1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたい。転職前に考えるべきポイントと転職成功の秘訣

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

仕事を辞めたい。転職前に考えるべきポイントと転職成功の秘訣

仕事を辞めたい人が転職を考える主な理由

仕事を辞めたい人はどうして辞めたいと思うのでしょうか?せっかく就職した会社なのに、辞めたいと思うのには何らかの理由があるはずです。ここでは、仕事を辞めたい人が転職を考える主な理由をご紹介します。

合わせて読みたい

職場の人間関係に悩んでいる

職場の人間関係に悩んでいる人は、よく仕事を辞めたいと考えてしまいます。これは、仕事の大変さや辛さよりも、人間関係がうまくいかない時のつらさが精神的にとてもきついからだと言えます。

職場の人に陰口を言われている、上司と性格が合わない、など職場の人間関係で悩んでいる人はいませんか?一日の半分を共にする場所で、人間関係がうまくいかないと、ストレスになり仕事に集中できなくなることもあります。

職場の人間関係はとても大切です。職場に話せる相手がいないとどんどん一人の殻に閉じこもってしまい、自分らしくいられなくなりますね。精神的に苦しい場所でこの先続けられるのか、と考えて、もし厳しいと判断したなら転職が視野に入ってきます。

合わせて読みたい

給与に不満がある

転職を考える大きな理由の一つに「給料に不満」があることが挙げられます。自分は能力があり、責任のある仕事を任されているのに、給料がそれに見合わない場合は、フェアではないと感じてしまいますね。こんなに頑張っているのにたったこれだけの給料では、割に合わないということです。

成果を出しているのになかなか昇進しない、または給料アップが実現しない場合も、将来的なことを考えて転職が頭をよぎってしまいますね。仕事はお金のためにしている、という考えの人もいる中で、給料アップを目指して転職を考える人はいるものです。

合わせて読みたい

頑張りに見合った評価がされない

いくら仕事を頑張っても、それなりの成果を出しても上司から評価されない場合は、転職を考えてしまうことがあります。自分は会社のためにこれだけやっているのに、会社からそれだけの見返りがなければ、納得がいかないと感じてしまいますね。

いくら頑張っても評価されず、給料アップも昇進もなしでは、モチベーションも低くなります。このような状況が続くと、自分をもっと高く評価してくれる会社があるのではないかと、転職に期待したくなるのは当然です。

合わせて読みたい

仕事内容が好きになれない

実際に仕事をしてみて、思った仕事内容ではなかった場合は転職を考えてしまうことがあります。仕事によっては、実際に始めてみないとどのような仕事内容かを把握できない場合もあるからです。働いてみて、自分が希望していた仕事内容ではなかった場合は、仕事が嫌いになってしまっても仕方がないかもしれません。

嫌いな仕事をしていても仕方がないという理由で、転職を考えることはあります。この場合、今度は仕事内容で失敗したくないという気持ちから、転職する時は給料や条件よりも仕事内容を重視して選ぶことになるでしょう。

合わせて読みたい

会社の社風や将来性が不満

自分に合った企業ではなかった、または会社の将来が心配だという場合も、転職を考えるきっかけになります。安定していない企業であれば、会社の将来性に期待できず、「万が一会社が倒産したら」などと考えて不安になるでしょう。

会社の経営がうまくいっていない場合、昇進や給料アップなどが見込めないのならと、早いうちに手を打ち、転職を考える人はいるようです。会社の社風が不満であったり、会社の将来が分からない場合は、仕事に対しても影響が出る場合があります。誰でも、安定していて自分が誇れる会社で仕事がしたいものです。

合わせて読みたい

労働時間が長く体力の限界

会社を辞めたいと考える理由に、労働時間の長さがあります。とにかく仕事量が多くて時間内には終わらないので、毎日残業になってしまう。このような人は多いのではないでしょうか?

労働時間が長いと体力的にもきつくなり、精神的にもまいってしまいます。労働時間の問題が解消されない場合は、どこかで見切りをつけることも大事です。結局は体力が一番。健康でいなければいい仕事もできません。上司と相談しても労働時間の長さが解決されない場合は、転職も一つの選択肢として考えられます。

合わせて読みたい

仕事を辞めたい人が転職すべきか否かを判断する基準

仕事が嫌だけど転職するかを迷っている、なかなか転職する勇気がないと思っている人はいると思います。転職するべきかしないべきかの状況や時期の判断はとても難しいことがあります。ここでは、仕事を辞めたい人が転職すべきか否かを判断すべき基準をご紹介します。

