「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事が精神的に辛い。休みたいときにはどうすればいい?
仕事辞めたい

仕事が精神的に辛い。休みたいときにはどうすればいい?

仕事が精神的に辛いときにはどうすればいい?

仕事の悩みを抱え込んで、毎日ネガティブな気分で過ごしていませんか。単なる身体の疲れなら、寝たり休んだりすればいいのですが、精神的な辛さには、誰にでもすぐに効く対処法というのがないので困りますよね。

精神的な辛さは、放っておくと肉体的な辛さ以上にやっかいな問題につながります。特に、辛さが病気にまで発展した場合は、その後の仕事や人生に長く影響を及ぼしてしまうこともあります。

そこで本記事では、仕事が精神的に辛い時期をうまく乗り越えるためのヒントをお伝えします。

精神的に辛いときでもスカウトが来たら嬉しい「ミイダス」

「ミイダス」は、転職エージェント「doda」などを運営するパーソルキャリア社の無料サービスです。プロフィールを登録しておくと、何もしなくとも企業からのスカウトオファーが届くので、今の環境から脱出するための転職活動が最低限の労力でできます

プロフィールを登録すると、自分の市場価値を診断=転職後の年収予想もできるので、夢が膨らみますよ。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

プロフィール登録は、通勤中などのスキマ時間に簡単に無料登録ができます。あとは待っているだけで企業からオファーが来てしかもオファーが来た時点で第一次選考は通過扱いとなります。書類で落とされるというストレスがないのもうれしいポイントです。

精神的な辛さの原因になりがちなこと

辛さを和らげ、ポジティブに前に進むためには、自分の抱えている悩みの正体と向き合ってみる必要があります。なんとなく「仕事が辛い」と思っているのなら、その要因にはどんなものが含まれているか、分析してみましょう。

原因がわかると、誰に相談すればいいのか、少し我慢して待てば事態が好転するのか、自力で解決の見込みがあるのか、あるいは解決できそうにないから諦めたほうがいいのか、判断ができます。その判断をすることこそが、何より大事です。

合わせて読みたい

自分に合わない内容の仕事

それまで平気で出勤できていても、部署が変わったり、関わるプロジェクトが変わったりしたら、急に仕事が辛くなってしまったというのはよくあることです。

もともと得意な仕事をしていて成功体験を持っていたり、良好な人間関係の中で成果を上げられていた場合などは、合わない仕事を回されたときに落差が激しくて、精神的にまいってしまいます

また、新卒で初めて働き始めたときに、仕事に対する理想があまりに大きかった場合には、「思っていたのと違う」という気持ちになって、辛くて辞めたくなるかもしれません。

もっと自分に合う仕事があるはずだと思ったら「JAIC」でやり直そう

せっかく就職活動をして入った企業が、どうしても自分に合わないと、精神的に辛くなってしまいますよね。

もちろん、最初は苦労があるものです。しかし、ある程度の期間を経ても「どうしても嫌」としか思えないのに我慢を続けていると、のちのちに心身を壊してしまう可能性もあります。

そんなとき、もしあなたがまだ20代であれば、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICでは社会人経験の少ない若者にビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれる優良企業との出会いを提供してくれます。その中には、新卒の就活時には縁がなかったような、自分の可能性を引き出してくれる会社があるかもしれません

ノルマやプレッシャー

到達できないような無理なノルマを課せられて、心身を壊してしまう人の話はよくあります。ノルマ自体も重圧ですし、それを達成できないことへの叱責や罵倒、自己嫌悪なども含めて、耐えきれないストレスになってしまうのです。

また、そのようにブラックな環境とまではいかなくとも、大金を動かす仕事や、人の命を預かる仕事をしている場合には、常にプレッシャーがあります。とにかく気が重い、逃げてしまいたいと思うことはあるでしょう。

もともと重圧の大きい仕事だとわかって就職しているなら、ある程度の覚悟もできているかもしれませんが、不慣れなのに急にそのような業務にあたることになってしまったら、精神的に辛くなってしまいますよね。

