1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくないは甘えなのか?3つの考え方

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくないは甘えなのか?3つの考え方

なぜ仕事に行きたくないのかじっくり考えてみる

世の中には「仕事」に対する捉え方もいろんな意見があります。あなたが仕事を辞めたいと思ったら、すぐにそれを実行するのではなく、いったん立ち止まってその理由について深く考える機会をもってみてください。そして、その結果、やはり辞職したいと思うに至った場合は、あなたの心の声に従うべきだと思います。

現在勤めている会社に対する思いが冷めてしまうと、負のスパイラルでどんどんとモチベーションが下ってしまいます。広く世間一般で言われているような、「石の上にも三年」、「短期間で仕事の本質はつかめない」などの既存の価値観をいったんすべて除外して、そこで実際に働いていた、あなたはどう感じているのか、何を感じたのかを大切にして判断していくことが大切です。

あなたの未来はあなたが切り開いていくものです、自分の直感を信じてアクションを起こしましょう。

合わせて読みたい

仕事に行きたくないと感じるのは甘えなのか?

まずは病院に行きましょう。そして医師の診断を受ける事です。これはどの会社でも同じです。

例えば風邪を引いたらどうしますか。会社に連絡をして休みますよね。そして、1日安静にしていれば治りそう、市販薬で回復しそうと思ったら有給休暇を1日消化して翌日出社するはずです。しかし、骨折で2カ月休みますという場合ならどうしますか。会社へ電話一本掛けて休めるはずはありませんよね。まず病院に行って治療を受ける。そして医師から診断書を書いてもらう。それを会社に提出する。この様な手順を踏む決まりになっています。

あなたが仕事ができて信頼のおける人でも、企業は責任を重視しますので、診断証明書が必要になります。専門家である医者の診断書はあなたが甘えているのか?本当に精神の病なのかを会社が判断をするためのものです。今後の生活を改善させるためにも、診断を受ける事をお勧めします。ここでは病院に行く前に簡単な判断材料を2つご紹介します。

合わせて読みたい

身体に良くない変化が起きたら甘えではない

うつは甘えだと言う人が、日本にはまだまだ沢山います。一言でいえば、何事に対しても億劫になりやる気が起きなくなる訳ですから、甘えという発想と結びついたのかも知れません。しかし精神的な病は、下痢、おう吐、食欲不振といった、身体に変調をきたす場合もあり、深刻な病だったりします。

出勤時間になっても起きられなくなったというのは、うつ病と診断される人によくある症状です。帰宅してもお風呂に入るのが億劫になり、(明日の朝に入れば良いや)と思い就寝。3時間しか眠れない日もあれば9時間寝たけれど疲れが取れない日が続いたりします。そして、朝はお風呂に入る時間も無くギリギリに起きて出勤。思い当たる節はありませんか。

もし、周囲に「甘えだ、怠けている。」という人がいても、本人もそうかなぁ、と思ってしまうのがこの病気の厄介なところです。まずは病院に行って診察を受けてみましょう

合わせて読みたい

甘えじゃない!ストレッサーによって引き起こされる適応障害

さまざまな要因によるストレスは、自分の気持ちの中でうまく処理できずにため込んでしまい、精神的疾患にまで発展させてしまうことがあります。適応障害は、そういったことが積み重なり深刻な「うつ病」に及ぶことがあります。

とある人の経験では、仕事中に突然呼吸が乱れることがあってからというもの、次第に頻繁に同様の症状に見舞われて集中力がなくなり仕事にも支障をきたすようになり、退職せざるを得ない状況に至りました。身体的な病気は見つからず、仕事に対する「頑張らなくちゃ。なまけちゃだめ」という気持ちがストレスの要因となり、「適応障害」を発症させてしまったのです。

ストレスを抱えていない人間はいません。ほとんどの人は心の中でうまく対応し、身体的ダメージを減らしていますが、現代社会ではそれが苦手でついついストレスをため込んでしまう人も存在します。普段、個性の話をする際に、「繊細な方」「考え込むタイプ」という表現を使うことがありますが、違った面からみれば小さなつまづきに大げさに反応したり、すごくへこんだりすることがある、ということです。つまりストレスに対応できず、適応障害になりやすい人、と見ることができます。適応障害とは、これらのようにちょっとしたことでストレスに感じやすく、精神的負担となって身体的ダメージにつながる障害であるといえます。

合わせて読みたい

ストレスが原因の適応障害にならないための4つの方法

適応障害(Adjustment disorder)とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。つまり、ストレスが原因で、情緒的な障害が発生し、それは抑うつ気分や不安などを伴うことが多いみたいです。

