「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 営業事務を辞めたい…本当にいま辞めるべき?転職先はどうする?
仕事の悩み

営業事務を辞めたい…本当にいま辞めるべき?転職先はどうする?

営業事務を辞めたいと思ったらどうすればいい?

営業事務は事務職ですが、任される仕事が多かったり、営業と同じような仕事をしたりすることがあるため、いわゆる一般事務とは異なる苦労が多い職種です。

しかし、苦労が多いからといって今本当に辞めていいのでしょうか。また、辞めた後はどうするべきなのでしょうか。

本記事では、営業事務を辞めたいと思っている人に向けて、後悔のない選択をするためのヒントをご紹介します。

すぐ退職を考えるのではなくまず自分の市場価値を知ろう

仕事を辞めたくなるような気分のときは、冷静でいられず、まずいタイミングや方法で衝動的に退職してしまうこともあります。しかし将来的に役立つ転職をするためには、自己分析などの準備が不可欠です。

そこで、まずは気分転換に「ミイダス」を試してみましょう。ミイダスは、簡単操作で自分のいまの市場価値=想定年収がわかります。それ以外にもこんなメリットがあります。

チェックポイント

  • 質問項目への回答を登録しておけば、待っているだけで企業からスカウトオファーが届く
  • オファーが届いたら書類選考は免除されているということなので、すぐに面接に進める
  • サービス提供元は「doda」などでおなじみの転職大手パーソルキャリア社なので、安心して使える

診断のついでに受け身で転職活動を始められるので、まだ積極的に動くほどでもないかも……という方には特におすすめです。ぜひチェックしてみてください。

営業事務を辞めたくなる理由とは?

営業事務の仕事は、事務職でありながら営業と密接に関わることで、さまざまなストレスがあります。

では、どんな時に営業事務の仕事を辞めたいと思うのでしょうか。そこで、ここでは営業事務の仕事を辞めたくなる理由についてご紹介します。

営業のペースに合わせて仕事をしなければならない

一般事務の場合は納期さえ守れば自分のペースで仕事をすることができます。しかし、営業事務の場合は営業の仕事と直結しているため、急な仕事が入ったり、スケジュールが変更になったりすることがあります

売上を計上する月次締め切りとはまた別に、契約ごとにいつまで返事待ちというのがあったり、「今日でないと、先方の決済権のある人に連絡が取れない」と急に言われたり、とにかくペースを乱されることが毎日あります。

自分のペースで仕事をしたいと思う人や、自分の予定を狂わされるのが嫌に感じるような人は、営業事務の仕事を辞めたいと思うこともあるでしょう。

合わせて読みたい

スピードや臨機応変さを求められる

営業事務はのんびりしてはいられません。今期、今月、ひいては今日の売上を少しでも増やすために、常にスピードや臨機応変さを求められます。

営業担当は、わずらわしい作業は営業事務に任せて、早く次の契約を取りに行きたいと思っています。そのため、営業から連絡が入ったら営業事務はすぐに適切な対応をして、案件をクローズさせなければなりません。

忙しいのが楽しいと思える人であれば、そこまで仕事が辛く感じないかもしれません。しかし、マルチタスクが苦手な場合は、思うように仕事ができずストレスを感じるでしょう。

合わせて読みたい

男性主体の職場に耐えられなくなる

営業は男性が比較的多く、営業事務は女性が多い部署です。そのため営業事務は、営業担当からの男尊女卑的な態度や、セクハラととれる言動に遭うことがよくあります

古い体質の会社や、扱っている商材がシニア向けで営業担当も中高年が多い場合は、なおさらそれを感じることでしょう。

外回りの多い営業マンは、会社に戻ってきたときに、女性の多く座っている営業事務部門の一角を、まるでコンパニオンのように扱うことがあります。異性に癒やしを求めるのは仕方ないかもしれませんが、職場でそうされるのは困りますよね。

