1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 歯科医師を辞めたい!理由や職場環境を変える方法について!

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

歯科医師を辞めたい!理由や職場環境を変える方法について!

歯科医師を辞めたいと思ったらどうすればいい?

歯科医院はコンビニの数よりも多いと言われています。また、土日祝日や遅い時間に来院しても治療してくれるところが増えているので、患者からすればとても便利ですよね。

しかし、歯科医師からすると、長時間労働になったり休日が取れなかったりなど、辛い状況のことが多いです。

そこで、ここでは歯科医師を辞めたいと思った場合にどうすればいいかについてご紹介します。

歯科医師を辞めたくなる理由とは?

歯科医師として働いていると、辞めたいと思うことがある人も多いでしょう。では、どんな時に歯科医師を辞めたいと思うのでしょうか。

そこで、ここでは歯科医師を辞めたくなる理由についてご紹介します。歯科医師になるには難しい試験に合格しなくてはいけないので、エリートと言える職業でしょう。

しかし、給料が安かったり、長時間労働になったりすることも多いので不満を感じることがあります

給料や休暇などの待遇に不満がある

歯科医師は高収入というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。しかし、専門的な知識や技術が必要となる他の医師に比べると、高い報酬を得ているとは言えないのです。

勤務医の場合は、一般的なサラリーマンの平均年収の1.3倍程度の報酬となっています。また、勤務医の歯科医師として働く人は、休暇が取りにくいと感じる人が多いです。

仕事内容と待遇が見合わないと感じるため、辞めたいと考える人も多いでしょう。

合わせて読みたい

仕事にやりがいを感じられない

歯科医師として働くには、総合病院の歯科や個人医院の勤務医として働く場合と、自分で開業をして仕事をする方法があります。

歯科医師の資格を取得できればすぐに開業することも可能ですが、実際は勤務医として働いて実績を積んでスキルアップをしてから開業する人がほとんどです。

そこで、自分の理想と現実の差を感じて辞めたいと感じる人もいます。

合わせて読みたい

人間関係が良くない

歯科医師の悩みで一番多いのは、人間関係に関する悩みです。これは、勤務医でも開業医の場合でも同じで、職場の人間関係が良くないため辞めたいと感じる人が多いでしょう。

先輩歯科医師や、歯科衛生士・歯科助手とコミュニケーションがうまく取ることができず、仕事に支障が出るという悩みが多いです。

また、開業医の場合はスタッフとの関係が良好でなかったり、トラブルを抱えていたりすることが中心でしょう。

合わせて読みたい

院長が変わってから方針が合わない

勤務医とし働いていて、院長が変わったことをきっかけにして自分と方針が合わなくなってしまうことがあります。

どうしても人間同士で合う合わないというものはあるので、歯科医院で実際に働いてみないと自分が働きやすい環境なのか判断はできないでしょう。

また、院長が変わってしまい、自分と合わなくなってしまった場合は、早めに環境を変えることを考えると良いです。

合わせて読みたい

歯科医師は男性社会という風潮が残っている

女性の歯科医師も現在は珍しくなくなりましたが、歯科医院の世界では、まだ男性社会という風潮が残っているところがあります。

そのため、歯科医師として働いていても、性別を理由に受付や歯科助手の仕事しか任せてもらえないことがあるでしょう。

また、高齢の歯科医師が多い医院の場合は、パワハラも多いことがあるので、辞めたいと感じることがあります。

合わせて読みたい

勤務時間が長く休みが取れない

歯科医院は、土日祝日や遅い時間でも治療してくれるところが多いですよね。これは、患者にとってはメリットですが、歯科医師として働く側としては、勤務時間が長く休みが取れないという悩みに繋がってるいることがあります。

土日祝日関係なしに働き、帰宅時間も遅く、家族と一緒の時間が取れないため辞めたいと思う人も多いでしょう。

合わせて読みたい

本格的な治療を学ぶ機会が無い

医院によっては、歯科助手の仕事がメインとなっていて本格的な治療をさせてもらえないこともあります。

また、1日に課されるノルマがきつい場合は毎日ノルマをこなすだけになっていたり、診療できたとしても保険診療の患者のみだったりすることもあるでしょう。

そのため、この医院で働き続けても本格的な治療ができないため、辞めたいと思うこともあります。

合わせて読みたい

新しい歯科技術を学べない

大学病院の歯科で勤務している場合は、技術を教えてくれるところも多いでしょう。しかし、新しい歯科技術を教えてくれる歯科医院は少ないです。

特に、患者の数が多い医院の場合は忙しいため教える時間が十分に確保できないこともあるでしょう。技術を教えてもらわないまま診療を続けても、自分の技術は向上しないかもしれません。

働いていても正しい治療ができているのか不安なので、辞めたいと思うきっかけになることがあります。

合わせて読みたい

残業時間が多く残業代が出ないこともある

歯科医師業界ではブラックな医院も増えており、問題となっています。それは、歯科医院の数はコンビニの数よりも多いと言われるくらい多いので、他の歯科医院と差をつけるために土日祝日や深夜も診療しているところが増えているからです。

歯科医師の仕事は診療だけではなく、レセプト業務やスタッフの教育も必要なので、歯科業務以外で残業をすることもあり、残業代が支払われないケースもあります

合わせて読みたい

歯科医師が勤務環境を変えるにはどうする?

