仕事が辛いと感じている人の心を軽くする11の方法と解決策

仕事が辛い原因について考える

「仕事が辛い」と感じる人は少なくないようですが、人によって原因は様々です。ですのでまずは、なぜ辛く感じるのかを自分なりに考えてみましょう。

「休日はどこに行くにも混んでいて嫌だから、平日に休みが欲しい」
「毎日朝を起きるのが辛い」
「年に2回ぐらい海外旅行に行きたいけど、そんなに休みがとれない」
といった理由なら、どうすればよいでしょう?

「週に3日休みたいから、正社員をやめてバイトに戻ります!」なんて簡単に考えてしまったら、後で一生後悔するかもしれませんよね。そうならないよう、うまく理由をつけて有給休暇を取るとか、問題にならない程度に仕事をさぼって肩の力を抜くとか、仕事との折り合いをつけることが大切です。

もちろん、辛さの原因によっては、正社員をやめないと解決しないものもあるでしょう。でもその場合も、やめるのとやめないのとでどちらが自分にとって有利なのか、それをよくよく考えて決めないといけません。将来転職したくなった時、「1つの職場で長く正社員を続けていたという事実」がある方が、転職活動では有利になるからです。
裏を返せば、正社員をやめるからには「今の環境を続けることがかえって自分にマイナスになる」と言えるだけの、やむを得ない理由が必要だということです。ここでは仕事が辛いと考えている人の原因についてご紹介します。今仕事が辛いと感じている人は是非参考にしてください。

先輩や上司、同期など同僚と上手くいかない

会社での人間関係で中には相性の良くない人に会うかもしれない。特に同僚はライバル同士となり、時には意見がぶつかったり成績を競い合ったり良い関係が築けないこともあります。良い関係とは「仕事で困った時何も言わずに手を差し伸べてくれる関係」の事でしょう。ライバルを同僚だとすると、良い関係を築いていくことは決して簡単なことではないはずです。

では、自分が合わない同僚と接していくにはどうすればいいのでしょうか。まず、相手の気持ちになって相手のいいところを見つけそれについて褒め相手の気持ちをつかむことです。自分に興味を持ってくれる人は、話していく機会も増える中で自分もその人に興味がでてきてどんどん話たくなるものです。つまり、合わない同僚が自分に興味を持ってくれるように自分から話かけたり手を差し伸べていくことで距離が縮まり今後良い関係も築いていけるでしょう。合わない同僚がいて、合わないから嫌だと言う前に少し関係を良くしようとするのもひとつです。

おもいきって転職を考えてみる

人間関係はどの仕事でも避けられないものですよね。上司や同僚と合わないと思ってから中々分かり合えない時間が続けば一度転職を考えてみるのもいいかもしれません。今転職することは当たり前になってきた中で、エージェントを通して今の仕事の状況や、今後どうしていきたいか?など相談をするだけでも自分の中でどうしたいかが少しずつ見えてきます。人に話を聞いてもらうだけでも気が楽になることもありますよね。

もし自分に合う仕事がありそうであれば、転職活動をしてみるのも一つの手です。人間関係だけで自分の仕事に集中できない環境では、スキルアップや将来やりたいことに全力で向かうことができません。
一度足を止めてみて、相談をしてみるのもいいのではないでしょうか?
type転職エージェントをチェックしてみる

自由なプライベートな時間が極端に少ない

普通の会社勤務の人達は、趣味の時間をとるのにすごく苦労しているし、その為の精神的な苦痛を耐えなければならないことにストレスを感じているでしょう。例えば趣味のコミュニティのオフ会や、如何しても見たいTVドラマが仕事と重なると、趣味の時間に自分の会社の仕事が同時進行している時などは、その進行状況等を考えると苦痛を感じるはずです。

この苦痛の対処方として考えられることとしては、仕事と趣味に対し、ある程度折り合いをつけることが必要となります。一つの例としては会社を休んで趣味に充てるとか(普通の会社員はこの手法は何回も使えないが)、少し無理をしても仕事の後に趣味のための時間を作ることです。しかしながら、どうしても辛いのであれば、会社員勤めを辞めて独立することです。フリーランスになることにより、働く時間を自由にチョイスできるので、人に迷惑の掛からない程度に、趣味と仕事の折り合いがつくので苦痛がなくなるはずです。

上司に理不尽に怒られた

機嫌の悪い上司にイライラさせられている社会人の方は沢山いらっしゃることでしょう。それが原因で仕事が辛いと感じている人も多いはずです。そんな方にオススメする、「上司へのイライラ対処法」について3つ紹介します。

1つ目は、すぐに謝罪し、上司の言うことを聞き、さらにアドバイスを求めること。そうすれば上司は気持ちよく叱った成果を得ることができます。2つ目は演じること。説教することが趣味のような上司の話はひたすら聞き流し、反省したふりをするのです。ただし、なにごとも「どうせ理不尽な説教だろうな」と思い込むのは危険です。演じている中でも耳を傾けておく必要はゼロではないので気をつけましょう。

3つ目は、上層部へ相談すること。所詮一対一の会話の中では上司を変えることはできないので、自分1人で上司のイライラを処理しようとするとリスクは高くなることでしょう。そこで上層部へ掛け合うことで、問題は1人のものではなくなります。また同志の存在を知ることになり、心が軽くなるかもしれません。まともな会社なら、社員を守ることも仕事のうちなので、あくまで業務の一部として上司の問題を相談することもできるのです。

スキルや知識が不足していて付いていけない

仕事のやる上での達成感とはすごく重要なものです。ましてやすごい努力をして、結果を認められたときの達成感はこの上ない感覚で、次もがんばろうと思う事ができます。ただ、どんなにがんばっても中々周囲の人に認められない場合も多いのが世の中です。だからってあきらめずにどう認めさせるかを考えて、前向きに努力をする事が大事です。

もちろん「もういいや」とあきらめて、今の状況のままを選択するのも1つの方法だと思います。もう1つの選択肢として、「あきらめず努力をする」の選択肢もあります。これは自分を認めさせる為ならどんな努力もしてやる!という決意が必要です。とてつもなくしんどい努力となりますが、いつか必ず認めさせることができます。なぜなら努力する方を選択する人間は意外と少ないからです。同じ同期の仲でこの努力をする選択ができるのは、どれだけいるでしょうか。

その選択が1年が5年後の状況を大きく変えるのです。この努力はまず、スキルアップをする事からはじまります。スキルアップすれば、今出来ない事も1ヵ月後には「出来るようになる」からです。例えば英会話にしても、英語で会話をするにはまず、最低限の単語が必要です。1日に20個の単語を覚えるのは難しいですが、1日に1つの単語なら簡単です。たった1日に1つの単語を覚えるという努力が1ヵ月後には30個、3ヵ月後には90個の単語を覚える事になります。どんな仕事だってそうです、営業・デザイン・プログラマ全て。どんな仕事でも技術の前に知識が必要です。

