「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくない朝をどう乗り切る?憂鬱な時の9つの対処法
仕事に行きたくない

仕事に行きたくない朝をどう乗り切る?憂鬱な時の9つの対処法

朝は仕事に行きたくないと思う人がたくさんいる

毎朝、起きたくない……けれど仕事に行かなきゃ……と憂鬱になることはありませんか?朝に仕事に行きたくないと感じることは結構あるものですよね。

しかしそれは、あなたが単に朝に弱くてそのように感じるのでしょうか、それとも「仕事が嫌だ」という思いのほうが大きいのでしょうか

「仕事が嫌だ」というストレスは、適度であれば緊張感を生み出しますが、あまり過度になると心身を壊すことにつながります。

この記事で一緒に、朝の「仕事に行きたくなさ」の正体に向き合ってみましょう。

仕事に行きたくない朝の気分転換に、自己診断ツール「ミイダス」

「ミイダス」は、dodaなどでおなじみパーソルキャリアが提供する無料のアプリです。

ミイダスでできることは2つあり、まずは転職市場における自分の価値を診断できて、転職後はこのくらいの年収が期待できるという具体的な数値を算出してもらえます。
さらにもうひとつ、プロフィールを登録しておくだけで、自分の価値を認めてくれた企業からスカウトをもらうことができます。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスの登録&診断は、だるい朝の通勤時間にもすぐにできる簡単なものです。

登録して診断をしたら、あとは待っているだけでOK。しかもスカウトメールが来た時点で、第一次の書類選考は通過扱いとなるので、せっかく応募したのに落とされるというストレスも少なくて済みます。

まずはぜひ診断を試してみてください。

合わせて読みたい

何でこんなに憂鬱なの?朝仕事に行きたくない7つのパターン

朝起きると仕事のことを考えてため息がでる、なんてこともあると思います。眠いし体も疲れているし、朝から暗くなってしまう。では、朝はどうして仕事に行きたくないと感じてしまうのでしょうか。

ここでは、朝仕事に行きたくないと感じる心理的な理由をご紹介します。

合わせて読みたい

月曜が怖い?ブルーマンデー症候群

週休二日制の会社の場合、「日曜の夜」=「休日の終わり」=「月曜が来てしまう」という図式に頭が慣れてしまいます。

それはあなただけではありません。誰でも多少は、現実に戻るめんどうくささと、オフからオンへの切り替えの大変さがあります。毎週末そのような気持ちになってしまうことはルーマンデー症候群と呼ばれたりもします。

しかし、この週末の憂鬱さが深刻になり、倦怠感を感じたり体調が悪くなる人もいます。体調が悪くなるほど憂鬱になってしまう場合は、改善策を立てた方がいいでしょう。

20代なら早いうちに「JAIC」に転職の相談をしてみよう

仕事に行きたくない気持ちが慢性化してきたら、それ以上心身が傷つかないうちに、環境を変えることを検討したほうがいいかもしれません。

とはいえ、退職・転職には不安がありますよね。そんなとき、もしあなたが20代なら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。心身のストレスがこれ以上重くならないうちに、ぜひ相談してみましょう。

合わせて読みたい

朝に弱いだけという場合も多い

夜型の人にとっては、朝早く起きるのはとても辛い作業です。朝の弱い人は、朝早くに起きること自体が一苦労で非常に辛いために、気持ちも「仕事に行くのがめんどうだ、行きたくない」と感じてしまうのかもしれません。

仕事が嫌いという理由ではなく、ただ単に疲れていて眠いから仕事に行きたくない、夜型生活になってしまっているという可能性も、もしかしたらあるのかもしれません。

仕事で特に問題がなく、人間関係も順調に行っている時でも、朝仕事に行きたくないと感じたら、単純に眠かったり疲れているだけということも考えられます。

そんな時は、翌日しっかりと体を休めれば、次の日の朝には、精神的にそれほど辛くないと感じられるでしょう。

合わせて読みたい

休みを満喫してしまうと平日とのギャップが大きい

週末に自分の好きなことをして楽しんだら、余計に平日は仕事に戻りたくなくなる、ということあります。

週末にオンとオフの切り替えをするのはとてもいいことです。休みの日に自分の楽しめる活動をすれば、ストレスもたまりにくくなります。しかし、プライベートが充実していると余計に現実に戻るのが辛くなる時があります。

