「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事に行きたくない
  4. 年代別・働きたくない女性の本音。これからの働き方はどうする?
仕事に行きたくない

年代別・働きたくない女性の本音。これからの働き方はどうする?

働きたくない気持ちとどう向き合えばいい?

毎日「働きたくない」と思っていませんか?「今日はちょっと仕事に行きたくないなぁ」という日は誰にだってありますが、毎日のように「働きたくない」と考えているなら要注意です

仕事が嫌すぎて精神的にまいってしまうと、私生活にも支障が出ます。逆に、「嫌だから働かなくていいや」と開き直るのも望ましくありません。仕事は社会的に認められる手段なので、働ける健康状態なのに働かないのは、いつか自分の損になります。

そこでぜひ一度、「働きたくない」気持ちと向き合ってみましょう。特に女性には、女性ならではの「働きたくない」理由もあります。自分の心理が客観的にわかると、働きたくない日々から脱却できるかもしれません。

働きたくないなんてもったいない!?自分の市場価値を測ってみよう

ミイダスは、dodaなどでおなじみ転職大手パーソルキャリアの提供する、市場価値診断ツールです。通勤途中などのスキマ時間に簡単に無料登録ができて、スマホアプリで自分の市場価値が分かります

働きたくない……とは思っても、世間的に見ればあなたはまだまだ働き盛り。「相性の良い会社に出会えれば、これだけの年収が得られる」と結果を目の当たりにしたら、考えが変わるかもしれません。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • あなたに興味がある企業からオファーが来るので、転職のチャンスが得られる
  • 登録しても電話がかかってきたりはしないので、仕事をしながら気軽に転職活動ができる

ミイダスはプロフィールを入力することで自分の市場価値がわかり、そのプロフィールを見た企業からスカウトが来る仕組みです。スカウトが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、転職へのハードルも低くなります。ぜひ試してみてください。

働きたくない20代女性の本音

仕事をしはじめて年数の浅い20代の女性でも、もう働きたくないと思ってしまう人はたくさんいます。まだ20代で若いゆえの「働きたくないと感じる理由」とはなんでしょうか。よくあるパターンをご紹介します。

好きな仕事が見つからない

今の仕事は本当に好きな仕事ではないと思いながら毎日働いている女性は多いです。また、自分の好きな仕事を見つけられていない場合もあります。今の仕事も自分に合っていない気がするし、自分が好きな仕事もわからない。ただ今の仕事はしたくないという気持ちが募っていきます。

それでも、1年働くとある程度仕事に慣れ、2年目に後輩ができる頃には仕事がおもしろくなってくるという人が多いです。この2年というのがひとつの区切りです。

もし2年以上働いていても毎日モヤモヤしたままなら、転職を考えてみてもいいでしょう。若いうちなら、今後の可能性に期待してくれる企業が多いので、未経験の業界にも挑戦しやすいですよ。

働きたくないのは今の会社が嫌なだけ?「転職力診断」を試してみよう

「働きたくない」という気持ちが「今の会社・今の業界で働きたくない」ということであれば、転職によって状況が変わるかもしれません。しかし、いざ転職活動となるとハードルが高いものです。本当に自分は転職できるのか?と不安になるかもしれません。

そんなときはまず「転職力診断」で自分を見つめ直し、今後の計画を立てましょう。転職力診断は、転職サイト「type」が提供する無料の自己診断サービスです。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

診断の結果、希望が持てたならそのまま転職活動を始めてみましょう。迷っている背中を押してくれるサービスです。

新卒での就職活動に失敗してそのまま今まで来た

新卒での就活が上手くいかず、とりあえず入れた会社で働いている場合や、正社員でなくアルバイトや派遣社員として働いていて、仕事のやりがいを感じられず働きたくないと思ってしまう女性はたくさんいます。

このように妥協して就職した場合は、賃金も低いことが多いため、現状に満足できないものです。さらに「就職活動に失敗してしまった」というコンプレックスを抱えてのスタートですから、いっそう気分は沈んでいきます。

しかし、20代のうちならまだどうにでもなる可能性はあります。就活は今からやり直してもいいのです。幸い、第二新卒など、若いうちにすぐ退職してしまった人を受け入れてくれる企業はたくさんあります。

20代のうちにやり直すなら「JAIC」という選択がある

新卒での就職活動が納得のいかない結果になってしまったとしても、諦める必要はありません。むしろ、「すぐ辞めてしまうのは甘え」と思って我慢を続けると、いずれ心身を壊してしまいます。自分が納得できるのであれば、早いうちに環境を変えましょう。

そこで、20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。JAICでは社会人経験の少ない若者にビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれる優良企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。次は納得のいく働き方ができるように、一度相談してみましょう。

結婚すればすべてがうまくいくと夢見ている

年齢と魅力は一概に比例しませんが、一般的にみるとやはり20代のうちは、若さで得をしている女性が多いものです。それに甘んじていると、「結婚すれば働かなくとも養ってもらえるのでは?」という気持ちになってきます。