20代なら「JAIC」で自分らしく働ける企業に入り直そう

どうしても今の仕事では心身が削られてしまうなら、転職を考えるのも一つの方法です。もしあなたが20代で、正社員としての転職を希望しているなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。いまの職場で感じている営業事務ならではのストレスも解決できるかもしれません。ぜひ相談してみましょう。

営業担当に見下される

営業担当は男性が多く、営業事務は女性が多いので、男尊女卑的な扱いをされてしまうことがあるのに加え、仕事内容の面でも見下されてしまうことがあります。

確かに、売上を立てるための最前線で客に頭を下げて契約を取る営業担当は、会社から特に評価されるべきです。そのために基本給が営業事務より高く設定され、インセンティブもあります。

しかし、だからといって内勤の営業事務をバカにしたり見下したりしていいわけではありません。

誰でもできる雑用係のように思われて、仕事仲間として明らかにリスペクトを欠いた扱いをされたなら、嫌になってしまうのも当然ですね。

仕事の種類も量も多い

営業事務の仕事は、営業担当が持っていくべき資料の準備、本来なら法務部門がするような契約書関係の業務、さらには「ちょっとあのお客さんに電話かけといて」といった営業からの頼みまで、実にさまざまなものがあります。

小さな組織だと、物を売るためのバックオフィス業務はすべて営業事務の肩にかかってくるため、カタログ制作やマーケティングリサーチなども担うことがあります。

幅広い業務を経験できて楽しめるならよいのですが、それで残業が多くなると楽しいどころではありません。

営業活動まで任されることがある

営業職は、ノルマがありきついというイメージのため、敬遠されがちな職種です。一方、よほど専門的なことでなければ未経験者でもできるので、間口は非常に広いです。

そのことから、求人広告には「営業」と書かずに「○○コンサルタント」など曖昧なカタカナ造語で募集したり、別職種で採用してから営業部門に異動させる会社もたくさんあります。

営業事務はそんな中でも特に、なし崩し的に営業活動に駆り出されることの多い職種です。

しかし、もし営業の仕事を楽しいと思えたとしても、営業事務はあくまでも事務職レベルの給料です。本職の営業担当のように高い基本給やインセンティブがないのに、営業活動だけさせられるのでは、嫌になってしまいますね。

合わせて読みたい

人間関係に悩まされることが多い

営業事務は、事務職だからといって人付き合いが少ないわけではありません。営業担当とは常にコミュニケーションを取らなければいけませんし、お客様対応も必要です。

営業事務が何人もいる職場なら、同じ部署の同僚や先輩との関係もあります。女性が多い部署ならではの、派閥や噂・陰口といった問題もあるでしょう。

そのため人間関係に疲れてしまい、辞めたいと思う人は多いようです。

合わせて読みたい

クレームの一次対応をしなければならない

お客様からの電話は、営業担当の携帯電話に直接かかってくることもありますが、営業事務の部署にかかってくる場合が大多数です。そのため、たまたま受けた電話がお客様からのクレームだったということもしばしばあります

商品そのものに対するクレームなら、別の担当部署に回すなり、答えられる範囲で答えるなりといった対応が可能ですが、営業担当にしかわからないような細かいやりとりの話だと、とりあえず謝るしかありません

営業担当がこまめに情報共有をしてくれて、どの客がどんなトラブルを抱えているかが把握できればよいのですが、営業担当もそこまで余裕がありません。

ただ怒られる役割になることが多いと、仕事が嫌になってしまいますよね。

自分の仕事が営業成績を左右するので責任が重い

顧客に直接応対をするのは営業担当者ですが、それをサポートしているのは営業事務です。口約束での契約は営業担当が行っても、実際に契約に係る業務をするのは営業事務だったりします。

そのため、営業担当の取ってきた契約が本当に売上になるかどうかは、営業事務にかかっているとも言えるでしょう。もし、営業事務がミスをすれば、直接的に業績は悪化してしまいます。

自分の仕事が営業の成績を左右するので、重責がストレスになってしまう人も多いです。

業界ごとに異なる営業事務の悩みとは?

