1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事行きたくない時どうする?気分の切り替え方など対処法まとめ

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事に行きたくない

仕事行きたくない時どうする?気分の切り替え方など対処法まとめ

仕事に行きたくないときってどんなとき?

今日も仕事に行きたくない、本当に苦しい、一体どうしたらいいのか、と悩んでいませんか。誰でも、仕事に行きたくない時はあるものです。しかし、毎日のようにその状態が続いているなら、何かがおかしいのではないでしょうか。もしかしたら、今の仕事はあなたに向いていないのかもしれません。ここでは、主に仕事に行きたくないと悩んでいる方に役立つ情報を掲載しています。もしかしたら、今仕事にいきたくないあなたにも役に立つかもしれませんよ。

まず、あなたがもし仕事に行きたくないとしたら、その原因は何でしょうか。ここでは、当てはまる主な理由についてまとめてみました。

合わせて読みたい

向いていない仕事にストレスを感じているとき

最初は魅力を感じて選んだ仕事であっても、実は自分に向いていないこともあるようです。これは、自分自身の適性を自分でも把握しきれていないのが原因でしょう。また、大企業に就職しても、割り振られた仕事が自分に合っていないこともあります。

たとえば、人付き合いの苦手な人が営業の仕事を任されたり、机にじっと座っているのが苦手な人が事務職を任されたリすることもあるのです。そんな時に、仕事が向いていなくてストレスを感じる状態が生まれます。仕事に行きたくなくて憂鬱になるなら、まず今の職種が自分に向いていないのではないかと考えてみましょう。

合わせて読みたい

プライベートでショックなことがあったとき

特に、女性に多いのですが、失恋したことが原因で仕事へのモチベーションが下がることがあります。片思いの男性に告白したらフラれた、あるいは交際していた彼氏から別れを告げられたなどの状態がこれに当たります。本当に辛い気持ちが続いて、とても仕事どころではないというわけです。

実際のところ、失恋によって会社を休んだことのある女性はとても多いようです。精神的に落ち込んだことが原因で、本当に体調が悪くなってしまうこともあります。何も手につかない、涙がとめどなくあふれてくるという状態では、確かにてきぱきと仕事を進めていくことはできませんよね。

連休明けでやる気が出ないとき

金曜日が祝日の時に発生する3連休など、1年の間には何度も連休がありますよね。なかでも、ゴールデンウィークや年末年始の連休は、「大型連休」と呼ばれて楽しみにされています。そんな大型連休が始まる前には嬉しくて心がふわふわするのですが、終わり頃から次第に憂鬱になり、仕事が始まる日の朝になると「会社に行くのが嫌だ」と感じてしまう人が多くいます。

たとえば、4月から新入社員として会社に勤めだした若者たちが、五月病と呼ばれる精神状態になることもあります。それは、ゴールデンウィークでの連休が続いたため、仕事が始まるのが嫌で死にたくなってしまう状態をいいます。そこまでいかなくても、連休明けに会社へ行くのが憂鬱な人は本当に多いようです。

合わせて読みたい

職場の人間関係がうまくいっていないとき

仕事の内容よりも、実は苦労することが多いのが職場の人間関係です。たとえば、パワハラ上司にいじめられる、あるいは同僚の輪の中に入っていけずに孤立してしまう、といった状況があります。職場の空気が悪くて居づらい雰囲気の中で働いている場合、会社に行くのが辛いと感じるようになります。

また、自分は大人しい性格なのに、職場の人々が体育会系のノリなので合わないと感じる場合もあるようです。特に、学校時代にいじめの対象になった経験がある人は、会社でも他人が怖くて良い関係を築けないこともあります。職場では、自分と相性の悪い人とも付き合う必要があるため、その人間関係で悩んでしまう人も多くいるのです。

合わせて読みたい

自分の許容量を超える仕事をしているとき

仕事をする時間が多すぎて自分の許容量を超えている場合も、仕事に行くのが嫌になります。朝早くから会社に行き、深夜になるまで帰れないような状況を指します。疲れてもほとんど休憩も取れず、仕事を継続しなければならない場合もあります。このような職場環境は、ブラック企業によく見られる特徴です。

最悪の場合は、精神的な病気になったり、過労自殺につながったりします。疲れているのにこうした状態を我慢し続けると、取り返しのつかないことになる場合もあります。特に、真面目で自分を厳しく律するタイプの人は注意が必要です。

合わせて読みたい

これが出たらSOSのサイン。仕事に行きたくないときの症状は?

