「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 働きたくないけどお金は欲しい。なるべく楽に稼いで暮らすには
仕事に行きたくない

働きたくないけどお金は欲しい。なるべく楽に稼いで暮らすには

「働きたくないけどお金ほしい」はわがまま?

できれば、楽をして稼ぎたいものです。生活していくのに十分なお金があれば、全く働かないか働く時間を少しにして、多くの時間を遊びに費やせますね。では、働かずにお金をもらうことができるでしょうか?この話題をみんなの前で話せば、馬鹿にされます。「稼ぐためには汗水たらして初めてお金がもらえる」と多くの人は考えているからです。

実際のところ「働きたくないけどお金を欲しい」という夢は叶えられます。どのようにしたら達成できるでしょうか?根本的なこととして、なぜ働きたくないのでしょうか?これがまずわかれば、お金を稼ぐための最初のステップをクリアできます。

働きたくないと思う原因を追究しよう

「働きたくない」という理由は、人それぞれ異なります。「何が原因」で働きたくないのか、やる気が出ないのかがわかれば、自分に合ったお金を稼ぐ方法を見つけられます。働きたくない原因を除くことができれば、働こうという気持ちになります。いくつか原因を見てみましょう。

毎朝早くに起きたくない

今は夜更かししてしまうツールがたくさんあります。ゲームしたり映画を見たりして、夜中まで起きていることができます。夜遅くまで起きているなら、朝はゆっくり起きたいものです。しかし会社勤めの場合、大抵朝早く起きて、身支度を整え出勤しなければなりません。

自宅から会社まで徒歩で10分、といった近い場所ならともかく、多くの人は30分から1時間かけて会社に行くため、朝早く起きなければなりません。朝起きるのが辛い人にとって、毎朝早く起きなければいけないのは、辛いことです。

毎日満員電車が嫌で通勤したくない

満員電車が大好きという人はいないでしょう。毎日電車で通勤すると考えるだけでも、嫌になります。隣の人に押されるのも嫌ですが、立っているだけでも大変です。満員電車に乗るのかと想像するだけで腹痛を感じる人もいます。

奴隷のように電車に詰め込まれ、長い時間乗らなければいけないなら、苦痛しかありません。知らない人と狭い空間に押し込まれ、息をするのも大変な状況を耐える必要があるのです。週に1回だけでも満員電車は大変ですが、毎日となると「出勤したくない・働きたくない」と思う原因になります。

正社員として会社に雇われたくない

今は働き方がいろいろあり、正社員だけでなくアルバイトや派遣社員という方法もあります。色々な働き方があるとはいえ、会社によっては能力の高い人、利益をもたらしてくれる人に「正社員」として働くよう、求めてくるでしょう。

確かに正社員になると「収入が安定する・福利厚生がある」といったメリットがあります。しかし正社員になると様々な縛りが出ます。業務量が多い日には、やりたいことを自由にするための時間が、ほとんどありません。好きな時に好きな場所へ行くための余裕もありません。職場によっては、自分と合わない「嫌いな人」と長い時間働かなければなりません

人と関わりたくない

誰かと関わるのが「面倒」という理由で働きたくない人がいます。人それぞれ、誰かと仲良くするのが得意な人もいれば、コミュニケーション能力があまりない人もいます。コミュニケーション能力は努力すれば上げられますが、ハードルが高いと思ってしまう人もいます。

上司やお客様と接している時に威圧的な態度を取られると、パニックに陥る人もいます。この経験を後々まで引きずってしまうこともあります。働くことが嫌と言うよりも、「人と関わるのが嫌だ」が大きくなります。できるなら一日中、家にひきこもっていたいのです。

他にやりたいことがある

会社勤めの場合、週に最低でも5日間、残業なしでも1日8時間が拘束されます。職場が家から遠い場合、いっそう時間を会社と通勤に取られます。普通に働くなら、やりたいことをする時間が全く取れません。

世界一周旅行がしたいと考えているなら、週に2日の休みでは達成できませんね。動画を撮って投稿するのが趣味の場合、家でじっくりと作りたいものです。そのためには、まとまった時間が必要です。

