1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 趣味を仕事にしたい。メリットや成功する人について紹介

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

趣味を仕事にしたい。メリットや成功する人について紹介

趣味を仕事にするにはどうする?

趣味に没頭している時は、一番充実していると感じる人も多いでしょう。また、趣味を仕事にしたいと一度は考えたことのある人もいるのではないでしょうか。

では、趣味を仕事にするにはどうすればいいのでしょうか。そこで、ここでは趣味を仕事にするメリットやデメリット、趣味を仕事にして成功する人・失敗する人、趣味を仕事にする方法、趣味での実力をアピールする方法、趣味を仕事にした人の体験談についてご紹介します。

趣味を仕事にするメリットとは?

一度は趣味を仕事にしたいと思ったことのある人もいるでしょう。趣味を仕事にできれば毎日楽しく仕事をすることができるので、憧れているという人も多いのではないでしょうか。

具体的に趣味を仕事にするメリットについて知りたいという人も多いでしょう。そこで、ここでは趣味を仕事にするメリットについてご紹介します。

趣味を仕事にしたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

モチベーションを維持しやすい

趣味は、元々自分がやっていて好きなことであるはずです。そのため、趣味を仕事にした場合でもモチベーションを維持しやすいというメリットがあります。

好きなことであれば、多少残業があっても我慢しやすいでしょう。また、何かトラブルがあっても乗り越えることができます。

仕事を続けていく上で、モチベーションを保つことは大切なことなので、趣味を仕事にすればモチベーションを維持できるでしょう。

熱中できるので技術が上がりやすい

自分が好きな趣味であれば、積極的に取り組んだり、新しい知識や技術を身につけるための勉強も自発的にできたりするでしょう。

そのため、趣味を仕事にすることで熱中することができ、自然と技術が上がりやすいと言えます。技術が上がることで、新たな仕事を任せてもらったり、給料が上がったりすることがあるでしょう。

勉強をして知識を身につけたり、技術を向上させることが苦にならないことがメリットです。

大きなやりがいを感じる

趣味を仕事にすることで、大きなやりがいを感じることができます。興味のない仕事をするのに比べると、仕事に対する満足度が違うでしょう。

好きな分野の仕事をして、自分が思った通りの成果が出たときや自分の仕事が認められたときは、やりがいを感じる瞬間です。

また、多少忙しい日々を送っていても、充実した毎日を過ごすことができるでしょう。

自分に誇りが持てる

充実感を持って仕事を続けることで、自分に自信がついて自分のことが好きになってくると言われています。

自分が好きな分野で仕事をしてスキルアップしていく自分に誇りを感じて、自信を持って仕事をすることができるでしょう。また、前向きに仕事に向き合うことができるようになります。

そのため、趣味を仕事にすることで自分に誇りが持てるようになるというメリットがあります。

集中して仕事に取り組める

好きなことをやっていると、時間が経つのが早く感じる人も多いでしょう。趣味をしている時間が早く感じるのは、それだけ集中して取り組んでいるということです。

そのため、趣味を仕事にした場合も集中して仕事に取り組むことができるというメリットがあります。また、集中して仕事に取り組むことで高いクオリティの成果を出すこともできるでしょう。

技術・能力の向上が望める

趣味に関する知識や技術を向上させるためには、努力も苦にならないという人も多いでしょう。そのため、好きなことは自然と上手になっていくことが多いです。

趣味を仕事にすることで、趣味に関する勉強なども楽しんでできれば、仕事に関する技術や能力がどんどん向上していくこともあるでしょう。

趣味を仕事にすることで、自然と技術や能力が向上していくというメリットがあります。

収入以外に働くことの意味を見出すことができる

仕事は一日の大半を占めており、人生の大半を占めています。自分の趣味を仕事にして、本当に楽しいと思えるような仕事に就くことができれば、より充実した人生になるでしょう。

また、収入以外にも働くことの意味を見出すことができるはずです。自分で選んだ道だからこそ、壁に当たったときや、問題が起きた時でも、簡単に諦めずにどうしたら解決できるのかを考えることができるでしょう。

好きだからこそ続けられる

やりたくない仕事や、興味の無い仕事をしているという人も多いでしょう。お金を稼がなくてはいけないので、やりたくない仕事でも続けている人や、辛い環境のストレスに耐えながら働いている人も多いはずです。

しかし、好きなことを仕事にすることができれば、好きだからこそ仕事を続けられるというメリットがあります。

視野を広く持つことで、自分を活かせる仕事を見つけることができるでしょう。

好きな物の環境にいれるので毎日が楽しい

趣味や好きなことを仕事にすることで、好きな物の環境にいることができます。毎日のように自分が好きなものや興味のあるものに囲まれていたり、興味のあることに取り組んだりしているので、毎日が楽しくなるでしょう。

多少仕事量が増えたり、残業が続いたりしても自分が好きなものであれば苦にならずに働けるので、毎日充実感を味わいながら働くことができます。

趣味を仕事にするデメリットとは?