知識があれば技術は経験でいくらでも身に付きます。まずは、あきらめず少しずつ地道に努力をするのが、仕事の達成感を味わう為の第1歩です。どの業界もこの努力をし続けた人が、皆に認められほめられる存在となるのです。

仕事が多く1人では抱えきれない

重労働なハードワークが求められる仕事を任された時に、連続で残業をして、しかも休日も家で仕事をするとなると、心身疲労困憊した状態で仕事が辛いと感じる事があると思います。この場合に重要な事は、仕事のスケジュール管理です。時間がかかりそうな仕事の場合は、上司に報告する必要があります。上司に、仕事の締切日を事前に確認した上で、仕事をこなせる日程を考えます。スケジュール的に仕事が締切に間に合う場合は、そのまま作業を進めていいです。どうしても間に合わない仕事を抱えている場合は、上司と相談して、仕事の優先順位を確認しましょう。

抱えている仕事の量とそれぞれの案件の締切日、仕事の進捗具合等を上司に報告して、仕事の優先順位を決めましょう。締切日に間に合わない仕事がある事を上司に報告するのは、億劫になりますが、締切直前になってから上司に同様の報告をするのはトラブルになる事も理解しておくべきです。締切に間に合わない仕事を押し付ける上司も問題はありますが、仕事のスケジュール管理ができない方も問題があります。

新人で仕事についていけない

会社に入ったばかりで仕事についていけないと辛いと感じてしまいます。入社して間もない時は、何をしていいのか分からず右往左往してしまいますが、まずは自分から動いてみましょう。誰でも新人時代はありました。そこから1歩踏み出す事が出来るか出来ないかの差が今後の人生を大きく変えてくれます。待つしかない状況は、いつまで待っていても改善しません。

新人がいきなり仕事を任せられる事は、まずありえません。誰にでもできる幹事の仕事しか任せられないなどの話しをよく聞きますが、心の中で「早くきちんとした仕事がしたい」と思っているのなら指示待ちは決してよくありません。手取り足取り教えてくれる会社より、せっかく自分から一歩が踏み出せる会社にいるのだから、もっと積極的に自分の未来の為に、一歩を踏み出してみましょう。

それが出来れば次はあなたの実力を見せ付けることができます。今の自分の為でははく、未来の自分の為に、今あなたが出来る事を一生懸命やってみてください。数年後、あの時一歩を踏み出せて良かったなと思うときがきっときます。

心が落ち着く11の考え方

今、かなり辛い。逃げ出したい、考えただけでテンションが下がる、どこかに逃避行したいなんて思うことが人生にはつきものです。特に仕事の辛さを感じて悩んでしまう。ややもすれば、仕事を辞めたい、辞めることさえも言い出せないから死んでしまいたい。かなり深刻に悩まれている方もいらっしゃいます。

自分で思い悩んでしまい、解決の糸口がみつからない。悩み事は仕事に限らず、自分だけで解決するのが難しいのではないでしょうか。ただ、自分自身で考えた悩みと結論がでない場合、独りきりで考え悩んだ結果、きっと仕事で大変なご苦労をされたのでしょう。あなたの悩んでいることも、思考の転換で別の結論に至れる方法もあり得る可能性があるかもしれません。辛くて思い悩んでいることも他の視点から見たり、自身が普段考えない違った視野から見た考え方を何気なく取り込んでみたら、独りきりで落ち込んで先が見えないトンネルを抜け出すように、悩んでいたことも解決できる糸口、突破口を見つけ出すことができるかもしれません。ここでは仕事で辛いと感じている人の心が落ち着く考え方をご紹介します。

仕事は人生のすべてではない

私達は仕事で過労死をしたり自殺をする人も多くない時代に生きています。事実、私達は1日の大半を生活する為に仕事をして過ごしていると言えますね。では「人生」=「仕事」でしょうか?もし、仕事をすることがあなたの人生ならお金を沢山稼いで、出世している人が人生の勝者となり、できない人は人生の負け組となるのでしょう。そういう価値観の方がいるのも事実です。

ただあなたの「人生」は「仕事」だけでしょうか。仕事の合間に遊ぶ事は人生とは関係ないでしょうか?世の中には様々な人がいます。仕事を余暇を過ごす為の手段としている人もいますし、美味しいものを食べる為に仕事をする人もいるでしょう。もしあなたが仕事をする目的を余暇や遊ぶ事としても誰も文句を言いません。人にはそれぞれの価値観があります。仕事であなたの人生が駄目になる訳ではないので、仕事ができないと失敗して落ち込んでいたりする人がいたら、もう一度あなたなりの仕事の目的を明確にしながら逆境にめげずに人生を大切にできたらと思います。

仕事をやめる事は甘えではない

仕事が辛くて、本気で「死にたい」と思うほど、悩んでしまう事はありませんか。中には「逃げるなどと甘えた気持ちで仕事をするな」という人もいるかもしれません。そして、特にまじめな人はそんな考えにとらわれて、必死で仕事を続けてしまうのかもしれません。でも本当はそんな時は、いっそのこと思い切って辞めてしまう方が良いのです。

死にたいほど悩んでいるのに、無理をして仕事を続けていると、うつ病になってしまうこともあります。辞めたくて、逃げ出したくて、苦しんでいるということは、きっと「このままでは危ない、そこから抜け出しなさい」という危険信号なのです。

自分を守るために仕事を辞めるのは、逃げることとは違います。一番大切なものは何かという事を、よく考えてみてください。今の仕事ですか、それとも未来ある自分自身ですか。自分を追いつめて壊してしまうくらいなら、いっそ今の仕事をやめて新たな仕事を探しましょう。
転職を考えてみる

あなたは一生懸命頑張れる人です

仕事をしていると、いろんな感情が生まれてきます。面白い、嬉しい、楽しい、辛い、悔しい。時には、一生懸命取り組んだ仕事が、うまくいかないことだってあります。理不尽に叱られることもあります。どれだけ時間を費やしても、報われないときだってあります。そんなときに、「死にたい」と考える人もいます。そう考える人は、弱い人でしょうか。

そんなことはありません。仕事は人生の一部です。あなたには、自分の時間、家族との時間、友人や恋人、趣味の時間と、いろんな時間がある中で、仕事の時間があります。そのたった一部の仕事の時間のことで、「死にたい」と考えてしまうほど、仕事に真剣に取り組んでいるのです。そして、その真剣な姿勢を同僚や上司たちは知っています。仕事をする上で、結果を出すことも大切ですが、それに対する姿勢や熱意、努力は同等以上に大切です。あなたは、仕事に対して、努力ができる人です。当たり前と思うかもしれませんが、これができない人もいるんです。できなかったところを悩み責めるより、まずは頑張っている自分を認め、褒めてあげましょう。

