仕事が辛い人に読んで欲しい記事

泣くほど仕事が辛い。そんなときの心理状態と対処法とは

泣くほど仕事が辛いときに考えてほしいこと

あなたの周囲の人たちは、仕事が辛くて泣くことはありませんか。あるいは、あなた自身がそんな行動を取っていないでしょうか。仕事が辛くて泣く人は、案外多いものです。表面上は笑顔を作っていても、家に帰れば泣いている場合もあるでしょう。そこで、ここでは仕事が辛くて泣く人の心理状態やそんな人への対処法、泣きたい気持ちを抑える方法などについてまとめています。ぜひ、あなたもこの記事に書かれていることを参考にしてみてくださいね。

仕事が辛くて泣く人の心理

Processed with VSCOcam with a6 preset

仕事が辛くて泣いてしまう人には、一体どのような心理が働いているのでしょうか。なぜ相手が泣くのか、その理由を知ることによって選ぶ対処法も変わってきます。ここでは、仕事が辛くて泣く人の心理やよくある原因についてまとめています。あなた自身がそれに当てはまる状態なら、きっと納得できると思います。また、職場で泣いてしまう人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。弱っている相手に優しく接することは、あなたの心の奥底を温かくすることにもつながりますよ。

まだ仕事に慣れていなくて我慢がきかない

あなたが会社に入社したばかりの新入社員なら、社内のことはよく分かりませんよね。そのため、周囲はバタバタして忙しそうなのに、何をしていいのか分からなくて不安になることもあるでしょう。特に、若い女の子なら、涙腺もゆるみがちになりますよね。

先輩社員に説明してもらっても、仕事のことがよく分からない場合もあると思います。しかし、周囲の社員たちには疑問点を聞きづらくて、どうすればよいのか分からないのではないですか。

「自分は、本当に仕事ができるようになるんだろうか」と、本当に不安で辛くて思わず泣いてしまうこともあるでしょう。仕事に慣れていない間は、とても辛い時期となる場合が多いのです。

泣くほど仕事に本気

真面目で仕事に対して本気で頑張っている人ほど、仕事ができない場合は辛さを感じます。おそらく、あまり真面目に頑張っていないなら、仕事ができないことが泣くほど悔しくはないでしょう。

それは、あなたがもっと成長したい、もっと認められたいと願っている証なのです。もし、あなたが仕事ができない、上司に叱られたなどの悔しさで辛いのなら、まだ頑張れます。

もっともっと、本気で努力していくうちに、きっと本物の仕事の能力が身につくはずです。

本当に心身の限界がきている

仕事が辛くて涙があふれてくる場合、本当に心身の限界がきていることもあります。つまり、ストレスが溜まりすぎてうつ病になりかけていたり、自律神経失調症を発症しかけていたりすることもあるのです。

その場合は、憂鬱でたまらなくなり、イライラ感や頭痛などを感じることもあります。自分では大丈夫と思っていても、いきなり精神疾患を発症する場合もあるので要注意です。

他にも、ストレス性の病気には、急性胃腸炎やじんましん、突発性難聴などがあります。あまりにもストレスが大きすぎて病気になりかけていると感じたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

実は私生活のほうが辛くなっている

仕事が手に付かなかったり、職場で泣いてしまったりする原因には、仕事以外のことが関係していることもあります。たとえば、母親がガンで死にかけている、または親友が事故で死んでしまったなど、私生活での辛い経験が理由の場合もあるのです。

そんな時、ストレスを感じていないつもりでも、何かの拍子に職場でハラハラと涙を流してしまうことがあります。そんな時、同僚や先輩社員、上司などから「どうしたのか」と理由を尋ねられることもあるでしょう。

その場合は、話せることなら正直に話してしまうのも一つの方法です。

仕事が辛くて泣きたい気持ちへの対処法

あなたは、仕事が辛くて泣きたい気持ちになっていませんか。そんな時、思い切って退職したいと考えることもあると思います。しかし、いきなり会社を辞めるのは、あまり得策ではありません。できれば、まず気分転換することで今の落ち込んだ気持ちを切り替えるのがおすすめです。ここでは、仕事が辛くて泣きたい気持ちになった時の対処法についていくつかご紹介します。

