1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくないと感じた時の理由と対処法
仕事に行きたくない

仕事に行きたくないと感じた時の理由と対処法

仕事に行きたくないと思う理由とは?

仕事に行きたくない。
そんな人の精神を追い詰めている理由とは何でしょう?

まずその理由を探ってみなければ解決策は見えてきません。それほどまでに行きたくない仕事ならば辞めるという判断もできますが、原因とその解決法を思い描けなければまた同じことを繰り返してしまいます。

仕事に行きたくない理由は多々あります。嫌いな上司がいる、仕事がたくさんあって辛いなど様々です。その行きたくないと思う理由をすべて紙に書き出して整理してみましょう。すると理由が明確化され、それに合った対処法が見えてくるようになるはずです。それでは仕事に行きたくないと思う理由をご紹介します。

合わせて読みたい

仕事内容が単調でつまらない

毎日している仕事が、いつも同じことの繰り返しになっていたり、指示されたことだけをするといったものならば、あなたは自身の仕事にやりがいを感じることができるでしょうか。

目新しいものがひとつもなく、今までと同じ作業を行うことだけが自分の仕事と決められていれば、あなたは自分の仕事に誇りを持てますか?たとえお金をもらうだけの仕事でも、単調な仕事をこれから一生行うとなると、仕事への欲望はなくなるといえるでしょう。そのような仕事は機械がやればもっと早くできるので、自分に価値が見いだせなくなります。

仕事をしている時間、日常生活のほぼ7割を割いている時間が同じことの繰り返しなら、その単調な日々に何も感動することがなくなり、これからの人生に希望をもつことができなくなってしまうといえます。それだけ人間はよくも悪くも飽きやすい生き物であるといえます。

転職を考えてみる

通勤時間が長くて嫌になる

都心部で働く人たちの中には、会社までの通勤時間がストレスで仕事に行きたくないと考える人が多くいます。
その理由は通勤にかける移動時間が無駄という人、満員電車が苦痛、長時間電車の中で立ちっぱなし、などさまざまです。特に前者においては通勤時間をもっと他に有効利用できるのではないかと考えるとストレスが増してくるのも分かる気がします。

さらに通勤電車というのは大体において混雑しているもので、立っているのがやっと、すし詰め状態の電車に揺られて行かなければならないことを考えるとさらにストレスになりますね。やっと勤務先に到着してもすでに体力は奪われ、ぐったりした状態で仕事が始まります。帰りもまた同じように混雑した電車で同じ時間を掛けて帰宅します。そして翌日もまたその繰り返し…こんなことで生産的な仕事ができるのでしょうか?こんな生活が長く続くはずはありません。

合わせて読みたい

担当している仕事がない

会社に出勤しても、仕事を与えてもらえない場合も仕事に行きたくないと考えてしまう原因の1つです。
いわゆる社内ニートや、窓際族と言われるような存在になってしまったら、本人は会社に行きたくないと感じることでしょう。

本人が仕事を割り振ってもらえないのにも理由があるのかも知れませんが、本人に能力が足りないことなどが考えられます。もちろん、本人の能力だけが問題とは限りません。どんな仕事をする上での教育を受けたのかも考えないといけません。

仕事が振られないため、ずっと何もしないでいられることはどう思いますか。人によっては、その状況に耐えられる人もいます。
そういう人にとっては、その職場は天国のように感じるでしょう。ですが、大半の人はそうではないはずです。そんな職場は地獄に感じてしまう人も多いです。もし会社を地獄と感じるのなら、仕事に行きたくなくなるのも無理はありません。

転職を考えてみる

楽しい連休を過ごした次の日

プライベートを思い切り楽しんだ連休、その連休明けの仕事は「嫌だなあ」と感じる人は多いはずです。
普段仕事に対してポジティブな人でも、日常とかけ離れて、南の島でバカンスをしたなどの非日常感を味わってしまったのなら、仕事が嫌だと感じても仕方がないのではないでしょうか。

自分の気持ちが安らぐ、またはワクワクするような非日常感は、仕事でのストレスやプレッシャーからはかけ離れたものになります。
その非日常から一気に現実に戻された時に、仕事は辛いものだという認識が生まれることが多く受け入れがたいもののように感じてしまいます。

人間は、一度快楽を味わってしまうとそれがやみつきになり、まだ快楽に浸っていたい、このままでいたいという欲求が芽生えてくるものです。その結果、プライベートを満喫できる快楽のような連休を味わった後には、仕事が億劫になってしまいがちになるのです。