あなたは優しい人です

あなたは、仕事を積極的にがつがつ働く人が、仕事ができると感じてしまうかもしれません。また、あなたはそういう積極的に仕事をするタイプではなく、積極的に行動する人と比べると劣っている、と感じてしまうかもしれません。

でも、あなたには「優しさ」という立派な個性があるのです。あなたのような、優しい心を持つ人は、まわりの人の気持ちを考え、共感してあげることができるのです。他の人と比べて劣っていると感じなくても、「優しさ」という個性を持つあなたの存在は、色々な個性の人がいて成り立つ社会の中で、とても貴重なものなのです。仕事を辞めたくなったり、「死にたい」と考えてしまうあなたは、優しく、繊細な心の持ち主です。仕事に対して、ガンガン働く積極的なタイプでなくても、またそのことに対して自分を卑下しなくても、あなたは社会にとって貴重な「優しい心」を持っているという、立派な1つの個性のある人間なのです。

あなたは責任感が強い人です

多くの人達から期待される仕事をしていたとしても、「死にたい」と思い詰めてしまう人がいるかもしれませんが、実はそういう人は「仕事に対する責任感が強い」人なのかもしれません。周囲の人達の気持ちに応えたいと強く思えば思うほど、自分にプレッシャーをかけていきます。そして、自分にプレッシャーをかけてはいるものの、仕事がはかどらない場合に、失敗をした感じになります。いわゆる喪失感にも近いかもしれません。

多くの人との連携で成り立っているトップクラスの仕事をしている人は、常に責任を感じているのかもしれません。だからこそ、周囲の上司や部下からの批判や叱責は、精神的にストレスに感じる事も多いでしょう。しかし、それは珍しい事ではなく、誰にだって起こりうる事です。むしろ、多くの人達の期待に応えたい姿勢は、素晴らしいものであり、尊敬を受けるべきです。また、言葉にはしないけれども、その姿勢を陰ながら応援してくれる人も、少なからずいます。

働かなくても生きていく手段はいくらでもある

死にたいくらい働くことが辛くなってしまった時は、しばらく仕事から離れることも必要です。もし心療内科を受診し、うつ病などと診断されたら、しっかり休んで治療することが大切です。会社に休職を申し出てみましょう。

また、会社の制度により休職制度が出来ない場合には、退職することもあるかも知れません。そうなれば、今後の生活費をどうしていくか不安になっていくと思います。生きていくために背に腹は変えられません。実家、配偶者の実家、親、子供、友人や親戚などに、泣きついてでも頼ってみましょう。あなたを助けてくれる誰かがいるでしょう。

休職もできずに退職してしまい、助けを求める人もおらず、生活だけが苦しくなっていくという場合には、どうしたらいいでしょうか。安心して下さい、生きていくことができなくなるということは、今の日本では起こりえません。生活保護という制度が用意されていますので、最後には行政に頼りましょう。

今の仕事を辞めても別の仕事が見つかる

この不景気な時代に会社を辞めると、次の仕事はなかなか見つからないのではないかという不安が頭の中をよぎります。自分の興味のある仕事、給料面、正社員限定、退職金制度、始業時間、残業時間、休日日数、会社の待遇面、福利厚生等の条件を絞りすぎると求人は見つかりません。そういう時は、条件の項目を少なくして、求人を探してみると仕事は見つかる可能性はあります。正社員限定ではなくて、契約社員やアルバイト等幅を広げてみましょう。

今の仕事を辞めたら、次の仕事は見つからないというのは、あくまでも一つの偏った見方です。広い世界を眺めてみれば、もっと自分に適した職場はあるかもしれません。今の時代は不景気だから、どこの会社も人件費の切り詰めを考えているため、採用に対して慎重になっているのかもしれません。だからこそ、就職活動をしてもなかなか内定がもらえないのではないかと考えるかもしれません。しかし、世の中にはいろいろな仕事があるので、仕事をやめても次の仕事は必ず見つかります。

転職を考えてみる

会社で働くても稼ぐ方法はある

「仕事を探すためには、求人を探すこと」と考えがちではありますが、会社に就職することだけが仕事をするということではありません。その方法の一つとして、「フリーランス」として生きていく方法があります。フリーランスというと、収入は安定しないし、何よりも自分で会社を立ち上げるのが大変とおもう人が大半だと思います。しかしながら、今やインターネットが非常に広く普及しているのですから、これ上手く使えれば思いの外簡単にフリーランスとしてやっていくことができます。

インターネットを利用して稼ぐ方法としては、まず一つに、データ入力や文章の執筆などの「クラウドソーシング」があります。また、ブログ・ウェブサイトの作成のスキルがあれば、「アフィリエイト」などで広告収入を得ることや、動画をYouTubeに投稿して収入を得るということもできます。

他にも、オークションサイトを利用して商品の仕入れし、販売を行う「せどり」という手法もあります。「フリーランス」として仕事をする利点としては、あなたの得意なことや好きなことを選択してできるので、仕事に夢中になることができるはずです。まずは副業として始めた場合でも、軌道に乗り出すと、会社員以上の収入が得られるケースもあります。最初は、お金を稼ぐという意識にとらわれすぎず、「好きなことに徹する」ということ、そして利用者の気持ちを考えてサービス向上に徹すれば、収入アップにつながります。

今の仕事はそんな頑張らなくていい

仕事ができる人とはどんな人でしょうか?残業を沢山してひたすら会社の為に尽くす人。定時で帰って仕事の疲れをきちんと取り仕事の効率を上げる人。もちろんそれは後者です。真面目な人ほど一生懸命になりやすく、頑張り過ぎに気がつかないことがままあります。気持ちは擦り減り、心の疲れが身体にまで現れてきます。脱力感だけでなく最悪の場合は「死んでしまいたい」と思い詰めてしまう人もいます。

ではそうならない人とはどんな人でしょう?仕事を手抜きしている人でしょうか?そうではありません。そんな人は何を行う時も、どうすれば早くこなせるか、どうすれば楽に出来るか、常にそういう考えを持って行動しています。あなたの周りにも、休憩をしっかり取っているのに仕事が出来る!定時で帰ってるのに仕事を残さない!そんなすごい人がいるはずです。そんな人がいたらぜひその人の仕事の仕方を見てみましょう。必ず新しい気づきを見つけることが出来るでしょう。

60点をとれれば上出来

完璧主義者は仕事に対する責任感が強すぎる傾向があります。完璧な人ほど、100点満点に近い感じで仕事をこなそうとします。しかし、100点満点の仕事をしようとすればするほどミスが出ます。完璧主義者は少しでも100点ではないと感じると、ショックで精神的に疲れてしまいます。そして、精神的に疲れている時ほどミスを連発します。

