「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 人間関係が嫌で仕事を辞めたい。気分を切り替える10の対処法と賢い転職方法
仕事辞めたい

人間関係が嫌で仕事を辞めたい。気分を切り替える10の対処法と賢い転職方法

人間関係を理由に仕事を辞める人は多い

仕事を辞める理由は人それぞれですが、実は転職サイトなどさまざまなアンケート調査で、「職場の人間関係」は仕事を辞める理由ランキング上位に入っています。

会社に所属すると上司や部下などの上下関係や、同僚との出世争い、女性同士の確執などさまざまなトラブルが発生しやすい環境にいることになります。

では人間関係で仕事を辞めたいと思ってしまったなら、実際どうすればよいのでしょうか。

辛いときの気分転換に、希望の見える自己診断ツール「ミイダス」

「ミイダス」とは、転職エージェント「doda」などでおなじみのパーソルキャリアが提供する、診断&転職支援アプリです。

ミイダスでできることは2つ。まず転職市場における自分の価値を、「転職後の想定年収」という形で算出し、さらに自分の市場価値を認めてくれた企業から、スカウトメールがもらえるという仕組みです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

スカウトメールをもらうには、ただ待っているだけで大丈夫です。いま仕事の人間関係が辛くて気力のない人にとって、自分からなにかしなくとも転職のチャンスがめぐってくるのはうれしいですよね。

しかもスカウトが来た時点で書類審査は通過になるので、興味があればいきなり面接からスタートできます。まずはぜひ診断を試してみてください。

仕事を辞めたいほど人間関係が嫌になった原因は?

人間関係の問題と一口に言ってもさまざまなものがありますよね。ここでは、みんなが「仕事を辞めるきっかけになるほど悩まされた人間関係の問題」をご紹介します。

職場の輪に入れなかった

アットホームな職場で、すでにグループができてしまっている環境だと、自分から入っていくのは難しいですよね。新しいメンバーを積極的に迎え入れる文化がある会社だとよいですが、そこで気の合う人が見つかるとは限りません。

さらに、もともとコミュニケーションに自信がなかったり、飲み会の多い会社なのにお酒が苦手だったりすると、いくら相手に歩み寄ってもらえても、こちらが遠慮してしまうこともあるかもしれません。

グループの輪に入るタイミングを逸してしまったままだと、「あの人は感じが悪い」などと勘違いされ、職場で孤立するケースも多いようです。

上司と合わなかった

上司というのは、仕事の指示・指導をしてくれたり、こちらが困っているときには相談を受けてくれたりする存在ですが、同時に自分のことを評価してくる存在でもあります。そのため、上司には基本的に嫌われたくないものです。

しかし、上司との意思疎通がうまくいかずに怒られるはめになったり、自分ではよかれと思って頑張ったことが上司にとっては低評価だったりすると、上司との関係に疲れてしまいますよね。

また、そもそも性格が合わないというのも問題です。上司とは世代も違うことが多いため、「残業してでも頑張れば売上は達成できる。自分はそうやって成功してきた」という指導が、若手にとっては「昭和の考え方」「パワハラ」としか受け取れないこともあります。

合わせて読みたい

同僚と合わなかった

会社の人間関係の問題は上下関係だけではありません。世代や社歴が近い同僚とも、合わないときは合わないものです。

特に営業職だと、同僚は仕事を取り合うライバルになりえます。また、新卒でまだ配属が決まらず、全体での研修をしている間も、スタートラインが同じゆえにかえってドロドロとしたライバル意識が生まれやすいものです。、

