1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくなくて思わず泣いてしまう。つらい時の対処法は?

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくなくて思わず泣いてしまう。つらい時の対処法は?

仕事に行きたくないと泣く人に伝えたいこと

仕事に行きたくない、なぜだか涙が出てくる、そんな状態になってきたら危険信号です。もしかしたら、うつ病などの心の病になりかかっているかもしれません。
このとき重要なのは、自分の気持ちに正直になって無理をしないことです。ここでは、そんなあなたに伝えたいことについてまとめています。

合わせて読みたい

心身の限界である可能性を理解する

朝、起きて会社に行かなければならないのに、なぜだか体が動かない、そんな経験はありませんか。辛くてもみんな会社へ行って頑張っているのだから自分もそうしなければと思うのに、なぜだか涙があふれてくる……そんな時には無理して会社へ行ってはいけません。

自分でも気が付かないうちに、心身の限界が来ている可能性があるからです。それでも体に鞭打って会社に通ってしまうと、最悪の場合うつ病などの精神疾患にかかってしまうこともあります。

あなたが会社へ行きたくないのは、決して甘えなどではありません。特に、いつも真面目で自分を厳しく律するタイプの人は要注意です。

合わせて読みたい

なぜ泣くほど辛いのか原因を突き止める

仕事に行くのが泣くほど辛いなら、まずその原因を自分の中で突き止めましょう。たとえば、仕事の内容が自分に合わなかったり、いつもミスを連発して周囲に迷惑をかけていたりするかもしれません。また、パワハラ・セクハラ上司がいたり、先輩社員にいじめを受けたりしている場合もあるでしょう。

大人でも泣くほど辛いのなら、必ず原因となっていることがあるはずです。まず、自分の心の中でそれをよく考えて、どう対処すればいいのかを考えましょう。信頼できる家族に相談して一緒に考えてもらうのもいいですね。

辛いのが一時的なのか慢性的なのかを考える

その辛さは一時的なものなのか慢性的なものなのかもよく考えてみましょう。現在、一時的に任されている仕事ができなくて辛い場合は、他の仕事に移ればその辛さが解消することもあるでしょう。また、現在所属している部署にいじめやパワハラを行う上司や先輩がいるなら、他の部署に変えてもらうことで解決する場合もあります。

しかし、小さな会社に勤めていてずっと今の人間関係が変わる可能性がない場合や、職種自体が向いていないと感じる場合は、転職を視野に入れた方がいいかもしれません。その辺りのことも自分自身で、あるいは信頼できる家族と一緒に考えてみるのがおすすめです。

毎朝辛い…泣くほど仕事に行きたくないと思う原因は?

毎朝、会社に行くのが辛くて、思わず泣いてしまう……そんな症状に陥っているなら、まずその原因を探ってみましょう。おそらく、さまざまな原因があると思います。もしかしたら、今の仕事に適性がないのかもしれませんし、過重労働によって疲弊しているのかもしれません。ここでは、仕事が辛い時によくある原因についてまとめてみました。

合わせて読みたい

今の仕事が自分に合っていなくて辛い

現在、就いている業務に適性がない場合、「仕事が自分に合っていない」と感じてしまいます。会社では、事務職や営業職などさまざまな仕事があります。人間には、それぞれ適材適所があるともいわれますよね。

たとえば、他人と会話するのが苦手なタイプの人が営業職をするのは難しいでしょう。また、机の上で淡々と書類を書くのが苦手なタイプの人が事務職をするのも、苦しいと思います。このように、与えられた業務が自分に合っていない場合、やりたくないと感じるのは正常な反応なのです。

合わせて読みたい

仕事ができない自分が情けなくて辛い

特に、男性に多いのですが、他の人と比べて仕事ができない自分を情けなく感じてしまい、辛いと思うことがあるようです。たとえば、同僚はどんどん仕事の成果を上げているのに、自分はそうできない場合などです。

