「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたい。転職前に考えるべきポイントと転職成功の秘訣
仕事辞めたい

仕事を辞めたい。転職前に考えるべきポイントと転職成功の秘訣

仕事を辞めて転職したい。いま辞めるのは本当にあり?

今の仕事に不満があるなら、辞めて転職したいと思うのは当然です。しかし、自分のことは自分ではなかなか見えないので、今だけの衝動で辞めてしまうと、納得のいく転職ができなかったり、後悔してしまうことにもなりかねません。

本当に自分は今こういう理由で辞めていいのか?辞めて転職する前にはどんな準備が必要か?本記事で解説していきます。

会社に在籍しながら転職のチャンスを狙えるツール「ミイダス」

「転職しても、今より条件が悪くなったらどうしよう…」「自分のキャリアで入れる企業はどんなところなのか、情報集したい」と思っているなら、待っているだけで企業からスカウトがもらえる無料サービス「ミイダス」にぜひ登録しておきましょう。

ミイダスは、転職エージェント「doda」などでおなじみのパーソルキャリアが提供しています。プロフィールを入力していくと、あなたの市場価値診断(想定年収診断)ができて、そのあとはあなたの市場価値を認めてくれた企業からスカウトが届く仕組みになっています。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスなら診断後に待っているだけで企業からオファーが来るので、とても気が楽です。さらに、オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、「何度も落とされたらどうしよう……」というストレスも軽減されますよ。

仕事を辞めて転職を考えたくなる理由とは?

仕事を辞めたくなる理由は人それぞれです。あなたの抱いている不満は、人から見て辞めるに値する理由でしょうか。さまざまなケースを紹介するので、判断のヒントにしてみてください。

合わせて読みたい

職場の人間関係に悩んでいる

転職サイトなどでよく、「仕事を辞めたことのある人へ。その理由は?」というアンケートが公表されていますが、人間関係というのは常に上位にランクインするメジャーな理由です。

派閥がある、いじめがある、上司と性格が合わない、職場に話せる相手がいない……など、悩むポイントは多岐にわたります。

なぜ人間関係を理由に辞める人が多いのかというと、たいていの人間関係の問題は、自分ひとりが頑張ったところで解決しないからです。解決のために不毛な努力をするより、諦めて自分が職場を移ったほうが得策だ、と思う人が多いのです。

合わせて読みたい

給与に不満がある

その会社で働くことを選んだということは、当初に提示された勤務条件に合意したということですよね。しかし、いざ蓋を開けてみたら、期待するような給料がもらえなかったということはよくあるものです。

業績が悪くてボーナスが出なかったり、数年勤めても昇給しなかったり、残業代の出る部署からみなし残業の部署に異動させられたり……。気づいたら新卒のときの給料のままだったら、辞めて転職したくもなりますよね。

まして仕事内容が特に好きなものではなく、仕事はお金のためにしている、という考えで生きているのなら、給料の低さが理由でやめたくなるのは当然です。

合わせて読みたい

頑張りに見合った評価がされない

いくら仕事を頑張っても、それなりの成果を出しても上司から評価されない場合は、転職を考えてしまうことがあります。自分は会社のためにこれだけやっているのに、会社からそれだけの見返りがなければ、納得がいかないと感じてしまいますね。

ホワイト企業では、きちんとした評価制度があり、期末ごとに目標達成の度合いを上司と確認し合ったうえで、昇給・昇格やボーナスの割合などが決まります。

しかし、評価制度がブラックボックスになっている企業では、よくわからないうちにボーナスが減らされていたり、名ばかり管理職になっていたりと、納得のいかないことが多いものです。

合わせて読みたい

仕事内容が好きになれない

実際に仕事をしてみて、期待していた仕事内容ではなかった場合は転職を考えてしまうことがあります。あるいは、それまでは納得して仕事をしていたのに、部署異動などで急に興味のない分野に携わることもあります。