合わせて読みたい

仕事を辞めたい理由を解決することは可能か

転職は簡単に決められることではありません。後悔しないように、様々な点から状況を見て、転職すべきかどうかの判断をすることが大切です。まずは転職をしなくても解決できる問題かどうかが基準判断になります。

自分はどうして転職したいのか、その理由や問題を考えます。そして、その問題は何らかの形で解決ができそうか考えてみましょう。一つの例として、上司に相談することが挙げられます。または同僚に話を聞いてもらうのもいいでしょう。

意外と同じような問題を抱えている人がいると気づけば、気持ちも楽になるかもしれません。上司や同僚に相談しても、または自分で何らかの努力をしても問題が解決しないのであれば、その時は転職を真剣に考慮してもいいでしょう。

合わせて読みたい

今の会社で働いた場合の10年後の自分をリアルに想像できるか

仕事を辞めるかどうか悩んでいる時に、今の会社で10年後も働いていたいかどうか自問自答してみましょう。10年後に同じ会社で働いている自分を想像できますか?昇進して部下の上に立ち仕事をしている自分を頭の中で描けますか?そのようなイメージが全く想像できないのであれば、転職を考えてもいいでしょう。

何か問題があっても、自分が誇れる会社であり、その会社で成長したいという想いがどこかにあるのなら、もう少し時間をかけて考えてもよさそうです。転職は決して焦って決定してはいけません。もし今の会社でまだ何らかの可能性が見えるのであれば、今は転職時期ではないと考えられます。

転職によって仕事を辞めたい理由が根本的に解決されるか

仕事を辞めたい理由はそれぞれですが、その理由は変えることが可能でしょうか?例えば社風や社長の考えなど、変わることのない問題もあります。このような問題で解決が難しいのであれば、あなたが行動を起こさないと変化はないでしょう。

転職を考える時は、このようにあなたの仕事を辞めたい理由とその解決法、そして解決可能かどうかをじっくりと考えてみる必要があります。仕事を辞めたい理由が根本的に解決されないのであれば、それは前に進むことを考えてもいいサインと見てもよさそうです。

合わせて読みたい

転職・退職を決める前に再確認したほうがいい人の特徴

転職するなら必ず成功させたいですよね。転職はするべきではない時があります。後悔してしまうような転職は誰でもしたくないものです。ここでは、転職・退職を決める前に再確認したほうがいい人の特徴をご紹介します。

合わせて読みたい

人間関係以外に問題・不満がある人

転職は一時的な感情で決めてはいけません。まずは、問題が解決できるかどうか考えてみることが大切です。例えば、仕事を辞めたい理由が、人間関係以外ならば、もしかしたら改善策はあるかもしれません

仕事内容や残業の多さ、将来的なキャリアを考えて仕事を辞めたい場合は、何らかの形でその問題が改善できないでしょうか?仕事内容が嫌いでも割り切って続ける、残業が多いため上司に相談するなど、問題を解決するためにできることがある場合は、転職は待つという選択肢を考えましょう。

色々な方法を試みたけれど、どれも解決には至らなかった場合は転職活動を始めるサインと見ていいでしょう。

合わせて読みたい

親の介護のために辞めようと考えている人

仕事を辞めたい理由が、親の介護のためという場合は、もう一度よく考えた方がよさそうです。介護のために仕事を辞めてしまったら収入がなくなってしまいます。貯金を崩して生活しながら親の介護をするといっても、いつか貯金は底をついてしまいます。

あなたも収入がない、親も収入がないでは一体誰が親の面倒を見られるのでしょうか?親の介護が必要な場合は、病院代や薬代なども含めお金が必要になるということを忘れてはいけません。上司に相談してフルタイムからパートタイムに変えてもらうなど、働き方を変える方法を探してみましょう。

日々の激務に疲れている人

日々の激務に疲れて心身ともにまいっている人は、もう一度仕事を辞めるかどうか考え直してみてはいかがでしょうか。毎日仕事に追われていると、精神的にも疲れてしまいませんか?そのような場合、仕事=嫌なものという考えが定着しています。

しかし、もし仕事量が減ったらどうでしょうか?また今の仕事があなたの望むキャリアプランに必要ならばどうでしょうか?毎日激務に追われると、そのような肝心なことを忘れてしまいがちです。

そのため、もう一度立ち立ち止まって、今の仕事をしている利益や価値を見つけてみることが必要です。それでも、体力的に今の環境ではもう働けないという場合は、転職を選択肢として考えてみましょう。