世の中には100点満点の仕事は、なかなかありません。仕事は数値で割り切れないものなのです。仕事を終えて商品を完成させても、人によっては不満や批判が出てきます。そして、その不満や批判の意見を取り入れた上で、次回作の商品開発のために改善をしていきます。難易度の高い仕事になるほど改善点も多くなるので、100点満点の仕事はないと言えます。ですから、まずは自分の中でできる範囲の仕事をしていく事が重要になります。100点満点を追求するのではなく、60点をとれれば上出来という心持ちで仕事をすることが大切です。

簡単な仕事から手をつけてみる

精神的に疲れていて仕事が辛いと感じる場合の仕事の取り組み方について説明したいと思います。精神的に疲れている場合は、頭の回転が鈍っており、仕事ができないと感じるものです。疲れている時ほど、ハードルが高い仕事を見るとやる気がおきなくなるものです。そして、自分にはどんな仕事もできないと感じてしまうものです。いわゆる「スランプ」と言われるものかもしれません。

しかし、精神的に疲れている状況でも、全く仕事ができないわけではないと思います。ここで少し落ち着いてみましょう。今現在、ハードルが高い仕事が難しくてやる気がおきないなら、ハードルが高い仕事は仕事をやらないのと同じです。高いハードルの仕事ができないぐらいなら、ハードルが低い仕事をこなしていった方が自信になります。ハードルが低い仕事を沢山こなして、仕事に弾みをつけましょう。まずは自分に自信をつける事が重要です。低いハードルの仕事を沢山こなすと自信になりますし、仕事に弾みがつくと、難しい仕事もできる可能性もあります。

仕事が辛いと感じているけど続けている人の勘違い

仕事が辛いのは様々な理由があります。仕事が期日までにできなかったり、任された仕事をやり遂げることができないことなどあるけれども、その理由を掘り下げていくと、ある「自分の捉え方」に行き着きます。それは「自分のする仕事に価値がない」また「自分自身に価値がない」と捉えしまっている事です。

上司からの仕事を断れないことも、仕事を頑張りすぎて空回りすることも、仕事をできるアピールをするために自分の許容範囲外の仕事までも抱えてしまうのも、「自分に価値がない」と思っているからなのです。「自分には価値がある」と認識し、価値があるという前提で行動をしていけば、仕事が辛かった状態が一変します。

当然、自分に価値があると思うのは簡単にはできませんし、「頑張らない自分にも価値がある」と思うこと難しいです。今までの常識・価値観の落とし穴と新しい考え方を説明していきます。「頑張る」といった一つの固定観念ではうまくいかないのかが分かり、頑張らないとはどういうことなのか、自分に価値があるのかとはどういうことなのかがはっきりしていきます。

精一杯頑張らないと成長できないと思っている

今、自分ができる事はすでに決まっています。それ以上の事をしようとし過ぎて無理をしても、それ以下の事で納得して手を抜いても成長はできません。「こんなにもやってるのになぜ成長できないんだ」とか「どうせ成長できないから何をしても無駄だ」とかどちらも自らの成長を止める事となっています。どうすればいいのか、何をすればいいのか皆が悩んでいる事です。

けど、その応えは簡単です。「今までもやってきたんだからこれからも自分ならできる」と、何よりも自分が自分に自信を持つ事です。簡単だと書きましたがそれが一番難しいのかもしれません。誰しも物事がうまくいかないときは、消極的になりがちです。「できる」と言い切れる人は何人いるのでしょうか。けど、やるしかないからそう思うしかないのです。

まずは「自分はできる」と思って、次に今何をするべきかを考えましょう。1つずつやっていけばいいのです。いきなり沢山の事をしようとせず、1つだけでいいのです。たった1つだけで。その1つがその内沢山になります。

我慢する事が未来のためだと思っている

よく「我慢は大事だ」とかを耳にします。けど、それって人への愛情に対しての我慢じゃないでしょうか。誰かが悲しんでいるから、自分の予定を我慢して傍に居てあげるとか。誰かの愛情への証としてする我慢は大事です。しかし、それが自分の人生の我慢となると話は別です。

誰かに迷惑が掛かるから、自分が我慢して仕事をするとか。将来のために今やりたい事を我慢してやらないとか。それって自分の人生の一部を我慢しているのではないでしょうか。人生は短いのに先の考えて我慢ばかりしていると、後悔するかもしれません。我慢するのではなく、違うやり方でやりたい事をやるとか、少しクオリティーを落として実行してみるのがいいんじゃないでしょうか。

人生思い通りには行かないものです。逆に思い通りに行かない事が人生とも言います。我慢はストレスの原因となり、ストレスから体調を壊してしまっては、何の為に我慢をしているのか分からなくなってしまいますね。「我慢」の意味を良く考えて、我慢は誰のためにするのか、自分の為の我慢は自分を苦しめてしまう可能性もあります。やりたい事をやらずにやりたくない事をやって生きていくよりも、やりたい事をやって、やりたくない事をやらない強さも大事だと思います。断ったら嫌われるとか怖いとかそんな事は考えず、はっきりと断れる強さを身に着けましょう。そうすると人生が変わりますよ。

がんばれば認められると思っている

あなたは頑張ることは正義で、頑張れば必ず認められることが当たり前だと思っていませんか。あなたは自分が凡人であることをよく分かっているので、ひたすらに頑張って実績を作り出すことで平凡な自分から非凡な自分になろうとしていると言えます。

きっとあなたの両親は、幼い頃からその人を褒めて伸ばしてきたタイプなのでしょう。もちろん育て方としてそれは間違いではありません。しかしその行動は、子どもはある目標が達成されれば褒めてくれる、しかしその目標が達成されなかった場合、それは認められないもの、いわば負の事象として子どもの心に残るのです。そしてその子どもは成長の過程で目標を達成し褒めてもらうため頑張り、頑張れなかった自分は切り捨てます。だから仕事で追い詰められることになっても頑張り続けるのです。

では頑張りを課さなくても人から認められるにはどうしたらいいのか。まずは、考え方を変えましょう。あなたは既に認められているので、必要以上に頑張る必要はありません。可能性としてそう思うだけでもかまいません。あなたは認められていると思いましょう。さらに、頑張ることをやめてしまいましょう。いきなりすべてやめるのは難しいので手を抜くことから始めるのです。そうすることで、段々慣れてくると思います。

もっとスキルアップすれば自信がつくと思っている

スキルや知識がついて自分に自信が持つことができたら、「この仕事をやめよう」と思うかもしれませんが、実際はそううまくいきません。自分に自信をつけるには、素敵な自分やできる自分になることだと思いがちですが、実はちがうのです。今の自分より仕事ができるようになっても、さらにその上があることに気が付き、まだまだ足りないと満足することができないのです。

自分の「ない」部分をいくら見つめて補おうとしても、自信は生まれないのです。ではどうすれば自分に自信がもてるのか。それは、今の自分にできていることを認めることなのです。「できない自分でもいいんだ」「自分の思いどおりにやっていいんだ」と認めることで自分に自信がもてるようになるのです。ですので、まず自分の思ったとおりに行動してみてください。そして、「ここまで自分はやったんだ。頑張ったんだ。」と自分にマルを付けてあげてください。自分自身を自分で認めてあげる事で、自分に自信がもてるようになります。

