1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 働きたくない
  4. 働きたくないと感じてしまう原因と12個の対処法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

働きたくない

働きたくないと感じてしまう原因と12個の対処法

なぜ働きたくないのか原因を考える

仕事は1日の1/3の以上の時間を使います。仕事をしている時間は、自分が評価される時間であり、輝ける時間でもあり、何より生活する為の賃金を得る為の時間でもあります。仕事が上手くいっている時は不思議と私生活まで上手く行きます。まさに充実した人生だと言えるでしょう。

しかし、長い人生の中で、仕事が上手く行かない時期も多くの人が体験するでしょう。仕事が上手く行かない時は、イライラしてつい家族に当たってしまったり、お酒を飲み過ぎてしまったりする時もあるかもしれません。働きたく無くなっても、1日の1/3以上の時間を使い、やらないといけないのが仕事。人生の多くを費やす仕事働きたく無いと思いながら会社に行くのは非常に辛いことです。では、なぜ働きたくないのか?その原因が明確に分かれば問題は解決されるでしょう。そこで働きたくない原因をお伝えします。早期に解決し、輝ける毎日にする為のヒントにして下さい。

合わせて読みたい

仕事が思い通りにいかない

自分ではとても良い案だと思ったのに不採用となったり、良い意見が受け入れられない場面ではついつい思い通りにいかない、と働きたくないと考えてしまいます。しかし、少し立ち止まって自棄になる前になぜうまくいかなかったかを考えてみるのは自分のアイデアを精錬するのに役立ちます。自分の意見を徹底的に見直し、既出のものでないか、身近にもっと優れた人たちから学べることがないか、謙虚になってみませんか。

どんなに優れた画家や研究者でも、何かを生み出す前には過去の作品やアイデアを模倣することから始まります。これは誰しもが経ていくステップです。基礎能力に磨きをかけてこそ独自のアイデアは光り輝くものになるのです。プアなイノベーションより、優れたイミテーションを。ここから全ては始まる事を忘れさえしなければ自分の意見は自然とより良いものとなるでしょう。

嫌々仕事をしている

あなたは「自分が本当にやりたい仕事」をしていますか。現状仕事に対して「面白くない」と感じている方、「この会社しか内定がもらえなかったから」「本意とは違い仕方なく入社したから」という理由をつけて、そこで止まってはいませんか。しかし、「やりたい仕事イコール面白い」とは決して限らないのです。

どんな仕事をしていても、面白いところ、面白くないところはあります。「面白くない」仕事をしている方へ。例えば毎日決められた手順で行われる業務でも、質を高める為に効率化を目指して取り組み、成功した場合はどうでしょう。自己満足の域だとしても、喜びを感じ、そこで初めて見えてくるものがあるのではないでしょうか。このように、「目の前の仕事」に真剣に、本気で取り組むことこそ、仕事の面白さを実感するために必要なのではないでしょうか。

合わせて読みたい

環境や給与に納得していない

給料が満足出来ない、過労が溜まっている、残業ばかりさせられる、なかなか居心地の良い職場環境を見つけるのは大変です。また、労働基準法を違反している企業が過半数を占めていてるのが現状だそうです。残業代が支払われない、有給休暇をとらさせてもらえないなどはありませんか?このように、労働条件が守られていない場合は、労働基準監督署に相談してみましょう。

ただし、労働基準監督署は労働基準法や労働安全法についてのみ相談を受け付けています。労働基準法に基づかない不満は、別の機関に相談してください。例えば、職場内でのいじめや退職勧奨などは労働基準法には当てはまりません。もし職場のいじめや退職勧奨が原因で悩んでいるのであれば、労働組合や他の機関に相談して下さい。相談機関を上手に使用し、法令違反している企業を無くしていきましょう。

合わせて読みたい

逃げぐせがある

ピンチはチャンスという言葉は誰でも聞いたことがあると思います。例えば、苦手な部署への異動で環境が変わり、仕事へのモチベーションが失われてしまうことがあったとします。やりたくない仕事、苦手な上司のいる職場など、悩み始めればキリがないでしょう。ですが出社したくないと思い詰めてしまう前に、思考を切り替え、ポジティブに考えることでチャンスを掴み取ることができるかもしれません。

やる気がでないからと言って仕事の手を抜けば、そこで評価が下がりお終いです。どのような職場であっても頑張り、努力を怠らない人が損をすることはありません。やる気を忘れず職場の人を大切にしていれば、必ず誰かが評価をしてくれるでしょう。また、慣れない環境に負けず仕事に打ち込むことで、精神的に鍛えられより良い仕事につなげることもできます。大切なのはどんな環境でも前向きに仕事に励むこと。ポジティブに仕事に打ち込みましょう。

