1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくない新人の原因と対策
仕事に行きたくない

仕事に行きたくない新人の原因と対策

新人が仕事に行きたくないと思うのはなぜ?

会社に入ってまだ間もない新人の頃は誰もが仕事に行きたくないと一度は考えると思います。

仕事にはそれぞれ向き不向きががあります。まずはあなた自身と今の仕事が合っているのか、今一度相性、適性を調べてみてください。もし適性ではないと思ったのなら、一度今の道を辞めて新しい違う道を探してみるというのも一つの手です。ここでは、なぜ仕事に行きたくないと多くの新人が思うのか紹介していきます。

正社員で楽な仕事を見つけるならウズキャリで見つけてみよう!

新入社員で仕事に行きたくないと既に思ってしまっているあなた。今の仕事を辞めて転職するか、このまま続けるか悩みどころですよね。
そんなとき転職のアドバイスやノウハウを教えてくれるウズキャリがおすすめです。
ウズキャリは既卒や新卒対象のサイトです。またフリーターの方も社員として就職を応援する新人には心強い味方です!

>ウズキャリをチェックしてみる<

内定率がなんと86%以上!新卒・既卒で自分に合った仕事を見つけられる!

応募書類から面談までサポートをしてくれ、内定率はなんと86%以上!ウズキャリを使ったほとんどの人が内定をもらい楽しく仕事をしています。
編集部がウズキャリをおすすめする理由は下記です!

編集部がおすすめするウズキャリの魅力
  • 新卒・既卒専門だから安心して就職活動を始められる
  • キャリアカウンセラー全員が元第二新卒・元既卒だから経験者の人から深いアドバイスをもらえる
  • 厳しい審査の上でブラック企業を除外しているのでウズキャリの募集企業に安心して応募できる

キャリアカウンセラーが同じ経験をしているからこそのアドバイスや、ノウハウをしっかり伝えてくれるのはとっても安心感がありますよね!
またホワイト企業が多いので、今の会社に不満がある方は安心して就職活動にのぞめます。

>ウズキャリを見てみる<

仕事が暇でやることがない

新人の頃は研修や書類作成など外に行かず社内で行う業務がメインの人が大半です。研修や書類作成はそこまで時間のかかる業務ではなく、暇な時間が生まれてしまいます。暇な時間が多いとつまらないと感じ、仕事に行きたくないと感じてしまいます。毎日仕事が忙しくて終電で帰宅する人には怒られるかもしれませんが、何もやることがなく、席に座っているだけというのは辛いです。

これは新人ということもあり、担当の先輩や上司が仕事量を考えて振ってくれている可能性が高いです。先輩や上司が忙しくないタイミングを見計らって「私でもお役に立てる仕事はありませんか?」と聞いてみるのがいいでしょう。

ハタラクティブで相談をしてみる

ハタラクティブは「20代をメインとした若年層の就職・転職」を強化し、未経験の職種にも就職できるように密に相談に乗ってくれます。今の仕事が向いていなかった、もっと良い仕事があるかも。と悩んでいる方は是非ハタラクティブに登録をしてみませんか?
新卒就職支援やフリーターの方、また既卒の方にも正社員の仕事をあなたに紹介してくれます。

チェックポイント
  • 登録・相談はなんと無料!
  • ハタラクティブにしかない非公開の求人も用意しているので相談するだけで非公開求人も紹介してくれる
  • 自分のキャリアに見合った仕事も紹介してくれる
  • 既卒でも安心して未経験の仕事につける

相談するのもすべて無料なので是非ハタラクティブに登録してみてください。

ハタラクティブに登録してみる

仕事内容が面白くない

今の仕事が “つまらない” と感じている人は、その延長で仕事を辞めたいと考える事がよくあります。つまらない、やりがいを感じない、と思い仕事を辞めたいと考える前に今一度、よく考えてみて下さい。

