1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくない朝をどう乗り切る?憂鬱な時の9つの対処法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくない朝をどう乗り切る?憂鬱な時の9つの対処法

朝は仕事に行きたくないと思う人がたくさんいる

朝起きると、また仕事だ…と憂鬱になることはありませんか?朝に仕事に行きたくないと感じることは結構あるものですよね。しかしそれは、あなたが朝が辛くてそのように感じるのでしょうか、それとも仕事が嫌だから行きたくないと感じるのでしょうか。原因を突き止めていきましょう。

合わせて読みたい

月曜が怖い?ブルーマンデー症候群

週末は、気持ちも切り替えて心も体もリラックスするのが理想ですね。それでも、日曜日の夕方頃に「ああ、また明日から仕事だ」と憂鬱になったり、嫌な気持ちになったりすることはあるでしょう。それはあなただけではありません。

誰でも多少は、現実に戻るめんどうくささと、オフからオンへの切り替えの大変さがあります。しかし、もし毎週末そのような気持ちになってしまうのなら、ルーマンデー症候群の可能性があります。

週末の憂鬱さが続くようだと、もっと深刻なケースになり、倦怠感を感じたり体調が悪くなる人もいます。体調が悪くなるほど憂鬱になってしまう場合は、改善策を立てた方がいいでしょう。

合わせて読みたい

起きられないだけ・眠いだけという場合も多い

夜型の人にとっては、朝早く起きるのはとても辛い作業です。朝の弱い人は、朝早くに起きること自体が一苦労で非常に辛いために、気持ちも「仕事に行くのがめんどうだ、行きたくない」と感じてしまうのかもしれません。

仕事が嫌いという理由ではなく、ただ単に疲れていて眠いから仕事に行きたくない、夜型生活になってしまっているという可能性も、もしかしたらあるのかもしれません。仕事で特に問題がなく、人間関係も順調に行っている時でも、朝仕事に行きたくないと感じたら、単純に眠かったり疲れているだけということも考えられます。

そんな時は、翌日しっかりと体を休めれば、次の日の朝には、精神的にそれほど辛くないと感じられるでしょう。

合わせて読みたい

何でこんなに憂鬱なの?朝仕事に行きたくないと感じる理由

朝起きると仕事のことを考えてため息がでる、なんてこともあると思います。眠いし体も疲れているし、朝から暗くなってしまう。では、朝はどうして仕事に行きたくないと感じてしまうのでしょうか。こちらでは、朝仕事に行きたくないと感じる心理的な理由をご紹介します。

合わせて読みたい

仕事自体が嫌だと思っているから

仕事自体が嫌いだと、「また嫌いな仕事が待っている、嫌いな仕事をしないといけない」というマイナスなイメージから、仕事に行きたくないという思ってしまうことがあるのではないでしょうか。仕事が嫌いで毎日仕事に行かないとならないのは辛いです。また、仕事自体が嫌いなので上司に相談する、部署を異動するなど解決策をたてないと現状は変わりません。

毎日、憂鬱に一日をスタートしたくないと誰でも思うものですが、仕事はすぐに辞められません。そのため、仕事が嫌いで毎朝憂鬱になっても、仕事に行くしかないのです。毎日起きると憂鬱な気持ちになるのは、辛いですね。この場合は、何らかの解決策を考えないと、いつか限界がきてしまうかもしれません。

合わせて読みたい

前日の休みが充実していて現実逃避したいから

週末に自分の好きなことをして楽しんだら、余計に月曜日に仕事に戻りたくなくなる、ということあります。週末にオンとオフの切り替えをするのはとてもいいことです。休みの日に自分の楽しめる活動をすれば、ストレスもたまりにくくなります。しかし、プライベートが充実していると余計に現実に戻るのが辛くなる時があります。

誰でも現実逃避したいことはあるはずです。しかし、日曜日の夕方になると、一気に現実に引き戻されてしまいます。そこで気持ちの面でも切り替えができればいいのですが、そのまま月曜日の朝まで引きずってしまうことはありますよね。

週末はぜひ楽しむべきですが、平日と週末の気分のギャップが激しいと、さらに精神的に影響してしまいます。同じように、お盆や年末年始のあとも仕事に戻るのに辛くなるのは、長い期間仕事なしで楽しんだあとで、「仕事に行かないといけない」という現実に戻されてしまうので、当然感じる感情だと言えます。

合わせて読みたい

プライベートで嫌なことがあったから

プライべートで嫌なことがある時も、月曜日に仕事に行くのが嫌になる理由の一つになりますね。プライベートが上手く行っていないとそれだけでも、色々な事が嫌になってしまいます。

