1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事辞めたいけど理由がない人に送る!上手な退職方法5選
仕事辞めたい

仕事辞めたいけど理由がない人に送る!上手な退職方法5選

仕事を辞めたい理由を洗い出し次への準備を

仕事を辞める時はまず、何故辞めたいと思っているのかをメモに書き出すなどして明確にする事が必要です。メモに書き出す事で、改めて自分の気持ちを整理することが出来ますし、おすすめの方法です。書いてみて、辞めたい理由がハッキリと出てくれば本当に辞めたいんだという事に気付けます。ですが曖昧な気持ちの場合は、本当にいま辞めるべきか悩みます。もう少し今の会社で働きながら、他にやりたい事を決めていくという方法もあると思います。その方が辞めた後で困惑せずに済むと思います。

辞めたい理由がハッキリと分かっている場合は、次の職探しの時も割とスムーズにことを進めることが出来るでしょう。辞めたい理由が今の職種が自分に合っていなかった、という場合は、次に探す会社は今の職種とは違ったものを選ぶなど、沢山あるお仕事の中から自分に合ったものを絞り出しながら決めていくと良いでしょう。

合わせて読みたい

業務内容が原因で辞めたい場合

仕事内容に不満があり辞めたい場合、続けられる方法、または自分がやりたい事は何かを考えてみましょう。仕事の内容に不満がある場合は、具体的に何が問題点なのかを明らかにしなければなりません。その上で、上司に相談してみる事は重要です。上司がまともな人間であれば、問題点についてアドバイスをもらえるだろうし、あるいはあなたが仕事に不満を持たない環境の部署に異動させてくれるかもしれません。または、そういう仕事を与えてくれる可能性もあるでしょう。

上司に相談するのが難しかったり頼りない人間である場合は、そもそも仕事内容以外に問題点があるので、一から考え直す必要があります。ただどちらにせよ、すぐに辞めるという判断は軽率です。業務内容の改善を見つけられればキャリアに傷が付くことも防げるでしょう。

例外としては、自分の本当にやりたい事が見つかった場合です。この場合は早くその目標に動き始めましょう。不満があって辞めるのではなく、次の目標に向かって道を前に進むのですから。

転職を考えてみる

人間関係が原因で辞めたい場合

人間関係が良くないことが仕事を辞めたい理由になる場合は非常に多いです。会社に属しているとたくさんの人が一緒に働いていて、そのいろいろな人と日々関わり調和しながら仕事を行っていきます。決して、一人だけで仕事は行えるものではありません。そんな中でもしも人間関係が悪くなってしまえば仕事をする上で働きにくくなり嫌に感じてしまう人も多いと思います。

現在、いろいろなハラスメントが取り上げられています。たとえばセクハラ、パワハラ、モラハラなどです。今までは個々の人間関係の問題として大きな問題にならずに終わることが多かったですが、現代では会社の中での人間関係のトラブルという社会問題として明るみに出てきているといえます。もちろん、今でもハラスメントを公にせずに一人でため込んでいる方も多いです。

自分自身だけの問題であれば意識改善をすることで状況を変えることはできますが、対人の問題となると簡単にはいきません。相手を変えるということ、人間関係を修復するということはとても難しく労力を費やします。また、対人関係の問題で疲れ切ってしまったからこそ、もう余力が残っていなくて仕事を辞めたいとまで思っている場合もあります。そうなると、これ以上無理をせずに自分を大切にして早く辞めてしまったほうがいい場合もあります。
自分のことは自分が大切にするしかありません。我慢をして心身不調になってしまう前に、自分で判断をして健康なうちに新しい仕事を探すほうがいいです。

合わせて読みたい

待遇や給料が原因で辞めたい場合

給料が原因で辞めたい場合は、自分の仕事と売上と給料を見比べてみることから始めましょう。売上に対して賃金が少ないのか、仕事量に対して賃金が少ないのかによって、交渉する内容が変わってきます。

仕事量に対して賃金が少ないのであれば、仕事量についての交渉をすべきです。今自分がこなしている仕事量で、どれだけのお金が動いているかについても把握しておいた方がいいでしょう。きつい仕事量のわりに大したお金が動いていないのであれば、それは無駄な努力ですし、モチベーションも失ってしまいます。

売上に対して賃金が少ない場合は、給料や待遇について上司に相談しましょう。明確な数字として成果が出ているのにもかかわらず、待遇面で社員んを大切にしない会社は経営陣や社風に問題があります。

