1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくないと考えている女性の11個の特徴

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

働きたくない

働きたくないと考えている女性の11個の特徴

働きたくないと考えている女性の特徴とは?

「働きたくない」と思うことは、誰にでもあることなのかも知れません。あなた自身はどうでしょうか。もしかしたら、あなたも「働きたくない」と思っているのかも知れませんね。また、あなたの周りでも、「働きたくない」と思っている女性の方も大勢おられるかも知れません。

「働きたくない」と思っていると、なかなか仕事に身が入らなかったり、どうにもやる気が出なかったりします。一旦そうなってしまうと、仕事をしている日々が辛くなってきたり、仕事をしているのが長く感じたりするものでしょう。

そのような「働きたくない」と思う女性には、実はいくつかの特徴が見つけられるのです。今回はその特徴をご紹介していきたいと思いますので、あなた自身やお知り合いの女性の方でも結構です。最後の項目まで当てはまることがあるかどうかを確認してみてください。

働きたくない女性はマリッシュで理想の結婚相手を見つけよう!


働きたくないと思っている女性は、結婚して専業主婦になることが一番の近道です。まずはあなたの条件に合う男性を見つける事が一番最初の行動ですよね。
そんなときはマリッシュを使って理想の男性を見つけてみませんか?
↓↓マリッシュに簡単登録!↓↓

24時間有人サポートありで女性は完全無料が嬉しい!

マリッシュの魅力とポイントは下記になります。

マリッシュのメリット
  • 年会費なし・登録はもちろん女性は完全に無料で使える!
  • facebookを使っていない人でも連携をしたくない人もOK!
  • 自分の条件に合った理想の相手を見つけ出せる!

結婚相手をマリッシュで探して働かなくてもいい環境を自分から手に入れられるようにまずは婚活サービスに登録をすることをおすすめします!
↓↓登録無料!マリッシュに簡単登録してみよう!↓↓

向上心がない

近頃、仕事にやりがいを感じない人が多くなっています。単調な作業だとしても、自分自身がしっかり目標を持って業務に打ち込む人は続けられますが、上司から褒められても嬉しくないような人は意欲もなく仕事を辞めてしまいます。

このような人は上昇志向がありませんので、昇給も望みません。また仕事を始めた場合すぐに辞めたくなり、失業給付を受けますが、給付が終わるとまた次の仕事を探したりと堂々巡りになります。若い間は業種も職種も様々な選択肢がありますが、日本はまだまだ年齢のしばりが強いので次第に採用されなくなっていきます。

このようなタイプの人は面接時には「働きたくない」表情は一切見せず、うまく採用にこぎつけることができますが、採用担当者があとで後悔する典型例です。会社側としても面接時の30分ぐらいで労働意欲はないが面接に強い人を見破る事は課題です。

合わせて読みたい

夢中になれる趣味などがない

どんな人にでも一つくらいであれば趣味やコレクションしている物もあるでしょうし、これからの楽しいことをモチベーションにして仕事と向き合っていると思います。

ところが、働きたくないと思っている人の中にはこういったことがないのでリフレッシュすることができない人がいます。気持ちを切り替えることもできないので、結果ストレスを抱え込んでしまうのです。知らず知らずに溜めてしまったストレスの影響で、せっかくの休日もイライラの状態のまま過ごすことになり、またやってくる月曜日に出勤しなければなりません。

働きたくない。さらに自分の生きがいが分からない。楽しいと思うこともない。とても残念な人にしか見えません。人はやりたいことを我慢して仕事に打ち込んで、休みの日にできなかったことをして仕事での鬱憤を晴らして毎日を過ごしていくのです。気持ちの切り替えが苦手な人はいつかストレスに参ってしまい仕事も長続きしないのです。

合わせて読みたい

将来に対しての不安を考えていない

働きたくないと考えている女性の中には、将来について真剣に考えていない人もいます。将来結婚して子供ができたら貯金が必要だ、または老後も貯金が必要だ、など長い目でみた将来の事を考えていない人は「今が楽しければいい」などと考えている事が多く、働く事について意欲がありません。物事を短絡的に捉えてしまう傾向にあり、将来の事をまったく考えていません。

