1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事したくないと感じた時の原因と対処法
仕事辞めたい

仕事したくないと感じた時の原因と対処法

仕事をしたくないと感じる8つの原因

仕事をしたくないという気持ちの原因はなんでしょうか。何故働きたくないと感じるようになったのか、今の自分を見つめ直すことによって、分かってくることもあるでしょう。

仕事をしたくないと悩んでいる人に話を聞くと、達成感、充実感などお金以外の得られるメリットをたくさん話してくれます。さらに仕事を通じて目標もあり、お金を稼いで好きなことをするのは勿論、彼女に認められ、誰かの役に立ちたいから仕事を続けるのだと話すのです。

以上のことから、仕事はしたいし、使命感もありますが、別の問題を抱えているため働きたくないと思ってしまうことが分かります。問題の原因は人によって様々です。今の仕事に対してどうしてそう思ってしまうのか、まずは自身の気持ちを掘り下げ、分析する必要があります。悩み苦しむ前に、原因を考えてみることが大切です。

仕事内容が自分に向いていない感じている

いざ仕事を始めてみると、ギャップに悩まされることがありませんか。自分が思っていた仕事と実際にしている仕事とが違っているのです。もしそうなら、きっと「もうこの仕事はしたくない」と感じていることでしょう。

そういう辛い状況に置かれていると、冷静な判断力も鈍るものです。仕事を始めたばかりであれば、なおさらです。自分の仕事に自信がまだないでしょうから。あなたがもしそういう状況に置かれているのなら、他の人に自分の仕事ぶりを評価してもらうのも一つの手です。自分の思っていたこととは違う意外な評価を受けるかも知れません。その仕事で自分に合っている意外な部分に気付くこともありえます。

それでも、やはり自分にはその仕事が合っていないと感じるのであれば、部署替えしてもらうのもいいでしょう。ある人は実際上司に相談しに自分の望む部署へ異動にしてもらいました。その人も部署が自分に合わないと判断したのですが、上司との良好な関係を築きながら異動の依頼を地道にしたり、自分で必要な勉強もしました。そうやって、自分の希望する部署へ異動しています。

転職を考えてみる

無気力状態になってしまう

無気力で仕事がはかどらない、やる気が全く起こらないという人は、一度病院で診てもらった方が無難でしょう。職場に足を運ぶものの、何も手に付かず苦痛に感じてしまうのであれば、うつ病などの病気を患っている可能性があります。

病気の特徴として、仕事をする気力はないが自分の趣味には打ち込むことができるという点があげられます。例えばカラオケや散歩、飲み会などの趣味や楽しい事は精力的に参加できるため、一見病気を患っているようには見えないのです。この精神疾患は、仕事に対してのみ反応が現れます。放っておけば状態は悪化し、いずれ出社すらできなくなってしまうでしょう。そうなる前に専門の機関を受診することが大切です。まずは自分が心の病を発症しているのだということを受け止めて、再び前向きに仕事に取り組めるよう治療するのが先決だと言えます。

頑張っているのに評価してもらえない

「毎日コツコツと仕事を頑張っているのに誰にも褒めてもらえない」
「残業ばかりで業務も過酷なのに、いつまでたっても給料が上がらない」
「他の人よりも一生懸命、仕事に取り組んでいるつもりなのにいつになっても昇進や昇給の話がない」

こんな悩みを抱えている人はいませんか?

毎日しっかりと働いているのに、その働きに見合った評価をもらえない仕事では、やる気もモチベーションも上がらないのが当たり前です。そのような会社に在籍していると、自分自身で感じる人は段々と仕事をするのが億劫になってきます。一生懸命働いても、だらだら働いても上司が適正に仕事を評価してくれないのなら当然やる気は起きないでしょう。その上司の評価のために、そのような環境で働く部下は働く意欲が減退し、働きたくない病が発症、あるいは重症化する恐れがあります。そうなる前に、気持ちも楽な他の仕事へ転職・再就職してみるのはいかがでしょうか。

転職を考えてみる

苦手な人が同じチームや職場にいる

出典:FlickrCC BY 2.0

仕事をしたくないと感じるきっかけは、よく考えてみると人間関係がうまくいかなかったり、自分を正当に評価してくれる上司がいなかったりすることかもしれません。または苦手な人が同じチームや部署にいることなどあるかもしれません。そんな時は思い切って誰かに相談したり、上司に自分の意見を伝えるのもひとつの方法です。

