「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくない主婦の本音。やっぱり働くことにした場合はどうすればいい?
働きたくない

働きたくない主婦の本音。やっぱり働くことにした場合はどうすればいい?

働きたくない主婦には事情がある

共働き家庭がほとんどになった昨今、まったく働いていない主婦はだんだん珍しい存在になってきました。

もちろん、「働きたくない」と思うに至った事情は、各家庭によって異なるでしょう。しかし、主婦が少数派になってきた現在では、「やっぱり今すぐ働くべき?」と思ってしまうこともありますよね。

本記事では、「他の主婦たちはどんな事情があって働きたくないと思うのか」「これから働くうえではなにを注意したらいいのか」についてお伝えします。

合わせて読みたい

働いたらどれくらいの可能性があるのか診断をしてみよう

ミイダス(MIIDAS)は、転職大手dodaでおなじみパーソルキャリア社の運営する「あなたの市場価値を見いだす転職サービス」です。年齢や学歴をアプリ上で選択していくだけで、想定年収を診断できます。働きたくなくても、あなたのキャリアと相性のいい会社と出会えさえすれば、これくらい稼げるんだと思えるかもしれません。

ミイダスでできること

  • 自分の市場価値=想定年収が簡単にわかる
  • そのままパーソルキャリアの転職サービスに登録できる
  • 書類選考をパスして次の段階に進めるオファーメールが届く

MIIDASをチェックしてみる

主婦が働きたくないと思う理由とは?

「働きたくない」という思いの中には、「本当に働かなくていい」「働いても無駄なので働きたくなくなってしまった」など、さまざまな事情が含まれています。そんな主婦たちの抱える事情のうちいくつかをご紹介します。

主婦でなかったとしても別に働きたくない

主婦

会社勤めはもう懲りた

★★★★★★★★★★3

結婚前に働いていた企業がブラック気味で、もうすっかり働くのが嫌になりました。いざ主婦になったら暇でまた働きたくなるかなと思っていましたが、今のところは暇でも意外と苦になりません。このまま働かずにいたいです。

主婦だからどうとかではなく、別に結婚していなくとも、働かなくていいなら働きたくないと思っている人はいます。特にやることがなくとも苦にならないタイプの人です。

あまりに無職の期間が続くと、「さすがに少しは働かないと落ち着かない」「社会貢献しないと生きている意義がない」と思ってしまうような人もいますが、特にそういう危機感に惑わされないマイペースな人は、主婦か独身かに関わらず、働く意思がわかないものです。

合わせて読みたい

夫の稼ぎで十分なので働く必要がない

主婦

夫の理解があるので不自由はない

★★★★★★★★★★3

都心で大病院に勤めていた夫が、地元で開業したいというので賛成してついてきました。大病院の頃より収入が増えて、夫もストレスが減ったせいか考え方が穏やかになり、私がずっと主婦でいても特に文句を言ったりしません。

夫の収入だけで充分暮らしていける場合は、わざわざ働きたくないと思うのももっともです。特に、夫側も特に働いてほしいと思っていないならなおさらですね。

夫から、自由に使えるお小遣いをもらえていれば、さらに働く理由はなくなります

ただしこの場合、かなり恵まれた環境にいることは日頃から自覚しておきましょう。いざというときのために自分用の貯金は持っておく、万が一の場合に備えて夫の保険の内容を確認しておく、など、夫に頼れなくなった事態に備えておくべきです。

また、自分が働かなくてもいいほど恵まれている旨は、主婦仲間やママ友などの他人にわざわざ言う必要はありません。

夫や子供関係の人づきあいがストレスになる

主婦

職場でもママ友付き合いするのは苦痛

★★★★★★★★★★3

なんとなくパート先に選んだショッピングモールが、学区内では人気のパート先だったようで、同僚が子供と同じ小学校のママばかりでした。自分の働きぶりを見られるのは気まずいし、誘いも断りにくいのでもう辞めたいです。

結婚していると、自分ひとりで好き勝手に働くわけにはいきません。特に狭い地域の中や、夫も自分も近所で働いているという場合は、職場でも「○○さんの奥さん」「○○ちゃんのママ」という肩書がつきまとうものです。