将来のために今をがんばる

今を大切にせず将来のために頑張り続けるという考え方は、きっと自分を苦しめているでしょう。どのくらいがんばって準備を整えれば、将来は安心でしょうか。もし今を犠牲にして未来を大事に考えていたとしたら、安心できる未来は永遠に来ないでしょう。なぜなら、未来はすぐに今になるからです。そして、またその先の未来のことを考え続けなければなりません。まるでゴールの見えない棘道をひたすら走っているようです。

人生とは今の連続です。その今にある楽しみを捨て、犠牲にして生きることは、自分の人生を粗末にすることなのです。今ある楽しみや、幸せを味わいつつ生きることこそ、その時々の人生に彩りを与えて、一生を豊かなものにできるでしょう。もし、今あなたの仕事が辛いのならば、その気持ちに向き合ってあげても良いのかもしれません。未来だけを考えて、自分を苦しめる落とし穴に落ちないように気をつけてください。

今の仕事を辞めずに解決する方法

「そんな簡単に今の仕事をやめることはできない」と仕事をしているほとんどの人は感じていることでしょう。そのようなジレンマを抱えたとき、会社を辞めないで済むように自分が抱えている問題を解決することを考えてみましょう。

問題を解決するにはなぜ仕事を辛いと感じるようになったのかその原因を明らかにしていくことが大切でしょう。仕事を辛いと感じて悩んでしまう原因として挙げられる主な理由は三つあります。一つ目は仕事の内容です。仕事をするうえで仕事内容に納得していないと悩みを抱えてしまうでしょう。二つ目は待遇面です。給料や評価制度などの待遇面で悩んでしまう人が多いのでしょう。三つ目は職場の人間関係です。仕事は人との関わり合いなので人間関係も仕事をするうえで悩みの原因になりやすいのでしょう。これら三つが仕事で悩んでしまう主な原因だと考えられます。

会社を辞めないで済むようにこれら三つの原因の対処法について考えていきましょう。

怒られているならまだ大丈夫

怒られながら仕事を覚えるのが一番早い事を知っていますか。なぜなら、怒る方はあなたに仕事を覚えてほしくて怒っているから、怒られたら失敗したとかうまくいかなかったって思っていいんですよ。失敗したら次は失敗しないようにしようと思いますよね。だから成長するのです。もし、怒られずにいたら間違っている事が「うまくいったんだ」と誤解してしまいます。

なぜ間違っているのに起こられないのと思いますよね。それは怒るのにも労力が必要で上司も無駄な事をしたくないからです。
怒って無駄な時間を過ごすくらいなら自分で直した方が早いですから。それで次はもうあなたには頼みません。別の人に頼むか自分でその仕事をするはずです。

「怒られるうちが華」だとよく言いますよねそれが今回前に話した理由です。期待をするから怒る。がんばって欲しいから怒る。次は任せたいから失敗を怒る。怒られているあなたは期待をされているのです。怒られた階数が「期待されている回数」と脳内で変換してがんばってみて下さい。そのがんばった結果をこれから先、今の会社で実感できる日がきっときます。

人間関係で辛いときは、自分に原因がないか考えてみる

仕事での一番の悩みといえば、人間関係が多いと思います。少し大変な仕事でも、人間関係が良くて職場の雰囲気が良ければ乗り越えられるでしょう。でも合わない人間と対立してしまったら、毎日が辛いことになります。

ある人Nさんの場合は、営業会社出身の上司と合いませんでした。その上司は「成長するのは当たり前。努力し続ける事が大切」という考え方で、余裕を持って働きたいというNさんとは根本的に考え方が違ったのです。

ある日、彼はNさんの仕事に対する姿勢を見抜き、呼び出して「成果を出す気はあるのか?」と叱責しました。さらに課題も出され、そのチェックのために定期的に上司と面談をしなければならなくなりました。この面談の時間が本当に苦痛でした。苦手な上司さえいなければ、仕事に不満はなかったのですが、たった一人合わない人間が関わるだけで、とても辛く憂鬱な気持ちになってしまったのでした。

うつなど、どうしようもない時は特別に対応してもらえる

あなたはせっかく入った会社だから、無理にがまんはしていませんか。そんな無理をする必要は決してありません。仕事がつらい時は、がまんをせず上司に1度相談をしてみましょう。仕事を変えてもらうというのは重要な事です。会社はあなたの為にあり、あなたがいるから会社が成り立つのです。

いきなり上司に相談が難しい場合は、他部署の仲のよい社員の方がいいかと思います。同部署の場合、あなたが異動した後の仕事の引継ぎなどがトラブルとなる可能性があるため、他部署の人への相談がよいかと思います。誰かに相談する時、絶対会社内で話さないといけないという事はありません。就業後にちょっと誘って、会社外で話しをするのも構いません。

異動したいという希望はあいまいな言い方ではなくはっきりと伝えることがもっとも重要の為、会社外のほうが思い切った話しができ気持ちが伝わりやすい事もあります。上司の前だからと言って緊張せず、少しリラックスできる話題から入るのがいいかも知れません。

給与の交渉をしてみる

生活のためと割り切っている仕事、目指していた希望の仕事、多くの人がいろいろな思いを持って働いています。しかし、いくら好きな仕事に就きやりがいを持って働いていても、待遇が悪いと不満を感じてしまいます。働くことにも慣れ成果を上げているのに、入社したばかりの新人と同じ給与となると、仕事に対するモチベーションが失せていくでしょう。働き始めた頃の気持ちを忘れてしまい、やる気を失ってしまっては、何のために働いているのかも分からなくなってしまいます。だからといって、すぐに辞めてしまうことが正しいことなのか、見極めることも必要なのではないでしょうか。

辞める前に給与について、上司や役員と交渉してみてもいいかもしれません。自分の成果を認めてもらいたいと伝えてみるのも良いかもしれません。辛い時や苦しい時があるかもしれません。時には喜びや達成感を味わうこともあるかもしれません。いろんな思いを持って働いていくうちに成長し、新たな自分に出会えるかもしれません。その時の感情だけで動くのではなく、いろんな人と話したり考えたりして答えを導き出してください。

新人は悩みが多くて当然

入社したばかりの新人にとって職場での悩みはつきもの。その悩みの中でも特に多いのが同じ部署の上司との関係ではないでしょうか。社会人5年目のKさんも同様の経験を持っていますが、部内の先輩が優しくしてくれても、上司から怒られて会社に行くのが億劫になっていました。Kさんはこの時から先輩に対してはとても感謝しているのですが、当時は仕事に行くのがいやになる事もあったみたいです。でも振り返ってみると、怒られている一番の原因は結局Kさん自身にあったんですよね。