まさかあの人が、と思うような相手が、自分を陥れるような悪口を広めていることもあります。

合わせて読みたい

社内の雰囲気が悪かった

特に自分が誰と合わなくて辛い、というのではなく、会社全体の人間関係が醸し出す雰囲気が悪いときも、じわじわと心が削れていって辞めたくなってしまいます。

たとえば以下のようなものです。

チェックポイント

  • 空気がピリピリしていて、休憩室ですら雑談のできる雰囲気がない
  • 会議室から怒鳴り声が聞こえてくる
  • 上司から、他の部下の悪口を聞かされる

あまりに人手不足で忙しかったり、業績が下降傾向にあると、余裕がなくなってこのような雰囲気の社内になることが多いようです。

雰囲気の悪いブラック企業を脱出するならJAICに相談してみよう

せっかく就職したものの、企業体質がブラックだった……。そんなとき、もしあなたが20代であれば、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)に就職をやり直すサポートをしてもらえます。

JAICは、フリーター・既卒・第二新卒を、若さに可能性を感じてくれる企業とマッチングさせてくれる無料の支援サービスです。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICは、若者を一人前のビジネスマンに育てる支援プログラムを行う一方で、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」といった企業との連携を進めています。

そのため、職歴・経歴に自信がない20代のうちでも、ホワイト企業の正社員として就職のチャンスがあるのです。ぜひチェックしてみてください。

女性中心で派閥ができやすい環境だった

会社員

仲の良かった人に陰口を言われるように…

★★★★★★★★★★2

私を入れて6名の女性だけの職場。入社間もない私に、年下の先輩が優しく話しかけてくれて、そこから仲良くなっていきました。しかし、最初は親身だったその人が、次第になぜか私の陰口を広めている中心人物になっていきました。理由もわからないまま私は孤立し、退職することになってしまいました。

すべての女性がそうだというわけではありませんが、体験談からみると、どうしても女性の多い職場では人間関係の問題が起きやすいようです。たとえば以下のようなものです。

チェックポイント

  • どこかの派閥に所属しておかないと仕事がしにくい
  • 悪口に同調しないといけない雰囲気がある
  • お局様に嫌われて辞めていった人が何人もいる

看護師・介護士などの医療介護職では、特にこのような理由での転職がよく聞かれます。夜勤もある閉鎖的な環境で、少人数で仕事をしていくことが多いせいでしょう。

医療介護職なら転職先は豊富に見つかる

ジョブメドレーは日本最大級の医療・介護系求人サイトで、求人数は20万件以上。リンク先は看護師向けページですが、ジョブメドレーのトップページからは介護士など他職種の求人も幅広く探せます。

経験者は、経験相応のしっかりとした高待遇のお仕事が見つかり、逆に未経験者も、未経験可のお仕事が多いのでスムーズに転職が決まります。

ジョブメドレーをチェックしてみる

モラル意識が低くハラスメントが横行していた

ハラスメントのある職場は、たとえ自分が直接の被害者ではなかったとしても、「こんなことが起きてしまう職場なのか」と嫌な気分になってモチベーションが下がるものです。

セクハラやパワハラ、モラハラといったハラスメントは、「現代社会ではどんなことがハラスメントになりえるか」という研修を実施して、管理職に正しく理解してもらえれば、ある程度は防止できます。

しかし、そのような研修をする余裕がなかったり、意識を変えようと努力する社風がなかったりすると、ハラスメントはエスカレートしてしまいます。

また、ハラスメントとは異なりますが、人手不足で余裕がないために採用活動が適当になり、社内で窃盗などの犯罪行為が起きたというケースもあります。

社内恋愛があった

社内恋愛がある職場は、自分が当事者かどうかに関わらず気まずいものです。

まず、ただでさえ当事者も周りも気を遣います。もし本人たちがきちんとわきまえて、最後まで隠し通したうえで結婚まで行き着けば、お祝いムードにもなるでしょう。しかし途中で別れてしまったり、狭いコミュニティ内で浮気などをされてしまうと、社内の雰囲気が悪くなります

