「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくない女性・働かない女性によくある10の特徴
働きたくない

働きたくない女性・働かない女性によくある10の特徴

働きたくないと考えている女性の特徴とは?

「働きたくない」と思うことは誰にでもあるものです。特に女性は、頑張って働いているつもりなのに男性に追い越されたり、キャリアアップしても出産や育児でキャリアに空白ができてしまったり、毎月生理が重くて出勤したくない日があったりと、働くのがいやになる理由は多いものです。

一方で、はじめから仕事に対してやる気がなかったり、諦めきっていたりして、働く気がない人もいます。働きざかりの年齢の女性で、無職だったり、仕事への態度が適当だったりする人には、どんな心理があるのでしょうか。

本当に働きたくない女性はマリッシュで理想の結婚相手を見つけよう


共働きが当たり前の時代になりましたが、働きたくないと思っている女性にとっては、やっぱり専業主婦になることが一番の近道です。専業主婦でいることを許してくれる男性と、日常生活で出会うのは難しいかもしれません。それなら、条件に合う男性を探せるサービスを使ってみましょう。

24時間有人サポートで女性は完全無料が嬉しい

マリッシュの魅力とポイントは下記になります。

マリッシュのメリット
  • 年会費なし。女性は完全に無料で使える
  • facebookを使っていない人も、facebook連携をしたくない人もOK
  • 自分の条件に合った理想の相手を見つけ出せる

働かなくてもいい環境を自分から手に入れられるように、まずは婚活サービスに登録をすることをおすすめします。

向上心がない

仕事にやりがいを求めていない人、なんとなく生きていくだけで特に疑問を持たない人は、それ以上上を目指しません。上昇志向がありませんので、仕事で頑張って稼ごうという気もありません

出世欲もないので、仕事を始めても少しイヤだなと思ったらすぐに辞めてしまいます。失業給付を受けて、給付が終わるとまた次の仕事を探して、少しでもイヤになったら辞めて……と堂々巡りになります。

それでも、女性である程度身なりを整えていると、面接では好印象になるので問題なく次の仕事が見つかりますが、それも若いうちだけです。次第に採用されなくなっていきます。

合わせて読みたい

働きたくないなんてもったいないかも!? 自分の市場価値を測ってみよう

働く気がないとはいっても、世間的に見れば若い女性は働き盛りです。働こうと思えば、たとえ業界未経験であっても、若さを評価して採用してもらえることは多いです。

「本当に?」と思ったなら、「ミイダス」を試してみてください。ミイダスは、dodaなどでおなじみ転職大手パーソルキャリアの提供する、市場価値診断&転職支援ツールです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • あなたに興味がある企業からオファーが来るので、転職のチャンスが得られる
  • 登録しても電話がかかってきたりはしないので、誰に急かされることもなく気軽に転職活動ができる

ミイダスはプロフィールを入力することで自分の市場価値がわかり、そのプロフィールを見た企業からオファーが来る仕組みです。オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、転職へのハードルも低くなります。ぜひ試してみてください。

夢中になれるものがない

夢中になれるなにかのために仕事を頑張っている人は多いものです。たとえば趣味のため、子供のためなど、「これのために稼ぐ」と思えば辛い仕事も乗り越えられるという人がたくさんいます。

ところが、それほど大事なものがない人もいます。仕事が終わって自分の時間ができても、特にやりたいことがない。給料から生活費を引いて少し余りが出ても、欲しい物が思いつかない。かといって仕事にも熱意があるわけではない……。

そんな人は、目標も目的もなく、余暇にリフレッシュする方法もなく、仕事だけをなんとなくして生きていくことになります。仕事以外には特にすることがないわけですが、無気力なので、周りからは仕事のやる気もないように見えてしまいます

合わせて読みたい

今の仕事が合っていいないだけかも?「転職力診断」を試してみよう

仕事をする気のない女性は、本当に仕事そのものが嫌なのではなくて、今の仕事が嫌なだけなのかもしれません。それならまずは「転職力診断」で自分を見つめ直し、今後の計画を立てましょう

転職力診断は、実績ある転職サイト「type」が提供する無料の自己診断サービスです。「転職力」「想定内定社数」「想定年収」が診断されるほか、「自己分析力」「タイミング把握力」などの観点から自分の強み・弱みがわかります。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

診断の結果、本当に働きたいと思える仕事を探す気持ちになれたのなら、ぜひそのまま転職活動を始めてみましょう。

将来に対して楽観的

働きたくないと考えている女性の中には、将来について真剣に考えていない人もいます。将来結婚して子供ができたら貯金が必要だ、または老後も貯金が必要だ、など長い目でみた将来の事を考えていない人は「今が楽しければいい」などと考えている事が多く、働く事について意欲がありません。物事を短絡的に捉えてしまう傾向にあり、将来のことを考えていません。

ニュースでは日本の将来について悲観的な話ばかりが流れていても、「自分はなんとかなる」「誰かがなんとかしてくれる」という気持ちでいるのでしょう。

特に、家が裕福で働く必要がなかったり、親が甘くて無職を許してくれるような家庭だと、娘はいつまでも「働かない女性」になります。

髪型や服装の個性を絶対に曲げない

休日に繁華街に出れば、奇抜で個性的なファッションやヘアスタイルの人はたくさんいます。年齢を重ねてもロリータファッションで歩いている人もいます。それは個人の自由です。