業界によっては、営業事務に課せられる仕事の負担が、一般企業の営業事務よりもずっと重いことがあります。業界独特の悩みというのもあります。ここではそんな中から3つをご紹介します。

不動産業界では事務職とは思えない残業がある

営業事務の仕事は基本的に業務量が多く、残業もよく発生します。しかし、その中でも不動産業界の営業事務は事務職とは思えないくらいの残業量があります。

営業所ごとに何人もの営業事務がいるわけではなく、一人きりで仕事をすることがよくあります。複数の営業担当を一人でサポートすることも普通で、資料作成や受注の管理、請求書の作成など、本来は部署別に分かれるような業務を一人でこなすことが多いです。

不動産業界の営業事務は、仕事量や残業の多さから転職を考える人も多いようです。

合わせて読みたい

商社の営業事務は顧客にもメーカーにも気を遣う

商社では数え切れないほど多数の商品を扱っています。その分のメーカーとも取引をしなくてはいけないので、商社の営業事務の人は、まず多彩な商品の情報を十分に把握する必要があります。

商社で営業事務として働いている場合は、顧客とメーカーの対応に多くの時間を割くことになるので、実に多くのエネルギーが必要となるでしょう。

合わせて読みたい

サービス業の営業事務は休日も仕事をしがち

営業担当は、契約を取るためなら土日でも稼働していることがあります。特に、顧客がサービス業の場合は、営業事務のいる本社が週休二日制であっても、営業担当はシフト制勤務になっていたりします。

そうなると必然的に、営業担当からの依頼は休日にも来ることになます。もし自宅PCや私用スマホでも会社のメールが見られるようになっている場合は、「いま対応したほうがいいのかな……」と気が気ではありませんよね。

たとえ休日には対応する義務がなかったとしても、営業ノルマのことを思うとつい休日でも作業をしてしまうという人は多いようです。

営業事務を辞めたほうがいい場合とは?

営業事務を辞めたいと思っていても、本当に辞めていいのか、このまま続けた方がいいのか迷っている人も多いですよね。では、どのような場合に営業事務の仕事を辞めた方がいいのでしょうか。

そこで、ここでは営業事務の仕事を辞めた方がいい場合についてご紹介します。

合わせて読みたい

仕事内容がまったく楽しくない場合

営業事務という仕事自体に、少しでも楽しさややりがいを感じることがあれば、慣れとともに要領がわかってきて、このまま続けてもいいと思えるようになるはずです。しかし、楽しさややりがいをまったく感じられない場合は、無理をしてとどまっている必要はないでしょう。

20代の若いうちなら、まったく別の業界に今から応募しても採用してもらえる可能性が高いです。この機に自分の好きな仕事、本当に興味のある仕事を見つめ直してみてはどうでしょうか。

異業種にチャレンジするならマイナビエージェント

マイナビエージェントは、利用者満足度が圧倒的に高いエージェントです。親身なコンサルタントがじっくりと相談に乗ってくれて、あなたにぴったりの転職先を一緒に考えてくれます。

応募書類の添削や、面接対策など、内定を取るためのサポートも手厚いので安心です。転職経験が少ない20代の人には特におすすめのエージェントです。

相談しても仕事量が減らない場合

膨大な仕事を抱えていたり、残業が多いことが理由で辞めたいと思っている場合は、上司に仕事量を減らすことができないか相談してみましょう。仕事量が減れば営業事務を続けたいと思えるかもしれません。

もし、相談しても何も解決しないまま、時間だけ過ぎていくようであれば、その会社はワークライフバランスへの配慮ができない会社だということです。一種のブラック企業だと思って、早めに転職を考えた方が良いでしょう。

合わせて読みたい

セクハラやパワハラが解決しない場合

会社では、男性が営業担当、女性が営業事務担当、というようにおおまかに分かれていることが多いです。

そのため、中には男性的なノリで悪気なく営業事務の女性にセクハラまがいの発言をする人や、「売上を立てているのはあくまでも自分たち」という思いのもとに営業事務をこき使う人に当たってしまうこともあります。

