仕事辞めたい。シーン別の理由と続けるべき判断ポイント

仕事を辞めたいと思う理由とは?

仕事を辞めたい、と最近ずっと考えていませんか?そう思うには、何かしら理由があるのだと思います。人間関係が辛い、こんなことを考えるのは甘えなのだろうか、もしかしてうつ状態や病気かもしれない、誰にも言えなくて苦しい、と思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、仕事を辞めたいと思う理由を色々な場合に分けて、ひとつずつしお話していきますので、何が自分にとって仕事を辞めたいと思う元になっているのか、ご自分の状況に当てはめて想像して見てください。仕事を辞めたい、という辛い気持ちはどこからくるのか、そのもとになっているモヤモヤを一緒に探っていきましょう。

評価されない、給料やボーナスなど待遇に不満がある

厚生労働省が発表した平成 28 年雇用動向調査結果の概況 によると、男性の転職理由で最も多い理由は、給料やボーナスなどの賃金が低いことです。

大学の同期と集まって話すと自分の会社の待遇が悪い気がする、そもそも給料やボーナスが低すぎると感じる、仕事に割かれる時間が多くプライベートな時間がとれない、一生懸命仕事を頑張っているのに中々評価されないなど、仕事を辞めたいと思う理由はさまざまだと思います。

それらの理由を細かく見ていく前に、まずは自分の置かれている状況を振り返ってみましょう。

仕事を辞めたい人の理由ランキング!あなたの理由は何位?

1. 給料について見直してみる

給料が低いと思っている方は、まず以下のポイントにそって今の自分や会社の給料を見直してみましょう。

整理すべきポイント

・そもそも給料が高い業界なのか?

・会社の制度に問題があるのか?
・自分に問題はないか?

そもそも、自分の会社や業界の年収は高いのか低いのか、実はあまり詳しく知らないということもありますよね。そんな時は、国や専門機関の調査で業界の平均収入をおおまかに把握することがおすすめです。

業界平均の年収は、国税庁が毎年行っている民間給与実態統計調査で調べることができます。上場企業であれば、Yahoo Financeで企業名を検索し、企業情報から平均収入の欄を確認できます。本格的に調べたければ、東洋経済新聞社から出版されている『就職四季報 総合版』『就職四季報 優良・中堅企業版』が参考になります。客観的な相場を知ることで、自分の業界、会社の給料が高いのか安いのか知ることができます。

法人の給与や待遇に関しては、法律で定められている部分もあります。残業代が働いた時間分支払われない、休日出勤が当然になっている、という状況であれば、会社の制度に問題があるといえるでしょう。

また、会社によっては、年俸制、営業成績の歩合制といった方法で給与を支払っている会社もあります。その場合、残業代が予め含まれた給与を設定してあったり、自分の成績が多ければ多いほど給与は高くなり、少なければ給与はあまりもらえないといった状況になります。そういった給与システムを自分が理解しているか確認してみましょう。

2. 希望の給料を決めてみる

次に、自分が希望する給料を決めてみましょう。具体的な数字にしてみると、自分の希望が見えやすくなります。

整理すべきポイント

 

・家賃、生活費、食費、光熱費など今の状況からして自分に必要な給料はどれくらいか?
・どれくらいの給料であれば自分が納得して働くことができるのか?

働いている多くの人は、自分や家族が食べていくために働いているというのが本音のところではないでしょうか。そう考えると、自分の労働に対して支払われる対価が給料です。その場合、給料がどれくらいであれば、生活がやっていけるのか具体的な数字にすることをおすすめします。いくらあれば、もう少し余裕がある生活ができるのか、今いくら足りないと感じているのか考えてみると、今の職場でそれができそうか、転職を考えた方がよいのか、自分の希望に沿った選択肢が見えてきます。

さらに、今の仕事に関してどれくらいの給料であれば、自分がプライドを持って働くことができるのか、という点も同時に考えておきたい視点です。仕事はきついけれどやりがいはある、もう少し頑張りたい、でも給料が安くてはやっていけない、という場合もありますよね。今の仕事で、給料がいくらアップすれば自分が納得できるのか、働き続けたいと思えるのか考えてみると、自分の中にある希望の給料がはっきりしてきます。

3. 今の会社でも希望の給料がもらえるか考えてみる

ここまで、来たら今の会社でも希望の給料がもらえそうか、現実的に考えてみましょう。

整理すべきポイント

 

・自分が希望する給料を貰っている先輩はいるのか?
・希望の給料を貰うために自分にできそうなことはあるのか?