合わせて読みたい

上司との関係

「上司と良好な関係を築ける」というのは、とても運の良いことです。上司に、部下を育てるという信念があり、上司らしい適度な距離感で接することができて、部下の側もそんな上司を尊敬できて、さらに人間的に波長が合う……そんなことはなかなかありません。

そもそも上司というのは、世代が違い、社歴が違い、感覚が違うので、気が合わなかったり話しかけにくかったりするものなのです。そして、上司のほうも実は部下とどう接していいか分かっていなかったりします。

そんなすれ違いが、仕事の辛さにつながってしまうことはよくあります。上司も人間なので、腹を割って話すことができれば状況は改善するかもしれませんが、世の中にはそうできないケースのほうがずっと多いです。

合わせて読みたい

同僚との人間関係

上下関係のないはずの同僚が、人間関係の辛さを生み出してしまうこともあります。

同僚は上司と違って、「この人に評価してもらわなければ」「この人を評価しなければ」という上下関係がないから、かえってシビアな好悪の感情やライバル心が芽生えてしまうのです。その結果が派閥、仲間はずれ、いじめにつながったりします。

また、もともと周囲とのコミュニケーションが苦手だったり、我が強すぎて周りと衝突してしまったりする人は、どこに行っても居づらさを感じてしまうでしょう。

合わせて読みたい

仕事の量

仕事を任せられる量が多いと、精神力と同時に体力も削られるので、「辛い」と思うまでのスピードは早いです。

適度な忙しさはモチベーションにつながりますが、過度になると「なんで自分がこんなに働かなければいけないんだろう?」「会社や上司はなんでこの状況を改善してくれないんだろう?」と不信感が募ってきます。

さらに、自分以外の社員も忙しくしている場合、「みんな忙しいから自分だけ帰るわけにはいかない」「自分が辞めたらみんなが大変になるから辞められない」と、どんどん自分の首が締まっていくことになります。

仕事が辛いときの危険なサイン

仕事が精神的に辛くとも、自力ですぐ立ち直れたり、趣味などでストレス解消をして忘れることができているうちは大丈夫です。そういう辛さは仕事のうちなので、乗り越えれば乗り越えただけ自分の経験や成長につながります。

しかし、辛い気持ちがずっと続いていたり、気持ちだけでなく身体にも影響が出ている場合は要注意です。

朝起きた瞬間から憂鬱

「出勤せずにもっと寝ていたい」と思って二度寝三度寝をしながらも、起きて身支度をして朝食を食べて出かけられるなら、それは単に朝が弱い人です。

一方、目覚めた瞬間から仕事のことを考えて憂鬱になり、もう眠くないのに布団から出られず、朝食をとる食欲もないというのなら、危険なサインかもしれません。

本来、仕事のことを考えるのは職場に着いてからでよいのですが、目覚めたときからもう仕事の悩みに頭が支配されているのは要注意です。

合わせて読みたい

仕事で失敗した記憶から逃れられない

誰にでもミスや失敗はありますし、時には叱責されることもあるでしょう。そんなときには、よほどメンタルが強くない限り、みんな手が震えたりドキドキしたり、冷や汗が出たりするものです。

しかし、そのような状態が、仕事から離れても続いたりとっくにミスがリカバリーできたあとでもミスの記憶に苛まれたりするなら要注意です。

他人にいくら「気にしすぎ」と言われても、思い出してしまうものは仕方ありません。こうなると、ミスとは無関係の仕事に臨むときでさえ、緊張してうまくいかなくなってしまいます。

合わせて読みたい

仕事以外のプライベートでもやる気が起きない

仕事の辛さはプライベートの趣味などで発散し、また一週間がんばろうとなるのがふつうの人の精神状態です。しかし、プライベートで楽しんでいるはずの間も、仕事のことが頭から抜けないようなら要注意です。