独り身なら断れる仕事や行事も、職場で家族構成などの素性がばれていると、断りにくくなることがあります。

このように、結婚しているからこそ人間関係が面倒になり、働きたくないと思ってしまうのは仕方がないことです。

合わせて読みたい

家事や育児だけで精一杯

主婦

子供が小さいと働くどころではない

★★★★★★★★★★3

子供を預けられるといっても16時くらいまでなので、その時間で終わる仕事を探すのがまず難しかったです。夕方から子供を見つつ家事をすると目が回りそう。夫は働くことに賛成していたくせに、夕飯が手抜きになったり掃除がおろそかになったことに文句を言いだしたので、喧嘩になりました。

仕事が嫌いというわけではないけども、育児や家事をしっかりやろうとすると働くどころではないという場合もあります。これが最も多い理由かもしれません。

世の中では、男女が公平に家事や育児を分担する風潮になってきてはいますが、やはり女性は出産でどうしても仕事のできない時期があり、その後は「家にいるから」というだけで否応なく家事・育児のメイン担当になってしまいがちです。

少し余裕が出てきて、夫と家事や育児を分担しようと思っても、そのやり方で夫と気が合わなかったり、夫のほうも不慣れで充分だったりすると、結局「自分が家事と育児に専念したほうがいい」と思ってしまうものです。

子供を預けられない

主婦

仕事を辞めるしかなかった

★★★★★★★★★★3

私も夫も両親が遠くに住んでいるので、子供が病気になったら会社を休まなければいけません。女性の少ない会社なので時短勤務などの制度もなく、すぐに有給を使い切って基本給が容赦なく削られていきました。大企業だったらもっと子持ち社員が多くて理解もあったかもしれません。

小さな子どもの預け先がなくて働けないのは、多くの親が抱えている問題です。しかも、保育園や幼稚園に入れることができても、まだ免疫力の低い子供はしょっちゅう病院のお世話になるため、親はその都度仕事を休まなければいけません。

会社が子持ち社員に理解がないと、だんだん居づらくなって退職するはめになり、そのまま「働きたくない」「どうせ働いても迷惑をかける」とネガティブ思考になったまま、主婦におさまってしまいます。

また、保育園には入れる状況であっても、「子供が小さいうちは一緒にいたい」「地域の治安が悪いので園に入れたくない」「義母などを信頼できず預けたくない」などの理由で、働かず子供優先にしている主婦もいます。

働いてもすぐ転勤になってしまう

主婦

僻地への転勤があると大変

★★★★★★★★★★3

自分で望んで夫の転勤についてきたとはいえ、僻地では思った以上に働き口がなくて困りました。医療事務の仕事に応募したら、患者さんの話す方言が聞き取れないだろうということで不採用。決して家計が楽なわけではないので、働きたいんですが、もう就職活動をする気がなくなってきました。

転勤族の妻は大変です。働く意思があっても、面接ではじめから「転勤族は採らない」と言われてしまったり、働き始めてもその土地の事情がわからず馴染めなかったり……。どこに行っても「よそ者」になってしまうので、働くのをあきらめてしまう気持ちにもなります。

さらに子供がいると転校が伴い、数年で違う環境に移ることを強いてしまいます。それならせめて母親だけはいつも家にいて、整った安心な家庭環境を子供に与えたいと思うものです。

ただし転勤族の中には、全国チェーンの店舗に事情を話したうえで働き、転勤のたびに籍だけ別店舗に移してもらうなど、要領の良いパート主婦もいます。

働くと噂になるので面倒

主婦

みんなが私のことを知っている

★★★★★★★★★★3

多くの人に名前を知られる仕事に就いている夫。苗字が少し珍しいので、私も「○○さんの奥さん」とすぐばれてしまいます。後ろめたいことは何もしていないのですが、こういう環境で働きに出るのは抵抗があるので働きたくありません。