自分が希望とした給料が今の職場で貰えそうか、現実的に考えてみましょう。まずは、周りの先輩や同僚などに自分が希望するお給料を貰っている人がいるかリサーチしてみましょう。

直接聞くことは難しいかもしれませんが、休憩中の雑談や飲み会など少し空気が緩んだ場で、それとなく聞いてみることおすすめします。その答えによって、希望がかなえられそうか、今の会社では難しそうか、判断の材料にしてみてください。会社が組織である以上、これまで続いて来た制度がすぐに変わることは考えにくいので、周りの先輩の状況は参考になるはずです。

今の会社のお給料感を何となくつかんだところで、自分が希望の給料を貰うためにできることはあるのか、考えてみましょう。大きいことで言えば営業成績を上げる、部署を異動する、雇用形態が派遣社員から正社員になる、資格を取って昇進する、ということもあるでしょう。

分かってはいるけど、そんなに頑張るのもちょっとしんどいな、と思ったとしたら、もしかすると会社の報奨金制度や福利厚生でほんの少しでもお給料の足しになる選択肢があるかも知れません。会社によってさまざまな事情や手段があると思いますので、自分ができそうな範囲で現実的に考えてみましょう。

自分の希望をはっきりさせるために、紙に書き出してみたり、思いつくままに携帯のメモ帳に書き留めてみることも、スッキリするのでおすすめです。

労働時間が多い、休み・休日がない

厚生労働省のデータ(既出:平成 28 年雇用動向調査結果の概況)によれば、女性の仕事を辞めたいと思う理由の第一位は、労働環境に起因するものです。最近では、大手企業の新入社員が長時間労働によって過労自殺した事が問題となり、世間を賑わせました。

事件後から、政府による「働き方改革」という後押しもあり、少しずつ民間企業や官公庁でも残業や過重労働を改善する動きがある反面、まだまだサービス残業などの長時間労働が行なわれているのが現実です。

そのような状態が続くと、仕事している時間が長すぎて自分のプライベートの時間が減ってしまった、土日も働いている時間が多く休日でも休みがない、など年中仕事に明け暮れていしまい、気がついたらお休みがなくなっていた、ということになってしまいます。

仕事ばかりの毎日で、疲れてしまって家では寝ているだけ。友達や恋人と会ったり連絡をする余裕もない。そんな時に、ただでさえ疲れているのにSNSでほかの人の充実した毎日の投稿を見てさらに落ち込んでしまう。しっかり休んだり、遊んだりしてリフレッシュする暇もなく、明日はまた仕事に行く、という生活になっている方も多いのではないでしょうか。

仕事だけではなく、プライベートも充実すれば、自分自身が前向きになって仕事にもより一層精が出る言われることもありますが、人間疲れて余裕がなくなってしまっては何をやってもうまくいかないこともあります。今、仕事を辞めたい、と思っているのは、労働時間が長く、自分が「お疲れ状態」にあるとも考えられます。

職場の人間関係

上司との人間関係がうまくいかない

仕事を辞めたいと思う理由として常に上位に来るのが職場の人間関係です。大手の転職サイトでも退職理由ランキングの上位には人間関係がランクインしています。

参考:マイナビ転職 キャリアペディア

上司が怖い、上司が嫌い、上司と合わない、また最近ではパワハラやセクハラなど上司とのトラブルもさまざまです。悪意ある態度を上司から取られる、会社に行くのが辛くなるのは当然といえるでしょう。

嫌いな人、苦手と思う人がいる

同僚や先輩に嫌いな人や苦手な人がいると、そんな人たちの気を遣いながら働くことに嫌気がさしてしまうことも十分考えられます。

職場には育った環境や経歴などが多種多様で、様々な考えを持った人たちがいます。会社にいる時間は、一日の中でも多くの時間を占めるので、嫌いな人や苦手な人がいる職場で過ごすのは苦痛であり、仕事を辞めたいと思いに直結してしまうこともあります。

理不尽な扱いを受ける

自分のミスではないのに注意される、やりたくない事を半ば強制的に押し付けられるといったような理不尽な扱いを受けてしまうのも仕事が嫌だと思う理由の一つです。上下関係の中で、上司から無茶な要望をされる、自分ばかりこき使われることが続くと、この職場では働きたくないと思い詰めてしまっても仕方ありません。

職場でいじめにあう

最近では、職場でのいじめが原因で自殺してしまう、というニュースが話題になりました。特に、閉鎖的な人間関係の中で、自分だけ無視される、陰で悪口を言われる、暴力を振るわれる、といった職場いじめは、仕事に集中するエネルギーを奪いってしまいます。