興味のないことや嫌いなことでも、続けているうちにやりがいがわかってくればよいのですが、そううまくはいかない場合が大半です。

嫌いな仕事をしていても仕方がないという理由で、転職を考えることはあります。この場合、今度は仕事内容で失敗したくないという気持ちから、転職する時は給料や条件よりも仕事内容を重視して選ぶことになるでしょう。

合わせて読みたい

会社の将来性に不満がある

会社の将来が心配だという場合も、転職を考えるきっかけになります。安定していない企業であれば、会社の将来性に期待できず、「万が一会社が倒産したら」などと考えて不安になるでしょう。

入社時には、ボーナス4ヶ月や6ヶ月という景気の良い数字を提示されていても、入社してからは業績が右肩下がりで、言われたとおりのボーナスが出なかった……という体験談はよくあります。

右肩下がりの状況が続く場合、今後の昇進や給料アップなども見込めません。将来の不安な会社で、それでもがむしゃらに働けるのは、社長などの役員、あるいは社歴が長くて会社に愛着のある人くらいでしょう。

一般社員の気持ちとしては、業績が安定していて自分が誇れる会社で仕事がしたいと思うのが当然です。

合わせて読みたい

労働時間が長く体力の限界

「仕事量が多くて定時まで終わらない」「ノルマを達成しようとすると残業必至」「みんな残業しているから自分だけ帰りにくい」など、労働時間に関する悩みはさまざまです。

労働時間が長いと体力的にもきつくなり、精神的にもまいってしまいます。精神的にまいってしまうと、「この会社はブラック企業だから辞めよう」という短絡的な意識になってしまいます。

法定労働時間を超えていたり、残業代の支払いに問題があるのなら、確かに辞めるべきです。しかしそこまででもなく、ただ自分の基準で辛いと思うなら、まずは上司に相談してみましょう。

相談しても労働時間の長さが解決されない場合は、転職も一つの選択肢として考えられます。

合わせて読みたい

仕事を辞めたい人が転職すべきか否かを判断する基準

仕事が嫌だけど転職するかを迷っている、なかなか転職する勇気がないと思っている人はいると思います。転職するべきかしないべきかの状況や時期の判断はとても難しいことがあります。ここでは、仕事を辞めたい人が転職すべきか否かを判断すべき基準をご紹介します。

合わせて読みたい

自分にできる対策はすでにしたか

転職は簡単に決められることではありません。後悔しないように、様々な点から状況を見て判断をすることが大切です。まずは転職をしなくても済むように、自分でやれることをやったかどうかが判断基準になります。

いま抱えている問題について、直属の上司に相談はしたでしょうか。あるいはさらにその上の上司や、人事部、その他窓口など、しかるべきところに相談はしたでしょうか。

信頼できる人の話を聞くなどして、「自分が甘えているだけではなく、この職場は辞めるべき理由がある」と客観的に思えたでしょうか。

自分一人で思い悩んでいると、社会的に間違った方向に進んでしまうこともあります。まずは相談など、現時点でできることをしてみましょう。

合わせて読みたい

今の会社で10年後の自分を想像できるか

仕事を辞めるかどうか悩んでいる時に、今の会社で10年後も働いていたいかどうか自問自答してみましょう。

10年後に同じ会社で働いている自分を想像できますか?昇進して部下の上に立ち仕事をしている自分を頭の中で描けますか?もし昇進できるような制度がなく、自分が成長できそうな仕事内容でもないのなら、転職を考えてもいいでしょう。

何か問題があっても、自分が誇れる会社であり、この環境で成長できそうだという想いがどこかにあるのなら、もう少し時間をかけて考えてもよさそうです。

転職は決して焦って決定してはいけません。もし今の会社でまだ何らかの可能性が見えるのであれば、今は転職時期ではないと考えられます。

転職によって仕事を辞めたい理由が根本的に解決されるか

社風が苦手、社長の考え方が苦手、職場の人間関係がわずらわしい……など、その会社固有の問題は、転職によって環境が変われば解決するでしょう。それなら思い切って行動を起こし、転職に踏み切るべきです。

