1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 体調不良で仕事を休みたい。休んだ人を会社はどう思っている?

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

体調不良で仕事を休みたい。休んだ人を会社はどう思っている?

体調不良で仕事を休むのは罪悪感がある

体調不良になってしまったけれど、仕事を休むのは罪悪感があるということもあるでしょう。仕事を休むことになると、自分の仕事を他の人に任せることになったり、仕事を任せてもらえなくなったりする可能性があります。

そこで、ここでは体調不良で仕事を休みたくなったときにどうすればいいのか、仕事を休んだ場合に会社からどう思われているのかなどについてご紹介します。

体調不良で休みたくなったときはどうする?

体調不良になってしまい仕事を休みたいと思っても、どうすればいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは体調不良になって仕事を休みたくなったときにどうすればいいのかについてご紹介します。まずは、直属の上司に電話で連絡をして、部署など全体に連絡をする場合はメールで連絡をすると良いでしょう。

また、電話で連絡をする場合は始業時間の15〜10分前のタイミングで連絡をするのが良いです。

直属の上司には電話で連絡をする

体調不良で仕事を休みたい場合は、直属の上司には電話で連絡をするのが良いでしょう。休みの連絡は電話がいいのか、メールがいいのか迷ってしまう人もいるかもしれません。

会社によっては、休みの連絡はチャットやメールで行うという習慣やルールがある場合はそれに従いましょう。しかし、特に決まりがない場合は、基本的には直属の上司に電話で連絡をするのがベストな選択です。

部署全体に伝える場合はメールで連絡をする

上司だけでなく、担当している部署やプロジェクトチームなど、全体に連絡を入れたいという場合は、メールで連絡をすると良いでしょう。

この際は、メールには会社を休む理由・お詫び・仕事の引き継ぎなどに関する内容を記載しましょう。大人数に一斉に連絡をしたい場合は、メールで連絡をして、ただ休む連絡だけではなく仕事のバックアップについても連絡をすることで負担が少なくなります。

できるだけ早く休みの連絡をする

会社を休むことになると、同じ職場の同僚や上司など負担をかけたり、迷惑をかけたりすることがあるでしょう。

そのため、休む連絡はできるだけ早めにすることがおすすめです。もし、体調不良で夜の時点で明日休みたいと思っている場合は、夜のうちに連絡をするのも良いでしょう。

しかし、上司が仕事をしていないプライベートの時間に電話をしてしまうと失礼になってしまうことがあるので注意が必要です。

休みの許可が出たら同僚や先輩に報告する

休みをもらいたいときは、まずは上司から休みの許可が出るかを確認することが大切です。直属の上司に連絡をして休みの許可が出た場合は、その後職場の同僚や先輩たちに報告を入れると良いでしょう。

メールでの報告であれば一斉送信ができるので、まとめて送る場合におすすめです。また、データとして残るので、仕事の引き継ぎなどについて詳しく記載すると良いでしょう。

電話は始業時間の15〜10分前がベスト

電話で休みの連絡をする場合は、始業時間の15〜10分前に連絡をするのがベストです。それか、直属の上司の出勤する時間がわかっていれば、その時間帯に合わせてかけても良いでしょう。

早すぎる時間にかけてしまうと、会社の固定電話の場合は、会社に誰もいなかったり、上司の携帯にかけても通勤途中だったりする可能性があります。

電話連絡の場合は理由や状況を報告する

電話で休む連絡をする場合は、休む理由・今の病状・必要な引き継ぎ・次に出社できる目安などについて報告しましょう

これらの内容を伝えておくことで、上司はその日の仕事を調整しやすくなります。また、次に出社できる目安も、もし体調がかなり悪いのであれば2日後や3日後など、無理をしない日数を伝えることが大切です。

会社が仕事の割り振りをする際に参考になるので、具体的にわかり次第詳しい日程を連絡しましょう。

自分で休むと決めない

どれだけ体調が悪かったとしても、自分で「今日は会社を休む」と決めてはいけません。上司に連絡をした場合に、「今日は体調不良のため休みます」と連絡をしてしまうと、上司からは「自分勝手な人」と思われてしまうことがあります。

そのため、休みの連絡をする際は「今日休みをいただいてもよろしいでしょうか」と、許可をもらう言い方にしましょう

仕事の進捗状況を説明する

仕事を休む場合は、今自分が抱えている仕事の進捗状況について上司に説明しましょう。上司や会社は、自分が体調不良になってしまい休む連絡をする場合は、体調を心配すると同時に、仕事の状況についても心配しています。

そのため、仕事を休む際は、自分が仕事に与える影響や、取引先との約束の有無、仕事の進捗状況についてできるだけ丁寧に説明すると良いでしょう。

休み明けはきちんとお礼を伝える

体調不良で仕事を休んだ場合は、休みをくれた上司や、自分の仕事のフォローをしてくれた同僚や先輩たちにきちんとお礼を伝えましょう

仕事が忙しい人ほど、当たり前のことを忘れてしまうことがあります。また、仕事を休んだことにより、会社の人の負担が増えたとしても、一言お礼を言うだけで印象が変わります。

社会人としての信頼を失わないためにも、直接お礼を伝えることは大切です。

本当に休むべきなのか判断する

「なんだか調子が悪い」、「これくらいの体調不良で休んでもいいのか」と迷うこともあるでしょう。仕事なのだから、このくらいで会社を休むべきではないと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には「休んでも良い場合」と「休むべき場合」はあります。例えば、インフルエンザなどの感染力が強い病気の場合は休むべきです。

本当に休むべきなのかを適切に判断することが重要です。

言い出しにくい理由のときは会社にどう伝える?

