1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 営業事務を辞めたい理由は?おすすめの転職先について

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

営業事務を辞めたい理由は?おすすめの転職先について

営業事務を辞めたいと思ったらどうすればいい?

営業事務は事務職ですが、任される仕事が多かったり営業と同じような仕事をしたりすることがあるため、辞めたいと思うこともあるでしょう。

しかし、営業事務を本当に辞めていいのか、辞めた後の転職先はどこがいいのかなど、迷っている方も多いですよね。

そこで、ここでは営業事務を辞めるべき人や、営業事務からの転職先におすすめな仕事についてご紹介します。

営業事務を辞めたくなる理由とは?

営業事務の仕事は、事務職でありながら営業と同じような仕事をしたり、締め切りのある仕事だったりするため辞めたいと思うこともあるでしょう。

では、どんな時に営業事務の仕事を辞めたいと思うのでしょうか。そこで、ここでは営業事務の仕事を辞めたくなる理由についてご紹介します。

営業事務の仕事は量が多く種類も多いため、働き始めた人が辛いと感じることが多いです。

男性主体の職場に耐えられなくなる

営業は男性が比較的多い部署です。そのため、上司や先輩が大柄な態度をとったり、セクハラと感じるような発言があったりすることがあるでしょう。

男性が主体となっている職場環境に耐えられなくなることがあります。しかし、相手を変えることは簡単ではないですよね。

そのため、部署の中で居づらい思いをすることがあり、営業事務を辞めたいと思うことがあります

締め切りがある仕事なので時間との戦いになる

営業事務の仕事は、一般事務の仕事と違って締め切りのある仕事が多いです。そのため、時間に追われることがあり、残業しなくてはいけないこともあるでしょう。

忙しいのが楽しいと思える人であれば、そこまで仕事が辛く感じないかもしれません。しかし、急な残業が入ったり、締め切りに追われたりすることが嫌な場合には辞めたいと思うでしょう。

仕事の種類が多く量も多い

営業事務の仕事は、営業のお手伝いから一般事務まで種類が多いです。そのため、仕事量が多く一人で抱えきれないこともあるでしょう。

また、上司や先輩に相談しにくい職場の場合は、一人で無理をして体を壊してしまう可能性もあります。自分のキャパシティーを把握することが大切ですが、自分から無理だと言いづらいこともあるでしょう。

そのため、営業事務の仕事を辞めたいと感じることがあります。

プライベートに仕事を持ち込みやすい

営業事務の仕事が忙しい時や、アイデアが必要になった時は休みの日でも仕事のことを考えてしまう人も多いでしょう。

営業事務の仕事はプライベートにも仕事を持ち込みやすい職業なので、仕事を忘れることができる瞬間がなく、息抜きできなくなってしまうこともあります。

プライベートと仕事の区別が曖昧になってしまうと、メリハリがなくなりリフレッシュできなくなるでしょう。

営業活動まで任されることがある

営業事務は、事務職といっても実際は営業アシスタントも兼ねていることが多いです。そのため、営業事務として働いてから、イメージとの違いに驚く人が多いでしょう。

しかし、基本給与は事務職の立場に合わせた金額であることが多いので、待遇に不満を持つ人もいます。また、事務職として採用されていても、実際には営業担当者と同じような仕事を任されることが多いです。

業務量が多く残業もある

営業事務は業務量が多い仕事であるため、手際よく仕事を片付ける必要のある職種と言えるでしょう。業務内容も多岐に渡るので、頑張って仕事を片付けても定時までに仕事が終わらないことも多いです