そのような問題は、上司や別の相談窓口に告げて解決すればよいのですが、解決できないなら身を引いたほうが自分のためです。

残念なことですが、ハラスメントと戦って勝つには非常に労力がかかるので、転職・退職をするほうがずっと楽なのです。

合わせて読みたい

人間関係がうまくいかない場合

営業事務は女性が多いため、営業事務の職場では女性独特の人間関係が築かれている場合があります。長く勤めている人の言うことは絶対だったり、新人にはきつく当たったりすることもあるでしょう。

営業事務と営業の関係も、うまく協力し合えていればいいですが、そうでない一方的な雑用押し付けの関係になっていたりすると仕事がうまくいきません

それ以外でも、派閥がある、家族経営で役員と平社員の間に溝がある、社内恋愛が目に余る、など、人間関係ではさまざまな問題が生じます。

自分ひとりが努力しても解決しないような問題なのであれば、さっさと環境を変えるのもひとつの手です。

合わせて読みたい

育休や時短勤務・休みなど融通がきかない場合

これから結婚や出産を考えている場合、出産後も営業事務として働き続けられるのかどうか、育児と仕事を両立できるのかどうか不安になることもあるでしょう。

営業事務に限らず、事務系の仕事は若い女性が担っていることが多く、小さな会社だと「今まで営業事務が出産して復帰した前例がない」などの理由で、産休・育休やその後の復帰を渋られる場合があります。

もし、妊娠出産に際して会社に理解がない場合には、いまのうちに女性が働きやすい職場へ移った方がよいでしょう。

女性が働きやすい会社はリブズキャリアで探そう

リブズキャリアは、女性の働きやすい職場を厳選して紹介する転職支援サービスです。名目だけの「女性歓迎」ではなく、本当に女性を歓迎したい理由があって、産後も働き続けられる企業ばかりが集まっています。

登録すると自分で求人検索ができるのに加え、提携している外部コンサルタントからのスカウトが届きます。気になる条件の企業があればどんどん問い合わせてみましょう。営業事務のときには考えられなかった新しい可能性があるかもしれません。

合わせて読みたい

営業事務を辞めないほうがいい場合とは?

営業事務の仕事は大変な部分も多いですが、その分やりがいを感じやすい仕事でもあります。しかし、営業事務の仕事を辞めたいと思っている人は、辞めてから後悔したくないですよね。

では、どのような人は営業事務を辞めずに続けるべきなのでしょうか。そこで、ここでは営業事務を辞めない方がいい場合についてご紹介します。

合わせて読みたい

大変な中にもやりがいを感じている場合

営業事務の仕事は、忙しい営業担当のサポートをすることが主な仕事なので、綿密なコミュニケーションと、それに応じた臨機応変な対応が不可欠です。

また、一人で幅広い業務をこなすことを求められるので、一般事務よりも多くの経験ができて、社会人としてレベルアップできます。それはやりがいにつながるでしょう。

職種は一言で「営業事務」といっても、実際に今までしてきた仕事や挙げてきた成果は、非常に多岐に渡るはずです。それは、今後転職したくなったときに、職務経歴書でアピールできる大きな武器となるでしょう。

営業事務の仕事にやりがいを感じている人は、もう少し今の職場でキャリアを重ねていくことをおすすめします。

合わせて読みたい

会社自体は嫌いではない場合

営業事務の仕事は大変だけれど、この会社が嫌なわけではない……。会社自体に憧れて入社したのであれば、簡単に辞めてしまうのはもったいないですよね。

そういう場合は、営業事務としての仕事を調整してもらえないか、あるいは異動ができないかを上司に相談してみましょう。

いままでのあなたの営業事務としての仕事ぶりを見ていただれかが、「それならうちの部署に」と言ってくれるかもしれません。

成長できている実感がある場合

営業事務の仕事を始めてから何年目でしょうか?初年度と比べれば、スムーズにできることはずっと増えてきたのではないでしょうか。

営業事務は業務が幅広く、コミュニケーションが求められ、プレッシャーもかかる仕事です。社会人としては必要なスキルがまんべんなく養われるといっていいでしょう。

漠然と辞めたい気持ちはあっても、次になにをするか決まっていないのなら、営業事務の仕事でもう少しキャリアを積んでみるのも悪くないはずです。

次も営業事務の仕事を探すなら気をつけるポイントは?