仕事に行きたくない、そう思うと本当に体の調子が悪くなってしまうこともあります。頭痛や食欲不振が続いたり、仕事の集中力や判断力が低下してしまうことまであるのです。ここでは、仕事に行きたくない時に出てくる心身の症状についてまとめています。

合わせて読みたい

ストレスによって精神的に出る症状

ストレスが溜まると、体内の自律神経が乱れてきます。それによって、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌量が増え、セロトニンの分泌量が減ってきます。ノルアドレナリンは「怒りのホルモン」とも呼ばれ、セロトニンは「幸せのホルモン」とも呼ばれます。

実は、ノルアドレナリンには脳を目覚めさせる働きがあり、正しく分泌されればやる気や集中力の元となるのです。しかし、ストレスがかかると、そのノルアドレナリンの分泌量のバランスが崩れます。そのため、やる気を喪失したり、うつ病のようなネガティブな思考に陥りやすくなったりするのです。それだけでなく、集中力の低下や判断力の低下も伴うので注意が必要です。

ストレスや心身の疲労は、精神を安定させるホルモンであるセロトニンの分泌量を減少させてしまいます。そのため、仕事が手につかない無気力な状態を生み出すこともあります。

合わせて読みたい

ストレスによって身体的に出る症状

人間の身体が健康な状態にある時は、体の自律神経が正常に働いています。しかし、過度のストレスによりその自律神経のバランスが崩れると、「体のだるさ」「食欲不振」「頭痛」「肩こり」「睡眠障害」などの不具合が生じるのです。

これらの症状は、主に副交感神経の働きが悪くなることで起こります。どちらかといえば、興奮を司る交感神経の方がよく働くので緊張状態が続いたり、血流が悪くなったりします。普段、体の活動の元となる栄養や酸素は、血液によって全身に送られているのです。それなのに、その血管の流れが悪くなるため、体の調子が次第にすぐれなくなってきます。

今日も辛い…仕事に行きたくないときの気持ちの切り替え方

本当に辛くて仕事に行きたくない時は、自分で上手に気持ちを切り替えることができると助かりますよね。そこで、ここではどうすれば仕事に行きたくない気持ちをリフレッシュできるのかについてまとめています。

合わせて読みたい

自分を客観的に見て評価してあげる

あなたは、自分の仕事ぶりを客観的な視点で見ていますか。自分では向いていないと思う仕事でも、周囲の人々から見ればそうではないかもしれません。すぐに退職や転職に踏み切らないで、職場の同僚や先輩に自分の姿がどう見えるかを聞いてみましょう。

できれば、直属の上司に相談してみるのが一番です。それは、あなたの本当の姿を客観的な視点で把握している可能性の高い人物だからです。相談してみて「気配りができる」などと褒められたら、それはあなたの強みということになります。何でも良いので褒められたところがあれば、自分でもその性質を高く評価するようにしましょう。自分を客観視して長所を自分で褒められれば、仕事へのモチベーションは確実に上がります。

今のままの自分を否定せず受け入れる

あなたは、無意識に仕事のできない自分を否定し、攻撃していませんか。確かに、仕事のできない自分なんて格好良いものではありませんよね。時には、仕事に行きたくないと思っている自分そのものが、本当にダメな存在だと思えてしまうこともあるでしょう。

しかし、「今のままの自分ではダメだ」と考え続けると、あなたの潜在意識は自然体のあなたをダメな人間であると認識してしまいます。そのため、次第にもっと仕事のできない、ミスの多いあなたになっていってしまうのです。

それを避けるためには、仕事が嫌いなありのままの自分をまずは肯定しましょう。「それも本当の自分だから、ありのままを愛してあげよう」と決めるのです。その方が、きっと気持ちもラクになります。

合わせて読みたい

仕事が終わった後や休日のことを考える

毎日会社に行くのが辛くても、仕事に対するモチベーションをアップさせる方法があります。それは、仕事が終わった後や休日に、大きなご褒美を用意することです。たとえば、前から読みたかった漫画を購入する、あるいは友人と一緒に好きな物を食べに行く、などが挙げられます。