しかし、この時自分を責めるのは得策ではありません。プライドが高い人ほど、できない自分を責めてしまいがちなので要注意です。誰でも、最初から仕事ができる人はいません。人間なら、誰しも失敗が多い時期はあるものです。

合わせて読みたい

過重労働で心身共に辛い

会社によっては、月に100時間以上の残業をさせられるところもあるようです。しかし、日本では月に80時間以上の残業を強いられた場合、過労死のリスクが出てくるとされています。もし、それによって心身の調子を崩し、自殺した場合は過労死として労災認定される状態なのです。

国の働き方改革によって、残業時間は「原則として月45時間、年360時間とする」と決められています。それ以上の残業を強制的に強いられるような場合は、あなたの心身に危険が伴います。もし、あなたがそのような環境に置かれているなら、これは大きな問題です。

参考:働き方改革実行計画

合わせて読みたい

職場でミスして怒られてばかりで辛い

仕事でミスを連発してしまい、上司や先輩社員に怒られることが原因の場合もあるでしょう。仕事上のミスによって、周囲の社員たちとの人間関係が悪化してしまうこともあります。これは、本人にとってはとても辛いことです。

多くの場合、仕事のミスそのものよりも、周囲の人々の反応が怖くて会社に行けなくなります。多くの社員たちの前で、上司にこっぴどく叱られたりすると、その場に居づらくなることもあります。

しかし、いくら相手が上司であっても、部下の基本的人権を侵害することは許されません。

合わせて読みたい

職場の人間関係で悩みがあって辛い

仕事の内容よりもある意味大変なのが、人間関係です。折り合いの悪い人が1人でも職場にいると、すぐにストレスになってしまいますよね。しかし、相性の悪い人も職場には必ずいるものです。

また、人間関係がこじれる原因としては、2つのものが挙げられます。その1つが、自分の態度が悪い場合であり、もう1つが相手に問題がある場合です。もし、自分の傲慢さや態度の悪さで人間関係が悪くなっているなら、早急にその態度を改めるようにしましょう。

相手に問題がある場合は、上司など上の役職に就いている人に相談するのがベストです。もし、職場いじめの対象になっているなら、そのまま放っておいてはいけません。我慢すれば、気が付かないうちにストレスが溜まり、精神的な病を引き起こしてしまうこともあるので要注意です。

合わせて読みたい

原因がハッキリわからないけれど辛い

仕事に行きたくなくて涙が出てくる、しかしその原因がはっきりわからない……そんなこともあるでしょう。その場合も、無理は禁物です。自分でも気が付かないうちに心身にストレスや疲労が溜まっている可能性があります。

泣いてしまう原因がよく分からなくても、そんな日は会社を休むようにしてください。うつ病などの心の病は、ある日突然発症してしまいます。原因がよく分からなくても、あなたの心身が悲鳴を上げているのかもしれません。

我慢は禁物。泣くほど仕事に行きたくないときの対処法

大人なのに、仕事に行くことを考えただけで涙が出てしまう、これは相当な危険信号です。無理をすれば、最悪の場合精神疾患になったり、自殺したいなどの衝動にかられたりしてきます。ですから、我慢するのは禁物です。ここでは、そんな状態に陥った時の対処法についてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

泣くほど仕事に行きたくないなら休んでみる

泣くほど仕事に行きたくない日は、思い切って会社を休んでしまいましょう。その場合は、会社の始業時間になったら休むという連絡を入れる必要があります。休む理由は、風邪をひいたなど、仮病を使うのがもっともおすすめです。

正直に「ストレスが溜まっているから」などと言えば、「その程度のことで」と叱られる場合もあるでしょう。そのため、嘘をつく必要がありますが、そのことで自分を責めないようにしてください。

