1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 歯科衛生士を辞めたいと思ったときの対処法と次のお勧めの転職先

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

歯科衛生士を辞めたいと思ったときの対処法と次のお勧めの転職先

歯科衛生士を辞めたいと思ったらどうすればいい?

歯科衛生士は、歯科医師の指示によって歯科診療補助を行う仕事です。よく混同されるのが歯科助手ですが、歯科助手は診療補助を行うことができないため、職域としては歯科衛生士よりも下位の位置づけです。それでも意外なことに、歯科衛生士は離職率が高いと言われています。

そこで、せっかく取得した国家資格の歯科衛生士の仕事を辞めたくなった場合の対処法について説明します。

歯科衛生士を辞めたくなる理由とは?

具体的な例として、各種のサイトを参考にして歯科衛生士を辞めたくなる理由を見ていきましょう。やはり一番の理由は人間関係のようです。これはどんな仕事にも共通することです。

そして残業が多い点や給与面での不満も挙げられています。やはり他の仕事を辞めたくなるのと同じ理由です。これら以外に、歯科医院独特の理由もあります。それでは詳しく見ていきましょう。

人間関係が良くないから

人間関係の良し悪しは、職場環境に直結すると言えます。仕事に関して個人の意見を尊重してくれる職場は、とても風通しの良い職場です。反対に、改善点を言えないような職場は良くない環境でしょう。

ワンマン経営者である院長だけではなく、女性が多い職場という点も影響しています。仕切りたがりのお局様がいる職場は大概の場合、閉鎖的で気づまりのする環境と言えます。

モラハラ・セクハラがあるから

あってはならないことですが、個人経営の医院の場合は散見されるケースが、モラハラとセクハラです。モラハラは同僚や部下からの嫌がらせ、そしてセクハラは上司である院長からの嫌がらせです。

個人経営の医院の場合は、体に触れたり食事に頻繁に誘ってきたりなどのセクハラが原因で退職を決める歯科衛生士も多くいるようです。

残業が多いから

もちろん人間関係が職場環境のすべてではありません。残業や給与面も影響しています。

歯科医院は診療時間が決まっていますが、受付時間ぎりぎりに来院する患者、治療に時間が掛かる場合や急患を受けている場合などは、残業になりがちです。

器具の片づけや掃除もあります。歯科助手ではNGで歯科衛生士にしかできない仕事が多くあります。しかし完全予約制の歯科医院は、残業はそう多くはないようです。

給料が安いから

歯科衛生士の給与は、平均月収は25万円ほどで平均年収は335万円ほどとなっています。新卒は20万円ほどです。賞与も歯科医院の経営状態によってばらつきはありますが、一概に安いとは言えません

しかし、「仕事が多い割には給与が安い」と感じる人もいるでしょう。生活水準は人それぞれですし、居住地域によっても物価が違うので比較は簡単ではありませんが、このように感じる人も少なくはありません。

休みが取れないから

歯科衛生士は歯科医院において必要不可欠です。しかし個人経営の歯科医院の場合は、歯科助手は複数採用していても、歯科衛生士は一人しか採用していないということも多くあります。

そうなると、体調が良くないときでも代わりの歯科衛生士がいないため休みを取ることができなくなってしまいます。有給休暇はあるけれども実際には使えないというのが実態です。

院長の私的な用事を頼まれるから

歯科衛生士の9割は歯科医院に勤めていると言われています。職場である歯科医院は、ほとんどが個人経営の開業医です。そのため院長やほかのスタッフとの関係を密に感じることもあります。

特に院長は、自分の私的な用事を頼んでくることもあります。家庭的な雰囲気の医院であれば断りにくいという面もあり、仕事にモチベーションを感じている人であればやりにくく感じることでしょう。

医院の方向性に疑問を感じるから

歯科医院の方向性として、「治療」重視と「予防」重視の2通りがあると言われています。しかし医院の経営として「治療」を重視したほうが収益に結びつきやすいため、方向性は前者の医院が多いようです。

ところが歯科衛生士としての仕事に誇りを持っている人であれば、「治療」よりも「予防」を重視したいと考えるのではないでしょうか。ジレンマを感じている人も少なくないはずです。

歯科衛生士を辞めたほうがいい場合とは?