職場にはさまざまな雇用体系の人や、待遇の人がいる場合もあるでしょう。そのような環境で、ちょっとした出来事がきっかけで職場でいじめられてしまうというケースも少なくありません。

仕事をしている時にいじめられるというストレス状態が続くと、仕事に行きたくない、辛いという状況になってしまうでしょう。

人間関係で仕事を辞めたい、辛いと思う7つの理由と対処法

業務内容がつまらない、今の仕事が合わない、向いてないと思う

仕事そもそもが合わないと感じる、業務をしていて違和感がある、やりがいを感じない、といった業務内容の不一致も仕事を辞めたいと思う原因の一つと言えるでしょう。

会社の社風、配属された部署の雰囲気などは、入社してみないと分からない部分がたくさんあります。面接では自分に合った職場だと思って入社しても、実際仕事をしてみると思っていた業務と違った、雑用ばかりなどと、仕事内容に違和感を持つこともあります。

自分が知らないことを吸収したい、仕事をどんどん任せてもらいたいといったように、仕事に対して向上心がある方には業務がつまらないことは苦痛であるといえるでしょう。

残業が多い、サービス残業が多い

今の職場が、残業することが当たり前になってしまっている社風や業界である、さらには残業しても手当てが出ないサービス残業で、仕事へのモチベーションが下がってしまい疲れてしまうというケースも多くあります。

会社によっては残業することが当たり前の文化になっていて帰りづらい、就業時間外に大きな仕事を振り分けてくるなど、就業時間内に仕事が終わらないことは、大きな負担といえるでしょう。

ノルマがあり、プレッシャーが大きい

営業に力を入れている会社では営業ノルマをもうける企業もたくさんあります。ノルマを立てることは、自分のモチベーションを維持するという意味では良い面もありますが、会社によっては無茶苦茶なノルマが課せられる、ノルマを達成しないとクビになってしまう、など過度なプレッシャーがかけられる場合もあります。

あまりにもレッシャーを感じすぎると、本来お客様や取引先のために商品を売っているはずが、ノルマ達成だけに集中してしまうといったことも考えられます。自分に合った働き方で、気持ちよく仕事をしたいと考えてしまうことは不思議ではありません。

モラハラ、セクハラ、パワハラがある

最近ではモラル・ハラスメント(モラハラ)、セクシャル・ハラスメント(セクハラ)、パワー・ハラスメント(パワハラ)が会社内で起きてしまうことが多くあります。

モラハラは、モラル(倫理感)という言葉のとおり、個人の考え方や価値観に負う部分が多くあります。そのため、上司や先輩からの指導と区別がつきずらく、周囲にも伝わりずらいハラスメントといえます。例え、その言葉を発した本人が意識していなくても、受け取った方にとっては精神的に追い詰められたと感じることも多くあるでしょう。

パワハラも同じく、職務上の上下関係や人間関係などを背景に、業務範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える行為であり、この仕事を辞めたいと思う原因になります。

セクハラに関しても、相手がクライアントや上司であり、仕事上断れない、クビにされてしまうかもという恐怖から周囲にも相談できない人も多いのではないでしょうか。最近では、セクハラの対象は女性に限らず、すべての人がその対象になり得ると考えられています。

上記すべて、会社では起きてはいけないハラスメントです。何かあればひとりで抱え込まず必ず周囲に相談し、可能であればすぐに仕事を辞めることを決断したほうがいいかもしれません。

病気・ケガ

病気や怪我でやむを得ず仕事を辞める選択をしなければいけない場合もあります。

病気に関しては、うつ状態で出社できない、嘔吐、腹痛などで業務を行うことが困難な場合もあるかもしれません。
もしくは、ひどい腰痛やヘルニア持ちでデスクに座っていられない、といった状況もあるでしょう。

ぎっくり腰になってしまった、立ち仕事なのに骨折をしてしまった、事故で車いす生活を余儀なくされたという事情もありえます。その他にも、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるバセドウ病で、立ち仕事が辛い、集中して行う業務を長時間続けることが難しいといったケースも仕事を考え直す理由となります。

参考:岡本甲状腺クリニック

不器用でミスばかりしてしまう自分を無能と思っている

仕事でミスをしてしまった、上司や先輩にきつく怒られてしまった経験があってトラウマになっている方もいますよね。自分では精一杯やっているつもりなのに、またミスをしていまうかも知れないと思ってミスを重ねてしまうことはよくあります。

