1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 航空管制官を辞めたいときの対処法と5つの転職先

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

航空管制官を辞めたいときの対処法と5つの転職先

航空管制官を辞めたいと思ったらどうすればいい?

航空管制官は数多くある国家資格の中でも、多くの人が憧れる人気の花形職業です。しかしご多分に漏れず、人によっては「辞めたい」と思ってしまう様々な悩みがあります。

この記事は、せっかく苦労して獲得した航空管制官の仕事にも関わらず、退職を考えるほどに追い詰められた場合の対処法についてご紹介します。早計な結論を出す前のご参考にしてください。

航空管制官を辞めたくなる理由

航空管制官の仕事は、華やかで、英語などもできなければ務まらないなどの点からスマートなイメージがありますが、意外に離職率が高い点が指摘されています。その主な理由は仕事特有の勤務形態や仕事量などの労働環境にあります。

ここでは、現役の航空管制官や元航空管制官のブログなどを参考にし、航空管制官を辞めたくなる理由について詳しく見ていきましょう。

プレッシャーが大きいから

航空管制官の仕事は、小さなミスが重大な事故を引き起こしてしまう可能性が高く、休憩時間以外はまったく気を抜くことのできない仕事です。

言い換えると、パイロットと同じように大勢の乗客の命を預かっているのです。ミスをしても挽回できる機会が多い仕事もありますが、航空管制官の場合はそれができません。そのためプレッシャーに押しつぶされそうになって辞めたいと感じる人も多いようです。

勤務形態が不規則だから

時間限定運用の空港ではない限り、航空管制官の仕事は24時間体制で臨まなければいけません。そのため過酷な夜勤もあります。

航空管制官の主な勤務形態は、「早番・遅番・夜勤入り・夜勤明け・休日」が一つのラウンドとなり、これを繰り返すことになります。

体力がある若いうちはまだ問題ありませんが、年齢を重ねてくるほどに「他の人が寝ている時間に休むことができない」ため、心身に応えるのです。

仕事が多いから

航空管制官の仕事は一点集中というよりも、いろいろな部分に目配りをしてバランスよくこなす必要があります。そのため、当然ながら仕事量は多くなるのです。

さらに航空管制官の仕事の多さは元々の離職者が多いために拍車を掛けていることもありますが、近年のLCCの増加によってますます仕事が忙しくなっている点も指摘されています。
決して労働環境が良いとは言えない状況にあるようです。

職場環境が良くないから

最後は他の仕事にも当てはまる理由で、職場環境の悪さです。職場の人間関係が悪いと仕事が辛くなってしまうという悪循環が生まれます。

上司や同僚に恵まれれば激務でも前向きに頑張れるかもしれません。しかしそうでないならば、職員同士がお互いを労わり合う気持ちが無くなってしまうのです。

どんな仕事もそうですが、職場環境は仕事を続けていく上での大切なポイントです。

航空管制官を辞めたほうがいい場合とは?

せっかくの苦労をして得た花形職業の航空管制官ですが、あなたの人生や職場に悪い影響を与えてしまう場合は思い切って辞める選択をしたほうが良い場合もあります。

例えば、「業界自体に興味が持てない場合」「仕事が好きでない場合」「他にやりたいことがある場合」などです。それでは詳しく見ていきましょう。

仕事が楽しめなくなった場合

どんな仕事もそうですが、嫌々やるのと楽しく前向きにやるのとでは、その成果が大きく変わります。

後ろ向きの気持ちを抱えながら仕事をすると失敗も多くなることでしょう。航空管制官の場合は、そうなっては取り返しがつかない事態が待ち受けています。

じっくり考え、どうしても仕事に対して前向きになれない場合は、航空管制官の仕事を辞めたほうが良いと言えます。

航空業界に関心が無くなった場合

航空管制官の仕事は意外に地味なため、つまらなく感じることもあるかもしれません。しかし航空管制官という職種だけではなく、航空業界全体に関心が持てなくなる場合もあるでしょう。

「もう充分」、または「飽きてしまった」と思った場合は辞めても良いかもしれません。しかしどんな仕事も「地道にコツコツと続けることでやりがいが見いだせる」ということだけでは忘れないようにしておきましょう。

心身がきつくなってきた場合

航空管制官の仕事は、「早番・遅番・夜勤入り・夜勤明け・休日」を繰り返す勤務形態です。そのため決して規則的な生活を送れるわけではありません。

人間の心身はバイオリズムが狂うと支障をきたしてしまいます。若いうちは乗り超えられるかもしれませんが、年々きつく感じてしまうこともあります。

心身に限界を感じるようになった場合も、自分のために辞めてしまうほうが良いかもしれません。

他にやりたい仕事ができた場合

最後は前向きな理由です。ある程度航空管制官の仕事を頑張ってきたうえで「他にやりたい仕事が見つかった」場合は思い切って辞めてしまうのも良いでしょう。

人生は一度限りなので、後悔しないためにも新しい道でチャレンジするのも素敵なことです。

もちろん「他人の芝生は青く見える」場合もあります。しかし、よく考えた上での決断ならば後悔はしないでしょう。

航空管制官を辞めないほうがいい場合とは?