目標がない

あなたは今の生活・収入に満足していますか。

『自分・家族が困らなければ…』
『年収400万でも十分満足』と思っている方はたくさんいるでしょう。

けど、それだとこの先生きていくため、働くための意欲として、すごく弱いものになります。そこで昔の人の名言を一つ。

『貧しいことは恥ではない。だが、貧しさに安住することは恥である。』(ペリクレス)と言っています。ほんのすこしだけ目的・仕事への欲たかめていきていきませんか。
『年収2000万稼ぎたい人』・『年収500万いけばいいかなっていう人』で、例え同じ収入でも、目的到達への意欲や、今後活かせるような様々な分野での勉強で、行動の違いがみえてくるでしょう。自分を高められるのも、自分の欲のみなのです。弱腰な姿勢はやめて少しばかり欲を開放してがんばってみませんか。

合わせて読みたい

仕事で取り返しのつかないミスをした

あなたは仕事で重大な失敗をしてしまいました。先方とは契約ができず、今後のお付き合いも出来ません。発注数を間違えたため、会社にも多額の損失を出すことになりました。上司からは激しく叱責されます。

これは誰もが社会で働いている中で「取引」を行なう場合、起こり得ることのひとつであります。しかしこの様なことで、仕事をクビになったり、ましてや、命を脅かされることはありません。最近では、従業員を大切にしない会社が増えてきているといいます。しかし、従業員が犯罪を犯しているなど、よほどの事情がない限り解雇される場合もほとんどありません。重大な失敗をした上に、上司から責められたとなれば、仕事をするやる気がなくなるのも分かります。そう言うときは、無理矢理立ち直ろうとするのではなく、時が過ぎるのを待つのもいいかもしれません。時間が解決してくれることもあるのです。

合わせて読みたい

基本ができていない

あなたは当たり前のマナーや礼儀を当たり前にできますか?人とすれ違ったら挨拶をする。何かやってもらったらお礼を言う。悪いことしたら自ら謝る。嘘をつかない。チームワークを大切に、仲間はずれをしない。などが挙げられます。

仕事以前に、素直にこのようなことができる社会人が減ってきたように感じられます。この会社は礼儀作法に厳しく、チェックが細かいから嫌だという声をたまに耳にします。ですが、子供の頃を思い出して下さい。両親や先生から礼儀について教えてもらいませんでしたか?あなたは教えてもらった内容を素直に実行し、生活をしていたはずです。大人になると幼いころに学んだ大切なことを忘れがちです。仕事の基礎はすでに幼少期に教わっています。それを大人になってから素直にできるかが大切なのです。小さい頃学んだことを、大人になっても当たり前にできるようになると、仕事に対する意識が変わってくるでしょう。

合わせて読みたい

良い習慣がない

よい習慣は才能を超えます。「自分はこの仕事に向いてない」と感じる時がありますか?仕事の種類に関わらず共通していえることがあります。それは、仕事で能力を発揮し、評価されている人たち全員が才能やセンスに満ち溢れているとはいえないということです。もしかしたらその人達も以前はあなたと一緒で「向いていないのかも」と思っていた頃があったかもしれません。

彼らを変えたのは習慣です。それも「よい習慣」です。今の自分に満足していない方や今よりも高い評価を受けたい、受けてもいいはずだと思っているかたへお伝えしたいです。例えば、朝活をしたり、言われる前に動いておく「一歩先の行動」の習慣を身に付けることによってライバルとの差をグングン縮め、いずれ追い越せると伝えています。よい習慣は才能を越えた結果に導きます。

合わせて読みたい

失敗の経験が少ない

失敗は成功への1番の近道が、誰も進んでしたくないでしょう。ですが、失敗した経験を生かせば成功する以上に多くのことを学べます。まずはどんなことにも挑戦する姿勢が大切です。自分にはできないと感じてもチャレンジしてみましょう。やらずに逃げてしまうのは損です。そして失敗します。その失敗をただ受け止めるのではなく、何故失敗したのか、どうすれば良かったのか徹底的に原因究明を行います。この原因究明は特に大切です。

自身で考えても原因が分からなければ、周りの人にも声をかけ一緒に考えてもらいましょう。いくつか要因の候補をあげ、じっくりとあぶり出していくのも良いかもしれません。次に同じことを繰り返さないように徹底して考えるのです。そして再び怖がらずに挑戦します。一度失敗をすると挑戦する意欲を失う人がいますが、それは勿体ないです。失敗をし、原因を探り挑戦することで成功への道が開け、仕事が面白いと感じる事ができるでしょう。

合わせて読みたい

働きたくないと感じる人の心理

何不自由のない暮らしをするためにはお金という生活資金が必要になります。その生活資金を得るためには仕事をすることによって、収入を得るということでありお金を稼がなければ生活することもできないし、ご飯を食べることもできません。

