1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくないと感じた時の対処法15選

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくないと感じた時の対処法15選

仕事に行きたくないと感じた時の対処法の紹介

仮病を使ってでも会社に行きたくない、休みたい、サボりたい、家でゆっくりボーっとしていたい。そんな時はありませんか。安心してください。いつもやる気満々で元気一杯な課長さんも営業さんも表に出さないだけで、実は誰にでもあるものです。

そこで今回は、仕事に行きたくない時の対処法をご紹介します。仮病を使って会社を休もうとする前に、ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

なぜ仕事に行きたくないか考える

仕事に行きたくない理由を考えてみましょう。職場に苦手な上司がいて、自分にだけきつくあたってくる事。自分のキャパを超えた仕事が残っていて、やる気が起きない事など人により様々です。このように、自分が仕事に行きたくない理由をきちんと文章にして整理してみます。1つ1つの理由ときちんと向き合う事により、その対処法を見つける事が出来ると思います。

例えば、仕事が溜まってやる気が出ない事。これは仕事の順番を変えてみたり、同僚や同期に相談してみたりと改善する方法が見つかります。この整理していく段階では、難しく考える必要はありません。ただなんとなく思い付いた事を箇条書きしていくだけで良いのです。
自分が何故仕事に行きたくないのか、文章にすることで自分でも理解していなかった部分を見つける事ができるはずです。
もしかすると、「私、こんな事で悩んでいたのか」と思える事も見つかるかもしれません。

エージェントに相談してみる

自分はどんな理由で行きたくないか真の理由を探す

人は、思いをめぐらせ、それらの思考や発想がまとまったら、なぜその考えに至ったのか原因を探ります。
例えば、仕事に行きたくないのは、仕事内容が嫌だからと考えますが、本当の理由は上司や同僚が苦手であるからという人的要因である場合があります。一方、仕事内容は自分に合っている、寧ろ好ましいものだが、仕事が出来ない自分は不出来だと思っているから行きたくないと思う場合もあります。

このように、なぜ行きたくないかの原因を繰り返し考えることで、真の原因を発見することが出来ます。
仕事にやめることになる発端として、そもそも会社に行きたくないということが挙げられます。考察を繰り返すと、最終的には仕事の好き嫌いといった仕事そのものに起因するのではなく、自分の性格が問題であることに気づくこともあります。

合わせて読みたい

身体を思いっきり動かして嫌な事は忘れる

毎日仕事で頭は使うが身体は動かさない人も多いかと思います。定期的に身体を動かし汗を流し、ポジティブな気持ちになりましょう。適度な運動は身体をリフレッシュさせ、前向きな気持になることができます。

とはいえ毎日の通勤前にランニングやジムなど、急にライフスタイルを大幅に変えるのは難しいと思います。まずは筋トレや簡単なストレッチがオススメです。身体を動かすと不安やストレスの解消につながるといいます。そして、仕事へのやる気につなげましょう。
毎日、ほんの少しの時間でいいので身体を動かすようにしましょう。「継続は力なり」と言う言葉を信じて頑張りましょう。

さらに、仕事に行きたくないというネガティブな思考も身体を動かすことでポジティブに近づくでしょう。
やる気が身体の隅々まで行き渡るように、身体を動かして身も心もほぐしましょう。血流が良くなればきっとあなたの人生も最高のものになるでしょう。

合わせて読みたい

手抜きしてみる

疲労が溜まっている、疲れが取れない、やる気が出ない。そんな気持ちになる日はありますよね。もしかしたら体が疲れていると信号を送っているのかもしれません。日常やっている事を習慣で続けているだけでも、時には休息というご褒美が必要なんです。その、ご褒美とはつまり「手抜き」です。

例えば、出勤にタクシーを使う。「えっ、勿体ない。」と思ってしまうかもしれませんが、満員電車で立ちっぱなしになる事もありませんから体を休めるには打って付けです。

次にお昼のお弁当。大抵の方は朝ごはんと一緒に作ってしまうので大した手間では無いでしょう。それでも敢えて作らず、お店でランチをしてみませんか。同僚と談笑しながらの楽しい食事は気分を晴れやかにします。夜も食事は牛丼店で済ませ、洗濯は全自動機能におまかせ。テレビを見てくつろぎ、時間が来たらお風呂でリフレッシュ。一見グータラ生活ですが、1日位は体を休め疲労回復させるためにもやってみましょう。

合わせて読みたい

怖い上司を想像する

最近あまり見かけなくなりましたが、物凄く怖い上司がまだまだこの世には存在します。少しのミスも許されず、みんなの前で怒鳴り散らされ、その場にいる事がいたたまれなくなる事があります。

遅刻やズル休みをしようかなと考えてしまった時に、この上司の顔が浮かんできて、怒鳴られる自分が安易に想像がつき会社に行かなければいけないと、すぐに気持ちが切り替わると思います。特に自分に甘いと感じている人には、厳しく怖い存在の人は大切だと思います。