自分に厳しく真面目な人ほど、「休むなんて申し訳ない」などと考えて自分を追い込みがちです。しかし、1日だけでも仕事から離れることで、心身ともにリフレッシュできる効果も出てきます。そして、「もう少し頑張りたい」という意欲も湧いてくるのです。

合わせて読みたい

半休をとって気持ちを整理してみる

どうしても会社を休みたいけど、仕事が残っていて休みにくいということもありますよね。その場合は、半休を取るのもおすすめです。つまり、午前中は休んで、午後から出社したりするのです。

そのためには、何か適当な理由を作って会社に連絡を入れましょう。たとえば、「少し風邪気味なので、病院に寄ってから出社します」とか、「車の調子が悪いので、ディーラーに寄ってから出社します」などと理由を作るのです。

半日だけリラックスして、その時間にあなたの今後について考えてみてください。あなたは、本当は一体どのような仕事がしたいのでしょうか。本当の自分の希望や夢について、じっくりと考えてみましょう。

合わせて読みたい

新しい仕事を求めて転職活動をしてみる

会社に行こうとすると泣いてしまう状態は、どう考えてもかなり大変な状態ですよね。それは、もう今の会社に対して、本当に嫌気がさしている証拠なのではないでしょうか。もし、あなたがまだ若いのであれば、思い切って転職するのも一つの方法です。

大体、私たちの老後は、きちんと年金がもらえるかどうかも怪しいです。もしかすると、定年後も引退できずに働き続けることになるかもしれません。それなのに、今のような状態では、到底会社に通い続けられないでしょう。

また、精神を病んだりすれば、そのまま一生無職になることもあり得ます。それを考えれば、まだ傷が浅いうちに環境を変えるのがベストかもしれません。とりあえず、転職サイトに登録してみましょう。そして、まず掲載されている求人を眺めてみてください。

合わせて読みたい

転職サイトで求人情報を見てみる

リクナビNEXTは、求職者の8割が登録していると言われる、日本最大級の転職サイトです。まだ本気で転職するとは決まっていない……という段階でも、ぜひ会員登録をして求人情報を見てみましょう。今の仕事だけでないさまざまな可能性があることに気づけて、きっと前向きになれるはずです。

リクナビNEXTをチェックしてみる

辞めてからゆっくり転職先を探してみる

もう思い切って、会社に辞表を提出するのもいいでしょう。そして、時間を作ってからゆっくりと転職活動を始めるのです。転職サイトに掲載されている求人を見れば、世の中には多くの会社が存在していることが分かります。何も、今いる会社にしがみつく必要はありません。

自分さえその気になれば、いくらでも転職できる会社はあるものです。実際のところ、転職したら毎日がとても楽しくなった人だっています。ただし、会社を辞めると不安な気持ちになることもあるのは否めません。それが嫌なら、今の会社で有給などを取りながら、転職先の会社を探していく方が精神的には不安にさいなまれずにすむでしょう。

合わせて読みたい

転職エージェントを使ってみる

本気で転職をするなら、転職エージェントサービスに登録して、プロに助言をもらい、背中を押してもらいましょう。マイナビエージェントは、コンサルタントの質が一定でハズレがなく、安心して利用できるエージェントとして高評価を得ています。初めての転職活動のさまざまな不安や悩みも、一度エージェントに話してみましょう。

マイナビエージェントをチェックしてみる

毎朝仕事に行きたくないと泣く旦那さんもいる?