発熱や下痢などの体調不良であれば伝えやすいですが、体調不良の理由が言い出しにくい場合もあるでしょう。

例えば、生理痛や妊娠初期のつわりの症状が辛い場合など、特に男性の上司には言いにくいと感じることもありますよね。

そこで、ここでは言い出しにくい理由のときに会社に伝える方法についてご紹介します。例えば、生理痛の場合は腹痛と伝えたり、妊娠初期の体調不良は診断書を出してもらうと良いでしょう。

生理痛を言いにくい場合は腹痛と伝える

生理痛が辛いときに、上司に休む理由を言いにくいこともあるでしょう。特に男性上司には詳しい体調不良の理由を伝えにくいですよね。

そこで、生理痛で仕事を休む場合は、生理痛とは伝えずに腹痛と伝えることもおすすめです。また、会社によっては生理休暇などの制度があるところもあるので、事後対応で労務などを管理している人に報告すると良いでしょう。

妊娠が理由なら医師から診断書を出してもらう

妊娠初期のつわりなどの症状が辛く、仕事を休みたい場合があるでしょう。しかし、仕事を休みにくかったり、体調不良の詳しい理由を言いたくないと言うこともあるかと思います。

その場合は、医師から診断書を出してもらい、休息が必要であることを伝えましょう。会社が休みにくい雰囲気を作っていたとしても、会社は担当医師の指導を守らなければいけないと決まっています。そのため、診断書は有効になるでしょう。

不妊治療のため休みたい場合は理解ある女性に伝えておく

不妊治療をしている場合は、検査などで定期的に仕事を休まなくてはいけないことがあるでしょう。もし、直属の上司が理解のある女性である場合は、直接伝えておくことで会社側も理解してくれるはずです。

しかし、上司が男性で伝えづらい場合や、理解のない人の場合は、同僚や先輩など理解のある女性に伝えておくことがおすすめです。

理解してもらうことで、楽になり、安心して病院に通うことができるでしょう。

会社は体調不良で休む人をどう思っている?

体調不良で休みたいと思った場合は、もし休んだら会社の人からどう思われるのか気になる人も多いでしょう。

例えば、自分が休むことで自分の分の仕事を他の人が負担することになるので不満に思っていたり、やってもらいたいと思っていた仕事を任せることができなかったりすることがあります。

そこで、ここでは会社を体調不良で休んだ場合に会社はどう思っているのかについてご紹介します。

どう思われるかは普段の振る舞いで変わる

体調不良で休んだ場合は、会社にどう思われるのか気になる人も多いでしょう。「もしかしたら何か悪口を言われているかもしれない」「休み明けに出社するのが怖い」と思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、仕事を休んだときにどう思われるかは普段の振る舞いによるのです。

そのため、普段から頑張って仕事をしていれば会社の人も「疲れが溜まっていたのかな」と心配してくれるはずです。

休んでいることに不満を持っている

会社によっては、非常に忙しいところもあるでしょう。そのため、一人が1日仕事を休んだだけでも大きなダメージになる場合もあります。

そのような会社の場合は、他の社員も膨大な量の仕事をこなしている中で、一人分の仕事も追加されてしまうため、休んでいることに不満を持っていることもあるでしょう。

このような会社はブラック企業であることが多いので、このまま働き続けると精神的に限界が来てしまう恐れがあります。

思っているほど周りの人は気にしていない

仕事を休んだ場合は、「仕事を休んでしまったので、みんなにどう思われているのか」「サボりだと思われていないだろうか」と不安に思うことがあるでしょう。

しかし、自分が思っているほど周りの人は気にしていないこともあります。自分が気にしすぎているため、大ごとのように感じていることもあるでしょう。

そのため、あまり気にすることなく、次に出社したときにお詫びとお礼を伝えると良いです。

誰かがカバーしているので負担を感じる

仕事を休むと、その日の仕事は誰かがカバーしています。そのため、会社の同僚や上司からは良く思われないことがあるでしょう。

自分の分の仕事をカバーしている人たちにとっては負担を感じていることがあります。また、休みがちの人の場合は、「精神的に弱いのではないか」と思われてしまうことがあるでしょう。そのため、会社の居心地が悪くなってしまうこともあります。