優しい人ばかりの中では、人間は成長できません。本当に優しい上司は、厳しく指導し成長させてくれる人なのかもしれません。すぐに自分を甘やかす人にとっては、貴重な存在であるのかもしれません。この人の元で得られた達成感は何事にも変えがたい貴重な経験なる事と思います。自分を成長させる為には厳しい人は大切な存在です。

合わせて読みたい

仕事終わりに自分へのご褒美を

こちらは毎日の仕事のために会社へ出向くためのモチベーションになるきっかけです。仕事が終わった後にビールを片手に乾杯したり職場のみんなで乾杯したり、気になる異性の後輩をデートに誘って遊んだりする事など沢山あると思います。

例えば週末に何か楽しい出来事や期待している予定がある場合には、より会社に行きたくない気持ちを忘れられるほど、テンションが上がりますよね。楽しみにしている出来事を想像することにより、会社に行かなければスッキリした気持ちで楽しい週末を送れなくなる最悪の事態を防ぐようにと、身体が自然に動き始めます。

週末の楽しみがない方でも自分への小さなご褒美をいつも意識しながら仕事に精を出すと良いでしょう。

合わせて読みたい

過去のやりきった経験を思い出す

いつも同じような時間に出勤し、同じような仕事をし、同じような時間に自宅に帰る。そんな毎日が続くと職場へ行くのが億劫に感じることがありますよね。本人以外の人から見ると一見なにも変わらないように思えても、本人の中では少しずつ何かの危険信号が出始めていることが多いです。

そんな時は、自信に満ち溢れキラキラしていたころの自分を思い出してみましょう。昔の成功している自分を思い出しつつ、今の仕事に目を向けてみましょう。そう、今は成功する自分へ向かっていくための大切な準備期間なのです。昔自分がキラキラと成功をしていたように、これからの自分も成功することはできるはずです。これからの成功をつくるのは、過去の成功をつくった自分自身なのです。

同じような毎日が続き、仕事に行きたくないなぁと感じた時こそ、昔の輝いていた自分を思い出し自分のやる気にアクセルをかけていきましょう。

合わせて読みたい

好きな音楽を聞きながら大声で歌う

歌は私たちに様々なメリットをもたらしてくれます。例えば、歌をうたうこと自体精神的にリラックスできますし、そもそも誰しもが歌をうたうことでとても楽しい気分になります。また、歌詞を覚えるということは脳の働きを活性化させるという素晴らしい効果もあるんです。

人間誰でも朝起きると気分がすぐれない、乗らないという日があり、そんな日は出来れば会社や学校に行きたくない、休みたいという気持ちになってしまいます。そんな気分の時には、朝からでも思いっきり好きなアーティストの音楽や大好きな歌を聴いたり、歌ったりしてみませんか。歌うことは不快な気分を和らげてくれたり、吹き飛ばしてくれるとても素晴らしい存在なんです。ぜひ皆さんも大好きな音楽や歌を利用して、朝は気持ちよく家から出かけていきましょう。

合わせて読みたい

自分が会社から必要とされている事を考える

仕事が順調に進んでいる場合、仕事をすることにワクワクするかもしれません。上手くいっている時は順調に成長していると感じていても、時間が経つと自分がしっかりと成長しているのかと不安に感じる事もあるかと思います。最初のころは知識やスキル、経験が少なく、周りの人との能力の差に気づかないことも稀ではありません。

また、周りの人の能力を理解すると、周りの人との能力の差に自信をなくし、落ち込んでしまう事もあるでしょう。もし、周りと同じように仕事をこなせる自信がないなら、自分の会社での存在意義を想像してください。同じ会社で働くということは、自分に存在意義を見出している人たちがいるということです。周りの優秀な人たちと一緒に仕事ができることが貴重な経験であると思いましょう。自分への仕事の良い評価は、なかなか気づくことができません。自分が会社から必要とされていることを認識し自信を持ちましょう。

転職を考えてみる

思い切って仮病で休む

社会人なら「今日は仕事に行きたくない」と1度は考えた事があるはずです。では仕事に行きたくないと思う理由はなんでしょうか?多い理由としては『好きでもない仕事を嫌々やっている』ことです。もちろんそれ以外にも色々な理由はあるでしょうが、嫌々だらだらとストレスをためながら仕事をするくらいなら、思い切って休んでしまいましょう。

頻繁するのはおすすめできませんが、ストレス解消・気分転換のためになら仮病を使って休んでしまっても良いのです。ちゃんと欠勤の電話連絡さえすれば、無理に出社しろという会社もそうそうないはずです。思い切って休み、気分転換をし、仕事をやれるだけの精神状態と体調を取り戻しましょう。

