1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. ディーラーを辞めたい理由とは?辞めた後の転職先について

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

ディーラーを辞めたい理由とは?辞めた後の転職先について

自動車ディーラーを辞めたいと思ったらどうすればいい?

車が好きだから自動車ディーラーになったという人も少なくないのではないでしょうか。好きな車に囲まれながら仕事ができる一方で、ディーラーの仕事にはノルマが付き物で、そのノルマに苦しむ人も多いです。

では、自動車ディーラーを辞めたいと思ったらどうすればいいのでしょうか。そこで、ここでは自動車ディーラーを辞めたくなる理由やおすすめの転職先についてご紹介します。

合わせて読みたい

自動車ディーラーを辞めたくなる理由とは?

自動車ディーラーとして働いていて、辞めたいと思ったことがある人は少なくないでしょう。では、自動車ディーラーを辞めたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

そこで、ここでは自動車ディーラーを辞めたくなる理由についてご紹介します。自動車ディーラーは個別に課されるノルマがきついと感じたり、休みを削ることになったりすることがあるでしょう。

合わせて読みたい

個別にノルマが課される

自動車ディーラーではノルマを課されることがほとんどで、そのノルマは個別に課されます。例えば、成績の良い人には高めのノルマを課され、成績の悪い人には低めのノルマを課されるのです。

そのため、例えば自分のノルマが10台だとして、自分よりも実力の無い人のノルマが5台だったとします。

自分は8台売ってノルマ達成できず、他の人は6台売ってノルマ達成ということもあるのです。

合わせて読みたい

厳しいノルマがあるので休みを削ることになる

自動車ディーラーのノルマが厳しいことが多いので、ノルマを達成しようとするほど休みが無くなってしまいます。

ノルマが達成できないと自分の評価が下がってしまい、達成できればまたノルマが厳しくなるでしょう。そのため、ノルマを達成するためには休日に休んでいられなくなってしまうのです。

ノルマを達成するために、自ら休みを削ることになることがあるでしょう。

合わせて読みたい

毎日飛び込み営業を行うことが辛い

自動車ディーラーは、販売台数のノルマに悩まされながら毎日飛び込み営業をしています。また、社員は体育会系のノリであることが多く、朝礼では社員の営業状況を発表されたり、毎日叱咤激励をされたりすることもあるでしょう。

結果が出ない場合は飛び込み営業を強いられることがありますが、自動車の販売では簡単に結果が出ることはありません。

毎日ノルマに追われることが辛いため、辞めたいと感じる人も多いでしょう。

合わせて読みたい

残業が多く夜遅くまで仕事がある

自動車ディーラーは、販売店によりますが大体夜8時頃まで営業しています。自動車ディーラーの仕事は、店が閉店してからも続きます。

例えば、顧客に対する定期点検や週末イベントの案内、車の購入を検討しているお客様に対するフォローなど、閉店後に行う作業はたくさんあるのです。

営業時間中は、新車を見にきたお客様の接客や、定期点検などの対応に追われることになるので、残業が増えてしまうことも多いでしょう。

合わせて読みたい

車が売れるまでに時間がかかる

自動車は商品単価が高いため、簡単に売れる商品ではないですよね。車を買う側からしても、何年かに一度、何十年かに一度の頻度で購入することが多く、契約に至るまでは時間をかけて慎重に考えるでしょう。

車の購入を検討しているお客様でも、実際の購入は数ヶ月先や、半年先になることも多いです。また、車に乗らない人も増えてきているので、車1台を売るために時間と労力がかかるでしょう。

合わせて読みたい

営業成績が悪いと肩身が狭くなる

自動車ディーラーは、個別にノルマが課されます。実力のある人や、営業歴の長い人ほどノルマが高くなる傾向があるでしょう。

そこで、ノルマを達成することができず、営業成績が悪いと肩身が狭くなってしまうことがあります。例えば、上司から毎日のように叱咤激励が繰り返されたり、精神的にプレッシャーを受け続けたりすることがあるとメンタル面で支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

合わせて読みたい

自動車ディーラーを辞めたほうがいい場合とは?

自動車ディーラーを辞めたいと思っているけれど、本当に辞めてしまっていいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

では、どのような場合に自動車ディーラーを辞めた方がいいのでしょうか。そこで、ここでは自動車ディーラーを辞めた方がいい場合についてご紹介します。

ノルマがきついため仕事を続けられないと感じる場合や、自腹を切ってでも契約を取らないといけない場合は辞めた方が良いでしょう。

合わせて読みたい

ノルマがきつく仕事を続けられないと感じる場合

自動車ディーラーとして働く人が辞めたいと思う理由の一つに、厳しいノルマがあるでしょう。ノルマがきついため、毎日苦労しながら仕事をしていて、この仕事を続けられないと感じることもあります。

また、自動車ディーラーは個別でノルマが課されるので、毎月自分にとってきついノルマが課されることになるでしょう。

ノルマがきついため仕事を続けることが厳しいと感じている場合は、転職を考えた方が良いかもしれません。

合わせて読みたい

プライベートと仕事の境目が無くなっている場合

自動車ディーラーは、人とお付き合いをしながら仕事をするので、お客様とお酒の席の付き合いやゴルフの付き合いをすることもあるでしょう。

時には、新車を買ってくれそうなお客様の家に行って野球観戦をしたり、お酒の付き合いをしたりすることがあります。

プライベートと仕事の境目が無くなっている状態で悩んでいる場合は、転職をすることがおすすめです。

合わせて読みたい

自腹を切ってでも契約を取らないといけない場合

自動車ディーラーとして働く人で、ノルマ達成のために自腹を切っている人は多いです。新車を自腹で購入することは少ないと思いますが、JAFを家族全員分自腹を切って加入したり、ひどい場合はお客様とのトラブルで出た損害費用を自腹を切って支払ったりすることもあります。

自腹について悩んでいる人も多い一方で、「自分のトラブルは自分で責任をとれ」という会社も少なくありません。

合わせて読みたい

自動車ディーラーを辞めないほうがいい場合とは?