同じように、お盆や年末年始のあとも仕事に戻るのに辛くなるのは、長い期間仕事なしで楽しんだあとで、「仕事に行かないといけない」という現実に戻されてしまうので、当然感じる感情だと言えます。

それでもたいていは、出勤してしまうとあっさりと仕事に戻れるものです。休みを楽しむのはまったく悪いことではないので、あまり気にしないのが一番です。

合わせて読みたい

プライベートに問題があると仕事にも行きたくない

プライべートで嫌なことがある時も、仕事に行くのが嫌になりますね。

仕事が手に付かないほどの悩みを抱えていたり、仕事をしている場合ではない問題に対処しなければいけなかったり……。それで仕事に集中できなくてミスなんかしてしまったら、自己嫌悪もひとしおです。

プライベートがうまくいっていると、多少辛い事も頑張れるのと同じで、プライベートがうまくいっていないと、全てが嫌になってしまうのは、よくあることです。

合わせて読みたい

疲れが取れていないなら朝が辛いのは当然

充分な睡眠時間といえば8時間が定説ですが、誰もが8時間寝れば心身ともに回復できるわけではないでしょう。ずっと残業続きで連勤したあとに、たった一日だけ休みがあっても、疲れがすっかり取れるとは限りません。

日頃の生活ぶりによってはあまり質のよい睡眠がとれないかもしれません。夜勤込みの不規則なシフト制だったりすると、夜寝て朝起きるリズムが作れないこともあります。

そのときの自分が必要とするだけの休息ができていない場合は、出勤日の朝が辛くなるのも当然でしょう。

合わせて読みたい

やりたくない仕事が控えていると出勤したくない

「今日出勤したらあれをしないと……」というように、やりたくない仕事が待っていることがわかっている場合は、仕事に行きたくなくなります。

しかしそれは一時的なものでしょう。特にやりたくない仕事が終われば、あとはまた日常に戻ります。

怖いのは、「やりたくない仕事」が日常になってしまうことです。仕事は、好きとまではいかなくとも、一日の多くの時間を費やすことなので、せめて少しはやりがいや興味を持てる瞬間がほしいものです。それが少なくなっていくと、要注意です。

仕事自体が完全に嫌になってしまうと危険

寝不足などの要因を抜きにしても、本当に仕事自体が嫌で朝仕事に行きたくないのなら、そのまま惰性で出勤しつづけるのはあまりよくありません。

毎日じわじわとストレスが蓄積されている状況で、自分にとっては「嫌だなあ」くらいの感覚でも、周りから見ると以前に比べてとても無気力になっていたり、うつ寸前に見えたりといったことがあるかもしれません。

「嫌だなあ」と思いながらもまだ朝起きて出勤できているうちに、自分にとって必要な対策をしましょう。それは自分の意識を変えることであったり、部署異動や転職で物理的に環境を変えることであったりします。

合わせて読みたい

朝の気分をポジティブに変えるおすすめ習慣

毎朝、憂鬱な気持ちで起きて一日を始める習慣はもう終わりにしたいですね。朝起きるのが辛くても、一日をすっきりした気持ちで始めた方が、ハッピーに過ごせるからです。

こちらでは、朝仕事に行きたくないという感情をコントロールするおすすめの習慣をご紹介しましょう。

合わせて読みたい

太陽光を浴びる

朝に仕事に行きたくないと思ったら、朝起きて太陽光を浴びるのが効果的です。朝日を浴びると、体内時計がリセットされて、体内のリズムを正常に機能させることができます。朝起きたら他の何よりもさきにカーテンを全開にしてみましょう。

数週間この習慣を続けると睡眠も上手にとれますので、質の高い睡眠をとることは体調を整える助けになります。

誰でも、朝は忙しくてバタバタしがちです。しかし、朝以前よりも少しだけ早く起きて気持ちを落ち着かせ、太陽のエネルギーをもらうような感覚で朝日を浴びる習慣をつけてみると、体調も整って仕事にスッキリとした気持ちで行けるようになるでしょう。