誰でも初めは慣れないものです。仕事は成果が出て始めて「面白い」と感じるのが普通で、成果が出ないうちから「面白くない」のは当たり前です。慣れない環境と慣れない仕事、すぐに辞めたいと考えるのではなく、しばらく踏ん張って自分に合うか合わないかを見極めるのも良いと思います。

それでも、人には向き不向きというものがありますので、しばらくしても調子が出てこない、仕事を楽しめる瞬間が全くない、という人は今の職場を考え直すのもありだと思います。

合わせて読みたい

仕事が上手く覚えられない

新人の悩みの一つに「仕事がなかなか覚えられない」ということがあるかと思います。

あなたの上司や先輩も最初はあなたと同じ新人で、覚えられないのが当たり前だったのです。新人だから仕事の手を抜いて良いということではありません。もし、以前に聞いたことが覚えられなかった場合は「確認させてください。これは〜〜でよかったでしょうか」というように、以前に教えてもらったことは覚えているが確認です、というスタンスで聞くようにしましょう。

合わせて読みたい

入社した時の理想と現実のギャップ

「とにかくがむしゃらに仕事に取り組み、早く仕事が出来るようになりたい」
「上司や先輩に嫌なことを言われてもめげない」
「仕事ができるようになる自分を想像するとワクワクする」

社会に出て働いた経験がない人は、このような理想を仕事に対して抱いていることが多くあります。アルバイト経験があれば少しは社会に出て働くということの現実が見えているかもしれませんが、実際に社会人として仕事をすると理想と現実のギャップに唖然とすることが多くあります。働き始めた頃は、きっと自分はこの仕事は出来るだろうと思っていたことが全く出来なかったり、職場の上司や先輩、取引先からの理不尽な注意を受けることもあり、何度も辞めたいと思ってしまう事もあります。

もし今あなたが新社会人として理想と現実のギャップに悩んでいるのであれば、入社前に抱いていた理想は捨てたほうが賢明です。理想と現実は全く別のものであると割り切って毎日を過ごすことが大切だと思います。

合わせて読みたい

仕事でミスをしてしまう

仕事において、失敗をしてしまうことを極度に恐れる人がいます。特に、勉強が得意な新入社員ほど、そういう傾向が強く見られます。また、失敗をしてしまった時には「仕事の出来ない自分はなんて駄目なんだろう」と、過度に自己評価を下げてしまい、仕事に行くことが怖くなってしまうのです。しかし、本来、新人というものは、失敗をしながら、仕事を覚えていくものです。

上司からしても、失敗するだろうなと分かっていて、あえて仕事を任せることだってあるのです。失敗も含めて、仕事なんだと割り切ることが必要です。大事なことは、同じ失敗を繰り返さないということだけです。失敗から、必ず何かを学び、次につなげようと努力することです。決して落ち込む必要はありません。いつか、失敗をしていた自分を懐かしく思い返すことが出来るのも、これからのあなたの努力次第です。

合わせて読みたい

上司や先輩と馬が合わない

全ての会社員が抱えるであろう悩み…それは、人間関係です。年は関係ありません。新人でなくとも人間関係の悩みはつきまとうものです。

新人は仕事ができなくて当然です。ただ、出来ることはあります。それは、「明るく」「元気よく」前向きな気持ちを全面に出すこと。それを見た先輩や上司の心も前向きになります。新人の頃、上司に聞かれたことがあります。「何も出来なくても、ベテラン社員に勝てるものがある。なんだと思う?」あなたには何か分かりますか?