営業事務として働いている環境に不満や悩みがあるため、職場を変えて同じ営業事務として働きたいと思っている人も多いでしょう。

しかし、同じ営業事務として働きたいと思っていても、今の問題が解決されなければ意味がないですよね。では、次も営業事務として転職をする場合に、何か気をつける点はあるのでしょうか。

そこで、ここでは次も営業事務の仕事を探すときに気をつけるポイントについてご紹介します。

dodaで営業事務の仕事をチェックしてみる

営業と事務を兼務する会社もある

営業事務として採用されても、実際には内勤でテレアポをしたり、営業活動として外出をすることがあったりなど、営業と事務を兼務する会社はよくあります

事務の給与で営業活動をさせられることが嫌で転職を考えているなら、転職エージェントや口コミサイトを利用して、仕事内容の実態を調べておきましょう

リクナビNEXTで営業事務の仕事をチェックしてみる

営業担当や商材との相性を考える

営業事務は、営業担当との相性がよく、扱っている商材に興味を持つことができれば、楽しい仕事になるはずです。

例えば、いま「自分は文化系だけど、今の会社は体育会系の営業が多いから合わない」「営業事務の仕事自体は好きだけど、今の会社で扱っている商材には興味がない」と思っているなら、次の職場ではそこを前もって確認しておきましょう。

どんな商材を扱うかについては簡単にわかりますが、営業マンの雰囲気については口コミサイトを見る必要があります。

合わせて読みたい

残業について確認する

営業事務は、もとから業務量が多いので残業をしがちですし、営業担当と顧客の都合によって、急な残業が発生することもあります。

そんな職種だからこそ、残業については納得して行いたいものです。転職の際はかならず、平均残業時間や残業代の有無などを確認しておきましょう。

給与面で納得のいかない会社に勤め続けることは、場合によっては仕事内容よりもストレスになります。

type転職エージェントで営業事務の仕事をチェックしてみる

ワークライフバランスに配慮されているか確認する

営業関係の職場では、有給休暇が取りにくい雰囲気になっている場合があります。特に営業は体力があり働き盛り男性が多いので、あまり有給を消化せずに働いている人が多い傾向があるでしょう。

しかし、有給休暇をとるのは従業員に認められた権利ですし、女性であればこの先産休・育休を取らないとも限りません。

ネットの口コミを確認したり、面接などで質問をしたりして、休暇の取りやすさに配慮してもらえている環境なのか確認すると良いでしょう。

合わせて読みたい

営業事務からのおすすめ転職先は?

営業事務の仕事に不満があるため、転職して別の仕事に就きたいと思っている人も多いでしょう。では、営業事務を生かせるような仕事はあるのでしょうか。

そこで、ここでは営業事務からのおすすめの転職先についてご紹介します。営業事務の残業時間に不満を持っている人は、残業が少なめの学校事務がおすすめです。

また、営業と同じような仕事をしてきた人はルート営業の仕事も良いでしょう。

残業が少なめの学校事務

同じ事務職の学校事務の仕事は、残業が少ない仕事です。そのため、営業事務の残業が辛いと感じて転職を考えている人は、悩みが解消されるかもしれません。

また、営業事務の仕事と比べると、学校事務の仕事内容の方が簡単で単純であることが多いです。営業事務の場合は、夜遅くまで残業をしたり、急な仕事が入ったりすることがありますが、学校事務の場合はほぼ定時に帰ることができます。