夫が医者や士業などで開業していたり、名前が知られていたりすると、妻は働く場所がかなり限られます。少なくとも家の近くでは働きにくくなります。

働いたとしても、夫の仕事に支障が出ないように気を使わなければいけませんし、選ぶ職業によっては「○○さんの奥さんはあんなところで働いている」と言われたりします

そういうわずらわしさを避けてまで働こうとすると、通勤時間を長くして遠い街に出たり、本来不要な苦労をすることになります。それだったら働きたくない、と思ってしまうのは仕方がありません。

趣味に時間や労力を費やしたい

主婦

いつか自宅サロンをやりたい

★★★★★★★★★★3

以前は美容師をしていて、結婚してすぐ妊娠したので主婦になりました。子供も小学校高学年になったので働きに出ることもできますが、ネイルサロンをやりたいので家で自分で勉強しています。趣味を仕事にするには、専業主婦でいることを許されている今がチャンスだと思っています。

専業主婦でいると、あいた時間を趣味に使うことができます。やりたいことがあれば、それに合わせて時間をやりくりできるのです。家事の手を抜く、食事の支度を前もって終わらせておく、外出の用事をずらすなど、自分が使いたい時間を使いたい時に作ることができます。

趣味に重きを置いている人の場合は、このような主婦の立場を捨てたくはないでしょう。趣味に打ち込む姿勢に夫が賛成してくれているのであれば、このまま趣味を極めるのも一つの方法です。いつかそれが仕事になるかもしれません。

働きたくない主婦が働くことを決めた理由は?

働きたくない主婦でも、やっぱり考え直して働き始めることがあります。一番の理由は金銭的な問題ですが、それだけではありません。ここでは、みんながどんな理由で働き始めたのかをご紹介します。

家計の足しにしたい

家計が常に赤字だというわけではないけども、子供が大きくなるにつれて幼稚園、学校の学費、制服、クラブでの道具や遠征費用、習い事や塾の月謝など、出費がかさむからその足しにしたくて働くという場合もあります。

子供が大きくなって出費がかさむようになったからと言って、旦那さんの給料が比例して増えるということはありませんよね。今の生活レベルは下げたくない、でも出費は増える一方となれば自分が働くという選択肢しかなくなります。

収入に応じて今の生活レベルを上げるのは簡単ですが、出費が増えたからと言って今の生活レベルを下げることは難しいです。そうなると収入を増やさないと今の生活レベルを維持することすらできません。

自分で使えるお小遣いがほしい

主婦には自分の収入がないわけですから、自由に使えるお小遣いもありません。独身時代貯めておいた貯金はあっても、それを使ってしまっては何かあった時に困ります。

夫から小遣い制でいくらかもらっている家庭が多く、必要なものがある時に夫に言うことにしている場合もあるようですが、やはり自分で完全に自由になるお金がないというのはストレスになるものです。

そのため、夫の許可なく自由に使えるお金がほしいという理由で働き始める人は多いです。

社会に参加したい

結婚して家事に育児にがんばってはいるし、ママ友との付き合いや近所付き合いもしているけれど、家庭に入ったことによって社会との繋がりが途切れてしまったと感じる人も少なからずいます。

家族は大切だし家族のために尽くしたいと思っているのに、何か満たされないし物足りない。○○さんの奥さん、○○ちゃん・○○くんのお母さんと呼ばれることがほとんどで、自分の名前を呼ばれることが少なくなり、自分個人を見てもらえないという精神的な不安がついて回ります。

休みのない育児や家事をこなしても誰も褒めてくれず、育児は気が休まる時がなく、それでも誰にも評価してもらえないという精神的な辛さが社会との繋がりを求めてしまい、社会に出てバリバリ働いて自分個人を認めてもらいたいという気持ちが強くなります。

合わせて読みたい

老後の貯蓄がほしい

今のご時世本当にきちんと年金が支払われるのか不安で、元気なうちに少しでも貯蓄しておきたいから働くという場合もあります。定年になってから年金が受け取れるまでの間の生活費が不安だと思う人も少なくありません。

子供が成人した、独立したなどで手が離れ、時間を持て余すようになったから働く主婦もいます。それまでは家庭に入って家事や育児をがんばったのだから、自分がやりたいことをやるために働くのです。

定年後の旦那さんとふたりで家にいると息が詰まるため、熟年離婚を考えているから経済的に自立するためなど、ライフスタイルの変化によっても働きたくないと思う主婦が働く理由はあります。

主婦にとっての無理のない働き方とは?