しかし、さらに仕事をしなければならないとなると、余計にめんどうくさく感じてしまいます。プライベートの問題ばかりが気になって、仕事に集中できなさそう、仕事でミスをしそうという不安もあります。

プライベートで問題があるのに、仕事に行かないといけないのは辛いです。仕事に行っても気持ちはブルーなので、好きな仕事も十分に楽しめないという時もあるでしょう。プライベートがうまくいっていると、多少辛い事も頑張れるのと同じで、プライベートがうまくいっていないと、全てが嫌になってしまうのは、よくあることです。

合わせて読みたい

職場の人間関係が円滑ではないから

職場の人間関係がうまく行っていない場合も、朝仕事に行きたくない理由の一つに挙げられます。朝起きても、「また雰囲気の悪い会社に行かないとか」「また、あの嫌な人と一緒に仕事か」などと職場で嫌な気持ちになることがわかっていると、仕事に行きたくないと感じてしまいますね。

人間関係で問題があっても、仕事は仕事とどこかで割り切れればいいのですが、なかなかそれは難しいものです。それができないと毎朝暗い気持ちになってしまいます。職場に一人でも信頼できる人がいれば、安心感や楽しみがあるため少しは仕事に行く気になるかもしれません。

合わせて読みたい

心身の疲れやストレスが溜まっているから

心身ともに疲れている時、ストレスが溜まっている時は、朝仕事に行くのがとても辛くなります。心身共に疲れていて、そのように感じてしまうことは、結構あると思います。

残業続きで夜中に帰宅したのに、早朝また仕事に行かないといけない、これは体力的にとても大変です。たとえ仕事が好きな人でも、体力的に疲れていては、朝辛いのは当然ですよね。

このように、心身の疲れやストレスが溜まっていると、朝体調が悪くなったり涙が出たりすることもありますね。精神的にいい状態ではないと、いくら仕事が好きでも、朝に限界を感じてしまうこともあるでしょう。自分が疲れているなと感じたら、週末にゆっくり休み体調を整えることが大切ですね。

合わせて読みたい

朝の仕事に行きたくない気持ちをコントロールするおすすめ習慣

毎朝、憂鬱な気持ちで起きて一日を始める習慣はもう終わりにしたいですね。朝起きるのが辛くても、一日をすっきりした気持ちで始めた方が、ハッピーに過ごせるからです。

こちらでは、朝仕事に行きたくないという感情をコントロールするおすすめの習慣をご紹介しましょう。

合わせて読みたい

朝起きたら太陽光を浴びて体内リズムをリセット

朝に仕事に行きたくないと思ったら、朝起きて太陽光を浴びるのが効果的です。朝日を浴びると、体内時計がリセットされて、体内のリズムを正常に機能させることができます。数週間この習慣を続けると睡眠も上手にとれますので、質の高い睡眠をとることは体調を整える助けになります。

誰でも、朝は忙しくてバタバタしがちです。しかし、朝以前よりも少しだけ早く起きて気持ちを落ち着かせ、太陽のエネルギーをもらうような感覚で朝日を浴びる習慣をつけてみると、体調も整って仕事にスッキリとした気持ちで行けるようになるでしょう。

合わせて読みたい

毎朝早めの時間帯に起きる

夜型の人にとっては、朝早く起きるのはとても辛いですね。しかし、夜はなるべく早めに就寝して、いつもより早めに目覚ましをかけてみましょう。毎朝時間に余裕を持って早めに起きると、精神的にも仕事モードに切り替える時間を作ることができます。逆に朝ぎりぎりに起きてしまうと、憂鬱な気持ちのまま出勤の準備をバタバタとすることになるため、心を整える時間がありません。

例えば普段よりも15分早く起きるだけでもいいのです。少しだけ早く目覚ましをかけて、気持ちに余裕を持ち朝支度のできる習慣をつけたら、何かが変わるかもしれません。時間に余裕があるので、眠気が覚めれば仕事に行く意欲もわいてくるかもしれませんよ。

栄養バランスのとれた朝食を食べる

体内リズムを整えるのに、朝食を食べるのは大きな助けとなります。ただ朝食を食べるだけでなく、栄養バランスのとれた食事ならなおさらいいですね。

朝、仕事に行きたくないと思ってしまう原因はあなたの食生活が関係していることもありえます。疲れが取れなかったり、ストレスが溜まっていたりすれば、仕事に行きたくなくなるのも当たり前の気持ちと言えます。