しかし、皆さんと同じように誰もが就職することや手に職をつけること、パートタイムで働くことやアルバイトをすることなどのような、仕事をすることについて働きたくないやりたくないという気持ちがあるのです。このような時は、何度も深呼吸を繰り返してから自分自身の心の奥深くに眠っている気持ちを引き出してネガティブな心理を整理することで、マイナス方向に動いていた深層心理から抜け出す事が出来て、気持ちの整理をする事によってプラスの方向へと考え方が変わり、仕事をしよう働こうという生活スタイルに変わっていきます。そこでまずは自分自身の理解から始めましょう。ここでは働きたくない人の心理についてご紹介します。自分はなぜ働きたくないのかわからない人は参考にしてください。

人付き合いがあまり好きではない

働くのが嫌だと感じている人は、仕事よりも、職場での多様な人付き合いが億劫だと感じることが多数を占めます。それはただ単に職場の同僚、上司との付き合いだけでなくて、定期的な飲み会や、社内イベントなども含みます。仕事をしていく限り、どうしても職場の人間関係に気を配らないといけなくなります。それはただ単なる気の合う知り合いとの関係よりも大変複雑であり、とてもややこしいものです。なので、働きたくない人はこれらの人間関係を億劫だと捉え、悩んでいます。

または自分自身のコミュニケーション能力が欠落していると痛感し、億劫どころか致命的な問題として捉えているケースもあるのです。それはともかく、職場で仕事上のコミュニケーション能力が必須となる条件の中で、彼らはそれを面倒で気が重いと感じてしまいます。

合わせて読みたい

自分の価値を理解していない

ポジティブな人のように見えますが、実は全く逆の「働きたくない」という考えの持ち主もいます。このタイプの人は、職場で上司や同僚とのコミュニケーションが上手に取れなかったり、仕事がはかどらなかったり、嫌なことがあると、何でも自分のせいにしてすぐに落ち込んでしまいます

子どもの頃から親や周りの人に褒めてもらったり、自分を認めてもらったという記憶があまりない人に多いようで、自分に全く自信が持てず、ネガティブなことばかり考えてしまいます。最近世の中を賑わせた「逃げるは恥だが役に立つ」の主人公「平匡」は恋愛に対しての自尊心がなく、ネガティブな面を幾度となく見せていました。

ひどくなると、何もしていないのに、マイナス面ばかり考えて、「どうせ自分には何もできない」「何をやってもうまくいかない」と思い込んでしまい、働くこと自体を最初から諦めてしまう人もいるようです。

合わせて読みたい

責任を負いたくないと考えている

社会の中には、働けるのに働きたくないと働かない人がいます。なぜ彼らは働けるのに働きたくないと働こうとしないのでしょうか。疑問に思ったことはありませんか?彼らは義務や責任をとても嫌がるからです。義務や責任を負うという事は、必ず重圧がかかってしまうもの事でもあります。

つまり、もし仕事に行くと職場ではたとえ新人であっても社会的責任を負わされます。そして失敗すれば叱られ、責任も取らされるでしょう。職種によっては厳しいノルマもあることでしょう。働けるのに働きたくないと働こうとしない彼らは、この重圧を避け「あまり無理をしないで生きていきたい」という選択をして働かないのです。言い換えれば、働けるのに働きたくないと働こうとしない彼らは、メンタルの弱いかわいそうな人達でもあるとも言えます。

合わせて読みたい

働くことに興味をもてないでいる

世の中には、仕事に興味がないという理由に「働かない」という選択をする人がいます。興味が持てないことをしたくないと思うのは、人間誰しもあることではないでしょうか。好きなことをしたいと思う気持ちより、嫌いなことをしたくない気持ちの方が大きいことはよく知られています。

しかし興味がなくても頑張っている人はたくさんいます。仕事に興味を持とうと意識してみたり、無理やり楽しんでみたり、自分に言い聞かせ工夫しながら精神をコントロールしていることでしょう。プラス思考に考え、前向きに頑張っていくうちに仕事が好きになっていく人もいるでしょう。それでもやはり働くことに興味が持てない人は、働かないことを選択します。

自分の精神をコントロールしながら働く頑張り屋さん、興味がもてないから働かないある意味正直者、どちらが正しいかはわかりません。しかし興味がない中でも、少しでも興味がもてることを探して自分にあった仕事を見つけて欲しいです。

合わせて読みたい

社会に対して不満を持っている

働きたくないと感じてしまうのは、現代社会における仕事のあり方、さらには社会の構造に不満を持っているという心理が働いている可能性があります。例えば、上司や取引先の指示には逆らえず、泣く泣く自分の自由時間を削ったという経験はありませんか。こうした我慢をするのも、仕事をする事によって給料、収入を得ているという思いが強いからですよ。