歯科医師として働いている医院に不満がある場合は、環境を変えたいと思っている人も多いでしょう。では、自分が働く勤務環境を変えるにはどうすればいいのでしょうか。

そこで、ここでは歯科医師が勤務環境を変える方法についてご紹介します。歯科医師は、医院に勤務してから開業する人も多いです。

また、別の医院で働くことで自分にとってスキルアップできることもあるでしょう。

合わせて読みたい

歯科医師として開業する

歯科医師は、まずは勤務医として働いて経験を積んだら開業をする場合がほとんどです。5年から10年程度の勤務医として働いた後、開業する人が多いでしょう。

そのため、歯科医師そのものを辞めたい訳ではない場合は、思い切って開業してみるのも良いです。

まだ経験が不十分の場合は、すぐに開業することは難しいですが、今までしっかりと経験を積んでいる場合は、開業する機会と考えてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

別の医院で働いてスキルアップする

歯科医院によって、行なっている治療内容にも差があります。そのため、高度な治療や先進医療を取り入れていない場合は、スキルアップしたいことを理由に退職して、別の医院で勤務するのも良いでしょう。

例えば、審美歯科や小児歯科、歯科矯正を専門的に行いたいと思っている歯科医師も多いです。

別の医院で働いてスキルアップしたり、自分が学びたいと考えている治療を行なっている医院に移ることで環境が変わるでしょう。

自分の治療方針と考えが近い先生がいる歯科医院に移る

歯科医院に勤務医として働いている歯科医師は、自分の治療方針と院長の治療方針に違いがある場合に、辞めたいと思うことが多いです。

勤務医の場合は、院長の治療方針に従うしかないので、自分の考えている治療と違う治療をすることはストレスが溜まるでしょう。

そこで、自分の治療方針となるべく近い先生がいる歯科医院に移ることで、自分のやりたい治療ができるようになるはずです。

辞めたいと思ったらすぐに新しい職場を探す

真面目に働いてる人こそ、辞めたいと思っても同じ職場で一生懸命働き続ける人が多いです。しかし、ストレスの溜まる環境で働き続けて追い詰められてしまう人も多いことが現状です。

他の歯科医院に移った方がいいかもしれないと感じながらも、なかなか行動に移せない人が多いですが、自分の将来のことを考えて、今のままとどまることにリスクがあるということを認識することが大切でしょう。

合わせて読みたい

常に歯科医師の募集がかかっている求人は避ける

別の歯科医院に移ることを考えている人は、まずは求人を探しますよね。そこで、常に歯科医師の募集がかかっている求人は避けるようにしましょう。

結婚による退職や、患者が増えたことによって募集していることもありますが、人がすぐ辞めてしまうという理由で募集している可能性もあります。

職場の人間関係や待遇に問題があるかもしれないので、常に求人が出されている歯科医院は注意しましょう。

不自然に手当の多い求人はしっかりと確認をする

別の歯科医院に移ろうと思い求人を探していると、稀に不自然なほどの手当てが用意されている求人があります。

これは、スタッフの採用に困っているため、給与や待遇などを好条件にすることで人を集めようとしている可能性があります。

異様に給与が高い求人や、不可解な手当てのある求人は、しっかりと内容を確認してから応募をしましょう。

歯科医師の仕事自体を辞めるのはあり?

歯科医師として働いていても歯科医師の仕事にやりがいを感じられない場合は、別の職業に転職することも考える人も多いです。

では、歯科医師の仕事自体を辞めるのはありなのでしょうか。そこで、ここでは歯科医師から別の仕事に転職することについてご紹介します。

歯科医師から他の業種へ転職をした場合は、収入が減ったり、歯科医師の資格が有利にならなかったりすることがあります。

合わせて読みたい

転職をして収入が減る可能性がある

転職をしたことで、収入が減ってしまう可能性があります。特に歯科医師は、一般的なサラリーマンに比べると高収入であることが多いです。

そのため、別の仕事に就いた時に収入が下がってしまうこともあるでしょう。必ずしも転職をしたことで収入が増えるわけではないのです。

また、転職前後にボーナスを貰い損ねる可能性もあるので、転職後の収入についても確認すると良いでしょう。

転職先に自分を一から認めてもらう必要がある

転職先の職場に、今までの自分の評価を持っていくことはできません。そのため、今まで働いていた歯科医院でいい評価をもらっていた場合でも、新しい勤務先では一から認めてもらう必要があります

