「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 既卒の定義や事情をおさらいして就活を成功させる5つのコツ
仕事の悩み

既卒の定義や事情をおさらいして就活を成功させる5つのコツ

既卒って?既卒の就活事情を紹介!

既卒という言葉は、比較的最近就活市場に登場したもので、新卒や第二新卒などと同じように、その人の経歴を象徴する言葉として用いられています。既卒で、現在就活をしている人や、これから就活を始める人は、業界の用語を詳しく知ることで自分の状況を把握しやすくなり、情報収集も効率的にできるようになります。

ここでは、既卒について詳しくご紹介します。既卒になると就活の厳しさから人生終了などと言われますが、それは本当なのかも見てみましょう。

「既卒」とはどういうもの?

まずは、既卒というのはどんな人のことを言うのか見てみましょう。よく、第二新卒と混同されることがあるので、理解を深めておくと就活の役に立ちます。

自分の状態をあなた自身が理解していなければ、ここで既卒なのか第二新卒なのかチェックしてください。それぞれに合った就活方法があるので、今後の参考にしてくださいね。

卒業して一度も就職していない人のこと

新卒は、大学や専門学校を卒業して、すぐに就職をした人のことをいうのはよく知られています。既卒は、既に卒業していると書くように、卒業したのに一度も就職していない人のことを言います。

努力して就活したのに内定がもらえなかった人や、家庭や個人の事情で就活が満足にできなかった人など、理由はどうであれ就職せず無職やフリーターになっている人は既卒という位置付けになります。

第二新卒とは違う

既卒は第二新卒と似ているので、稀に同じように扱われることがあります。しかし、両者には大きな違いがあるので理解して就活を進めましょう。

第二新卒は、一度新卒で就職したにも関わらず、3年以下で会社を辞めた人のことを言います。明確な定義はありませんが、数ヶ月という短期であっても、どこかの企業に就職していれば第二新卒です。一方既卒は、一度も就職したことのない人を指すので、その点が大きな違いになります。

就活では不利になることが多い

大学や専門学校を卒業しているのに、一度も就職した経験がないというのは、これから就活を行う上でかなり不利になります。これは、どうしても逃れられない事実なので、しっかり受け止めなくてはいけません。

但し、就職は無理だと投げやりになることはありません。マイナス面をカバーする対策を考え、戦略的に就活すれば希望する会社に入ることは可能です。不利になる状況でも、方法次第ではプラスにできることもあるので、これからあなたに合った就活対策を考えましょう。

既卒になった人にはどんな事情がある?

大抵の人は、大学や専門学校したら就職して、新卒として社会に出ていくのが一般的です。しかし、卒業しても就職しない決断をした人たちには、どんな事情があったのでしょうか。

あなたが既卒なら、他の人の事情も知りたいと思うでしょうし、他の人の事情を知ることで就活の対策も見えやすくなります。既卒人口はそう多くなく仲間と気持ちを共有することも少ないので、ここで他の人の声も聞いてみてください。

新卒で内定がとれなかった

どんなに努力しても、企業とマッチングしなかったりタイミングが悪かったりして、内定がもらえないことは近年では珍しいことではありません。中にはこだわりが強く、人気の高い大手や有名企業ばかり狙って内定がもらえなかった人もたくさんいます。

事情がどうであれ、新卒時に数十社、場合によっては100社以上エントリーして内定をもらえなかった人は、既卒になっても就活を継続することになります。

病気などの事情で就活時期を逃した

就活すべき時期に、本人が病気や怪我をしてしまい十分就活できず既卒になっている人もいます。また、家族の病気などでも同様に、看病や手伝いなどで就活をしている余裕がなく、時期を逃してしまったという人もいます。

中には、就活のストレスでうつ病などを発症してしまい、そのまま既卒になった人もいます。就活は精神力と体力が必要なので、どちらかに支障が出ると満足に就活できず、既卒になってしまうことがあるのです。

公務員試験などに落ちた

公務員試験以外にも、弁護士や公認会計士などの資格取得を目指していて就活ができず、試験も上手くいかないまま卒業してしまった人も既卒になります。試験に落ちた人の中には、次のチャンスまでフリーターなどをしながら勉強を継続する人もいますし、すぐに気持ちを切り替えて就活を始める人もいます。

どちらにせよ、卒業までに就職先が決まっていなければ既卒になります。この場合は、試験に受からなくとも勉強した知識はあるので、それを就職して活かしたいという気持ちを伝えると、就活が上手くいきやすくなります。

単位が取れなくて就活できなかった

大学在学中にバイトや遊び、サークル活動などに夢中になって学業をおそろかにしていた場合、4年生になってから単位が取れず就活が満足にできなかった人も、既卒者の中にはたくさんいます。

この場合は、面接の段階で企業に遊んでいたというイメージを持たれると、就活にはマイナスになります。かといって、嘘をつくのはバレたり面接で辻褄が合わなくなったときに、取り返しがつかなくなります。趣味やサークルでもいいので、あなたが一生懸命取り組んだことを棚卸しして、就活にどう活かせるか考えて武器に変えなくてはいけません。

既卒での就活が難しいと言われる理由は?