これは言い方を変えれば、お金を払う方がもらう方より偉いという、お金至上主義の現代社会を表しているといえます。そもそも人間には誰かの奴隷になりなくない、抑圧から逃れたいという本能があるわけですが、この現代の資本主義社会の中においては、お金によって当然のように支配・抑圧が起こってしまっているのです。そのような世の中で埋もれてしまいたくない、という心の裏にある思いが、「働きたくない」という考えとして浮かび上がってくるのです。

合わせて読みたい

仕事が自分に向いているか向いていないかを大事にしている

あなたが働く上で、その仕事が自分に合う、合わないと気にすることはありますか。実は、仕事をすぐに辞めがちな人は、そのこだわりが強い人が多いようです。自分はどういう人間なんだろうか、自分に合った仕事とは何か、ということ考えてこんでしまう人が、すぐに仕事を辞めてしまいがちなのです。

ただし、そういう人が全て仕事をすぐに辞めがちというわけではありません。そういう人たちの一部には、言い訳のために「仕事が自分に合わない」という口実を作っている人がいるのです。仕事の上で何かあれば、本当に自分がこの仕事をやる必要があるのか、この仕事には価値があるかどうかと考えてしまうのです。その仕事に本当の価値があるのかどうかというのは、仕事が上手くいっている時だけではなく、嫌だと感じる仕事の中にもあるのではないでしょうか。その時はその価値に気づかなくても、後になって自分自身で気付くこともあるかも知れません。

苦労をすることの内に、自分が気づいていなかった宝物が潜んでいるのかも知れません。自分に仕事が合うのかどうかにこだわり過ぎると、その宝物に気づかないままになってしまいそうです。

合わせて読みたい

働きたくないと思っていてもみんなが働く4つの理由

働くことについては、前向きに考える人間と、受け身に考える人間の2つの考え方が存在します。まず、ポジティブに考える人とは、自分の働き方について社会的意義や価値を自分の中で見つけることが出来ている人です。こういった人は、早く自分の仕事がしたいという前向きな気持ちから、自ら進んで意欲的に仕事に取り組むことが出来ていると思われます。

それに対してネガティブに考える人は、働くことについての意味を見つけることが出来ないため、与えられたものをこなしているだけなのではないでしょうか。やりたくないことを嫌々しているという受け身の気持ちがあるから、働きたくないという思いが生まれてきてしまっているのです。

しかしながら、ネガティブな感情を持っている人でも、毎日仕事場に出かけ働いています。働きたくないのに働いているのです。それはどうしてでしょうか。そこにはどんな気持ちが隠れ、また一体どういう理由からなのでしょう。ここからいくつか例を挙げてみます。

合わせて読みたい

気づいたら会社に向かっている

どんなに会社に行きたくなくても、社会で働く人たちは朝がくれば、嫌な気持ちで会社へと出勤するのです。簡単に休めたらいいのですが、仕事をしている以上、やはり責任があるのでそうはいきません。仕方なくやっている仕事でも、決められた時間はキチンと働くのです。たまにはうわの空になることもあるでしょうが、それでもルーティンをこなしていきます

大抵の人がしっかりと働き、もやもやする気持ちと葛藤しながら、責任をまっとうするために残業までして1日の仕事をやり遂げるのです。仕事が終われば、朝とは打って変わって気持ちも晴れやかになるのでしょう。ただし、明日のことを考えると憂鬱な気分になるのです。毎日は繰り返しです。明日はまた今日の朝と同じ気持ちで会社にむかうのです。

合わせて読みたい

仕事終わりに予定がある

仕事終わりに毎日予定があり、習い事などに力を注いでいる人などはその予定のために働いている可能性もあります。このような人はつまらない仕事を割り振られてもそつなくこなし、仕事が終わった後の趣味に全力投球することができます。ただし出来上がった仕事の質はごく一般的であることが多いです。仕事が好きでこなしているのではなく、退社後の時間を得るために頑張るため質の良い仕事には結びつきにくい傾向があります。価値のある仕事をする人材を得たいのであれば、仕事のために働いてくれる人の方が良い成果をあげることができるでしょう。

仕事のために働いているのか、仕事終わりの予定のためにこなしているのかによって、業務の質は変わってきます。会社の仕事で成果をあげられないのであれば、自身の趣味の世界で飛躍することも可能でしょう。

自分にしかできない仕事がある

仕事というのは楽しいことや自分がやりたいことができるわけではないです。だから、仕事をするときは例えやりたい仕事でなくても、楽しいことでなくてもやらなきゃいけないということをわかった上で、自分に与えられた仕事をこなしていく必要があるということを自覚しておかなければなりません。