歯科衛生士は歯の健康に関わる大切な仕事です。歯は身体の一部分ですが、治療や予防方法を間違えば、命にかかわる部分です。そのため、歯科衛生士は国家資格が必要な仕事なのです。

しかしこのような意識が薄らいだ場合は、歯科衛生士にこだわらないでほかの仕事を探したほうが良いと言えます。ここでは具体的に歯科衛生士を辞めたほうが良い場合について説明していきます。

仕事自体に興味を持てないから

歯科衛生士は歯の健康を通して身体全体の健康をケアする大切な仕事です。そのため、歯科衛生士自体の仕事に興味を持てなくなった場合は辞めてしまっても良いでしょう。

いい加減な気持ちで歯科衛生士をしていると自分自身も辛いでしょうし、患者さんに対しても取り返しのつかないことをしてしまいがちです。すぐに新しい仕事を見つけるのがおすすめです。

他にやりたいことが見つかったから

他にやりたいことが見つかった場合も、歯科衛生士の仕事を辞めたほうが良いと言えます。関心が他のことに向かっているので、歯科衛生士の仕事が手につかなくなるからです。

先述したように歯科衛生士の仕事は命にかかわる仕事です。中途半端な気持ちでいると取り返しのつかない失敗をしてしまいます。そして、人生は一度しかないので自分のやりたいことに集中して頑張りましょう。

幅広い視点で歯に関した仕事をしたいから

「健康に関する仕事をしたいけれども歯科衛生士にこだわらない」という場合も、歯科衛生士を辞めても良いでしょう。幅広い視点で健康に関する仕事をしたいという前向きな気持ちがあるので、転職はうまくいくはずです。

この場合は、歯科衛生士の仕事を生かした仕事を見つけましょう。福祉関連やデンタルフロス関係の仕事が見つかることでしょう。

歯科衛生士を辞めないほうがいい場合とは?

しかし歯科衛生士を安易に辞めるのは得策ではありません。歯科衛生士になるために少なからず努力をしたはずです。また国家資格という社会的に認められた地位もあります。

もちろん歯科衛生士だけではなく、どんな仕事にもメリットとデメリットがあります。それらの優先順位を考えることで人生を無駄にしないようにしましょう。

安定した仕事だから

国家資格の歯科衛生士は、安定した職種と言えます。歯科医師の過剰問題が指摘されていますが、歯の健康意識が無くなることはなく、優秀な歯科医師を求める人は多いでしょう。

歯科医師の指示に従って歯科診療を行う歯科衛生士の仕事も世の中に求められています。そのため安定しているのです。多少の嫌なことがあっても割り切って、誇りをもって歯科衛生士の仕事をしましょう。

時間が解決してくれることもあるから

仕事を辞めたいと思うことがあった場合は、時間をおいて状況が変わるのを待つのも一つの手です。上司が転勤したり先輩が退職したりするなど、辛い状況が変化することもあるからです。

また、あなた自身にスキルがついて仕事ができるようになり、周囲から一目置かれる存在になるかもしれません。もちろんモラハラなどのケースは論外ですが、そうでない場合は、しばらく様子を見ましょう。

医院を移籍すれば良いから

歯科衛生士の仕事は辞めたくないけれど医院が嫌な場合は、医院を移籍してしまいましょう。しかし辞める前になぜ現在の医院が嫌なのかを考えておきましょう。もしかすると移籍した医院でも同じことが起こるかもしれないからです。その場合は、あなたに原因がある可能性がありそうです。

同じことを繰り返さないために冷静な判断が求められます。

歯科衛生士を辞めたくなるのはまだ早い?時期別アドバイス

歯科衛生士を辞めたくなる場合には段階があります。それは、専門学校在学中、実習中、試用期間中、新卒1年目と2年目です。人生経験がないため他の職業に目移りがしてしまう年頃です。