趣味を仕事にすることができれば、毎日が充実したり、好きなことだからモチベーションを維持できたりと多くのメリットがあります。

しかし、趣味を仕事にすることはメリットだけではありません。好きなことだと思って仕事に就いたとしても、今までのように趣味として楽しむことができなくなる恐れがあります

また、仕事とプライベートの区別がつきづらくなるというデメリットもあるでしょう。

趣味として純粋に楽しめなくなる

趣味として楽しんでいたときは、好きな時間に好きなだけ自由に楽しむことができたでしょう。しかし、仕事となれば責任が生じます。

高いクオリティを求められたり、期日に追われたりする日もあるでしょう。そのため、趣味を仕事にすることで、純粋に趣味を楽しむことができなくなってしまう可能性があります

好きだった趣味でも、辛い気持ちが大きくなってしまい、仕事をすることも辛くなってしまう恐れがあるでしょう。

仕事とプライベートの区別がつきづらくなる

趣味を仕事にすると、たとえ休日に趣味を楽しんでいたとしてもどうしても仕事のイメージがつきまとってしまうでしょう。

仕事とプライベートの区別がつかなくなってしまい、仕事が休みの日でもしっかりと休んでいる気持ちになれないことがあります

また、オンオフの切り替えがうまくいかなくなった結果、身体と心を休める機会が無くなってしまい、体調を崩してしまうきっかけになるかもしれません。

意にそぐわない仕事を求められることもある

今までは趣味として自分の好きなように活動していたことも、仕事にすることで基本的にはクライアントの要望に沿った仕事をするために、自らのこだわりとは反する成果物を求められることもあるでしょう。

仕事が軌道に乗ってくれば、仕事の選別ができるようになるかもしれませんが、仕事を始めたばかりの頃は自分の意にそぐわない仕事をしなくてはいけないことがあります

給料が下がる可能性がある

趣味を仕事にしたいと思っていても、クライアントが納得するだけのスキルやキャリアを持っていないとお金を稼ぐことはできません。

そのため、趣味を仕事にした場合に以前よりも給料が下がってしまう可能性があります。また、フリーランスとして働く場合や、独立開業する場合などは、仕事を軌道に乗せるまでかなりの努力が必要となることが多いです。

理想と現実の違いにやる気が低下してしまう

趣味を仕事にできれば、毎日楽しいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、好きなことだからといって仕事にすると、思いもよらない現実に直面してしまうこともあります。

例えば、趣味に関する会社に就職しても、自分が興味のない仕事を任せられることもあるでしょう。それが原因で趣味に対する熱意が冷めてしまったり、理想と現実の違いにやる気が低下してしまうことがあります

好きだったことが嫌いになるかもしれない

趣味として楽しんでいるときは、その趣味が本当に好きだと感じていても、いざ仕事にすると趣味の範囲では見えなかったことが見えてくることがあります

趣味を仕事にしても、面倒なことや嫌いに思える部分が出てくるかもしれません。そのような面倒なことなどに直面した時に、今まで好きだった趣味が嫌いになってしまう恐れがあります。

好きなことでお金を稼ぐことは難しい

自分の好きなことを仕事にしてもお金を稼げるかどうかはわかりません。お金になったとしても、自分が思っていたような収入にならないこともあります。

また、趣味を活かしてフリーランスや起業など、起業に属さずに働く場合は、最初はなかなかお金を稼げないことが多いです。

好きなことをでお金を稼ぐことは難しいということを覚悟しておく必要があります。

仕事に就くと自分の知識不足を感じる

自分が好きな趣味や分野に関する会社に就職すると、周りの人のほとんどが自分よりも趣味のことに関して豊富な知識を持っていたり、優れた技術を持っていたりすることは珍しくありません。