合わせて読みたい

少しだけ早寝早起きしてみる

早寝早起きの習慣をつけるのは難しいものです。しかし、「寝る前にスマホを見ないようにしてすぐ寝付けるようにする」「朝のアラームを15分だけ早くしてみる」など、自分にできる範囲でじわじわと早寝早起き生活にシフトしていくことはできそうですよね。

寝付きをよくして、朝に余裕をつくると、それだけでもできることが増え、見える風景が変わってきます。もしかしたらいつもより空いている電車に乗れるかもしれません。

15分が難しければ5分からスタートでもいいのです。だんだん生活リズムを変えていきましょう。

栄養バランスのとれた朝食を食べる

体内リズムを整えるのに、朝食を食べるのは大きな助けとなります。ただ朝食を食べるだけでなく、栄養バランスのとれた食事ならなおさらいいですね。

朝、仕事に行きたくないと思ってしまうのには食生活が関係していることもあります。朝は朝食をとらずに出勤する人もいますが、少しだけ早く起きて、食事らしい食事をとってから出勤できるよう心がけてみましょう。

忙しい朝にわざわざ調理をしなくてもいいようにするのもポイントです。たとえば、冷めてもおいしいおかずを3日分くらいタッパーなどに作っておいて、朝はそれと牛乳とごはんだけ、というのでもOKです。

エネルギーが出れば頑張ってみようかと思えることもきっとありますよ。

通勤方法・ルートを変えてみる

惰性で通勤していると、朝に刺激がなくなるので、仕事に行きたくない気持ちもつのってしまいます。そこで、通勤に少し刺激を入れてみましょう。例えば以下のようなことです。

チェックポイント

  • 一駅手前で乗る、または一駅手前で降りてみる
  • 路線や交通手段の選択肢がある場合は変えてみる
  • フレックスタイム制があれば、ラッシュの時間帯を避けて出勤できるよう会社に相談してみる
  • 通勤ルートの途中でカフェのモーニングセットなどを食べてみる
  • 月に1日くらいタクシーで行ってみる

通勤自体を、自分にとって「飽きのこないエンターテイメント」にできれば勝ちです。特に都市部では、さまざまな路線が使えたり、途中にカフェが多かったりするので、気分転換を取り入れて通勤を楽しめるようにしてみましょう。

通勤途中に音楽で気分を上げる

通勤時に音楽を聞いている人は多いかと思います。もし音楽を聞く習慣がなければ、この機に好きな曲をまとめてスマホに入れるなどしてみましょう

ポイントは、あまりシャカシャカと音漏れするような安いイヤホンではなく、電車の中でも遠慮なく大音量を出せるようなイヤホンを選ぶことです。音量の大きさは気持ちに影響します。さほど好きではない曲でも、大音量だと急に心に響いてくることもあります。

通勤時に聞く音楽を選ぶことそのものが趣味になって、人生に楽しみが増えればなおよいですね。

ファッションやメイクを楽しむ

ファッションやメイクへの興味・こだわりが強い人は、それを出勤への原動力にしましょう。新しい服を着たり、新しいメイク方法を試したら、自然と外に出て誰かに見せたくなるものです。

たとえ誰にも指摘されなくとも、「好きな格好をしている自分」として外に出るのは、惰性で出勤用の服とメイクでいるよりもよほど気分が上がりますよね。

お出かけするような楽しい感じになれるので、仕事に行くという事実を少しだけ楽しみのように錯覚することができます。朝仕事に行きたくないと感じた日は、これらの工夫をしてみましょう。

通勤前にジョギングなど軽い運動をする

なかなか、出勤前に運動する時間をとるのは大変だと思います。しかし少しだけ早く起きて、軽い運動をしてみるのも、朝の嫌な気持ちをコントロールする一つの効果的な方法です。運動は、朝食をとるのと同じくらい、体内リズムを整えてくれる大切な役目があると言われています。

「そんなこと面倒くさい……」と思っていた人でも、やってみると意外にはまることがあります。

「朝ジョギングのあとに、ランナー用の銭湯でサウナに入るのがくせになった」「朝運動する効率のよさに気づいて、ロードバイクを買って自転車通勤するようになった」など、本人も驚くような習慣付けができた例はよくあるものです。