まずは心を落ち着ける

仕事が辛くて泣きたくなったら、まずは心を落ち着ける努力をしましょう。そのためには、深呼吸をしたり、笑顔を作ったりするのもいいと思います。深呼吸の場合は、ゆっくりと口から息を吸い込み、肺の中が空気でいっぱいになったと感じられたら、少しづつ息を吐き出します。

それだけでも、次第に心が落ち着いてくるはずです。また、本当は泣きたくても作り笑いをすることで、脳が幸福感を感じるようになります。そのため、心身がリラックスしてくるのです。

その他にも、リラックスできる手段として、ガムを噛むことや周囲に緑の植物を置くようにすることなどが挙げられます。

休めるだけ休んでみる

仕事が辛くて泣きたくなる場合は、とにかく休みを取るのも良い対処法です。休みの種類は、半休でも長期の有給休暇でも良いのです。とにかく、休みを取ることによって、様々な気分転換をすることができます。

どうしても辛くて会社に行きたくないと感じたら、なるべく休みを取るのがおすすめです。自分に対する甘えではないか、と考える必要はないのです。

無理をして頑張ると、精神疾患を発症することにつながる場合もあるので注意してください。何よりも、大切なのはあなたの心身です。仕事が辛くてたまらないなら、休めるだけ休んであなたが本当にしたい仕事について考える時間を取りましょう。

趣味を楽しんでみる

あなたは、大好きなことが何かありますか。たとえば、手芸をするのが好きとか、カラオケを歌うのが好きとか、様々な趣味がありますよね。仕事が辛くて泣きたい時には、大好きな趣味に没頭するのも良い気分転換となるでしょう。

誰でも、大好きなことをしていると、気分がリフレッシュして元気が出てくるものです。そうすれば、仕事の辛さをその時間は忘れることができると思います。

また、以前からやってみたいと思っていた新しいことにチャレンジするのもおすすめです。何か楽器が弾けるようになりたいと思っていたなら、この機会に電子ピアノを買って練習するようにするのもいいですね。あまりお金をかけられないなら、キーボードを購入してみるのもおすすめです。

誰かに向けて発散する

もっと簡単な方法で気分転換したいなら、親しい人に相談してみるのもいいでしょう。たとえば、他の会社に勤めている友人に電話して、あなたの悩みを聞いてもらうのです。

他人に話すことで、抱えていた悩みは軽くなります。相手があなたの味方をしてくれる優しい友人なら、仕事の愚痴を少しこぼしてみるのもおすすめです。きっと、友人は良いアドバイスをしてくれたり、励ましたりしてくれるでしょう。

嫌な事があっても、他人に話すことで案外さっぱりしてくるものです。電話を切った後は、気持ちがリフレッシュしていることも多いと思います。

仕事が辛くて泣く人への対応

あなたの周りには、仕事が辛くて泣いている人はいませんか。そんな人が周囲にいた場合、可哀想だからぜひ助けてあげたいと思いますよね。適切な対処をしてあげることで、うつ病などの精神的な疾患にかかるのを防げることもあります。あなたの優しい思いやりや励ましの言葉によって、相手が元気を取り戻すこともあるでしょう。ここでは、周囲の様々な人が仕事が辛くて泣いている時に、どう対処すれば良いのかについてまとめています。

同じ会社の同僚の場合

仕事ができなくて泣いている同僚がいたら、やはり助けてあげたいですよね。その場合は、泣く同僚を個人的な友人として扱いましょう。たとえば、「大丈夫?」と聞いてみたり、さりげなくティッシュを手渡してあげるのもいいでしょう。

また、同性であれば優しく抱きしめてあげるのも効果があります。あるいは、少しの間社外に散歩に連れ出すのもいいと思います。その同僚が、どの程度仲の良い存在なのか、つきあいの長さなどによっても適切な対処法は異なるでしょう。

もっとも大切なのは、相手に共感する姿勢を見せてあげることですね。

社外の友達の場合

仕事が辛くて泣くのが社外の友達なら、一緒に美味しいディナーを食べながら悩みを聞いてあげましょう。あるいは、休みの日にランチに行くのもいいですね。あなたに悩みを打ち明けることで、きっと友達は心が落ち着くでしょう。

