仕事行きたくない時の吐き気を抑える方法

仕事に行きたくないと感じた時の吐き気の原因はストレス

毎日、上司に怒鳴られたり、嫌味を言われている人も多いかもしれません。しかも、毎日、残業を3時間以上やらなければならない日々が続くと、仕事が上手くいかず悩む事が増え、職場の中でも孤立してしまい、実は自分が気付がつかないうちに、大きなストレスとなっている事が多々あります。

特に日本は「真面目に働くのが美徳」というのが強く、悩みを周囲に相談しても見過ごされてしまう事が多いのが実情です。
しかし、ストレスというのは心身共にダメージを与え、はじめは「疲れ」に似た症状から始まり、次第に無気力、集中力の大幅な低下、不眠症、常に頭が真っ白…と状態が悪化していき、気がついたときには取り返しのつかない状態になってしまう可能性があります。

この症状は、自律神経が、ストレスによって異常状態になってしまうことにより引き起こされます。
強い緊張状態が長く続くと、やがて自律神経は休む時の状態にはなれず、不眠症や脳の機能低下を引き起こし、心身の不調を引き起します。その時に原因が特定できれば、早期の治療が出来ます。しかし、ここで無理をすると、さらに悪化し、本格的な鬱病になってしまいます。

鬱病の知識がなかったり、私は鬱病にならない、という人ほど、最悪の状況まで到達してしまう傾向があります。これを防ぐには、身体から発せられるサインをしっかりつかみ、早期に対処する必要があります。

仕事に行きたくないと感じた時のその他の変化

入社した当初は新たな環境に足を踏み入れるワクワク感で胸がいっぱいになり希望に溢れていましたが、実際に働くと「想像していたのと全然違う・・・」と思ってしまうことは誰にでもあります。そういった理想と現実のギャップによって毎日のように仕事を辞めたいと考える人が沢山います。それでも日々の生活を行う為、愛する家族の為に、と無理やりやる気を奮い立たせ仕事に向かうという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、押さえつけたその気持ちがあまりにも強くなりすぎると以下のような不安定な状態になることも・・・。

「仕事をしている時に何でもない所で急に涙が溢れて止まらない・・・」
「家で仕事のことを考えただけで胸が締めつけられて苦しくて涙が止まらなくなる・・・」
「毎日の仕事が嫌で職場に行くことが苦痛で”うつ”になってしまいそう・・・」

もしかしてあなたも毎日のように「仕事を辞めたい」と考えていませんか。上記のような症状に心当たりがあるのではないでしょうか。
そこで今回は《仕事を辞めたくてしょうがない・・・涙がとまらない》という方に関して、「転職したほうがいいんだろうか」、「改善する方法って何かないのか」についてをまとめてみました。

急に涙が止まらなくなる

仕事が辞めたくて辞めたくて仕方がないと思いながら毎日仕事をしていると、仕事の時間が来るたびに自然と涙が流れてしまったり、仕事中に涙が溢れて止まらなくなってなってしまうことがあります。このような状態になってしまうのは、毎日の仕事による過度なストレスが原因となって、身体に相当のストレスをかけてしまっているためで、鬱病になる一歩手前であると言われています。

このような状態になる前に、ストレスを少しでも緩和したいものですが、仕事でかかるストレスが大きすぎて発散できないでいる人が多くいます。ストレスが溜まりすぎてしまうと、どんな仕事に対してもネガティブな考え方が浮かんで来てしまい、精神的な負担が体に対して過度にかかることによって、涙が自然と溢れ出して来るようになってしまいます。

出勤前に突然の腹痛

朝起きてから仕事前までに必ずお腹が痛くなったりしませんか。実はそういう人は少なくありません。これは現代病の一種であり、ストレスが原因です。普段、仕事に対してプレッシャーや緊張を感じていなくても、仕事に対しての小さな嫌気や苦痛などが精神的にストレスを与え、腹痛などといった症状に現れたりします。気持ちのどこかにストレスを感じると交感神経が刺激され、脳から腸を刺激する信号が送られるのです。症状の起きるタイミングは朝起きてすぐであったり、出勤途中であったり、出勤直後であったりと様々ですが、毎日続き「過敏性腸候群(かびんせいちょうこうぐん)」が発症すると、腹痛による下痢が頻繁に起こるようになります。

この症状の特徴として、仕事のストレスが原因なので休日の日はピタリと消える事もよくあります。

仕事に行きたくないと吐き気を感じた人の体験談

自分は「社会人だから」きちんと会社に行かないといけない。なんて毎日頑張っていたら、ある朝急な吐き気に襲われる。けど仕事が終わると吐き気もおさまる。そんな状況に陥っていたら、それは精神的に限界が来ている証拠です。無意識に自分を追い込んで、気づかない内にストレスを溜めてしまっているのです。