社内で自分しかできない仕事があると、働きたくないと思いつつもその仕事をこなします。実際はこのようなパターンで働いている人がほとんどでしょう。だが、このパターンは自分がやるべき事を自分がきちんとわかっているため、ほかのパターンに比べると救いようがあるように感じます。仕事をする上でもっとも大切にしなければならないことは、自分の役割、やるべきことを知っておくということであるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

世間体が気になる

働く理由というのは人によって様々ですが、理由が何であれ社会的な常識人として生きて行くために働くということはとても大切なことです。

日本という国は世界的にも勤勉だと評価されることが多く、働いていない人間に対する風当たりも強い傾向にあります。働いていないというだけで、何か特殊な事情があるのではないかと周囲から好奇の目を向けられたり、現在では「ニート」とばかにされたりもします。何らかの理由があって働けない人でも理解してもらえないことは少なくありません。

そんな世の中で、働く能力がありながら働いていないと、例えば親や配偶者、挙げ句の果てには自分の子供にまで働け、なんて言われる人もいるようです。社会的な常識人として認められるためには、如何に働いているという事実が大きなものかということが分かります。

合わせて読みたい

働きたくないと感じる人がやる気を取り戻す12個の方法

ここでは、会社内での悩みや仕事内容での悩みや、現在の自分の立場の悩みなど、様々な悩みを抱え込んだ働きたくないと頭を悩ませていた人々の気持ちの変化までの過程を例えにして、それを参考にしながら、働きたくない気持ちと向き合うことができるアドバイスをお届けしたいと思います。

あなたが心のどこかで普段から感じている働きたくないという気持ちの対処法です。仕事に対する気持ちにも変化が見え、あなたが背負ってしまっている悪循環からも抜け出すこともできますし、今まで感じることがなかった仕事に対するやりがいや生きがいを見つけることもできるようになると思いますので、楽な気持ちを持って読んでほしいです。

合わせて読みたい

なぜ働きたくないか理由を考える

働きたくない原因を取り除くためには働きたくない理由をメモ帳でもなんでもいいので書き出してみましょう

会社の人間関係、通勤の満員電車電車、待遇面など嫌なことや辛いと感じていることが出てくることでしょうが、働きたくない原因は自分の性格やスキル、技量などの問題ではなく、「他人」の行動が原因でストレスを受けていることもあるため、働きたくない原因の全てを自分の行動だけで取り除くことは出来ません。

「働きたくない理由」を回避、又は除去できるのかを冷静に分析するためにはストレスの原因が自分に起因していることなのか、他人の行動が原因なのかを整理する必要があります。もし、今の仕事を辞めるに値するほど苦痛で、回避又は除去ができないレベルであれば、転職などの他の行動を考えてみるのも良いでしょう。

合わせて読みたい

独立して1人で働く

人間関係が原因でストレスを抱えているのであれば、独立を視野に入れて動き出しても良いのではないでしょうか。会社という組織で働く以上、一定の人間関係から逃げることは難しいでしょう。ですが独立をすればストレスの原因である人間関係を切り離せるため、気持ちを一新に働くことが可能となります。起業するので、仕事の日数や時間も自由に決められるため、自分のペースで仕事を進められるでしょう。

しかし独立なんて難しい、資金が心配だし、どうやって始めれば良いのか分からないと感じる人もいると思います。そんな時こそインターネットの出番です。独立するノウハウを教えてくれる人はたくさんいますし、パソコン1台でお金を稼ぐ方法も調べれば多数出てきます。やり方さえ間違えなければ稼いでいくことは充分可能です。独立なんて無理だと考えず、今の会社の人間関係に悩むのなら、一度考えてみるのも一つの手だと言えます。

合わせて読みたい

目の前の仕事に取り組む

よく言われているのは、嫌な仕事は3分間だけ手をつけてみる事です。何か仕事に取り組む時に取り掛かる前は嫌だったが、手をつけてみたら意外にスムーズに進んであっという間に終わったという経験がある人は多いのではないでしょうか。もし途中で嫌になれば、3分間でやめてしまいましょう。そのぐらいで取り組むぐらいの気持ちの余裕は必要です。

多少の失敗をしても、命まで取られることはありません。もし、そんなことが起こりそうになったら、その時は本当に会社を辞めた方がいいです。命より大事な仕事はないのですから。

合わせて読みたい

病院に行ってみる

あまり身近に感じないかもしれませんが、「うつ病」を患っている人は多くいます。働いている人は、仕事に行きたくない、行けない、怖い、など思ってしまい職場まで行くことが困難な人もたくさんいると思います。それは、ただの「怠け」で片付けられない可能性もあるのです。

