1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. アルバイトを辞めたい。良い退職理由などスムーズな解決法を紹介

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

アルバイトを辞めたい。良い退職理由などスムーズな解決法を紹介

アルバイトを辞めたい…すっきり辞める方法は?

この記事で伝えたいポイント

・アルバイトを辞める理由はどんなものが適切なのか
・本当に辞めるべき?迷っている場合のヒントとは
・円満に辞めるためのポイントとはなにか

今やっているアルバイトを辞めたい、そう思うことってありますよね。どんな理由であれ、辞めたいと思って辞めることは次に進むためにも悪いことではありません。

ですが、いざ辞めるとなるとどうやって辞めようか悩んでしまうものです。この記事では、どうすればすっきり辞められるか、その方法をご紹介します。

アルバイトを辞める理由はどんなものが適切?

アルバイトを辞める理由として、どんなものが適切なのか気になりますよね。自分が辞めたいと思っている理由は適切な理由なのかそうではないのかを知ることにより、今後自分がどう動いていけばいいのかが見えてきます。

ここでは、そんな「アルバイトを辞める理由としてどんなものが適切なのか」を見ていきましょう。そして自分がどうするべきかを考えるきっかけにしてみましょう。

アルバイトを辞める理由はどんなものが適切なのか
アルバイトを辞めたいと思う理由にはいろいろなものがあります。引っ越しや進学・人間関係や仕事内容の不適合など人によっても違います。

学業などの本業が忙しくなってきた

学業などの本業が忙しくなってきたときに、アルバイトを続けられるかどうか悩むことがありますよね。アルバイトとは、お金を稼ぐ手段のひとつではありますが、多くの人がアルバイト以外の自分の本業を持っています。

それが学生だった場合は、当然のごとく学業を優先すべきであり、アルバイトが原因で学業に支障が出る場合はアルバイトを辞める理由に十分なりえます。

体調不良でアルバイトを続けられない

体調不良になったときに、自分の体を犠牲にしてまで働き続けるべきなのかどうか悩むことがありますよね。アルバイトは、お金を稼ぐ手段として大切ですが、それ以上に自分の体というものは大事にしなければいけません。

自分の体を犠牲にしてまで続けていいものはありません。そのため、もし体調に異変が生じている場合は、早めに辞めるという決断をするべきなのです。

引っ越しで今の土地から離れるとき

引っ越しで今の土地から離れなければいけないときに、現在のアルバイトをどうするか悩みますよね。進学や結婚などで、今住んでいる土地から離れることは誰でも起こりうることです。

それは自分の未来のために必要なことで、それを理由にアルバイトを辞めるのは仕方のないことです。アルバイトはあくまでも自分のためにするものなので、引っ越しなどで辞めることは当然の理由となりえます。

アルバイトを辞める意志はどう伝える?

アルバイトを辞める意志はどう伝えればいいのか難しいですよね。「辞める」と言ってそれを受け入れてもらえなかったらどうしようと悩んでしまう人も多いです。

ですが、辞めたいのならばきちんとその意思を伝えなければいけません。そして、それは電話や伝言などではなく、自分の口で相手にきちんと会って伝えるべきことです。

ここでは、そんな「アルバイトを辞める意志はどう伝えればいいのか」を見ていきましょう。

アルバイトを辞める意志はどう伝えるべきか
アルバイトを辞める意志は、素直にはっきりと言うのが一番良い方法です。はっきり言うことによって思いがそのままきちんと伝わるのです。

辞めるときはきちんと直接会って伝える

アルバイトを辞める意志は、辞めるときはきちんと直接会って伝えるのがベストな方法です。自分が現在どんな身分でどんな理由があるにしろ、アルバイトは「働く」という行為であり、そこには責任が伴います。

そのため、辞めるときもきちんと上の人に自分の口で伝えるのが礼儀なのです。そこに怖さや気まずさが出るかもしれませんが、辞めることは決して悪いことではないため、堂々と伝えましょう。

どうしても直接会えない場合は電話で謝る

どうしても直接会えない場合は電話で謝るという方法があります。アルバイトは、いくら学生や未成年だったとしても「働く」という行為であり、辞めるときにもきちんと責任をもって「辞める」と伝えなければなりません。

ですが、どうしても直接会えない理由がある場合は、まずは電話で謝罪してから辞める意思を伝えましょう。その時は、書類や制服の返還はどうするのかをきちんと話し合いましょう。

LINEは便利だけれども重要話には適さない

アルバイトを辞める意志を伝えるときに、LINEは便利だけれども重要話には適さないため気を付けましょう。辞める意思を伝えるときにはきちんと会って話すことがとても大切です。

やむを得ない場合は電話で話すことも仕方がないですが、メールやLINEの機能を使って伝えることはとても非常識で失礼な行為です。たしかにメールなどは便利ではありますが、決してしないように注意しましょう。

本当に辞めるべき?迷っている場合のヒント

本当に辞めるべきなのか迷っている場合、なにかしらのヒントがほしいですよね。自分の今辞めたいと思う理由は本当に正しい考えなのか、すぐに辞めるという判断をしてしまってもいいのか、迷う人も多いです。