入社して間もない時は社会人としての心構えや経験が浅く、なぜ自分ばかり責められるのかと反発を覚えました。でも当時の上司はキチンとKさんを見て足りない部分を指導していただけで、怒られたという事実だけで腹を立てていたKさんは完全に間違っていました。怒られたことにより不貞腐れるなど、仕事と向き合う自分の姿勢は社会人としてあるまじき姿であり、今思い出しても当時の自分を非常に恥ずかしく、部署の方々に迷惑をかけたとKさんはとても後悔しています。

今の部署で成果を出しているなら待遇改善の打診をしてみる

ある人Oさんは成果を出していたにもかかわらず、彼自身が考える評価と会社が彼に出した評価の差に不満を持ち続けておりました。彼自身と会社との評価のギャップを埋めるため、何度も抗議をしました。彼の今まで納めてきた結果を考えると、不満をぶつけるのは当然の結果でした。しかしながら、彼の要望を受け入れられることはありませんでした。そして、残念ながら、彼は転職していきました。転職後は給料もよく、彼に見合った評価をしてくれる会社に満足していました。

また、彼以外の例としては、ある社員Iさんは、役職が上がり、責任のある業務を遂行する立場になったにもかかわらず、給料面での待遇が変わらないことに、不満を感じずにはいれませんでした。このことについて、上司に直談判をしましたが、懸命な思いは通じることはなく、待遇が変わることはありませんでした。そして、Iさんもまた、転職してしまいました。転職後は、給料も上がり満足の行く結果となったようです。

仕事内容が嫌なら部署異動の希望をしてみる

プログラミングが嫌いだったwebベンチャーのプログラマーは、1年間は我慢して取り組みましたが、上司に相談し部署異動のお願いをしました。我慢して仕事をすることが、会社にとっても自分にとっても良いこととは限りません。会社としても、ブラック企業でない限り、社員の適性に応じた部署でモチベーション高く働いてもらった方が、生産性があがる事は理解しています。

今の部署や仕事内容に不満がある場合は、思い切って上司や先輩に相談してみましょう。我慢することは時には必要かもしれません。しかし、不必要な我慢は無駄にしかなりません。分からないことや理不尽な事があれば、1人で悩まずにいろんな人に話を聞いて、よりよい道を選択してください。相談したことで、新しい道が開けるかもしれません。自分1人ではできないことも、多くの人がいれば力になります。考え込まずにすぐに諦めないで、自分の道は自分で切り開いてください。

異動するなら今の部署で必ず成果を出す

実績のない社会人になってしまうと誰からも信用を得ることができません。異動をしたいと思ったならば、できることなら多くの成果を出さなくてはいけません。それは希望する異動先で、嫌な出来事があるとすぐ投げ出してしまう人間だと上司から思われないためにです。そのためには自分がどんなことがあっても逃げ出す人間ではないと証明しなくてはいけません。

証明するためには、今の部署で自分がどのくらい頑張ったかという成果が一番重要になってきます。評価される成果のレベルにはどんなものがあるのか自分には分からないことがあります。その時は直接上司に聞いてみるといいでしょう。成果には様々なものがあります。例えば営業なら月の売り上げ目標を達成する、事務職なら何かの作業を効率化するなどさまざまです。成果を上げれば部署異動の希望が通りやすくなる事は間違いありません。

人間関係の辛さは環境が変われば解決できる

日々の仕事の中で業務は辛くないけれど、人間関係が辛い、と感じた事のある人は多いのではないでしょうか。業務の過酷さより、人間関係のこじれは何よりの疲労とストレスです。これが原因で仕事を辞めてしまう人も多いのが現実です。しかし人間関係が原因で仕事を辞めてしまっては、あなたにとってマイナスが多いのではないでしょうか。

収入もなくなり、就職活動のために、時間やお金を費やさなくてはいけません。仕事内容自体には問題なく、人間関係だけが問題なのですから、今の仕事を辞めることはないのです。では、この辛い人間関係からどうやって抜け出せるか。それは部署、チーム、店舗など、今の環境から異動することです。

明日からすぐに異動、ということは難しくても、春や秋の人事異動時、ひとつの仕事の区切りなど、異動のチャンスは意外と多く転がっています。いまの仕事環境で人間関係に悩んでいるのならば、信頼できる上司、もしくは人事部に異動を申し出てみるのはいかがでしょうか。環境やまわりの人が変われば、人間関係も自ずと変わります。一度今の環境から抜け、新しい環境へ飛び込んでみてから退職という決断をしても遅くないでしょう。

セクハラなども正直に相談する

待遇改善の一例になりますが、女性社員が先輩男性から個人的に不快な扱いを受けた場合、その会社側では該当される男性社員と被害者の女子社員の二人のどちらも辞めさせずに、同じ部署内から別の部署に隔離するといった処置が取られたそうです。このような不当な扱いなどは会社側に相談すれば改善・対処されることも多くありますので、あまり深刻にならずに、気軽に上司や同僚などに相談することも一考です。

他の例でいうと、忙しすぎてプライベートの時間さえ取ることができない、仕事のマネジメントが上手くいかないため、逆に仕事が増えてしまうといった例もあります。該当した社員が、その会社を辞めた後で会社内部の機密情報や変な噂を流されてもその会社側にはデメリットしか残らないので、そういった問題をなくすためにも社員に辞めて欲しくないと願うのであれば、社員一人ひとりの意見を聞きいれて意見を尊重し、社員を大事にしているものなのです。

スキルの問題でないなら、マインドを変える

誰かと仕事をする限り、上司や同僚から、自分の成果物などの指摘を受けることは避けては通れません。しかしこれは気持ちの良いことではなく、それが故に辞めてしまいたいと思う事もあるのではないでしょうか。ですが日々仕事をしていく中で、毎日違うことで指摘を受けるということは、実はあまりないように思います。全く違う仕事をしていても、上司から指摘を受ける内容は、同じようなミスが多くないでしょうか。

人は無意識に、自分の苦手なものから避ける傾向があります。本当は苦手でないものも、面倒くさそうだな、出来そうにないな、やりたくないな、と直感的に避けてしまうのです。気の乗らないことは極力避け、我流のやり方で乗り切れることもあるかもしれません。しかしそれが原因で、同じような内容の指摘を頻繁に受けていることもまた、事実なのです。頻繁に受ける指摘の内容は、その人の能力を超える大事な仕事というよりは、確認漏れなどのささいなことが多いのではないでしょうか。

これはその人の仕事能力ではなく、その人の仕事への意識に対して指摘をされているのです。雑務に思われることも多い確認作業は、どんな大きな仕事にも小さな仕事にも、欠かすことのできない最重要業務です。たぶん大丈夫だから、面倒だから、と確認作業を片手間にこなしていては、当然ミスも増え、同じことで指摘を受けます。そして同じことを繰り返していると、上司からあいつはそういう奴だ、と悪いレッテルを貼られてしまい、ますます指摘を受ける機会が増えるのです。