趣味に没頭したい人の場合、働くことは邪魔で仕方ありません。お金を稼がなければいけないのはわかっているのですが、仕事以外にやりたいことがあると「働きたくない」と思ってしまいます。

働くことにトラウマがある

以前、「職場でいじめられた・ミスをして怒られた・セクハラやパワハラを受けた」といった経験をしていると、働くことがトラウマとなってしまいます。以前にブラック企業に勤めていた場合、「再びどこかに就職すると、辛い思いをするのではないか」とか「他の人を傷つけてしまうのではないか」「仕事で失敗するのではないか」と思ってしまいます。

実際に新たな職場で働いてみないとわかりませんが、考え方がネガティブなため、働くのが怖くなってしまいます。必要以上に嫌なことを想像してしまうと、行動できなくなりますね。

働きたくない人が働きやすい職業とは

働きたくないけれどお金が欲しい人に朗報です。実は、働きたくない人でも「働ける」場所や職業があります。7つの職業をご紹介します。働きたくない原因を解決する仕事を発見できますよ。

始業時刻の遅い会社

出勤時間が10時とか11時なら、朝はゆっくりと出勤できます。朝の通勤が苦痛で働きたくない人の場合は、始業時刻の遅い会社を選ぶのも一つの方法です。

お昼ごろからの出勤なら、満員電車に乗る必要がありません。また前日に終電まで飲みに行って、夜更かしをしても安心です。始業時刻が遅いと、帰宅時刻は遅くなるでしょう。とはいえ「朝が苦痛だ」「満員電車に乗りたくない」人にとって、始業時刻が遅い会社はメリットのほうが大きいです。それだけでなく、もし役所などに寄ってから出勤したい場合でも、もとから始業時間が遅ければわざわざ会社に申し出なくて済みます

フレックスタイムのある会社

フレックスタイム制は、労働者自身が出勤そして退勤時間、一日の労働時間を決めることのできる制度です。フレックスタイムのある会社は、多くの人にとってメリットがあります。

満員電車に乗らなくて済むので、ゆっくりと椅子に座りながら出勤できます。電車に座っていけるので、読書が捗ります。また、役所や銀行に寄ってから出社も可能です。朝早くに出勤する人とは全く異なります。

フレックスタイム制なら、仕事とプライベートのどちらも充実させられます。子供のいる人でも幼稚園や保育園への見送りができたり、親の介護予定に合わせたりできます。業種や職種、案件のスケジュールによっては、働きたいだけ働き、出勤したい時にだけ行くといった形もできるので、比較的自由に働くことができます

個人プレーの社風な会社

すべての会社が「みんなで仲良くやる」という体制を準備しているわけではありません。個人プレーの社風の会社は、個々の社員が自発的に行動し、個人の売り上げを重視します。個々の社員の能力が高い、精鋭集団のような会社です。

このような会社の場合、誰かに合わせる必要もありませんし、働いたら働いただけ、自分の手取りとなります。会社内全体に協力体制がなく、自分の成果だけを求めて良いのです

個人プレーの会社なので、早く出社して、仕事を早く終わらせ、帰宅することも可能になります。不必要な交流がないので、以前に会社内の人間関係が面倒だったという人にはぴったりです。

作業時間より移動時間や待ち時間の長い職種

移動時間や待ち時間が長ければ、一人の時間を過ごすことができます。

例えばトラック運転手があります。彼らは、工場へ行って荷物の出し入れはしますが、それ以外は一人で黙々と車の運転をするだけです。人と関わるのが嫌な人にとってトラックドライバーは楽な仕事といえます。

新聞配達員も多くの時間、一人で作業しますね。他の人と接する機会は少ないです。ただし朝早く起きて、黙々と仕事をするのは、体力が必要な場合が多いです。

人間関係が嫌な人にとって、作業時間よりも移動時間や待ち時間が長い「ドライバー・検針業務・新聞配達員などはおすすめです。

好きなことをして稼げる会社

趣味など好きなことなら、それが仕事だとしても何時間でも過ごせます。

就職する会社も、嫌いなこと不得意なことをさせられるところではなく、自分が好きな分野を選ぶなら、働きやすい場所と言えます。ゲームが好きならゲーム制作、絵を書くのが好きな人ならイラストレーターや漫画家として、会社に入ることができます。文字書きが好きな人は、webマーケティング会社でライティングの仕事もできます。