一方、会社というより業界や職種による問題であれば、その業界・職種で働き続ける限り、会社を変えてもあまり意味がありません

また、「コミュニケーションに自信がない」「自分の仕事ぶりのせいで人に迷惑をかけてしまって辞めたい」という類の問題も、自分の気の持ちようを変えなければ、むやみに転職しても成功はしません

合わせて読みたい

転職・退職を決める前に再確認したほうがいい人の特徴

転職するなら必ず成功させたいですよね。転職はするべきではない時があります。後悔してしまうような転職は誰でもしたくないものです。ここでは、転職・退職を決める前に再確認したほうがいい人の特徴をご紹介します。

合わせて読みたい

人間関係以外に問題・不満がある人

転職は一時的な感情で決めてはいけません。まずは、問題が解決できるかどうか考えてみることが大切です。例えば、仕事を辞めたい理由が、人間関係以外ならば、もしかしたら改善策はあるかもしれません

仕事内容や残業の多さ、将来的なキャリアを考えて仕事を辞めたい場合は、何らかの形でその問題が改善できないでしょうか?

仕事内容が嫌いでも割り切って続ける、残業が多いため上司に相談するなど、問題を解決するためにできることがある場合は、転職は待つという選択肢を考えましょう。

色々な方法を試みたけれど、どれも解決には至らなかった場合は転職活動を始めるサインと見ていいでしょう。

合わせて読みたい

親の介護のために辞めようと考えている人

仕事を辞めたい理由が、親の介護のためという場合は、もう一度よく考えた方がよさそうです。介護のために仕事を辞めてしまったら収入がなくなってしまいます。貯金を崩して生活しながら親の介護をするといっても、いつか貯金は底をついてしまいます。

あなたも収入がない、親も収入がないでは一体誰が親の面倒を見られるのでしょうか?親の介護が必要な場合は、病院代や薬代なども含めお金が必要になるということを忘れてはいけません。

上司に相談してフルタイムからパートタイムに変えてもらうなど、働き方を変える方法を探してみましょう。介護の問題は社内でもきっとあなただけの問題ではないので、ここで声を上げたことを機に、休暇制度などが変わっていくかもしれません。

新卒で半年も働いていない人

新卒で就職が決まり働き始めたものの、仕事が嫌になったため仕事を辞めたいという人もいませんか?しかし、まだ仕事を初めて半年以内という人はもう一度、今の職場に留まることを考える余地があります

せっかく内定をもらって始めた仕事です。今辞めてしまってはまた一から就職活動がはじまってしまいます。また、たった数か月働いて辞めるのは、次に応募する企業の採用担当に悪い印象を与えることもあります。

社会人になり初めての仕事なので、辛い事もあるでしょう。しかしその一つ一つを、自分を成長させてくれる貴重な経験と思ってはどうでしょうか?経験を積むのだからと割り切って仕事をしてもいいでしょう。それでも仕事を辞めたい気持ちが変わらないのであれば、転職を考えるのは仕方がないかもしれません。

ブラック企業に入ってしまったなら「JAIC」に相談してやり直そう

新卒で仕事が嫌になったなら、せめて半年は頑張ってみるべきです。しかし、明らかに法律違反をしていたり、ハラスメントがあって改善の気配がないといったブラック企業であれば、早急に辞めることにして、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。早いうちに再出発を目指すなら、ぜひ相談してみましょう。

合わせて読みたい

日々の激務に疲れている人

日々の激務に疲れて心身ともにまいっている人は、もう一度仕事を辞めるかどうか考え直してみてはいかがでしょうか。毎日仕事に追われていると、精神的にも疲れてしまい、思考がネガティブになってしまうものです。

もし、相談によって仕事量を減らせる見込みがあるとしたらどうでしょうか?激務を強いられているつもりでも、実際はそうでもなく調整の余地があるかもしれません。

また、今の仕事があなたの望むキャリアプランに必要ならばどうでしょうか?今だけは激務でも許せるかもしれません。

一度立ち止まって、なぜ自分が今こんなに働いているのかを考え直す余裕を持ちましょう。溜まっている有給を使ってリフレッシュするのもひとつの方法です。

合わせて読みたい

働くこと自体が嫌い・面倒くさい人

仕事を辞めたい理由は、単に働くのが嫌いだからという人は、転職がその問題を解決できるわけではないことに気づかなければなりません。働くこと自体が嫌いな人は、どこに行っても結局は仕事をしたくないため、転職を繰り返すことになるでしょう。