それは、「挨拶」です。

新人の元気な明るい挨拶は、とても価値のあるものです。職場全体を明るく前向きにすると同時に、ベテラン社員でさえ、新人だった時の気持ちを思い出し、フレッシュになります。また上司や先輩からの見る目も、温かく見守るような見方に変わります。新しい環境で小さくなっている必要はありません。ゼロからスタートしたばかり、これから始まるんだとばかりに、前向きに明るい挨拶でぶつかっていってみませんか。

合わせて読みたい

仕事ができない自分が嫌だ

「自分は仕事ができる人間だ」そう思っていたのに社会人になり仕事をしてみると、全くできなかった。このようなこともあるでしょう。新人は仕事が出来なくて当たり前、それが当然のことなんです。落ち込んでいるだけではなく自分で自分自身を分析してみましょう。就活でやったと思いますが「自己分析」です。「なぜできないのか」「どうしたらできるようになるのか」「自分の今の課題はなんのか」など自分自身に問いかけてみましょう。ノートなどに書きながらすることをおすすめします。

新入社員の頃から「自分はできる」などと期待してはいけません。新入社員は仕事が出来なくて当然。ゼロからのスタートです。そこから一歩一歩前進していくこと。そしてもっと前進したいという気持ちを持つことが大事です。出来ないことを気に病む必要は無いのです。自分はできると思うからハードルを超えられなかった時に自分を責めます。なので「自分はまだ新入社員なんだからできなくて当然」と自分に許可を与えることも大事です。

合わせて読みたい

雑用ばかりで成長できない

新入社員の仕事とはコピーを取ったり簡単な資料をつくるといった雑用がメインです。

会社は利益を追求する所で、あなたも入社前には「この会社に入ってバリバリ働いて利益に貢献するぞ」と思った事でしょう。しかし、現実は雑用ばかりの毎日で一向にスキルが身に着く実感がわかない人も数多くいます。確かに、大学に入り研究をしレポートを書き、資格を取って就職の面接でアピールしたのに、いざ入ってみたら(こんなので給料貰ってもいいのかな)と思うこともあるはずです。

でも、ここで考えてみてください。単純なコピー取りも会議で使われる重要な書類です。あなたがしなければ誰がするでしょうか。コピー用紙が切れたら補充をしますし補充用の紙の在庫が足りなくなれば発注をしなければいけません。これらの一連の行動は、一つだけを取ってみれば非常に簡単でつまらなく見えますが全ては繋がっています。そして、あなたがしなければ、あなたより給料の高い年配者がすることになります。つまり、それだけ会社の利益が損なわれるという事ですね。

要は考え方を変えればいいんです。

誰かがやらなければいけない仕事を、自分は嫌がらずに率先してやっているんだ、と。その気持ちがモチベーションアップに繋がり上司の評価も高くなるかもしれません。会社の組織の一員として、自分を奮い立たせてみましょう。きっと報われる日がくるはずです。

合わせて読みたい

新人が仕事行きたくない時の4つの対策

それでもやっぱり仕事に行きたくない!そう思ってしまう新入社員の方は、一度気持ちの切り替えをしてみましょう。そのことに囚われてしまうと更に自分を追い込んでしまいます。一度下記の対策を行ってみてはどうでしょうか。

そのまま何もせずにいるとますます嫌になって、ついには退職されてしまう方もいます。
仕事を続けてプラスになること。マイナスになること。
仕事を辞めてプラスになること。マイナスになること。

それらを紙に書き出して比べてみるのも良いでしょう。そしてこの対策を行って、今一度自分の考えをまとめてみてはどうでしょうか。せっかく掴み取った内定です。一時の感情で蹴ってしまうのはもったいないです。一つのことにこだわらず、別の方向からでもいいでしょう。自分はどのように会社の役に立てるのか、この対策を行って再確認してみましょう。

合わせて読みたい

刺激のある生活を心がける

マンネリというのは怖いものです。最初はそうでもないことが、いつものように決まりきったことをしているだけでは、マンネリ化します。そうなると、つまらないですよね。

人間というのは、良い意味でも悪い意味でも、「慣れ」ようとします。マンネリというのは、悪い方の慣れのことでしょう。このマンネリ、悪い慣れを防ぐには、どうすればいいでしょうか。例えば、新しく習い事にチャレンジしてみる、という方法もありますね。ランニングを日課に取り入れたり、今まで通勤の電車の中は寝ていたのに本を読んで見るとか小さな事でも構いません。でも、そんな気分になれない、辛い時もあるでしょう。ですが、そういう時こそ行動してみることが大切です。

