「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくない原因は人間関係?悩みを軽くする方法を紹介
仕事に行きたくない

仕事に行きたくない原因は人間関係?悩みを軽くする方法を紹介

「人間関係」は仕事に行きたくない理由の上位ランク

会社に行くのが嫌になる理由のアンケートでは、実は「人間関係」が必ず上位に入ります。

「給与の低さ」「勤務時間の長さ」なども上位ランクですが、これらの理由は下調べをして転職をすれば避けられます。一方、人間関係というのは入社してみないとわからないため、下調べには限界があります。

また、人間関係がよくないのは、その会社の風土のせいもありますが、どの会社に行っても人間関係で悩む人は、自分自身にも問題があると考えられます。

原因が周囲でも自分でも、「仕事さえできていればいい」と割り切れるならいいのですが、割り切れないときはどうすればいいのでしょうか。この記事では仕事の人間関係について改めて向き合ってみます。

人間関係の悩みで疲れたときこそ試したい気分転換「ミイダス」

ミイダスは、仕事に疲れているけれど、積極的に環境を変える元気もない……という人にこそ試してほしい自己診断ツールです。スキマ時間に簡単に無料登録ができて、自分の市場価値を診断したついでに、100%受け身で転職のきっかけが掴めるのです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスなら、登録後はただ待っているだけで企業からスカウトが届く仕組みです。スカウトが届いた時点で第一次の書類選考は通過しているので、書類だけで落とされてしまうストレスはありません。まずはぜひ診断を試してみてください。

人間関係で気持ちが乱れたときにできることとは?

職場の人間関係がつらいとき、自分をだまして無理をしていると限界が来て、心身に不調が出てしまうこともあります。

そこで、必要以上のストレスを抱え込まないようにするために、気分転換を心がけてみましょう。気の持ちようひとつで解決することもあります

合わせて読みたい

ストレスを感じていると認めるところからスタート

仕事に行きたくない。人間関係がわずらわしい。そう感じたらまず、「自分はいまストレスが溜まっている異常状態である」と認めましょう。自覚があるとないとでは、その後の展開が全く変わってきます。

ストレスが溜まっている状態が続くと、次第に行動が起こせなくなり、無気力になってしまいます。そして、なにもできない自分が嫌になって、さらになにもできなくなってしまいます。

「自分が対人関係でストレスを溜めている=ストレスの原因が仕事の対人関係だ」と思うと、少なくともストレスを他人のせいにすることができます自分はいつもどおりにしていればいいのだと、ポジティブにいきましょう。

心に余裕がないときこそ前向きになれる自己診断をしてみよう

ストレスがたまると精神的に疲れて、いつもは笑って受け入れられていたことも受け入れられなくなりますよね。そんなネガティブな考えから少し離れるために、自分の長所を見つけ出す診断プログラムに挑戦してみましょう。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断は、車内広告などでもおなじみの転職サイト「type」が提供するサービス。「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかるほか、「自己分析力」「タイミング把握力」などの観点から、強み・弱みを診断してもらえます。ストレスフルな日々の中で忘れかけていた、あるいは気づかなかった自分の長所が再発見できて、仕事にも前向きになれるかもしれません。

合わせて読みたい

必要以上に頑張りすぎない

もうひとつ念頭に置いておきたいのは、「必要以上の頑張りや我慢はいらない」ということです。

人間関係の悩みは、解決のきざしがあって、その先に良い結果が待ち受けているのならば、仕事をするうえでの試練のひとつだと思って立ち向かってもよいでしょう。解決できたあとは、チームワークが強固になり自分が成長できたことを実感できるはずです。

しかし、自分ひとりではどうにもできないような人間関係なら、問題解決を放棄してもかまわないのです。人間関係の煩わしい職場を辞めたって、仕事はほかにもあります。

その努力や我慢は本当にいま自分がするべきものか、考え直してみましょう

今辞めるのは甘えではない。20代なら「JAIC」という選択がある

どうしても自分では解決できない人間関係の問題に巻き込まれたなら、見切りをつけて転職するのも方法の1つです。しかし、もしあなたが新卒で就職したばかりの20代だったら、「こんなことですぐ辞めるのは甘えでは?」と思い悩んで、我慢してしまうかもしれませんね。

しかし、そうして我慢を続けると、のちのちに心身を壊してしまう可能性もあります。そんなときに、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。次こそホワイトな環境で働けるように、ぜひ相談してみましょう。

合わせて読みたい

相手を好きになれる余地を探してみる

「苦手なタイプの人がいる」「この人は自分と意見が合わない」と思う相手がほんの一人二人いるだけであれば、人間関係の問題を解決するのはあまり難しくありません。その方法のひとつが、相手の仕事以外での姿を知って、好きになれるところがないか探してみるというものです。

