1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくないと感じている人の9つの心理的特徴

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

働きたくない

働きたくないと感じている人の9つの心理的特徴

働きたくないと考える人の心理とは?

なぜ働きたくないと思ってしまうのでしょうか?学生時代、面接のアピールを考えようやく手に入れた会社の内定。社会に出る以上は働かなければと意気込み、仕事に臨む人は多いでしょう。

では、なぜ働きたくないと感じてしまうのでしょうか?意気込んで仕事に打ち込む社会人と何が違うのでしょうか?今回は働きたくない気持ちに焦点を当て、その心理的特徴を紹介していきます。

MIIDASで自分の市場価値を調べてみよう

すぐに自分で探すとなると、どこから探せばいいのか?自分に合った仕事って一体なんだろう。。。と迷ってしまう人も多いと思います。そんなときMIIDASを知っていますか?
MIIDASでは自分の市場価値を登録した内容からすぐに調べることができるんです。登録方法も簡単で、選択式で自分の職務経歴や経歴スキルなどを登録するだけで自分の価値や向いている仕事をすぐに知ることができます。

MIIDASに無料登録してみる

MIIDASで診断できることは?

また登録内容を企業にも展開。あなたを欲しいと思う会社から次々にオファーがくることもあります。市場価値を知りながら、次の転職先を見つけることだってできます。
すぐに転職を考えていなくても、自分の価値や転職別、年齢別、学歴別の年収データなど転職に関する情報を知ることができ、隙間時間にもチェックすることができます。ここまですべて無料登録でできてしまうので、一度是非試してみてください。

MIIDASに無料登録してみる

人間関係を構築するのに時間がかかる

人間関係が苦手な方もきっといるでしょう。例えば、極度の人見知りであったり、人と関わるのをあまり好まない方など…。

人間関係というのは、仕事をする上でどうしても必要なことです。仕事というのは集団ですることが基本ですから、人間関係が苦手なことで集団行動も難しいとなると、日々の仕事をするにも大変になりますね。仕事そのものではなくて、人間関係が原因でストレスが溜まっていくことになるかも知れません。

ストレスを解消するため、転職してみた場合はどうでしょうか。たとえ転職をしたとしても、人間関係の悩みというのはついて回るものです。転職に逃げたとしても、人間関係の解決にはなりそうにありません。仕事そのものは特に嫌いなわけでもない、なのに働きたくない、と思ってしまう状態になりかねません。

コミュニケーションが苦手だったり、どうも職場で孤立しやすいということになると、それは仕事そのものの問題ではなく、人間関係の問題になってしまいます。

合わせて読みたい

自ら望む仕事ではない

誰もが皆、必ずしもやりたいことや目標を持っているとは限りません。仕事は生きがいではなく、生活のため、お金をかせぐツールと思って割り切っている方も多いと思います。給料や福利厚生、待遇面が良いからという理由で新しい仕事を始める人も多いのではないでしょうか?

しかし、いざ働きはじめると自分には向いていないと気づいたり、方向性が違うと分かったり、やりたくないと感じたり、急に働きたい意欲が減ってしまうことがあります。このようなタイプの人は自分がしたいことや興味のある分野を再度確認し、将来のビジョンを明確にしてから転職した方が早いこともあります。嫌々仕事を続けていても、意欲や向上心は徐々になくなってしまい、最終的には働きたくないとすら思うようになってしまいます。このように気持ちが途切れてしまうと毎日の仕事が憂鬱な作業になってしまうと思いませんか?

合わせて読みたい

仕事に関心がない

働きたくないと思っている人は仕事を無理に頑張っている人に比べて、ある意味とても自分に正直と言えるでしょう。というのも、人間誰しも働きたくないと考えています。働きたくない心理の1つに、「仕事に興味が持てない」あるいは「興味の持てる仕事がないからやりたくない」というのが挙げられます。

人は興味の持てないことを一生懸命にできない生物であり、それを仕事にするのはとても苦しいことです。それでも仕事を頑張っている人というのは、仕事に興味を持とうとしてみたり、興味のない中でも楽しみを見出そうとしてみたりといった、精神的な工夫を行うことで、何とかモチベーションを保つのが上手ということです。

そのような過程で本当に仕事を好きになる人もいるでしょう。しかし、そのような中でも、「興味を持てないものは持てないし、やりたくない」と断言するのが働きたくない人達です。彼らは仕事を頑張っている人に比べて、ある意味自分に正直に生きています。

合わせて読みたい

楽しい仕事を見つけるためにはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使ってみよう!

仕事に興味がないままであれば仕事なんてやりたくないと思ってしまうのは当然です。自分に合う仕事や楽しい仕事ができていれば、仕事にも関心がでていてプライベートも充実することだってあります。人生の中で仕事をしている時間が一番長いので、少しでも楽しい仕事に就いているほうがモチベーションもアップします。

今の仕事を辞めて新しい仕事に就くことだってよい方法です。リクナビNEXTであれば無料登録をするだけでグッドポイント診断を受けることが可能です。職務経歴やスキルを入力するだけで自分の強みを自己分析できます。すぐに転職する気はないけれど、診断だけ受けてみたい、自分の強みを活かしたいと思っている人でもすべて無料でできるのでおすすめです。

リクナビNEXTに無料登録してみる

自分に社会的な価値がないと思いこんでいる

しっかりとした自分の軸を持っている人とは逆に、頻繁に「働きたくない」と思ってしまう人もいます。自分が働く事について社会的な価値がないと思いこんでしまいます。またこのような人はネガティブな思考をしてしまう傾向にあります。仕事の面でも、ネガティブ思考ですから、働く前から「こうなったら絶対うまくいかない」と自己嫌悪になって、結局「働かない」という選択をしてしまいます。