同じ会社の同僚であれば、アドバイスをする時にもよく言葉を選ぶ必要がありますが、社外の友達ならそのような心配も無用です。友達の話をよく聞いてあげて、励ましや慰めの言葉をかけてあげるといいでしょう。

「絶対に、仕事はできるようになるから大丈夫だよ」と笑顔で言ってあげればいいのです。そうすれば、きっと友達はあなたに悩みを打ち明けて良かったと思うようになります。

彼女や彼氏の場合

あなたの彼女が仕事が辛くて泣く時は、まず彼女の話をしっかり聞いてあげましょう。男性は理屈で何でも考えがちですが、女性の場合は感情が先に立つものです。そのため、話を聞き終わったら、優しく抱きしめてあげてください。彼女にとっては、何よりの励ましになるでしょう。

逆に、彼氏でも仕事が辛くて泣くことがあるかもしれません。もし、あなたが彼女なら、彼氏の心に響くような言葉をかけてあげましょう。精神的にとても辛い状態にあることが予想されるので、厳しい言葉はかけないほうが良いと思います。そして、必要と感じるなら心療内科のカウンセリングを受けさせるなどの対策を取りましょう。

奥さんや旦那さんの場合

仕事が辛くて泣くのがあなたのパートナーなら、会社の産業医に診てもらいましょう。もしかしたら、うつ病の手前か、既に罹患している可能性もあります。特に、日頃涙を見せない旦那さんが子供のように泣く場合は要注意です。

あるいは、評判の良い心療内科や精神科に連れていくのもおすすめです。うつ病などの精神的な疾患は、一度なってしまうとなかなか治りません。治療するには、長い時間が必要となる場合が多いのです。

そのため、相手が子供のように泣いていても、「情けない」などと批判しないようにしてください。早めに病院に連れて行くことで、精神的な疾患にかかるのを防ぐこともできます。

それでも辛くて耐えられないなら

あなたが仕事が辛くて悩んでいるなら、やはり積極的に行動を起こすのがおすすめです。職場の環境を変えるためには、自分から動いていかなくてはなりません。他人任せにしていても、何も変わらないからです。自分から一歩を踏み出して努力する姿勢があれば、きっと最悪な状態からも抜け出すことができます。ここでは、そうする方法についてお伝えします。

上司に相談してみる

会社の上司が信頼できる人なら、ぜひあなたの悩みを打ち明けてみてください。そうすれば、あなたにとって有益なアドバイスをしてもらえるでしょう。上司の目からは、客観的なあなたの姿がよく見えているはずだからです。

あるいは、上司とそりが合わずに悩んでいる場合も、よく話し合うことで関係が改善することがあります。とんでもないパワハラ上司の場合は別ですが、ほとんどの場合相手も良識のある人間ですので、話し合うことでわかり合える部分が多くあるのです。

上司が自分と合わないと感じると、無意識に避けてしまうこともよくあるでしょう。しかし、積極的にコミュニケーションを取るようにすれば、次第にあなたの味方となってくれることもあるのです。

転職を考える

今の仕事が本当に辛くて仕方がないなら、転職することも視野に入れてみましょう。それによって、あなたに合った仕事に就くこともできます。そのために、自分がやりたい仕事についてよく考えてみることが大切です。

あなたは、子供の頃どんな職業に憧れていましたか。また、どのような仕事に向いていると思いますか。あなたの適職は、あなた自身にしか分かりません。自分と対話して内面を深く探っていくことで心の奥底からの声が聞こえてくるのです。

まず、自分がどのようなことに喜びを感じる人間なのかをよく調べるのがおすすめです。そして、今度こそ毎日が楽しくなるやりがいのある仕事に就きましょう。

辛い時は立ち止まって考えてみることも大切

仕事が辛くて悩んでいるなら、家でテレビを観る時間を減らして一人になってよく考えてみましょう。一体何がそんなに辛いのでしょうか。今の仕事は、あなたに向いていないのでしょうか。そして、本当にあなたがやりたい仕事は何なのでしょうか。一つひとつじっくりと考えていくことで、あなたの内面と対話することができます。「ピンチはチャンス」といいますよね。あなたの人生が変わるきっかけが今来ているのかもしれませんよ。