人間は守りに入って現状維持を考えてしまうと、人間力も思考力も落ちてしまいます。ですので、仕事にしろプライベートにしろ、いつも刺激のある毎日の生活に取り組んでいきましょう。

合わせて読みたい

身近な先輩に相談してみる

悩み事は経験豊富な年の離れた先輩に相談にのってもらいましょう。年の近い先輩は話しやすく相談にのってもらいやすいでしょうが、まだまだ経験が浅いです。新入社員時代から今日まで長い社会人経験を積んできている先輩であれば、それだけ沢山の様々な経験をしています。大変だったこと、苦労したことなどあなたと同じような悩みも経験しているでしょう。だからこそ、そこから得た成功体験もたくさん持っているはずです。

自分の経験に重ね合わせて出してくれる答えは、今後の参考になる有益なアドバイスになることは確実です。人生経験が豊富な先輩ほど、積み重ねてきた実績は多大です。どんな人に相談にのってもらうかは、自分自身の目からみて尊敬できる人を探してみましょう。それがあなたの人生を豊かなものにしてくれることは間違いないでしょう。

合わせて読みたい

週末に絶対楽しみをつくる

新人の頃は毎日新しい事に取り組んだり、まわりの人に気を遣ったりと疲れやすいものです。毎日が忙しいし、覚えることもたくさんあり過ぎますから。最初は誰でも経験することです。でも週末に楽しいイベントや楽しみな予定がある場合どうでしょうか。「あと土曜日まで◯日がんばれば。。。」と仕事を前向きに頑張れるモチベーションが保てる気がしませんか?

金曜日に1人で行きつけの居酒屋に行く。新たな出会いがあり、仕事では経験できない楽しさがあるでしょう。また土曜日に恋人とデートの約束をするのもいいです。恋人あって仕事に行きたくないと感じている事を相談してみても良いかもしれません。恋人はあなたの味方です。優しく温かい言葉で励ましてくれるでしょう。

また、自分の地元におられる方なら、以前からの友人と遊んでもいいでしょう。友人みんなが新人なら、みんなで悩みを共有することもできます。そうなると、心の負担もかなり軽くなりますし、遊べばストレス発散にもなりますね。ですから、待ちの姿勢ではなく、自ら行動するようにしてみてください。

合わせて読みたい

ボーナス事情を聞いてモチベーションをあげる

アルバイトでは得られないボーナスの事を聞いてモチベーションを維持するのもおすすめです。

学生の頃アルバイトの経験をした方も多いかと思います。きつい仕事もあれば、思ったほどではなかったというものまで、世の中には様々な仕事があります。また、楽な仕事は給料が安く、きつい仕事が高いかと言えばそうでもありません。世の中は、お金が動くところにお金が集まる仕組みになっています。例えば、お金が余りない会社で働いたら、一生懸命働いても余りお金は集まりません。飲食店のアルバイトの募集でも、「頑張り次第で昇給あり」等と謳っている会社をよく見かけますが、仮に時給が50円アップしたところで月幾ら増えるか計算してみて下さい。普段より1.5倍働いても給料が1.5倍になることは決してありません。

新人は最初の6月のボーナスはおそらく満額は出ないことでしょう。それでもまずは1年2年と続けてみて下さい。定期昇給があり残業代も出てボーナスも出ます。ボーナスをつかって旅行で遊ぶのもいいですし、前から欲しかったちょっと高い服や靴を買うのもいいでしょう。給料とは別に夏と冬年に2回まとまったお金が手に入る喜びは想像以上に大きいです。

合わせて読みたい

さいごに

いかがでしたでしょうか。新人のみなさんが仕事にいきたくないと感じるのはごくごく自然なことです。原因を理解し、何かしらの対策をすれば仕事が楽しくなり、いつしか仕事に行きたくないという感情は忘れてしまうでしょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