子育てをしながら働くには、働く時間や家庭とのバランスが大切になります。子供が小さいと、熱を出したから、けがをしたからと迎えに行かないといけないこともあります。どういった働き方があるのか解説します。

パートとして限られた時間で働く

フルタイムではなく午前中のみ、幼稚園や学校が終わるまで、午後から夕方まで、ランチタイムのみなど、主婦が働きやすい時間帯の求人が多いのがパートの特徴です。企業側も主婦向けに求人を出しているので、自分が働きたい時間帯が選べるでしょう。

この曜日はこの時間帯といったように、曜日と時間をバラバラに調整したいわけではなく、曜日よりも時間帯を重視したい人はパートが向いています。主婦向けの求人が多いだけあって、子供の急病やケガなどにも柔軟に対応してくれる場合があります。

子育て経験者のパート・アルバイトはジョブメドレーで探そう

ジョブメドレーは、医療・介護・保育分野の情報が集まる日本最大級の求人サイト。「資格を生かして仕事に復帰したい」「子育て経験を生かして新しいことを始めたい」という主婦の方には、きっと合う仕事があるはずです。未経験可の求人ももちろんあります。

ジョブメドレーをチェック

時短OKの契約社員として働く

企業によっては、社員でも時間を短くして働くことができることもあります。社員がいいけど子供のお迎えがあるから時間だけ短く、自分の時間も大切にしたいから週4日以内で、家庭のことをきちんとこなしたいから残業なしなど、それぞれに合った条件や環境を作ってくれて、家庭と仕事の両立をサポートしてくれるサービスもあります。

忙しいとついつい自分のことは後回しになってしまいますが、健康診断や歯科検診を受けることができるなど嬉しい制度もあります。

時短の仕事は派遣Styleで探そう

派遣Styleは、さまざまな雇用形態の求人を取り扱いつつも、派遣社員が中心という求人サイト。「短時間(4時間以内)勤務OK」「週3日以内勤務」「扶養控除内」「10時以降出社OK」「残業なし」など、子育てしながら働きたいという女性の希望が叶います。

派遣Styleをチェック

女性に理解のある職場で正社員として働く

結婚前にバリバリ働いていたという人は、一時期働きたくなくて主婦でいたとしても、いざ復帰するならやっぱり正社員になりたいと思うでしょう。キャリアや資格に自信があるならなおさらです。

「結婚しているから」「子供がいるから」というだけの理由で、キャリアのある女性が正社員になれないのは日本社会のおかしな点です。しかしそんな中でも、女性のライフスタイルに理解のある会社は探せばあります

女性向け転職エージェントや口コミサイトなどをフル活用して、女性が働きやすい職場を探し、いつまでも主婦でいるにはもったいない自分の実力を存分にアピールしましょう。

女性の働きやすい会社はリブズキャリアで見つけよう

「リブズキャリア」は、キャリアのある女性と、女性を積極採用している企業をマッチングしてくれる転職支援サービスです。

通常、「女性を積極採用」と言ってはいても、ひとつの求人に男女両方から応募があったら、男性のほうを採用する企業が多いものですが、リブズキャリアはそうではありません。特に女性を採用したい理由があって、女性のキャリアアップを応援している企業が集まっています。

登録しておくと、エージェントからスカウトの連絡が来て、思わぬ企業との出会いがあるかもしれません。

主婦が仕事を選ぶときに押さえておきたい条件

主婦としてしばらく過ごしていると、急に社会に復帰してもうまくいかないことがしばしばあります。ここでは、働く気にはなったけれどやっぱり自信のない人に向けて、主婦が仕事を選ぶときのポイントをお伝えします。

肉体労働が少ない

主婦の運動量はそう多くありません。子育て中は子供を抱えてよく動き、それなりの運動量も確保されていますが、家から出ない日も多いので、やはり運動量は少なめだといえるでしょう。いきなり肉体労働を始めるのはやめたほうが賢明です。

また、産後にきちんとケアをしないと、骨盤が緩んだままうまく治らず、腰痛など慢性的な痛みを抱えてしまうこともあります。自分の腰回りに自信がなければ、長時間の立ち仕事なども避けるべきです。