ストレスへの正常な反応は、著しい苦痛を呈さないです。他の精神障害に当てはまるときはそれが優先されます。うつ病との判別がつきにくい場合があります。また適応障害が、正当な臨床単位であることを確立するデータは不足していると言われています。ストレスが原因で発生する身体的な異常は心身症であります。この適応障害を事前にストレッサーに対処することができれば発症を予防する事が可能です。この適応障害の発症の予防と治療法について紹介していきます。

合わせて読みたい

自分の感じるストレスとは何なのか把握する

ストレスの原因になる「ストレッサー」の大部分は苦手分野に隠れているそうです。

人は誰でも得手不得手があり、好き嫌いがあります。ストレスを激しく感じる事が今より少なかったであろう幼き頃は、大人になり社会の一員として生活している今よりも、ストレートに得意か不得意か、好きか嫌いかを基準で行動できていました。しかし大人になるとストレートにすべて苦手分野を避け省いての生活は不可能になり、向き合う以外に選択肢がない状況に多々見舞われる事が激しいストレスを感じ始めてしまう要因と言えるでしょう。

全てのストレスを避ける事は不可能に近いとしても「自分自身のストレッサー」を自分の中でランク付けし把握しておく事で、必要以上のストレスという負荷を背負う事はなくなります。苦手分野の把握で、重度なストレッサーであると判定されている物から誰か他の適任者にお願いしたり、断って他の仕事を受けたりと自分自身の負荷を減らすことが可能になります。いつでもそのストレスの原因を避ける方法を選び、自分自身をストレスから守りましょう

合わせて読みたい

認知行動療法で意図的に考え方を変える

認知行動療法というのは、人間の認知、つまり、ものの受け取り方や考え方に働きかけることで、気持ちや精神を楽にする精神療法(心理療法)の一つです。主な目的は自分が何からストレッサーを受けているのか把握すること、または対処できるように学習することです。

仕事が原因となって適応障害が生じている場合など、ストレスを感じことによって、人間は、状況を悲観的に認知しがちとなり、問題を解決できないという精神状態に追い込まれていきますが、認知療法では、そのような考え方のバランスを取って、ストレスに対してうまく対応するこころの状態を作り出せるようにすることが目的となります。

仕事が苦痛だと考えている場合には、ストレスによって、気持ちが暗くなりますが、その仕事以外は楽しいことがあると考えることによって、心も楽になるという考え方が基本です。このような、「認知の転換」を行うことによって心のバランスを取れるようにします。

認知行動療法では、心療内科医やカウンセラーによるカウンセリングによって、ストレスの原因を特定し、認知の歪みのバランスをとることによって、解決法や対処法を学習していきます。最終的に、認知の歪みの原因となっているストレスをコントロールできるようにすることで、症状の改善を目指します。

合わせて読みたい

過去の出来事から要因を洗い出す

ストレスを生物に与える何らかの刺激のことをストレッサーというが、人間の成長過程においては、様々なその刺激を受けます。その過程の中で人間は、ストレスを上手に処理する方法を学習していきます。しかし、それらストレスを処理することが出来ず、心的負担となって残ってしますことがあります。

それらは、性格や環境に起因します。柔和な人こそ暴力には過敏に反応したり、また体が小さい人が運動に長けていなかったりし、そういった小さな出来事が後にストレスを受けることになります。幼少の頃に猫に引っかかれた子供が猫を見ただけでストレスを受けるなど、過去のショックな出来事を長く引きずることをトラウマと言います。このトラウマに気づかないと、身近な人がトラウマを抱えた人に危険因子たるストレスを与えてしまい、結果として適応障害を発症させてしまいます。自分のトラウマを自覚し、自分には向かないことを避けることがストレスを引き起こさないことにつながります。

合わせて読みたい

環境を変えることが1番早い

ストレスの原因が生活環境というストレッサーに起因しているとするならば、その環境そのものを変えることが効果的な対策といえます。職場に馴染めない場合、転勤や転属という方法もあります。これは「逃げているだけ」かもしれません。一方で、職場でうまくやっている人は苦手な人を作らず上手く立ち回っているでしょう。この人たちは生活環境をストレッサーにしない、つまり起因分子にさせない努力を行っているといえます。

チェックポイント

  • 話を聞く時には相槌を打つ
  • 挨拶を怠らない
  • 笑顔で応対する

こんなことで、生活環境は変わりストレッサーとはならなくなったりするものです。しかし、最初に失敗をし嫌われ、取り返しも付きそうにない。転勤や転属も出来ないといった状況に置かれた場合、無理をしたり我慢をしても悪化するだけです。もし、居心地のいい場所を作ることも出来ないのであれば、思い切って「転職」も視野に入れましょう。逃げたと自分を責めずに良い経験を積んだと思えば、それはストレッサーを回避した行動とも言えます。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