「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. もう働きたくない。仕事に限界を感じた人が考えるべきこととは?
働きたくない

もう働きたくない。仕事に限界を感じた人が考えるべきこととは?

もう働きたくない…仕事をやめてしまうのはあり?

世の中には、働き過ぎて倒れてしまう方もいますね。倒れるまで働いて、どうするのでしょうか。倒れるまで働くくらいなら、働きたくないと思う方がずっと正常ではないですか。

ですが世間の目もありますから、なかなか「働きたくない」とは簡単に言えるものではありません。もし20代の若いうちに「働きたくない」なんて言ってしまったら、周囲から冷眼視されそうです。日本では特に怠け者という扱いをされかねません。仕事を辞めるということは、これまであなたが積み上げてきた経歴を捨てることにもなります。経歴を捨てるには、勇気が必要ですね。別の言い方をすれば、プライドの整理だとも考えられます。

もう働きたくないと感じた人はまず自分の気持ちを整理することから始めてみませんか?「なんで働きたくないと感じているのか?」「どうすれば働かずに生活できるのか?」「この状態を改善するためには何をすればいいのか?」などです。

ほとんどの人の働きたくない原因は今の会社にあるのではないでしょうか。会社が嫌なら転職を考えればいいのです。難しく考える必要はありません。働いてお給料をもらうのならどこの会社でも実現できます。

ミイダスであなたの価値を測ってみよう

仕事を辞めたいと思ってる人は、辞める前にミイダスを使って自分の価値を知ってみることをおすすめします!

なぜミイダスがおすすめなの?

ミイダスをここまでおすすめするのには訳があります。

ミイダスをおすすめする理由
  • 仕事ができないと思っていて辛い時、もしかしたら違う企業や職種であれば成功するかもしれない!
  • ミイダスではそんなあなたの市場価値を5分の無料登録で知ることができる
  • アドバイザーとの面談も不要なので仕事に行きながらスマホ・PCだけで転職活動ができる
  • 最も効率的に転職活動ができる!

一番の魅力はエージェントやアドバイザーと面談せずにスマホだけであなたの市場価値・あなたに興味を持ってくれている企業が分かることです!

みんなの「もう働きたくない」と思ったきっかけは?

「転職したい」「他の仕事がしたい」ならまだしも、働くこと自体に愛想が尽きてしまった人たちには、相応の理由があります。

ここでは、みんなが「もう働きたくない」と思ってしまった理由・きっかけをご紹介します。

評価されないことに嫌気が差した

ふとした瞬間に、「自分の頑張りは無意味だったんだ……」と思ってしまうと、働く気力が一気になくなってしまいますよね。

一生懸命やったはずの仕事の成果が誰の目にも触れていなかったり、実はやるだけ無駄なこと、あるいはやらないほうがよかったことだと気づいてしまったり……。

特にボーナス査定の時期などは、自分が思っていた成果と、会社からの自分に対する評価のギャップが如実に現れてしまいます。日頃の基本給が低くて、ボーナスに期待していたような場合は、落胆もひとしおですよね。

同じ問題や失敗が繰り返されてうんざりした

人は「またか!」という気持ちになったとき、なにもかも嫌になってしまうものです。

たとえば、「一度ミスをして痛い目を見て上司にも叱られたのに、また同じミスをしてしまった」「部下のミスの尻拭いがやっと終わったと思ったら、別の部下が同じことをした」など……。

徒労感にがっかりし、それでいて解決しなければいけない問題が目の前にあるときには、もう仕事そのものから逃げたくなってしまうのも当然ですね。

「今の会社でもう働きたくない」ならJAICに相談してみよう

働きたくないのは、仕事そのものがしたくないのではなくて、今の会社や仕事内容が嫌なだけではないでしょうか?もしそうであれば、環境を変えると解決するかもしれません。

そんなとき、もしあなたが20代で、正社員としての転職を希望しているのなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。早いうちにぜひ相談してみましょう。

合わせて読みたい

蓄積されていた疲れで心身に限界が来た

瞬間的に仕事が嫌になってしまうこともあれば、じわじわと積み上がっていた「仕事辞めたい」メーターがついに決壊して、まったく無気力になってしまうこともあるでしょう。

実はこれはとても危険なパターンです。我慢に我慢を重ねてついに「もう働きたくない」と思ったときには、出勤時間に起き上がれないくらい心身に限界が来ていることもあります。

転職したのにまた辞めたい理由ができた

「ブラック企業からようやく脱出した」「人間関係のわずらわしい会社を辞めて環境をリセットした」……そういうつもりで転職先で働き始めたのに、また転職先で同じことが起きてしまったらどうでしょうか。

「どこの会社に行っても同じだ」と絶望し、「だからもう働きたくない」という結論に到達するのは当然ですよね。転職には時間と気力が必要だからこそ、その転職が失敗だったと気づいてしまったときには、徒労感もひとしおです。