そのため、趣味を仕事にした場合に、周りに比べて自分の知識不足を感じてしまい、仕事に対する意欲が低下してしまうことがあります

せっかく趣味を仕事にできたとしても、自信を無くしてしまうことがあるでしょう。

仕事や自分の好きなものを失う可能性がある

今までは趣味として好きだと思ってやっていたことでも、いざ仕事として取り組んでいくと、二度とやりたくないと思うようになってしまうことがあります

そのような状況になってしまった場合は、自分の趣味や好きなものを失う可能性があるでしょう。好きなことを仕事にして、もし辞めたくなってしまった場合にどうするかも考えておくと良いです。

趣味を仕事にして成功する人の特徴

趣味を仕事にできたとしても、結果的に趣味が嫌いなものになってしまうことは避けたいですよね。では、趣味を仕事にして成功した人にはどのような特徴があるのでしょうか。

そこで、ここでは趣味を仕事にして成功する人の特徴についてご紹介します。例えば、ただの趣味の域で終わらせない人は成功しやすいでしょう。

趣味を仕事にしたいと思っている人は、成功するポイントを押さえることで趣味を仕事にしても後悔しにくいです。

趣味は趣味・仕事は仕事と境界線を引いている

好きなことと言っても、趣味と仕事では勝手や打ち込む気持ちが違うでしょう。そのため、趣味は趣味、仕事は仕事としてある程度境界線を引いている人は、趣味を仕事にしても成功しやすいです。

趣味を仕事にすると、どうしても仕事とプライベートに境界が無くなってしまうことがあります。そのため、趣味でやっていることと、仕事でやっていることに境界線を引くことが大切です。

ただの趣味の域で終わらせない

たとえ、大好きな趣味で毎日のように取り組んでいるとしても、趣味と仕事は別物です。仕事にしたいと思っていても、趣味の域を出ずにただ自分が楽しいだけで終わるようでは、意味がありません。

ビジネスであるということを自覚して、好きなことで収入を得るという仕組みを忘れずにいることで趣味を仕事にできる可能性が高くなります

困難も楽しく感じる

好きなことでも、続けているうちにできないことやうまくいかないことが出てきて辛いと感じることもあるでしょう。

好きなことを仕事にして成功している人は、困難や辛いこと、できないことなども楽しく感じて日々切磋琢磨している人が多いです。

そのため、自分が仕事にしたいと思っている趣味において、できないことや困難なことが起こったときでも楽しく乗り越えることができるか確認してみると良いでしょう。

将来のビジョンを作る

趣味を仕事にした人は、明確な将来のビジョンがある人が多いです。自分が本当にやりたいことを書き出して、それを実現するためには今何をすればいいのかという事を考えることで、趣味を仕事にしてもブレずに仕事をすることができます。

また、趣味を活かしてできる仕事の幅を増やしていくことも大切なので、本やネットなどで先人の行き方を調べてみることがおすすめです。

お金を自己投資のための使う

趣味を仕事にする方法は、サラリーマンやフリーランス、起業など様々です。しかし、どれも結局はお金が必要となってきます。

また、趣味を仕事にした後も知識や技術を身につける必要があるでしょう。そのため、お金を自己投資のために使うことができる人は、趣味を仕事にしても成功しやすい傾向があります。

無駄にお金を貯めずに、自己投資を行い、自分の将来のためにお金を使うと良いでしょう。

趣味を仕事にして失敗する人の特徴

趣味を仕事にすることに憧れている人も多いでしょう。しかし、憧れだけで趣味を仕事にしてしまっては、仕事に就いてから後悔したり、好きだったことが嫌いになってしまったりなど、失敗する可能性があります。

そこで、ここでは趣味を仕事にして失敗する人の特徴についてご紹介します。例えば、趣味と仕事の境界線が曖昧になっている人は、趣味を仕事にしても失敗してしまうかもしれません。

趣味と仕事の境界線が曖昧になっている

趣味を仕事にすると、仕事とプライベートの境界線がどうしても曖昧になりやすいです。同じ趣味だとしても、仕事と趣味では勝手が違うこともあるでしょう。

これらを分ける境界線が曖昧になってしまうと、趣味と仕事を混同してしまい、日々ストレスを感じてしまうことがあります。

また、それをうまく発散することができずにどんどん蓄積してしまうこともあるでしょう。

ただ好きなことで終わらせている

趣味を仕事にしたいと思っていても、好きなことが趣味の域を出ずにビジネスとして成立しないと趣味を仕事にしても失敗する可能性があります

趣味の域で終わらせてしまうと、収入を得ることができないどころか、出費がかさむばかりになってしまうこともあるでしょう。

仕事にするのであれば、収入を得て生活ができるようにする覚悟を持つことが大切です。

困難を乗り越えることができない

好きな趣味を仕事にしたとしても、困難に直面した時に好きな仕事だとしてもうまくいかないことがあるでしょう。いくら好きなことだとしても、問題や困難が出てくることは多いです。