これを本気で実行するために、主婦になっても困らないスキルを身につけ、高収入の男性との出会いのチャンスを逃さないように努力する女性もいます。しかし大半の女性はなんとなく受け身で過ごして、現実が甘くないことを理解した頃にはもう若くなくなっています。

自分が、努力して婚活ができるタイプなのかそうでないのかを早めに見極めないと、ただの仕事のできない30代に突入してしまうという点に留意しましょう。

合わせて読みたい

働かなくてもいいので働く理由が見出せない

実家が裕福で親が甘く、自分が働かなくても生活できてしまうと、働く理由を見いだせない場合があります。特に、その環境に甘んじてアルバイトすらもしてこなかったような場合は、労働に対してやりがいや喜びを感じた経験もないため、今さら働く理由を見つけられなくなってしまいます。

しかし、この先も働かずにいられるとは限りません。親が病に倒れても、経済状況は変わらずにいられるでしょうか。裕福な実家は、財産を維持・管理してくれる親や祖父母があってこそです。

いつか働かなくなければいけなくなったときに、「職歴なしの30代」は社会的にあまりに不利です。将来の自分のためにも、労働経験をしておくことをおすすめします。

働きたくない30代・40代女性の本音

30代や40代の女性の場合、20代とはまた違った「働きたくない」理由が出てきます。それは、結婚や出産で一時仕事から離れてしまったり若さでカバーできてきたことがどうにもならなくなってきたことによるものです。

ここでは働きたくない30代・40代女性の本音としてよくあるものをご紹介します。

働いていたけれど疲れてしまった

30代になって、急に働くことが辛くなる女性も少なくありません。20代のうちはがむしゃらに働けていたはずなのに、ふと自分は何のために働いているのかが分からなくなってしまうのがこの年代です。

特に、プライベートの時間が少ない激務の仕事で、産休・育休を取ることもなくひたすらキャリアアップしてきた場合は、ふと我に返ったときの空虚感はなおさらです。

それでも部下が多かったり、重い責任を抱えているなら、悩んでいる暇もないのでむりやり仕事に戻ることもできるでしょうが、心は着々と疲れていきます。

本当に力尽きて病院のお世話にならないうちに、いったん立ち止まって休みましょう。貯まっている有給もたくさんあるはずです。

合わせて読みたい

女性の社会進出ができない日本に失望

今まで必死に働いてきたのに、ふと気づくと、同期の男性社員のほうが出世していた場合のショックは少なくありません。

医学部で女性の合格率が不当に操作されていたニュースは記憶に新しいですが、そういうことは企業でも当然のようによくあります。「女性はいつか結婚して産休・育休を取るから出世させても無駄」と思われているのだとしたら、働く意欲もなくなってしまいますよね。

それでも納得のいく働き方をするためには、たとえば転職しやすい30代前半までのうちに、女性が働きやすい会社に転職しておくという手があります。女性を積極採用しているとわかる会社や、トップや直属の上司が女性である会社がおすすめです。

女性の働きやすい会社はリブズキャリアで見つけよう

「リブズキャリア」は、キャリアのある女性と、女性を積極採用している企業をマッチングしてくれる転職支援サービスです。

通常、「女性を積極採用」と言ってはいても、ひとつの求人に男女両方から応募があったら、男性のほうを採用する企業が多いものですが、リブズキャリアはそうではありません。特に女性を採用したい理由があって、女性のキャリアアップを応援している企業が集まっています。

登録しておくと、エージェントからスカウトの連絡が来て、思わぬ企業との出会いがあるかもしれません。

出産や育児でブランクができた

結婚した途端に閑職に回されたり、産休後に降格させられるのはよくある話です。日本では少子化が問題視されているわりに、育児で仕事から離れた女性が再び活躍できるチャンスは少ないのが現状です。

再就職しようとしても採用されにくく、自分の気力も失われていくので、自然と働きたくなくなってしまいます。

そこで諦めてとりあえずパートなどで働く人も多いですが、今までのキャリアをアピールして独立したり、女性を積極採用している企業と出会えれば、また納得のいく働き方をするのも夢ではありません。

キャリアや趣味・特技、今まで培った人脈をフル活用し、キャリアを活かす方法を探してみましょう。人に相談してみるのもおすすめです。

ずっと非正規雇用だったので諦めている

30代・40代までずっと派遣社員などの非正規雇用をされていた場合や、心身の病気などでの長い休職期間がある場合は、経歴的に不利があり、再就職が難しくなってしまうことがあります。特にずっとフリーターをしてきた30代・40代の場合は世間の目も厳しく、会社への正規雇用は難しい場合がほとんどです。

そんなときは、今まで選んでこなかった仕事に目を向けてみてはどうでしょうか。「自分には向いていない」「キツそう」と先入観を持っていた仕事が、意外とそうでもないかもしれませんよ。

