「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくない病とは?働きたくない原因とリフレッシュのための3つの方法
働きたくない

働きたくない病とは?働きたくない原因とリフレッシュのための3つの方法

働きたくない病は誰でもなりうるもの

会社に勤めていれば、だれしも「働きたくない」「仕事が嫌だな」と思うことは感じたことはあるはずです。働きたくなくても社会人としてさぼったり、急に休んだりできないのは現状です。働きたくないと心で思っていれば思うほど少しずつ体にも心にも負担が増えてきて、気持ちが常に重くなってしまう。そんな人は「働きたくない病」に邪魔をされているかもしれません。

そんなつらい気持ちから早く抜け出すために、働きたくない病になってしまう原因や特徴を把握して気持ちが前向きになるように解決策を学んでいきましょう。

合わせて読みたい

働きたくないな…と思ったら診断で気分転換してみよう


ミイダス(MIIDAS)は、アプリで簡単な質問に答えていくだけで、自分の市場価値=想定年収がわかるサービス。この年齢・学歴・経歴なら本来どれくらい稼げるのかが、気分転換がてらすぐわかります。良い会社との出会いさえあればこんな年収も夢ではない、と思うと、もう少し頑張ってみようと思えるかもしれません。

ミイダスでできること

  • アプリで質問に答えていくと自分の想定年収がわかる
  • 転職サービスへの登録がシームレスにできる
  • 登録しておけば企業からのスカウトメールが届くことがある

働きたくないと思う理由と、働きたくない人の特徴

働きたくないなあ・・・と感じたり、楽して稼ぎたい!とみんな一度でも考えたことはありますよね?ニートになりたい!とか言っていても、結局はローンなどあって働かなくてはいけない始末。。。道端にお金落ちてないかな、宝くじで1億円当たればいいなとか、空からお金降ってこないかなぁとか、お友達と笑いながらおしゃべりしたこともあるはずです。

月曜日朝の憂鬱な気持ちや、なにもないのに仕事ってだけで落ち込んでいたり、職場の人間関係に疲れてしまったり、そのことで仕事に対して憂鬱に感じたりしてしまうときは誰にでもあります。ここでは、そんな働きたくないなぁ・・・と常日頃思っている方向け、どうしてそう感じてしまうのか。働きたくないと思ってる気持ち整理し、働くって楽しいに変えてみましょう。

今の会社で働きたくないだけかも?「転職力診断」を試してみよう

働きたくないという気持ちの正体はなんでしょうか。もしかしたら、仕事自体が嫌になってしまったのではなくて、「今の仕事内容」「今の会社」が嫌なだけかもしれません。そんなときは「転職力診断」で自分を見つめ直し、環境を変えることも考えてみましょう

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断の提供元は、山手線の車内広告などでもおなじみの転職サイト「type」です。エージェント監修にもとづいた客観的な診断で自分を見つめ直せば、新たな仕事への希望もわいてくるかもしれません。

合わせて読みたい

自分の仕事に自信がもてない

人の役に立つ自信がない、仕事に自信が持てないなどの理由で働く意欲が持てず、積極的に仕事に向き合えないことがありますよね。自信を失うことで、働くということに消極的になってしまうこともあります。

自分は会社の役に立っているのか?失敗したらどうしよう・・・など自分の仕事に対して常に不安を持ちながら作業をしていると気持ち的にも沈んでしまい、不のサイクルに陥ってしまいます。
まずは自分にとって負担の少ない仕事や、精神的ストレスのかからない気軽な仕事に就き、仕事への意欲や自信を取り戻しませんか。自身への負荷を減らし、自分を見つめ直す時間と機会を作りましょう。そうすることで、自身の長所を再発見でき、得意分野で自分の本領を発揮させることができるはずです。

合わせて読みたい

職場の人間関係がよくない

仕事でも、たとえ学校や友達同士でも人間関係が悪いことだけでやる気を落とす大きな原因の一つです。仕事内容自体は嫌いじゃない、でも職場に行くと孤立してしまう・社内の雰囲気が良くない・周りに溶け込めないなど間接的に仕事自体も嫌いになってしまいやすいのです。

やりたい仕事に就いているのに人間関係で自分の将来が変わってしまうのはとてももったいないことです。自分は自分と気持ちを強く持って人間関係を気にしない・仕事は仕事と割り切ることも大切です。

合わせて読みたい

想像していた仕事内容と違いやりがいがない

周りの友達や同期は自分のやりたいことを仕事にしていて毎日楽しそうに働いている。反対に自分は仕事合わない・やりたいと思っていた仕事と違っていたと感じてしまうと、働きたくないという気持ちが高まってしまう可能性があります。

仕事内容が合わなかったり、最初の段階で不平不満が募ってしまうと、絶対と言っていいほど毎日朝起きたとき、お天気が良い日でも卑屈になってこんなに天気がいいのに、今日も仕事か・・・と気持ちが憂鬱になってしまいもやもやと、ストレスを抱えてしまいます。

合わせて読みたい

正当に評価してもらえない

仕事のストレスや働く意欲が低下して働きたくないと感じている人は、会社または上司から適正な評価を受けていない可能性があります。毎日きちんと働いていても、上司から正当な評価を受けていないと段々働く意欲が低下し、心身の健康をも損なう恐れがあります。

仕事に対する意欲を失ってしまう前に自分の身を案じて、適正な評価をしてくれる会社に転職するのも1つの選択肢です。暇で楽な仕事に転職して自分の心身の健康を大切にし、仕事の意欲を再確認するのもいいでしょう。環境の変化により仕事に対するモチベーションや仕事に対する意識なども変わってくるので、今いる状況を改めて見つめなおして考えることも必要です。