仕事関係の人に見られていることもなく、仕事から解放されているはずのプライベートの時間に、まったく切り替えができないというのは、心が弱っている証拠です。

具合が悪くて出勤が難しい日がある

出勤しようとすると、吐き気がこみあげてきたり、お腹が痛くなったり、頭が痛くなったり……こういった心因性の症状が出てきているのならかなり危険な状態です。

この場合、早く体調を立て直さないと後が大変です。躊躇せずに医療機関に頼りましょう。本当にまったく出勤できなくなってからでは遅いのです。

それに、周りからどう思われるかも心配です。「体調不良でよく休む人」というのは、どうしても腫れ物のように扱われてしまうので、たとえ通院や投薬などで体調が治ったとしても、なんとなく職場に馴染めなくなってしまいます。

基本的な生活行為ができない

心身に鞭打って出勤し、職場で仕事をしている間だけどうにか自分を保っていられても、家に帰るとなにもできなくなってしまう……そんなことはありませんか?

精神的に限界が来ると、衣食住へのこだわりが極端に薄れたり、本能に直結した生活行為ができなくなったりします。「食事をするのも、寝るために準備をするのもめんどくさい」という状態です。

おしゃれだった人が身なりを気にしなくなったり、グルメだった人が食事にこだわらなくなるのも、危険なサインです。

家族やパートナーなどと一緒に住んでいる場合は、「最近おかしい」と気づいてもらいやすいですが、一人暮らしだと自分の限界に気づけず、深刻な事態になりやすいです。

辞めたいけれど心身が限界なら退職代行という手もある

心身に限界が来て、これは退職すべきだと自分でわかっていても、退職のためにもエネルギーが必要です。そんなときには、自分でなにもしなくていい「退職代行」をしてくれるサービスがあることをぜひ知っておいてください。

EXITのメリット
  • 会社に行くだけで辛い場合は、会社に行かなくても退職できる
  • 書類などの手続きはすべてEXITが代行してくれるのですぐに退職が可能
  • 職場の人に会わずに退職できるのが最大の魅力
  • EXITと提携している転職サイトから求人紹介が可能。次の仕事をそのまま探せる

退職のために「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」のが代行サービスの魅力です。

仕事が辛くて一刻も早く辞めたいと思っているなら、ぜひEXITで退職代行をしてもらって次のステップに進みましょう。
EXITに退職代行を頼む

合わせて読みたい

精神的な理由で仕事を休む場合の注意点

精神的に辛くなった時、仕事を休んでもいいのでしょうか。結論からいうと、身体を壊す前にぜひ休んで対処してください

「このくらいで休んだら甘えでは?」と思うかもしれませんが、そういうふうに自分に厳しい人ほど、限界まで頑張って取り返しのつかないことになってしまう傾向にあります。

注意すべきなのは、ただ無為に休まず、これからの自分にとって不利にならないようにすることです。

会社には純粋な体調不良だと伝える

会社や世間の目というのは、精神的な疾患に厳しいです。当事者以外からすると「頑張りすぎた末に心身のバランスを崩した人」も「なんとなくだるいから鬱ということにした人」も同じに見えてしまうからです。

そんな現実があるので、いまあなたが「精神的な問題で休む人」というふうに見られてしまうと、あとあと不利になります。こういうときは嘘も方便です。

頭痛や腹痛があるなら「風邪をこじらせた」、数日間休みそうなときは「ぎっくり腰で動けない」など、精神面に関係のない、純粋に肉体面だけの不調が原因だと会社には伝えておきましょう

そうすることで、休み明けに変な目で見られることもなく、問題なく仕事に復帰できるでしょう。

休んでいる間は仕事のことを考えない

他の人が働いているときに、自分だけ休んでいるのはまずいと感じていませんか。しかし実は、自分で思うほど周りはあなたのことを気にしていません

よほど大事な時にばっくれたというのでない限り、人はいつ誰が休んだかなんて覚えていないものです。誰々が休んだからこんな迷惑を被った、という記憶も、数日で薄れていきます。気にしているのは休んだ当人だけです。