合わせて読みたい

会社の人間関係が嫌で行きたくない

仕事を退職する時、常に理由として挙げられているのは社内の人間関係。仕事の関係上、嫌でも毎日顔を合わせ無ければならないのは辛いです。最初は楽しかったはずの仕事もいつの間にか憂鬱になってしまいますし、社内いじめがあれば尚更です。
人付き合いも上手くいってるし今日も早く仕事に行きたいなぁなんて夢のまた夢。行きたくないものは行きたくないのです。

人間関係というものは仕事をする上で一番深刻な問題です。与えられた仕事は、何回も繰り返すことによって自然と覚えられますが、人間関係はそう簡単にいきません。時間をかけて積み重ねようとしてもちょっとしたきっかけで崩れ去ってしまいます。
「しんどいなぁ」「休みたいなぁ」と思っても簡単にはいかず、いつも泣く泣く仕事に行くハメに…そんな毎日を繰り返しているといつしかうつ病等の心の病にかかってしまいそうになります。これらの事をうまく切り抜けて、毎日穏やかにストレスフリーな環境にしなければなりません。

転職を考えてみる

1人では処理しきれない仕事を任された

目が回るほど沢山の仕事の山に、日々追われ続けていると、ふとした瞬間に立ち上がれなくなる時が来ます。

きっと誰しも身に覚えがあるはずです。全て投げ出してしまいたいような衝動に駆られるような経験です。そんな日は、どんなに気持ちを奮い立たせようとも、体が付いてきません。常に課せられ続けるプレッシャーは、いずれ人を追い込みます。そして、電気が突然ショートしたみたいに、突然ぷつりと糸の切れた操り人形のように、人を無気力にさせてしまいます。

合わせて読みたい

朝起きるのが苦手

朝起きられない人が仕事に行けない理由は、仕事自体に問題がある訳ではないこともあります。
低血圧で目覚めが悪く、どうしても朝は不機嫌になってしまうといった、体質的な問題があるのかもしれません。または、趣味のこと、副業、付き合っている彼氏・彼女との電話、いずれにしても、夢中になっていることがあり、連日夜更かしが続いているのかもしれません。どちらにせよ、布団からなかなか出られない十分な理由になり得ます。

しかし、どちらも自分で改善する余地があります。仕事場での作業量が連日莫大であったり、夜遅くまで残業をさせられていたり、仕事場でいじめにあっているような場合と比べると、行けない理由としては軽いものです。会社での問題は、自分一人の力では、変えようにもなかなか一筋縄ではいきません。

合わせて読みたい

スランプに陥った

自分がいくら仕事を上手にこなしていても、時に成果に繋がらなかったり、評価に繋がらなかったりすることがありますよね。これがいわゆる、スランプ状態というものなんです。

人間誰でも起こりうることですし、実際にこのような状態になってしまったことがある人もいるのではないでしょうか。どうにか成績や評価につなげようとして色々な事を試してみても、結果がでなくて思い悩みます。そして何がいけなかったのか、もっとこうした方が良かったのではないのかと自分の中でぐるぐると考えてしまい、精神的に落ち込んでしまいます。さらに酷いときには塞ぎ込んでしまうこともあるかもしれません。このように大きく精神的なダメージを受けてしまうと仕事自体と向き合うことが嫌になってきて、仕事現場に向かうことも億劫になってきてしまうのです。

合わせて読みたい

ミスが原因で人間関係が悪くなる職場である

仕事で失敗してしまった翌朝、仕事に行きたくなくてなかなかベットから抜け出せない、という人も多いかと思います。失敗したこと自体が原因ではありません。私たちの頭をぐるぐると回るのは、ミスをする人と他人から思われているかもしれないだとか、上司に怒られるだとか、そういうものです。

中でも1番キツイのが、人間関係の悪化です。上司からの執拗な文句や、部下からの冷たい目、同期からさえも陰口を言われたり無視をされる可能性があります。確かに、その失敗によって大きな損失をしてしまったのかもしれません。それを申し訳なく思うのが第一かもしれません。しかし、仕事を続けていく上で頭に浮かぶのは、このような不安や心配もあります。たった少しの失敗が、たった一度の失敗が、自分の居場所を奪い、会社に行きたくない大きな原因となり得るのです。

合わせて読みたい

恋人と別れた

「恋人に振られて泣いていますので今日は仕事を休みます」

このような理由で仕事を休む人はあなたの周りにはいるでしょうか。仕事に対して真面目な日本の風潮ではなかなか許されませんよね。
しかし、欧米では上司に相談した結果、休めるということが意外にもあるのです。

どんなに体調が悪くても、なんとかして会社へ行き、仕事をやり遂げる日本人も多く存在します。そのような風潮の中で、失恋のために会社を休むなんて会社での評価が下がる可能性は高いと考えることが多いのではないでしょうか。
しかし、失恋は周りが思っているよりも心身へのダメージは大きいものです。風邪と同様に食欲を失うこともありますし、生きる気力さえなくなってしまう場合もあります。失恋をすることで、心のみではなく体にも不調をきたし、仕事へ行きたくない、行けない状態になるケースさえあるのです。