チェックポイント

  • 休憩室や喫煙所で話してみる
  • 第三者を挟んで一緒にランチに行ってみる
  • 飲み会で近くの席に座ってみる
  • プライベートなことを質問してみる

こうやって別の顔を知ってみれば、どうしても苦手だった人が、実は家族思いの優しい人だったり、自分と共通の趣味を持っていたりすることがあるかもしれません。

もちろん、相手が明らかにハラスメントをしている場合は別ですが、「気が合わない」という程度なら、相手への対処のしようはいくらでもあるのです。

合わせて読みたい

イライラした時はいったん立ち止まる

人間関係によるイライラを、顔色や勤務態度に出してしまってはいませんか。イライラしている状態はそれだけで自分のストレスですが、態度に出してしまうと周りにわかってしまい、人間関係がより悪化してしまいます。「イライラを隠さない人」だと思われると、仕事での評価が低くなる可能性もあります。

そこで、イラついたときに頭を冷やす手段を用意しておきましょう。深呼吸、お茶やコーヒー、トイレ休憩など、小さなことでかまいません。

そうすることで、たとえば自分をいらだたせた相手に対して衝動的に言いたかったことも、「さっきのやり方ではこういう問題があるから、次はこうしてほしい」と冷静に伝えることができるかもしれません。

合わせて読みたい

「ミラーの法則」を上手く使いこなす

ミラーの法則という有名な心理学があります。人間関係がうまくいかない時に、相手を変えようとするのではなく、自分を変えてみる考え方のことです。

ミラーとはすなわち鏡です。鏡を見たときに自分はどう映るのか? ということです。相手に原因があると思い込んでいても、無意識に自分を棚に上げていることがあるのではないか? 自分が本当に相手に対して嫌なことをしてないか? 不快に思われる態度を取ってないか? 「鏡」を見つめ直してみてください。

自分がそれをしてしまっているからこそ、相手がそうなってしまっている」。相手は鏡に写った自分の姿だと思って接することで、人間関係も少しずつ変わっていくのではないでしょうか。

人間関係に必要な「あきらめ」とは?

人間関係に嫌気が差して仕事に行きたくなくなってしまうのは、あなたが職場の人間関係に期待をしすぎているからかもしれません。しょせんは職場だけの関係だと、ある程度あきらめることができれば、見方も変わってきます。

ここでは、職場の人間関係を少しクールに見るための心構えをご紹介します。

付かず離れずの距離感でいい

学生生活、特に大学では、仲の良い友達が何人かいないと、グループが作れなかったり情報が回ってこなくて困るようなことが確かにあります。しかし会社では、必ずしも仲のよい友達を作らなくとも、大した支障はありません

会社でもし、友達経由でないと伝わってこないような連絡事項があるとしたら、それは会社側の伝達ミスです。友達などいなくとも業務が回るようになっているのが普通の会社です。

「飲み会を断りにくい」「あの人が残業しているから帰りにくい」と思っても、無理して付き合うことはありません。社内に仲の良い友達がいることでモチベーションが上がるというのなら話は別ですが、そうでないのなら、付かず離れずでいいのです。

合わせて読みたい

同じレベルの人同士でしか争いは起こらない

同じ目線の者同士、同次元の者同士でしか争いは起こらないとよく言われます。たとえば、芸能人が活躍していても「そういうものか」とだけ思って終わりですが、身近な人が芸能人並みに活躍していると、嫉妬が生まれてしまいます。

つまり、職場で嫌いな人たちの一挙手一投足にイライラしている時点で、自分もその「嫌いな人たち」と同レベルなわけです。

同レベルになりたくなければ、周りを気にする前に、この会社を脱出する目標を持ったり、他に楽しいことを見つけてしまいましょう。そうすれば、「会社に嫌いな人がいる」なんて小さなことは気にならなくなります。

合わせて読みたい

自分が正しい・できる人間ではないことを認める

周りの人たちが嫌になるのは、「自分が正しくて周りが間違っている」と思っているのも原因のひとつです。自分のほうが常に正しくて、仕事ができるという前提があるからこそ、人間関係が嫌になっているのかもしれません。

しかし、客観的にみて必ずしもそうとは限りません。

人間関係に溶け込めなくとも、仕事で評価をされて昇給しているなら、気にせずマイペースでいけばよいでしょう。しかし、人間関係でイライラしてばかりで、仕事上の評価も得られていないのなら、原因はあなたにある可能性が大きいです。

これを認めるのは自分のプライドに関わるので、非常に難しいです。しかし苦しくても認めることができれば、環境は変わっていくでしょう。

合わせて読みたい

自分と他人を比較しない

人は不安な気持ちになると、他人と自分を比較して、自分の安定した立ち位置を測ろうとするものです。「あの人より、自分の方が仕事ができる」と優越感に浸ることで、自尊心を保とうとします。