はじめは抵抗があるかもしれませんが、一度勇気を持って心療内科に行きご自分の状態を話してみたり、カウンセリングを受けてみるのも1つの手段です。ご自分でできる「うつ病」かもというセルフチェックもあります。まずは、セルフチェックをしてみて心当たりのある方は、なるべく早く心療内科のドアを叩くことをおすすめします。早くに「うつ病」という判断を受ければ、良いお薬やカウンセリングを行うことで、元気に職場に通うことも夢ではありません。

合わせて読みたい

仕事をする環境を変えてみる

仕事に対してやる気が起きないと感じている人は、環境を変えてみると良いかもしれません。社内のいつも変わらない自分のデスクで仕事を続けてもなかなかやる気が起きないものです。PCを持って気分転換にカフェに寄り、美味しいコーヒーを片手に入力作業をしてみるのはどうでしょうか。普段と違う雰囲気に脳が刺激され、仕事の効率が上がるかもしれません。また、違った環境に身を投じることにより、能が刺激され新しいアイディアが浮かぶかもしれません。働く意欲を刺激する、良い機会になることは間違いないでしょう。

環境を変えると言われると、つい転職など他の企業へ目移りしがちです。ですが、すぐに転職をするのではなく、今の職場でより良い仕事をしていくためにはどうするか考えることが大切です。ひとくちに転職と言っても失敗を考えるとハイリスクです。まずは自分の現状を見直すところから始めましょう。

合わせて読みたい

キャリアカウンセラーに相談してみる

働きたくないと感じてもそれを誰に相談したらいいのか、そんなこと言ったらだらけていると思われてしまうかも、などと考えてしまい、誰にも相談できないことがあるかと思います。そんなとき、「キャリアカウンセラー」が相談に乗ってくれます。キャリアカウンセラーとは、働きたくない理由について支援し、相談にのってくれる専門家です。

あなたの働きたくない理由が理屈で説明できる場合、これまで多くの相談にのってきたキャリアカウンセラーは、多数の前例に基づいて、あなたに合った解決方法を提示してくれるでしょう。ひとりで仕事の悩み、働きたくないという気持ちを抱え込まず、一度専門家であるキャリアカウンセラーに相談してみてはどうでしょうか?

合わせて読みたい

人材派遣に登録する

就職活動で面接を苦手としている人が多くいます。過去において、人間関係を上手く構築できなかった人や極度に緊張してしまう人に面接を避けたがる傾向があります。確かにこの様な人だと会社の人事担当者も採用に二の足を踏んでしまいます。

また最近では、高校や大学生を対象に面接の練習をする学校も増えました。しかしまだ充分とは言えません。また、長い期間引き篭もり社会との接点を持たなかった人もいます。そんな方には、人材派遣会社への登録をおすすめします。一度派遣会社に登録すると基本的に面接はありません。派遣先で上手く人間関係を構築する必要はありますが、コミュニケーションの訓練のつもりでも構わないと思います。

派遣会社で社会人としての対人スキルを磨き、それから本格的に就職活動をするというのも悪くはありません。

派遣登録なら派遣Styleを使ってみよう


たくさんの情報の中から、簡単操作で派遣の仕事が見つかる派遣Style。働きたいエリア・路線、職種、待遇などの基本条件に、「高時給・高収入」「日払い」「Wワーク(掛け持ち)」といったこだわり条件を組み合わせた検索ができます。これなら働いてみたいと思える仕事を、派遣Styleで探しましょう。
派遣Styleをチェックしてみる

仕事以外の何かをやってリフレッシュする

あなたは今の仕事を頑張り過ぎていませんか?あまりに仕事を頑張り過ぎると、逆に仕事に対してのやる気を失ったり、意欲が沸かなくなってしまうこともあります。ですが、このような人の多くは、機会さえあれば働きたいと思っている場合も多いようです。その疲れている状態の間、働く意欲を失っているだけなのです。

それでは、このように疲れてしまってやる気や意欲を失ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。仕事にしてもプライベートにしても、色んなことで自分自身のことを、客観的に眺めてみるのはどうでしょうか。自分の現状から、少し距離を置いてみるのです。そうすることによって、自分のやるべき事への使命感を再確認することができます。焦らないでしっかりと休養を取り、自分自身を見つめなおしてみることで、働きたくないという状態から回復することができます。

合わせて読みたい

思い切ってアルバイトをしてみる

やる気があるのに、なかなか仕事を覚えることが出来ないと、会社にとって自分は要らない人間ではないのか?また、同僚や上司から陰で能無しだとか悪口を言われてるのではないか?と思ってしまい働く意欲が薄れていく人も大勢います。

そういった状況で仕事をしても捗らないばかりか、精神的にも辛いものがあると思います。そんなときは、頑張らないことも必要です。少し心を休ませてあげて、リフレッシュしてみたらどうですか?そうすることによって、新たな気持ちになることもあるわけです。なかなか仕事が覚えられず悩んでいる人はアルバイトをはじめてみてはどうでしょうか。会社から求められるものがすくなく、覚えなくてはいけない仕事の量も多くはないはずです。