実は失恋は、風邪以上に大きなダメージを人間に与えることがあるのです。

残業が多く十分に寝れない

近頃、残業をさせない会社も増加しましたが、未だにサービス残業をしなくてはいけないブラック企業があるようです。
大都会で働いている人の大半は電車で1時間程度のベットタウンに住んでいます。それにより、残業で自宅に帰宅するまでに時間が大幅に遅くなり、翌日も早朝に家を出なければならず睡眠時間を十分に取れず体を休ますことができません。睡眠時間が減ると思考力が低下して、一日の心身の疲れを取ることもできません。睡眠不足は心身をボロボロにする要因です。そうなると働く意欲も失っていきます。

また睡眠時間が取れない事が続くと人は会社行きたくなくなります。そうなってしまった場合、通勤時間を短縮できるように会社の周辺に引っ越すか、休日に体力と気力が元通りになるようなリフレッシュをする方法を見つける必要があります。

転職を考えてみる

セクハラやパワハラなど精神的に辛い

仕事自体は楽しいし面白いし、大好きだ。そんなあなたでも、上司からパワハラ・セクハラなどを受けたりお局様から目を付けられ意地悪されるようになったら、会社に行くのも嫌になってしまいますよね。
会社には、パワハラやセクハラに対する相談窓口を設けているところも多々ありますが、(相談が漏れてしまうのではないか)と不安に思う方も多いでしょう。また、事務的に処理され何ら改善されなかったら憂鬱にもなってしまいますよね。かといって、いきなり弁護士さんに相談するというのも敷居が高いですし、このまま理不尽な状況に耐えるしかないのでしょうか。
答えは「ノー。」です。転職という選択肢がある事を視野に入れて情報を検索してみませんか。あなたにスキルがあり経験もあり社会一般常識もあれば、嫌な人間関係の職場から離れられるだけでなく、ワンランク上にステップアップ出来るかもしれませんよ。

合わせて読みたい

仕事に行きたくないと感じた時の17個の対処法

「仕事に行きたくない」と思うことは、誰にでもあることだと思います。では、どんな時にそう思うのでしょうか?

突き詰めてみると、「仕事に対して疲れを感じている」時ではないかと考えられます。それでも私たちは仕事に行かなければなりません。「行きたくないから行かない」では済まないのが現状です。気づけば、朝いつもの時間に起き、朝食を食べ、いつもの時間に家を出て、同じ時間の電車に揺られて出勤している…これで幸せと言えるでしょうか?

「仕事に行きたくない」「仕事に疲れた」と感じる時は、大体の場合、職場において何か問題を抱えていることが大半です。例えば、少しのミスを責められたり、許容範囲外のことを強要されていたり、手当が出もしない残業に応じさせられていたりと、多くは自分のせいではないところでストレスにさらされています。今日も出勤したらきっと同じストレスを感じることになる…それが分かっているのに行かなければならない苦痛というのは大変なものです。こちらではそのストレスを和らげる方法をご紹介します。是非、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

なにも考えずに家から出てみる

「家にいるときは会社に行くのがすごく億劫に感じるのに、いざ家を出て会社に向かうと気にならなくなった」ということはありませんか?

いつまでも布団の中にいないで、起きて服を着、顔を洗って朝食をとり…いつものルーティーンで過ごしてみましょう。そうしている間にも気持ちが切り替わり、いつもの時間に家を出て、会社に向かって足が動いているはずです。どんなに気分がのらなくても、会社を無断欠席したりだらだらと休んでしまってもそれは何の解決にもなりません。

また、嘘をついて休んでも、それはきっとあとから罪悪感に悩まされるものですし、自分の仕事がどんどんたまっていってしまうだけです。そうするとさらに会社に行くのが億劫になってしまい、悪循環に陥ることになってしまいます。とにかく会社には行きましょう。その上でどうしても無理、というのであればきちんと事情を話して帰ってきましょう。

合わせて読みたい

通勤時間に楽しみを作る

会社まで遠い、満員電車満員電車が憂鬱、など会社への道のりが憂鬱という方も多いのではないでしょうか?
遠いから会社の近くに引っ越すなどというのはあまり現実的ではないですよね。まず仕事のために引っ越すのは生活が仕事中心になってしまうのでオススメしません。