朝は朝食をとらずに出勤する人もいますが、少しだけ早く起きて、フルーツ・牛乳・パンに卵など栄養バランスを考えた食事を心がけてみましょう。エネルギーが出れば頑張ってみようかと思えることもきっとありますよ。

通勤ラッシュ前に家を出る

通勤ラッシュも朝、仕事に行きたくない大きな理由となることがあります。職場に着くまでにすでにストレスを感じてしまっては、一日がもちません。朝方の人なら、多少早く起きて通勤時間をずらすことができます。

通勤時間をずらしてラッシュの時間帯を避けて通勤してみると、通勤ラッシュから来るストレスは、避けることができそうです。30分くらいずらせば、混み具合が違う鉄道はあります。朝早く起きて、時間に余裕を持って職場に行くと全てにおいて、余裕を持って準備ができるので、自信ややる気が出て気持ちの面でもすがすがしくなるものです。フレックスタイム制のある会社なら、帰りも早くなってラッシュを避けられます。もし普段から残業が多いなら、早く出勤したぶん残業も少なくなることでしょう。

とにかく無心で着替えて家を出る

朝、起きたら仕事のことを考えてため息が出てしまうほど、仕事に行きたくないと感じてしまう人は、自分に仕事のことを考える時間を与えないという手段もあります。朝目が覚めたら、とにかく何も考えずにササっと出勤の準備をして、家を出てみるのはいかがでしょうか。

仕事のことを考え始めてしまうと、これも嫌だな、あれも嫌だなと、どんどんマイナスな方向に行ってしまいます。考える時間がなければ、気持ちもそこまで落ちることはないと思います。

仕事のことをあれこれ考える前に、体を仕事に行く方向に動かしてしまえば、嫌だなと暗い気持ちになる前に、すでに通勤電車の中にいることでしょう。

通勤前にジョギングなど軽い運動をする

なかなか、出勤前に運動する時間をとるのは大変だと思います。しかし少しだけ早く起きて、軽い運動をしてみるのも、朝の嫌な気持ちをコントロールする一つの効果的な方法です。運動は、朝食をとるのと同じくらい、体内リズムを整えてくれる大切な役目があると言われています。

もし、朝少しでも運動する時間をとれるなら、近所を少しジョギングしてみたり、散歩してみたりすると、その日にやってくる仕事を少しでも忘れられることもあります。運動はストレス解消にもなるので、気持ちをリフレッシュさせる助けになります。女性なら、人気のヨガを15分くらい行って心を落ち着かせてから、仕事に行く方法もあります。

仕事に行きたくない朝の憂鬱感への対処法

仕事に行きたくないという、あの憂鬱な気持ちをどうにかしたい。このままではいけないと思っている方は色々な対処法を試してみましょう。仕事に行きたくない朝の憂鬱な気持ちへの対処法を9つご紹介します。

合わせて読みたい

「あと何日出勤したら休み」と言い聞かせる

精神的にかなりネガティブになっている朝は、とにかく気持ちをポジティブに持って行きたいですね。ポジティブな気持ちに持って行くにはゴールを定めることが大切です。

仕事に行きたくない朝は「あと何日で休日」などと自分に言い聞かせて、休日まで頑張ればいいのだと踏ん張ってみてはいかがでしょうか。「自分ならできる、頑張れ」と言い聞かせて、できるだけ精神面を良い方向に持って行けば、それが習慣になり、毎朝の仕事に行きたくない感情は少しずつ落ち着いていくこともありえます。

平日も水曜日くらいまでくれば、カウントダウンのように「あと二日」となるので、「意外とすぐ週末が来るな」と明るく考えられるかもしれません。

ランチの計画を立てて楽しみにする

仕事に行くことに何かの楽しみがあれば、仕事に行く気も少しは増す気がします。仕事は嫌だけど、ランチが楽しみで行くという人は意外といるものですよ。

今日はあそこのデリを買ってみようとか、仲の良い同僚とレストランに食べに行こう、などと計画してみると、それが楽しみになってワクワクしてくるものです。人はそういう面では意外と単純にできているものです。

朝、起きたら会議や仕事量の多さなど、仕事の嫌な部分を思い浮かべる代わりに、ランチの計画や友達との会話など楽しみを見つけて朝の辛さを解消してみましょう。疲れがたまっている日は特に、仲の良い同僚と翌日のランチの計画を立ててしまいましょう。翌日は仕事に行く楽しみがあるので、「疲れているけれど行こう」となるでしょう。

休みの日の予定を立てて楽しみにする

平日から休みの日の予定を立てて、それを目標に頑張るのも効果的です。友人とのお出かけや恋人とのデートなど、とにかく休みの日には、楽しい予定を立ててみましょう。今週は休みにこんな予定があるなと思うだけで、仕事が嫌でも大変でも、結構頑張れるものです。