仕事のない時間に楽しみを設定すれば、仕事に対するモチベーションは自然とアップします。自分に嫌なことばかりさせないで、大好きなことをさせるのがおすすめです。大好きなことは人によって異なりますが、仕事のない時間には趣味のことに夢中になってみるのも自然と気持ちを切り替えることにつながります。

必要とされている自分をイメージする

今の職場では、自分は必要とされていないんじゃないか、そんな考えが頭をよぎることはありませんか。そう考えて落ち込みそうな時には、頭の中で理想とする自分の姿をイメージしてみましょう。たとえば、てきぱきと仕事をこなし、みんなから頼りにされている自分の姿を思い浮かべてみるのです。

職場で活躍する自分の姿をいつもイメージしていると、潜在意識の働きによってそれが実現するともいわれます。たとえ、実現しなくても理想とする自分の姿をいつもイメージすれば、気分をリフレッシュすることもできます。

あなたが今、仕事ができなくて悩んでいるなら、そのイメージを持つことで気持ちの切り替えができるでしょう。

合わせて読みたい

「こうなりたい」と思う人間像を明確にする

もっと、幸福な気持ちで楽しく仕事がしたい、そう思っていませんか。自分が具体的にどうなりたいのか、その人間像を一度明確にしてみましょう。実は、なりたい人間像をはっきりさせることで、次第にそれに近づくことができます。

それは、「こうなりたい」と強く思うことによって、無意識のうちにそうなれる選択をするようになるからです。それが人間の潜在意識の働きです。あなたがもし、毎日与えられる仕事をこなすことに必死で理想の自分をイメージできていないなら、ぜひそれをイメージできる時間を作りましょう。

自分もいつか、なりたい人間像に近づけると思えば、気分も軽くなってリフレッシュしてきます。

仕事に行きたくない気持ちを和らげる対処法

仕事に行きたくない、でも行かなければならない、そんな思いに苦しめられることもありますよね。そんな場合には、仕事に行きたくない気持ちを和らげる対処法を知っていれば役に立つのではないでしょうか。ここでは、それについてまとめてみました。

合わせて読みたい

周りの人と積極的にコミュニケーションをとる

仕事に行きたくない気持ちになる原因として、職場での人間関係が上手くいっていないことがよくあります。これを避けるためには、なるべく職場で愛される人になった方がいいですね。そのためには、周りの人たちと積極的にコミュニケーションを取りましょう。

たとえ、仕事ができなくても、職場で愛されてさえいるなら出社拒否症にはなりません。他人と会話するのが苦手な人でも、毎朝きちんと挨拶をして笑顔でいるだけでもいいのです。積極的なコミュニケーションとは、単に会話をするだけではないのです。

そう考えれば、あなたも職場の人間関係を変化させやすくなるでしょう。

信頼できる人に相談する

誰か、仕事に関係ない立場の人で信頼できる相手はいませんか。仕事の悩みは、そういう人に話してみるのがおすすめです。そうすれば、あなたが考えつかなかった解決策を考え出してくれることもあります。

大体、自分の頭の中だけで長く考え続けていても、視野が狭くなるだけです。信頼できる相手にあなたの悩みを打ち明けることで、きっと気持ちも和らぎます。的確なアドバイスをもらえれば、自分が置かれた状況を客観的に見られるでしょう。

合わせて読みたい

楽しいと思える趣味を見つける

毎日仕事が忙しくて、自分のために使える時間は週末にしか取れない人も多いでしょう。その場合、平日は朝から晩まで仕事ばかりに時間を費やすことになります。そのため、自分が大好きなことをする趣味の時間はなかなか取れませんよね。

では、平日の朝でも早起きして、好きなことをする時間にしてはどうでしょうか。楽しいと思える趣味を見つけ、毎朝それをやって楽しむのです。自分が楽しめることを少しでもし続ければ、自然と元気になってきます。毎朝、仕事に行きたくないと思うタイプの人でも、心身が元気になることで一日を頑張る力が湧くのです。