不器用な自分はこの仕事には向いていない、自分は何をやってもうまくいかない、無能だ、と思い、仕事を辞めたい気持ちにつながってしまいます。

肉体的にも精神的にももう限界に

労働時間が長い、休みが少ない、仕事で長時間立ちっぱなし、ということになれば、肉体的にも精神的にも限界になってしまいますよね。何かを頑張る体力もないし、気持ちにも余裕がなくなってしまうとと、とにかくこの状況から抜け出したいと思うことは当然のことです。

自分を追い詰めないように、できる範囲でだれかに話してみる、半日でもよいからお休みをとってみることも有効といえるでしょう。

モチベーションがあがらない、やる気ができない

仕事を続ける上で、モチベーションを保つことはとても大切です。目の前の仕事について、何のためにやっているのだろう、意味はあるだろうか、と考えてしまうと、なかなか集中して取り組むことが難しいはずです。

本当は他にやりたい事がある、今の仕事について不満があるという場合が多いのではないでしょうか。もしかすると、自分のキャリアや仕事について見つめ直す時期が来たというサインかも知れません。

転勤や異動

会社勤めをしていると、突然会社の事情で転勤や異動を命じられてしまう場合もありますよね。会社は組織である以上、個人の事情や希望が100パーセント通らないことがよくあります。意に沿わない転勤や異動を命じられると、悔しい、納得がいかないと思いが膨らんで仕事に対するやる気も会社への信頼感も無くなってしまいます。

仕事に責任感やプライドを持っていた方ほど、こういった気持ちになりやすいのではないでしょうか。

一方でポジティブな理由も

プロポーズされて結婚することに

仕事を辞める場合、ネガティブな理由ばかりではなく、中にはポジティブな理由もあります。
女性の場合、結婚に伴って寿退職するケースも多くあります。結婚したので家庭に入って家事に専念する、もしくは旦那さんの転勤に付いて地方や海外へ行くというケースもあるでしょう。

理由はさまざまですが、女性にとっては憧れの理由かもしれません。

子育てに時間をかけたい・子供ともっと一緒にいたいと考えるようになった

妊娠・出産後職場に復帰し、時短で仕事を続けているワーキングママも多くいるかと思います。しかし子育てをしていく中で、子育てにもっと専念したい、子供と一緒にいる時間をもう少し多く取りたい、など母親業を生活の中心にしたいと思うこともあるでしょう。

また、男性であっても、仕事で帰るのが遅く子供の起きてる顔を見ることができない、休日も忙しくて中々子供との時間が取れない場合、家族と時間を作れる働き方に変えたいと思うこともあります。

子供が成長していく過程を見守ることは、人生においてかけがえのない時間といえます。そんな時間を充実させたい、という希望は父親、母親として当然の気持ちといえるでしょう。

地元に帰ることになった

東京や大阪など都心に来て働いていたけれど、自分が生まれ育った地元で働くという選択をする人もいますよね。実家が自営業である場合は、家業を継ぐ決意をした、または地元の役場や銀行に就職をする、最近では地元で起業をするという選択肢もあります。

IT技術が発展し、イ

ンターネット環境があれば都会でなくても仕事ができるようになって来ているので、これからは土地代も安く、自分にとって馴染みのある地元で仕事をする方も増えていくと思います。

何より、親孝行でもあり、地元の活性化にもつながります。一方で、自分がこれまで築いてきたキャリアを変更したり、これまで付き合っていた同僚や友達と気軽に会える距離ではなくなるなど、重大な決断といえるでしょう。

仕事が暇すぎる

人によっては、現在の職場が暇すぎる、そんな状況の方もいるかも知れません。向上心が高く、常に新しいものを吸収していきたいと考える人であれば、仕事時間にやることがなく、退屈な状況は大変もったいない環境といえます。

仕事に対してビジョンや、やりたいことがあるのに、任せてもらえない、周りのモチベーションが低く、暇すぎて仕事がないなんてことがあれば、この会社で自分は成長できるのか?と不安になる人もいるでしょう。

理由がないけど、仕事を辞めたいと思う人も

理由が分からない

理由がなく、なんとなく仕事を辞めたいと思っている人もいるでしょう。人間関係も問題なく良好、残業や仕事量もそこまで多くない。など職場環境は悪いわけではないのに、なぜか仕事を辞めたいと思うケースもあります。

そんな人は、今の仕事や環境に満足しているのか考えて直してみてはどうでしょうか。自分では意識していないけれど、挑戦してみたい仕事がある、今は仕事よりも資格や勉強がしたい、といった自分の本音が見えてくる可能性もあります。