しかし、仕事の場でもその個性を曲げない人がいます。それどころか、「個性を受け入れるのが世間の務めであり、自分は何も悪くない」と開き直っていることもあります。

もちろんどんな格好をしようが個人の自由ではありますが、職種や社風によっては受け入れてもらえません。「TPOをわきまえていない」「自己管理ができていない」「大人としての自覚が足りない」、ひいては「働く気がない」と判断されてしまいます。それでも「自分は悪くない」を貫いていると、世間からは「ろくな仕事に就けない人」と見られてしまいます。

合わせて読みたい

見栄っ張りで余裕ぶりたい

働かなくても私は大丈夫なのです、と周囲から思われたい人がいます。その根底には、セレブへの憧れや嫉妬、自分の実力では思ったほど稼げないというコンプレックス、怠け癖、さまざまなものがあります。

働きたくないけれど、しっかり働いた以上の暮らしをしているように見せたいわけなので、無理して貯金を崩したり、夜の仕事をしたりと、あまり人に言えない方向に突っ走ってしまいがちです。最も危険なタイプの「働きたくない女性」はこういう人かもしれません。

専業主婦を目指している

学生のうちから、「お金持ちと結婚して、専業主婦になって働かずに生きていく」と宣言しているような女性もいます。共働きが当たり前の世の中になり、専業主婦をさせてくれる余裕のある男性は少なくなりましたが、それでも夢を見る女性はいるものです。

それを本気で人生の目標にして、自分磨きをし、出会いを探して、本当にセレブな男性と結婚してしまう人もいます。しかしそこまでの熱意もなく、なんとなく人生の流れに任せていると、ただの「働かない女性」になってしまいます

合わせて読みたい

他人と協調できない

仕事をするにはコミュニケーション能力が必要不可欠です。これは業務をこなす以前に必要なことですが、中にはチームワークが苦手な人がいるものです。単独でする作業を好み、周囲の人との連携がうまくできずに迷惑をかけてしまう事が多々あります。そういった人はもしかすると他人との距離感がうまくつかめない境界性人格障害という可能性もあります。

本人のやる気によっては、「仕事ができないけど頑張っている人」だと思ってもらえるかもしれませんが、本人が諦めてしまえば「働かない女性」になってしまいます

合わせて読みたい

身体が弱い

何かしらの持病を持った人や生まれつき身体の弱い人も働きたくないと考えている事があります。高血圧症、貧血症、更年期障害など、国からの援助を必要とまではしない軽度な症状の人たちは、会社からあまり良い評価を受けません。

病気を理由にしょっちゅう会社を休むので、責任のある仕事を任せることができません。そうなると、本人のやる気も低下してきます。休みが多くなってしまう分、真剣に仕事に取り組んで遅れを取り戻そうとする姿勢があればいいのですが、どうしても諦めてしまって受け身で仕事をしがちです。雇用形態によっては解雇するわけにはいかないので、会社からすれば「働かない迷惑な存在」となってしまいます。

男性に依存して生活している

住居や生活費、嗜好品などを男性から与えられて生活している女性もいます。一度そういう世界を知ってしまった女性は、まっとうに働く気は起きないかもしれません。中には、世間並みの感覚を忘れないようにと、昼は地味な仕事をしている女性もいますが、その仕事に本気で打ち込むことはないので、周りからはなんとなく浮ついた印象に見えます。「本来こんな仕事はしなくてもいい」という本音が透けて見えてしまうのです。

しかし、生活を男性に依存できるのもいつまで続くかはわかりません。年をとっても男性から貢がれて生きていくことができる人は、容姿だけでなく社会経験などの人間力も備わっているものです。若さ以外に武器がないのであれば、いつ男性が離れていっても大丈夫なように、自活の計画は立てておくべきです。

欲がなく、最低限のお金で暮らしていける

楽だけれどその分給料も低い仕事に甘んじて、質素に生きている女性もまれに存在します。給料よりも仕事の楽さを選んでいるので、給料の低さには文句を言わないようです。もともと贅沢を知らず、お金のかかる遊びもしないため、本人はさほど不幸ではなさそうです。人と比べると惨めに見えるかもしれませんが、それは周囲のおせっかいというものです。

もしかしたらそういうタイプの「働きたくなさそうな女性」は、今は人生の休養期間中なのかもしれません。一度ガツガツ働いて心身を壊した経験があって、今はこれでいいと思っているのかもしれません。楽な仕事を適当にこなすだけで、人に迷惑や不快感を与えていないのなら、こういう生き方もありなのでしょう。

働いておくに越したことはない

働きたくない女性・働かない女性が心に抱えている事情を10個紹介しました。「それは甘えでは?」と思うものもあれば、「そういう生き方もアリ」と思うものもあったことでしょう。

しかしどんなタイプの女性にとっても、本当に今後も一生働かずにいられる保証はありません。一応仕事をしている人も、ダラダラと働いて適当に稼ぐのがいつまで許されるかわかりません。人並みに仕事に打ち込む姿勢を、少しでも周りにアピールしておいたほうが、人生においては後々の保険になります。「働きたくなさそうな、やる気のない女」という印象を持たれて得なことはなにもありません。もしあなた自身が「働きたくない女性」「働かない女性」なら、これを気に少し「働く」という意義を考えてみましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