できないことは断る

あなたは、職場でできない仕事まで引き受けていませんか。実際のところ、仕事に行きたくないと感じる人には、八方美人で嫌な事をはっきりと断れないタイプの人も多いようです。特に、「職場での人間関係を壊したくない」「いい人だと思われたい」などの理由で、できない仕事まで引き受けてしまう人がいます。

しかし、これははっきりいって意味のないことです。できない仕事まで引き受ければ、自信をなくしたり、仕事の質が下がったりする原因にもなります。断るのが苦手なタイプの人もいるでしょうが、相手がたとえ上司であってもできない仕事まで引き受けてはいけないのです。

断りづらければ、最初に自分を頼りにしてくれることへの感謝の気持ちを示してからやんわりと断りましょう。

合わせて読みたい

職場で憧れの人を見つける

あなたの職場には、素敵な異性はいませんか。もしいるなら、その人との疑似恋愛を楽しむのも仕事に行くのが楽しくなります。相手に好きだと告白しなくても良いのです。また、あなたが既婚者であっても、素敵な異性との疑似恋愛はできます。

女性の場合は、恋をするとホルモンの関係で美しくなるといわれますよね。それなら、本当の恋愛関係になれなくても、疑似恋愛を楽しんだ方が良いということになります。男性であっても、職場にいる素敵な女性に恋をすることで、仕事へ行くのが楽しみになってきます。

別に、相手と両思いになれなくても良いのです。アニメのキャラクターやアイドルを好きになるような感じで、遠くから「好きだなぁ」と思うだけでも仕事に張り合いが出てきます。

仕事に行きたくないときは休んでもいい

あなたが本当に仕事に行きたくないと感じているなら、休みを取ってもいいと思います。いつもは真面目に会社に通っている人ほど、大きなストレスを溜めている場合が多いからです。ここでは、仕事に行きたくないなら休んでも良い理由についてまとめています。

合わせて読みたい

無理して会社へ行くと病気になることも

もし、あなたが「会社に行きたくない」と毎朝思ってしまうとしたら要注意です。それは、あなたの心身が日々ダメージを受けていることを意味しています。このサインを重く受け止めずに無理して会社に行ってしまうと、ある日突然精神的な病気を発症したりします。

自分でも気づかないうちにストレスが溜まり、ある日突然心身が壊れるのです。これは、絶対に避ける必要があります。会社はあなたが健康を害しても、責任を取ってはくれません。一度健康を害してしまえば、治るまでには多くの時間やお金がかかります。

心身が壊れてから休むのでは、もう遅いのです。

「人手不足で迷惑をかけるかも」という心配は不要

真面目な人に多いのですが、「自分が休んだら人手不足になって他の社員に迷惑をかけるかも」と考える人がいます。しかし、ほとんどの場合、そんな心配は不要です。会社というものは、あなたがいなくても立派にやっていけます。

職場の同僚だって、あなたがいないと困ることなんてほとんどないのです。特に、会社員の仕事なんて誰にでもできます。責任感が強いのは悪いことではありませんが、あまり自分に無理をさせるのは危険です。会社を休みたくてたまらない時には、思い切って休みを取りましょう。

休むことで気分がリフレッシュされることもある

平日に休みを取ることで、今までとは違った毎日があることを体感できます。たとえば、あなたは朝に小鳥がさえずる声を聞いたことがありますか。本当は、毎朝雀などがチュンチュン鳴いているはずですが、いつもは出勤するのに忙しくてそれどころではないですよね。

たまには休みを取って、可愛い小鳥たちのさえずりを聞きながら優雅にパソコンに向かってみましょう。そのような静かな時間には、自分の心の奥底から響く心の声も聞こえてきます。また、会社に通わない働き方が自分に合っているかどうかもはっきりするでしょう。

もし、あなたが独身なら一日を好きなように過ごしてみましょう。既婚者なら、パートナーとどこかに出かけるのもいいですね。一日でも平日に休むことで、気分がリフレッシュしてきますよ。

休んだときに新しい仕事探しをしてみるのもあり

今の仕事が辛くてたまらないなら、病気になる前に辞めて転職するのも選択肢の一つです。もし本当にそうしたいなら、今の仕事を続けながら転職先を探すのがベストです。辞めてしまってから求人を探すよりも焦らずにすみます。