なんとなく

仕事は当たり前にするものだと思って長年続けているけれど、なんとなく理由もわからず、ただ仕事を辞めたいな、と思っている人もいますよね。もしかすると、長年仕事を続けているので感覚が麻痺してしまっているけれど、十分な休息時間が欲しい、海外へ長期旅行をしたいなどプライベートの時間を充実させたいという気持ちが隠れているかもしれません。

これからも生き生きと仕事をしていくためには、一定の休憩時間があってもいいのではないでしょうか。

仕事辞めたいけど理由がない人に送る!上手な退職方法5選

仕事を辞めたいけど辞めれない理由

家族持ち、妻子持ち、子供がいる

仕事が辛くて辞めたい、もう会社に行くのが辛い、と思っているけれど、そうはいっても簡単に辞められないという方も多いですよね。その理由で考えられることは、養わなければならない家族がいるからではないでしょうか。

一家の大黒柱として、両親・妻や夫・子供の生活を支えている場合、自分が辛いからといってすぐに仕事を辞めるのは難しい場合がほとんだと思います。特に、中学・高校・大学などに通っている子供がいる場合は、学費や生活費などたくさんのお金がかかるため、仕事を今すぐ辞めることは現実的ではないと思ってしまうでしょう。

次がない、次の仕事がない

次の仕事を決める前に今の仕事を辞めてしまっては、当然のことですが給料が貰えなくなり生活していけません。家賃、光熱費、通信費、食費、年金や保険などの社会保障費、生活費は日本で生活している以上必要となってきますよね。

さらに、人によっては大学時代に借りた奨学金やローンを返済している方もいるでしょう。自分が日々生きていく生活費のために、次の仕事が決まっていなければ、仕事を辞めることができないことは当然の理由といえます。

引き止めにあって辞めさせてもらえない

勇気を出して仕事を辞めたいと伝えたにも関わず、辞めさせてもらえないケースも多々あります。人出不足でどうしても辞めてもらっては困る、職場が回らないと何人もから慰留されることもありますよね。

その職場に必要とされているという意味では嬉しい反面、辞めたいという気持ちを理解してもらえず「分かってもらえない」という気持ちが募っていきます。

お金がない、貯金がない、ローンが残っている

この先数か月分働かなくてもよいくらい貯金がある場合を除いて、投資や教育ローン、マンションのローンがあって月々の返済をしなければならない場合は、簡単には仕事を辞められませんよね。

特に妊娠中や闘病中で次の就職先を見つけることが難しい場合は、辞めたくても辞められないという状況になってしまいます。

シングルマザー・母子家庭で生活ができない

女性一人で子育てをしている場合は、ただでさえ生活に余裕がないのに、辞めたいからといって仕事を辞められる状況ではありませんよね。仕事を辞めれば一時的に子供と過ごす時間は増えますが、子供の保育園代、これからかかる学費のことを考えると、悠長なことは言っていられません。特に実家に頼らず、自分一人の収入で生活しているなら、尚更切実だと思います。

責任者で簡単に辞めれない

仕事でマネージャーの職に就いていたり、自分の下に何人もスタッフを抱えている場合、今の仕事をすぐに放りだすことはかなり難しいといえます。

自分がいなくなったらこの職場はプロジェクトはどうなってしまうだろうと思うと、退職という決断はとりにくものです。組織だから人が一人いなくなっても回るものだ、と人に言われたとしても、今自分が仕事を辞めることは責任者としてできないと思う方も多いのではないでしょうか。

漠然とした不安がある

昔から、仕事を辞める事、仕事をしないということに漠然とした不安感がある、という人もいますよね。自分の生まれ育った家が商売をしていたり、周りの人が働くことは当たり前、働かざる者食うべからず、といった考え方だった場合、自分にも無意識のうちに、働くことは当然のことだという意識がすりこまれている可能性があります。

仕事をしない、やめる事に漠然とした不安を抱えていると、仕事を辞めたいと思ってもなかなか行動に移せないと悩んでしまうこともあります。

親が反対している

自分が何かしらの理由で、仕事を辞めたいと考えていても、両親が反対しているという状況は、本人にとってかなり辛い状況といえます。自分の人生だから、自分の思うように生きたいと思う反面、自分を育ててくれた両親の期待も裏切りたくないという葛藤を抱えてしまうのではないでしょうか。その結果、辞めたくても仕事を辞められないという状況になってしまいます。

言い出せない、言いにくい

自分の妻、夫、両親に自分が仕事を辞めたいということを言い出せないという場合も多々ありますよね。特に、家族や知り合いの紹介で入った職場であった場合、または自分がその仕事に就いていることを喜んで周りの人に言いふらしている場合など、実は自分は仕事を辞めたいと、言い出すことが難しいといえます。

また、職場の雰囲気がそもそも悪く、自分が辞めたいと思っていることを上司や同僚に言い出せないというケースもあるでしょう。繁忙期や人出不足である場合、辞めると言い出すと周りの人から悪口を言われたり、働きにくくなる場合も十分に考えられます。

新卒1年目~3年目の仕事を辞めたいとは?