毎日膨大な量の仕事に追われたり、毎日残業が続いたりすることがあるとストレスが溜まってしまい辞めたいと思うこともあるでしょう。

人間関係に悩まされることが多い

営業事務は、事務職なので人付き合いは最低限で済むと思っている人も多いでしょう。しかし、営業事務の仕事は、意外に人間関係に悩まされることが多いです。

営業事務は営業担当のサポートをすることが仕事なので、営業担当と常に連絡を取り合い、コミュニケーションをとる必要があります

また、女性が多い職場なので上下関係が厳しいことも多いでしょう。

気の合わない営業担当と組むと仕事の効率が悪くなる

営業事務は、営業担当に対する緊密なサポートが中心となる仕事です。そのため、気の合わない営業担当と組むことになる場合もあるでしょう。

その場合は、職場で感じるストレスも大きくなり、仕事の効率も悪くなってしまうことがあります。自分と相性の良くない営業担当と組むことが嫌で、営業事務を辞めたいと思う人も多いです。

予定していなかった仕事が突然入ることも多い

営業事務の仕事は、営業担当の都合によって予定していなかった仕事が急に入ることがあります。例えば、今日の仕事が終わって退社しようとしている時に、「すぐにこの資料の準備をしてほしい」と頼まれることもあるでしょう。

営業活動では迅速さが求められるので、急な残業を強いられることもあります。急なスケジュールの変更に耐えられない人は、営業事務の仕事が辛いと感じることがあるでしょう。

自分の仕事が営業の成績を左右するのでストレスになる

顧客に直接応対をするのは営業担当者ですが、それをサポートしているのは営業事務です。そのため、営業担当がうまくいくかどうかは、営業事務にかかっているとも言えるでしょう。

自分の仕事が営業の成績を左右するので、重責がストレスになってしまう人も多いです。もし、営業事務がミスをすれば、直接的に業績は悪化してしまいます。

不動産業界の営業事務は事務職とは思えない残業量がある

営業事務の仕事は基本的に業務量や残業が多いです。しかし、その中でも不動産業界の営業事務は事務職とは思えないくらいの残業量があります。

何人もの営業担当を一人でサポートすることが普通で、資料作成や受注の管理、請求書の作成などを一人でこなすことが多いです。

不動産業界の営業事務で働く人は、仕事量や残業の多さから転職を考える人も多いでしょう。

商社の営業事務は大きな労力が必要

商社では数え切れないほど多数の商品を扱っています。その分のメーカーとも取引をしなくてはいけないので、商社の営業事務の人は、まず多彩な商品の情報を十分に把握する必要があります。

商社で営業事務として働いている場合は、顧客とメーカーの対応に多くの時間を割くことになるので、実に多くのエネルギーが必要となるでしょう。

営業から無理な業務を押し付けられる

営業事務は、担当している営業のサポートをすることが仕事です。しかし、中には営業の仕事なのではないかと思うような業務を押し付けられることもあるでしょう。

例えば、顧客に対する接客を求められることもあります。事務職として働きたいと思い営業事務の仕事に就いたとしても、営業と同じような仕事を任せられることになると、辞めたいと思うこともあるでしょう。

営業担当とコミュニケーションがうまく取れない

企業の営業事務では、基本的に営業1人につき営業事務が1人つくという体制が多いです。そこで、営業担当とのコミュニケーションがうまく取れないと、仕事がスムーズに進みません

営業担当の報告や指示が遅いときや、細かい連絡が取れないときにコミュニケーション不足になってしまい、ストレスも溜まってしまうでしょう。

人間関係に疲れてしまい、辞めたいと思う人は多いようです。

一般事務とは違い自分のペースで仕事ができない

一般事務の場合は納期さえ守れば自分のペースで仕事をすることができます。しかし、営業事務の場合は営業の仕事と直結しているため、急な仕事が入ったり、スケジュールが変更になったりすることがあります

自分のペースで仕事をしたいと思う人や、自分の予定を狂わされるのが嫌に感じるような人は、営業事務の仕事を辞めたいと思うこともあるでしょう。

スピードや臨機応変さを求められるので責任の重圧に耐えられない

営業事務はスピードや臨機応変さを求められるため、常に仕事は忙しく正確さを求められるでしょう。また、仕事量が多いので時にはミスをしてしまうこともあるかもしれません。

営業事務の仕事は、営業と直結しているためミスをしてしまった時の責任は重大です。営業と一緒に仕事をしなくてはいけないので、その重圧に耐えられないと感じる人も多いでしょう。

営業事務を辞めたほうがいい場合とは?