通勤時間がネックだという方は、その通勤時間を楽しく過ごす方法を考えてみましょう。オススメは、自分の趣味に合ったアプリなどを使用することですが、通勤時間は目を休ませたいという方や、満員電車、マイカーで通勤している方にオススメなのがポッドキャストです。ビジネス関連に役立つ情報、バラエティー、語学、音楽など様々なジャンルの番組があ理ますので、ぜひ自分の趣味に合った番組を探してみてください。今まで憂鬱だと感じていた通勤時間を楽しい時間に変えてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

どうしても仕事を休んでみる

色々な理由で今日は仕事は無理という日があります。そういうときにスパッと休んでしまうというのはありです。
でも、本当に休んでしまうとどうなるでしょうか?
急に休むことによって、あなたの仕事を他の誰かがやらなければならなくなります。自分の仕事だけでも大変なのに、人の仕事までやることになるとパンクしてしまいます。その誰かは体調不良と聞いても不満を抱えることになるでしょう。何度もそんな休みを取れば、同僚からも「またか」と呆れられてしまいます。あなたの仕事に対する姿勢、責任感はこの程度なんだと会社に評価されてしまいます。

どうしても無理な日でも動けるのなら、一度出勤してみてください。やっぱりダメなら帰ってくればいいのです。一度会社に行く事によって仕事の引き継ぎもできるし、自分に対しても、頑張ったと褒めてあげる事ができます。

合わせて読みたい

仕事を終えた後に自分にご褒美をあげる

毎日の仕事でのモチベーションを上げるために、あなたは何か取り組んでいることや楽しみにしていることはありますか。
例えば、仕事帰りにお気に入りのお店でお気に入りのビールを飲むとか、最近気になっている異性の後輩を誘って食事に行くだとかです。

プライベートを充実させることで、仕事へのやる気があがるというケースは多くあります。
週末に大きな楽しみ、例えば最近できた恋人とのデートが週末にある場合は、「今週を乗り越えたら◯◯とデートだ。頑張ろう。」という気持ちになることがありますよね。
しっかりと仕事をこなすことで、その後の楽しみをすっきり良い気分で迎えられることができます。
自分にとっての楽しみを何かしら設けることで、自然とやるべき仕事もこなそうと体が自然に動くはずです。

大きな楽しみがないという人でも、好きな食べ物をコンビニで買うなど自分にとってのご褒美を与えることで、仕事へのモチベーションがアップしますよ。

合わせて読みたい

お洒落してみる

特に仕事上で悩んでいたり抱えているものがなくても、休み明けの日や、雨など天気が悪い日には、会社に行きたくないなと思う時がありますよね。そういう日にはメイクやヘアスタイルを変えてみたりと普段と違うものにしてみることをおすすめします。

いつもと違ったことをすることで気分転換にもなりますし、自分にエールを送るような気持ちにもなりますよ。また、服もいつも会社に着ていくものではなく、ちょっとおしゃれをしてお気に入りの服を着てみたり、小物やアクセサリーなどでワンポイントアップしてみませんか?

普段と違う自分を演出することは気持ち的にもとても大事なことです。また、服や小物、アクセサリーなどは、明るめの色のものを選びましょう。そうすることで気分も晴れやか、明るく1日を過ごせますよ。ぜひ、試してみてください。

辛い時こそ自分は成長していると思いこむ

仕事を、生活するための手段・仕方なくやるものと捉えるのではなく、自分を成長さ良い経験をさせてくれるものとして捉えてみてはいかがでしょうか?

どんな仕事についたとしても、毎日が順調で楽しいことが続くわけではありません。どこにも大体、部下から煙たがられる上司がいるものですし、同僚とよい人間関係を築くのに苦労をしたり、仕事ではミスをして叱られたりなど、それはおそらくずっとついて回るものでしょう。そこでネガティブな部分をポジティブに捉えるようにしてみませんか?

自分のミスを叱る上司には、こうして正して貰えることで自分は成長していくのだと、そして同僚との人間関係も、今後の人生において必要なものなのだと、そう考えることで少し楽になると思います。考え方を少し変えるだけで、ポジティブに受け取ることができますよ。

合わせて読みたい

恐い上司の事を考える

昔はよくいた熱血な上司ですが、最近ではパワハラなどと言われ、めっきり少なくなってしまいました。

口調が強く、ミスをしようものなら上から怒鳴られるのでとても恐怖ですが、怒鳴られると思うと仕事も慎重になるのでミスも減ったり、怒られないように自身を常にスキルアップさせようと頑張ったり、会社に行きたくないな…と思っても、そういった上司がいると思うと、大目玉を食らいたくないな。と思い会社に行く事が出来ると思います。