その問題に直面したときに、辛かったり無理に思ったりしてすぐに諦めてしまうと、趣味を仕事にしても失敗してしまうことがあります

前に進むことを止めてしまっては、どんな仕事でも長く続けることは難しいです。

趣味を仕事にする7つのパターン

趣味を仕事にしたいと思っていても、実際にどのように趣味を仕事にすればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは趣味を仕事にする7つのパターンについてご紹介します。例えば、趣味に関する資格を取得したり趣味を活かせる会社に就職したりすることで、趣味を仕事にすることができるでしょう。

自分が趣味を仕事にできそうか判断する際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

趣味に関する資格を取得する

趣味に関する資格を取得することで、趣味に関する知識や技術を示すことができます。例えば、語学が趣味の人であれば英語検定やTOEICなどの資格を取得すると良いでしょう。

また、アロマセラピストやネイリスト、調理師など、仕事に活かせる資格は数多くあるので、自分の趣味に関する資格があるか調べてみることがおすすめです。

資格をとることで、技能を客観的に証明できるようになるので、仕事に繋げられるかもしれません。

趣味で得た知識や経験を活かせる会社に就職する

趣味によって得た知識や技術を活かすことのできる会社に就職することで、趣味を仕事にすることができます。

例えば、趣味に使う道具を扱う会社に就職したり、収集したものを作ったり売ったりしている会社に就職することも、趣味に関する仕事をしていると言えるでしょう。

趣味に関する資格が無ければ、趣味に関する会社を探して就職するという手もあります。

趣味を活かして自ら起業する

雇用される形で会社に勤めるのではなく、自ら会社を起業する方法もあります。近年では、起業することはそこまで手順が難しいものではなく、費用も比較的安価で済むので、簡単に起業することができます

そのため、起業する人が増加している傾向があるのです。どういった形で趣味を活かした仕事をするのかは様々なので、会社に勤めずに自ら会社を起業しても良いでしょう。

趣味によって得た技術を人に教える

趣味によっては、知識や技術などを習得していくタイプの趣味もあるでしょう。そのような趣味の場合は、技術や技能を他の人に教えることを仕事にする方法もあります。

例えば、華道や茶道が趣味の人は、修練を積むことで自分で教室を持つことができます。他にも、ハンドメイド系の趣味であれば、人に教えることを仕事にしたり、スポーツが趣味であればインストラクターになるという方法があるでしょう。

趣味で作った物を売る

何かを作ることが趣味の人は、作ったものを売ることができます。自分で作ったものを、ネットショップで販売したり、メルカリなどのフリマアプリを活用したり、委託販売をしたりすることで、収入を得ることができるでしょう。

販売方法も様々あるので、色々と挑戦してみて自分に合った販売方法を探してみるのも良いかもしれません。

インターネットを通じて発信する

今はプライベートやビジネスにおいて、SNSは欠かせないものとなっているでしょう。誰でもインターネットで情報を発信できるので、気軽に始めることもできます。

そこで、インターネットを通じて、趣味にしていることについて発信することで収入を得ることができます

しかし、一定数以上の閲覧者を確保して収入を得ることは簡単ではなく、収入を得るまでに期間もかかることが多いのでそれなりの覚悟が必要となるでしょう。

趣味を極めてプロになる

趣味のジャンルによっては、極めることによってプロを目指せることもあるでしょう。趣味の取り組み方次第でプロになれることがあるので、修行を積んでプロを目指して仕事にするという方法もあるでしょう。

例えば、漫画や小説を書くことが好きな人は、賞を受賞したり、インターネットで発表して有名になればプロとしてデビューできるきっかけになります。

趣味での実力をアピールする方法とは?