営業事務を辞めたいと思っていても、本当に辞めていいのか、このまま続けた方がいいのか迷っている人も多いですよね。では、どのような場合に営業事務の仕事を辞めた方がいいのでしょうか。

そこで、ここでは営業事務の仕事を辞めた方がいい場合についてご紹介します。営業事務の仕事が辛いと感じたり、悩んだりしている人は、まず上司に相談をしてみると良いでしょう。

部署移動を提案しても受け入れてもらえない場合

営業事務としてこのまま働くことが辛いと感じる場合は、まずは部署を変えることで今の悩みや問題が解決しないか考えてみると良いでしょう。

上司に相談して部署移動ができないか相談してみて、別の部署に移動できれば気分も一新されるきっかけになります。

しかし、部署移動を受け入れてもらえない場合は転職を考えた方が良いでしょう。

相談しても仕事量が減らない場合

営業事務を辞めたいと思う理由の一つとして、仕事量の多さがあります。膨大な仕事を抱えていることが理由で辞めたいと思っている場合は、上司に仕事量を減らすことができないか相談してみましょう

営業事務の仕事が好きな人であれば、仕事量が減ればこのまま仕事を続けたいと思う人もいるはずです。

もし、仕事量を減らすことができないようなら、早めに転職を考えた方が良いでしょう。

担当の営業が丸投げをしてくる場合

営業事務は、担当する営業のサポートをするのが主な仕事となります。しかし、中には仕事を丸投げしてくる営業もいるでしょう。

例えば、値段を下げる交渉を頼まれたり、来年の予算の骨格を作るように言われたり、営業の仕事ではないのかと思うような仕事を頼まれることもあります。

サポートを超えたような業務まで押し付けてくる場合は転職を検討した方が良いでしょう。

職場の人間関係がうまくいかない場合

営業事務は女性が多いため、営業事務の職場では女性独特の人間関係が築かれている場合があります。長く勤めている人の言うことは絶対だったり、新人にはきつく当たったりすることもあるでしょう。

営業事務として働くには、人間関係を良好に保たなくてはいけません。しかし、職場の人間関係がうまくいっていない場合には、転職をして職場を変えた方が良いかもしれません。

育休や時短勤務・休みなど融通がきかない場合

女性の社会進出が推進されており、産休や育休も取りやすくなった会社が増えています。しかし、営業事務職ではまだまだ育休が取りにくい状態です。

特に、独身女性が多い職場の場合は育休や時短勤務を申し出ても嫌な顔をされることが多いでしょう。

もし、妊娠出産の際に会社が協力的でない場合には、転職を考えた方が良いかもしれません。

営業事務を辞めないほうがいい場合とは?

営業事務の仕事は大変な部分も多いですが、その分やりがいを感じやすい仕事でもあります。しかし、営業事務の仕事を辞めたいと思っている人は、辞めてから後悔したくないですよね。

では、どのような人は営業事務を辞めずに続けるべきなのでしょうか。そこで、ここでは営業事務を辞めない方がいい場合についてご紹介します。

営業事務の仕事でスキルアップしたいと考えている人は、辞めずに続けた方がいいかもしれません。

営業事務の仕事はやりがいを感じやすい

営業事務の仕事は、担当する営業のサポートをすることが主な仕事なので自分のやっている仕事の意味や必要性がわからなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、営業事務の仕事は必ず誰かが見てくれています。特に自分の仕事をアピールしなくても、担当している営業や上司から、仕事を褒めてもらえることがあるでしょう。