怒ってくれると言う事は、まだ成長できると期待されているから怒ってくれている。と思うと信頼関係も出来てくるのではないでしょうか。自分に甘い人にとって、熱血な上司はとてもいい刺激になり、自分を甘えさせず奮い立たせる強さを鍛えてくれる存在だと思います。
今この様な時代だからこそ、熱血な上司の存在が必要なのではないでしょうか。

仮病を使って仕事を休むか、遅刻する

今日は会社に行きたくない。誰でもありますよね。こんな気持ちになるのはなぜなのか。
それは、あなたがその仕事に不満があるからです。思い切って、休むか遅刻してしまいましょう。あなた自身が参ってしまっている証拠なのですから。

自分が出しているシグナルに目を背けてはいけません。あなたにとって仕事とはなんですか。仕事をする為に生きているのですか。ちがいますよね、生きる為に仕事していますよね。
あなたのことを心配している人がいる事を忘れなで下さい。家族はあなたの最大の理解者です。今のあなたの気持ちを話してみることもいいかもしれません。休む理由はどんなことでもいいです。発熱、腹痛で動けない、病院にいく、家族の病気などなどです。今まで、会社の為に頑張ってきたあなたを責める人はいないはずです。

休んでできた時間を好きな事に使う

さて、あなたはお休みを頂くことになりました。仕事に忙しい時期はつきものですが、自分の時間も確保できないことには仕事と趣味の両立はできないですしストレスも溜まってしまいます。

リフレッシュしたいということで久々の休み。せっかくですから今までできなかったことや自宅で読みきっていなかった本を読んで時間を潰すもよし、アウトドアがしたいという場合は車を使ってドライブに出掛け景色巡りをしたりグルメしたりもいいのですが、気をつけなければならないこともあります。

あなたは今日、仕事をお休みしていることを忘れてはいけないということです。休日だから近場を散歩するのも一つの手ではありますが勤務中の同僚などにうっかり見つかってしまう可能性もあり、上の者にその時の様子を報告されてしまう場合もありますので、出かけたいというあなたは出来る限り遠くの場所へ赴いたほうがいいでしょう。もちろん人によってはあなたの普段着ている洋服などで特定できる人もいるかもしれません。知り合いにその日の自分の行動をばれることなく有意義な休みを楽しみましょう。

休んだ時間で転職活動をする

休んだ時間を趣味の時間やリフレッシュなどに使うことで、かなりのストレス発散ができるはずです。しかしそれでも解決できないのなら、かなりの重症です。

そうなるとなかなか改善できるものではありません。休んだ時間を他の仕事探しに当ててみるのもいいでしょう。違う仕事を探すことで、今の仕事の良い面、悪い面がはっきりと見えてくるでしょう。そして良い面と悪い面を比べ、じっくり考える時間を取りましょう。

するとそこで思い留まることができるかもしれません。しかしそれでも解決できなければ、転職を考えてみるのはどうでしょう。無理にこだわる必要はないのです。

一度しかない人生、その大半は仕事の時間で占められています。ですから無理をせず、心身を休めてあげることも必要です。そして自分に合った仕事を見つけることが大切です。焦らずじっくり考えましょう。

転職を考えてみる

会社で自分が必要とされていると思い込む

仕事が順調に進んでいるときは、仕事をするのが楽しくて楽しくて仕方がないかもしれません。

自分では順調に進んでいる、自分は順調に成長していると感じている場合であっても、知らない間に、自分の能力について疑問を持ってしまっている場合があります。仕事を始めたばかりの頃は、知識や経験が少ないということもあって、周りとの力の差に気づくことができない場合も珍しくありません。

周囲の能力を評価できるようになるような知識を経験を得ることで、周囲との差に自信を無くしてしまうということもあります。
もし、自分が周りの人のようにうまく仕事を行う自信を失ってしまったならば、自分が職場で必要とされているということを想像してみることが大切です。

その職場であなたが仕事をしているということは、その職場にはあなたが必要とされているということです。周りの優れた人たちと同じように、あなたは必要とされていますし、あなたも周りの助けを必要として良いのです。自分への高い評価というものには案外気づきにくいものです。あなたは職場から必要とされているのだということをしっかりと認識することが大切です。

やりきった成功体験を思い出す

毎日、特に変化も刺激もなく、単調な生活を送っているといつの間にか仕事に対するやる気もなくなってしまいます。
他の人からは、難なく仕事をこなしているように見えても、本人の心は日々、迷いや悩みに支配されている事も多くあります。
現在、仕事に対するやる気がなくなっているのなら、一度仕事から離れ、自分が輝き、楽しかった頃を思い出す事をお勧めします。きっと輝いていた時代は、やる気もみなぎり、全ての事がうまくいっていたことでしょう。