また、地域のハローワークでは、今からでも資格を取れる講座が開催されています。同じような境遇の人と励ましあって頑張れるかもしれません。

合わせて読みたい

会社勤め以外にやりたいことがある

20代のうちは、「やりたいことは今の仕事ではない」と決心して転職をするのも、フットワーク軽く実現できましたが、30代・40代になるとそうもいかなくなります。

働きたくない、本当は別のことをしたいと思いながらも、心の中の夢を押し殺して働いている大人は多いものです。社会人経験が長くなり、責任が重くなって自制心が身について、今さら夢を実現しようとも思わなくなってきます。

しかし逆に、30代・40代になってもまだ諦めきれず持ち続けている夢があるのなら、20代の頃にはなかった人生経験や人脈、貯金を使って、今こそ実現できるのではないでしょうか。20代の頃よりも、夢の実現に向けた現実的な計画ができるはずです。

これからの人生と仕事に折り合いをつけるには?

毎日、これ以上働きたくないと考えてしまうなら、今の状態を変える必要があるかもしれません。自分の中でモヤモヤしながら今の仕事をなんとなく続けていくか、行動を起こして現状を変えるか、どちらが自分にとって最適かを考えていきましょう。

いま仕事があるならなんとか続けていく

現状を変えたいと思っても、今の仕事をしながら転職活動を行うのは楽ではありません。たとえ転職したとしても今よりも状況が良くなる保証もありませんし、転職活動はやることが多いので、精神的・体力的な負担も今より大きくなってしまいます。

現在打ち込める仕事があり、収入も安定しているのなら、このまま現在の仕事を続けていくのも良いでしょう。もしも自分の中で何かを変えたいと感じるのなら、今の仕事をなんとか続けながら自分の将来を模索するのも悪くはありません。

無理やりでも仕事終わりに予定を入れてリフレッシュするのも効果的です。仕事を続けながらでも、新しいことに挑戦して刺激を得ることはできます。

妥協して転職先・再就職先を探す

今の仕事が精神的に辛いのなら、もう少し楽に働く仕事を探すのも良いでしょう。例えば定時で帰れる会社責任を負わずにマイペースで働ける仕事を探すという方法もあります。求人サイトや転職サイトに登録し、今よりも条件の良い新しい仕事を探すとよいでしょう。

または、毎日出勤する必要のない在宅ワークに切り替えるのもありです。クラウドソーシングのサービスに登録すれば、人脈がなくとも仕事を得ることはできます。仕事の仕方を変えただけでも、気分が変わって前向きになれるかもしれません。

今の仕事を離れた場合に、どんな働き方の可能性があるのかを調べてみるだけでも気持ちが変わりますよ。まずは行動を起こしてみましょう。

好きなことを生かして起業をする

現在は起業するハードルも低くなっているので、自分の好きなことを活かした起業も難しくはありません。もし現時点で充分なスキルや人脈があるのなら、周りの人たちに起業をほのめかしてみましょう。協力者が得られるかもしれません。

起業すると、仕事の種類によってはパソコンひとつで、カフェなどのスペースを利用しての仕事が可能です。会社で人に雇われて働くのが嫌な場合や、自分のペースで仕事をしたい場合は、今までのストレスから解放されて気分良く働くことができるでしょう。

すぐに仕事が得られるような人脈がない場合は、クラウドソーシングで仕事を探して実績を上げていくとともに、SNSで広く世界に自己アピールをしましょう。

合わせて読みたい

それでもやっぱり働きたくない場合の選択肢

今の仕事を続けたくない場合、転職や起業など働き方を変化させる方法もありますが、それでも働きたくない場合はどうすればよいでしょうか。ここでは、どうしても働きたくない場合に何をすればよいのかをご紹介します。

とにかく結婚に向けて婚活をする

結婚して家事や子育てを頑張りたいと考えている場合は、専業主婦になり家事に専念することを許してくれる人との出会いを探す方法があります。

日本の男性の中にも、結婚したら相手の女性には専業主婦として家事や子育てを頑張って欲しいと考えている男性はいます。そのような男性と出会うために、婚活サイトに登録しながら料理教室や手芸教室に通い、専業主婦としてのスキルを磨くと自分に自信も持てるので、前向きな婚活を行えます。

海外移住という転機を作る

このまま日本で働き続けたくないと感じるのなら、思い切って海外へ移住する方法もあります。例えば日本よりも物価の安い国で暮らすと、今のように朝から晩まで働く必要もありません。結婚相手に関しても日本人で良い人が見つからないのなら海外へ行って国際結婚のチャンスを狙えます。

海外では仕事に関する考え方も日本とは異なる場合も多いので、違った価値観に触れられ、自分を高める良いチャンスに出会う可能性もあります。

働き方も生き方も人それぞれ

同じ年代の女性であっても働き方や生き方は人それぞれです。みんな違った価値観を持っており、様々な目標に向かって毎日がんばっています。

あなたが今の仕事を続けていくのが辛くて働きたくないと考えているのなら、現状を変えていくのも良いでしょう。転職活動を行ったり、子育てと両立できる在宅ワークを探したり、現状を変えていく手段はたくさんあります。あなたらしく生きていくために何か行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