働かずに生きている人のことを知ってしまった

世の中には働かずに楽をして生きている人は確かにいます。しかし、いつもは遠い世界の存在だと思っていた不労所得者が、意外と身近にいるとわかったらどうでしょう。たとえば同窓会で、昔仲の良かった友達が、親の資産を運用するだけで不自由なく暮らしていたり……。

遠い存在であればまったく気にもせずいられたのに、下手に身近でそういう人の存在を知ってしまったせいで、嫉妬や羨望を感じてしまうのはよくあることです。

そんなときは、真面目に働いている自分がばかばかしくなって、「もう働きたくない」という気持ちになってしまうことでしょう。

「もう働きたくない」から立ち直るにはどうすればいい?

もう働きたくないとは思っても、現実問題、急に出勤しなくなれば社会的責任を放棄することになりますし、収入を得ないと生活もできません。

それでは、「もう働きたくない」というところまで沈んでしまった人がどうやって仕事のモチベーションを取り戻したのかをみてみましょう。

一日だけ休んでストレス解消する

このさい、仮病でもなんでもいいので、今すぐ一日だけ仕事から離れてみましょう。もし、自分がいないと回らないような仕事を抱えていたとしても、やむをえない事情で出勤できない人を、自宅までむりやり迎えに来るような上司はそうそういないはずです。思い切って休みましょう。

そして、家で寝ているのではなく、午前中から活動をして、自分にとってストレス解消になるようなことをしてみましょう。「みんなが働いている時間に好きなことをする」「健康的な生活リズムで過ごす」という2つの合わせ技は、気分転換にうってつけです。

自分が急にいなくなったら仕事がどうなるかを確認する良い機会にもなります。

もう働きたくない気持ちを他人にぶちまける

「もう働きたくない!」と声に出して誰かに聞いてもらうだけでも、意外と気楽になるものです。その相手が気心知れた友人やパートナーで、仕事の事情などもある程度わかってくれているのであれば最高です。食事やお酒がてら、声に出して愚痴ってしまいましょう。

抱え込んでいる悩みでも、声に出したとたんに軽くなることはよくあるものです。面白い例だと、「退職します」と申し出てきた部下に、「私も仕事がいやだから退職したい!」と上司が思わず叫んだせいで、二人が意気投合して逆に頑張れるようになったなんて話もあります。

転職サイトに登録だけしてみる

転職を具体的に考えているわけではなくとも、転職サイトにとりあえず登録しておくと、自分の潜在的な可能性が広がります。

「世の中にはこんな仕事もあるんだ」「やろうと思えば自分にはこんな仕事の可能性もあるんだ」と知っておくだけでも、心の安定のために役立ちます。

いざ転職しようと思ったときにも、日頃から転職情報をチェックしていると、案件の良し悪しを比較する感覚も養われているので、自分にとって損のない判断ができるはずです。

とりあえず登録するなら最大手のリクナビNEXTがおすすめ

リクナビNEXTは、大手リクナビが運営する転職情報サイトです。エージェントからのサポートはなく、登録したからといって電話がかかってきたりすることはないので、情報収集のために気軽に登録して使えます

転職を考えている人のうち、実に8割が登録しているという圧倒的な支持率。営業や事務をはじめ、あらゆる分野のお仕事が豊富に揃っています。まずは登録して、興味のある分野の仕事を検索してみましょう。

また、スカウトメール機能を有効にしておくと、思わぬオファーが届くかもしれません。

本当にもう働きたくない人ができることとは?

仕事をせずに優雅に暮らしている人もたくさんいます。また、仕事はしているけれど、会社勤めではない自由な形で、極力ストレスフリーに暮らしている人もたくさんいます。

まったく仕事をせずに生きていくには、環境やもともとの資産によほど恵まれなければいけませんが、後者なら今からでもできる可能性はあります。

独立起業する

自分一人で世間に提供していけるサービスや商品があり、それを売るためのネットワークを作れる見込みがあるのなら、起業という手もあります。

いま最も起業につなげやすいのは、プログラミングの知識があり、スマホアプリなどの開発で稼いでいける人です。また、特定分野についての専門的な知識があり、コンサルティングサービスができる人も起業はしやすいでしょう。

良いアイデアとそれを上手にPRできる能力があれば、クラウドファンディングを活用してみるのもおすすめです。

ただしどの場合も、サービス・商品が売れる土壌を一気に作り上げるには、「SNSで話題になる」というプロセスが必要です。それが難しければ、会社勤めで培った人脈をコツコツと広げていくことになります。

合わせて読みたい

フリーランスになる

独立起業というほどではなくとも、エンジニアやデザイナーなどのスキルを持った人は、今まで会社を経由して受けていた案件をフリーランスとして受託することで、働き方がある程度自由になります。