合わせて読みたい

新卒で1か月~半年しか働いていない人

新卒で就職が決まり働き始めたものの、仕事が嫌になったため仕事を辞めたいという人もいませんか?しかし、まだ仕事を初めて半年以内という人はもう一度、今の職場に留まることを考える余地があります。せっかく内定をもらって始めた仕事です。今辞めてしまってはまた一から就職活動がはじまってしまいます。また、たった数か月働いて辞めるのは、次に応募する企業の採用担当に悪い印象を与えることもあります。

社会人になり初めての仕事なので、辛い事もあるでしょう。しかしその一つ一つを、自分を成長させてくれる貴重な経験と思ってはどうでしょうか?経験を積むのだからと割り切って仕事をしてもいいでしょう。それでも仕事を辞めたい気持ちが変わらないのであれば、転職を考えるのは仕方がないかもしれません。

合わせて読みたい

働くこと自体が嫌い・面倒くさい人

仕事を辞めたい理由は、単に働くのが嫌いだからという人は、転職がその問題を解決できるわけではないことに気づかなければなりません。働くこと自体が嫌いな人は、どこに行っても結局は仕事をしたくないため、転職を繰り返すことになるでしょう。

仕事がめんどうだなと思うことは、誰にでもあります。しかし、生きるために仕事はしないといけません。仕事がめんどうだからと言って転職を繰り返しても、仕事探しばかりでとても大変です。社会人として、嫌でも仕事はしないといけないこともあることをしっかりと受け止め、気持ちの切り替えをしてみましょう。

合わせて読みたい

結婚して寿退社をしたい人

女性の場合、結婚を機会に退職したいと考えている人もいます。経済的な理由で結婚後は仕事をしなくてもいいという人もいるでしょう。しかし、将来何らかの事情でまた仕事をすることになったらどうでしょうか?

何年ものブランクを空けると、正社員での再就職は難しい場合も多いです。また年齢がいくと求められるスキルも高くなるため、仕事を辞めてキャリアにブランクをあけることの将来的なデメリットを認識する必要があります。結婚して家庭に専念したい人も、長い将来を見て、仕事を辞めるかどうかを慎重に判断しないといけません。

合わせて読みたい

仕事を辞めたい。転職活動は退職前と後のどちらがいい?

仕事をもう辞めると決めても、退職前に就職活動を始めるか、退職後に辞めてから転職活動に集中するかを迷ってしまう場合があります。どちらのほうが転職が成功しやすいのでしょうか?こちらでは、転職活動を退職前にする時と退職後にする時のメリットとデメリットをご紹介します。

合わせて読みたい

収入が安定。働きながら転職活動をするメリット

現職中で、転職活動をするメリットは経済的な不安がないことです。仕事を辞めてから転職活動を始めても、すぐに転職先が決まるとは限りません。転職先が決まるまでは収入ゼロになるため、精神的にプレッシャーになり焦って転職先を決めてしまうこともあります。

お金の心配をしなくていいことは大きなメリットです。現職中ということで、なかなか思うように活動が進まないこともあるかもしれませんが、数か月収入が全くなくなるリスクを考えれば、頑張れるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

時間が取れない。働きながら転職活動をするデメリット

現職中に転職活動をするメリットは収入の安定という大きなメリットがあります。しかし、毎日忙しく仕事をしているのでなかなか転職活動に時間をとれない、というデメリットもあります。

そこで、多くの転職サイトは非常に便利に転職活動ができるようなサービスを提供しています。自分の希望の職種や年収、様々なこだわり条件を入力すると、定期的に条件に合った求人を知らせてくれるサービスです。

また、転職エージェントに相談すれば、その場で条件の良い求人を紹介してもらい、スムーズに転職が進む可能性もあります。転職サイトや転職エージェントを利用し、多少のデメリットを解消することは可能です。

合わせて読みたい

時間はたっぷりある。退職後に転職活動をするメリット

退職してから転職活動をする場合のメリットは、時間があるため転職活動に集中できることです。複数の人材紹介会社に登録し、自分に最も合う会社で活動することもできます。また、仕事をしていないため、精神的にもひとまず落ち着いて新たなチャレンジとして転職活動ができます。

たっぷりある時間を生かして、就職までのスキルアップもかねて研修を受講することも可能です。自分でいつまでに転職するという目標を立てて活動していけば、一つの仕事を終えて気持ち的にも休めることもメリットと言えます。

合わせて読みたい

仕事が決まらないと収入ゼロ。退職後に転職活動をするデメリット

退職後に転職活動を始める最大のデメリットは収入面です。仕事をしていないため、転職活動に集中できるのはいいのですが、すぐに仕事が決まらないと、経済的に影響が出てきます。収入が全くないため、精神的な焦りを感じることもありえます。