仕事は学校と違って嫌いな人とも関わりながらする必要があります。会社は集団で成果をあげるための組織で、個人で働くという事は会社員である限り基本的にありえません。学校であれば嫌いな人とはかかわらなければいいだけですが、仕事はチームで連携し行うのでコミュニケーションが必須です。苦手な人とコミュニケーションをとることがストレスとなり、仕事をしたいくないと感じる人は多いです。

転職を考えてみる

仕事をしたくないと考えすぎる

今の時代、普通に仕事をしても生きがいを感じられない人達がたくさんいます。働き方が様々で、どのようにして働くかよく考えたいものです。では仕事をしないで生活する方法はあるのでしょうか。

仕事をしたい人は目的が何なのか、目的の為だったら何の仕事でも良いのか。また仕事をしたくない人は働かなくてもいい環境なのか、ただやりたい仕事が見つからないのか。仕事をすることによってスキルや達成感など得られるものはたくさんあります。仕事をしないことによってもストレスや時間制限はなく得られるものがあると思いますが、働くことによって人は成長できます。

自分は一体何がしたいのか、どう生きたいのか考えてみれば自ずと答えは出てくると思います。何をやってもいい時代だからこそ「迷う」かも知れませんが、周りの人の目を気にせずやりたい事をしたもん勝ちだと思います。

生活リズムが崩れている

「今の仕事が自分に合っているのだろうか・・・」と考えたことはありませんか。

朝は弱かったのに何故か毎日早起きしなければならない仕事についてしまった人とか、夜は弱いにもかかわらず夜勤のある仕事がある会社へ就職してしまった人などは、毎日があなたの生活リズムと合っていないので仕事がうまくいかなかったり、いつも疲労が溜まっているような感覚があるのではないでしょうか。

当然仕事内容も自分の考えているほどの成果があげられなかったりと、かなりのストレスを感じて辛くなってしまいがちです。毎日仕事に向かうのが憂鬱になり「仕事いやだな・・・」「仕事したくないな・・・」「仕事辞めたいな・・・」という気持ちがでてきます。このような状態が長く続くと、病気になってしまいます。

自分のする仕事に自信が持てない

「人に役立つこと」これは仕事をするということに対して大きな意味をなすことがあります。仕事に対する自信がない人は、「人に役立つ」という自信もなく、働くことに対してやる気が出ないため仕事に積極的になることができない傾向にあると言われています。

他にも上司によるパワハラや精神的に辛い仕事ばかりを任されたり、セクハラが行われるような仕事に勤めたりなど、何か弊害があると仕事に対する自信ややる気がなくなっていってしまうという傾向があります。

このような職場にこれからもずっと留まることが果たして正解なのでしょうか?他にも精神的にも楽な仕事は必ずあるはずです。精神的に楽な、気持ちが解放されるような仕事につくことで、本来の自分の良さを再発見することができます。自分の良さを再発見することで、仕事に対する自信の回復にもつながり、積極的な仕事ができるようになってきます。

自分の担当する仕事がない

せっかく就職し、出勤しても、まるで仕事が与えられない、仕事をさせてもらえない、いわゆる「社内ニート」や「窓際族」などという扱いをされた場合も、仕事に行きたくない、と感じてしまうものです。一度そうなってしまうと、たまに仕事を与えられてもやる気が出ず、やりたくないと思ってしまいがちです。

仕事が割り振られない理由としては「能力不足」。ですがこれは社員に対する教育が不十分だから起きることでもあるのです。社内教育がしっかりしなければ、仕事をしようにもできないのは当たり前です。社員として給料をもらう以上、仕事をしっかりしたいと思うのは当然のことです。よほど図太い神経の持ち主であれば、1日何もせずに会社にいられるのかもしれませんが、大半の人はきっといたたまれない気持ちになってしまうのではないでしょうか。

転職を考えてみる

仕事したくないと感じた時の対処法

「仕事をしたくない」「会社に行きたくない」など、社会人であれば誰もが一度は思うことではないかと思います。普通はそういった状態も一時的なもので、多くはうまく気持ちをコントロールし、自分なりのやり方でストレス発散をしたりしてやり過ごすものですが、もし、仕事をしたくないという気持ちがずっと続いてしまったらどうでしょうか。

とても辛いことだと思います。そのような状態が長く続くと、仕事が捗らないのはもちろん、ストレスは貯まる一方ですし、また、ネガティブな思考回路に陥りがちで、心にも体にもきっといい影響はありませんね。こちらでは、「仕事をしたくない」という状態から抜け出せない場合の対処法を、始めやすいやり方から順番にご紹介していきます。どうぞ、参考にしてみてください。

