1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 仕事に行きたくないと感じたらうつかも?対処法とは

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくないと感じたらうつかも?対処法とは

仕事に行きたくないと感じたら「うつ」の可能性あり?

多くの人は自分はうつ病にはならない、うつになる人は真面目で精神力が弱い人だ、なんて考えてないでしょうか。世間一般で思われている「甘え」や「怠け」というイメージを持っている人はまだまだ多いです。

心と体に不調を感じる軽度な症状だった時に病気であると思わずに、限界になるまで働いた結果「うつ」が悪化して休職する人はたくさんいます。仕事に行きたくないと感じたら、ただ気分がすぐれないだけとは思わず、普段の生活を振り返ってうつの可能性を疑ってください。うつ病が発症して、休職する人はたくさんいますが、もっと以前から病院に行くなどの対策はできます。「仕事に行きたくない」と感じる日が続く、頭が痛くなるなど何かしら不調がある時は軽く見てはいけません。

うつになる前に退職を考えるべき。辛い退職手続きはEXITに任せよう


仕事が辛いには人それぞれ理由があります。どんな理由でもうつになってしまう前に仕事を辞めることをおすすめします。
「上司に怒られる」「かかえてる仕事が多くて今辞められない」などの理由で仕事が辞められないのであれば退職代行を使って仕事を辞めましょう。
↓EXITの特徴を見てみる↓

EXITの魅力は「辛いことをすべて代行してくれる」

EXITの特徴は下記です。

EXITのメリット

  • 連絡をしてから即日対応が可能!問い合わせ時間によって休日や深夜でも対応が可能な場合もあり
  • 自分から職場への連絡は不要!EXITが連絡や書類の手配もすべておこなってくれる
  • できるだけ会社の人に会いたくない人でもEXITがすべて代行してくれるので会社に行かなくてもいい
  • 退職後もEXITと提携している転職サイトから求人紹介も可能!

連絡してから「会社に行かなくてもいい」「上司や同僚と連絡を取らなくてもいい」ここが最大の魅力です!
会社の人に会って、仕事を辞めたいと話し合いをすることも辛いですよね。すべての辛いことをEXITが代行してくれるので安心して退職手続きを任せることができるのです。
仕事が辛くて辞めたいと思っている人は是非EXITをチェックしてみてください。
↓EXITに退職代行を頼む↓

うつの症状とは?

自分がうつ病なのかどうか、自分ではなかなかわかりませんね。精神状態ははっきりと形に現れにくいですから、わからなくても当然です。自分がうつ病なのかどうかは、まずチェックリストを見てみてください。チェックリストにうつ病の典型的な症状が書かれています。自分が当てはまるかどうか、正直にチェックしてみてください。

チェックリスト以外のことで、「自分でも気になっているこんな症状があるけど、これってうつ病なんですか」とあなたにも疑問に思うことがあるかも知れません。ここではチェックリストに載っているのとは別に、もう少し突っ込んで見てみましょう。

以下に当てはまるかどうかもチェックして見てください。もし万一、以下の症状に自分が当てはまるようでしたら、仕事はすぐに休むべきです。病院へ行くなど、早めの対処が必要と思われます。

合わせて読みたい

なんかやる気がでない

怠けという気持ちとうつ病は間違えられやすいが、怠けが「やらなくても大丈夫」と思うのに対し、うつ病では「やらなきゃいけない」という意識が残っているのにどうしても手を付けることができません。この症状を「精神運動抑制」といいます。

やる気があるのに、そのやる気を抑え込まれてしまう、そんな意味です。うつ病は最初のうちは仕事に取りかかれずにうだうだするくらいで、そこまで自覚がないかもしれない。しかし、症状が進むと趣味すらもをやる気もなくしてしまいます。本来、楽しいことは進んで行うはずが、楽しいことをする気になれないのです。こんな風になりたい、という希望もなくなってくるので、前向きな努力がしづらくなります。さらに悪化すると、外に出たくなくなったり、歯磨きやお風呂に入ること、食事をするなどの生活が面倒と感じるようになり、最終的にはベットから起き上がれなくなります。