「職場恋愛で気まずいことになったから」という、あまり褒められたことではない理由で人材が辞めていくのは、経営者にとっても痛手ですが、どうしようもありません。

馴れ合いが過ぎて嫌になった

人間関係が良好すぎて仕事を辞めたいと思う人もいます。例えば、仕事は仕事、プライベートはプライベートと切り分けたいのに、職場の雰囲気がそうでなかった場合です。

社員全員を「家族」と定義して、会社のイベントには全員強制参加なんていう企業も多いです。会社全体でなくとも、直属の上司がアットホーム志向で、休日にも部下をイベントに巻き込もうとするタイプだと、合わない人は本当に困ります。

会社や上司は、そのほうが士気が上がると信じて、よかれと思ってやっているので、余計に困りますよね。

仕事を辞めずに乗り切る10のポイント

せっかく入社した職場を、人間関係が理由で退職するのは非常に残念ですよね。もし業務内容や給与体系、福利厚生などには納得がいっているというのなら、特にもったいなく感じるでしょう。

もし、人間関係以外には問題がないのであれば、いったん「自分の考え方を変える」という対策をとってみてはどうでしょうか。職場に見切りをつけて転職活動をするのは、そのあとでも遅くはありません。

合わせて読みたい

相手に過度な期待をしない

人間関係を楽にするためには、まず相手への期待をやめることです。

「なんで自分のことを分かってくれないんだろう」「なんでこの程度のことを察してくれないんだろう」と思ってしまうと、本来持たなくていいはずの被害者意識が高まっていきます。自分で自分を悩ませることはやめましょう。

会社はあくまでも仕事をして売上を立てて給与をもらう場所です。「自分が生きやすいようにみんなが配慮してくれる場所」ではないと悟れば、コミュニケーションがうまくいかないくらいは気になりません。

合わせて読みたい

仕事は仕事と割り切る

職場での人間関係は、職場を離れればもう関係ありません。それくらい割り切って仕事に臨めるといいですよね。

もし、飲み会が多い・休日の催し物が多いなど、職場での人間関係を社外までひきずるような社風がある場合、思い切って断ってみましょう

もしあなたが入社して間もなかったり、若手の社員だったとしたら、案外「最近の新入社員はそういうものなのか」と理解してもらえるかもしれません。

仕事は仕事、プライベートはプライベート。人間関係もそこで分断してしまえば、家に帰っても人間関係の悩みについて思い出すことも少なくなります。

自分が人間関係悪化の原因になっていないか振り返る

どこの職場に行っても人間関係に悩んでしまう場合、自分に原因がないか振り返ってみましょう。以下に当てはまるような人は、独りよがりな言動で周りに迷惑をかけたりして、「仕事がやりにくい相手だ」と敬遠されているのかもしれません。

チェックポイント

  • 新人が入ってきたら指導するのは自分だという使命感を持っている
  • 職場の人に話しかけるのが好き
  • 「正しい判断ができるのは自分だけ」「みんなは自分より仕事ができない」と思っている
  • 部下に自分の話はするが、そういえば部下の話はあまり聞かないので、部下のことはよく知らない
  • 自分が部下や周りの人にどんな指示や依頼を出したかいちいち覚えていない

明らかに「コミュニケーションが苦手」と自覚しているひかえめな性格の人よりも、こういった独りよがりなところのある人のほうが、人間関係の元凶となりやすいものです。自分に思い当たるところがないかチェックしてみましょう。

頼れる人がいれば素直に頼る

もし近くに頼れそうな人がいるなら相談してみましょう。親密な関係でなくても、公平で冷静なアドバイスをしてくれそうな人ならOKです。

社歴が適度に長い人ならなおよいでしょう。経営者ほどの功利目線ではなく、かといって未熟なわけではなく、社内の事情や人間関係をある程度俯瞰している人が理想です。そういう人なら、普段まったく話したことがなくても、この機に近づいてみる価値はあります。

その際に注意すべきことは、絶対に周囲の悪口や陰口などネガティブな発言をしないことです。事実を話すぶんには問題ありませんが、ネガティブな発言ばかりしていると相手も公平な話ができません。