ストレスが原因で吐き気や嘔吐をもよおすことがあります。吐き気をもよおしている場合は過度なストレスがかかっている場合があるので早急に病院で診てもらいましょう。そのまま会社に行き続けるとますますストレスを溜めてしまい、いずれうつ病になってしまうかもしれません。

吐き気が出る程の拒否反応を起こしながらも責任感から会社に行っている人はとても我慢強い方です。しかし我慢出来るからといって平気というわけではありません。我慢をしている=ストレスなのです。そうやって我慢し続けることによって相当なストレスを溜め、重度のうつ病になってしまいます。

それではみなさんと同じ経験をもつ方の体験談をご紹介します。

通勤途中に感じた不安からくる吐き気

28歳男性、会社員のAさんはもともと対人恐怖症の気があって、人が集まる空間が苦手でした。
今まで会社を辞めたいと思ったことは何回もあるし、それだけでなく会社を訴えたいと思ったことまであるそうです。
最もメンタル的に低下した時期には、会社を休職したこともあるみたいです。

Aさんが休職した直後の出来事です。Aさんが寝ている時に、夢に班長のあざ笑う姿が出てきたそうです。布団のすぐ隣にある壁を、自分では気づかないうちに殴っていました。

また、体に鉛を背負っているように感じることもあるそうです。休日でさえ、体が思うように動かせないこともしばしば。そしてAさんは、手足の震えが止まらなくなっている自分に気づきました。さらに、会社の上司や班長と顔を合わせないといけないと思った時には、吐き気を催してしまうようにもなりました。実際に電車の中で戻してしまったこともあるそうです。

先輩からの暴言がひどくストレスによる吐き気

20代女性のBさんの会社には、50代の女性である嫌な先輩がいます。1年間、その先輩と二人で事務の仕事をしました。
その先輩は、毎日のように暴言を吐くし、他人の悪い噂話も頻繁にする人です。自分の娘とBさんを比較しては、Bさんを馬鹿にし、Bさん自身の存在を否定する発言もありました。毎日が嫌で嫌で、とても辛かったそうです。

Bさんはだんだんと、ストレスを貯まめ込んでしまいました。毎朝吐き気を催すので朝食を食べることができなくなりました。酷い時には昼食も食べれない状態です。Bさんは体重も減っていき、女性としての魅力的な体型とは程遠い、ガリガリの状態になってしまいました。

その当時、Bさんは掛け持ちで2つの事務の仕事を持っていました。派遣で、月の3分の1程度働いていました。「暴言を吐かれるのも仕事のうち。生活のために仕事を頑張ろう」とは思うように努めていたそうです。ですが、仕事を終えて家に帰ると、先輩の暴言を思い出し、次第に自分は価値のない人間なんだと思い込むようになり、泣いてばかりいました。家事にも手付かずの状態になってしまいました。

Bさんは会社を辞めたいと電話で社長に話したところ、その先輩のいない、もう一方の職場だけで働くことになりました。ようやく、吐き気からは開放されました。

うつ病になる前に仕事をやめましょう

「会社は簡単には辞められない」

正社員の場合は特に誰もが思う事です。正社員は少なからず待遇も良いですし、3年以上、そこで働いているならともかく、1年未満で辞めたら職歴にも傷がつきます。しかし、よく考え直してみませんか。仕事が出来るのは、健康な身体と精神があってこそだということを認識すべきです。

私たち労働者は健康であってこそお金を稼ぐ事が出来るのです。すなわち、健康を失えば、お金を稼ぐことは出来なくなってしまいます。
今、仕事を辞めて一度ストレスをリセットすれば、うつ病にならず早期に仕事に復帰出来る可能性もあります。しかし、我慢して仕事を続けてストレスへの対処を先送りにしていると、うつ病になってしまい1年以上、治療をする事になってしまうことだってあります。そうなれば経済的にも健康的にも、損失は計り知れません。

会社を辞める事と、うつ病になるリスクを背負ってでも今の会社に尽くす事。この2つを天秤にかけて検証すべきです。会社を辞める。これは、重大な決断です。しかし、大切な身体、精神を傷つけてまで続けなければいけない仕事なんてあるのでしょうか?

会社を辞めてはいけない、という固定概念を捨てて、会社を辞めてもいい。自分の健康が一番大切。ということを改めて再認識しましょう。