合わせて読みたい

ネガティブな感情(焦り、悲しみ、不安)

うつ病の最大の特徴、それは原因が不明であるということです。仕事でミスをして上司に叱責されたり失恋をして落ち込んだりして眠れなくなったりしても、それはうつ病ではありません。うつ病には、精神的不安になり心が沈み感情が消えるといった症状が出ます。

また、フラッシュバックが起きたりマイナス思考に陥ったりもします。過去の失敗から、これからも上手くいく事は無いだろうという思考になったり、何をしても無駄ではないかと感じるようになる事です。症状が進むと、感情のコントロールが利かなくなったりします。また、気持ちの高揚が起こらないため、気分転換に遊園地や映画館、海、山、ドライブをしても心から楽しむと言った事が出来ません。その結果、一緒に行動する友人も不愉快になるので離れていきます。

この様な悪循環に陥らないようにするためにも、早期発見、早期治療が大切になります。

合わせて読みたい

思うように頭が働かない

働く人にとって仕事ができなくなることは、日々の生活に直結する大変な状況です。

始めのうちは直感が当たらなくなったり、新しい企画を考えることができなくなったりする程度です。しかし少しずつ、物事の重要性の度合いがわからなくなり、優先するべきものを仕分けることも難しくなってきます。また、色々な動作が緩慢になったり、会話に参加することが減ったり、会議で意見を言わなくなったりします。さらに、たとえ年が若かったとしても、記憶力が低下したり、頭の中で計算することができなくなったりすることもあるのです。

そうすると仕事が滞ってしまい思うように進まなくなってしまうので、自責念慮の考えに苛まれてしまうことになります。自分はだめだと思い込み、周囲に迷惑をかけてしまって申し訳ないと自分を追い詰めるという悪循環に陥ってしまうのです。この症状がさらにひどくなると、自分がどうするべきか、何をすればいいのか全くわからなくなってしまいます。

合わせて読みたい

症状は朝悪く、夕方楽になる

うつ病の症状は、よほど重症化していない限り、一日中最悪な気分が続くというものではありません。うつ病の症状には、朝方に鬱々とした感情が沸き上がり、それが次第に解消されていくという、「日内変動」という傾向が一般的に見られます。ですので、もしあなたが「朝は精神的にツラいけど、昼過ぎになるとそれが解消されているから、自分は大丈夫だろう。」と考えているようでしたら、その考えを改めた方がいいかもしれません。そのように気分が移り変わることこそが、うつ病の一般的な傾向なのです。

朝、特に何か嫌なことがあるわけでもないのに、どうしても会社や学校に行きたくない…今までこのような感情にとらわれた経験はありませんか?もしかすると既にうつ病に罹患しているのかもしれません。もしうつ病に罹患していた場合、このような負の感情は次第にエスカレートしていき、布団から出ることすら嫌に、最終的には朝そのものが嫌になってくることになるでしょう。そうなる前に、少しでも思い当たる節があるのであれば、何かしらの対策を取ることをオススメします。

合わせて読みたい

自殺、自傷をしてしまう

やむにやまれぬ思いで自殺を決行する人もいれば、無意識のうちに自殺衝動がわき起こり自ら命を絶ってしまう人もいるようです。自殺をしてしまう人の心理は、大なり小なり悩みを抱えながらもふだんの生活を送っている、私たちからは到底理解できなような心理状態にあります。手首のリストカットが日常的になり、何の理由もないのに死にたい衝動に駆られてしまうなど、生と死の狭間の中を生きているような大変な状態に陥ります。

心ここにあらずというような、非常に心が不安定な状態になります。しかも、これが習慣化してしまうと、何度も同じことを繰り返すようになり、手首には生々しい傷跡が残ってしまいます。これが最も恐ろしいことです。このような状況にある人は、すぐに心理カウンセラーのもとでカウンセリングを行い、適切なメンタルケアをしてもらうことが大切です。