充実していた日々を思い出す事で、自信ややる気を取り戻し、現在の仕事に繋げ、活かすことが事ができるはずです。今は、苦しく悩みの多い日々かもしれません。しかし、それは、現在の単調な毎日・仕事を見つめ直し、新たな気持ちで楽めるように気持ちを切り替える為に与えられた時間だと思います。過去のあなたがあるから、今のあなたがあります。過去の成功体験を現在に活かし、新たな日々を重ねてください。

仕事へ行きたいと感じ、やる気をなくしている時こそ、過去の充実していた日々を思い出しやる気を復活させましょう。

スポーツをするなど身体を動かす

長時間仕事をしていると、どうしても身体を動かす機会が減り、運動不足になりがちです。そうすると精神的な面でも影響が出てきてしまいます。「仕事に行きたくない」などネガティブな思考になったときはとりあえず身体を動かしてみることをおすすめします。

気分転換をすることはとても大事なことです。比較的まとまって時間の取れる休日にはランニングをするのもいいでしょう。普段会社のある日でも、出勤前にランニングはきついかもしれないので軽いストレッチや筋トレなどでも効果的です。ともかく身体を動かすということを心がけてみてください。運動して身体をほぐしていくことは、精神的なリラックスにもつながっていきます。どんなに忙しくても少しでも動かすことが大事です。適度に運動をすることは、仕事に対するネガティブさを解消するだけでなく、心も人生も豊かにしてくれますよ。

頑張った先に成功している自分をイメージする

自分の将来が見えなくなった時は、仕事に行く気力も沸いてこなくなることもあります。未来に不安を感じつつ、仕事に打ち込んで良いものなのか思い悩む日もあるでしょう。

自分の先行きが不透明で不安な状態の時は、「成功した自分」を思い描いてみてください。現在の仕事において、「成功した自分」を強く思い描くことにより毎日の通勤もそれほど苦痛ではなくなるでしょう。自分の中でイメージした「成功した自分」を1日でも早く実現するために、これまでにも増して仕事に熱意を注ぐことが必要です。

「なりたい自分」になるために、ちょっとずつステップアップしていきましょう。ハードルの高いことを無理にやろうとせずに、自分でできる範囲からコツコツ始めていってください。「理想の自分」「なりたい自分」になるにはどうすればよいかを分析して、少しずつ達成していきましょう。まずは資格取得などの明確で取り組みやすい目標を作るのもおすすめす。

なにも考えずに目の前の仕事に熱中する

「仕事に行きたくない。」そのように悩んでいるのは誰でも思うはずです。毎日毎日、仕事中でも帰宅後でも、通勤の間も「もう限界だ。」「リタイヤしても生活がができなくなる。」と追い詰めれていても何も始まらない。しかし、その思いをバネにステップアップしてはどうでしょう。

今を限界と思うなら、その期間を延長していくのはどうででしょうか。辞めることはいつでもできる、と思い定めたなら、1週間、1ヶ月…と区切りをつけ、その期間に達した時にまた「もう少し、もう少しだけ。」と仕事を続けていきましょう。こつこつと…その時間は決して無駄にはならないはずです。

今、仕事ができることは最大の幸せです。目の前の仕事にこそ一生懸命取り組んでいくことこそ課題としてみはどうでしょうか。通勤時間にも自分を磨いていくことも、花を咲かせるはずです。努力をしてきた芽として、次に繋がる扉を開くことは間違いありません。

休みのために働いてみる

「休日は何のためにあるのでしょうか。」

こんな質問をされたら、答えにつまったりしませんか。法律で決まっているからでしょうか。では法律が無かったら365日働きますか。世の中には、仕事が我が人生という目出度い人もいますが大抵の人は違うでしょう。では、身体を休める為でしょうか。確かに肉体労働をしている人であれば週に1日は休まないと続きません。でも、2日目も家でゴロゴロしてしまいますか。それでは余りにも勿体ないですね。

ここは一つ、逆転の発想をしてみましょう。

「人生は遊ぶためにある。」そう、遊ぶために働くのです。こんな意識転換をするだけで、仕事に対しても意欲的に取り組めるようになります。特に月曜日。「ああ、今日からまた1週間が始まる。」というマイナス意識になっていませんか。そこを、「1週間後には家族で温泉旅行に行く予定なんだ。」と意識転換するんです。そうすれば週末思い切り楽しむためにも、今週も頑張るぞという気持ちに切り替わることでしょう。

自分の人生の主導権は自分で握る

あなたの人生の主導権、誰が握っていますか。
「なにかモチベーションが上がらない、仕事に行きたくない」「仕事がつまらなくてやる気が起きない」と思っているとしたら、若しかしたら人生の主導権を見失っているのかもしれません。