趣味を仕事にするためには、自分の趣味に関する知識や技術が必要となるでしょう。趣味を仕事にしたいと思っている人は、自分が持っている趣味に関する知識や技術をアピールすることで趣味を仕事にできるきっかけになります。

そこで、ここでは趣味での実力をアピールする方法についてご紹介します。例えば、趣味を仕事をするために必要な勉強をしたり、資格を取得したりすると良いでしょう。

仕事をするために必要な勉強を始める

趣味を仕事にしたいと思っても、好きなだけで仕事をしてお金を稼ぐレベルに達していない場合は、勉強してレベルアップすることがおすすめです。

勉強を効率的に行い、趣味に関するスキルを上げることで、就職する際にアピールできるでしょう。勉強をする際は、まずはやるべきことを洗い出したり、自分の現状を把握することが大切です。

自分の目標を明確にする

趣味を仕事にしたい人は、自分の目標を明確にして自分が今後どのように進んでいくのかを決めることが大切です。

人間は目標を明確にすることで、それに関する情報を認識しやすくなるという性質を持っています。そのため、自分の目標を明確にすることで、自分の今後のプランを説明してアピールすることができるようになるでしょう。

金額に関わらず好きなことでお金を稼ぐ

金額の大小に関わらず、まずは趣味でお金を稼いだという経験を作ることも大切です。破格の安値で仕事を請けたとしても、趣味でお金を稼いだという実績があれば、会社に就職する際にアピールできるポイントとなります

また、自分の好きなことで人の役に立てるという素晴らしさも実感できるきっかけとなるでしょう。積み重ねることで自信につながり、様々な困難も乗り越えていけるはずです。

趣味を仕事にした人たちの体験談

趣味を仕事にしたいと思っていても、趣味を仕事にしてから後悔したり、趣味が嫌いになったりしないか不安に思っている人も多いでしょう。

そこで、ここでは趣味を仕事にした人たちの体験談についてご紹介します。好きなことが仕事になるので毎日楽しいという人や、周りの人と共感しながら仕事ができるという人がいます。

実際に趣味を仕事にした人の体験談を知ることで、自分が趣味を仕事にしたときのイメージもしやすいでしょう。

捨てきれない仕事だったので一旦やってみた

OL

諦めきれなかったのでとりあえず一旦やってみた

★★★★★★★★★★4.0

諦めきれずに、捨てきれない趣味だったので一旦やってみました。もしうまくいかなかったら安定した仕事に変えようと思っていたので、気軽な気持ちで始めました。

好きな趣味があって仕事にしたいと思っていても、なかなか踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、捨てきれない夢を抱えながら別の仕事を続けても、モヤモヤしたまま仕事を続けることになるでしょう。そのため、一旦挑戦してみて、もし失敗してしまったら安定した仕事に変えようという気軽な気持ちで始めてみると良いでしょう。

好きが仕事になるので楽しい

会社員

好きなことがそのまま仕事になるので楽しい

★★★★★★★★★★3.6

自分の好きなことを仕事にすることで、毎日好きなことやものに囲まれて仕事をするので毎日が楽しくなりました。

好きなことを仕事にすることで、自分の好きなことに毎日取り組むことができるでしょう。そのため、毎日の時間を過ごすことが楽しくなります。

趣味を仕事にすると、中にはやりたくないことをやったり、問題が起きたりすることもあるでしょう。しかし、好きなことであれば困難なことでも前向きに乗り越えようとして、楽しく過ごすことができるはずです。

クリエイティブな人達と交流が増える

OL

周りの人とたくさん共感することができる

★★★★★★★★★★3.8

仕事で毎日のように顔を合わせる人たちと、注目しているものや憧れているものなど、共感できる範囲が広いので充実しています。

自分を取り巻く周りの人たちや、日常の環境はとても大切です。特に仕事で毎日のように顔を合わせる人たちは、自分を作る人生の一部とも言えるでしょう。

趣味を仕事にすることで、クリエイティブな人に囲まれて、話題とするものや目指すものなど共感できる範囲が広いことが多いです。

周りの人たちが自分と同じことに興味のある人たちなので、日々集まる情報量も違ってきます。

趣味を仕事にして成功するには条件がある

ここでは、趣味を仕事にするメリットやデメリット、趣味を仕事にして成功する人・失敗する人、趣味を仕事にする方法、趣味での実力をアピールする方法、趣味を仕事にした人の体験談についてご紹介しました。

趣味を仕事にすることには、メリットとデメリットがあるので好きだった趣味が嫌いになってしまう恐れもあるでしょう。自分が趣味を仕事にすることに向いているのかを一度確認してみることがおすすめです。

ランキング

記事一覧