信頼できる人に話してみる

出典:FlickrCC BY 2.0

あなたは、仕事に関する悩みを相談できる信頼のおける人が周りにいるでしょうか。仕事で成果がでない、人間関係がうまくいかない、そのような時は誰しもとたんに自信がなくなっていてしまうものです。なくなってしまいそうな自信を保つ方法として、誰かに相談するということが挙げられます。

自分の主観だけで判断するのではなく、他の人の客観的な意見や考えを聞くことで、悩みが解決することもあります。一例ですが、「お客様への対応に時間をかけすぎている」と上司に指摘されたとしましょう。それを他の人の目線からすると「お客様の本当のニーズを知るために時間をかけるのは良いことだ」と捉えられることもあります。指摘されている側は、ただのダメ出しの指摘だと思っていても、指摘する側にとっては、次へのステップアップのためのアドバイスかもしれません。

1人で悩むのではなく、まわりの信頼できる人を頼ってみてはどうでしょうか。1人だからこそ生まれるネガティブ思考を断ち切り、だれかに相談することで自信が持てたり、ポジティブな考えが浮かんだりするはずです。

自分の精神状態を把握する

今のあなたのの精神状態はどうですか?今の心理を生んだ原因と、精神状態を把握してみましょう。あなたが仕事をしたくないと感じた原因はどこにあるのでしょうか。

それは、いろいろな原因が考えられます。肉体的に疲れた。休みがない。仕事そのものがつまらない。また、ただなんとなく…など多くの原因が考えられます。思いもよらない原因があるかもしれませんし、無意識に感じているストレスがあるかもしれません。

まずはその原因を知ることから始めなければなりません。方法は様々で、あなたにあった方法もきっとあるはずです。また、今の自分の精神状態がどの程度のものなのかも知る必要があります。自分では気付かなくても、周りの人が何かの変化に気付いてることもあるかもしれません。少し休めば解消する程度のものなのか、それとも、かなり深刻な状態なのかを把握した上で、改善策を考えるようにしましょう。

自分の仕事の知らない部分を勉強する

仕事が楽しいと感じる人は、自分の仕事のことをよく知っています。その業界のことや仕事全体の意味を知ることができれば、今まで感じられなかった仕事の楽しみを得ることができるでしょう。

逆に、会社全体から見て自分が今何をやっているのかよくわからないといったような分業制の仕事であると、つまらなく感じられるかもしれません。社長や経営陣は仕事の内容や収益などを熟知しているため仕事が楽しいと感じていることでしょう。

自分の与えられた仕事そのものだけをこなしていくのではなく、その会社や業界全体のことを独学で学んだり知識をつけることで、今やっている仕事の意味を見出し楽しく感じることができるのです。仕事が楽しくなる方法は、その会社や業界、仕事について深く理解していることが大事だったのですね。自分の仕事に誇りをもってできるようになり、仕事を見方がきっと変わるでしょう。

休まずに仕事を続けてみる

誰しも仕事をしたくないと感じる時はあるでしょう。その際に決してやってはいけない行動があります。それは仕事が嫌だから休んでしまおうという考えです。なぜなら一度休んでしまうと習慣になってしまい、仕事に行かない悪いクセがついてしまいます。これでは会社に迷惑をかけますし、上司からの評価も下がります。自身にとって良いことはありません。

まずはとにかく休まず出社するのを心がけましょう。お金を稼ぐために仕方なく足を運んでも良いですし、いっそ目標すらなく惰性でとりあえず出勤するのも問題ありません。働いていれば決まった休みは必ず来ます。その時ゆっくり体を休めれば良いのです。まずは仕事を休まないこと。そして休みが来るまでがまんして働くこと。これが仕事をしたくない時の第一の対処法となります。

転職を視野に入れた情報収集をする

仕事へ行くのが嫌でたまらない、家を出ようとすると身体が重くなる、そんな状況が長く続くのであれば転職も視野に入れましょう。だからといって、情報収集もせずいきなり仕事を辞めて転職活動をするというのはおすすめはしません。なぜかというと、ゆっくりと慎重に時間をかけて転職活動をしたほうが成功するケースが多いからです。

今の仕事を続けながら、まずは転職に関する情報収集から始めてみましょう。転職の情報収集を行うことで、次の仕事の事のみではなく今の仕事に関しても見つめ直すことができます。「これなら転職も難しくなさそう」と思うパターンもあれば、「転職は大変そうだから、今の仕事のほうが良い」と考え直すパターンもあります。どちらのパターンになったとしても、今のあなたの状況や心理を変えるきっかけになることは間違えありません。