仕事がめんどうだなと思うことは、誰にでもあります。しかし、生きるために仕事はしないといけません。仕事がめんどうだからと言って転職を繰り返しても、仕事探しばかりでとても大変です。

社会人として、嫌でも仕事はしないといけないこともあることをしっかりと受け止め、気持ちの切り替えをしてみましょう。

合わせて読みたい

結婚して寿退社をしたい人

女性の場合、結婚を機会に退職したいと考えている人もいます。経済的な理由で結婚後は仕事をしなくてもいいという人もいるでしょう。しかし、将来何らかの事情でまた仕事をすることになったらどうでしょうか?

何年ものブランクを空けると、正社員での再就職は難しい場合も多いです。また年齢がいくと求められるスキルも高くなるため、仕事を辞めてキャリアにブランクをあけることの将来的なデメリットを認識する必要があります。

結婚して家庭に専念したい人も、長い将来を見て、仕事を辞めるかどうかを慎重に判断しないといけません。

合わせて読みたい

退職前に転職活動をするときのポイント

仕事をもう辞めると決めても、退職前に就職活動を始めるか、退職後に辞めてから転職活動に集中するかを迷ってしまう場合があります。

どちらのほうが転職が成功しやすいのでしょうか?こちらでは、転職活動を退職前にする時と退職後にする時のメリットとデメリットをご紹介します。

合わせて読みたい

ひとまず収入の心配は要らない

現職中で、転職活動をするメリットは経済的な不安がないことです。仕事を辞めてから転職活動を始めても、すぐに転職先が決まるとは限りません。転職先が決まるまでは収入ゼロになるため、精神的にプレッシャーになり焦って転職先を決めてしまうこともあります。

お金の心配をしなくていいことは大きなメリットです。現職中ということで、なかなか思うように活動が進まないこともあるかもしれませんが、数か月収入が全くなくなるリスクを考えれば、頑張れるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

時間を効率的に使う必要がある

現職中に転職活動をするメリットは収入の安定という大きなメリットがあります。しかし、毎日忙しく仕事をしているのでなかなか転職活動に時間をとれない、というデメリットもあります。

そこで、働きながら転職活動をする人は、転職エージェントを頼ることが多いです。コンサルタントに自分の希望の職種や年収、様々なこだわり条件を言うと、条件に合った求人を知らせてくれたり、応募先との仲介をしてもらえます。

転職スケジュールを管理してもらえて、背中を押してもらえるので、効率よく転職をするならエージェントは外せません。

合わせて読みたい

退職日・入社日は迷惑がかからないよう調整する

転職先への入社日が決まれば、現職にも辞める理由が言いやすくなります。タイムリミットが決まっているため、現職でしつこい引き止めに遭う可能性も低くなります。

しかし、早く現職を辞めたいからといって、次の会社への入社日をあまりに早くしてしまっては、引き継ぎなどもできなくなってしまいます。充分な引き継ぎ期間と、有給消化のできる日数を計算したうえで、迷惑のかからないよう退職日を決めましょう。

辞めた会社の人と、次いつどこで関わるかわかりません。円満退社できるならそれが一番です。

退職後に転職活動をするときのポイント

退職後に転職活動をする場合は、現職で働きながらの場合とはまた違ったポイントがあります。頭に入れておくべきことを以下に紹介します。

失業給付がもらえるならもらう

退職後、次の仕事が決まるまでの期間中は、当然ながらどこからも給与が出ません。そこで、もし失業給付がもらえるようであれば、適切な手続きをしてぜひもらっておきましょう。