そう思えば、休んだことを気に病むのはまったく無駄です。休むことにしたのなら、あとは次の出勤時刻まで仕事のことは忘れましょう。

この機に退職・転職を考えるのもあり

貴重な休みの日。もし退職・転職を考えているなら、今すぐにでもできる転職活動を始めてみてはどうでしょうか。

転職活動は、心身が健康なうちにしかできません。今日休んでまたしばらく頑張った頃には、転職への気力がなくなってしまっているかもしれません。「今日、活動できるかも」と思ったときがチャンスです。

世の中には数々の転職エージェントがあります。転職エージェントは、悩みを聞いてくれて、履歴書や職務経歴書を一緒に作り上げてくれて、「では○月○日に面接に行きましょう」とスケジュール管理をして、背中を押してくれます

中にはWEBで登録するとすぐに電話がかかってきて、その日のうちに転職先を紹介してくれるようなところもあります。

初めての転職はマイナビエージェントに相談してみよう

マイナビエージェントは、実績と信頼ある毎日新聞グループの転職エージェントです。サポートに熱意があって丁寧で、社員のやる気と真面目さが利用者に伝わってくると評判です。

未経験でも応募できる求人が多いため、この機にまったく別の業種・職種にチャレンジしたいという望みも叶います。

特に、新卒3年以内の人や20代で転職を考えている人から好評の転職エージェントです。

精神的な辛さから回復するための方法

「仕事が精神的に辛くて、会社を休んでしまった……」という場合も、まだ悲観しなくて大丈夫です。

問題なのは、この先何度も繰り返し休んで、ついにはまったく働けなくなってしまうことです。そうならないうちに、回復するための対策を打ちましょう。

上司に相談する

上司に相談するのは難しいと感じるかもしれませんが、実は相談しにくいと悩んでいるのはこちら側だけで、上司のほうはいつでも歓迎体制かもしれません。むしろ、最近元気のないあなたのことを心配している可能性もあります。

思い切って、いまの仕事が精神的に辛いのだと告げてみましょう。上司だって部下に倒れられたり辞められたら困りますから、まずは話を聞いてくれるはずです。辛さの原因が、自分では解決できなくとも上司には解決できるかもしれません。

自分の辛さを知ってくれている人が社内に一人でもいると、気分は格段に楽になるはずです。

部署異動の相談をする

仕事が辛いと思っても、転職活動にはやはりエネルギーがあります。「いまの会社で働き続けられるならそうしたい」「いまの仕事は辛いけれど会社自体が嫌なわけではない」と思うのなら、会社を変えずに環境を変えてみましょう。

できることはまず部署異動です。上司に相談できるなら上司に掛け合ってみてください。上司との間に問題があって難しければ人事部や、異動希望先の長に相談してみましょう。

異動希望先では、上長だけでなくその部下ともあらかじめ仲良くなっておくとスムーズです。

貯まっている有給を使う

もし、今までろくに休まず頑張ってきたのなら、貯まっている有給があるはずです。そして、有給があるうちに使うのは社員の権利です。この機にリフレッシュのために使いましょう。

有給をまとめて使うには、繁忙期を避けるなど、最低限まわりに迷惑がかからないようマナーを守れば大丈夫です。理由は「私用のため」でかまいません

もし、「私用」が認められなかったり、「私用」の中身を事細かに聞かれるようなら、それはブラック企業です。この機に分かってラッキーという気持ちで、休暇中に転職活動をしてもいいくらいです。

仕事の精神的な辛さに適切に向き合おう

仕事がつらいと感じることは誰にでもあります。しかしたいていの人は我慢してしまい心身に不調を起こしてしまう人が多いのが現状です。過労死が問題になることが多い現代ですが、がんばりすぎてしまう日本人の傾向も原因の一つにあるのではないでしょうか。

職場に向かうのが苦しいときは、無理をせずに自分の心や身体をいたわりましょう。立ち止まることで今の問題を客観的に把握でき、新しい解決策が見出せることもあるのです。

走り続けることだけが最善の仕事方法ではありません。心身のメンテナンスを行い、自分自身の状態を理解してよい方向に持っていくことも、大事な仕事の一つといえるのではないでしょうか。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