逆に、「あの人よりも能力がないから、自分には仕事を任せられないのか。」というように、他人と比較することで劣等感を持つ場合もあります。

どちらにしろ、他人と相対的な比較をしても、ただ気持ちが揺らぐだけです

「あの人に負けたくない」と、他人を目標にしてモチベーションを高く保てる人も世の中にはいますが、自分がそういうタイプではないと自覚しているのなら、比較するのはやめましょう。目標はすべて自分基準で立てることが大事です。

合わせて読みたい

劣等感を肯定して他人に頼ってみる

人間関係の悩みでよくあるのは、すでにあるコミュニティに入れないというものです。

自分が入社した時点で社内にあるコミュニティというのは、それだけですでに「自分より社歴の長い人たち」という異質な集団です。仲が良くて幸せそうに見えるので、そこに混ざれないと、「自分なんて」という劣等感が募ってきます

それでも気にせずいられる性格ならいいですが、尻込みしたり劣等感を抱いてしまうのであれば、「ひとまずコミュニティに迎え入れてもらう」という手段で安心するほかありません。

開き直って自分が仲間外れであることを認め、他人に頼って甘えてみましょう。みんな大人ですから、理由なく突っぱねられるようなことはないはずです。

合わせて読みたい

転職を考える

会社の人間関係に期待しすぎは禁物です。「いつか問題がすべて解決して、自分にとって働きやすい環境ができるはず」と思っていても、実際にそうなる確率はとても低いです。

「部署異動ができることが決まった」「嫌いな上司が定年間近」などの要因があれば、問題が解決するまで待てるかもしれませんが、特に解決の見込みがないのならその職場に見切りをつけるのも一つの方法です。

転職活動をすれば、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかを、転職エージェントなどを使ってある程度下調べすることができます。また、すべてをリセットできるので、もし前職で人との接し方を間違って後悔していたのであれば、今度はやり直すことができるはずです。

転職で人間関係をリセットするならリクルートエージェントに相談

人間関係は、自分ひとりではどうしようもない問題だからこそ、ときには転職という手段をとったほうがよいこともあります。

そんなときまず選択肢に入れたいのが、転職エージェントとしては信頼と実績のある超大手リクルートエージェント。リクルートエージェントは、求人数、利用者数、キャリアアドバイザーの数、サポート拠点の数など、どれをとっても全国トップクラスです。

リクルートエージェントをおすすめする理由

  • 公開求人11万件以上、非公開求人16万件以上という圧倒的な求人数
  • 全体の約2割が未経験OKの案件
  • 全国16ヶ所の拠点で求職者をサポート

転職にあたっては、リクルートグループの長年のノウハウを知るキャリアアドバイザーが協力してくれます。「次こそ人間関係で悩まずに済む職場で働きたい」という悩みにも、きっと応えてくれるでしょう。

また、未経験OKの案件が多く、登録にあたっての年齢制限もないので、転職に自信のない人でもまずは相談してみてください。

思い切って起業する

会社勤め以外の方法によって、職場の人間関係から解放されることもできます。それは自分ひとりで仕事を始めてしまうことです。幸いに、現代では簡単に副業が始められます。リスクが怖ければ、今の仕事を辞めないで、副業で独立できそうになった時に辞めればいいのです。

IT系のエンジニアや、デザインスキルのある人の場合は、仕事を確保するルートさえ押さえておけば簡単に在宅のフリーランスになれます。そうでなくとも、クラウドソーシングのサービスを覗いてみれば、自分でも自宅で一人でできる作業が見つかるはずです。

スキルが上がれば、オファーも増えてきます。収入源を確保していければ、会社勤めのときよりも高収入を狙うのも夢ではありません。

クラウドワークスで仕事を探してみよう

クラウドソーシングで仕事を探せる代表的なサイトが「クラウドワークス」です。デザインなどのスキルが必要な仕事もありますが、日本語能力とタイピングスキルさえあれば誰でもできる仕事も多いです。例えば以下のようなものです。

チェックポイント

  • マニュアルに沿った文章執筆
  • 音声の文字起こし
  • データ入力
  • WEBサイトに書いてある内容の要約 など

まずは登録して、自分にできそうな仕事に応募してみましょう。最初は本業の合間をぬって、できる範囲で仕事に応募し、締切に合うように成果物を提出していけば、要領がわかってくるはずです。
クラウドワークスをチェックしてみる

合わせて読みたい

周りを気にしすぎないことが大切

人と人との問題というのはとても流動的です。自分の考え方ひとつで変わることもたくさんあります。ふとしたことがきっかけで、今までわずらわされてきた人間関係の悩みが、たいした悩みではなくなるかもしれません。

一方、これ以上自分が関わってもどうしようもない問題というのもあります。誰が見てもハラスメントだったり、気の持ちようだけでは対処できないこともあります。その場合は必要以上に我慢せずに、転職や独立といった選択肢も考えてみましょう。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