営業事務の仕事にやりがいを感じている人は、辞めずに続けた方がいいかもしれません。

営業事務の仕事を続けることでスキルアップできる

営業事務の仕事は、いわば何でも屋さんのようなものでしょう。自分が担当している営業さんが困っていたら全力でサポートします。

営業事務の仕事を続けることで、人としても、社会人としてもスキルアップできるチャンスが多いです。例えば、営業事務は人と関わることも多いのでコミュニケーション能力も備わるでしょう。

営業事務の仕事を続けてスキルアップしたいと考えている方は、辞めずに続けた方が良いです。

プレッシャーに強くなり成長できる

営業事務の仕事は、プレッシャーの多い仕事でしょう。また、仕事量や仕事の種類も多いので、ミスをすることもあります。

営業事務の仕事を続けることでプレッシャーに強くなり、一度や二度のミスで諦めない気持ちを持つことができます。

営業事務の仕事で成長したいと思っている方は、営業事務の仕事を続けることで少しずつ一人前に成長できるでしょう。

次も営業事務の仕事を探すなら気をつけるポイントは?

営業事務として働いている環境に不満や悩みがあるため、職場を変えて同じ営業事務として働きたいと思っている人も多いでしょう。

しかし、同じ営業事務として働きたいと思っていても、今の問題が解決されなければ意味がないですよね。では、次も営業事務として転職をする場合に、何か気をつける点はあるのでしょうか。

そこで、ここでは次も営業事務の仕事を探すときに気をつけるポイントについてご紹介します。

営業と事務を兼務する会社もある

営業事務として採用されても、実際には内勤でテレアポをしたり、営業活動として外出をすることがあったりなど、営業と事務を兼務する会社もあります

例えば、営業活動をあまりしない会社の場合は、営業の比重が少ないので事務と兼務していることがあるでしょう。

そこで、事務に専念した営業事務として働きたいと思っている方は、面接の際などに質問しておくと良いです。

営業マンとの相性が大切なので会社の評判を確認する

営業事務は、自分が担当する営業との相性が大切となります。もし、担当する営業と気が合わない場合は仕事がスムーズに進まないこともあるでしょう。

例えば、営業は体育会系の人が多かったり、データ派が多かったりなど様々なので、事前にどのようなタイプの営業が多いのか聞いておくと良いです。

また、会社の評判を口コミサイトなどで確認しておくことで会社の雰囲気を掴むことができます。

残業があるのか・残業手当は付くのかを確認する

営業事務は営業とそのお客様ありきの仕事です。そのため、急な仕事が入ったり、急ぎの見積もりなどを頼まれたりすることもあるでしょう。

また、営業事務は残業が多い仕事ですが、残業手当が付くがどうかは会社によって異なります。例えば、月40時間の残業代は基本給に含んでいる場合や、定時を超えた分は全て残業代として支給される場合があります。

あらかじめ、残業の扱いはどうなっているのかを確認すると良いでしょう。

会社によっては業務推進の目標を設定して査定するところもある

営業事務では、自分の出来高で賞与や収入がアップすることはありません。基本的に営業事務の場合は一定の収入で安定していることが多く、営業ノルマなども設定されていないことが多いでしょう。

しかし、会社によっては業務推進の目標を設定して査定しているところもあります。そのため、会社によっては営業事務でも数字に追い詰められることがあるでしょう。

有給休暇が取りやすいか確認する

営業職や営業事務の職場では、有給休暇が取りにくい場合があります。特に営業は男性が多いので、あまり有給を消化せずに働いている人が多い傾向があるでしょう。

しかし、営業事務は自分の業務の予定を立てて仕事ができるようになれば、有給休暇も取りやすくなります。

ネットの口コミを確認したり、面接などで質問をしたりして有給休暇が取りやすい環境なのか確認すると良いでしょう。

営業事務からのおすすめ転職先は?