楽しんで仕事をできるようになれば『好きでもない仕事を嫌々』やっていた時よりも効率よく、うまくいくはずです。仮病で休むというとなにか後ろめたいという方は、自分へのご褒美「リフレッシュ休暇」の1日をとってみてください。

合わせて読みたい

普段しないストレッチをしてみる

今日は仕事に行きたくない、そんな気分の日は誰にでもあります。どうしてそんな気分になるのでしょうか。それは心がまだ起きていなかったり逆に気持ちが高ぶっていたりしていて落ち着いていないからです。まずは、ストレッチをしてリラックスしましょう。ゆっくり呼吸をしながら体を伸ばすだけでも心が静まります。仕事前にすると気合も入り集中力も出て効果的です。

ストレッチは朝の出勤時間前に限った事ではありません。気分がすぐれないな、と感じた時にはいつでも行いましょう。朝なら体がほんのり温まる程度に、仕事の合間や昼休みに、夜ならお風呂上がりの体が柔らかくなっているときに行うと効果的です。それに夜に行うと、心地よく眠れて疲労回復も期待できます。ぐっすり眠れたら、次の朝は精力的に仕事に取り組めますね。まずは簡単なストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。

まわりにいる誰かに話してみる

ひとつ屋根の下で共に暮らしているあなたの父・母・祖父・祖母・兄・弟・姉・妹などの家族がいるなら、仕事に行きたくない事を話してみましょう。仕事に行きたくない理由がはっきりとわかっているのであれば、そのことを包み隠さず家族に色々と事細かに伝えてみましょう。家族ならきっと話半分ではなく、親身になってあなたの話を聞いてくれるはずです。

客観的な視点で悩んでいることを聞いてもらうことで、あなたが考えもしなかった対策や対処法などアドバイスを貰えるかもしれません。また口に出して話す事で気分がスッキリしたり、今まで気づかなかった自分の本当の気持ちに気づくかもしれません。すがすがしい気持ちで出勤でき、日々の仕事に対して今まで以上に集中できるでしょう。

合わせて読みたい

成功している自分を想像してモチベーションをあげる

誰にでも、自分の人生や仕事などがこれからどうなっていくか、分からない事があると思います。今やっている仕事が果たして将来のためになるのか。いろいろと悩んでは不安になり、仕事を頑張る意味を考え、将来の事に不安になり過ぎて今の仕事は自分にとって意味がないと考えてしまい仕事に行きたくなくなる事があると思います。

もし、そのように将来の事で悩み不安になってしまった場合は、「将来、成功をし笑顔の自分」を思い描いてみてください。頑張っている仕事で成功をしている自分を思い描くことで、気持ちもポジティブになり、なんだかワクワクしませんか。

「将来、成功をし笑顔の自分」をイメージして、最短で達成できるように成長しましょう。ですが、いきなり大きな事をし達成するのは難しいですし自分自身も辛くなりますので、焦らず自分が出来る小さなことから始めてください。少しずつ着実に達成していき、思い描いた夢の「将来、成功し笑顔の自分」になりましょう。「仕事のノルマをクリア」や「資格を取る」といった明確な目標だと達成したかどうかの判断ができ、喜びを得られるでしょう。

決して自分を責めない

誰しもが好きな時に好きなことをして過ごしたいと思っています。もしあなたもそう思うことが続き、自分を責めたり罪悪感を感じているのなら辞めましょう。

いつも元気でテキパキと仕事ができて、素敵に輝いて見えるあの人もきっとあなたと同じように感じる時だってあります。好きなことだけをして過したいと言うのは誰もが思う当たり前の感情なのです。いつ、どんな時だってキラキラ輝いて居られる素敵な人はいません。どこかで休み、自分が輝いていられる時間を知っているのです。そうして自分の感情とバランスを取りながら過しています。

自分の好きなことでさえも毎日続けていけるような完ぺきな人間などいないから、自分を責めてはいけません。毎日努力が出来なくてもその中の少しでも自分が好きな部分を見つけられるといいですね。

仕事に行きたくないと感じる日が続けば辞める

お仕事に行きたくないなぁ…と思う時がたまにあると思いますが、その日の気分で「1日くらいはいいや」と休んでしまう人も多いことでしょう。1回や2回なら許されるかもしれませんが、それを毎日のように考えてしまうのなら、今の仕事を辞める、転職活動を始めるなど考えてみてもいいかもしれません。

後ろ向きな気持ちで仕事をすることは、自分自身のストレスになってしまいますし、職場の人にも迷惑がかかってしまいます。仕事に行きたくない気分の時は、自分の気持ちや都合ばかりを考えがちです。あなたが抜けた穴をカバーしなければならない人がいることも、決して忘れないでおいてください。モチベーションが保てない原因や理由は、必ずどこかにあるはずです。まず、その原因や理由を突き詰めるところから始めてみてはどうでしょうか。

きちんと分析してしていけば、今まで自分自身で気づいていなかった原因や理由が見つかるかもしれません。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