失業給付(失業保険・失業手当)は、会社都合退職を自己都合退職のどちらかによって、いつからもらえるかが異なります。会社都合退職だとすぐに初回の振り込みがあります。

もし数ヶ月〜半年くらいかけてのんびり次の仕事を探すつもりなら、自己都合退職でも失業給付をもらう手続きはしておいたほうがよいでしょう。

合わせて読みたい

時間はあるので納得いく結果が出やすい

退職してから転職活動をする場合のメリットは、時間があるため転職活動に集中できることです。複数の人材紹介会社に登録し、自分に最も合う転職エージェントに協力を仰いで転職活動ができます。

履歴書や職務経歴書などの応募書類も、転職エージェントの力を借りながらじっくりブラッシュアップができますし、面接対策をする余裕もあるでしょう。

面接も、競争率の低い平日昼間に行えるので、ライバルに先んじられるメリットもあります。

合わせて読みたい

資格を取るなら今がチャンス

たっぷりある時間を生かして、就職までにスキルアップもかねて資格の勉強などができるのは今だけです。

もし失業給付を受けるのなら、ハローワークの説明会に行った時に、無料または格安の資格講座を紹介してもらえることでしょう。これから自分のやりたいこととマッチするのなら、ぜひ受講してみてください。失業給付を受けるうえでも、講座に通っているとメリットになります。

合わせて読みたい

失敗したくない。仕事を辞めて転職を成功させるポイント

仕事を辞めると決めたら、すでに気持ちは前を向いているでしょう。こうなったら何としても絶対転職を成功させたいですね。転職成功には、いくつかのポイントがあるのでご紹介しましょう。

希望する仕事に役立つ資格を取得しておく

仕事を辞めることを決めたら、しっかりと転職に向けて準備しましょう。希望の仕事に就けるように研修やセミナーを受けてみたり、仕事に必要とされる資格の勉強をしたり、準備できることはたくさんあります。

仕事を辞めたいと思っても、すぐに転職するのではなく、長期戦だと考えてまずは準備万端にしておくのも一つの方法です。

今自分が持つスキルよりも更に上のスキルを身につけて、希望する仕事に必須となるポイントは全ておさえてから転職活動をしても遅くないかもしれません。

合わせて読みたい

会社には「勉強になった」と感謝する姿勢を見せる

一度、仕事を辞めると決定すると、今の仕事はどうでもいいと思えてきて、仕事に対するやる気や責任感を失ってしまう人もいるようです。しかし、仕事を辞めるまでは今までと同じように、責任を持ち仕事に取り組まないとなりません

逆に、今の仕事で経験を積めたことやステップアップの一つの場として、多くを学べたことに感謝する気持ちを大切にすべきです。気の持ちようで、残り少ない職場での仕事も楽しくなることもあります。

会社や仕事に対してネガティブな気持ちではなく、ポジティブで前向きな気持ちでいるようにしましょう。最後まで笑顔で、円満退職できるに越したことはありません。

合わせて読みたい

退職前に実績を作っておきアピール材料にする

転職を成功させるために、できることの一つに今の会社で実績を作っておくことがあります。

職務経歴書にアピールできる数字や実績が少ないと、競争の激しい書類選考を通過するのは厳しい場合もあります。転職すると決めてからも、精一杯働き、なるべく多くの成果を出すことで気持ちも前向きになれます。

職種によっては、すぐに実績を作れない場合もあります。その場合は小さなことでもいいので、責任を持って取り組みましょう。何かのきっかけで、職務経歴書に記載できるような思わぬアピールポイントを得られるかもしれません。

会社の制度をフルに使ってスキルを磨く

転職を長期戦で考えているなら、今のうちに希望する仕事に役立つスキルを学んでおきましょう。まずは、希望する仕事はどのようなスキルが必要かを確認して、自分の足りないスキルは少しでも向上させたうえで転職活動ができるように、準備しておくことは大切です。

会社によっては、福利厚生の一環として、英会話などのカルチャースクールにお得に通える制度が設けられています。福利厚生が使えるのは、会社員でいる今だけのチャンスなので、無駄にしないようにしましょう。

合わせて読みたい

厳しい条件での転職を成功させるコツは?

