「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくない就活生が知るべき6つの事
働きたくない

働きたくない就活生が知るべき6つの事

働きたくない就活生に伝えたい3つの事

就職活動について悩んでいる人はたくさんいるでしょう。なかなか希望する企業からの内定を貰えなかったり、そもそも面接に辿り着くことすら出来なかったりします。就職活動とは人生の一つの選択肢に過ぎません。他にやりたいことがあるのならば、自分のやりたいことを納得いくまでやることも1つの充実した人生でもあります。自分が望んでもいないのに就職活動を嫌々始めてみたり、誰かに促されてまでする必要はないのです。

中途半端な気持ちで就職活動をしても、上手くいかない事が多いです。しかし、ほとんどの人たちは大学在学中に就職活動を行い、卒業と同時に働き始めます。人とは違う自分で決めた道を歩むことは、簡単なことではありません。たくさんの苦難や苦労、不安に襲われることもきっとあることでしょう。それでも就職活動に疑問があり、どうしても自分の道を歩みたいと考えている人は、是非一度読んでみて下さい。

必ず「就職」する必要はない

就職しなければまわりから批判されるとか、就職せなければまわりの目が気になるとこ色々な人がいるかもしれません。それぞれ就職先が違うのと同じように、大学へいく人、高校卒業してすぐ就職をする人も結局は同じそれぞれの道です。

就職だけが人生の成功ではない、高校卒業してバイトしてそこの仕事が好きになって社員入社をする、在学時に投資の知識を詰め込んで自分は卒業しても就職はしないで個人投資家としてやっていくなど、どれで成功するかどれで失敗するか、誰が肯定して、誰が否定するか。人間結局は十人十色といいます。みんな違ってみんないい、と言うように、それぞれ決まった1つのものがゴールではありません。それぞれのやり方、考え方で、就職するなりバイトをしてみて体験がてら仕事をしてみても、どれが失敗でも成功でもないのではないでしょうか?

合わせて読みたい

起業してしまうのもあり

社長になりたいと思ったことはありますか。毎日のように被雇用者として働いていると、色んなことを思うでしょう。「あまり働きたくない」とか、「好きなように生きてみたい」「経済的に自立をしたい」などなど・・・。

このようなことを実現したいから、自分で会社を興して社長としてやってみたい、と考えるかも知れません。実は、日本では50人に1人が社長なんです。一般的な「社長」職や、一人で事業を行う個人事業主ですね。もし好きなように生きて経済的な自立をしたいという夢を実現したいと思ったなら、この個人事業主になるしかないでしょう。ですが、仕事が軌道に乗るまでは大変な努力が必要なのはよくお分かりのはずです。

自分が個人事業主・社長だなんて、そんなの無理だ、とか、働きたくないくらいなのにそんなのできるわけないでしょ、と思うかも知れません。ですが、50人に1人ですよ。あなたにだってできないとは限りません。たとえ今元手がない人でも、起業できる場合もあります。調べてみてください。主体的に目的意識を持って、個人事業主や起業にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

選ぶ道には目的をもつ

就職する理由はなんですか?逆に就職しない理由もなんですか?どちらにしても、先にこれがあるから、これがやりたいからと目的や目標があって今のそれをやれているか、やろうとしているかが大事です。なんの考えもなしに目標もないけど仕事が嫌だ、でもお金がない、けど働きたくもないなど、なんのまったくの考えもなくそういうことだけをダラダラとやったりしてないと結局はゴールを見失いかけてしまうということです。

将来仕事しなくても苦労もしたくないから今必死に働いて貯金しまくって将来は遊んで暮らすなど先に明確なものがあれば今の行動はすべていきてきます。それが今は仕事してなくても将来的に自分がなにも困ることがなければ、人に迷惑かけることがなければそれは自立できているということですね。世間体という言葉はありますのであとは結局最後は自分次第となります。

合わせて読みたい

働きたくないと感じた人が就活をせず生活する3つの方法

人にはそれぞれ色々な考え方があって、働く事が人生で1番重要ではないと考える人もいます。良い会社に就職する事が本当の幸せだと思わない人は就職活動に何の価値も感じず、活動自体を苦痛に感じるでしょう。なぜなら思っている事と反対の事をしているからです。