転職を考えてみる

なぜ仕事をしたくなくなってしまったかを明確にする

誰にでも仕事をしたくないときはあると思います。しかし、どうしてそのように思ってしまうのでしょう。その理由がわかれば、具体的な対処方法を考えることが出来るのではないでしょうか。

例えば、一緒に仕事をする人とどうしても気が合わないことはよくあります。そんなときにはできるだけ自分から顔を合わせる回数が少なくなるよう行動してみましょう。そうすれば、仕事の終わった後のストレスをだいぶ減らすことが出来るはずです。

ここで大事なのは、指示されるままに仕事をするのではなく、自分から積極的に行動すること。仕事を自分の都合のいいように進めていくことで、ストレスの原因を遠ざけてしまおうというわけです。これ以外にも、日頃から、「もしこういう状況になったらどうしようか」と考えれる状況をいろいろ予想して準備をしておけば、仕事に関してのストレスはぐっと少なく感じられると思いますよ。

あと少し精一杯やってみる

仕事を開始してまだ日が浅い頃に、経験の浅さから間違いを連発してしまい、仕事をする意欲がなくなりかけてしまうことは、あり得ることです。また、初めてのことにチャレンジするという際に、自分の能力でもできるだろうかとつい萎縮してしまうのは無理がないことです。そういう思いの中で、真面目さからその業務を継続していくことに自信がなくなってしまうこともまた、多くの人に共通する心理状態です。

学生時代に、級友からのいじめの的になってしまった経験をした女性がいます。仕事で受け付けという業務を担当しているのですが、接客の場面を繰り返す中で、いつも心の底では深く怯えていたいいます。まだ覚えていないことを質問されるんじゃないか、怒られたらどうすればいいんだろう、といった思いを抱いてしまったのだそうです。昔の対人関係でのつらかった記憶とどうしても重なってしまったのだそうです。

こういった気持ちを抱えて仕事をする中で、ある日、小さなこどもさんの相手をして、共に遊ぶという事がありました。またご高齢の女性に寄り添い、希望の場所までお連れするという場面も業務で体験しました。そのご高齢の女性が、彼女にとっては思いがけず感謝の言葉を掛けてくれたり、こどもの無邪気な笑顔を見るうちに、彼女の気持ちの中には変化が起こりました。もっと自分にできることをお客さまにしてさしあげたい、という思いでした。彼女は仕事をすることにこれまでにない情熱的なものを感じるように変わっていったのです。今となっては、この業務に自分が関わっていることが本当に喜びに感じられる、と、連絡をくださいました。

継続することの意味はとても大きく、あなたの実力を確実に高めてくれます。また、大きさにはこだわらずに、自分の中に、成功例を一つずつ、重ね上げていきましょう。苦手な分野には考えすぎずにすぐに取りかかる習慣をつけてしまいましょう。頑張った自分に、癒しの時間を提供したり好物のご褒美を贈るなど、労うことをうまく差し込んでいくことも、努力を続けられるコツですね。

休みの日に思いっきりリフレッシュする

次の休日は1人で思い切って日帰りバスツアーなどしてみてはどうでしょう。遠くの街で普段とは違う、非日常の時間を過ごすことも大切です。そして心身ともにリフレッシュして一度全てをリセットしましょう。リフレッシュと言ってもわざわざ海や山に行く必要はありません。なるべく普段の自分、生活から遠ざかることが大切なのです。そうすることによって心機一転し翌日からの仕事に対しての姿勢が変わることでしょう。

1人で自分を見つめ直し、心身ともに普段の生活から離れて一息つくことがとても重要です。普段見ることがない新鮮な世界を見ることも、1人で遠くへ出かけることも、明日への活力につながる行動なのです。仕事へ対してもやもやした気持ちなどを抱えているのであれば、一度遠くの街などに日帰りでもいいので旅行してみませんか?わずかでも気持ちが変わるかもしれない、可能性を捨てる前に。

疲れがとれない時は休みをとる

仕事をしたくないとき、それは改めて自分の状況を振り返ってみることが大切です。そのときの日常生活や考え方のパターンなどです。ある方の例をご紹介します。その方は、夜遅くまで働き詰めで、そのときにお腹がすくので夜食も頻繁に取っていました。そのため日中は頭がさえず、イライラしたり落ち込んだり、夜食の癖でなにか食べずにはいられず太ってしまいました。そうこうしているうちに仕事の意欲も低下してしまったそうです。このときの問題点は、夜遅くまで仕事をしていることと、夜食のせいか、ついつい食べ過ぎてしまうことにありますよね。