同じようなことで指摘を受け、嫌な思いをしているのであれば、一度仕事に対する自分の姿勢を見直してみて、毛嫌いしていることに、敢えて挑戦してみるのはいかがでしょうか。チャレンジしてみると、自分が思っていた以上になんてことない事かもしれません。まずは自分の考え方を改めて、違う角度から仕事を見る事も、解決策のひとつかもしれません。

名言で元気を出してみる

あなたは辛くなった時、どのようにして立ち直りますか?仕事をしていれば、何かしら失敗する事は、誰にでも起こりえる事です。それに対し、落ち込むのも当然かもしれませんが、落ちたら上がらなければなりませんね。生活していくのですから。
長い人生、過去の偉人でさえそのような境地に立たされた事でしょう。真面目にやればやるほど、失敗もします。でも、この名言をみて、少しでも元気を出してください。

———————
一日中、礼儀正しく朗らかに仕事をしていると、イライラしたり腹をたてたりしている時よりもずっと心地良い。夜に寝るとき良くわかる。疲れもなくすっと寝れるのである。
———————

これは、どんな時も笑顔でいれば緊張もほぐれ、心地が良くなるということです。疲れてしまうのは、肉体的な疲れや仕事よりも、心の持ちようが悪かったということです。1度試してみると分かります。少し腹か立つことがあっても、笑顔でいることです。

———————
仕事を一生懸命こなせば、その分失敗もつきものだ。当たり前の事だ。
———————

この名言を見ると、いくら失敗しても、また頑張ろうと思えますね。頑張っていれば失敗しない日もきます。もし、辛くなった時には思い出してください。

退職したいと会社に伝えれば考えてくれるかもしれない

仕事の待遇は会社によって様々ですよね。不満を持ち、上司に直訴しても待遇の改善がされない会社もあれば、こちらの条件を聞き入れてくれる優良企業もあります。待遇に不満を持ち退職を願い出ると、「そちらの要望は聞くから考え直してほしい」などと言われるケースがあります。本当に辞めるつもりがない場合でも、退職をにおわせ待遇の改善を狙ってみるのも一つの手です。

まずは、直属の上司や尊敬できる先輩に、待遇で不満を感じていることを打ち明けてみましょう。諦めずに行動に移せば、きっと相談にのってくれるはずです。何もしないよりは行動を起こさないと、問題は解決しません。まずは一歩からです。

仕事が辛い時に聞く歌9選

あなたも毎日の仕事で辛いこと、嫌なことがあると思います。もしかしたら、今も疲れて辛い気分かもしれませんね。そんな時、どうしていますか?

運動をしたり、美味しいものを食べたり、お酒を飲んだり、好きなものを買ったりなんてことも良いと思います。でも、そんな時間も取れないこともあるでしょう。思い切り食べたり買ったりした挙げ句、太ったり散財して後悔するなんてことにもなりかねません。音楽はそんな心配はありません。何かしながらでも、あなたの疲れた心に届くでしょう。

あなたは辛い時に聴く自分の中での定番の曲はありますか?この曲を聴けば元気が出るという決まった曲があれば良いですが、そういう方ばかりではありませんよね。ここでは、辛い時に聴いてみてほしい曲をご紹介しますので、試しに一度聴いてみてください。あなたの「辛い時にはこの曲!」となる曲が見つかるかもしれません。

負けないで(ZARD)

人生において人は必ず、迫ってくる壁から思わず逃げ出しそうになったり、とてつもなく大きい圧力に屈しそうになったりと辛い場面があります。そんな時にはこの曲を聴いてみましょう。とてもポップなサウンドが心を軽くします。そのあとに始まる歌声が明るく、サビに入った時の「負けないで」というフレーズが強く耳に残り、あなたを逃げないで頑張ってみようという気持ちにさせてくれるでしょう。

彼女の歌声はとても透き通っていて、それだけで心に一筋の爽やかな風が吹いてきます。そして前向きな歌詞が、あなたは独りじゃないんだ、あなたにはたくさんの味方がいると、勇気を与えてくれるのです。今がどんなに辛くても、辛いことはいつか終わりが来ますし、ここで負けてしまってはきっと後悔すると思えます。途方もない将来への展望は、あなたが負けないことでただの夢物語で終わらず現実のものとなる、そんな気持ちにさせてくれます。

追い詰められてどうにもならなくなったときにこの曲をかけてみてください。きっとあなたの不安はスーッと消えていくはずです。

ガッツだぜ(ウルフルズ)

トータス松本さんの力強い歌声と、ネガティブな気持ちを吹き飛ばしてくれるような詩が、悩みを忘れさせて前向きな気持ちにさせてくれます。そしてパワフルで心地の良いソウルフルなリズムは、悩み疲れた頭をすっきりとさせ体はビートにのせて自然に動いてくるでしょう。一緒に口ずさみたくなってガッツだぜと歌えば、自然と前向きな気持ちになっていくこと間違いなし。努力や根性という言葉を歌えば、がんばって限界に感じている時でもそれ以上のパワーがでてきて元気の源になりますよ。

とにかく明るいこの曲は聴いているだけで元気になれそうな曲で、いろいろなことができるような気がしてきます。どんどんやる気に満ち溢れ、じっとしていられなくなるでしょう。何かに挑戦してみたくなりますよ。リズムに乗って体を動かし歌った後は、いつもと少し違う自分に出会えるはずです。

グロリアスレボリューション(バンプオブチキン)

「グロリアスレボリューション」は直訳すると「成長するための革命」となるでしょうか。なんだかとても元気が出そうな曲名です。ボーカルのハスキーな歌声と歌詞が非常にうまくマッチしている曲で、聴いていてとても心地よく、耳にスッと歌詞が入ってきます。アップテンポな曲調なので、思わず口ずさんでしまい、暗く落ち込んだ気持ちでいても、それを忘れて、気がついたら飛び跳ねて踊ってしまいたくなるぐらい、気持ちを明るく前向きにしてくれる曲です。

歌詞も曲調に合わせて、前向きな人を元気づけてくれる内容です。弱い自分を見つけたとして逃げ出したくなっても、逃げ出さずにその弱さを受け入れ認め、逆にそれをバネにして成長していこう、自分に革命を起こそうと歌いあげています。人生で上手くいかなくて落ち込んでいる人への「辛くても頑張ろう」という、バンプオブチキンらしい応援メッセージのこもった一曲です。

痛いよ(清竜人)

この曲は、歌詞がお話のように流れて歌われています。そのため感情が入りやすく、特に失恋や恋で悩んで辛かった時のことを思い出し、自分の境遇と重ね合わせて涙がでたり、恋愛の時に誰もが感じたことのある胸の痛みを思い出させる歌です。