かといってニートには色々条件が整っていないとなれません。生活するだけで様々な出費があるのです。家賃、食費、保険等、ただ生きるだけでも最低限のお金はいります。自身に貯金がたくさんあるか、親や兄弟がお金をたくさん持っている人ではないと働かずに生活するのは困難です。

ニートにもなれず、働きたくもない。そんな人は就職活動をし続けるしかないのか。そんな事はありません。ニートになるか就活をするかだけが人生ではありません。人生には色々な道があっていくらでも選択肢があるのです。

動画クリエイターになる

最近特に話題になっているYoutuberやニコニコ動画クリエイターという方法で、お金を稼ぐ事が出来る様になっております。双方とも始める上では難しいことはなく、誰でも挑戦できます。働きたくない人には、合っているかもしれません。

Youtuberのマネタイズシステムは、主に動画広告が用いられており、動画に広告設定をしていることで見られる度に収益化することが可能です。どれくらい再生されたらいくら頂けるかという情報は公式に開示されておりません。ニコニコ動画にも広告収益はありますが、ニコニコチャンネルの運用によって月額会費をユーザーに支払ってもらうのが主なマネタイズシステムとなります。人気者になれば普通に就活するよりも高額な収入を見込めるので、何らかの理由で働けない人は御検討してみて下さい。

合わせて読みたい

自宅で稼ぐ

いま人気の「クラウドソーシング型の在宅ワーク」に挑戦してみませんか?クラウドソーシング型の在宅ワークとは、パソコン上で依頼を受けて作業をし報酬を得るという、働き方です。自宅で作業できるので、煩わしい出社や会社での人間関係などのストレスが少なく、慣れ親しんだ自宅でお金を稼ぐことができるのも魅力のひとつです。

でも、特別な資格がないし…スキルがないし…と心配されている方も心配無用です。簡単なデータの入力作業や、指定されたお題に合わせて文章を作成するライティング作業などもあり、はじめてのかたでも出来る様々な仕事が揃っています。「クラウドソーシング型の在宅ワーク」で、自分に合った仕事を見つけて、無理することなくお金稼ぎに挑戦してみるという選択肢もあります。

合わせて読みたい

アフィリエイトで稼ぐ

企業と提携し、企業が扱っている商品をインターネット上で売る仕事のことをアフィリエイトと言い、その仕事をする人をアフィリエイターと言います。アフィリエイターが宣伝した商品を消費者が購入した場合には、販売元である企業からその商品の売上の一部の金額がもらえます。成果があれば報酬がもらえる広告代理店と言うわけです。

例えばあなたが30000円の英語の教材を宣伝して、誰かが購入して成果が得られれば、販売元の企業から10000円もらえることもあります。専門的な知識が必要ではありますので、安易に儲けを得られるわけではありませんが、運が良ければ月に数百万円もの報酬を得られる事もあります。アフィリエイトが軌道に乗れば、就職せずともアフィリエイターとなり、生活することで多くの機会に恵まれれば、就職しないことへの不安な気持ちはなくなるでしょう。

合わせて読みたい

人と違う道は苦労が多い事を理解する

働かないでいられれば、とても楽そうでいいですね。そう思いませんか。でも実際は働かないで生活している人は楽なのでしょうか。

人と違う道を歩む事は、人より努力が必要になります。ある程度できたレールの上を歩むことと比べると、まず自分でレールをつくる必要があります。例えば自分の好きな事だけして生きていきたい場合、もちろん就活はしません。自分の好きな事にもよりますが、自分で稼ぎ自分で生計をたてる必要があります。あなたは自分で稼ぐ覚悟がありますか?

全て自分のせいであるのなら、どんな生き方だっていいのではないでしょうか。自分が信じた道を自分の責任で選ぶのであれば、それはそれでいいと思いますよ。働かない、就職しないというのは、他人があまりしていない事ですし、決して楽だとは思えません。ですが、自分で責任を持つのであれば、働かない、就職をしない、という選択もありなのかも知れませんね。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