休みの日の楽しい予定に向かって、あと何日でこの予定があるとカウントダウンで自分に言い聞かせると、朝も踏ん張りがきき、「もう少し頑張ってみようか」と思えることもあります。たとえ疲れていても、休みの日に楽しい予定を立てるのは、きっと大きな助けになるでしょう。

楽しみになる予定を仕事後に入れる

次の休みまでは長くて頑張れそうにないという方は、仕事後に楽しい計画を立てる方法が挙げられます。例えば、「今日は会社のあと、ジムで汗を流そう」など、気持ちのリフレッシュができる予定があれば、自然と朝も憂鬱な気持ちが晴れていきますよ。このようなプライベートの予定は、疲れている時こそ気持ちのリフレッシュとなり、効果があるものです。

また、友人に愚痴を聞いてもらいたいと思ったら仕事後に飲みの約束をしてもいいでしょう。上手にプライベートの時間に予定を入れることで、朝仕事のことを考えても、それほど憂鬱にならず以前よりも楽な気持ちで仕事に行けると思いますよ。何かをモチベーションに仕事を頑張るのはとても効果的です。

「あと〇日だけ頑張ろう」と言い聞かせる

朝、仕事に行くのが辛くても、今日だけ頑張ろう、あと一日だけでも頑張ってみようと言い聞かせることもできます。一日一日をこなすつもりで、あまり先を見すぎないのも時には大切です。

特に、辛くなって毎朝憂鬱になる状態の時は、今日だけでも、明日までならと「苦しいのは今だけなのだから」と自分に言い聞かせるともう少し頑張れるような気がしませんか?

朝起きた時は仕事に行きたくなくても、自分に言い聞かせて出勤準備をしていれば、意外と精神的にも落ち着いてくるかもしれません。朝起きた時に、眠くても疲れがとれていなくても、「今日だけ頑張ろう、あと二日だけ働けば休みだ」などと言い聞かせると意外と体が動くものです。人には限界がありますが、このように限界まで頑張ることもできます。

「休んだら翌日がもっと辛い」と考える

現実的なことを考えて、「仕事に行くしかない」と他の選択肢をなくすのも、朝仕事に行きたくない時の一つの対処法です。仕事には行きたくない、しかし、もし本当に欠勤してしまったらどうなるでしょう。

結局ツケがまわってくるのは自分です。欠勤した次の日に大量の仕事が待っていたり、欠勤したことによって何らかのトラブルを招いたりする可能性があるということです。

朝は皆辛いものです。本当に仕事を休めるならいいのですが、現実はそう甘くありません。自分の責任やまわりに与える迷惑などを考えると、結局は仕事に行ったほうがのちのち自分にとっても負担にならないのです。仕事を休んでしまってもあなたに得はないことがわかっていれば、仕方なくても仕事に行く方向に向かっていくのではないでしょうか。

テンションが上がるファッションやメイクをする

ちょっとした工夫で気持ちが変わることはありませんか?女性は、服装やメイクで気分を上げることができます。朝が辛い日は、気持ち的にも楽しくなるような明るめの服装やメイクにしてみてはどうでしょうか。

または自分のお気に入りの服を着るという方法もあります。男性なら、ネクタイや靴でいつもと違う気分を作ってもいいでしょう。

自分の好きな服や、いつもと違うメイクをすると気分的にもお出かけするような楽しい感じになるので、仕事に行くという事実を少しだけ楽しみのように錯覚することができます。朝仕事に行きたくないと感じた日は、これらの工夫をしてみましょう。

好きな音楽を聴きながら職場へ向かう

朝から、嫌な気持ちで始まってしまっても通勤時間に自分の好きな音楽を聴きながら職場へ行くと、ちょっと気分も変わってきます。音楽は人の気持ちやモードに影響することがあります。自分の好きな音楽なら、気持ちをきっと盛り上げてくれるでしょう。

通勤時間でありながら、好きな音楽を聴いているため、ちょっとしたプライベートな時間という感覚になります。通勤のストレスも半減するかもしれません。朝なので一日を爽やかに始められそうな音楽や明るい音楽はきっと効果があると思いますよ。

うまくいっている自分をイメージして気分を上げる

朝起きて、仕事に行くのが嫌だと思った時は、一日の仕事の流れや問題が浮かんでくるからです。しかし、全てがうまくいっているイメージを描いてみたらどうでしょうか。

会議や業務、上司との様々なやり取り、クライアントとの交渉、色々と頭を悩ませている原因はあると思いますが、それら全てをうまくこなしている自分をイメージしてみましょう。「これもきっとうまくいく」「自分はこの業務を楽にこなしている」などとイメージすると、「よし、頑張ろう」という気力がわいてくるでしょう。

要は気の持ちようです。仕事に関する不安要素を打ち消して自分はできる、大丈夫と思えば精神的にも楽になり、もう一度頑張ってみようと思えるかもしれません。

泣くほど仕事に行きたくない朝がある場合はどうしたらいい?