選択するのは自分自身であり、縛られる必要はありません。仕事に対する意欲が低下してしまう前に、早めに転職を考えてみるのもいいかもしれません。

合わせて読みたい

無気力な状態になってしまう

あなたの趣味はなんでしょうか。読書、映画鑑賞、ランニング、カラオケ、寝ることなど人それぞれあると思います。あなたがその趣味をするときは、もちろんやる気が出ていることでしょう。では、同様に仕事に対してもやる気が出ているでしょうか。

もしかしたら、仕事に対してだけはやる気がどうにも出なかったり、無気力に感じたりしていませんか。仕事へのモチベーションがどうにも維持できなくなっていたりしないでしょうか。もしそうだったら「働きたくない病」になっているかもしれません。

合わせて読みたい

生活リズムを上手く合わせる事ができない

仕事によって勤務時間は変わってきますが、朝なかなか起きれない人が朝の早い時間帯から勤務しなければならない仕事に就職した人、夜の睡眠時間が普段早い方も同様に夜から朝にかけて仕事を行う夜勤の仕事に就職した人、人にはそれぞれ生活リズムがあったり人に合う仕事内容もそれぞれあります。

その人の生活リズムやその人に向いている仕事内容に適応していない仕事を選んでしまうと、毎日の仕事がその人にとってストレスとなってしまい毎日徐々に溜まっていくストレスや疲労感に対して辛い思いをすることになってしまいます。その積み重ねによって、働きたくない病というものになってしまいその仕事に対する嫌悪感を抱くことで仕事をサボりたいと思うようになり仕事を休むようになってしまったり、退職に繋がってしまうことになるのです。

合わせて読みたい

そもそも働きたくないという考えが強い

あなたは働くことに対して、こんな疑問を考えることがありませんか。

「毎日あくせく働くよりも、実は生活保護を受けた方が得なのではないか」
「会社で働いても、ただ経営者に駒のように扱われているだけなのではないか」

働く時にこんな気持ちで毎日いたとしたら、仕事に対するやる気はなくなるでしょう。
また、働く意味もない、とまで思うことにもなりかねないですね。もしあなたがこういう考え方をしていて、働くことに疑問を感じてしまっているのなら、少し距離を置いて考えなおしてみることをおすすめします。あなたにとっての働くということの目的、役割などを改めて確認してみてください。

もしその結果、働くことに対してどうしても疑問が残るのであれば、それはそれであなたには正しい答えなのかも知れません。
おもいきって転職を視野に入れてみることも大切です。世の中には楽しく、または楽な仕事も多くあるかもしれません。

合わせて読みたい

働きたくないと感じる気持ちを克服する方法

働きたくないと思う原因や特徴はだれしも思うことや仕事をしていると当たり前なことかもしれません。しかしその当たり前のことが日々募ってしまうことで「働きたくない病」を引き起こしてしまうのです。そうはいっても働きたくないとずっと思っていても生活していく上では働かないと生きていけません。どうすれば働きたくないと思う気持ちを克服できるのでしょうか。

ここからは少しでも気持ちを回復させる改善方法や気持ちを切り替える方法を見ていきましょう。

合わせて読みたい

仕事のことを一度忘れて気持ちを楽にしてみる

仕事のことばかり毎日考えていれば、悩みが常に増えてくるものです。一度仕事のことを忘れて気持ちをリフレッシュさせることが一番大切です。

自分の趣味に没頭してみる・趣味がなければ趣味になるような好きなことを見つけたり、仕事以外のことに集中することで気持ちが明るくなります。趣味が見つかれば、次の休みに趣味の出来事をするまで頑張ろうと目標を持つこともできます。何かしらの目標やゴールを立てる事で仕事も前向きにできるようになるかもしれません。

合わせて読みたい

会社に関係ない友人や家族と会う

仕事に関わっている人と会うと嫌でも会社のことや仕事のことを思い出してしまいますよね。そんな時はなるべく会社に関係ない人に会って話をするだけでも気持ちがリフレッシュされます。

たわいもない話をしたり、時には仕事の相談をしてみたり、あなたの環境を知らない人からの意見は何かしらのヒントを与えてくれるはずです。気持ちを和らげるには人とコミュニケーションを取るだけで変化してくのでとてもおすすめです。

合わせて読みたい

他の企業や会社の話を聞いてみる

自分が働きたくないと思っているのが仕事の内容や会社の雰囲気なのであれば、一番効果のある方法です。会社はひとつだけではありません。自分にあった仕事や企業は絶対にあるはずです。転職という言葉を聞くと気が重くなるかもしれませんが、将来を考えて自分が好きな仕事をしているときを想像してみてください。ここで我慢するよりも自分のやりたいことを早くやって楽しい毎日を過ごしたほうが自分のためでもあります。

転職エージェントに話を聞いてもらうだけでも気分も一気に変わります。

合わせて読みたい

働きたくないと思う原因に向き合ってみよう

一昔前の風潮では会社は我慢して働く場所という考えが根強くあり、辛くても苦しくても嫌でも我慢して働いてやっと一人前になると思われていました。その風潮が今の若者には合わないのです。世の中ゆとり世代と呼ばれるような嫌な事、苦し事に耐えれない若者が多く、ほんの少しでも嫌な事があるとすぐに仕事を辞めてしまう場合が多いのです。管理職の立場にある人は、そういうのを見越して若者と接しなければいけません。もちろん若者も色々な事に耐える努力をしなければいけません。

今の仕事は心から楽しめていますか?やりがいを感じていますか?一度きりの人生をうつ病で棒に振ってはもったいないです。やりたいことを見つけて頑張りましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