この方の場合は「その日のうちに寝る」「食事の質と量に気をつける」「空き時間に体を動かす」よいうことが解決に繋がります。要するに規則正しい生活を送るということです。仕事の意欲が低下したり、ストレスが溜まっていたり落ち込んだりしたときは、きちんと休息をとりましょう。

こころとからだが疲れていると仕事も思うように進まないので思い切って休んで、好きなことをしたり、自然に癒されたり、温泉に行ったりしてリラックスしてたっぷり休んでください。

自分が喜ぶご褒美を用意する

仕事でモチベーションが思わず下がってしまうような事は誰にでもあると思います。そんな時は自分にご褒美を用意してあげるのも1つの手です。そんなに大それた事じゃなくても良いのです。ちょっとしたことでも、仕事へのモチベーションを取り戻せるかもしれません。

例えば、我慢している甘いものを食べたり、行きたかった場所に行ってみたりといった些細な事でもOKです。いつもの生活にほんの少しのスパイスを足してみましょう。乗り超えられなかった仕事もすんなりとこなしていけるような良い案が浮かんでくるようになるかもしれません。目先の事に囚われるなとはよく言いますが、案外目先にご褒美を置いておくだけでモチベーションが上がるものです。

誰にでもテンションの下がるような嫌な瞬間は訪れます。そんな時も終わった後のご褒美の事を念頭に置いて取り組めば、前を向いていられます。溜まってしまったストレスの解消にもなりますので、是非日常に取り入れてみることをおすすめします。

身体を動かして汗をかく

人間の体は、常に動かしていないと、動かすことそのものが面倒になり、運動不足に陥っていってしまいます。これは一種の悪循環ですね。人間の体と精神とは密接に繋がっており、体を動かさないと精神もうまく動いてくれないのです。そうすると、ちょっとしたことを気にして悩んだり、普段いつもしている行動でさえ億劫に感じてしまったりするのです。

精神的な悩みが先なのだと思いがちですが、実はそうではなく、実際は体の方に問題があって、それが精神に伝わりストレスを感じている、という場合もあるのです。こういった「運動をする」ということが「うつ病の解決に効果がある」ということも最近では科学的に証明されてきています。なんだか最近ストレスを感じている、あるいは何もかもが億劫だ、そう思った時はぜひ、筋トレや軽いランニングなどをして体を動かしてみてはいかがでしょうか?体と精神を活性化させることで、心も身体も健康になりましょう。

自分のやりたい仕事を打ち明ける

惰性で好きでも無い仕事をしていると、仕事そのものをしたくない気持ちに変わっていきます。

会社は従業員に、自分に合ったやり方でも構わないから精力的に仕事をして貰いたいと思っています。このことを伝えたくて人を育てるのが好きなある人が、新入社員を前にスピーチすると買って出ました。しかし彼は喋ることが余り上手くありません。それでも一生懸命原稿を仕上げ、大勢の前でスピーチをしました。

読み終えた後、「先輩のスピーチで仕事に対しての見方が変わりました。」と、思いもかけない言葉を貰いました。彼も、人を育てるのは好きだけれど向いていないのでは、と悩んでいたそうです。ですから、自分の率直な気持ちにたいして素直な返事があったことに大変喜びを感じました。今はライターをしていますが、「スピーチも少しは上達しただろう。」とほほ笑んでいました。

仕事をやりたいものに変えるのは重要ですが、いきなり変えようとしても無理が生じます。スキルを高め場数を踏み、少しずつ自分や周囲を変えるのがいいでしょう。

嫌な仕事は先に片付ける

先方への謝罪や大事な商談の資料作成など、中には避けて通れない仕事もあるでしょう。人の心理として嫌なことはどうしても後回しにしてしまいがちなのです。優先度を無視して簡単な仕事から取り組んだ事のある人は多いのではないでしょうか。しかし、自分にムチを打って嫌な仕事に手をつけてみましょう。面倒で嫌な仕事を早く終わらせる事で、その後は気分も軽くなり、他の仕事が捗るということはあります。

それに、いざ済ませてしまえばなんてことなかったと感じるようなことも多くあります。また後回しにすることで「嫌だな」と心のどこかで思っていると、ずっと気持ちがモヤモヤしたり、胸が重くなったりします。そのせいで仕事も捗らないかもしれません。必要以上に身構えるよりも、嫌なことは割り切って早めに済ませておく方が絶対に得策です。