また、学生や新人であるために不安感で「辛い」と感じてしまう期間でもあります。それぞれの期間で辞めたくなった場合に乗り切るための考え方についてアドバイスします。

専門学校在学中の学生の場合

歯科衛生士になるための専門学校の在学中に、「やっぱり歯科衛生士になるのは辞めよう」と思うかもしれません。しかし決断するのはまだ早いと言えるでしょう。実習に出てすらいませんし、何も体験していないのですから。

専門学校在学中であれば他の職業に目移りがするかもしれません。しかし、まずは実習を受けて不安がある場合は先生にも相談してみましょう。

実習中の学生の場合

授業の一環として実習もありますが、この段階で辞めたくなる場合もあります。医療現場は専門用語が多く、聞き間違いによる失敗から後ろ向きになる人も多いようです。

しかし実習で複数の職場を回ることで、歯科衛生士の仕事を多面的に観察することができます。1か所目や2か所目で後ろ向きな気持ちになっても3か所目で前向きになることもあります。いろいろな職場で実習体験をすることが大切です。

試用期間中の新人の場合

歯科医院などに採用が決まったものの、試用期間中に辞めたくなる新人もいます。大抵は3か月の試用期間を経て本採用となりますが、試用期間は「歯科医院が歯科衛生士を試しに雇用する期間」という点です。

この点をはき違えて自分が勤めるか辞めるのかを選べる期間と勘違いする人がいるということです。資格は取得しても歯科衛生士としての経験はゼロです。謙虚な気持ちでいましょう。

新卒1年目の新人の場合

歯科衛生士として医院に新卒で入社して1年目は、何もかもが新しいことばかりで無我夢中でいる内に時間が過ぎることでしょう。この期間に辞めたくなった場合は、歯科衛生士としての経験もまだないですし、スキルを身に着ける修行期間として割り切ることも必要です。

モラハラなどの余ほどのことがなければ、転職活動のためにも院長や先輩の姿などから、職場をじっくり観察しておくのがおすすめです。

新卒2年目の場合

歯科衛生士として勤めて2年目は、少し気持ちにも余裕が出てくる頃です。辞めたくなる気持ちが抑えられなくなっているかもしれません。しかし安易に辞めてしまうと「辞めグセ」がついてしまい、転職活動が難しくなるかもしれません。

やはり余ほどのことがなければ、もう少し様子を見ましょう。「あの仕事を任せてもらえるようになったら転職活動をしよう」と目標を決めるのも良いでしょう。

歯科衛生士を辞める際に気をつけるべきこととは?

色々考えて歯科衛生士を辞めることにした場合は、上司である院長に辞めることを伝えなければいけませんが、タイミングや辞める理由を上手に伝える必要があります。もちろん医院に迷惑を掛けないように早めに言う必要もあります。

転職活動は自分のことを優先すべきですが、少なからずお世話になった職場にも礼儀を尽くすべきです。なるべく後を濁さないような辞め方をしましょう。

1か月前に辞意を伝える

最低でも1か月前に辞意を伝えるのが社会人としてのマナーです。しかし中には、歯科衛生士が不足している医院も多いため「絶対に辞めさせない」などと言って受理してくれない場合もあるでしょう。

理解を示してくれる院長ならば問題ないのですが、反対の場合は説得が必要になってきます。最悪の場合は欠勤という強硬手段に訴える人もいるようですが、内容証明を送ることで退職を進めていくのがおすすめです。

仕事に求める優先順位を決めておく

歯科衛生士を辞める理由を自分なりに整理しておきましょう。職場の問題なのか、自分自身の問題なのか、2つに大別できます。職場が問題の場合は人間関係のほかに、待遇面での問題が挙げられます。

自分が問題の場合は、歯科衛生士に関心がなくなっている場合が多いでしょう。自分はどんな仕事をしたいのかについてしっかり考え、仕事に求める優先順位を決めておきましょう。

次の職を決めてから辞める

歯科衛生士の仕事は需要が多いので、遺跡の場合は意外にすんなり決まるかもしれません。社会保険の関係もあるので、ブランクを空けないように次の就職先を決めておくのがおすすめです。

注意点は、次の就職先の待遇面をきちんと確認しておくことです。せっかく転職しても以前の職場と同じかそれ以下だった場合は、転職した意味がありません。

歯科衛生士を辞めるなら次の転職先は?