メンタルが弱った状態だとどうしても自分に賛同して欲しくなりますが、あくまでアドバイスをもらうことが目的です。

異動のある環境なら「辛いのは今だけ」と考える

いくら今の職場の人間関係が悪くとも、永遠にその関係が続くわけではありません。異動や定年など、人が動く機会はあるでしょう。

小さい会社であれば異動のチャンスは少ないかもしれませんが、大きい会社であれば数年単位でローテーション人事が行われることが多いです。苦手な人が異動するかもしれませんし、自分が異動願いを出して環境を変えるチャンスもあります。

もし本当にハラスメントなどで辛い思いをしているのなら、その旨をしかるべき窓口に相談して、相手と引き離してもらうこともできるはずです。

合わせて読みたい

挨拶などの礼儀はしっかりする

いくら会社の人間関係が嫌でも、またいくら会社は会社と割り切るとしても、最低限、挨拶だけは丁寧にしておきましょう

人間関係が嫌なら、せめて仕事自体は成果を出して充実させたいですよね。そんなとき、仕事で協力し合うのが「まったく話したこともない相手」のときと、「挨拶くらいはする相手」のときでは、いざという時の対応が違うはずです。

少しの心がけで、自分にとって利益になる人間関係を作れるなら、そのチャンスは有効活用しましょう。

感情ではなく理性で話す

自分が感情的な喋り方をしているかどうかは、自分ではなかなかわかりません。そこで、仕事以外の関係でなるべく正直に物を言ってくれそうな人を選んで、自分が感情型か理性型か評価してもらいましょう

感情で喋ってしまう人は、職場では面倒くさがられてしまいます。自分で気づかないうちに「あの人は今日は機嫌が悪そうだから話しかけないでおこう」「あの人は気分によって言うことが変わるから指導されたくない」などと思われているのです。

仕事の話ではやはり理性的であるに越したことはありません。自分の気分まかせではなく、仕事の目的に応じた最適な対応をするべきです。

悪口を言わないようにする

同僚と他愛もない話をしている際に、少しでも誰かの陰口を叩いたことはありませんか?実はその陰口、本人に伝わってしまっている可能性があります。特に女性が多い職場環境では噂好きな人が多いため、すぐに伝わってしまいます。

共通の敵の悪口を言い合って仲良くなれるような場面も確かにありますが、社会人のいい大人としては、あまりそういう場面に依存すべきではありません。基本的には、人の陰口やネガティブな印象を与えることは言わないように気をつけましょう

むしろ前向きな発言を増やせば、周囲の人もあなたのことが好きになるはずです。

社外に出て外を見回す機会をつくる

外回りの営業マンよりも、内勤のオフィスワーカーの方が人間関係の悩みが多いと言われています。当たり前ですが、より社内の人間と接する時間が多いためです。ただ、それだけではありません。人は同じ環境に長く居続けるとストレスを感じる生き物です。

人間関係でイライラしてしまったときは、外に出て散歩でもしてみてはいかがですか。適度な運動をすることで脳がストレスから開放される効果があるのと、一度社内の人間と距離を置くことでストレスが軽減されるといわれています。

社外でのイベントや、営業同行などの機会があれば、仕事として合法的に外に出られるチャンスです。ぜひ新しい刺激を受けに行きましょう。

合わせて読みたい

ミスをしても言い訳をしない

会社員

ミスの事後処理でこじれた

★★★★★★★★★★1

中間管理職として数名の部下を見ていたのですが、そのうちの一人が仕事のできなさで有名で、ある日大きなミスをしました。そのせいで私が部長から叱責されましたが、あの部下が仕事のできないタイプだということは部長も承知していたので、少しは情状酌量してほしい…とも思いました。その後は、私の業務に逐一部長から指摘が入るようになり、部長の目が気になり思うように仕事が進まなくなり、退職することにしました。