どうしても仕事に行きたくない朝にできること

仕事に行きたくないという、あの憂鬱な気持ちをどうにかしたい。このままではいけないと思っている方は色々な対処法を試してみましょう。仕事に行きたくない朝の憂鬱な気持ちへの対処法を9つご紹介します。

合わせて読みたい

「あと何日出勤したら休み」と言い聞かせる

精神的にかなりネガティブになっている朝は、とにかく気持ちをポジティブに持って行きたいですね。ポジティブな気持ちに持って行くにはゴールを定めることが大切です。

仕事に行きたくない朝は「あと何日で休日」などと自分に言い聞かせて、休日まで頑張ればいいのだと踏ん張ってみてはいかがでしょうか。

「自分ならできる、頑張れ」と言い聞かせて、できるだけ精神面を良い方向に持って行けば、それが習慣になり、毎朝の仕事に行きたくない感情は少しずつ落ち着いていくこともありえます。

平日も水曜日くらいまでくれば、カウントダウンのように「あと二日」となるので、「意外とすぐ週末が来るな」と明るく考えられるかもしれません。

楽しみに待てるような予定を入れる

仕事に行くことに何かの楽しみがあれば、仕事に行く気も少しは増す気がします。仕事は嫌だけど、たとえばランチが楽しみで行くという人は意外といるものですよ。

今日はあそこのデリを買ってみようとか、仲の良い同僚とレストランに食べに行こう、などと計画してみると、それが楽しみになってワクワクしてくるものです。人はそういう面では意外と単純にできているものです。

朝、起きたら会議や仕事量の多さなど、仕事の嫌な部分を思い浮かべる代わりに、ランチの計画や週末の飲み会など楽しみな予定を入れて、「あと○日」と考えることで朝の辛さを解消してみましょう。

「休んだら翌日がもっと辛い」と考える

現実的なことを考えて、「仕事に行くしかない」と他の選択肢をなくすのも、朝仕事に行きたくない時の一つの対処法です。仕事には行きたくない、しかし、もし本当に欠勤してしまったらどうなるでしょう。

結局ツケがまわってくるのは自分です。欠勤した次の日に大量の仕事が待っていたり、欠勤したことによって何らかのトラブルを招いたりする可能性があるということです。

朝は皆辛いものです。本当に仕事を休めるならいいのですが、現実はそう甘くありません。自分の責任やまわりに与える迷惑などを考えると、結局は仕事に行ったほうがのちのち自分にとっても負担にならないのです。

仕事を休んでしまってもあなたに得はないことがわかっていれば、仕方なくても仕事に行く方向に向かっていくのではないでしょうか。

うまくいっている自分をイメージして気分を上げる

朝起きて、仕事に行くのが嫌だと思った時は、一日の仕事の流れや問題が浮かんでくるからです。しかし、全てがうまくいっているイメージを描いてみたらどうでしょうか。

会議や業務、上司との様々なやり取り、クライアントとの交渉、色々と頭を悩ませている原因はあると思いますが、それら全てをうまくこなしている自分をイメージしてみましょう。

「これもきっとうまくいく」「自分はこの業務を楽にこなしている」などとイメージすると、「よし、頑張ろう」という気力がわいてくるでしょう。

要は気の持ちようです。仕事に関する不安要素を打ち消して自分はできる、大丈夫と思えば精神的にも楽になり、もう一度頑張ってみようと思えるかもしれません。

一日だけ休んでみる

どうしても無理だと思ったら、一日くらい衝動的に休んでみましょう。そして、休むことで自分の心持ちがどう変化するかを確認してみましょう。

みんなが仕事をしている時間に自由に過ごすことで、ストレス解消になるかもしれませんし、「やっぱり仕事のことを考えてそわそわしてしまうから、自分は無理矢理にでも出勤したほうがいいタイプだ」と気付けるかもしれません。

休んだ翌日は「大丈夫ですか?」「あなたがいなくて困った」などと言われるかもしれませんが、社員ひとりが急に休んだくらいの出来事はすぐに忘れ去られていきます

習慣になってしまうといけませんが、普段有給が溜まっているのなら、あまり罪悪感を持たずに一日くらい気軽に休んでみましょう。

どうしても出勤が苦痛な朝にできること

早朝起きるのは辛いし、仕事もやりがいがない。朝仕事に行きたくないと思うこと、たまにはありますよね。しかし、たとえば朝起きて泣いてしまうほど仕事に行きたくないと感じるのであれば、少し事態は深刻かもしれません。

