り出すついでに待遇改善の交渉をする

もう退職しかないと思ったなら、最低でも1ヶ月以上前に直属の上司に相談しましょう。その際、もしかしたら「そちらの要望は聞くから考え直してほしい」などと言われるかもしれません

あなたの退職理由が会社の待遇であり、退職を機に提示された待遇改善案がもし納得できるようなものであれば、引き止めに応じてみるのもよいでしょう。

転職にはエネルギーが必要です。時間も気力も体力も削れていくものです。そのような苦労と天秤にかけてみて、自分にとって良いほうの道を選びましょう。

仕事が辛い時に聞く歌9選

仕事で辛い時、美味しいものを食べたり、お酒を飲んだり、買い物をするというストレス解消法はよくあります。しかしそんな時間も取れなかったり、思い切り食べたり買ったりした挙げ句、太ったり散財して後悔するなんてことにもなりかねません。

そんなとき、音楽なら心配はありません。何かしながらでも、あなたの疲れた心に届くでしょう。

ここでは、辛い時に聴いてみてほしい曲をご紹介しますので、試しに一度聴いてみてください。あなたの「辛い時にはこの曲!」となる曲が見つかるかもしれません。

負けないで(ZARD)

人生において人は必ず、迫ってくる壁から思わず逃げ出しそうになったり、とてつもなく大きい圧力に屈しそうになったりと辛い場面があります。そんな時にはこの曲を聴いてみましょう。とてもポップなサウンドが心を軽くします。

そのあとに始まる歌声が明るく、サビに入った時の「負けないで」というフレーズが強く耳に残り、あなたを逃げないで頑張ってみようという気持ちにさせてくれるでしょう。

彼女の歌声はとても透き通っていて、それだけで心に一筋の爽やかな風が吹いてきます。そして前向きな歌詞が、あなたは独りじゃないんだ、あなたにはたくさんの味方がいると、勇気を与えてくれるのです。

ガッツだぜ(ウルフルズ)

トータス松本さんの力強い歌声と、ネガティブな気持ちを吹き飛ばしてくれるような詩が、悩みを忘れさせて前向きな気持ちにさせてくれます。そしてパワフルで心地の良いソウルフルなリズムは、悩み疲れた頭をすっきりとさせ体はビートにのせて自然に動いてくるでしょう。

一緒に口ずさみたくなってガッツだぜと歌えば、自然と前向きな気持ちになっていくこと間違いなし。努力や根性という言葉を歌えば、がんばって限界に感じている時でもそれ以上のパワーがでてきて元気の源になりますよ。

とにかく明るいこの曲は聴いているだけで元気になれそうな曲で、いろいろなことができるような気がしてきます。どんどんやる気に満ち溢れ、じっとしていられなくなるでしょう。何かに挑戦してみたくなりますよ。

グロリアスレボリューション(バンプオブチキン)

「グロリアスレボリューション」は直訳すると「成長するための革命」となるでしょうか。なんだかとても元気が出そうな曲名です。ボーカルのハスキーな歌声と歌詞が非常にうまくマッチしている曲で、聴いていてとても心地よく、耳にスッと歌詞が入ってきます。

アップテンポな曲調なので、思わず口ずさんでしまい、暗く落ち込んだ気持ちでいても、それを忘れて、気がついたら飛び跳ねて踊ってしまいたくなるぐらい、気持ちを明るく前向きにしてくれる曲です。

人生で上手くいかなくて落ち込んでいる人への「辛くても頑張ろう」という、バンプオブチキンらしい応援メッセージのこもった一曲です。

痛いよ(清竜人)

この曲は、歌詞がお話のように流れて歌われています。そのため感情が入りやすく、特に失恋や恋で悩んで辛かった時のことを思い出し、自分の境遇と重ね合わせて涙がでたり、恋愛の時に誰もが感じたことのある胸の痛みを思い出させる歌です。

また、恋愛だけでなく、辛い時、心に痛みを抱えて傷ついてしまったような心にしまっておいた痛みも一緒に思い出します。そして傷ついてるのは自分だけじゃないんだと感じさせてくれます。

無理矢理に元気づけるというより、辛かった気持ちに寄り添ってくれる曲です。この曲は、辛い時は一緒に落ち込んでくれて、聴いた後はスッキリとした感情にさせてくれます。

I’ll be(ミスターチルドレン)

サッカー日本代表チームの中心的存在だった名波選手は、日本を離れ海外に移籍して活躍していた時期があります。

海外で活躍するのは簡単な事ではなく何度も辛い思いをしたといいます。そんな時この曲の歌詞の「何度へましたっていいさ、起死回生で毎日がレボリューション」という一節が名波選手を励まし勇気付け、前向きになれたのだというのです。

名波選手の海外初試合、突然この曲がスタンドから聞こえて来たのにはさすがに感動したようで、頑張る力が湧いて来たのだそうです。

東京の空(小田和正)

歌い手である小田和正の美しい歌声が一番の魅力であることは言うまでもありません。しかし、彼の綴る歌詞が私たちの心を癒し、励ましてくれる力を持っていることを見落としてはいけません。

「東京の空」とタイトルにあるように、都会に来てあくせく働き続け、東京の空を見上げてふと我に返る、という情景が浮かんでくる一曲。この曲のテーマは、都会で働く自分を見つめ直す、というものです。

歌詞の意味合いを知ることで、改めて自分の心と向き合うきっかけとなり、忙殺される中、仕事で辛いことがあったときであっても昔よりも成長している自分の姿を確認したり、自分自身をいたわることの大切さを見出したりすることができるでしょう。

それが大事(大事MANブラザーズバンド)

サビで何度も繰り返される「負けないこと・投げ出さないこと・逃げ出さないこと・信じ抜くこと」このフレーズで負けそうな時、逃げたくなった時に大事なことは何かということを気づかせてくれます。

頑張っているとき、時には涙をみせてもいいから、それでも自分が信じたことを信じ抜くことが大事だということを気づかせてくれ、あきらめない勇気をもらえる曲です。

明るくて前向きなメッセージは、聞いている側に勇気をあたえてくれ、暗い気持ちだったとしても、明るくポジティブな気持にさせてくれます。テンポもちょうど良く、とにかくノリのいい曲なので、頭のなかで何度も歌詞が繰り返され、辛い気持ちを一瞬で吹き飛ばしてくれます。

世界でいちばん頑張ってる君に(HARCO)

この曲は、「世界でいちばん頑張ってる君逹に対して」の文字通りの応援ソングです。

褒められたい、認められたいと思う事は誰にでもある事ですし、そんな時にこの曲を聞くと本当に褒めてもらっている、認めてもらっているのだという想いが湧いてきて頑張る事ができるでしょう。辛い時に聞くと自然と元気になれる曲です。

柔らかな歌声と共に曲のテンポはなだらかな流れで「僕はみてるよ」というフレーズがネガティブに落ち込んでいる時は心に響きます。

「世界でいちばん頑張ってる君に」は固まった心を優しくゆっくりと解きほぐしてくれる魅力を持った正真正銘の応援ソングでしょう。

頑張りすぎる必要はない

仕事の辛さは、もちろん仕事そのものの量や時間、性質、企業体質などからくる部分もあります。一方、自分の姿勢によって受け止め方が変わる部分もかなりあります。

「こんなはずじゃない」「でもどうにもできない」と思い込んでしまって、自分で辛さを増幅していては損です。

心身を壊すまで頑張りすぎると、後々の人生に響きます。手を抜くところは抜き、相談すべきときは遠慮なく相談し、それでも解決しない問題があれば転職などで環境を変えましょう。職場は他にもあるのです。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