合わせて読みたい

どこかが痛い

うつ病のひとつの症状と思うのですが、自分の体のどこかが慢性的に痛いのです。これはもう、本当に身体全体どこでも発生しています。

この痛さは何が原因でもなく、日常茶飯事で起こっています。頭の上からつま先まで。関節痛、肩こり、腹痛、筋肉痛、胃痛…。本当に様々です。そして、このような痛みの中でうつ病の人で最も多いのは頭痛です。頭痛の痛み方にはいろいろな種類がありますが、うつの場合は刺激のあるきんきんする痛みより、どんよりとした重さのある痛み方をします。

このうつ病独特の頭痛は一般的な痛みのメカニズムではありません。ですので、一般に使われる鎮痛薬はたいてい効きません。そうなると、この痛みを抑える薬がなく、結局、慢性的に痛みが発生するということにつながります。

合わせて読みたい

睡眠の質がよくない

私たちの生涯の3分の2は睡眠といわれています。そんなに大事な睡眠について苦しんでいる人たちもいるそうです。そういった人たちは主に2つの種類に分けることができます。寝すぎによる苦しみか、それは眠れなくて苦しんでいるか、です。寝すぎで苦しむ人は過眠と呼びます。症状としては、起きている間ほとんどに眠気を感じるということです。日中まで眠気がとれなかったり、丸一日中眠かったりです。対して眠れないというのは、不眠であったり、睡眠障害といわれたりします。症状としては、眠れなかったり、なかなか寝付けなかったり、朝起きることが困難だったりと様々です。また、眠りが浅いことも不眠の一種ですが、不眠症と呼ぶまではいきません。

脳は寝ることによってストレスを解消するので、質の良い睡眠がとれないと、症状も悪化します。睡眠は主にノンレム睡眠とレム睡眠に分けることができます。うつ病の特徴はノンレム睡眠がなくなることです。ノンレム睡眠の役割は脳を休ませることであるのに、これが上手くいかないと症状が悪化する原因となってしまうのです。

合わせて読みたい

仕事に行きたくないと感じる人へ4つのアドバイス

現在、うつ病を発症する人が増えています。発症する原因で一番多いのは、会社でのトラブルとも言われています。
同僚や先輩、上司などとの間におこる人間関係のトラブルや、残業や休日出勤などで、度重なる超過労働。このように仕事が原因でうつ病を発症した場合は、たとえ原因がわかっていても現状を変えるのはそう簡単なことではありません。辛い現状の根本的な改善ができないために、短期間での完治は難しく、長期にわたっての通院を余儀なくされてしまうこともしばしばあります。

このように、もしあなたがうつ病になった場合に、改善できず、回復を遅らせてしまって辛く苦しむ結果になるのを避けるには、どうしたらよいのでしょうか。次は、会社でのトラブルによるストレスでうつ病を発症した人たちがどのように対処したかなどの参考事例をお話していきたいと思います。

合わせて読みたい

うつ病になるまで仕事をしなくていい

多くの人が生きていく上で仕事がすべてかのように錯覚してしまい、その結果追い詰められてうつ病になってしまうこともあります。生活するためには仕事をすることは確かに大事です。お金を稼ぐことは生きていくための最低条件といってもよいかもしれません。しかし仕事はあくまで生活の中の一部分であり、それだけにとらわれて生きていく必要はまったくないのです。

どんなに辛くてもどんなに辞めたくても、じっと耐えて仕事を続けるべきだと思う人も多いでしょう。簡単に辞めてしまうのは根性なしだと言う人もいるかもしれません。でも限界まで我慢をしてうつ病になってしまうことは正しいことなのでしょうか。私たちの誰もが心豊かに生きていく権利があるはずです。

人生は長いけれども必ず寿命がやってきます。自分だけの一度きりしかない人生をどのようなものにするかは自分にしか決められません。仕事に人生を左右されるか、仕事を人生のステップアップの材料とするか、生き方を決められるのは自分自身なのです。

なぜ人間関係の悪化で辞めたくなってしまうのか?