新規開拓ノルマのないルート営業

営業事務なのに、実際は営業担当と変わらない仕事をしている人も多いです。もし、営業担当と変わらない仕事が苦でない場合は、営業職に転職するのも良いでしょう。

既存の契約先を回るルート営業は、新規で顧客を開拓するよりも気軽にできるので最初のステップとしておすすめです。

営業事務に比べると営業の方が給与も高くなるので、すでに営業担当と同じような仕事をこなしているのであれば、営業職へ転職すると良いでしょう。

ルート営業の仕事はリクルートエージェントで探そう

リクルートエージェントは、圧倒的なブランド力と求人数を最大の強みにしている、知名度No.1の転職エージェントです。求人は、大手ありベンチャー企業あり、地域も日本全国どこでもカバーしています。

ルート営業の仕事も非常に多く、選択肢が多いので自分に合ったものを選べます。「こんな仕事もあるんだ」と希望が持てることでしょう。

仕事量と給料が見合っている一般事務

一般事務の仕事は、仕事量と給料が見合っていることが多いです。営業事務に比べると仕事量が少なめなので、残業をすることも少なくなるでしょう。

また、営業事務の仕事で培ったコミュニケーション能力を活かすこともできます。また、同じ事務職ということで、転職をしても新しい仕事に慣れやすいはずです。

営業事務の仕事をしていて、残業量に悩んでいる方は一般事務への転職がおすすめです。

営業事務からの転職に使える志望動機・自己PR例

営業事務から転職をしようと思っている人は、営業事務として働いた経験をアピールしたり、志望動機に繋げたいですよね。

そこで、ここでは営業事務からの転職に使える志望動機や自己PRについてご紹介します。営業事務は、他の事務職とは違ってセールストークが得意であったり、PCのスキルを持っていたりするところをアピールすると良いでしょう。

顧客対応が得意

営業事務で働く人は、日常的に顧客とのやりとりをしているはずです。そのため、営業活動というものがどうスタートしてどうクロージングしていくかの流れがわかっていて、顧客に言っていいことと悪いことも肌身で理解できています敬語も正しく使えることでしょう。

営業事務をしていたなら、社外の人に対応するのに必要なスキルは充分に備わっているといってよいはずです。

営業事務から営業職などへ転職をする際は、この点が大きな武器となるでしょう。

PCスキルが高い

営業事務では、Word・Excel・PowerPointすべてを使う機会があります。契約書はWord、売上などの目標進捗管理はExcel、営業資料の作成や修正はPowerPointということが多いでしょう。顧客情報を扱うのにAccessを使っている会社もあります。

Microsoft Officeソフトがひととおり使えるというのは、デスクワークではあまり珍しくありませんが、事務以外の異業種に転職する場合には、驚くほど重宝されたりします

「こんなことくらい、別にアピールしなくても」と思っても、職務経歴書に書いておくに越したことはありません。

コミュニケーション能力がある

営業事務は営業担当とこまめに連絡をとる必要があったり、営業担当の指示を的確に理解したりと、コミュニケーション能力が必要とされる仕事です。

ときには、もう少しで売上が確定する案件を、経理に頼んで少し待っていてもらったりと、営業を助けるための社内折衝でも営業事務が活躍します。

そのため、営業事務で働く人はコミュニケーション能力が備わっている人が多いでしょう。コミュニケーション能力は、対人業務が発生する仕事であれば、どこでも必要とされるスキルなので、アピールできるポイントとなります。

若いうちに動けば転職の可能性は幅広い

営業事務の仕事は、同じ事務職でも一般事務とは違って外に出て仕事をしたり、締め切りに追われたりすることがあります。

また、営業事務は女性が多い仕事なので仕事の人間関係がうまくいかないと辛いと感じることも多いでしょう。そのため、営業事務を辞めたいと思う時もあるはずです。

辞めると決断したなら、年齢が若いほど転職の可能性は広がるので、早いうちに職場や仕事を変えることを検討すると良いでしょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