せっかくの歯科衛生士としてのスキルを次の転職に生かしましょう。やはりおすすめは、歯科関連や健康分野の職業です。なるべくだったら専門職として培った知識やスキルを利用したほうが得策です。

歯科衛生士の就職先は9割が歯科医院と言われていますが、健康分野まで視野を広げると選択肢も広がります。

診療行為のない「歯科助手」になる

「歯科助手」の仕事は歯科衛生士と間違われますが、歯科助手の仕事は治療行為ができず、国家資格でもありません。

一口に言えば医師のサポートである歯科助手は、歯科衛生士よりも負担が少ないためストレスも少なくて済みます。「医療現場で働きたいけども気楽なほうがいい」という人にはおすすめです。女性であれば正職員ではなく、パートという選択肢もあります。

デンタルフロスなどの企業に勤める

医療現場ではなく、企業に就職するのもおすすめです。デンタルフロスなどの会社は営業職の採用が多いようですが、他人とコミュニケーションを取るのが好きな人には適職でしょう。

社風にもよりますが個人経営が多い歯科医院とは違って従業員が多いので、また違った雰囲気の中で仕事ができ、新鮮に感じられます。

歯の製作などの「歯科技工士」になる

歯に特化した仕事の専門職であれば、歯の製作や加工を行う「歯科技工士」を目指すのもおすすめです。国家資格が必要な、医療技術の専門職として需要が高い仕事です。

医師が作成した指示に従う必要はありますが、職場でのコミュニケーションはそれほど必要ではないため「健康関連の仕事に就きたいけれど人間関係が悩み……」という人には適職かもしれません。

福祉の現場で働く

福祉の仕事もおすすめです。高齢になると歯に関する健康も顕著に表れてきます。歯科衛生士の資格があれば、老人保健施設の高齢の入所者に対しての口腔ケアや「誤嚥性肺炎」予防などのアドバイスもできます。

訪問介護士として歯の予防相談に乗ることで、歯科衛生士の資格を生かすことができます。国家資格の介護福祉士の資格も取得するとなお良いでしょう。

食や栄養の専門家「栄養士」になる

少し視野を広くして、食や健康に関する正しい知識や技能を伝える栄養士もおすすめです。栄養士は、都道府県知事が認定する国家資格で、主な職場は学校や病院、福祉施設などです。

また、病気やけが人、特定多数の人などのために栄養指導を行う、厚生労働省認定の国家資格である「管理栄養士」も良いでしょう。

生活をトータルで支える「保健師」になる

歯の健康だけではなく、身体全体の健康を支える保健師もおすすめです。保健師になるには、保健師の国家資格及び看護師の国家資格試験に合格しなければいけませんが、とてもやりがいのある仕事です。

栄養士とは違い、健康診断の実施や病気の相談に乗ることもできます。就職先も幅広く、学校や自治体などで働くことができるので安定しています。

一念発起して「歯科医師」になる

一念発起して歯科医師になるのもおすすめです。歯科衛生士は医師の指示がなくては務まりませんが、歯科医師であれば自分の方針で医院を開業することができます。

もちろん医師免許の資格が必要なため、猛勉強をする必要があります。そして経営者としての才覚も必要です。しかし、現在の「歯科口腔医療現場が抱える問題を解決したい」との強い意志があれば挑戦してみる価値はあるでしょう。

辞める以外の解決法がないなら潔く決断しよう

需要の高い国家資格の歯科衛生士ですが、上司である歯科医師の指示に従うことが必要なため、歯科医師と意思が合わないと嫌気がさしてしまう人も多いようです。

仮に新人だとしても、いろいろ考えて「もう辞めるしかない」と思った場合は潔く決断しましょう。そして気持ちを新たに切り替えて転職活動をするのがおすすめです。

ランキング

記事一覧