既卒は、新卒や第二新卒、経験者の転職に比べて難しいと言われています。あなたが既卒なら、まずはその理由を把握しましょう。但し、就活が難しいことを知ったからといって、悲観する必要はありません。

既卒が就活に不利になる理由を知り、それをカバーする対策を講じておくと就活が有利に進みます。実際、何人もの既卒者が安定した会社に就職しているので、既卒のマイナス面をカバーする方法をここで探してみましょう。

真剣に就活しなかったという印象を与える

新卒で就職していないということは、就活を真剣にしなかった、または遊びなど他のことに夢中になっており就活がおざなりになっていた、などの印象を与えることがあります。

あなたにどんな事情があっても、何も知らない他人からはそう解釈されてしまうことは理解しておかなくてはいけません。その上で、面接時にどんな返答をするか準備しておきましょう。実際に遊んで就活できなかった人も、話の持って行き方次第では好印象を与えることもできます。

能力に問題があると思われる

新卒で就職しなかったということは、企業側から見ると能力に問題があると思われることがあります。一生懸命就活したのに内定をもらえなかったという人もそうですし、就活の効率が悪くて内定をもらえなかった人も同様です。他の企業が内定を出さなかったという事実がそう思わせるのは、しょうがないことです。

何か事情があって就活できなかった場合は、それをしっかり面接などで説明できるようにしておかなくてはいけませんし、事情がなければ内定をもらえなかった理由を理解と反省をし、それを改善できていることを伝えなくてはいけません。

新卒者や経験者と比べられる

既卒の場合、就職経験がないという点では新卒者と比べられますし、中途採用枠で応募する場合は経験者と比べられます。新卒者の採用は、若くて吸収力があり会社のカラーを浸透させやすいという企業側のメリットがあります。

経験者は、基本的なビジネススキルが身についているので社員研修などが不要で、すぐに即戦力となって働いてくれるというメリットがあります。既卒の場合、それらを上回る魅力がなければ採用は遠のいてしまうので、アピールポイントを明確にして就活に望む必要があります。

既卒で就職するにはどうすればいい?

既卒になった事情や就活の難しさがわかったところで、これからどんなことに気をつけて就活すべきかを見てみましょう。現在就活している人も、もう一度改めて既卒ならではの就活のコツをおさらいしてください。

既卒の場合、仲間やアドバイザーがいないことで、独自の就活で効率を悪くしていることがあります。あなたの就活をスムーズに進めるためにも、ぜひチェックしてくださいね。

既卒歓迎の求人を探す

当然のことですが、求人を探すときは既卒歓迎などと書かれているものにしなくてはいけません。どんなに希望する会社があっても、新卒や経験者しかとらない会社にエントリーしても成功しにくいのは明白です。

求人サイトでも、既卒歓迎の特集などが組まれることもあるので、ネットで積極的に求人を探してみましょう。ハローワークもいいのですが、なかなか希望する会社の求人がない場合もあるので、ネットなど使えるものは積極的に使って、効率よく就活しましょう。

少しでも早く動き始める

既卒の大きなアピールポイントのひとつに「若さ」があります。新卒に比べると年齢は上がっていますが、大学を卒業して数ヶ月〜2年ほどであれば、まだ社会人としては若い部類に入ります。

1歳でも若い方が企業への印象は良くなるので、本気で就活を始めるなら1日でも早い行動をおすすめします。すぐに就活できない状況にあるなら、抱えている問題を早めにクリアにして、少しでもいい条件で就活するとストレスが少なくなります。

アピールポイントを考える

既卒の場合、どれだけ今までの状況をプラスに伝えられるかで就活のスムーズさが変わります。例えば、あなたが新卒で就職できなかったことは、挫折と捉えられる一方で、それを反省し改善する姿勢を見せたり、学んだことを伝えたりすることで、就活のプラスになることが十分あります。

面接では、これまでの経歴や経験を変に隠したり嘘をついたりするより、素直に話してポジティブな方向に持っていけるようにしておきましょう。

転職エージェントに相談する

既卒の就活は孤独になりがちで、就活市場の情報も入って来にくいことが就活を難しくしています。そんな、マイナス面をカバーしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると、あなたに合った求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書の書き方や面接のアドバイスなどもしてくれるところもあります。また、就活の方法が間違っている場合は、その軌道修正をしてくれる役割も果たしてくれます。

反省点を分析して明確にする

私たちが今までやってきたことや、過去の環境を変えることはできませんが、上手くいかなかった理由を把握して解釈を変えることはできます。既卒になった事情を後悔するのではなく、反省して未来をより良くしようとする姿勢は、多くの人が理解してくれるはずです。

あなたが既卒になった理由を洗い出し、面接ではそれをポジティブに考えていることを伝えなくてはいけません。反省すべきは反省し、これからどう活かすかを明確にしておきましょう。

こだわりを捨てて視野を広げる

既卒になった人の中には、こだわりが強すぎて無謀な就活をしていた人もたくさんいます。また、自分にはこの仕事しかできない、合っていないと決めつけて視野を狭くしている人もいるでしょう。

あなたに思い当たることがあれば、こだわりや決めつけを一度捨てて、真っ新な気持ちで就活をスタートしてみましょう。あなたが合わないと思っていた仕事も、やってみると適任だったということは少なくありませんよ。

既卒でも就職のチャンスはまだまだある

就活市場では、既卒が就職するのは難しいと言われますが、考え方や方法次第では十分可能です。実際、たくさんの既卒者が就職しニートやフリーターを卒業して社会人として活躍しています。

あなたも諦めたり腐ったりせず、考え方を常に前向きにして就活に臨んでみてください。また、就活サイトや転職エージェントなどのサービスはどんどん利用して、効率的で楽に就活を成功させましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