あなたの夫は、毎朝暗い顔をしていませんか。あるいは、急に怒り出したりすることはありませんか。なかには、毎朝泣きながら仕事に行きたくないと言う旦那さんもいるようです。あなたが奥さんなら、そんな時に彼を責めてはいけません。ここでは、そんな旦那さんに対してどのように対処すれば良いのかについてまとめてみました。

合わせて読みたい

常に夫に寄り添って味方であることを伝える

まず、夫の話をよく聞いてあげましょう。その際には、夫の意見について否定しないことが大切です。また、夫にも男としてのプライドがあるはずなので、それを傷つけない言葉を選んであげましょう。

その上で、妻であるあなたが味方であることをしっかりと伝えてあげてください。できれば、お金を稼ぐことよりも夫の心身の方が大事であることを話してあげましょう。そうして、夫の気持ちに寄り添ってあげるのです。

間違っても、「会社に行きたくないなんて、なんて情けない男なの」などと怒ってはいけません。あくまでも、苦しんでいる夫に優しく接してあげることが重要です。

妻は冷静さを失わず困った様子を見せない

夫が会社に行きたくないと言ったら、「家や車のローンをどうするの?」などと言って取り乱してしまう奥さんもいます。しかし、あなたが本当に夫を救いたいなら、冷静さを保って困った様子を見せない方が得策です。

「しばらく仕事を休んでも大丈夫よ。家計の方は心配ないから」と優しく言ってあげることで、夫の気持ちも安らぎます。夫が働けないなら、妻の方が仕事をしてみるのもいいのではないでしょうか。

今は、夫だけが家の大黒柱として家計を支える時代ではないのです。妻の方が働きに出て夫を助けるような夫婦関係を作っても良いと思います。

美味しいものを食べたり外出したり一緒に楽しい時間を過ごす

夫が心身にストレスを溜めて疲弊しているなら、しばらく一緒に美味しいものを食べに行ったり、遊びに行ったりする時間を作るのもいいですね。たとえば、夫が大好きな食べ物を専門店で食べるのもおすすめです。

また、一緒に映画を観に行くなどして、気分転換するのもいいと思います。妻と一緒に楽しい時間を過ごすことで、きっと夫の気持ちはリフレッシュします。

特に、今まで忙しくて二人で楽しむ時間が少なかったなら、今が楽しい時間を過ごすチャンスであると考えましょう。

夫のしたいことや得意なことに一緒に取り組んで褒める

あなたは、夫がどんなことをするのが好きかご存知ですか。この際、それを旦那さんに尋ねてみてください。もし、ギターを弾くことが好きだという返事が返ってきたら、一緒にギターの練習をしてみましょう。上手に弾けるなら、その技術を褒めてあげると喜ばれます。

また、料理を作るのが好きだというなら、自宅で一緒に料理をするのもストレス解消になります。もし、旦那さんが「将来は、料理のお店を夫婦で出してみたい」と言うなら、それを二人で目指す生き方も楽しいかもしれません。

人生には、さまざまな選択があります。なにも、普通のサラリーマンとして生きるだけが人生ではありません。夫に将来への希望を持たせるために、二人で素敵な夢を追う生き方もあるのです。

休職や退職をすすめて休ませてあげる

大人の男性なのに、仕事に行くのが嫌で泣いてしまうなんて、余程のことがあるはずです。あなたが奥さんなら、そんな職場に今後も大切な旦那さんを送り込むことなんてできないですよね。

それを考えれば、休職や退職をすすめてとりあえず休ませてあげるのがいいかもしれません。とにかく、これ以上精神的なストレスに押しつぶされないように考えてあげる必要があるでしょう。

あなたが会社に休暇を取るための連絡をしてあげるのもおすすめです。旦那さんがリラックスして心身を休められるように、よく気遣ってあげてください。

心身が疲れているときは休むことも大切

生活がかかっているのに、会社に行くのが泣くほど辛くて仕方がないというのは、大きな危険信号です。ストレスが溜まりすぎて、病気になりかかっている可能性があります。

もし、あなたや旦那さんの心身が壊れても、誰も責任を負ってくれません。会社を訴えればよいという人もいるかもしれませんが、精神的にも金銭的にも大きな負担がかかります。それに、たとえ勝訴しても、健康な心身が戻ってくるわけではありません。

とにかく、しばらくゆっくりと休んで心身をリフレッシュした方がいいですね。

合わせて読みたい

 

ランキング

記事一覧