働く事から遠ざからないためにも社員としてではなく、アルバイトとして働くのも選択肢の1つとしてはありだと思います。

積極的に外出する

働く目的がないので働かない。これには何らかの理由があり、働かなくても生活が出来る方に共通した考え方です。

最近のニートの問題も、近頃は若者だけでなく中高年の方まで広がっています。働く目的がないので働かないというのは、ニートと呼ばれる方に共通している心理でもあり、社会的な問題となっています。大学生でも目的が無いことを理由に就職活動をしない人がいるみたいです。

何か目的をもって行動する事が、この心理から脱出する唯一の方法です。その具体的には「欲しいものを手に入れる」「恋人をつくる」「趣味を見つける」など、自分が何を欲しているのかを探すことがニートからの脱出のきっかけとなります。これらの事は自らが行動しないと自分が何を欲しているかが見つからず、ニート生活から抜け出せないことが多いので意欲的に生活してみましょう。

合わせて読みたい

コミュニケーションの少ない職場を探す

仕事をしたくないと感じてしまう原因として、職場での人との距離感が上手くつかめないことを理由にあげる人がいます。これが改善できないと、就職をしても人間関係が上手く構築できず、どんな仕事をしても長続きをしない悪循環に陥ってしまいます。

特に働いていないブランク期間が長い人は、人と関わるのが怖いという気持ちを抱えやすくなってしまいます。本当は働きたい、仕事をしたい気持ちはあるのに、会社でどのように接すれば良いのか分からず、結果仕事をしたくないと思ってしまいがちです。

まずはなるべく人間関係が希薄な職場を探してみましょう。例えば工場や清掃の仕事など、自分の職務に集中できるものが良いでしょう。まずは仕事内容にやりがいを見出し、人間関係は徐々に構築していくのが良いでしょう。仕事を続けていくうちに、楽しさや充実感を感じることができ、仕事をしたくないという気持ちを改善することができます。

合わせて読みたい

休む事を目的とした長期休暇をとる

仕事を頑張る事は素晴らしい事だけど、休日出勤をしたり、せっかくの休みの日が寝て終わるなんて事はありませんか。睡眠や休息が十分にとれず、心と体のコンディションが万全ではないと、うっかりミスが増えたり、つい人にキツくあたってしまって、そんな自分に自己嫌悪の悪循環…。そんな状態では、どれだけ仕事ができる人でも「働きたくない」と感じてしまうことは当然です。もし、あなたがそう感じていたら…自分のためだけの時間を過ごしませんか。

体を十分に休め、コンディションを万全に整えましょう。オンとオフのメリハリをつけて、再度仕事に挑戦することが必要です。オフの時に仕事の良いヒントが見つかるなんて事も、意外とある話です。そうしたら、次の出勤が楽しみになって積極的に仕事にかかわれるかもしれません。

また、精神的な疲れやストレスが溜まりに溜まり、少し休んだくらいでは何ともできない場合は、思い切って休暇を取り旅行に行く事もオススメです。遠出をするのも良し、身近な街をゆっくり探索して新たな魅力を発見するのも良いでしょう。あなたを守れるのも育てるのもあなたです。たまには頑張ってるあなたに、ご褒美をあげてください。

働きたくない女性がやるべき3つのこと

結婚したら専業主婦になりたいと考える女性が増えています。その理由は何でしょうか。ただ単に働きたくないからという理由の人は、専業主婦にはなれません。専業主婦にもなりたい、家庭的な男性と結婚したい、高収入の人と結婚したいと理想が高くなり、結果的に失敗します。

専業主婦になって欲しいと考える男性は、家事を完璧にして欲しい、家に帰ったら何もしたくないと考える男性がほとんどではないでしょうか。仕事から帰ってきて、温かいご飯を準備してくれ、身の回りのことをしてくれる女性に専業主婦になって欲しいと望みます。

楽観的に専業主婦になりたいと考えている人は安易に考えないで下さい。料理が苦手な人や掃除が苦手な人は専業主婦になりたいと考える前にやるべきことが沢山あります。ここでは働きたくないと感じている女性が今からやるべき事を3つご紹介します。

合わせて読みたい

婚活に早めに取り組む

働きたくないと感じている女性は専業主婦になるのも1つの手段です。近年は共働き世帯が増えていますし、男性側も働く女性を希望しているケースが多くなっています。それなら専業主婦を求める男性なんていないのではないか、そう考えてしまいますが、それは早計です。専業主婦を求める男性は探せば確実に一定数存在します