知らない人に認めてもらう必要があるので、新入社員のような緊張感を持って仕事をすることになるでしょう。

一方で、前の職場の評価を捨てて、フレッシュな気持ちで仕事ができるというメリットもあります。

資格を持っていても有利にならないことがある

歯科医師として働いている人は、国家資格である歯科医師の資格を取得しています。難しい資格を持っていても、まったく別の業種で働く場合は特に有利にならないことがあるでしょう。

また、採用する側からすれば、資格を求めているのではなく、その人の能力を求めています。そのため、資格をアピールするよりも、自己アピールや自分の持つ能力についてアピールすることに力を入れると良いでしょう。

転職の回数が多いと根気がないと思われることがある

仕事を辞めて転職する場合や、転職の回数が多い場合は、採用する側からすると根気がないと思われてしまう可能性があります。

また、面接では「なぜ前の仕事を辞めたのか」「なぜ転職しようと思ったのか」を聞かれることが多いです。

そこで、納得のいく理由を説明することができれば良いですが、仕事を辞めたという経歴がマイナスになってしまう可能性もあるでしょう。

退職金や年金で損になることが多い

転職をすることで、退職金や年金で損になることがあります。また、有給や早期退職などの制度は勤続年数が影響している場合も多いので、転職をすることで不利になってしまうこともあるでしょう。

また、転職をする時期によっては、ボーナスを満額もらえない可能性もあるので、仕事を辞める時期についてもよく検討する必要があります。

転職をして問題が解決するとは限らない

歯科医師として働いていて、職場の人間関係や待遇に不満があるため、転職を考えているという人は多いでしょう。

しかし、職場の人間関係は働いてみないと分からないです。また、求人情報の待遇面や手当てと実態が異なる場合もあります。

そのため、転職をすれば必ず自分の問題が解決すると期待しすぎることも良くないでしょう。

それでも歯科医師を辞めるならどうする?

歯科医師を辞めたい気持ちが強い場合は、まずは何をするべきなのでしょうか。仕事を辞めた経験の無い人は、歯科医師を辞めたくても何をすればいいかわからないこともあるでしょう。

そこで、ここでは歯科医師を辞める方法についてご紹介します。まずは、自分が歯科医師を辞めたい理由を明確にしてから、本当に辞めるのかを決めると良いでしょう。

辞めたい理由を明確にする

歯科医師として働いている人で仕事を辞めたいと思っている人は、まずはなぜ自分が辞めたいと思ったのかを明確にしましょう

給与などの待遇、職場の人間関係、治療方針の違いなどが理由で辞めたいと思っている人が多いです。改めて自分の辞めたい理由を考えることで、転職先の歯科医院を決めるときの条件を明確にすることができたり、今の歯科医院と何が変われば満足できるのかを明確にできたりするでしょう。

合わせて読みたい

本当に辞めるのか続けるのか決定する

自分が歯科医師を辞めたい理由を明確にしたら、本当に辞めるべきなのか、続けた方がいいのかを決めましょう。

例えば、給与や治療方針の違いで悩んでいるのであれば、院長に直接交渉をしてみることで、自分の辞めたい理由が改善される可能性もあります。

院長との関係性にもよりますが、辞めることを伝える前に、院長に自分の不満や悩みを相談してみると良いでしょう。

合わせて読みたい

自分が働く歯科医院の就業規則を確認する

歯科医院を辞めることを決めたら、次に自分が働いている歯科医院の就業規則を確認する必要があります。

就業規則とは、従業員が働く際のルールをまとめたものであり、退職に関するルールも決められています。

例えば、退職を伝える時期や、退職した時の給与の計算方法、いつ支払うのかなどについて決められているので、院長に伝えて見せてもらうと良いでしょう。

院長に辞める意思を伝える

自分が辞める理由を明確にして、辞めるという意思を固めた場合は、院長に伝える必要があります。歯科医師として活躍しているほど、辞める意思を伝えると引き留められる可能性が高いでしょう。

また、辞める理由を聞かれることがありますが、法律的には伝える必要はありません。しかし、今後も同じ業界で働くのであれば、辞める理由を伝えた方が円満に退職できるはずです。

合わせて読みたい

歯科医師の資格は活かして環境を変えるのがおすすめ

ここでは、歯科医師を辞めたくなる理由、勤務環境を変える方法、歯科医師を辞めるデメリット、歯科医師を辞める方法についてご紹介しました。

歯科医師は務める環境によっては、待遇に不満があったり、医院の治療方針に満足できなかったりすることもあるでしょう。

辞めたいと思った場合は、歯科医師の資格を活かして別の医院に移ることがおすすめです。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