人から反感を買いやすいタイプで多いのは、頑固でプライドが高く、ミスをしても言い訳ばかりする人です。このような人は、自分自身が人間関係悪化の原因になりがちです。

もちろん、自分に全て非があるわけではない時は、言い訳したくもなるでしょう。ただ、説得力のない感情的な言い訳をしてしまうと、さらに周りからの信用を失うことになります。いずれにせよ自分に関わりのある場面でミスが発覚してしまったという事実は変わりません。

まずは素直にミスを認めて謝罪し、その上で対策について議論を重ねたほうがよっぽど生産的です。ミスはこじれるといつまでも周りの記憶に残りますが、さっさと片付ければ周りも忘れてくれます

合わせて読みたい

人間関係で仕事を辞める場合の注意点

自分の考え方で楽になるような人間関係ではなかった……。そう思ったなら、ストレスで心身を壊したりしないうちに、潔く見切りを付けるべきです。

では、いざ退職するとなったら、どんなことに注意すればよいのでしょうか。いかに紹介します。

先に転職先を決めて余計な不安をなくす

仕事を辞めれば、心配になるのは辞めた後のことですよね。まず覚えておいてほしいのは、人間関係を理由にして仕事を辞めると、失業手当がすぐにはもらえないということです。

明らかにパワハラを受けていて証拠があるなどの場合は、「会社都合退職」ということですぐに失業手当がもらえますが、そうでなく自分の意思で職場に見切りをつけた場合は、「自己都合退職」ということで、失業手当をもらえるまでしばらく時間がかかります。

生活の不安をなくすには、やはり在職しながら転職活動をして、内定が決まったら辞めるのがよいでしょう。

環境を変えるなら親身な転職エージェントに頼ろう

転職エージェントは、悩み相談・仕事紹介・応募書類の添削や面接対策・内定後の条件交渉など、転職に必要なことをすべて代行してくれる便利なサービスです。日々の仕事に追われがちな営業職なら、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

中でもマイナビエージェントは大手老舗サービスであり、全国対応で地方にも拠点を持ち、担当者の対応が親身だという口コミも多いので安心です。
マイナビエージェントをチェックしてみる

合わせて読みたい

転職先の人間関係も調べておく

転職して環境を変えた先でも、また同じような人間関係の問題があっては意味がありません。しかし、転職先の人間関係など調べることができるのでしょうか。

これには2つの方法があります。まずは、企業の内情まで知っている転職エージェントに相談して、人間関係のよい職場に移りたいという希望をはっきり伝えることです。転職エージェントは、求人募集をしている会社の部署構成や雰囲気などもリサーチしているので、情報提供してもらえるでしょう。

もうひとつは、口コミサイトを活用することです。企業が実名で載っている口コミサイトでは、社風や人間関係などの、働いてみないとわからないような情報も載っていることがあるので、非常に参考になります。

転職先の雰囲気を知るにはキャリコネを活用しよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。

さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。キャリコネのサイトを通して、大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。

合わせて読みたい

円満退職を心がける

転職先が決まったからといって、現職の会社に後ろ足で砂をかけていいわけではありません。業界が狭ければまたどこかで出会う相手かもしれません。退職は最後まで円満に行うことを心がけましょう。

まず大切なのは、退職する旨を1ヶ月前には直属の上司に伝えることです。引き継ぎや人員補充のためには、最低それくらいの期間は必要です。内定先での勤務開始日も、それに合わせて余裕を持って設定しましょう。

また、引き継ぎは社会人として責任を持って行い、最後の日まで周りには挨拶を欠かさないようにしましょう。

悩みすぎずに自分のための決断をしよう

人間関係の問題で仕事を辞める人は多い、というアンケートデータが各所で出ています。なので、「こんなことで辞めるのは甘えだろうか…」と思い詰める必要はありません

本記事でご紹介したような、自分で自分の気持を変える方法を試してみて、それでもどうしようもなかったら、ストレスがたまりすぎないうちに退職なり転職なりの決断をしましょう

「でも自分が辞めたら仕事が回らない」などと、会社のことを考える必要はありません。あくまでも自分のために、手遅れにならないタイミングで、新しい環境に向かっていきましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