もちろん、このような思考はコミュニケーションにも影響しているので、仲間や職場の人たちともうまくいかないだろうと考えてしまいます。「働きたくない」それはマイナスな思考から生まれてくる空想に支配されてしまい、結果働かないということもあるのです。原因としては、幼少期の経験が大きく、親や周囲の人たちに自分という存在を認めてもらい、褒めてもらうという普通なら当たり前にされたことをしてもらった経験が少ないということもあるのです。

合わせて読みたい

自分には合わないと感じてしまう

自分のやりたいことに強いこだわりを持っているあまり、入社したばかりの会社を合わないという理由ですぐに辞めてしまう人がいます。自分には合わない、価値がないという理由ですぐ捨ててしまうのはもったいないことです。自分にとってこの仕事は価値がないと思っても、その仕事を続けることによって見えている景色が変わる事があるからです。その苦労を続けて進んだ先には何か新しい宝物があるものです。

はじめは自分には価値のなく合わないと感じた、やりがいのない仕事だと思っても、それを理由にそこで辞めてしまわずに続けてみると時間が経つにつれて経験や価値が生まれることもあるものです。後から自分に仕事の力や経験が身についていると気付くこともあります。新しい仕事をはじめた時に、今までのこだわりを少し緩めて続けてみる努力してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

世の中に反抗心をいだいている

働かずに生きていけたらどんなに素晴らしいのだろうと考えている人は少なくありません。それを怠けたいから、と決めつけないで下さい。見方を変えて、社会の構造をよく考えてみて下さい。働くということは自分の時間を切り売りしているのと同じです。ただでさえ楽しい自分の時間を消費しているのに、仕事というものは楽しくないだけでなく我慢を強いられるシステムとなっています。この我慢料が給料です。上司の言う事は絶対であり服従しなくてはなりません。これは奴隷ともいえますし、拝金主義であるともいえます。

しかし人間は資本主義の中で生きながらも、人間らしく生きたいという本能を持っています。ですから、「宝くじで一等を当てて会社を辞めたい」と思っている人は決して怠け者ではないのです。資本主義の持つお金で労働者を支配する構造が、人を「働きたくない」という気持ちにさせるのです。

合わせて読みたい

経済的に不自由していない

働くことに無意味さを感じることがあります。お金に困っていない状況、つまり不自由していない生活を送っている時です。具体的に例を挙げてみると、親が金持ち、働かなくてもいいくらいの資産がある、などです。

基本的に、仕事をしている人は皆「生活するための給料がほしい」「ボーナスで欲しいものを買いたい」などの思いを持っています。出来ることなら働かずに生きていきたいと思っているのではないでしょうか。サラリーマンの生涯年収は、おおよそ3億円と言われていますが、そう易々とそのような大金は手に入りはしません。しかし逆に、手に入ってしまったのならば、大半の人は働くことを望まないでしょう。上記に挙げた「生活するための給料がほしい」「ボーナスで欲しいものを買いたい」という考えを持たなくても良くなります。働きたくないと思うのは必然のことなのではないでしょうか。

精神的に不安定

あなたは最近、不安やストレスで精神的に落ち込んでしまっていませんか。そして家に引きこもっていませんかそんな時間が続くと、行動・考えのすべてが消極的になってしまいます。そうなると当然、仕事にも行きたくなくなります。そういったときには、何かしらのストレス発散を行い、気持ちをリフレッシュさせることが大切です。

大人になって自立をすれば、自分で自分を養わなければなりません。もしあなたが働きたくないと思ってしまった時、一度自分自身が今どういった状況にあるのか、確認・見直しすると良いかもしれません。どうしてそんなネガティブな考えに陥ってしまったのか、目をそらさずに追求する必要も時にはあるでしょう。ストレスのもとを撃退すれば、きっと目の前が明るく、肩も軽くなって楽になるはずです。この機会に一度、自分と向き合ってみましょう。

合わせて読みたい

趣味などの好きなことが多い

仕事と趣味のバランスがなかなかうまくいかない事があります。それは、例えば趣味がひとつどころではなく沢山ありすぎて、どれもしっかりと趣味として成立しているもので、時間がいくらあっても足りないほどの趣味を持っているからです。

その代わり、充実度に関して言えば最高に充実しています。しかしあまりにも趣味に没頭してしまうことによって、仕事をすることの意義がわからなくなってしまうのです。趣味を充実できないのは、仕事をしている時間が邪魔していると思ってしまうのです。もちろん、働かないと収入はありません。仕事をしなければ趣味を続けることもできないのも理解はしています。でも働くということと、働きたくないといいうことが天秤にかけられて、バランスが上手に取れないで、これは縛られているのではないか?と思ってしまうことがあるようです。

自分としっかり向き合おう

こんな風に働くのが嫌でしょうがない、仕事なんてもっとやりたくない、という考えの人達にも色々と理由や考え方が有り、心理的なものも含め数多いです。こういった精神状態を自分で積極的に受け入れ、色々と考える事でこれらを打破していき、次の活路を見出す事が出来るようになると思われます。

このように良い解決策が見つかると、気持ちも良い方向に向いて精神的にも前向きになり、モチベーションも高まっておのずといろいろな事にチャレンジしたくなってきます。そうすればそのうちに仕事への意欲もきっとわいてくる事でしょう。ですから焦り過ぎずにあまり無理をしないように心がけ、自分のペースでじっくりと自分自身と向き合って、自問自答してみて己の心の奥底をきちんと理解してみる事から始めてみると、色々な事が上手くいくかもしれませんね。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