夢中になれる趣味を見つける

「生きがい」や「やりがい」を感じることは、人間にとって大切なことです。また、人間は「人生の目的」を持って生活していると、多少の苦痛や辛いことがあっても苦痛に感じることがありません。「生きがい」を仕事で感じている人は良いのですが、仕事も苦痛、私生活も楽しくないと感じている人は「生きがい」となる何かを見つけなければなりません。

仕事をして、ご飯を食べて、寝て、と同じ様な毎日を繰り返していると何のために生きているんだろうと馬鹿らしくなってくることはありませんか?趣味にお金をかけるため、生活水準を下げたくないためといった理由で、仕事に対して何も「生きがい」や「やりがい」を感じるていなくても割り切って仕事をこなしている人も少なくないのではないでしょうか。

仕事以外の私生活で充実することで精神的、肉体的に満足することが出来れば、仕事が辛くても耐えることが出来るでしょう。そのために、何か夢中に慣れる趣味や目標をみつけましょう。

仕事したくないと感じ、うつ病になった人の体験談

毎年うつ病を発症する人は増えてきています。その原因は様々ですが、仕事のトラブルからうつ病を患う人が多く見受けられます。特に働きたくないと一度思ってしまうと、うつ病になる可能性が高まります。

仕事の意欲を削ぐ要因として、長時間労働や人間関係などの難しさがあげられます。一人が抱えるにはあまりにも仕事量が多く、残業や休日出勤は当たり前の環境では心身ともに壊れてしまいます。また、職場に馴染めない、苦手な上司がいるなど人間関係の悩みから病を引き起こすケースもあるでしょう。

これは簡単に解決できる問題ではありません。トラブルの原因を取り除くことができたとしても、うつ病の治療は非常に時間がかかります。社会復帰をするのに1年程かかる人も多く、治療できたとしても社会復帰できるかが課題となります。ここからは仕事をしたくないと感じた人がうつ病を発症するまでの体験談を紹介していきます。

精神的にも肉体的にも限界だった

生命保険会社で働く26歳、Kさん

————————————————-
大学卒業後、生命保険会社に入社しました。26歳の時に査定の部署に異動しましたが、仕事を辞めることばかりを考えていました。仕事が頭から離れず、横になっても1時間もすると目が冷めてしまいます。充分に休めないまま出社するのは苦痛でした。

何故そこまで追い込まれてしまったのか、2つの理由があげられます。
1つは長時間労働です。始発から終電まで仕事を行い、昼食は食べれません。土日もどちらか出勤していました。2つ目は苦情の対応です。過去に不払い問題があったので、人によっては保険会社から支払いがないと不満をぶつけられるのです。苦情を受けるたびに、正確な仕事をしているのに怒られてしまう不条理さや、何のために仕事をしているのか疑問を感じるようになりました。そうなると心身ともに疲れてしまい、仕事をする気力は失われるばかりです。

この2つが原因でうつになってしまいました。忙しさのあまり、上司に相談する事もできず、ただただ辛い毎日を過ごしていました。
————————————————-

嫌な仕事と人間関係の2つが原因です

自動車部品製造会社の28歳女性Aさん

————————————————-
私は結婚を機に職場を退職しました。

大学を出て就職をしたのは自動車の部品の会社です。事務職として電話応対や伝票の出力などを担当していました。結婚をすることが退職の大きな理由ではありますが、その他にも辞めたい理由はいろいろありました。

まず、通勤時間です。電車で片道2時間というのはさすがにこたえます。引越しも考えましたが、この会社で長く働く自信がなくやめてしまいました。また職場では、新人の私が率先して電話を取らなくてはいけません。どんなに忙しくても、私が取るものという暗黙のルールができていて、誰も取ろうとはしませんでした。

また、職場の雰囲気も私には合いませんでした。もともと、人と話をするのが苦手な私は、平均年齢40歳くらいの穏やかな雰囲気のある職場にはなじめませんでした。上司から、協調性がないという指導を受けたときは、話の中に入っていくようにしましたが、苦痛を感じるだけでした。そんな時に、付き合っていた恋人が結婚しようと言ってくれたので、ようやく退職する決心がついたのです。
————————————————-