そのような場合、どのような対処をしたらいいのでしょうか。

合わせて読みたい

仕事を休んで自分の将来を考える時間をとる

仕事に行きたくない理由が、携わっている業界が嫌いなのであれば、仕事を休んで時間をとり、今後について真剣に考えてみるのはいい方法です。

ただ単に仕事量が多い、業務が大変などの理由なら転職を考えなくても解決策はありそうですが、業界自体が合わないのなら、これを機会に自分の本当に進んでみたい道を考えてみるべきです。

人には誰でもそれぞれ限界があります。朝、涙が出てしまうのが続いた時はストレスもあるし、心身ともに限界がきているのかもしれません。

その日は仕事を休みじっくりと今後について考えてみたら、新たな目標ができて、前を向いて進めるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

世の中にはどんな仕事があるのかリクナビNEXTで調べてみる

今の仕事に疲れたときには、転職サイトで他の会社や未経験の業種をなんとなく眺めてみるのも気分転換になります。

転職サイトというと、「登録したとたんにエージェントから電話がかかってくる」というサービスもありますが、リクナビNEXTはエージェント制ではないため、マイペースに利用できます。

現実的に転職を考えていなくとも、登録してみて損はありません。

リクナビNEXTをチェックしてみる

異動願いを出してみる

会社や業界には問題なく、転職も考えていない場合は、異動願いを出して部署を変えてもらうのも一つの対策です。

違う部署に行けば、新しい業務に携わるだけでなく人間関係も新しくなります。新たな人間関係を築き上げて、仕事も楽しく感じるなら、朝涙が出るくらい仕事に行きたくないということはなくなる可能性もあります。

「会社自体は好きなので転職することは考えていないけど、部署の人間関係が辛い、仕事内容がきついので環境を変えたい」という方は、このようにできる範囲で環境を変えてみるのがいいでしょう。

合わせて読みたい

転職エージェントのキャリアカウンセリングを受ける

これを機に自分に向いている仕事を探してみるのはどうでしょうか。それも、自力で探すのではなく、プロである転職エージェントに、キャリアカウンセリングという形で相談し、客観的に向いている仕事を探してもらうのです。

どこの転職エージェントも、無料で相談を受けてくれます。まだ本気で転職を考えていなくとも、まずは相談してみましょう。

「自分にも転職できる先があるんだ」とわかれば、それだけでも気持ちが前向きになり朝が辛くなくなる可能性もあります。

「転職するまで頑張ろう」と言い聞かせてみましょう。今ある現状には終わりがくるとわかっていれば、嫌な仕事でももう少し頑張れるかもしれません。

合わせて読みたい

初めての転職相談はマイナビエージェントがおすすめ

自分にどんな仕事が向いているのかは、自分ではわからないこともあります。WEBでの自己診断ツールなどを使ってみると新たな一面が見つかるかもしれませんし、人に相談してみるのもひとつの方法です。

マイナビエージェントは、求職者ひとりひとりと丁寧に面談をし、その人に合った仕事を紹介してくれます。思いもよらなかった異業種に、新しい道がひらける可能性もあります。

マイナビエージェントをチェックしてみる

リフレッシュして楽しく仕事に行けるように努力をしよう

朝、涙が出てしまうほど仕事に行きたくないのは、相当精神的に負担がかかっている証拠です。涙の原因は様々なことが考えられますが、この状態をほうっておかずに何らかの対策をたてた方がいいでしょう。

すぐに転職という結論を出さなくても、ご紹介したような様々な対処法で改善できることはあります。

中でも、仕事後や週末のプライベートな時間を有意義に過ごすのはとても効果的ですし、すぐに実行できると思います。

仕事のことばかりを考えて憂鬱な気持ちになっていたら、あなたの貴重な時間が台無しになってしまいます。

人には誰でも限界はあるものですが、その限界が来る前に気持ち的にリフレッシュして朝問題なく仕事に行けるように、自分に合った解決策を探していきましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