営業事務の仕事に不満があるため、転職して別の仕事に就きたいと思っている人も多いでしょう。では、営業事務を生かせるような仕事はあるのでしょうか。

そこで、ここでは営業事務からのおすすめの転職先についてご紹介します。営業事務の残業時間に不満を持っている人は、残業が少なめの学校事務がおすすめです。

また、営業と同じような仕事をしてきた人はルート営業の仕事も良いでしょう。

残業が少なめの学校事務

同じ事務職の学校事務の仕事は、残業が少ない仕事です。そのため、営業事務の残業が辛いと感じて転職を考えている人は、悩みが解消されるかもしれません。

また、営業事務の仕事と比べると、学校事務の仕事内容の方が簡単で単純であることが多いです。営業事務の場合は、夜遅くまで残業をしたり、急な仕事が入ったりすることがありますが、学校事務の場合はほぼ定時に帰ることができます。

営業担当者と同じような仕事をしてきた人にはルート営業

営業事務なのに、実際は営業担当と変わらない仕事をしている人も多いです。もし、営業担当と変わらない仕事が苦でない場合は、営業職に転職するのも良いでしょう。

既存の契約先を回るルート営業は、新規で顧客を開拓するよりも気軽にできるので最初のステップとしておすすめです。

営業事務に比べると営業の方が給与も高くなるので、すでに営業担当と同じような仕事をこなしているのであれば、営業職へ転職すると良いでしょう。

仕事量と給料が見合っている一般事務

一般事務の仕事は、仕事量と給料が見合っていることが多いです。営業事務に比べると仕事量が少なめなので、残業をすることも少なくなるでしょう。

また、営業事務の仕事で培ったコミュニケーション能力を活かすこともできます。また、同じ事務職ということで、転職をしても新しい仕事に慣れやすいはずです。

営業事務の仕事をしていて、残業量に悩んでいる方は一般事務への転職がおすすめです。

営業事務からの転職に使える志望動機・自己PR例

営業事務から転職をしようと思っている人は、営業事務として働いた経験をアピールしたり、志望動機に繋げたいですよね。

そこで、ここでは営業事務からの転職に使える志望動機や自己PRについてご紹介します。営業事務は、他の事務職とは違ってセールストークが得意であったり、PCのスキルを持っていたりするところをアピールすると良いでしょう。

セールストークが得意であることをアピールする

営業事務で働く人は、いかに営業担当に気持ちよく仕事をしてもらえるかに焦点を当てて仕事をしている人が多いです。

そのため、自然と相手が気持ちよくなることを言えるようになっている人もいるでしょう。そこで、営業事務から転職をする時は、セールストークが得意であることをアピールすることがおすすめです。

営業事務から営業職などへ転職をする際は大きな武器となるでしょう。

PCスキルを持っていることをアピールする

営業事務では、営業担当から指示された資料を迅速に、かつ正確に作成することが求められます。そのため、営業事務として働くとPCスキルが成長しやすいです。

PCスキルは、他の仕事に転職をする際にも役立つことが多く、他の業種の事務職へ転職をする際にもアピールできるでしょう。

また、営業事務の場合はWordやExcel、PowerPointなども使いこなせる人も多いのでアピールポイントとして使えるはずです。

コミュニケーション能力があることをアピールする

営業事務は営業担当の人と小まめに連絡をとる必要があったり、営業担当の指示を的確に理解したりと、コミュニケーション能力が必要とされる仕事です。

そのため、営業事務で働く人はコミュニケーション能力が備わっている人が多いでしょう。コミュニケーション能力は、対人業務が発生する仕事であれば、どこでも必要とされるスキルなので、アピールできるポイントとなります。

若いうちに動けば転職の可能性は幅広い

営業事務の仕事は、同じ事務職でも一般事務とは違って外に出て仕事をしたり、締め切りに追われたりすることがあります。

また、営業事務は女性が多い仕事なので仕事の人間関係がうまくいかないと辛いと感じることも多いでしょう。

そのため、営業事務を辞めたいと思う時もあるはずです。年齢が若いほど転職の可能性は広がるので、早いうちに職場や仕事を変えることを検討すると良いでしょう。

ランキング

記事一覧