少しの辛抱は大切

新卒1年目~3年目で、仕事を辞めたいと思う人も多くいると思います。厚生労働省が大卒の新規卒業者を対象にした『新規学卒者の離職状況』の調査によれば、平成26年のデータで入社3年目までの離職率は32.2%となっています。

参考:新規学卒就職者の在職期間別離職状況

厳しい労働条件や、人間関係の不満を抱えながら、慣れない環境で頑張っている方は毎日が辛いですよね。新卒である場合、他の企業や業界と比べることもできないので、これが当然と会社側に不平不満を言えず呑み込んでしまう場合も少なくありません。

しかし、違法な長時間労働、上司や同僚による明らかなパワハラがあるということでなければ、働き続けるメリットは十分にあるので、少しの辛抱をしてみてください。

仕事に行きたくない新入社員へ!原因とアドバイス

それでも最後は自分の心にしたがって

しかし、もし働き続けていると自分の健康状態を損なうようであれば、最後は自分の心に従ってください。世間の声、親の期待、会社の引き留めなどを考えてしまうあまり、自分が壊れてしまっては元も子もありません。

円満退職をするための方法

できるだけ働きながら転職活動をする

今の職場を辞めるとしても、できるならば円満に、波風立てずに辞めたいですよね。誰だって気まずい思いや、居心地の悪い思いは避けたいものです。円満に退職をできなかった場合、同じ業界で転職する時に揉めて辞めた人と噂を流されたり、引継ぎが不十分で退職後にも連絡が来るというリスクも考えられます。

円満退職をするなら、まずできるだけ働きながら転職活動をして、次の就職先を決めておくことが重要です。なぜなら、引き留められた場合や、次の仕事について聞かれたときに、はっきりと「この時期から次の仕事が決まっている」と言うことができるからです。

現在の職場の人にできるだけ笑顔で見送ってもらうためにも、次の就職先について考慮し、行動しておくことは大切といえるでしょう。

繁忙期は避ける

仕事を辞める時期については、一年のうちの繁忙期を避けるという工夫はできるのではないでしょうか。仕事が辛くて今すぐ辞めたいと思う方もいると思いますが、周りの人に気持ちよく見送ってもらうためには、できる範囲で相手の事情も考えたいものです。

退職の1~3か月前に上司に伝える

会社によっては、社内の就業規則等によって、退職を伝える時期を1か月前などと定めている会社もあります。引継ぎ、後任の人の準備などを会社の事情で考えると、1~3か月前に伝えた方がスムーズといえます。また、仕事を辞める前に有給休暇を取っておきたい、ボーナスを貰ってから辞めたいという希望がある場合には、会社とのトラブルにならないように事前に辞意を伝えることが大切です。

退職理由は個人的な理由にする

円満退職をしたいのであれば、退職理由はどうしてもやりたい仕事がある、キャリアップしたい、という個人的な理由がベストといえます。今の職場について不平や不満があるから辞めるという場合も多いかと思いますが、理由次第では、「待遇を改善する」などといって強く引き留められてしまうことも考えられるからです。

職場の人に本当のことを言えないことは辛いと思うかも知れませんが、自分の希望ややりたいことを優先するなら、できるだけ前向きで、他の人が納得できる理由を考えるのも大人の選択です。

仕事を辞めたいと考え始めたらストレス過多・うつ病なの?

仕事を辞めたいとずっと考えていて、下記のような状態が毎日続くのであれば、一度専門家がいる病院やクリニックを訪れてみることをおすすめします。精神的なストレスが溜まって、うつ状態になっている可能性もあります。

毎日寝られない、眠れない

毎日仕事に行くことを考えたら眠れない、寝られないなんてことありませんか?布団に入ってから数時間は寝られない、一睡もできないということは、健康な状態とは考えにくいでしょう。

仕事に行きたくない、何もしたくない無気力、憂鬱

朝起きても、仕事に行きたくない、今まで楽しいと思っていたことにも興味が湧かず無気力である、という状態になってしまっていませんか。憂鬱な状態が長く続いている場合は要注意です。