「自分が働かないと家族が困るから」「自分が休むと他の同僚に負担を掛けてしまうから」といった、誰かの事を思いやって頑張ることは素敵なことです。しかし、「家族が困るから」「同僚に負担を掛けてしまうから」ではなく、「自分が家族を養うんだ」「自分が同僚を引っ張るんだ」といった様に、「自分の意思」を意識しましょう。

あなたの人生、主導権を握るのは会社でも家族でも友人でもなく、あなた自身だということを、常に自覚してください。最後に、仕事で「楽しい」「辛い」と感じるのは日常茶飯事です。大切なのは、仕事をしてそれをどの様に捉えるのかは、「自分の心掛け次第だ」ということです。

仕事にいきたくないと感じた時の考え方

友人や同僚などたくさんの人と出会い仕事をする中で、ふと仕事への倦怠感を感じたことがある方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。社会人の方に限定せず、多くの方に当てはまることです。NO LOVE, NO TEAMでは、「行きたくない」という気持ちに襲われたとき、それを心の内に閉じ込めてはいけないといいます。

それは、自分自身を苦しめることに繋がってしまうからです。義務感で自分の感情を押し殺すことは、結果的に自己を犠牲にしていることになるのです。それでは、このどうしようもない感覚に陥った場合、どのように対処していけばよいのでしょうか。今現在働いている方、これから社会に出るお子様がいらっしゃる方に、そのような事態に直面する前に、是非読んでいただきたいです。

合わせて読みたい

自分の仕事や生活など何処かにガタが来ていると理解する

沢山の人は仕事に「もう行きたくないな」っと思った時、でも「行かなければならない」と考えなおします。多くの人は真面目で守らなけらばならないことを知っています。私たちはの生活にはルールがありそのルールが生活を動かしています。自分がやらなければいけないと責任感で仕事に向かいます。ですが、無理に自分の心に嘘をつく必要はないとおもいます。無理をすることで心身の負担になってしまう可能性があるからです。

「仕事に行きたくなければ行かないでいい」そうゆうことを言いたいわけではありません。「行きたくない」という思いは心があなたに「無理しなくて大丈夫、新しく考えてみよう」とささやいていると思います。仕事をしなければならない、行かなければならないと無理に思ってこなすのではなく仕事のやり方だったり職場環境や、人間関係などどこかを少し変えてみるきっかけだと捉えるほうが楽だと思います。

自分に主導権があると意識する

長い人生の中で迷ったり悩んだりすることが何度もあると思います。自分の中で葛藤して出した答えが正しいのか不安になることもあります。仕事にちゃんと行くということは当たり前のことですが、なんのために仕事や学校に行くのかその理由を考えたときに家族のためだとか周りに迷惑をかけるからだとか、そういう風に思うならもう他人に流されて生きているようなものです。

そんな考え方で生きていると自分は一体なんのために生きているのか分からなくなってきます。そのうちに大事なものも見失って今まで楽しいと思っていたこともつまらなく感じて、どんどん無気力になってきます。誰かの都合に流されていてはいつまでたっても幸せにはなれないです。大切なのは自分がどんな風に感じて、どう行動するかであり、しっかりと自分の意思を持ち行動することが生きていく中で大事なことであります。

現在の自分の状況を把握する

コーチングという自己実現や目標達成の手段、手法のなかで、ある有名なエクササイズがあります。

これは、「人生の輪」と呼ばれるもので、ある問題を解決する為に具体的な課題を見つけ出してみようとすることです。この過程を経ることで、自分の葛藤や問題点を制御あるいはクリアにして、希望すなわち問題解決の糸口にすることが出来ます。ここで言う自分の葛藤や問題点とは、仕事で言えば納得している点と納得していない点の狭間にある気持ち、具体的に換言すれば、「やりたい、したい」か「やりたくない、したくない」どちらか迷い悩むということです。

人が思い悩むに至る状況が生まれるのは、自分の状態を変化させようとする時であり、自分がどんな状態にあるか確認することに起因します。自分の状態を把握し、良い悪いの判断をし問題点を見つけ、結局どうすることが一番なのか思い巡らせることで、問題解決という希望を見つけることが出来ます。

成功をイメージして前向きに行動する

自分にとってストレスや葛藤の原因になっている物事のうち、自分がいったい何を大切にしたいのかを考えましょう。自分の価値観を見つめなおして整理することで、何を変えなければならないかが見えてきます。それは人によって、仕事のノルマを達成する具体的な方法だったり、自由時間を増やす方法をリストアップすることだったり、上司と衝突してしまう原因を探ることだったりします。

ところが、仕事に行きたくない原因がはっきりしても、やはり「行きたくない」という気持ちが払しょくできず、具体的な行動を起こすモチベーションが保てないこともあります。「変えなければならないことがわかっているのに、実行に移せない」。そういうときは身体が疲れ切っているのかもしれません。