このような人は我慢する事に慣れていないので、少し辛いことがあれば仕事を辞めてしまったり、働きたくないと考えがちです。

ルックスが個性的である

身長が低いとか顔がブスということではなく、奇抜で個性的なファッションやヘアスタイルの人はいます。レトロなファッションやヘアスタイル、年齢に関係なくロリータファッションの人も居ます。人間は世界観が違う人とは距離を置き、波長が合う人とは行動してバランスを取ろうとする生き物です。

その為、あまりにも外見が個性的だと会社では目立ってしまい、周りの目を気にしない・自己管理が出来ていないと判断されてしまう場合もあります。自己管理が出来ていないと自分がどれだけ働きたくても、会社に良い印象を与えられず会社に就く機会を自ら逃しています。

いくら人より仕事が出来たとしても見た目で不採用が続いてしまうと精神的に追い詰められ、社会への不安や働く意欲もなくなり就職活動もしなくなってしまうという悪循環に陥ります。

合わせて読みたい

お金に困っていない

裕福な家庭で育った人は、働くということをどのように考えているのでしょう。何のために働くのか、ということです。一般に、働くのは生活費が必要だから。もちろん生きがいややりがいということもあるでしょう。それでも、第一義的には生活の糧を得るということが大きな要因となります。

ところがそんな心配などする必要のない人たちがいます。いわゆるセレブといわれる人たちです。おそらく、お金を稼ぐという概念はないでしょう。その必要がないのですから。もし、セレブなのに働いている人がいれば、それはボランティアのようなものでしょう。あるいは趣味のようなものです。退屈だから何かしてみようか、そんな感覚ではないでしょうか。

周りの人たちが必死で働いているのをどのように観ているのでしょう。滑稽なことだと思っているのでしょうか。それとも、そんなこと少しも目に入っていないのもしれませんね。

よく見栄を張る

働かなくても、私は大丈夫なのです、と周囲から思われたい人がいます。もちろん、根底に働きたくないという思いがあるために存在する気持ちなのです。周囲から、あの人は優雅でお金持ちだ、と思われたいだけなので、働くには働くしかありません。

例えばそれが、自分の預金から資産運用をしたりして、質素に生活するという選択をとる人もいます。これに関しては自己責任ですので、誰にも迷惑をかけることがなく他人を巻き込みません。そうそう簡単に自分の預金からお金を使い果たすわけにはいきません。しかし根本は働きたくない人なので、ほとんど充実した休日が実感できず、毎日疲れたようになってしまいます。優雅に見せて美徳だと考える人は、お金を沢山使ってしまうので、気持ちにもお金にもまったく余裕がないのです。

専業主婦になりたがっている

世の中には専業主婦になってほしいと希望する男性よりも、共働きを希望する男性の方が多いことをご存知でしょうか。男性側からは自分の収入だけで上手くやりくりできるかわからないといった不安や、妻にも働いて家計を助けて欲しいと考える人も多い一方で、子供ができたら専業主婦になってほしいという人も一定数存在します。

結婚をすることが決まった時は改めてお互いの今後のライフスタイルについて話し合った方が良いでしょう。自分の母親が専業主婦の場合、働かないのが当たり前と考える場合が多いようです。もともと、外で働くという観念がなく、就職したとしてもいわゆる「腰掛けOL」になるタイプです。逆に母親が小さい頃から家にいない事が反面教師となり、専業主婦に憧れる場合もあります。女性は家で子育て・家事に専念すべきという古風な考え方の男性には受けもよく、家事全般が得意な女性であれば早くに結婚して希望通りの専業主婦になるケースも多いようです。

合わせて読みたい

協調性が欠けている

仕事をするにはコミュニケーション能力が必要不可欠です。これは業務をこなす以前に必要なことですが、中にはチームワークが苦手な人がいるものです。単独でする作業を好み、周囲の人との連携がうまくできずに迷惑をかけてしまう事が多々あります。そういった人はもしかすると他人との距離感がうまくつかめない境界性人格障害という可能性もあります。