ブラック企業ではよくある事ですが、安い給料で1人ではさばけない仕事量を任されるような存在で納得してはいけません。仕事を意識するにあたって、賃金と仕事内容や仕事量は比例していくべきだと考えて、使い捨てにならない働き方を考えていく必要があります。

合わせて読みたい

会社の方針が原因で辞めたい場合

仕事をやめたくなる理由の中に、仕事自体がいやだというのではなく、会社の風土が合わないというものがあります。私生活を削って参加しなければならないパーティーや飲み会は、特に好きではない人にとっては仕事をやめたくなるぐらいの負担になっているのです。参加が暗黙の了解になっている会社ではなおさらのことです。

しかし、このような会社独特の文化というものは中には入って初めてわかることが多いので、会社を選ぶ時には情報がありません。つまり、転職したとしても同じ様な状況が待っているかもしれないのです。転職以外の解決策としては、会社に馴染んでしまうというのもあります。仕事自体に問題がないのであればその仕事を続けた状態で会社の嫌なイベントに対する考え方を変えてみましょう。好き嫌いと言うのは所詮感情の問題なのでそれを理由に仕事をやめるというのも社会人としてはどうかとも思われます。仕事を続けながら今の状況を好転させるのも大人の力量と言えるでしょう。

自分に合う仕事を探してみる

仕事をやめたいと感じたらもう一度落ち着いて考えてみる

仕事をやっていて、「辞めたいな」と感じた事がある人は多いのではないでしょうか。仕事を辞めたい気持ちで頭がいっぱいになったら…そんな時はとにかく休暇をとりましょう。当然、休みをとる事ができる環境にいる事が大前提になってしまいますが、これが大事です。日々の仕事で疲れた心と体では冷静に自分と向き合う事が出来ず、何が仕事を辞めたい理由なのかが見えてきません

じっくり考えて、やはり仕事を辞めたいと思ったら、行動あるのみです。最初は無料の転職サイトに登録するところからです。現在お勤めの会社がブラック企業で、命の危険が差し迫っていない限りは転職先を決めてから、今の会社を辞めるべきでしょう。

合わせて読みたい

上手に会社を辞められる理由5選

いま勤めている会社や仕事を辞めたい。そう思っても、それを会社の上司などにどう伝えていいかわからないという人は多いはずです。緊張しますし、気が重いと感じる人もいると思います。今の仕事をまだ始めたばかりなら、期待を裏切ってしまって申し訳ないという気持ちも起こります。仕事で重要なポジションをまかされている場合、いま自分が抜けてしまったら困るだろうと感じて言い出しにくくなることもあります。仕事がうまくできなかったり、周囲と馴染めていないならば、上司や同僚から「やっぱり」と思われてしまい、それはそれでくやしい思いをします。

仕事を辞めたいと思う理由は様々です。言いにくい理由である場合もあるし、また、これは自分の甘えなのではないかと、自分を責めてしまうこともあります。期待されて仕事を始めた以上、たとえ辞めるとしても、上司や同僚の理解を得て円満に退社したいものです。そこで、これまで会社を辞めたときの経験や失敗談に基づき、上手に仕事を辞めたいときに使える理由の伝え方についてご紹介したいと思います。退職するときのご参考にしてみてください。

合わせて読みたい

親の介護の必要がある

両親に関する理由を繰り出す最終手段。仕事を休みたいときに確実に休めるということで仕事やバイトを休む際に使う理由ランキングにも常に上位に位置しています。嘘をついていたとしても、もし仮に仕事を辞める理由が本当であった場合、失礼に当たることもあり、疑おうにも疑えないというのが理由です。

本当のことを伝えているのに「それは事実?介護なんてしてるの?」と問い詰められてしまったらたまったもんじゃありません。もちろん、介護と仕事の両方をこなすには自らにもとても負担がかかります。家庭内のことに対して第三者が首をつっこむというのもいかがなものでしょう。いろいろと考慮した結果、もう仕方ないと誰もが思ってしまうものなのです。ですがもしも、それが偽りのことだったとしたらその人は職場で一生信頼されなくなるでしょう。それが親にも行き届いた場合は大変なことになるかもしれません。あなたがタフな人で周りの人なんか気にならないというメンタルの持ち主でしたらいくらその理由を使っても構わないとは思いますが、まずそれくらいのメンタルを持っているとしたら簡単に仕事をやめたりはしないと思いますが。