パワハラがすごかったあの頃

飲食業界25歳男性Eさん

————————————————-
内定した会社へ学生アルバイトとして実務研修を兼ねて働くことにしました。

最初はやる気がありましたが、実際に働いてみるとパワハラの嵐で、社会経験の無い自分は言われるがまま安い賃金で働き休みも貰えず労働環境は最悪でした。それでも何とか頑張って本採用となり今まで以上に頑張ろうと仕事に打ち込みましたがシフトについて上司に相談しても相手にされず、マネージャーに相談しても同じように相手にされず、だんだん自暴自棄になりとうとううつ病を発症してしまいました。

自殺も考えるようになってしまい、病院からうつ病の診断を貰って会社に休養を申し出ましたが、上司にはうつ病について理解してもらえず暴言を吐かれ仕事を辞めようと思いました。部下の事を考える事が出来ない上司からのパワハラが原因でうつ病を発症したのにもかかわらず、上司の命令で退職届を書かされ退職することになりました。
————————————————-

仕事をしたくないと感じた時の7つの注意点

誰でも今日は仕事に行くのが億劫だという気持ちになることがありますよね。そんなときに、どうやったら、仕事に行ける気持ちが湧いてくるかの案を具体的に練ってみることで、心持ちを明るく変えることはできます。しかし長期的なスパンで考えるならば、仕事を休みたくさせる要素に向かい合わないでいる限り、退職という究極の選択肢を選んでしまわないとも限りませんね。

ここでは、上で書いた仕事をしたくない対処法ではどうにもならない人のために、注意点をご紹介します。対処法を試したけど効果がなかった人や対処法を試す前に参考にしたい人など、御覧ください。

根本的な問題解決をする

そもそも「仕事をしたくない」と思う気持ちの原因は何でしょうか。嫌な上司が原因という人もいるでしょうし、仕事内容が原因だという人もいることでしょう。「仕事をしたくない」と思う原因は人により様々だと思います。

もし、あなたの「仕事をしたくない」という気持ちの原因が特定できたのであれば、次はどうすれば解決するのかを考えてみてください。それは時間が解決するものなのでしょうか。あるいは、自ら動かなければ解決しないものなのでしょうか。どこをどうすれば解決するかじっくり考えてみてください。「仕事をしたくない」と思う気持ちは例え今の職場を変え転職しても、原因を根本的に理解し解決をしなければ、何度も繰り返してしまうということを意識してください。

感情任せに行動しない

今まさに苦しい思いをしている方には分かりづらいかもしれませんが、まずは今の状況下で、できる範囲のことをやってみましょう。悪あがきかもしれませんが、辞めずに続けていくことで状況が良い方向に向かっていくこともあります。もしうまくいかなかったとしても、その時に頑張ったことは必ず今後の人生の糧になるはずです。

職場の人間関係がうまくいかず、会社を辞めて資格の取得をし、その資格を生かせる会社に就職しようと色々回りましたが結局どこからも採用されず、体調を崩してしまった人がいます。その人は家族の支えもあって無事回復し、幸いその後仕事に就くことができましたが、この人の例にもあるように、一時の感情に流されて動いてしまうと後悔するような事態にもなりかねないのです。ですから最初に申し上げた通り、まずは今できる範囲のことをやってみることをおすすめします。ただし、労働基準法がそもそも適用されていないような会社はもう論外ですから、おかしいと思ったらすぐに辞めましょう。

仕事をしたくない理由としっかり向き合う

仕事をしたくないと感じたときの理由は人によって様々ですが、上記であげた理由は誰もが感じる理由です。細かく分析していけば、その人それぞれの理由があるはずです。考えたことってありますか?

仕事のやる気がなくなってしまったので、一時の逃避的な感情で会社を休んでしまうこともあるかと思いますが、それって解決に繋がるのでしょうか。多分ならないかと思います。仕事のやる気がないことやしたくないと感じるとき、その理由ときちんと向き合うことが実は大切なことです。あなたに合った解決策は必ず存在するはずなので、諦めずに取り組んでいけば、きっと解決に繋がるはずです。深く掘り下げて真の理由を探して解決していきましょう。道は開けます。

1人で考え込まずに相談する

こんなことは想像したくないのですが、何らかの理由で会社を辞めなくてはならないということもあります。転職をしなければならない。そんな時はどうすればいいのでしょう。

あなたは家族に相談できるでしょうか。そのためには普段から家族とのコミュニケーションをしっかりしておくことが大切です。あまり会話のない家族では、なかなか言い出しづらいのではないでしょうか。また、退職の理由によっては家族には相談しづらいこともあります。

