1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたいから結婚したい人が考えて欲しい4つの事

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

仕事を辞めたいから結婚したい人が考えて欲しい4つの事

結婚と同時に仕事をやめる時に考えたい経済的な4つのデメリット

働く未婚女性にとって、結婚して退職するという、いわゆる寿退社は女性の憧れの一つとなっています。正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、どの契約形態でも仕事をするのはストレスがかかり、また肉体的にもつらい事が多いです。そのため結婚して仕事を辞めたいと考える女性が多くいます。

ある調査では、働いていた女性の約4人に一人が結婚をきっかけに仕事を辞めてしまっているのです。もちろん、仕事を辞めさせられるような例もあると思いますが、自ら仕事を辞め専業主婦になる人が多いようです。

しかし、そのような形で仕事を辞めてしまうことには注意が必要です。実際には、仕事を続けていた方が女性にとっても夫婦にとってもお得なことが多いということをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。ここでは仕事を辞めてしまうデメリットをご紹介します。辞める前に少し思いとどまる参考にしてください。

仕事を辞めたくて結婚をしたい人はマリッシュで理想の結婚相手を見つけよう!


仕事を辞めて結婚したいと思っている女性は、結婚して専業主婦になることが一番の近道です。マリッシュを使って理想の男性を見つけて寿退社を目指してみませんか?
↓↓マリッシュに簡単登録!↓↓

24時間有人サポートありで女性は完全無料が嬉しい!

マリッシュの魅力とポイントは下記になります。

マリッシュのメリット
  • 年会費なし・登録はもちろん女性は完全に無料で使える!
  • facebookを使っていない人でも連携をしたくない人もOK!
  • 自分の条件に合った理想の相手を見つけ出せる!

寿退社を目指したい人はマリッシュで理想の相手を見つけてみてください!
↓↓登録無料!マリッシュに簡単登録してみよう!↓↓

産休や育休などないため、収入がない

結婚後に出産する事もあると思います。産休や育休の時には健康保険と雇用保険からでる手当金をもらえます。産休は健康保険から給料が貰えない産前産後の約3ヶ月間は給料の約3/2を支払ってくれます。かつては貰えましたが、現在は退職後半年以内に子供が生まれても貰えない制度となっています。

育児休業については子供が1歳になるまで雇用保険から給料の約5割の支払いを受ける事ができます。またこの期間は年金の保険料や健康保険は免除されるので、手取りで考えると6割程貰える感覚になります。いずれも復職の意思があり、会社を辞職せず産休・育休が認可されなければ支払いを受ける事ができません。妊娠を機に辞めるより、一旦復職し、どうしても辞めたい場合に退職した方がかしこい選択と言えます。寿退社をしてしまっては産休の出産手当金も、育休時のお金ももらえないので、できれば避けましょう。

お金が貯まりづらい

女性が結婚を機に専業主婦になるということはままありますが、夫婦共働きを止めると、収入は旦那さんだけに頼ることになり、必然的に貯金が貯まるのも遅くなります。家の購入など大きな買い物をしようとした時に、数百万円の頭金が必要になることもありますが、旦那さんのお給料だけでやりくりするのはやはり大変です。

夫婦それぞれ収入があれば、お給料のうち約2割を貯金しようと目標をたてるだけで、1年で100万円以上貯めることもできるでしょう。お金に余裕がある分、どんな家にするか希望も叶いやすくなり、選択肢も広がります。住宅の購入だけでなく、人生でかかる費用というのは莫大です。子供の教育費や老後のための貯金などが代表例です。子供の教育費は1人1000万円とよく言われます。また老後に必要な貯金は、1人3000万円、夫婦で考えると6000万円と言われています。これだけで合わせると7000万円です。さらに子供が2人、3人と増えると必要なお金も増えます。楽をしたいと安易な気持ちで結婚退職しようとしているのならば、少し人生の先のことを考えてみましょう。後々お金のことで苦労しないよう早いうちから計画的に貯金をしたいですね。

専業主婦になると自由に使えるお金が減る

仕事に追われる日々に嫌気がさして専業主婦になったとき、毎日が穏やかに過ぎていくことに喜びを感じるのも数か月でしょう。ある程度時間がたち、仕事の疲れも取れたころには、自分が自由に使えるお金がほとんどないことに気づきます。自分が専業主婦になって稼がなくなった分、以前は自分も負担していた生活費を男性に全部負担してもらうことになるので、当然自分が使える自由なお金も激減します。例えるならば、今まで男性が自由につかっていたお金を、半分ずつにするようなものです。

仕事に追われていた日々に比べると、お金を自分のお金として自由に使えなくなりますし、自分が専業主婦になったためにおこづかいが減ってしまった男性に、ごはん代を負担させるようなこともできません。専業主婦になってやっと仕事に追われる日々から脱しても、自由に使えるお金がなければ楽しくもないでしょう。こういったことからも、心身ともに大変ですが、結婚退職をせず、共働きを維持して自由に使えるお金で楽しみを作ることを考えてもいいのではないでしょうか。

合わせて読みたい

再び就職しようとすると苦労する

人生のキャリア形成を容易にしたければ正社員を続けることです。キャリアは続けなければさびつきます。正社員だった人が結婚後仕事を辞め、専業主婦になり、その後30代後半や40代から就職活動をしたところで、正社員として復帰できずに非正規やパートの仕事を選ぶしかない人が沢山います。それは経験や能力、スキルがあっても一旦、正社員を辞めてしまうと、そう簡単には正社員として再就職出来ないのです。

例えば銀行での窓口業務の経験がある女性は40代でも再就職しやすいと思われますが、それは同業種の募集がなければ結局、再就職は難しいことになります。ですから長い人生で考えれば結婚後も仕事は辞めずに育児休暇などの制度を上手に利用しながら正社員として仕事を続けて行くことがキャリアをさびつかせず、またキャリア形成を容易にすることができると言えます。

合わせて読みたい

みんな結婚したら仕事をやめるのか?