自分より歳上で、収入がある専業主婦希望の男性を捕まえるためにも勧めたいのが、20代のうちから始める婚活です。歳上の高収入男性は、容姿や出産適齢期を考え、若い女性を希望する傾向にあります。そのため早めに婚活を行えば自身の将来は安泰だと言っても過言ではないでしょう。

1つ注意しておきたいのが、専業主婦は家でのんびり過ごせるわけではありません。料理や掃除、洗濯などをこなす必要があるため、今のうちから腕を磨いておきましょう。

合わせて読みたい

一通りの家事を出来るようになる

男女平等が世に広がり女性の社会進出が目立ち始めた一方で、専業主婦として生活している女性が多いのも事実です。これは今でも外で働いてお金を稼ぐのは男の仕事だ、という固定観念が根強いからであり、かつて永久就職と揶揄されたような女性にとっての理想の未来の1つとも言えるでしょう。

特に、性別を問わずニートやフリーターなど勤労意欲にかける若者たちが増えている現代にしてみれば、女性はおろか男性だって専業主夫として過ごしたいと思う人も少なくありません。そういう意味では、専業主婦であり続けられることは幸運とすら言えるのではないでしょうか。

とはいえ家事や子育てなど専業主婦としてあり続けるためには、それ相応の能力が求められます。男性だって、家を任せたくなるような女性を選ぶのが当然というものですから。専業主婦として家庭を支えようと思うならば、炊事、洗濯、掃除など一通りの家事は完璧にこなせるレベルになる必要があるでしょう。

合わせて読みたい

実家から出ない

ある程度の経済的余裕がある家庭ならば、子供は就職せず実家暮らしでも問題ありません。

特に女性の場合だと花嫁修業という言葉があるように、母親から家事や料理などを教わり、結婚後活かせる事ができます。また徐々に年老いていく母親の手伝いにもなりますし、一家にとってメリットが多いでしょう。もちろん一生実家暮らしということは、現実的に厳しい面も多いと思います。実家で主婦としての経験を積み、恋愛結婚やお見合い、婚活などで結婚相手を見つけ結婚し、家庭を築いていくという形が働きたくない女性にとっての理想ではないでしょうか。

その一方で結婚まで実家暮らしというのは社会的に偏見の目で見られる傾向にあり、あまり周りの人には話さない方が賢明でしょう。また実家暮らしということは社会との接点が少なくなるという面もありますので、一概に良いこととは言えないでしょう。

働きたくない人は今の自分の価値を知ることを最優先にする

一度働きたくないと思ったら、なかなか抜け出せなくなってしまう、そんなことよくあると思います。
でも、それは自分の力だけで抜け出そうとしてるから、ってこと知っていましたか。誰かの手助けを得ることで、「働きたくない」「会社辞めたい」そんなネガティブ思考から開放されて、今ではイキイキと仕事をしている、そんな人がたくさんいるんです。その手助けをしてくれるのが、匿名のスカウトサービスです。このスカウトサービスを有効活用して、ステップアップしたり、天職と思えるような仕事についた著名人もたくさんいます。

例えば、株式会社DeNAの創業者である南場智子さん、勝間和代さん、ドラゴン桜で有名な三田紀房さんといった方々のお名前くらいは一度は耳にした覚えがあるでしょう。南場さんは幾つものスカウトエージェントに履歴書を送って、自分が良いと感じるスカウトが来ないか待っていたと講演会で話されていますし、勝間さんや三田さんはご自身の経験からも、最低3つのエージェントサイトには登録しておくべきと、著作で語っています。

意外なことに、働きたくないとネガティブになっている人ほど、環境や待遇によってがらりと化けることがあり、様々な企業からスカウトが来たりするものです。一方で、中途半端に仕事ができると天狗になっているような人のところには、スカウトが来ないというのもこれまたよくある話です。すなわち、あなたの価値はあなた自身ではなく、企業が決めるものなのです。ですから、なるべく早い段階で自分の価値を確認しておけば、その分今後活かせる機会や良い環境で働けるチャンスが増えるということです。

また本腰をいれて転職をしたいと思ったときや、リストラにあったとき、もう辞めたいと我慢の限界に来たときなどには、スカウトサービスに登録してあるかどうかが大きな分かれ目となります。
先を考えてエージェントを使っていれば何が起きてもなんとかなるという安心感は、今後を考える上であなたの大きな支えになってくれることでしょう。

リクルートエージェントのスカウト機能を使ってみよう

リクルートエージェントは、スカウト機能の評価が高い転職サイトの一つです。登録したキャリアシートの内容に魅力を感じてもらえれば、企業からスカウトが来ます。通常応募の3倍ほどの確率で書類選考が通る書類選考が免除されて必ず面接に行けるなど、その後の転職が有利になるのでぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェントをチェック

ランキング

記事一覧