自動車ディーラーを辞めたいと思っていても、このまま続けた方がいいかもしれないと感じている人も多いでしょう。

では、どのような場合に自動車ディーラーを続けた方がいいのでしょうか。そこで、ここでは自動車ディーラーを辞めずに続けた方がいい場合についてご紹介します。

活発で行動力がありストレスを上手に解消できる人や、効率的に気分転換ができる人は自動車ディーラーに向いているかもしれません。

合わせて読みたい

活発で行動力がありストレスを上手に解消できる場合

とにかく活発で行動力があり、ストレスを上手に解消できる人の場合は、自動車ディーラーの仕事に向いているでしょう。

自動車ディーラーは、毎日飛び込み営業をして、どれだけ厳しい状況でも耐える必要があります。そのため、強靭な精神力があり、ストレス解消を上手にできる人で、自動車ディーラーの仕事が好きな人は、辞めずに続けた方が良いかもしれません。

合わせて読みたい

効率的に気分転換ができる場合

自動車ディーラーの仕事は多岐に渡ります。そのため、効率的に気分転換ができるような人は、仕事をそつなくこなしていくことができるでしょう。

例えば、営業活動を行う時に喫茶店などの飲食店を顧客範囲に含めておくことで、営業をしている時も気分転換できるきっかけになります。

普段から仕事で外回り営業をしながらも気分転換ができている人は、辞めずに続けた方が良いかもしれません。

合わせて読みたい

半年先や一年先を見据えて気楽に構えることができる場合

車1台を売るためには、ほとんどのお客様が時間をかけて検討して購入に至るでしょう。そのため、新車の購入を検討しているお客様でも、購入は数ヶ月先になることが多いです。

そこで、自分のノルマがあっても焦らずに、半年先や一年先を見据えて気楽に構えることができる人は、辞めずに続けることができるでしょう。

自動車のディーラーは、地道に顧客を増やすことが大切です。

合わせて読みたい

自動車ディーラーを辞めるなら次の転職先は?

自動車ディーラーを辞めたいと思っても、次はどの仕事に転職すればいいのか迷っている人も多いでしょう。

せっかく自動車ディーラーとして働いていたのだから、その経験を活かした仕事に就きたいですよね。そこで、ここでは自動車ディーラーを辞めた後の、おすすめの転職先についてご紹介します。

例えば、保険や不動産の営業や、中古車販売店などは自動車ディーラーの仕事を活かせるでしょう。

合わせて読みたい

仕事とプライベートがはっきりしている法人営業

法人営業の仕事は、自動車ディーラーから転職しやすい仕事です。自動車ディーラーは、個人の顧客相手に仕事をするのでシフト制で働くことが多いです。

そのため、自動車ディーラーは休日と仕事の垣根が曖昧になりがちですが、法人営業であれば仕事の日と休日がはっきりしていることが多いでしょう。

自動車ディーラーとして働いていて、プライベートと仕事が曖昧になっていることを悩んでいる人は、法人営業の仕事がおすすめです。

合わせて読みたい

自動車ディーラーの経験を活かせる保険や不動産の営業

保険や不動産の営業の仕事は、自動車ディーラーの経験を活かせるでしょう。自動車という大きな商品を売ってきたという経験は、保険や不動産の営業でも役立ちます。

自動車ディーラーも、保険や不動産の営業も大変な仕事でしょう。しかし、車は必要としない人もいますが、保険や不動産を必要としない人はほとんどいないです。

そのため、ノルマが厳しくても自動車よりは売りやすい傾向があります

合わせて読みたい

歩合給のことが多いハウスメーカーの住宅営業

ハウスメーカーも自動車ディーラーと同じように歩合制であることが多いです。また、新車1台売るよりも、10倍くらいの歩合を給料としてもらえることが多いでしょう。

自動車ディーラーからハウスメーカーに転職をした場合は、新しく覚えることが多いですが、今まで自動車を売ってきたのであれば、家を売ることもそこまで難しく感じないはずです

合わせて読みたい

車が好きな人なら中古車販売店

自動車ディーラーとして働いてる人であれば、中古車販売店は同じ車を売る仕事なのでイメージしやすいでしょう。しかも、中古車であれば、新車と違って同じ車は世界に一つしかありません。

そのため、変な値引き交渉なども少ないため、新車に比べると販売しやすいと言えるでしょう。また、中古車販売店は新車ディーラーよりも数が多いため、転職もしやすいです。

合わせて読みたい

今までの経験を使える保険代理店

自動車ディーラーとして働く人は、自動車保険や生命保険についての知識も身につけなくてはいけません。そのため、保険代理店へ転職するための募集資格をすでに持っている人が多いでしょう。

また、自動車ディーラーとして働く人は、保険を身近に感じている人も多いはずです。また、保険代理店も歩合制のところが多く、今までの経験を活かせる仕事と言えるでしょう。

合わせて読みたい

自動車ディーラーの経歴とスキルは転職に有利

ここでは、自動車ディーラーを辞めたくなる理由、自動車ディーラーを辞めた方がいい場合と辞めない方がいい場合、自動車ディーラーを辞めた後のおすすめの転職先についてご紹介しました。

自動車ディーラーは、個別にノルマが課されるため辛いと感じて辞めたいと思う人が多いようです。転職をする際は、自動車ディーラーの経験が活かせる保険代理店や、車が好きな人であれば中古車販売店などがおすすめでしょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