うつ病になってしまった

病気が理由で退職するということを伝える方法です。具体的な病名を告げるのではなく、遠まわしに「精神的に限界」や「体調が優れない」などとうつであることが伝わるようにします。病気であれば治るまで休養し、治ったらまた仕事もできます。反対に治らないような大きな病気なら顔色を見ればわかるものです。しかしうつは仕事を辞めざるを得ないような病気であるという認識も広がっており理解してもらいやすいです。

普段は明るく元気そうに見える人が実はうつだったというケースも少なくありません。あとからバレるというリスクも低く、元気そうな姿を見られても「こう見えても実はうつなんです」といっても確認することは無いでしょう。しかし、突然うつですというのでは伝わるどころか笑われてしまうかもしれません。そのため伝えるに相応しい雰囲気づくりや演技も必要になります。バレにくい嘘なので、退職理由に使うのは良いかもしれません。

合わせて読みたい

別のやりたい事ができた

仕事をうまく辞めたいと思い、辞める理由や言い訳をすることがありますが、その際たくさん話してしまった結果、自分の本心が上司にばれ、結果的に失敗することが多くあります。つまり、うまく仕事を辞めるには、言い訳をするのではなく、これから先誰も止めることができないような夢を持ちそのことを熱く語り、上司が逆に退職することに応援したくなるようなものが必要です。このようにして辞めても、辞めた会社の人とも今後の人間関係を築くことができ、大きな財産を得ることでしょう。

会社を辞めたいときって今がつらかったり、逃げ道を探しているといった消極的な理由を常に思い続けていませんか。これでは、仮に円満に退職できても辞めた会社の人との交流はその場で打ち消されます。会社を辞めたいと思ったら、前向きな夢を持ち5年後10年後の未来予想図が描けるようにならないと、常にあなたは逃げてばかりの人となりませんか。

なにも告げずに去る

わざわざ言い訳を考えて事態を複雑にするよりも、黙って立ち去るというのも方法としてはあります。今まで積み上げてきたものや人間関係もすべて捨てる覚悟を決めて消え去りましょう。思い立ったら迷わずすぐに。しかし、家が近いと、のちのち道端で偶然出くわしてしまうこともあるでしょう。また、最近では様々なSNSで簡単に追跡できてしまうので、バレる危険があります。

さらに、自分としても気分がよくはないでしょう。人を裏切ってしまうことによる罪悪感、家まで押しかけられやしないかという恐怖感。そして、周囲の人々にばれてしまった時に恥ずかしい思いをすることにもなり、会社を辞めてからもしばらくの間、引きずることになるでしょう。一時の面倒を避けようとしたばかりに、ずっと後悔し続けることになってしまいます。それよりは、何を言われようとも、しっかりと退職の意思を伝えた方が精神的にも相当楽なのではないでしょうか。

合わせて読みたい

転職する

転職する際の理由として自身のキャリアアップのためや別業種に転職する、というのはいたって正当な理由です。そのためこれらの理由は現在の職を辞める時でも引き止められること、なくすんなりと了承されやすい理由の1つです。ただ実際に転職することを言う際には次の職場が決まっていると良いかもしれません。さらに言うと具体的にいつから働き始めるのかが決まっているとなお良いです。

具体的に次の職に就くためのことが決まっていれば引き止めづらくなります。ですが必ずしも次の職場や働き始めの時期が決まっている必要はありません。職場や時期が決まっていると嘘をついても今の職場の人には分かりません。あれこれ思考を凝らして転職を告げるよりは単に「転職する」と伝えるのがおすすめです。色々と考えすぎてしまうと反対に墓穴を掘ってしまうことになりかねません。

合わせて読みたい

まとめ

いかがでしたでしょうか。仕事を辞めたいと考えている人はまず「理由」を考えてみる事が大切です。考えても具体的な理由が出てこない人はここに出てくる退職の理由を参考にしてみてください。ただ「なんとなく仕事を辞める」事はあまりオススメしません。転職活動の時は必ず、前職を辞めた理由を聞かれますし、今後のキャリアを考えた時、マイナスになってしまう可能性が高いです。

仕事を辞めたいと感じたら、まずはじっくり考えてから行動に移しましょう。人生の大きな決断なので、いくら考えても損はないはずです。

ランキング

記事一覧