客先という存在があるので、ある程度のコミュニケーションが生じ、納期があるのは仕方ありません。それでも、報酬の交渉を自分でできたり、仕事内容を選べたりするので、納得のいく仕事ができるでしょう。

なにより、働く場所や時間を自分で選べるのでストレスフリーです。

IT系ならレバテックフリーランスで案件を見つける

レバテックフリーランスは、フリーランスのITエンジニア向けの求人情報・案件情報サイト。特筆すべきは、サービス利用者が平均862万円という高年収を実現させていることです。

個別の案件を見てみても、月収60~80万円というのがざらにあり、案件を獲得できれば大きな自信になりそうです。

レバテックフリーランスをチェック

クラウドソーシングで仕事を受ける

クラウドソーシングは、継続的に人を雇うほどではないけれど誰かに仕事を頼みたいと思っている企業や個人が、サイト上で人手を募る方式です。

個人で独立して仕事をするフリーランスはたくさんいますが、一番問題なのが「仕事がない」ということです。たとえ技術があったとしても、人脈や営業力がなければ仕事をとってくることができません。

その点クラウドソーシングは単発で仕事を頼めるので企業側は人を雇わなくてもいいし、受託側も好きな時に自分に合った仕事を選べるので、双方で利用者が急増しています。

安定性という意味では、もともと人脈を持っているフリーランスに比べると弱いですが、自由で気軽に仕事ができるのはクラウドソーシングの強みです。

クラウドワークスで初めての仕事を探してみよう

今話題のクラウドワークスでは、自分の好きな時に、今あるスキルとPCひとつで簡単に始められるライター業務やデータ入力業務がたくさん見つかります。

やったことがないから不安と思っている方でも、一般的な日本語能力と、社会人としてのマナーが身についていれば、未経験でも問題ありません。

クラウドワークスをチェックしてみる
合わせて読みたい

アフィリエイトを始める

アフィリエイトは、おすすめしたい商品・サービスをWEBサイトで紹介し、リンクから購買につながれば売上の一部が報酬として受け取れる仕組みです。ネットショッピングのレビューのようですが違います。

商品を売るわけではなく紹介するだけですので気軽にできますし、もし売れなかったとしても経済的リスクはありません。誰かが買ってくれた場合も注文や発送などを自分ですることもありません。

アフィリエイトはノーリスクで始められる不労所得です。主婦の方、学生の方、フリーターなど少しのお小遣い稼ぎになるのではないでしょうか。始めている人はたくさんいます。

初心者はまずA8.netから始めてみるといいでしょう。最もポピュラーで説明がわかりやすいです。

合わせて読みたい

ネットショップを始める

ネットショップで不労所得を上手く得ることができれば、あなたの生活が豊かになる可能性があります。

ネットショップは老若男女全てのユーザーをターゲットにするのが可能で、出品まで全てサイトが行ってくれます。商品を売り込む必要もなく、開業するより手間が省けるのも魅力的です。

出品さえしてしまえばサイトが営業をしてくれます。あとは購入者へのメール対応と商品の梱包、郵送を行うだけでお金が手に入ります。ネット上なら開業資金0円でお店を持つことが可能です。

ライバルは勿論いますが利用者は増えていくばかりなので、上手く考えれば水面下で多くの利益を生むことも夢ではないでしょう。

合わせて読みたい

資産があるなら運用方法を考える

すでにまとまった財産を相続していたり、不労所得のベースになるものを持っているなら、資産運用についてこの機に考えてみましょう。

土地や建物があるなら継続的に利益を生むことができます。預金があるなら、金融機関のコンサルタントと相談して運用していくことができます。

運用方法にはさまざまなものがあるので、まずは自分の許せるリスクの範囲内で、元本を極力減らさずに様子を見てみるのもありです。

女性限定のマネーセミナーで資産運用を考えてみよう

「スクロール」が全国で開催している無料マネーセミナーは、18歳~59歳の女性が対象で、プロのファイナンシャルプランナーから貯蓄や資産運用のポイントを教えてもらえます

女性にうれしい内容にこだわっているので、セミナー会場は綺麗なホテル、休憩時間にはスイーツ&ドリンクのおもてなしも。

いまある資産でなるべく働かずに過ごしていきたいなら、ぜひ参加して相談してみましょう。

スクロールをチェックしてみる

自分の「働きたくない気持ち」と向き合おう

「働きたくない」という気持ちにもいろいろあります。一時的に鬱憤が溜まっているだけなのか、今の会社で働きたくないのか、労働という行為がもう嫌になってしまったのか……。

その解決策は、自分が何を求めていて、今どれだけ精神的・身体的に危機感を持っているのかにもよります。

まずは「働きたくない」という自分の気持ちと向き合って、これからどうしていきたいのか冷静に考えてみましょう。自分一人では冷静に考えられないなら、周りの友人知人や、転職エージェントなどに相談してみるのもおすすめです。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