早朝起きるのは辛いし、仕事もやりがいがない。朝仕事に行きたくないと思うこと、たまにはありますよね。しかし、朝起きて泣いてしまうほど仕事に行きたくないと感じるのであれば、少し事態は深刻かもしれません。そのような場合、どのような対処をしたらいいのでしょうか。

合わせて読みたい

仕事を休んで進みたい道・将来を考える

仕事に行きたくない理由が、携わっている業界が嫌いなのであれば、仕事を休んで時間をとり、今後について真剣に考えてみるのはいい方法です。

ただ単に仕事量が多い、業務が大変などの理由なら転職を考えなくても解決策はありそうですが、業界自体が合わないのなら、これを機会に自分の本当に進んでみたい道を考えてみるべきです。

人には誰でもそれぞれ限界があります。朝、涙が出てしまうのが続いた時はストレスもあるし、心身ともに限界がきているのかもしれません。これはいいサインだと考え、その日は仕事を休みじっくりと今後について考えてみたら、新たな目標ができて、前を向いて進めるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

異動願いを出して部署を変えてもらえるよう頼む

会社や業界には問題なく、転職も考えていない場合は、異動願いを出して部署を変えてもらうのも一つの対策です。違う部署に行けば、新しい業務に携わるだけでなく人間関係も新しくなります。新たな人間関係を築き上げて、仕事も楽しく感じるなら、朝涙が出るくらい仕事に行きたくないということはなくなる可能性もあります。

「会社自体は好きなので転職することは考えていないけど、部署の人間関係が辛い、仕事内容がきついので環境を変えたい」という方は、このようにできる範囲で環境を変えてみるのがいいでしょう。

合わせて読みたい

問題を改善するためカウンセリングを受けてみる

朝泣いてしまうほど仕事に行きたくないと感じている場合は、精神的に相当なストレスがかかっていると考えられます。ストレスは甘く見ないほうがよいので、何とかして改善すべきです。

仕事が嫌で涙が出てしまうのか、それとも問題は別の場所にあるのか、自分でもよくわからない時は、専門のカウンセリングに相談してみるといいでしょう。

カウンセリングを受けることで、朝涙が出る原因がわかり、少しずつ問題が改善する可能性は十分あるはずです。精神的な問題が仕事なら、部署を変える・上司に相談する・転職するなど何らかの解決策を考えてみるといいですね。

合わせて読みたい

自分に向いている仕事を探してみる

朝、涙が出るほど仕事から来るストレスで精神的にまいっているなら、これを機に自分の向いている仕事を探してみるのはどうでしょうか。もしかしたら、自分には合わない仕事をしているのかもしれません。

すぐに転職に踏み切るのは勇気がいると思いますが、いずれは自分に合う仕事をするという気持ちで、自分は本当は何がしたいのか、どんな仕事があっているのかじっくりと考えてみましょう。

いずれ転職すると決めたら、気持ちが前向きになり朝もそれほど辛くなくなる可能性もあります。「転職するまで頑張ろう」と言い聞かせてみましょう。今ある現状には終わりがくるとわかっていれば、嫌な仕事でももう少し頑張れるかもしれません。現在の仕事は自分に向いている仕事が見つかるまで、割り切って頑張ってみましょう。

合わせて読みたい

リフレッシュして楽しく仕事に行けるように努力をしよう

朝、涙が出てしまうほど仕事に行きたくないのは、相当精神的に負担がかかっている証拠です。涙の原因は様々なことが考えられますが、この状態をほうっておかずに何らかの対策をたてた方がいいでしょう。

すぐに転職という結論を出さなくても、ご紹介したような様々な対処法で改善できることはあります。中でも、仕事後や週末のプライベートな時間を有意義に過ごすのはとても効果的ですし、すぐに実行できると思います。仕事のことばかりを考えて憂鬱な気持ちになっていたら、あなたの貴重な時間が台無しになってしまいます。

人には誰でも限界はあるものですが、その限界が来る前に気持ち的にリフレッシュして朝問題なく仕事に行けるように、自分に合った解決策を探していきましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