収入なしの期間が1か月や2か月など、経済的に影響が出ない程度ならばいいのですが、条件の合う仕事がすぐに見つかるとは限りません。これは大きなリスクとなり、退職後に転職活動をする大きなデメリットになります。

合わせて読みたい

失敗したくない。仕事を辞めたい人が転職を成功させるポイント

仕事を辞めると決めたら、すでに気持ちは前を向いているでしょう。こうなったら何としても絶対転職を成功させたいですね。転職成功には、いくつかのポイントがあるのでご紹介しましょう。

希望する仕事に役立つ資格を取得しておく

仕事を辞めることを決めたら、しっかりと転職に向けて準備しましょう。希望の仕事に就けるように研修やセミナーを受けてみたり、仕事に必要とされる資格の勉強をしたり、準備できることはたくさんあります。

仕事を辞めたいと思っても、すぐに転職するのではなく、長期戦だと考えてまずは準備万端にしておくのも一つの方法です。今自分が持つスキルよりも更に上のスキルを身につけて、希望する仕事に必須となるポイントは全ておさえてから転職活動をしても遅くないかもしれません。

合わせて読みたい

会社への不満はNG。「勉強になった」と感謝する姿勢を見せる

一度、仕事を辞めると決定すると、今の仕事はどうでもいいと思えてきて、仕事に対するやる気や責任感を失ってしまう人もいるようです。しかし、仕事を辞めるまでは今までと同じように、責任を持ち仕事に取り組まないとなりません

逆に、今の仕事で経験を積めたことやステップアップの一つの場として、多くを学べたことに感謝する気持ちを大切にすべきです。気の持ちようで、残り少ない職場での仕事も楽しくなることもあります。会社や仕事へのネガティブな気持ちではなく、ポジティブで前向きな気持ちでいるようにしましょう。

合わせて読みたい

退職前に実績を作っておきアピール材料にする

転職を成功させるために、できることの一つに今の会社で実績を作っておくことがあります。職務経歴書にアピールできる数字や実績が少ないと、競争の激しい書類選考を通過するのは厳しい場合もあります。転職すると決めてからも、精一杯働き、なるべく多くの成果を出すことで気持ちも前向きになれます。

職種によっては、すぐに実績を作れない場合もあります。その場合は小さなことでもいいので、責任を持って取り組みましょう。何かのきっかけで、職務経歴書に記載できるような思わぬアピールポイントを得られるかもしれません。

希望する仕事に役立つスキルを伸ばしておく

転職を長期戦で考えているなら、今のうちに希望する仕事に役立つスキルを学んでおきましょう。まずは、希望する仕事はどのようなスキルが必要かを確認して、自分の足りないスキルは少しでも向上させたうえで転職活動ができるように、準備しておくことは大切です。

例えば英語のスキルが必要な場合は、英語のレッスンを受けることができます。ビジネス関連で必要なスキルは人材紹介会社が提供しているセミナーや研修を受講することで身につきます。

合わせて読みたい

自分の市場価値を理解しておく

転職活動を始める時は、まず自分の市場価値を知ることから始めましょう。転職サイトによっては、自分の市場価値を知ることのできるツールを提供しています。または、転職エージェントに相談し自分の可能性を聞いてもいいでしょう。

希望する業界で、自分がどこの位置にいるのかを知ると、より現実的に仕事を探せます。高望みをすることもなく、現実を受け止めて希望の収入や条件を決めれば、自分に合った転職先を見つけることができます。

合わせて読みたい

転職先企業の将来性と中途採用者の活躍状況を確認する

転職では失敗したくありませんよね。転職成功を実現させるにはある程度のリサーチが必要な時もあります。まずは気になる求人先企業の将来性を確認してみましょう。将来的に安定している企業であるか、自分が成長できて長期間働けそうな企業であるか調べてみてはどうでしょうか?

また、求人先企業で中途採用者がどのように活躍しているかもできれば知っておきたいものです。中途採用者でも十分に活躍している企業なら、あなたが活躍できるチャンスもあるということです。

合わせて読みたい

常に焦らず冷静に物事を判断できるようにする

物事を冷静に判断できるスキルも転職成功の大きなキーです。何かマイナスな事があるたびに、不安になったり焦ってしまっては望ましくありません。何か不安要素が発生しても、まずは落ち着いて冷静に考えてみることが大切です。

冷静に物事を判断できれば、適切な対処ができることにつながります。転職活動をする上ではそのような点が求められます。例えば、1社2社と書類審査に落ちていくとします。その時、焦ってしまっては元も子もありません。一度冷静になり、何が悪かったのかを考え次に進む姿勢が大切です。

合わせて読みたい

転職が難しいと言われている40代。転職を成功させるコツは?