会社には様々な人間がいますが、会社にいる以上は人間関係でのトラブルが生じてしまうことは多々あります。
新入社員は上司の言うことに従うのも仕事の一つです。しかしその上司が意地の悪い人だとしたら仕事をするのも辛くなってしまうでしょう。そんな上司はどこの会社にもいます。ですが仕事となるとそう簡単に人間関係をたつわけにはいきません。

他にも職場の人や取引先との飲み会、交渉など色々な付き合いが増えていき、徐々に人間関係に疲れてきてしまいます。
きっちりとした人間関係を結ぶ必要はありませんが、仕事はチームで行うものです。それなりの関係を築いていない円滑に仕事は進みません。もし人間関係を疎かにしてしまうとそれが引き金となり、会社を辞めざるを得ない状況となってしまいます。これは難しい問題ではありますが、どうしようもなくなったのなら仕事を変えてみるのも良いでしょう。

仕事を変えるということは単純なことではありません。しかし何もせず、この辛い状況に耐えるくらいなら思い切って仕事を変えてみてはどうでしょう。
もし職場に相談できるような人がいるのなら、仕事を変える前に一度相談してみましょう。話すだけでも少し気持ちが軽くなるとこもあります。人間関係が悪くなるのは自分だけの問題ではなく、それを許容できず爪弾きしてしまう周りの人間にも問題があることもあります。

自分一人を追い込まず、周りの人に頼ったり、思い切って仕事を変えるなどのアクションを起こしていきましょう。

合わせて読みたい

仕事でうつ病になってしまうのは頑張りすぎなため

どんなに辛い仕事でも、コツコツと文句も言わずにこなしていく頑張り屋さんはあなたの周りにもいませんか?もしかしたらあなた自身かもしれませんね。そんな頑張り屋さんほど、うつ病になってしまうことが多いと言われています。

現代の社会では、仕事に対して「断りにくい空気や環境」ができていることが多いと感じます。「できない仕事量だと分かっていても、期待に応えなければ次の仕事がなくなるかもしれない」そんな風に思うことはありませんか?熱心な頑張り屋さんほど、悪いように使おうとする会社や経営者もいるのが現状です。多重で一人ではこなせそうにない仕事を与えられても、「断りにくい空気や環境」だった場合、自分ひとりが断ることができるでしょうか?

近年では、大学生に過剰な労働をさせるブラックバイトや残業などの労働問題についてのニュースを耳にする機会が増えてきました。このような労働環境がごく普通のように思われる風潮がありますが、これはおかしいことだと気がつかなければ、いつの間にかうつ病になってしまう頑張り屋さんがいてもおかしくはありません。

あなたは頑張りすぎてはいませんか?うつ病になってしまう前に、無理しすぎていないか自分自身に問いかけてみましょう。

合わせて読みたい

小さなことでもいいので何か始める

現在、うつ病を患っている人は一日でも早く社会復帰したいと、焦りを感じている方が多いと思います。しかし焦ってはいけません。焦れば焦るほど余計に不安を感じ、うつ病を悪化させてしまうことになりかねません。

そうなってしまうと復帰どころではなくなってしまいます。そうならないためにも、自分の身のまわりのことから少しずつ初めてみましょう。たとえば、部屋の掃除や洗濯をしてみたり、家の近所を散歩や朝早く起きるよう心がけたりするだけでもいいでしょう。とても簡単なことに思えるでしょう。しかし簡単なことでも甘く考えず、一つ一つ丁寧に確実にこなしていきましょう。それこそが社会復帰への第一歩となります。真面目な人はどうしても他人から自分がどう見られているかが気になってしまい、早く社会復帰したいと思って行動をしてしまいがちですが、そのような状態で社会復帰をしてしまうと、うつ病を再発させ繰り返してしまうことになりかねません。

もし、現在仕事から離れて、時間があるならば、前向きに考えて今までできなかった自分の好きなことや、趣味、またはなにか新しいことを始めてみるのもいいですね。

それだけでも大きな一歩となります。焦らず少しずつ今の自分にできることから始めていきましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