ここ最近は、夫婦共働きの家庭が増えてきました。その影響もあるのか、女性のなりたい職業の一つとして「専業主婦」が挙げられるようになってきたようです。昔は結婚後も外で働きたいと希望する女性が多かったものですが、それは上昇志向というだけでなくやはり経済的な事情によるものが多かったということなのでしょうか。女性の本音としては経済的に余裕ができるのであれば、結婚したら専業主婦になりたい、家にいたいと思うものなのでしょうか。

インターネットなどには、結婚した後も仕事を続けるかどうか悩む女性たちからの相談が多く寄せられているようです。働きたいけど子供が、などではなく、逆に専業主婦になりたいから、という内容が多いのだとしたらやや意外なことです。ここでは結婚した女性の意見をご紹介します。結婚して仕事を辞めるべきか続けるべきか悩んでいる人は参考にしてください。

合わせて読みたい

結婚と同時に仕事をやめる人の意見

以前から辞めたいという思いがあなたにあったならばいい機会かもしれませんね。彼の給料に生活していける余裕があるならば無理してまで続ける必要はないんじゃないかな、と思います。(31歳女性)

彼の給料で二人とも生活していくことができ、さらに彼も私が仕事を辞めることに賛成してくれるならば、今の仕事は辞めてもいいかなと思います。(28歳女性)

彼も退職することに賛成している場合は、結婚を機に仕事をやめて専業主婦になってみるのもいいかもしれません。自分の時間も持てますし、出産や育児への準備もしっかりとできます
しかし、出産後に今と同じ労働条件で職場復帰を考えているのでしたら、退職という形ではなく産休や育休制度を利用してみた方が得策かもしれません。そちらの方が仕事復帰もしやすいですし、新しい環境で働き直すのも大変です。

結婚しても仕事を続ける人の意見

正社員であれば、もし子供ができても産休や育休は取れて復帰もできますが、私はこの年齢になり、時給の安いアルバイトの面接にすら通りません。本当に正社員というものは宝なのだと思いました。(33歳女性)

私は仕事を辞めて後悔をしています。家事と仕事の両立が大変なのは最初だけです。(32歳女性)

今の仕事を続けたいと答えた人は30代が70%と最も多く、20代は66%、40代が62%という結果となりました。また、30代からは「結婚は今の仕事を続けていく上で障害になる」という声もあった一方、「結婚しても今の仕事を続けたい」という声が最も多いという結果にもなりました。現代の社会で、安定した仕事に就ける人はごく少数とも言われています。

このような声もあるのが現実であり、結婚や妊娠を機にすぐに仕事を辞めるのではなく、仕事と家事との両立が難しいと感じた時点で辞めることを検討するのもひとつの方法なのかもしれません。

結婚と同時に転職する人に意見

結婚して転職するのはありだと思います。一度、仕事を辞めてから転職するのは難しいかもしれませんが、現役で働いている内に自分に合った職場に転職してしまえば結婚後の負担が減るかと。(30歳女性)

現在の職場環境に不満がある場合、辞めてしまいたいという気持ちに流されてしまい、ただ辞めてしまうと職歴にも空白時期ができることで、転職するのにも難しい状態になりやすいです。現在の職場より条件の良いところを探すためにも、仕事の休憩時間などの隙間時間を上手に使って、自分に合う職種や職業を探してみたり、転職サイトなどに登録してみたり等の活動を少しずつでも続けていくことで、新しい選択肢の可能性も広がりやすくなります。働きながらの転職活動は、忙しいこともあり、スムーズにはいかないと思いますが、段取りや時間のやりくりが上手になることで、新しい道も開けてくることも多いです。現在の状況を変えるには、まず積極的に動いてみるということ、それにより、現在の状況の不満点などもより、明確になりやすく転職活動も進めやすくなるのではないのでしょうか。

合わせて読みたい

仕事辞めたい人が結婚に逃げる事もある

29歳女性のYさんの話です。
————————————————-
5年前からお付き合いしてる彼氏がいます。その彼氏から以前に2回結婚してほしいと言われました。でも、仕事に集中したいし習い事をしたい自分の時間を大切にしたいという思いもあり、その理由を伝え今は結婚をしたいと思えないと彼に伝えました。でも、本当は自分の中でこの人と結婚していいのか?もしかしたらもっといい人がいるのかもしれないという思いがありました。

でも、2年程前から仕事が忙しくなり自分の時間がとれなく心身ともに疲れてしまいました。最近は仕事をすることが嫌になってしまい辞めたいという気持ちがでてきて、このまま彼と結婚して仕事を辞めてしまおうかと思っています。でも、結婚しようという理由が仕事から逃げたいということなのでこんな状態で結婚してもいいのか…と不安に思っています。それともこのままやっぱり結婚するほうがいいんでしょうか、よければ相談にのってもらいたいです。
————————————————-
このように結婚を理由に仕事を辞めたいと考える女性は多いです。しかし、焦って結婚して仕事を辞める前に一度じっくり考えみてください。どうしても仕事を辞めたいと思ったら辞めても仕方がありませんが、できれば辞めない方が後の人生を考えたときにメリットが多いです。もし迷った時は結婚を考えているあなたです。隣の彼に相談してみましょう。結婚後も2人で幸せに暮らしていくために、話し合いましょう。

ランキング

記事一覧