無断欠勤が多くなる

無駄欠勤が多くなってしまっていることはありませんか。仕事に行きたくない、という自分の気持ちが抑えられなくなっているのかも知れません。

涙が止まらない

仕事に行く朝になったら涙が止まらない、仕事のことを考えると涙が止まらないという辛い状況ではありませんか。体のサインともとらえられます。

ノイローゼ気味になってしまう

ノイローゼとは「こころの衰弱によって、不安や抑うつ、イライラなど種々の精神症状が出てしまう状態」という意味です。ノイローゼ気味になると、仕事や人間関係によるストレスなどの外的要因により、動悸・息苦しさ・めまいや不安・イライラが募ってしまうといいます。

参考:せせらぎメンタルクリニック|精神科・心療内科「ノイローゼとはどのような状態なのか?」

会社に行くのが怖い、辛い

毎日会社に行くのが怖い、辛いという場合もありますよね。会社に行くことを考えると体調が悪くなってしまうことも同じ原因の可能性があります。

消えたい、助けてと思うときがある

消えてしまいたい、と思いつめてしまった場合は、辛い気持ちを一人で抱え込まず、誰かにアドバイスを求めてみて下さい。

注意
一人で悩むのはだめ。場合によっては病院へ行ってみて相談してみましょう。

誰かに相談してアドバイスを求めてみる

信頼できる上司がいれば相談してみる

まずは、自分の上司に相談してみましょう。上司は、部下の管理をすることも仕事の一部です。ただ、上司との人間関係に悩んでいる場合は、難しいと思ってしまう場合もあるかも知れません。

仕事辞めたいと感じた時に相談すべき相手とは?

両親に相談してみる

多くの場合、親は自分の子供にはできるだけ幸せに毎日を過ごしてほしいと思うものです。自分のことを幼いことから知っている両親に甘えて話して見てはどうでしょうか。人生の先輩から、思ってもみなかったアドバイスが貰えるかも知れません。

彼氏・彼女に相談してみる

自分にとって一番身近な存在である彼氏・彼女に相談しみることもおすすめです。身近な人に心の内を話せば、気持ちが少し楽になるかも知れません。

相談所でカウンセリング

企業によっては、社内に産業医やカウンセリングルームが設置されている場合もあります。少し入りずらいイメージもありますが、探して見てはいかがでしょうか。

また、国や地方自体が運営している保健所、保健センター、精神保健福祉センターでは、それぞれ医師、保健士、ソーシャルワーカーなどの専門家がいて無料で相談を受け付けている場合もあります。

電話相談をしてみる

厚生労働省が設けているページで可全国の電話相談窓口が紹介されています。自分を知らない第三者に話を聞いてほしくなった場合は、利用してみてはいかがでしょうか。

参考:厚生労働省 電話相談等

仕事辞めたいと感じた時に相談すべき相手とは?

オンラインカウンセリングを受けてみる

直接カウンセラーに会うのはちょっと怖い、もっと気軽に相談したいという方もいると思います。スカイプやチャット、電話でのカウンセリングを提供するサービスもあります。

cotree

ビデオ・電話でカウンセリングが受けられるプランと期限内はやりとりし放題のプランがあります。50人以上のカウンセラーから自分に合うカウンセラーを選んで相談することができます。単発の場合、料金は1回45分で4000円で、期間が決まっている場合は1週間3000円、1か月10000円、3か月25000円です。

仕事を辞めたいと思うのは甘えや逃げなの?

無責任になってしまうのか

仕事を辞めることは、無責任だと言われることがありますよね。確かに、会社側としてはお金と時間をかけてあなたを採用したのですから、途中でやめてしまわれては、困る、無責任だといいたい気持ちもあるのかも知れません。

でも、自分がなるべくストレスの少ない環境で、心地よく自分の能力を発揮したいと思うことは無責任とはいえないのではないでしょうか。

結婚は逃げなのか?

仕事は辛いし、向いていないと思い、結婚して家庭に入りたい、と思っている方もいますよね。そのような場合、仕事が辛いから結婚に逃げたのか、と人から言われたり、自分で考えてしまう方もいるかと思います。

しかし、結婚は逃げなのでしょうか?バリバリ仕事をすることが得意な人もいますが、家庭に入って家族を支えることに向いているタイプの人もいます。結婚したいと思うことは、必ずしも逃げとはいえないのではないでしょうか。

ゆとりと諭されることも

1987年~2004年生まれのいわゆる “ゆとり世代” に該当する方は、仕事を辞めたいと話すと周りの年上の人からゆとり世代だからと諭されて、辟易してしまうこともあるのではないでしょうか。