仕事が嫌で転職したいと思っても、転職に対して自信がない場合は、どうしても先延ばしにして、嫌な仕事を我慢してしまうでしょう。そんな、転職に自信をなくしがちなパターンについてご説明します。

新卒ですぐ辞めて転職する場合

せっかく新卒入社した会社をすぐに辞めてしまった場合、「社会が分かっていない」「甘えている」「堪え性がない」と評価されてしまいそうで、転職活動をするのが怖くなってしまいますよね。

しかし、今は第二新卒や既卒・フリーター向けの転職支援サービスが数多くあります。転職エージェントに相談すれば、これからの転職活動に使える前向きな志望理由を、一緒に考えてもらい、二人三脚で内定を目指すこともできます。

ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

合わせて読みたい

40代で転職する場合

転職の限界は35歳とよく言われています。転職エージェントの利用者層などを見てみても、40代以上になるとパーセンテージがぐっと減ります。しかし、40代でも転職を成功させている人はいます。

40代の求職者が転職を成功させるために、心がけておきたいのは、経験」と「柔軟性」です。今までのキャリアを生かして即戦力になれるような場を見つけることはもちろんですが、かといってキャリアに固執していても成功はしません。

活かせるキャリアもあるし、若者と一緒に新しいことに挑戦していく気概もある。そういうアピールをぜひ選考の際にはしてみましょう。

シニアに強い転職エージェントはJACリクルートメント

JACリクルートメントは、キャリアのあるシニア向け案件に強い転職エージェントです。他の大手エージェントだと、コンサルタントが20〜30代で、利用者と同世代であることが多く、シニアの転職のときにはあまり頼りになりません。

しかしJACはコンサルタントのキャリアが長く、対応の誠実さで評価の高いエージェントとなっています。

また、外資系企業語学力が必要な職種に強い転職エージェントでもあります。国内企業とは違う風通しの良さや自由さを求めるのなら、相談してみる価値はあります。TOEICの点数や留学経験をどんどんアピールしましょう。

合わせて読みたい

生活資金に不安があって転職に踏み切れない場合

給料の出ない月をなくし、シームレスに次の職場に移りたいなら、在職中に内定を確保しておくべきです。しかし、本当に現職で稼ぐのに精一杯で、有給を使って転職活動もできず、とにかく残業をして残業代を得ないとやっていけない……という厳しい状況の方もいるでしょう。

その場合、転職エージェントには面談でなく電話だけで相談することもできますし、選考が面接一回で終わる企業を紹介してもらうなど、ある程度の配慮はしてもらえます。悲観せずに一度相談してみてください。

また、今のうちに在宅の副業を始めておくのもひとつの手です。万が一、現職のストレスなどで心身を壊し、転職先が決まる前に辞めざるをえなくなっても、まったくの無収入は避けられます。

在宅でできる副業はクラウドワークスで探してみよう

在宅ワークをしたい人が案件検索のできるクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」では、PCひとつで好きな時に簡単に始められる仕事がたくさん見つかります。特別なスキルなしに未経験から仕事ができる案件も多いので、安心して進めることができます。

ライティングやデータ入力、口コミの投稿、画像データのアノテーション(注釈付け)など、仕事の種類は多岐にわたります。まずはぜひチェックしてみましょう。
クラウドワークスをチェックしてみる

合わせて読みたい

転職を成功させられるかはあなた次第

仕事を辞めたいと思った時に、まずしなければならないことは、本当に転職する必要があるかもう一度じっくり考えてみることです。そして、仕事を辞めたい理由が解決できる問題であれば、問題が解決できるように動いてみることです。

どうしても解決できない問題や不満があり、精神的にも体力的にも限界だということなら、転職に踏み切ってもいいでしょう。

転職成功の鍵は、焦らずポジティブに活動を進める精神力と情報収集力です。自分の経験やスキルを把握して、自分の市場価値がどのくらいかをしっかりと受け止め、希望や条件を明確にすれば、転職成功のチャンスは大いにあるでしょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