就業時間を厳守してやり残しがあっても残業を一切せず、会議などがあっても終了時間に退出します。そのため、だんだん仕事も任せてもらえなくなり会社を辞めていく人もいます。退社せず会社に残っていても、昇給対象にならないような部署に配属されてしまう場合もあります。たとえその人の能力が優れていたとしても人間関係を重視する部署ではうまくやっていくのは難しいでしょう。その人の能力にあった部署が会社にあればうまく活かせる可能性もあります。

合わせて読みたい

身体が弱い

何かしらの持病を持った人や生まれつき身体の弱い人も働きたくないと考えている事があります。高血圧症、貧血症、更年期障害など、国からの援助を必要とまではしない軽度な症状の人たちは、会社からあまり良い評価を受けません。

病気を理由にしょっちゅう会社を休むので、責任のある仕事を任せることができないわけです。そうなると、仕事を覚えようという意欲が湧かずに、常に上の空になってしまいます。何を説明されているのかわからない、何を意味しているのかも理解しようとしない、だからといってメモを取るような行動に出るわけでもないのです。休みが多くなってしまう分、真剣に仕事に取り組む姿勢があればいいのですが、このタイプの人は受け身で仕事をしている傾向があります。雇用形態によっては解雇するわけにはいかないので、会社からすれば迷惑な存在となってしまいます。

見た目も男性関係も派手

働く必要のない女性の方が世の中の一部にはいます。例えば、男性に依存して生活をしている女性です。

そういう女性は、男性がプレゼントもくれれば必要なお金を払ってくれますから、自分がお金を払う必要がありません。何かあれば何人かの相手の男性のうち、一人と結婚すれば働く必要がないのでしょう。仕事をしなくても、何不自由なく生活できるのです。

こういう女性には、外見が派手な人が多いのかも知れません。きっと性格も見栄っ張りなのでしょう。普通の女性のように就職をして働くことなど、考えもしていないのかも知れません。ですが、将来もこのままの生活が続くとは限らないことです。いずれ、こういう生活が出来なくなるかも知れないなど、全く思いもしていないのでしょう。ですから、こういう女性の方には仕事をしなければいけないという感覚は無いのです。

倹約家で欲がない

働きたくないのなら、無理して働かないという選択肢があります。かなり極端な話ですが、世の中には存在するみたいです。それは手持ちの貯金と、年金や給付金といったサービスを利用し生活をしていく方法です。

まずは働かずに済むように、支出を見直します。水道代、光熱費などはもちろん、通信料や無駄な引き落としがないか通帳を調べて徹底的に無駄を省きます。支出は引き落としだけではありません。無駄遣いをしないよう、生活に最低限必要な食費だけを考え、新しいものを買うことは極力避けます。今ある持ち物を最大限活かし生きていくことを考えるのです。

大切なのは周囲の目を気にせず、比較しないことです。比べてしまえば自分の生活が惨めに思えてくるかもしれません。生活は厳しくても、心が病むことはない生活に幸せを見いだせる人ならば上手くいくでしょう。心身を壊して働くよりも、このように生活をしたほうが幸福なケースもあるのです。

働く事はお金以外に得るものがある

どうして働くのか考えたことはありますか?働くのが大好きで、どうしても働きたい!という人がいるかもしれませんが、それはごく少数でしょう。多くの人が必要だから働いているのではないでしょうか?

例えば生活をしていくためにお金が必要です。趣味に力を入れたい人や余暇を楽しくごすために働く人もいると思います。目的があるからこそ、働いてお金を稼ぐのです。中にはお金が充分にあり、稼ぐ必要がない人もいます。働かなくて良いなんて幸せだろうと考えてしまいますが、仕事をすることはお金を稼ぐ以上の経験を得られるのです。

それは世間との関わりです。様々な人と出会い、交流による体験はお金に代えがたい価値があります。人との出会いは生きていく中で貴重な財産となるでしょう。働くことで私達は、お金と人間関係を得ることができ、社会の中で生きている実感を得るのです。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