やってもらいたい仕事を任せることができない

体調不良が多いと、自分が任されている仕事が遅れてしまうことがあるでしょう。そのため、仕事を休むことで業務に支障が出てしまうこともあります。

そのため、やってもらいたい仕事を任せることができないと思われることがあるでしょう。体調不良で仕事を休んでしまうのは仕方のないことですが、自分が任された仕事は最後まで責任を持ってやり遂げることが大切です。

体調管理ができていないと思われる

体調不良で休むことで、「体調管理ができない人」というイメージがついてしまうことがあります。体調が戻って出社しても、会社に居づらい雰囲気になってしまうこともあるでしょう。

会社にいることがストレスになってしまうと、仕事を続けることが難しくなってしまうことがあります。

どれだけ気をつけても体調を崩してしまうことはありますが、なるべく健康的な生活を心がけて体調管理をすることが大切です。

体調不良で何度休んでも許される場合とは?

体調不良で何度か休んでしまうこともあるでしょう。しかし、何回も体調不良を理由に休んでいると会社からマイナスの評価をされることがあります。

では、体調不良で何度休んでも許される場合はあるのでしょうか。そこで、ここでは体調不良で何度休んでも許される場合についてご紹介します。

例えば、妊娠など体調不良が続く明確な理由がある場合などは、何回か休んでも許されることが多いです。

妊娠など明確な理由である場合

妊娠している場合は、つわりの症状が辛く仕事ができないこともあるでしょう。妊娠など、明確な理由があって仕事を休む場合は、周囲への理解を得やすいです。

また、妊娠によるつわりの症状は何回も起こるものなので、仕事を何回も休んだとしても許されることが多いでしょう。

会社の理解があれば、会社での居心地も悪くなることなく休むことができます。

インフルエンザなど感染しやすい病気の場合

インフルエンザやノロウイルスなどの場合は、感染力が強いので出社したくても休むように言われるでしょう。

このように、会社に出社すると他の人にも移ってしまうことがある病気の場合は、何回か仕事を休んだとしても許されるでしょう。

理解のある会社であれば、インフルエンザなどで数日間休んだとしても「仕方がない」と思ってくれることが多いです。

精神的な負荷があり理解を得ている場合

体調不良の原因が精神的な負荷によるものであり、それを会社が理解している場合は何回か休んだとしても許されることが多いです。

精神的にストレスを感じているため体調不良になることが頻繁にある場合は、病院に行って一度診察を受けてみると良いでしょう。

体調不良で休む理由が明確でない場合は、上司など職場の人たちからマイナスのイメージがついてしまうことがあるので注意しましょう。

どうしても体調不良が続く場合はどうする?

体調不良が1日では治らず、続いてしまうこともあるでしょう。体調不良が続いて仕事を休み続けている場合は、どうすればいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここでは体調不良が続く場合にどうすればいいのかについてご紹介します。例えば、心身に影響が出る前に転職を検討したり、仕事の量や内容を見直してみることが大切です。

心身に影響が出る前に転職を検討する

体調不良が続く場合は、まずは原因を探ることが大切です。体調不良のままでいると、心身に影響が出てしまうことがあります

例えば、うつ病や精神的な病気になってしまうと、物事の考え方が否定的になってしまいがちです。

そして、何もできなくなってしまうことがあるので、仕事が原因でストレスを感じ、体調不良になっている場合は早めに転職を検討することもおすすめです。

仕事の量や内容を見直してみる

体調不良が続く場合は、働きすぎによって免疫力が下がっていたり、ストレスが溜まっていたりする可能性があります。

そのため、一度自分の仕事量や内容を見直してみると良いでしょう。自分のキャパシティーを超える作業を求められていたり、長時間労働が続いていたりする場合は上司に相談をしたり、業務の効率化を図ったりする必要があります。

仕事に対する意欲があるかどうか考える

職場での人間関係がストレスに感じていたり、仕事内容が辛かったりする場合は、ストレスが身体に現れて体調不良になることがあります。

そのため、体調不良が続いている人は、仕事に対する意欲があるかどうか考えてみると良いでしょう。もしかしたら、燃え尽き症候群のように目標を失ってしまった状態で、それがストレスとなっている可能性もあります。

人間関係を見直してみる

会社での人間関係が原因で体調不良となって現れている可能性もあります。職場の人との関係は、仕事のモチベーションと深く関わってくるので、もし人間関係が良くない場合は仕事をすることがストレスになっていることもあるでしょう。

また、自覚がないうちにパワハラやセクハラを受けていて、嫌な気持ちが溜まっていることもあるので、職場の人との人間関係を一度見直してみることが大切です。

会社の理解を得て無理なく働けるのが一番

ここでは、体調不良で会社を休みたくなったときにどうすればいいのか、体調不良で休んだ人を会社はどう思っているのか、体調不良で何度休んでも許される場合、どうしても体調不良が続く場合にどうすればいいのかなどについてご紹介しました。

体調不良の場合は、無理をしてでも出社するべきなのか迷ってしまうこともあるでしょう。休みたいと思ったときは、会社の理解を得てからしっかりと休むことが大切です。

ランキング

記事一覧