普段やらないことを始めて生活パターンも変わるのだから、ちょっとでも無理そうかなと思う部分があるのなら一度それは置いておいて、別の求人を見てみましょう。

合わせて読みたい

人と接することが少ない

家族以外とあまり話さない生活が長かった場合は、自分では気づいていなくともコミュニケーション能力が低下しているものです。

相手が自分を許容してくれる前提で会話をしていたり、話題がテレビ由来のものしかなかったりと、なんとなく「会話が下手」なことが周りにわかってしまいます。

さらに、もともと人付き合いが苦手な場合は、急にコミュニケーションを要する仕事に就くとうまくいかないことが多くて、いっそうイライラしてしまうでしょう。

そういう人に適している職業として、工場のラインスタッフがあります。他の人と一緒に仕事をすることがあっても、コミュニケーションの必要はあまりありません。

工場での仕事は工場ワークスで探してみよう

工場ワークスはその名の通り、全国の工場でのお仕事を専門に検索できるサイトです。求人件数は常時2万5000~3万件で、幅広い条件のお仕事を選べます。

女性向けの、力のいらない軽作業も多いです。特に食品系の工場はスタッフの半分以上が女性です。近所に求人があるかどうか、ぜひチェックしてみてください。
工場ワークスをチェックしてみる

合わせて読みたい

精神的苦痛・負担がない

家事や育児は忙しく、心の余裕がなくなるのでイライラがつきものです。そんな中で、仕事でもイライラしていては、いつかもたなくなる時が来るでしょう。

人によって精神的に苦痛だと思う事柄は違いますが、ここはぜひ自分の苦手なことはなにかを一度自己分析して、負担がない仕事を選びましょう。

人付き合いが嫌なのに人とのコミュニケーションが必須の仕事を選ぶ、じっと座ってるのが苦手なのに事務仕事を選ぶ、動くことが嫌いなのに清掃の仕事を選ぶなど、時間帯や条件だけで選ぶと後々続けていけなくなってしまいます。

それでも我慢のし過ぎは体を壊します。それで働けなくなって家事も育児もできなくなっては元も子もなくなってしまうので、自分にできそうか、長くやっていけそうか、少し時間をあけてもう一度考えてみましょう。

合わせて読みたい

家でもできる

仕事はしたいけれど外で働くのは都合が悪いという場合は、クラウドソーシングなど、外に出なくてもできる在宅作業を選ぶといいでしょう。

クラウドソーシングでは、システムやアプリの開発、ホームページ制作、デザイン、翻訳・通訳など資格や知識が必要なものから、簡単なアンケートやブログ記事の執筆、ドラマや漫画を読んだ感想文、化粧品などのレビュー投稿など誰でもできるまで幅広く揃っています。

PCがなくとも、スマホだけでできるものもあり、始めるハードルはとても低いです。

主婦向けの在宅ワークはクラウドワークスで探そう

「クラウドワークス」では、特別なスキルがなくともPCひとつでできる在宅ワークが多数見つかるので、今すぐ在宅ワークをしてみたい主婦にはぴったりです。さまざまな仕事の中から、自分にできそうな仕事を検索して応募するだけなので、仕事を始めるのも簡単です。

もちろん、デザインやプログラミングなど、専門性の高い仕事ができる場合は、報酬もそれだけ高くなります。
クラウドワークスをチェックしてみる

合わせて読みたい

働くならまずは無理のない仕事を選ぼう

働きたくない主婦にもさまざまな事情があります。それでも働くことに決めたのなら、まずは自分が何を優先し、これからどうなっていきたいのかを考えたうえで、無理のない仕事を始めましょう。

また、主婦をやめて働くと決めたのなら、行動は早いほうがいいです。自分ではまともに生きてきたつもりでも、「ずっと働かずに主婦でいた人」への世間の目は厳しいのです。いざ仕事を始めてみると、しばらく社会に出ていなかったゆえの問題に気づくかもしれません。

家族の理解を得た上で、納得のいく働き方ができるよう、自己分析はしっかりしておきましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