その場合、積極的に有給休暇を取って、家でパソコンなどを使って求人サイトにアクセスしてみましょう。実は、様々な仕事が世の中にはあることが分かります。あなたが楽しくできる仕事も必ず見つかるはずです。

転職を希望するなら、空いた時間に良さそうな求人情報を積極的に探していくのがおすすめです。

合わせて読みたい

いつでも辞められるように逃げ道を作っておく方法

今はまだ何とか大丈夫でも、そのうち仕事に行きたくない気持ちが深刻化するかもしれませんよね。そうなっても困らないように、今のうちから逃げ道を作っておきましょう。ここでは、いつでも今の会社を辞められるように努力しておきたいことについてまとめています。

合わせて読みたい

新しいスキルや知識を身に付ける勉強をしておく

今の仕事が向いていない、辞めたいと本気で思っているなら、どんな仕事であれば楽しく続けられるのかをよく考えてみましょう。どうせ転職するなら、やはり天職に就きたいですよね。それを可能にするためには、自分が本当はどんな仕事をしたいのかを考え、その仕事に就くためのスキルや知識を身につけておくのがおすすめです。

合わせて読みたい

そのためには、空いた時間に積極的に勉強していきましょう。デザイン系の仕事がしたいなら、Webデザイナーのスキルを付ける勉強をしておくのもいいですね。そうやって日頃から勉強しておけば、「いつでも辞められる」という心の余裕が出てきます。

自分の向き・不向きを把握しておく

あなたは、自分がどんな仕事をするのに向いているのかをご存知ですか。新卒で企業に入社してそのまま何年も働いている人に多いのですが、自分の向き不向きをまったく把握していない人がいます。そんな人が仕事を辞めても、一体どんな職種に就けばいいのか分かりませんよね。

もし、転職する気があるのなら、まず自分の向き、不向きについて調べてみましょう。まず、あなたがやってみたい仕事を紙に書き出し、実際にアルバイトや副業で挑戦してみて向いているかどうかをチェックするのもいいですね。そうしておけば、いつ会社を辞めても次の転職先を絞りやすくなります。

自分の得意なことを伸ばす努力をしておく

日本では、学生の頃から苦手な科目を克服することを求められます。たとえば、受験勉強をする時でも、得意な科目を勉強するよりも苦手な科目を勉強しておく必要がありますよね。それは、日本の受験システムが、どの教科もある程度点を取れなければ合格できない仕組みを持っているからです。

しかし、実際の人生においては、苦手なことを克服しようとするよりも得意なことを伸ばす方が有益です。得意なことを伸ばす方が、その道のプロフェッショナルになれる可能性が高まります。一方、苦手なことはいくらやってみても平均なみの能力しか身につかないでしょう。

大体、得意なことをする方が、精神的にもワクワクできて楽しいです。いつか今の会社を辞めたいと思っているなら、ぜひ積極的にあなたの得意な分野の勉強をしていきましょう。

転職先を探しておく

仕事に行きたくない、もう限界だと思うなら、早めに転職先を探しましょう。先に今の会社を辞めてしまうより、転職先で働けることが決まってから辞める方が不安が少ないです。もう我慢ができない状態なら、積極的に次の転職先を探してください。

転職する際に、面接や試験を受ける必要がある場合は、何か理由を作って会社を休みましょう。それに対して、罪悪感を持つ必要はありません。あなたの人生は、あなたが主導権を握って好きに動かして良いのです。

今の職場で働くのが本当に辛いなら、不安を感じずに辞められる状態を早く作るようにしましょう。

まとめ

あなたは、毎日向いていない仕事をして疲れ切っていませんか。実際のところ、あなたがその気になればいつでも仕事を変えることは可能です。あなたの人生の主人公はあなたなのですから、会社の都合によって振り回されてばかりいる必要はありません。

今の仕事が本当に嫌で辞めたいなら、いつでも転職することができます。向いていない仕事ばかりして苦しんで、最終的には病気になるなどもってのほかです。誰しも、大好きな仕事をして楽しく生きる権利があるのです。

もし、あなたが今、仕事のことで苦しんでいるなら、ゆっくりと自分の人生や理想の仕事について考える時間を作ってみてください。そこから、あなたの理想の生き方がきっと見えてくるはずです。

ランキング

記事一覧