そんなときに信頼できる友人がいるとありがたいものです。家族にも話せないことでも、その人になら話せる。そんな友人がいるのなら、それだけで安心です。そんな友人もいないというのなら、プロに任せるというのも一つの手です。いわゆる転職エージェントです。色々なサービスがありますが、基本的に登録または相談は無料なので、気軽に申し込めます。

やりたいことがあるなら副業からはじめる

起業したい、そう思い立って実行する前に、少し立ち止まって周りを見てみてください。今の仕事や家族、お金の事など、考えなければならないことがたくさんあります。本当に起業して成功するのか、家族の理解は得られているのか、しっかりと確証を得てから始めても遅くはありません。

ある人は、奥様に起業することを隠し、後から説明したことで猛反対されてしまい、説得に大変な苦労をした人がいます。成功する保証もないのにいきなり会社を辞め、起業したいと告げられた奥様が戸惑うのも無理はありません。

まずは始めたい仕事を副業として試し、自分が続けることができ、しっかりと稼ぐことができる、家族も納得してくれる仕事だということを確認してみましょう。思い立っていきなり会社を辞めて起業し、せっかくの労力やお金を無駄にしてしまっては、もったいないです。

仕事をやめた場合何ができるか考える

仕事をする目的は、お金を稼ぐためと考えることが多いのは事実でしょう。しかし、自分がやりたいことをして、それを便宜上仕事とすることが理想ではないでしょうか。

まずはあなたの将来の目標を明確にし、その目標を実現するために今しておくべきことを逆算してみてはいかがでしょうか?目標を達成するためには今の仕事をやめたほうがいいと思うならやめるべきです。もしかすると、仕事はしたくないけれどやめることはできないと考えている場合、目標を実現する可能性を自ら潰してしまっているかもしれません。

しかし、その目標を実現するために仕事を続けることが最適であるにも関わらず、今が辛いからといってやめてしまうのはもったいないです。そもそも将来の目標が明確でないことが、あなたの考え方や行動の精度を下げているのではないでしょうか。そして将来の目標を考えたら合わせて今自分に何ができるのか考えてみましょう。

貯金をある程度用意しておく

あなたはいくらくらい貯金してますか?理由は様々でしょうがあなたは何を目的に貯金しているのですか?新車、家、旅行、結婚など貯金の目的は人それぞれですが、ずっと働きたくないからと将来的にその貯金で生きていこうという考え方も理由にできるのではと思います。

貯金を多くしている人が仕事を辞めてしまうケースが多々あります。貯金を多くしていても仕事をしていなければフォーカスされることもないので意外にも多くいることが分かっていないのです。物欲や自身を高めるなどのモチベーションがあればそうなることはないでしょうが、向上心のない人はある程度のお金が貯まってしまえば意外にもすぐに社会人から離脱できてしまうのです。仕事をしたくないと感じたらまずお金を貯める事から始めてもいいと思います。

仕事したくない気持ちは甘えではありません

自分の勤めている会社が、いわゆる「ブラック企業」であるという結論に達したのなら、一日も早く会社を辞めることです。心と身体をすり減らしながらするのは仕事とは言えません。これは「甘え」とは言いません。

退職金なんて貰えなくてもいいから、今すぐやめることです。そんな会社に長く居続けることは、何の得にもなりません。辞表を1枚書いて、すぐに出ていけばいいのです。しばらくは簡単なアルバイトでもしながら、あるいは貯金があるのなら無職のままでいいから、自分に合った仕事をじっくり探しましょう。

そのためには数多くの転職情報に接することが大切です。転職情報誌にもさまざまな情報は掲載されていますが、ネットを活用して、転職サイトや転職エージェントに登録をしておくことも非常に有効です。

あなたの人生を決めるのは、誰でもありません。あなた自身なのです。

仕事したくないならしなくてもいい

まずは自分の気持を正直に受け止めましょう。仕事をしたくないという気持ちに嘘をつかず、そのまま受け入れるのです。まずは自分の現状を認めることにより、落ち着いて今の状況を把握することができます。冷静に分析しましょう。

そもそも、何故私達は働かなければならないのかをまず考えてみます。生活のため、欲しいものがある、返済があるなど、人それぞれ働く理由があるはずです。仕事をしたくないのなら、働かないという選択肢もあります。どんな考えであっても、今の現状を選び取ったのは自分自身です。なぜその選択をしたのかじっくり検証することにより、この状態を変えるヒントを得ることができるのです。この方法をぜひ試してみて下さい。仕事に対するあなたの悩みがきっと解決すると信じています。

ランキング

記事一覧