航空管制官を辞めたほうが良い場合とは反対に、辞めないほうが良い場合についても見ていきましょう。仕事には多面的な要素があるのです。

航空管制官の仕事は決して悪い面だけではありません。冷静になって辞めなくても済む良い方法を考えましょう。例えば、「職種を変えずに職場を変えれば解決する問題」や「時間が解決してくれる問題」が挙げられます。それでは詳しく見ていきましょう。

生活を安定させたい場合

まず挙げられる理由は、やはり生活に関することです。仕事内容から見ると決して高給とは言えないかもしれませんが、社会的地位の保証と安定した給料が支給されます。

激務ではありますが、航空管制官の仕事に対して少しでも意義を感じているのならば辞める必要はありません。家族がいたり、これから家庭を持ちたいと考えていたりする場合は、安定した生活を送れるので辞めないほうが得策でしょう。

職種を変えずに職場を変えれば解決する場合

「航空管制官の仕事に誇りを持っているけれども、勤務形態がキツイ」という場合や「職場環境がキツイ」という場合は、職場を変える方法があります。

航空管制官の職場は日本全国で、数年ごとに人事異動があります。

もちろんすべての希望が叶うとは言えませんが、時間限定運用の空港や風通しの良い職場へ異動することで不規則な勤務形態や辛い職場環境から解放されることもあります。

時間が解決してくれる場合

職場環境が悪い場合は人事異動があるので時間が解決してくれると言えます。また、自分自身に原因がある場合は経験を積むことで解決してくれるのです。

航空管制官の仕事はミスが許されないため、チームで動くことでヒューマンエラーを防止しています。そのために経験を積んだ上司や先輩がいるのです。

あなた自身が先輩や上司となって部下をフォローできるようになるには時間が必要なのです。

航空管制官の転職にはどんなパターンがある?

色々考えて航空管制官の仕事を辞める決断をした場合は、次の仕事について考えておきましょう。特殊な専門職種の航空管制官の資格やスキル、そして経験は、やはり主に航空業界で生かすのがベストです。

例えば「国内の航空会社への転職」や「海外の航空会社への転職」、航空業界ではない場合は「英語力を活かした職業への転職」などが挙げられます。それでは詳しく見ていきましょう。

航空管制運航情報官などに転職

航空管制官は専門職のため一般企業のように配置転換はできません。しかし航空業界での就職を希望するならば、新たに国家資格を取得して別な仕事に就くことも可能です。

滑走路の異変や天候確認などの様々な情報収集、花火の打ち上げに係る調整を行う「航空管制運航情報官」があります。

航空管制官よりも対象範囲が広く離陸前後の地上や上空の正確な情報をパイロットに迅速に伝える仕事です。

航空管制技術者への転職

航空管制技術者も国家資格を取得する必要がありますが、コミュニケーションを取るのが苦手でも、メカが好きな人であればおすすめの仕事です。

主な業務内容は、管制施設や航空保安無線施設などの運用・保守・整備を行う技術仕事です。航空保安大学校に入学し直すか、国交省航空局の募集に応募するかの2通りがあります。

航空管制官と同じように決して容易ではありませんが、やりがいのある仕事です。

パイロットへの転職

航空管制官のスキルを活かせる仕事は、やはり航空業界しかありません。ベストな転職先は国内の航空会社で、一念発起してパイロットになる手も考えられます。

航空気象や無線工学などの知識があるため、知識のない人よりは有利に運ぶ可能性が高いでしょう。もちろんパイロットは狭き門のため、非常な努力をする必要があります。しかし心底から航空業界が好きならば、チャレンジする価値はあります。

海外の航空会社への転職

国家資格は海外では通用しませんが、海外の航空会社への転職も考えられます。気象条件や無線工学の考えは世界共通のため、会得した知識は無駄にはなりません。専門職としてではなく一般職でも、知識と経験を活かすことができます。

または、海外で航空管制官に類似する資格取得も可能です。日本と海外では文化が異なるため、海外のほうが自由にのびのびと働くことができるかもしれません。

通訳士への転職

最後は、英語力を生かした仕事で、筆頭に「全国案内通訳士」が挙げられます。航空管制官になるにはTOEIC700点以上が必要なため、航空管制官であれば十分に通訳士としての英語力を有しています。

「転職先は航空業界でなくても構わない」という人は通訳士を目指してみるのも良いでしょう。もちろん他人とコミュニケーションを取る必要があるため、人が好きでお世話好きな人が向いています。

航空管制官の経歴は一生の財産になる

航空管制官の仕事に就くには非常に難易度が高く、合格率は約5%と言われています。そのため航空管制官の経歴は一生の財産になります。

もちろん心身に辛い状況があれば退職を考えても良いでしょうが、状況を打破する方法はいくらもであります。一人で悩まず、周囲の人や航空保安大学校時代の恩師に相談するなどをして解決を目指しましょう。

ランキング

記事一覧