好きな作業で稼げる会社に入るなら、働きたくないという気持ちを抑えられて、むしろやりたいと思うでしょう。なぜなら、仕事が趣味の延長上にあるからです。

自宅でできる仕事

自宅でできる仕事は、働きたくない人におすすめの方法です。なぜなら、自分のペースで活動できるからです。やりたい時に、やりたいだけ作業ができます

昔であれば在宅ワークは、手芸のような物を作ることがメインでしたが、今はパソコン1台あれば様々な仕事ができます。データ入力だけでなく記事の執筆、ロゴのデザイン、プログラミングといったことも可能です。

締切のある業務内容でなければ、体の調子が悪い時ややる気がない時には働かなくて良いので、「働きたくない」という人にはハードルが低いです。以前に会社勤めをして嫌な経験をしていても、在宅ワークによって社会復帰できた人がいます。

親戚や友人など身内の経営する会社

働かないといけないのに状況が許さない場合、自分の親戚や友人といった身近な人の所なら、働ける可能性があります。自分の状況を知っていて、理解を示してくれるからです

働き手の現状を受け入れてくれやすい親族や友人の会社なら、働き方を考慮してくれます。自分が精神的に病んでいても理解してくれて、何をしたらダメなのかわかってくれるのです。休める時に休める環境を整えやすいと言えます。親戚や親友の会社なら、気持ちを楽にして仕事に取り組める可能性があります。

それでもやっぱり働きたくないなら

働く方法はあるけれど、難しくて重い腰が動かないのでしょうか。あるいは働くことへの怖さや不安があって、やっぱり働きたくないと思うのでしょうか。何があっても働きたくないあなたにも対処法があります。いくつか見てみましょう。

自分の意識改革を図る

仕事に対する自分の意識を変えるだけで、働きたいと思うようになります。会社を変えることができなくても、自分の「仕事に対する見方や考え方を変化させる」のです。

「がんばりすぎない」のは、一つの助けになります。「まだ仕事ができる」パワーを若干残して次の日を迎えるのです。日本人は勤勉な人種なので、働きすぎになりやすいです。余力を残しながら働けば、「疲れて朝が起きられない」などの、仕事に対する消極的な考えを減らせます。

「感謝されるように働く」のもおすすめです。誰かからありがとうと言われて、嫌な気持ちになる人はいません。言われた仕事をただこなすのではなく、ありがとうと言われるような働き方をすると充実します。

まともに働いている人と友達になることも、仕事に対する意識改革をするのに助けとなります。家族のために一生懸命働いている人と交友すれば、働くことへの刺激をもらえます。逆に、働きたくないと言う人たちと一緒にいると、自分もどんどん働きたくなくなってしまいます。

リスクを承知のうえで今ある資産を使う

どうしても働きたくない人でも「資産」があるなら、お金に働いてもらえます。

投資家として、リスクも考えながら株や不動産などを購入し、そこから得られる利益で生活できます。利益になる時もあれば、損をすることもありますが、お金を投資するなら、大抵の場合、収入を得られます。

現在自分にお金がなくても、できることがあります。自分の親や親族に手をつけていない土地や建物、骨董品などがあるなら、それを元手にして不労所得を得る仕組みを築けます。働かないで得られる収益である「不労所得」があるなら、働かずに生活していけます。自動でお金が手元に入り続けるからです。

働き方も稼ぎ方も人それぞれ

お金が欲しいけど働きたくない人が、どのように対処できるかをご紹介しました。人それぞれ働きたくない理由は異なるので、自分にとって働きやすい職業を見つけたいですね。そのために、まず自分がなぜ働きたくないのか原因を解明するのが先決です。今は感謝すべきことに、色々な働き方があるので、ぴったりの仕事を見つけるため、諦めないようにしたいものです。色々なことにトライして、しっくりくるものを発見しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