また、恋愛だけでなく、辛い時、心に痛みを抱えて傷ついてしまったような心にしまっておいた痛みも一緒に思い出します。そして傷ついてるのは自分だけじゃないんだと感じさせてくれます。辛い時に一緒に辛さをわかってくれるような歌なので、チクチクとした感じることのできる痛みや、今まで逃げていた自分の傷や痛みを、自分で改めて感じることができてきます。そして曲を聞きながら悲しみや痛みを思い出し、泣きたい時にちゃんと泣かせてくれます。

無理矢理に元気づけるというより、辛かった気持ちに寄り添ってくれる曲です。この曲は、辛い時は一緒に落ち込んでくれて、聴いた後はスッキリとした感情にさせてくれます。

I’ll be(ミスターチルドレン)

サッカー日本代表チームの中心的存在だった名波選手は、日本を離れ海外に移籍して活躍していた時期があります。海外で活躍するのは簡単な事ではなく何度も辛い思いをしたといいます。そんな時この曲の歌詞の「何度へましたっていいさ、起死回生で毎日がレボリューション」という一節が名波選手を励まし勇気付け、前向きになれたのだというのです。

名波選手の海外初試合、突然この曲がスタンドから聞こえて来たのにはさすがに感動したようで、頑張る力が湧いて来たのだそうです。以前2人揃ってのテレビに出演のしていた事がありました。そのれはお互いの仲が良いのかが解る内容でした。だからこそ日本に留まらず海外チームへの移籍を選択した名波選手の真摯なサッカーへの情熱に対してのエールとして、ミスターチルドレンは彼が日本を離れる際にこの曲を送ったのでしょう。

東京の空(小田和正)

小田和正「東京の空」は、人気ドラマ「それでも、生きている」の主題歌としても知られる曲です。歌い手である小田和正の美しい歌声が一番の魅力であることは言うまでもありません。しかし、彼の綴る歌詞が私たちの心を癒し、励ましてくれる力を持っていることを見落としてはいけません。

「東京の空」とタイトルにあるように、都会に来てあくせく働き続け、東京の空を見上げてふと我に返る、という情景が浮かんでくる一曲。この曲のテーマは、都会で働く自分を見つめ直す、というものです。自分が都会で何のために頑張っていたのか、昔の自分より今の自分は成長しているのだろうか、と自問自答する背景が描かれています。歌詞の意味合いを知ることで、改めて自分の心と向き合うきっかけとなり、忙殺される中、仕事で辛いことがあったときであっても昔よりも成長している自分の姿を確認したり、自分自身をいたわることの大切さを見出したりすることができるでしょう。一度立ち止まって自分を振り返りかえる事で、辛いと思っていた事が実は大したことじゃないと思わせてくれるかもしれません。

愛してる(中島美嘉)

この曲は辛い恋愛をしている時などに聞きたくなるような、テンポがゆっくりめな曲です。両思いで舞い上がっている時に聞くのも良いですが、「好きだ」と言えず片思い中の時や、思っている相手との間に溝ができてしまった辛い恋愛中などに聞くと、心の隙間からその曲が身体の中にしみ込んでくるような気がします。曲が自分に寄り添ってくれているような感覚になれます。

片思い中や辛い恋愛中の人は、『あの人から愛されたい』と思いながらも、『なかなか愛されない』または『愛されている実感がない』人で、愛に飢えている人なのかもしれません。特に片思い中の人は初めはそれでも良いと思っていたのにだんだんと寂しくなって心に傷ができているにもかかわらず、やはり相手に思っていることを言えず心は辛いばかりなのだと思います。そんな時にこの曲を聴きながら口ずさめば、辛い気持ちを自分で慰めてあげることができ幸せな気持ちにさせてくれるのです。世の中、辛いと感じているのはあなただけではありません。

それが大事(大事MANブラザーズバンド)

サビで何度も繰り返される「まけないこと・投げ出さないこと・逃げ出さないこと・信じ抜くこと」このフレーズで負けそうな時、逃げたくなった時に大事なことは何かということを気づかせてくれます。頑張っているとき、時には涙をみせてもいいから、それでも自分が信じたことを信じ抜くことが大事だということを気づかせてくれ、あきらめない勇気をもらえる曲です。

明るくて前向きなメッセージは、聞いている側に勇気をあたえてくれ、暗い気持ちだったとしても、明るくポジティブな気持にさせてくれます。テンポもちょうど良く、とにかくノリのいい曲なので、頭のなかで何度も歌詞が繰り返され、辛い気持ちを一瞬で吹き飛ばしてくれます。どんなに辛いこと、悲しいことがあってもそれがいつまでも続くわけではないんだ、止まない雨はないんだ、必ず晴れた日がくるんだということを気づかせてくれ、自然に辛い気持がなくなり、明るくポジティブな気持にさせてくれます。

世界でいちばん頑張ってる君に(HARCO)

この曲は、「世界でいちばん頑張ってる君逹に対して」の文字通りの応援ソングです。褒められたい、認められたいと思う事は誰にでもある事ですし、そんな時にこの曲を聞くと本当に褒めてもらっている、認めてもらっているのだという想いが湧いてきて頑張る事ができるでしょう。辛い時に聞くと自然と元気になれる曲です。

柔らかな歌声と共に曲のテンポはなだらかな流れで「僕はみてるよ」というフレーズがネガティブに落ち込んでいる時は心に響きます。自分が本当に頑張ってそれでもうまく行かなくて辛くて仕方ない時、この曲に励まされ応援され見守られてもう一度頑張る勇気をあたえてくれる、そんな曲だからこそスズキアルトのCMに起用されてヒットしたので聞き覚えがあるのではないでしょうか。「世界でいちばん頑張ってる君に」は固まった心を優しくゆっくりと解きほぐしてくれる魅力を持った正真正銘の応援ソングでしょう。

もっともっと自分で自分を褒めてあげる

仕事が辛くて「死にたい」とまで思い詰めてしまったことはありませんか。そんなあなたは、一生懸命に頑張る人、また、頑張り過ぎてしまう人と言えるのです。しかし人間はいつも完璧である必要はありません。いつも完璧であろうとするよりも、どこか抜けていたりするくらいが人間味があって素敵です。

あなたが変わる必要はありません。なぜならあなたには素敵なところがたくさんあり、それらすべて含めてあなただからです。今の自分自身を認めてあげる事がきっとあなたの心を楽にしていくことでしょう。ですから、「私が駄目だから」、「私が出来ていないから」などと自分自身を過小評価する必要は全くありません。むしろ、今の自分に自信を持って下さい。それがスタート地点です。

そしてもし、今の仕事があまりにも辛いのであれば、あなたにもっと合っている仕事への転職を考えてみませんか。真面目で頑張り屋さんのあなたなら、より良い環境の職場で、今まで以上に活躍できるはずです。