ここでは、そんな「本当に辞めるべきなのか迷ったときのヒント」をご紹介します。これを知っておくことで、自分がこの先どう行動すればいいのかが見えてきます。

本当に辞めるべき?迷っている場合のヒントとは

本当に辞めるべきなのか迷っている場合、まずは周りの人に相談してみましょう。他の人の意見を聞いて自分の答えの真相を知ることができます。

勤務日数が浅いなら様子を見てみる

勤務日数が浅く仕事が慣れていない場合はもう少し様子を見てから決断してみましょう。1ヶ月など始めたばかりで仕事になれていないと、思うように仕事ができずにイライラしてしまうことも多いかもしれません。

ですが、それはある程度日数が経ち経験を重ねていくことで解消されます。そのため、慣れないだけの場合はもう少し経験してから判断してみましょう。

人手不足ならあなたが悩まなくてもいい

人手不足で辞めたいことを言いづらいときは、あまり迷わずに「辞めたい」と素直に言うことがおすすめです。人手不足で現状でも仕事がうまくまわっていない状況のときに辞めると言うのはとても気がひけることかもしれません。

ですが、人員の調整は本来上の立場の人がきちんと考えなければいけないことであり、あなたが悩まなくてもいいことなのです。

人間関係が原因なら無理はしない

人間関係が原因で辞めたいが悩んでいるときは、辞めるという選択をしても悪いことではありません。人間関係は仕事をしていくうえでとても重要であり、いくら仕事内容がつらくても人間関係がよければ大抵のことは乗り越えられます。

ですが、人間関係で悩んでしまうと仕事中だけでなく日常生活にも支障をきたす可能性もあります。そのため、無理は禁物です。

シフトの融通がきかないなら話し合う

シフトの融通がきかずに辞めたい場合は、一度きちんと上司と話し合うことが重要です。アルバイトは、それをメインではなくお金のために働いているという人が多いです。

そのため、シフトの融通がきかないとなると自分の日常生活にまで影響する恐れがあります。この場合はきちんと上司と話し合い、それでもうまくいかない場合は辞めることも検討しましょう。

仕事が合わないなら考え直す

そもそも仕事内容が自分に合わないと感じている場合は、辞めることを検討してみましょう。なぜ自分はそのアルバイトをしているのかを今一度きちんと考えてみることが重要です。

もし仕事内容がつらくても学びたいものがあるのならば続けてみるのもおすすめです。ですが、そうでない場合は、ほかのアルバイトも検討してみましょう。

円満に辞めるためのポイントとは?

円満に辞めるためのポイントとはどういったものがあるのか気になりますよね。これを知っておくことで、自分の気持ちに正直になることができて「辞める」という意思を伝えるときも恐れずに伝えることができます。

ここでは、そんな「円満に辞めるためのポイント」をご紹介します。これを十分に理解して、この先もきちんと明るく進むために円満に辞めれるように行動してみましょう。

円満に辞めるためのポイントとはなにか
円満に辞めるためのポイントとは、最後まできちんと自分の仕事を行うことです。人間関係を最後まで良好にしておくことで、円満に辞められるコツとなります。

最後まで人間関係や仕事の義理を果たす

最後まで人間関係や仕事の義理を果たすということは、円満に辞めるためには重要なことです。いくら辞めることが決まっていたとしても、アルバイトの最終日までは今までと同じく「仕事」をしている責任があります。

もう辞めるからあとのことは知らないという気持ちではなく、きちんと最後までやり遂げましょう。そうすることで、最後まで気持ちよく働けてその経験が良いものとなります。

書類や給与の手続きはきちんと終わらせる

書類や給与の手続きはきちんと終わらせておくことも円満に辞めるためには大事なポイントです。アルバイトとはいえ、辞めるときの手続きはきちんとしなければいけません。

辞めてからアルバイト先に連絡するのはどうしても気まずい場合もあります。そのため、なるべくならば辞める前にしっかりと手続きをすませて、辞めた後もどうしてもなにかしらの手続きが必要になればどうすればいいのかを事前に決めておきましょう。

最後まで仕事を学ぶ姿勢で取り組む

最後まで仕事を学ぶ姿勢で取り組むことは、円満に辞められてかつ今後の自分にプラスになる行動です。アルバイトは、目的はお金を稼ぐことだという人も多くいますが、それでもその経験は自分の今後の人生においてプラスとなるものです。

そのため、いくらそのアルバイトを辞めることが決まっていても最後まで学べることはまだまだあります。最後まで学ぶ姿勢で仕事に取り組み、自分の経験としましょう。

辞めた経験を生かして次に進もう

どれだけ経験が浅かったとしても、アルバイトで得た経験は必ずこの先の人生にプラスになります。そして、いろいろ悩んで辞めるという経験をしたことも、決してマイナスの経験ではありません。

辞めるときの挨拶や、辞めると判断するラインなどを考えるということはとても良い経験となります。ぜひ、円満に辞めれるように行動して、辞めた経験を生かして前向きに考えて次へ進みましょう。

ランキング

記事一覧