仕事に行きたくないと思う時は、身体が疲れているのかもしれません。身体が元気で体調がよくなければ、何かを変えていくこともできません。まずは身体の調子を整えることで、心理面にもいい影響が出てやる気が戻ってきます。次のような記事を参考にして、まずは身体のリフレッシュを図りましょう。

どうしても上手く行かない時は環境を変える

努力をしても、実際どうにも解決できない問題という壁に直面して、進めなくなってしまうこともあります。そんな時は、「今の自分にはまだ知識や経験が足りないだけなんだ」と考えてみましょう。決して自分のスキル、つまり才能や能力が足りないというわけではないのです。

問題がはっきり分かったとしても、普通の人間はなかなか解決できません。そのように、なかなか乗り越えることのできない壁をクリアするためには、自分の「できない」という現実をしっかり受け止めて、目の前の物事を着実にこなしていくことが大切なのです。決して、できない自分にイライラしたり無力感に打ちひしがれるようなことは避けましょう。そうするしかないと良い意味で開き直り腹をくくることで、壁を少しずつよじ登って行くことができるはずです。必ず道は開けるし、失敗した数だけ成長をしていけると信じましょう。

また、自分の努力の仕方にも、より良い方法がないか改善点を見つけてみるのも良いでしょう。物事が上手くいかない時に、同じようなやり方ばかり繰り返していても、何も変わりません。ほんの一例ですが、これまで真面目に一生懸命努力していたのならば、少し手を抜いてみて違う目線からアプローチをしてみることで新しい発見ができるかもしれません。正しい方法は1つだけとは限りません。自分を大切にする方法はいくつもあるものと考えてみましょう。

合わせて読みたい

仕事に行きたくないなら行かなくていい

辞めたい時に辞める、これも一つの決断です。
その環境であなたがイキイキとできないのであれば、その環境はあなたには合っていなかったという可能性が高いのです。その環境でなければできないことばかりでしょうか。他の環境でもあなたの求めていたものはあるのかもしれません。

「一つの場所で精一杯努力して頑張る」という言説はよく耳にします。確かに、そうすることで人は成長できるパターンもあります。しかし、すべての人にそれがあてはまるのでしょうか。「頑張らなければならない」といった風潮によって、苦しめられている人々もいるのではないのでしょうか。

「頑張らずに一休みする」、これは決して恥じることではありません。頑張らなければならないことが原因で、体調が悪くなることや、鬱々とすることがあれば休む、辞めることも一つの決断なのです。

合わせて読みたい

仕事に行きたくないと感じる人は「うつ」の可能性もある

「朝起きるのが辛い、よく眠れない、食欲がない、憂鬱でやる気が出ない、自殺した、吐き気がする、体がだるい、つかれやすい」

上記のような症状であなたにあてはまるものはありませんか。仕事などのプレッシャーやストレスによって、自分では気がつかないうちにダメージを受けてしまっていることがあります。上記のような症状がある、会社にいきたくないと思うことは、あなたの脳が悲鳴をあげているサインなのかもしれません。

場合によってはうつ病にかかってしまっているケースもあります。うつ病は甘えだとか、気持ちの問題で治るはずだとか思われることが多いですが、「脳の病気」なのです。もしもうつ病のサインが表れているのであれば、一刻も早く治療を始めることが大切です。治療が遅くなった場合、日常生活を送るのが困難な状態や、最悪の場合自殺してしまうこともあります。

精神状態が不安定で、心身に異常が出てきているなと感じたら、心療内科への受診や薬の服用をおすすめします。私自身もうつ病になったことがあり、その実体験をもとに心療内科の受診方法を紹介していますので、よければ参考になさってくださいね。

合わせて読みたい

仕事に行きたくない時が続いたら辞める

ちょっと考えてみて下さい。

ある日突然「出勤したくないな」と思った時、「いいか、1日くらい」とズル休みしてしまう人も多いのではないでしょうか。最初だけならまだしも、回数を重ねるようなら、さっさと転職を考えてしまうのも一つの手です。やる気の出ない仕事を続けても、あなた自身にストレスが溜まりますし、職場にも多いに迷惑をかけます。

出勤したくない気持ちがあると、つい自己中心的になってしまい、周囲への迷惑は忘れがちになってしまします。しかし、あなたが不在にしている分、それをフォローしている誰かがいるのです。なぜ、自分はこんなにモチベーションが上がらないのか。その原因や理由を探してみましょう。深く分析してみると、今まで見えていなかったことに気づくことができ、解決に繋がる重要なポイントを発見できるかもしれません。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