40代の転職はなかなか厳しいと世間では言われています。しかし、40代でも転職を成功させている人はいます。では、彼らはどのように転職を成功に導いたのでしょうか?こちらでは、40代の転職を成功させるコツをご紹介します。

合わせて読みたい

柔軟性を持つ

40代の転職が難しいと言われることはよくあります。企業は40代の求職者に経験やスキルだけでなく、柔軟性を求めています。40代で転職をする時は、自分が実務経験のある仕事だけにこだわっていては、なかなか転職が難しい場合があります。

多くの企業は様々な仕事内容に対応できる人材を40代の求職者に求めています。例えば部下を育てるなど、今まで経験を積んできたからこそできる業務にチャレンジしていく気持ちがあれば、転職は成功するかもしれません。

または、今まで経験した分野ではなくあえて未経験の分野で就職活動をしてみるのも一つの考え方です。

これまでに積み上げたキャリアが活かせる職場を探す

40代になれば、それなりの経験を積んでいる人が多いでしょう。転職活動をする時は、自分の積み上げてきたキャリアを活かせる仕事であるかどうかに重点をおき仕事を探すとよいです。つまり、自分の価値を分かっている会社・自分の経験を高く評価してくれる会社を探すということです。

自分の経験を高く評価してくれる職場では、さらなるキャリアアップを図ることも期待できます。経験が活かせるために自信を持って取り組める仕事であるし、キャリアアップしながら同時に新しいことを学んでいける。そのような職場を見つけられたら転職は成功するかもしれません。

退職前に転職活動をする

40代の転職は難しいと言われているので、なるべく大きなリスクは避けたいものです。そのため、先に退職してしまっても転職先がすぐに決まるかわからないため、退職せずに現職中に転職活動を始めるのが、理想です。

40代の転職は長期戦で考えた方が成功に近づけます。例えば半年~1年後に転職をしようと決めて、それまでにできる情報収集やスキルアップをして、十分に準備をしましょう。同時に時間がある時に転職活動をしていけば、良い条件の仕事が見つかるかもしれません。

退職後に活動を開始しても、収入がなくなり焦って転職を決めてしまっては、後悔してしまうこともあります。

副業などで他の収入源を確保してから退職する

できれば現職中に転職活動を開始し、ブランクなしに転職ができればいいのですが、転職先が決まらないうちに退職する場合は、退職前に副業などの何らかの収入源を確保しましょう。

収入が一切ない状態で転職活動を続けていくのは、経済的にも精神的にもきついです。しかし、副業からくる収入が少しでもあれば気持ちが楽になりそうです。副業の収入は本業の収入の半分でも構いません。何らかの収入がある状態であれば、焦らず不安になることなく、妥協しない転職ができるでしょう。

合わせて読みたい

転職エージェントを利用して探してみる

40代の転職に限らず、人材紹介会社を利用するのは転職成功の大きなキーです。現在は非常に多くの人材紹介会社があり、そこで提供されるサービスも様々です。また、人材紹介会社には、転職のプロであるエージェントがいます。あなたが知らなかった業界の動向なども聞くことができるため、メリットは大きいです。

また、現職中に転職活動を始める場合でも、担当のエージェントがあなたの条件に合う仕事を紹介してくれるため、忙しい毎日の中で求人検索を必死でする必要もありません。エージェントとの面談では、転職に関する疑問や悩みも相談できるため、利用する価値はあります。

自分の業界専門の人材紹介会社なら、求人数も総合人材派遣会社より多く、一つの業界に特化している分、業界での転職事情を聞くことができるため、メリットを感じながら利用できます。また複数の人材紹介会社を比べてみることも大事です。

合わせて読みたい

転職を成功させるかはあなた次第

仕事を辞めたいと思った時に、まずしなければならないことは、本当に転職する必要があるかもう一度じっくり考えてみることです。そして、仕事を辞めたい理由が解決できる問題であれば、問題が解決できるように動いてみることです。どうしても解決できない問題や不満があり、精神的にも体力的にも限界だということなら、転職に踏み切ってもいいでしょう。

転職成功の鍵は、焦らずポジティブに活動を進める精神力と情報収集力です。自分の経験やスキルを把握して、自分の市場価値がどのくらいかをしっかりと受け止め、希望や条件を明確にすれば、転職成功のチャンスは大いにあるでしょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