そもそも、ゆとり世代だからといって一人一人の考えやを十把一絡げにすることはできません。あまり気にしないようにしましょう。

仕事辞めたいは甘え?気持ちを楽にする方法

仕事を辞めたいと思ったときに少しだけ心を軽くする対処法

仕事が辛いなと思った時には、何もしたくなくなりますよね。友人と会うのも気が乗らないし、外に出ることも疲れてしまった。そんな時には、自分の気持ちが軽くなる本、漫画などを読むことをおすすめします。

本を読んでみる

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え


出典:Amazon

フロイト、ユングと並び心理学の巨匠と呼ばれるアルフレッド・アドラーの心理学を紹介したベストセラー。人間関係に悩む人にははっとさせられる考え方が紹介されています。

Aamzonで購入する

キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法


出典:Amazon

5分間で気分がスッキリするコツが、イラスト付きで60個紹介されています。脱いだ靴はそろえる、人と比べない、自分の気持ちを紙に書き出す、「疲れた」と思ったら、とにかく眠る、など筆者が実践した選りすぐりのアイディアで、今から取り組めるものなのでおすすめです。

Aamzonで購入する

ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。


出典:Amazon

動物たちの写真とメッセージがほっこりする写真集。

誰でも落ち込む日がある。
どう生きるべきか思い悩むときがある。
でも、その先を曲がれば素敵な出会いが待っているかもしれない。
ひるまずに思い切ってやってみよう。
きっと元気になれるから!(本分より)

かわいらしい動物の写真とメッセージにジーンときたり、思わず口がゆるんでしまう1冊です。写真を見るだけも癒されて、何も考えたくない時にぴったりです。

Aamzonで購入する

DREAMS COME TRUE – 何度でも

誰もが知るDREAMS COME TRUEの名曲ですよね。

10000回だめで へとへとになっても

10001回目は 何か 変わるかもしれない

という部分は、辛いけれど、明日も会社に行かなくては行かない時、よしちょっと頑張ってみるかという気になります。

アンパンマンのマーチ|ドリーミング

国民的アニメのアンパンのテーマ曲です。やなせたかし先生の詩は、子供用と侮るなかれ。

そうだ嬉しいんだ 生きる喜び

例え 胸の傷が痛んでも

シンプルな歌詞は、生きる元気を与えてくれると思いませんか。

漫画

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち


出典:Amazon

自身もうつ病から回復した著者が、うつの経験者たちにインタビューした漫画です。登場するのは、ミュージシャンの大槻ケンヂさん、AV監督、学者など色々な人の体験を知ることができます。
2017年間ベストセラー第9位(単行本ノンフィクション他/日販調べ)、Amazonランキング大賞2017 第4位(本/暮らし・健康・子育て)になるなど話題になった本です。

Aamzonで購入する

思いつき無職生活 職なしガールの残念だけど悪くない日々


出典:Amazon

こちらの漫画も何もしたくない時におすすめの作品です。思い付きで5年勤めた会社を辞めたアラサー女性のリアルな生活がになっています。適度にゆるいイラストと内容で思わず、ふむふむと共感してしまいます。

Aamzonで購入する

ブッタとシッタカブッタ シリーズ


出典:Amazon

シッタカブッタというごく普通のブタが、ブッタという神様を案内役に「心」について学んでいくコミックエッセイ。ほのぼのしたイラストとブッタの言葉が心に響くとネットでも話題になっています。

Aamzonで購入する

婚活

仕事が辛いなら気分転換のために、気持ちを一転して婚活をしてみるのはどうでしょうか。手軽に始められるアプリも多くあるので、あまり深く考えずに試して見ると気持ちが軽くなるのではないでしょうか。ただ、相手をやり取りをする際に仕事の愚痴を言いすぎると、あまり印象が良くないので注意しましょう。

占い

仕事を辞めるべきか、続けるべきか、自分で考えるのは疲れた、という時もありますよね。そういう場合は、占いを試してみてはどうでしょうか。誕生日を入力するだけで、無料で占ってくれるサイトもあります。すべてを信じる必要はないと思いますが、少し違う視点が見つかるかも知れません。

仕事を辞めたいという自分を許そう

仕事を辞めたい、と思う理由は本当に人それぞれだと思います。給料が少ないからなのか、人間関係が辛いからなのか、仕事内容が合っていないのか、それとも何となくなのか。たくさんの場合を考えてみましたが、少しは整理されたでしょうか。

そして、最後にお伝えしたいことは、今、仕事を辞めたいと思っている自分を許してあげよう、ということです。今のような気持になるまでには、きっと自分は何かに我慢をして頑張ってきたはずです。そんな自分を責めずに、素直な気持ちを受け止めてあげてみてください。